子猿と遊ぶ
- 2012/05/07(Mon) -
065_20120507114806.jpg
りくです。

随分とお腹が大きくなりました。
JKCの出産予定表だと、交配日から算出して19日が予定日になります。
63日めって事らしいですが、61か62日くらいの方が平均的じゃないかって思います。

もう1週間前から、お乳が出るようになっています。

072_20120507115208.jpg

摩利です。
予定日は、22日だそうですが、摩利はまだまだ遊ぶ気いっぱいです。
妊娠している事も、あまり気にしていない感じです。

我が家の3レディース+銀ちゃんは、子供は平気です。
勿論、摩利も平気です。
でも、好き~平気まで、温度差があります。

りくや、柚ちゃん(山子って呼んでました)は、30日くらいで子猿に会った時に、自分から寄って行って、膝に這い上って行った子犬でした。
014_20120507120804.jpg
あそぼー

015_20120507120857.jpg
ぎゃは…抱っこちたよ~

2年前のGWの子猿と、柚ちゃんです。

柚ちゃんは、その後、小学生のいるお家にマッチングに遊びに行きました。
お母さんが甲斐犬が欲しくって、でも、子供達はちょっと犬が怖かったみたいなんです。
074_20120507122151.jpg
077_20120507122216.jpg
079_20120507122236.jpg
072_20120507122251.jpg
子供達と遊ぶのが好きな柚ちゃん。
シャワーの水を追って、遊んでいました。
これは、教えてできる事じゃなくて、生まれつきですね^^

柚ちゃんは怖くないと、子供達は気に入ってくれて、ここの子になりました。

今も部活のサッカーの試合には、いつも一緒に応援に行って、同級生の間でもアイドルだそうです。
前に柚ちゃんを連れて、家に遊びに来た時に、銀ちゃんを触っていたので、子供達は目を見張る変化です。
いつも一緒に寝ているそう^^

りくや、柚ちゃんの子供好きは、特Aランクですね^^


で、今年のGW。雨の多い中、合間合間に外で遊びましたよ。

砂山で、涼んでいる摩利。
087_20120507123246.jpg
涼しい顔しています。

でも、後方では、、、、

092_20120507123412.jpg
093_20120507123431.jpg
ダーーーーン!

摩利の場合、子供が大好きで積極的に遊ぶってよりも、子供には何されても平気って感じ。
藍虎と似ています。
度が過ぎると、すーーーっと離れて行きますが、尾を下げて逃げるような感じはないです。

摩利が近所の子供達に人気なのは、何をされても怒らないし、静かだし。
だからって、積極的に飛びかかったり追いかけたりってのもしないから、でしょうか。
知らない子に、しつこくベロベロもしないし。
犬が怖い子でも「摩利だけは触れる」って子も何人か居ます。


で、こちらは特Aランクのりく。
098_20120507124126.jpg
スコップで遊ぶ子猿。

099_20120507124227.jpg
更に調子に乗って、振り回す。

102_20120507124323.jpg
更に更に、振り回す(汗

当然、おりゅうは適当に避難しています。


095_20120507124642.jpg
りくは、目を細めて眠そうです^^

なぜに、その状況でそうやって居られるのか、聞いてみたいです。


108_20120507124808.jpg
子猿1号がりくを撫でます。

109_20120507124848.jpg
大きくなったお腹を出して、撫でてもらいます。

子猿を信用しているのでしょうか(汗

ちなみに、子猿1号は、りくが好きなのだそうです。
あと、藍虎と摩利。

順当ですね^^

122_20120507125235.jpg
子猿2号が好きなのは、何と銀ちゃん。

理由はわかりませんが^^

「好きなのは、りくと、藍虎と、摩利。でも、一番が銀ちゃん!」だそうです。
おりゅうが入ってない^^

山に行った時、みんなで写真撮ろうか~って時も

116_20120507125651.jpg

銀がこっち向かない・・・

117_20120507125749.jpg
銀ちゃん、あっち向いて!

118_20120507125835.jpg
もっと、こっち来て!

119_20120507125921.jpg
笑って!

と、指示をだしておりました^^

銀ちゃんは、子供全般が平気かどうかはわかりませんが、子猿は平気みたいです。
家の中でギャーギャー騒ぐのも平気、、、というか、寧ろ傍に居るのが好きみたいです。

126_20120507130239.jpg
子猿に人気なしのおりゅう^^

なんつーか、馬鹿にしてるからでしょうかw

子猿ママは、ダントツおりゅうファンで、別格だそう。
おりゅうの面白さは、ツウじゃないとわからないそうです。


おりゅう一家に嫌われているのは、山徒。
普通の犬は、子供が嫌いなら逃げるのかな…
山徒は、説教するし、イヂワルするんですよ。

P1000160 (2)
山徒50日の頃。
あまりの煩さに、子猿のズボンを下ろした(爆



昔の写真を見ていたら、子猿とりくの可愛い写真がありました。
013_20120507132224.jpg

人間の子供も犬の子供も大好きなりく。
もうすぐ、またお母さんだね~^^


ポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(8) | ▲ top
甲斐犬たちと子猿
- 2010/05/03(Mon) -
GW、子猿一家がやって来ました。
藍虎の子は、まだ1ヶ月に少し足りず、りくの子は20日にもなっていません。
ワンコ大好きの3歳の双子の子猿は、言って聞かせても訳わからず、べびーずは大丈夫でしょうか・・・

P1010035.jpg
来るとすぐに藍虎のこの所に突撃。
と、思ったら、突撃して来たのは、べびーの方。

やっぱり、りゅう子だ!

えーと、あだ名ですw
おりゅうに気性の似た外見は山徒似の子が居るのです。
目が見えるようになった時から、行動が1頭だけ違っていました。
すごく積極的で、何でも「私が1番!」タイプw

犬好きの子猿もタジタジ。
爪が鋭いので痛いのですが、ギャーギャー騒いでいる子猿を物ともせず、よじ登って来ます^^

もう1頭出て来たのは、あ!やっぱり、山子だ!

これまた、あだ名ですw
りゅう子よりも慎重だけど自己主張をきっちりする山徒似の性格の子です。

他の3頭は、毛布の上で固まっています。
多分、普通の反応でしょう。
これまで静かで薄暗い環境にいた藍虎の子達ですから^^

おりゅうを譲って貰いに行った時の事を思い出しました。
ひょこひょこと足元まで出て来て、見上げていたのがおりゅうです。
人慣れなんてしない環境で、母犬、父犬が猛烈に吠える中、平然としていました。
こっちも怖いので、選ぶ余裕などなく、おりゅうを抱いて5分で帰って来ましたっけw



014_20100503225248.jpg
翌日、庭に出してみました。
初めてです。

りゅう子、山子は、お外も平気。山子が子猿に近づいて行きました。

と、ここで欠伸w

015_20100503225514.jpg
自分から膝に乗って行きました。


もしかして、、、、。

IMG_4425.jpg
藍虎の子達と同じころ、1ヶ月にならないくらいの時のりく&10ヶ月の子猿です。
りくも子猿に自分から抱っこしてました。

りゅう子、山子も子供好き?w


095_20100503230446.jpg
子猿と遊ぶ巨大幼犬。
大人にするように跳びかかったりはしません。
やればできるじゃないw


099_20100503230929.jpg
ランから家に戻る車中。

前の座席に子猿親分と、子猿2号、3レディースがギュウギュウ。
100mくらいとは言え、キツイっす。

P1010032.jpg
食後の風景。
ふと気付くと、なぜか藍虎が不自然な感じもなく椅子に座っていました。
違和感があったのは、足元にはいつものよに、「何か頂けますか?」と、いつものように、おりゅうとりくが行儀よく座っているのを見た時。

ジョレツって、ないんですか?w


047_20100503231611.jpg
子猿がリードを持つと、りくは勿論、藍虎もあわせて歩けます。
おりゅうも親分とは歩かせたことがありますが、引きません。

万が一、銀ちゃんが、子猿なら引かないような事があるなら、子供に散歩のバイトを頼みたいです^^



038_20100503232302.jpg
これは、子猿ではなく、今日お寺のイベントに遊びに行った時に会った女の子。
甲斐犬なんて知らず、何の先入観もないのでこの通り^^

045_20100503232451.jpg

でも、藍虎は、本当は山に遊びに行きたかったようで、山に向かって「オイデオイデ」していましたw



甲斐犬好きの子供達が増えますように!ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(10) | ▲ top
子猿に挑戦!
- 2010/03/25(Thu) -
3連休に双子の子猿とその親分を連れて、妹が帰って来ました。
いつもの事ですが、りくは子猿の側を離れません。

003_20100325195705.jpg

いつもと違うのは、おりゅうや藍虎が近づいたら、怒ります。

子猿でこれじゃあ、子供が生まれたら、やっぱり大変なことになりそう。。。
私の部屋の一番奥の奥まった場所に、りくと仔犬の寝床を作って、サークルで囲おう^^

もうひとつ違うのは、おりゅうです。

子猿が小さな時に、尻尾を引っ張られ、上に乗られ、耳を齧られ、缶詰で頭を叩かれ、、、、、ets。
それなので、子猿が来た時は、ご飯以外は気配を消していました。

なのに、今回は割と積極的に子猿にも近づきます。
もう、安全だと思ったのでしょうか。


009-1_20100325210451.jpg

「重いよ~~」と、おりゅうの尻に敷かれて泣く、子猿1号w

それにしても、おりゅうは、トラウマにはならない性格なのでしょうか^^


子猿達は3歳になりますが、奇声を上げ大暴れします。
藍虎とりくは、まったく平気なのですが、子猿&親分と銀ちゃんは、1度山に出かけた事があるのですが、家の中のような狭い場所で接近したことはありません。

大きな犬と奇声を発する子供の組み合わせ。
ここは一つ、お互いの社会化のために会わせてみる事にしました。


032-1_20100325201317.jpg

銀ちゃんは、妹に対していきなりのベロベロ攻撃です。
私の妹ってわかるのでしょうかねぇ~。

妹って、もともと犬はそれほど好きでもないし、銀ちゃんには恐れをなしていたのですが…

034-1.jpg

子猿2号が、「怖い~~」って。

そりゃ、怖いかも^^

子猿が立った大きさと、銀ちゃんの顔は同じ位置だし、立ちあがったら遥かに大きいし。。。
銀ちゃん、調子に乗って、またやっちゃったかも。

この後、銀ちゃんは、一生懸命謝って、胡麻を摺って、何とか子猿達に受け入れてもらいました。

なのになのに、またやっちゃいました!
子猿の親分に対して、御挨拶するのに、立ちあがって顔ぺロしちゃいました。
「痛い~~」えーーーーん!と泣く親分。

そう、肩に掛けた足の爪が痛かったんですね。
銀ちゃんは、かなりの運動はしているのですが、アスファルトの上を歩くのは少ないせいか、あまり爪は減ってないのですね。
それに、重いし、驚いただろうし。。。

昔、親分が1歳くらいの時に、野原で転んだ親分の上に覆いかぶさって顔ぺロしたおりゅうは、親分が怖がって、親分が家に来ると、3年も家に入れてもらえなかったんです。

どうする銀ちゃん!

040_20100325202807.jpg

親分は、銀ちゃんが居ない方に居ない方にと、私と妹に抱っこして隠れます。
普段は集中力のない銀ちゃんなのに、ここは、ものすごく頑張りました。

「ごめんね、嫌わないでね」と、出来る限りの可愛い顔をして、親分の前に、前にと回り込んで、しつこいくらいに伏せをします。

銀ちゃん、見直しました!!!!!
やればできるじゃない!

でも、これって、おこちゃんにガウしちゃった時と同じ展開じゃない?
先に考えてから行動すれば、もっと良いのにねw

043_20100325203328.jpg

銀ちゃんは、どのくらい粘ったでしょうか、、、

顔を向けてなければ、何とか触ってもらえるところまで、来ました。

右下から伸びているのが、親分の手です。


044_20100325203628.jpg

銀ちゃんに、「頑張ったね!チュ~」しようとする子猿1号。



045_20100325203941.jpg

チュ~のお礼に、唯一の芸である「お手」をする銀ちゃん。


046_20100325204245.jpg

「じゃあ、僕もチュ~」と、何故か腰辺りにチューする子猿2号。

この後、尻尾を掴まれそうになって、ビックリして飛び退いた銀ちゃんでしたが、家の中で飛び退いた銀ちゃんに子猿達がビックリ!


でも、子猿の発する奇声に、銀ちゃんが全然平気だったのは、意外でした。
もう少し嫌がるかと思いました。
嫌がるどころか、何かされない限りは、友達になりたいようでした。
3ヶ月くらいの時は、散歩で小学生に会うと逃げてたのにw

嫌われちゃった親分に、一生懸命に謝って、友達になろうとする銀ちゃんに、妹の銀ちゃん評価が急上昇!
「飼うなら銀ちゃんだ」って。
あんなに献身的に尽くしている、りくって可哀想w



053_20100325205057.jpg

「バイバイ!またね!」

銀ちゃんは親分の手をペロペロと舐めて、ちゃんと礼儀正しく御挨拶しました。

子猿一家は湘南に帰って行きました。




意外に子供好き、意外に良い奴の銀ちゃんにポチお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(8) | ▲ top
子供大好き!
- 2009/08/19(Wed) -
犬は子供が苦手って言いますが、りくの子供好きは、別格ですね。
子供なら犬も人間も大好きなのですが、いつも奇声を発する子甥っ子の子猿は、会った人ならわかりますが、相当ウルサイです。



でも、りくは、子猿の家に遊びに行っても一緒に寝ようとするし、、、。

なのに、よく聞くと、子猿は「あ~こ」って言ってます^^
藍虎が大好きなのね。。。

037_20090819211332.jpg

そんなことにはお構いなく、りくは兎に角子供が好き。
子猿達だけじゃなく、他所の子だって側に行きたくて、ヒャーヒャー鳴くくらい子供が好きです。
言葉が話せたら、どうしてなのか聞いてみたいw

018_20090819211635.jpg

初めて会った大ちゃんですが、物おじしない性格なので、子猿の奇声ももちろん平気^^
岳渡の子供の頃みたい。

047_20090819211931.jpg

子猿ママと、子猿の親分は、りくが一番好きって言います。
子猿の親分は、リードを持つのは、りくか藍虎を選びます。

045_20090819212328.jpg

子猿達は、好きなワンコは?って聞くと、「あ~こ~」って、言います。
これまた理由を聞いてみたい!

廊下で寝ていた藍虎にジグソーパズルを持って行って、「あ~こ~。これ、これ」って遊びを誘います。
甲斐は賢いですが、ジグソーパズルはできないと思います^^

065_20090819212732.jpg

子猿一家には、人気イマイチのおりゅう^^

構われれば、為されるがまま我慢はしているのですが、、「へ!」っていう態度が、子供心に伝わっちゃうのでしょうね~。
出来れば放っておいて欲しいと、いつも気配を消していますからw

062_20090819213222.jpg

ドックランで
「お座り!」
「マテ!」という声がして振り向いて、家のに似た甲斐犬だ!って思ったら、

おりゅうが。。。。。。

まあ、こんな調子の良いオッカサンですから、人気イマイチの理由もわからなくもないですが^^

でもでも、こんなおりゅうですが、仔犬にはとっても優しいんですよ。
自分の子じゃなくても、藍虎もそうだったように、大ちゃんも、お腹や背中に乗っけて遊んでやります。



大ちゃんは他所の子なので、血統証の名前はお任せしたのですが、冠の「龍峰の…」ってのはつけてもらいました。
3兄弟と同じ冠です。
おりゅうの背中で遊んだ仔って意味です。


以下、追記です。

019_20090820121833.jpg


子猿が1番好きなのが、どうしてりくじゃないのか・・・
言い難い名前ってのもあると思います。

が、りくは、いつも一生懸命で、子猿が可愛いのかベロベロするのですが、
「ふえ~~ん」って、泣いたりすると飛んで来てあやすように、ベロベロ・・・
最近は慣れたみたいですが、もっと小さい時は「ふぎゃ~」って大泣きになっていました。

ベロベロしすぎかもw
不器用なりくは、なかなか報われません^^


あんなに子猿が大好きなのに、一番好きなのは、「あ~こ~」って言われちゃう、可哀想なりくにポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ
にほんブログ村

この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
ヤラセのようですが・・・
- 2009/05/02(Sat) -
29日に一旦家に帰った子猿一家が1日の夜から、また来ています。
昨日は、ボランティアのお振る舞いに使う筍があと100本くらい欲しいというので、母が採りに行くのを子猿ママと親分がお手伝いに行きました。
私は、子猿の子守です。

P1010622.jpg

来客があったので、アンパンマンのビデオを見せて大人しくさせておいたはずが・・・
子猿は進化して冷蔵庫を開けられるようになったようです。
椅子を動かして高い所の物も取れるようになったようです。

即、シャワーに!
服も即、洗濯しましたが、たこ焼きソースって綺麗に落ちるんだなぁ~と、変に感心しました。
絨毯のシミが落ちないかも。

子猿ママ!早く帰ってきて~!

P1010630.jpg

昼過ぎに子猿ママに留守を頼んで動物病院に行きました。
銀ちゃんの飼い主が、病院が始めてと言うので一緒に行きました。
我が家は3レディースの狂犬病ワクチン&フェラリア7か月分&フロントライン2回分の購入です。

銀ちゃんのお宅には代々犬が居たのだけれど、病院に行ったことが1度もないんですって。
ワクチンやフィラリアの注射をしていなかったのもあるのですが、下痢や嘔吐やその他の怪我や一切なかったとか。
まあ、今の先住犬が16歳であんなに元気なのを見ると信じられる話ではあります。
銀ちゃんは、3ヶ月ワクチンとフィラリアの薬1か月分で、体重の増加が凄いのでフィラリア来月分は来月体重を計ってからってことになりました。

そう、体重は。11.2㌔でした。
一番小さい山徒も9.8㌔って聞いたので、大きく生まれた三兄弟は、今の所は大きく育っているようです^^
もっとも、背が高くなった岳ちゃんや銀ちゃんと違って、山徒は横幅らしいですがw
夏になれば食が細くなってしまうので、備蓄しているんだとか。。。
ピレネーと毎日何時間も庭で遊んでそれで、ものすごーーーく食べて、寝て太っているので、それはそれで良いのでしょう。

P5020003.jpg

昨日、山徒の写真を数枚頂きました。
殆どが、今も変らぬカメラ目線なので笑っちゃいました。
「ちょっとは大きくなっているような気がするけど、あまり大きくならない」と友人のコメント。


ピレネーと一緒だから、ちょっとくらい大きくなっても、、、、ねぇw
足は、猛烈に速くなったそうです。

P1010636.jpg

病院から戻って、妹が居るうちに・・・・と、父の部屋の片付けをしました。

ちょっと目を離すと・・・・・・・・
魔磨き粉・・・・ブチュ~ですからぁ~~!

庭に出してワン僧達に子守を頼んでおけば良かったわぁ。
2歳半の男の子ってこんなものなのでしょうか。
妹が、我が家の犬3頭の方が絶対に楽チンって言うけれど、きっと誰も反論はないでしょうねw

P1010619_20090503074117.jpg

犬が子供の面倒を見るか???
しかも、こんなに煩いいたずらっ子・・・
犬に拠るとは思いますが、藍虎は子供好きでよく一緒に遊んでくれます。
冬休みには禿まで出来るくらい大変だったはずのりくは、また自分から面倒をみています。
しかも、結構楽しそうだし、かなり免疫ついたみたいだし、りくも進化しています。

山下先生によると、人でも犬でも面倒見の良いりくはの性格は、訪問活動に最適なのだそうです。
りくはアジリティーもできそうなので、飼い主にやる気があればねぇ。。。

MEMO0003-1.jpg

そういえば銀ちゃんは、子供が苦手のようでしたが、山徒と岳渡は子供もOKでした。
今もすごく人が好きなそうなので、その調子で人が好きな甲斐犬でいて欲しいです^^
牡なので、子猿達と遊べる特殊能力までは、大人になったらなくなるかもしれませんがw


甲斐犬振興にポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ
にほんブログ村
この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
虎虎三兄弟vs子猿軍団 意外な結末
- 2009/03/23(Mon) -
P1000160.jpg

昨日の朝一の写真です。
寝起きで庭に出た子猿は、さっそく三兄弟にチョッカイを出そうとしたらしいです。
庭から「だめ~!」「だめ~!」と叫ぶ子猿の声が…

行ってみると昨日は尻尾を引っ張られたので、少し距離を置いて靴齧りの悪戯なんかしていた長男が逆襲しています。
素早い動きで、子猿のお尻に回って、ズボンを噛んで引き下ろそうとしています。

長男の動きについていけず、子猿は早々に庭から退散!
前日の敵を取られてしまいました。

長男!やるねえ!

以後、立場は逆転したのか子猿達は三兄弟にチョッカイを出すことはなくなりました。
無暗に犬の尻尾を掴んじゃだめよー。
お互いに1歩前進だね。


P1000143.jpg

実は前日、じっと子猿を観察していたのです。
声はデカイけど、足は遅いぞ・・・


P1000198.jpg

そして、藍虎が庭に出てくると、藍虎の口の周りをペロペロ。
欠伸をしたら口の中までペロペロ。
長男は、藍虎の下で良いや!と長い物に巻かれることにしたんですね!


P1000202_20090323211207.jpg

でも、挨拶が終わったら、即ガブガブ~。
負けるが勝ちってとこなのか、、、どっちなんだかw
きっと、力で藍虎に勝てるようになるまでは、負けた振りしておこうってことなのか、藍虎にニャンニャンされてギャーギャー騒ぐことはなくなったみたいです。


P1000178.jpg

一方、三男は決して屈しないのですが、そのうちに藍虎が大人になったみたいです。
段々、藍虎と三兄弟が一緒に居る時間が長くなり、良いお姉さんになってきました。
藍虎も仔犬の扱いがわかってきたようです。
群れでは、一番若い牝が遊び相手をするのでしょうかねぇ。


P1000191.jpg

これまた、意外なのが、りく。
今朝、まだ子猿が眠っているので、ちょっとゆっくりしていた子猿ママ。
しつこく朝の挨拶のペロペロをしたと思ったら、抱っこ。
私にも、家の中で抱っこすることはないのに・・・

知らない場所に行って不安な時に膝に乗ってくることがあるけど、今どうして子猿ママなんでしょ。
私が三兄弟の世話で忙しいからでしょうか…



にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ
にほんブログ村
この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
虎虎三兄弟VS子猿軍団・・・・初対決
- 2009/03/22(Sun) -
P1000130.jpg

子猿の親分のお姉ちゃんが春休みなったので、子猿軍団が遊びに来ました。
三兄弟にとっては、早すぎる経験じゃないかと心配もありますが、目を離さなければ良い経験になるだろうって、前向きに考えることにしましたw

さっそくお出迎えしたのが、やっぱり長男。
何でも興味があって、、、子猿の恐ろしさを知らないので近づきます。
さっそく尻尾を捕まれて、小さい人間は程々の距離が必要と学習したようです。


P1000159.jpg

三男は、藍虎にどれだけ構われても降参しないのに、子猿に対してお腹をペロン。
お腹を出すことを知らないわけじゃなかったんですねぇ。


P1000150.jpg

知らない大人が抱っこしようとすると、時には極端に嫌がるくせに、子猿の親分が下手糞な抱っこしても為されるがままになっています。
でも、それとなく近づかないようにしているようにも見える三男。
やっぱり、まだよくわかりませんね。


P1000137.jpg

次男は、かなり積極的に子猿と遊びます。
子猿が投げたゴルフボールを走って追いかけます。
さすがに、持っては行きませんがw

かなりの神経が太いのか…小石をぶつけられたくらいじゃ、動じません。
そして疲れると、子猿がギャーギャーと遊んでいる傍らの柵の横っちょの日陰でで、グーグーと寝てしまいました。




「あ! お靴お靴・・・」子猿パパの声が湘南から聞こえた気が・・・w

P1000149.jpg

そして、激しく構われるのが嫌なのか、目立たないように、でも必ず近くに居て何かあると出てくるのがりく。
この時は縁の下から、賑やかなみんなの様子をずっと見ていました。


P1000145.jpg

ずーーーっと、です。
缶やら何やら降って来ても動かずでした。

年末年始は、この子猿達を1週間一人でずっと相手をして、とても偉かったりくですが、
いつものお世話係は、今日は子猿の相手をしてくれる三兄弟が居るので、見守り係です。


P1000135.jpg

1,2度外に出したら、木戸を開けると三兄弟が外に飛び出してしまうので、サクールを利用してドアを二重にしています。
その中に、親分に閉じ込められた子猿。
and次男の記念撮影。

何だかこの方が自然な感じw

今回は5日間の滞在予定。


IMG_4324.jpg

これは、おりゅうと子猿の初対面。

子猿と仲良くできないと、子猿達が滞在中は外に出されてしまうのを知っているおりゅう。
一生懸命媚を売りますが、目が。。。。w

そういえば、藍虎も着いた早々に親分にお腹出していました。
藍虎もすっかり、りゅうママ家の子になりましたね。

昼には同じく湘南から那須に来ている、お竜のBOSSさん一家が遊びに来てくれました。
お竜さん、2度目なので慣れるまでの時間が、前回よりも短縮された気がします。
三兄弟&子猿軍団が居る賑やかな庭に面食らいながらも、一緒に遊んでくれました。

体調が戻ったら、また山で遊びましょうね!


ランキングに参加してみました。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ
にほんブログ村
この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
子猿とお出かけ
- 2008/12/31(Wed) -
P1060600.jpg

昨日は買い物がてら、ドッグランに遊びに行きました。
でも、今回は遊んでいるのは、小猿と藍虎だけのようです。


P1060598.jpg

りくは子猿達の側を離れないで、ずっと一緒に居ます。
他の犬と遊ぶこともありませんでした。


P1060602.jpg

小猿の親分は犬嫌いなくせにドックランの中に入って、その癖、「怖い怖い」を連発するので、普段は他の飼い主さんにナデナデして貰うのが楽しみのおりゅうも、大きな犬を追い回して親分の方に来ないようにしています。

スタンダードプードルって気取ったイメージがあるけど、走るとダイナミックなのね!


P1060621.jpg
P1060615.jpg

今朝の散歩でも、ずっとりくは子猿達の近くに居ます。

P1060624.jpg

おりゅうは、やっぱり目立たないようにコソコソっと。

P1060627.jpg

藍虎も、もう親分の機嫌を損ねるようなことはしないので、しっかりリードを持たれています。

P1060587_20090101005122.jpg

でも、いくらなんでも、これは駄目でしょ。
助手席のシートベルトできないし。。。

今年も、バタバタしたままに終ってしまいました。
おりゅう&りく&藍虎のおかげでたくさんの人に声を掛けていただき、楽しいこともたくさんありました。感謝感謝です。


この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子猿が来た!
- 2008/12/30(Tue) -
P1060537.jpg

28日から妹が子供達を連れて、帰ってきています。
それで、忙しくてブログの更新が遅れたのですが。

ちょっとでも目を離すと、こんなんです。
靴履いてるしw


P1060562.jpg

赤ちゃんの時にまだ5つくらいしか言葉を話せない時に、覚えたのが「りゅう」でした。
ハイハイしながら、「りゅう~」って。
今はちゃんと、おりゅう&りくの区別がつくんですよ。
近所の小母さんよりもスゴイ!

おりゅうはずっと気配を消して、なるべく子猿達に構われないようにしているみたいです。


P1060568.jpg

でも、子猿達の親分に呼ばれたら、行かないわけには行きません。
おりゅうは、動物嫌いのこの子のために4歳くらいまでは、この子が家に来ると外に出されていました。
寝る時だけは私の部屋で寝ましたが、人が大好きなおりゅうは、縁側でいつも中に入りたそうに目で訴えて、お利口さんにじっと座っていました。
ある時小猿の親分がたまたま部屋に来た時があって、その時におりゅうは、這って行って背中を向けて横になるって作戦に出ました。
目を合さないようにして寝てぬいぐるみのように絶対動かない。それを繰り返して、おりゅうは家に入れてもらえるようになりました。

だから、おりゅうはこの親分の機嫌を損ねるわけにはいかないのです。


P1060581.jpg

写真撮るんだから、こっち!

親分はご機嫌な顔で笑っています。


P1060582.jpg

子猿達は庭でワン達を一緒だとご機嫌で悪戯もしないってことが、発覚。
おりゅうに集中だと可哀相なので、藍虎にジャンプしないように言って聞かせて、子守させることに。


P1060566_20081231080407.jpg

子猿と藍虎は良い感じです。
遊んでくれる大人にはハイパーな藍虎ですが、子供達とは落ち着いて遊びます。


P1060578.jpg
P1060608.jpg

ちゃんと、様子を見てるし。
違和感なしw


P1060529.jpg

りくは、ちょっと離れて、子猿と藍虎の様子を見ています。
子供達が来てからは藍虎のお世話係じゃなくて、子猿達のお世話係&藍虎の教育がかりをしています。
藍虎がふざけ過ぎると、まだ藍虎に慣れていない小猿の親分が怖がるので、りくが藍虎を叱りに行きました。
りくが顔を近づけて小さく威嚇すると、藍虎は途端に大人しくなります。
1日目にりくが藍虎にそうやって教えたので、2日の朝に朝の挨拶で、子猿達が寝てる所を顔ペロペロして、りくに叱られてからは、藍虎はとても良い子にしています。
藍虎を怖がって逃げ回っていた親分も、随分と藍虎に慣れてきました。
りくの評価急上昇中。

でも、絶対、犬3頭よりも人間の子の方が大変です。
うちに限っては、子猿達だけよりも、犬3頭が居た方が絶対楽です。

3日まで、ワン僧達頑張れ!
この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |