TNR終了!山は越えた!
- 2016/11/29(Tue) -
色々、色々のやっと、後ろが見えてきました。
忙しさも山を越えました。

全国展が終わり、その1週間後に控えていたのが、「犬猫一斉不妊手術」
町と「みなしご救援隊」と「ちばわん」さんと協力して行って、もう4年目なので、随分と手馴れてきました。

でも、疲れたあーーー。

今回は、1日で130頭の犬猫の不妊手術をしました。
3人の獣医師さんは、朝9時から夜の9時まで、1時間の休憩だけで、ずっとメスを持ちっぱなし。
私よりも、ずっと疲れたと思いますが^^

今回は、てちゅの母ちゃんが大活躍!
前日のけんちん汁作りから、当日も毛刈りはするは重いもの運ぶは。。。
いつもながら、あの体力には感服です。

今回は、町の回覧板が回るのが遅くて、全国展の当日も、ジャンジャン申し込みや問い合わせや相談の電話が掛ってきて参りました。
吹雪を自転車で山道走らせていても、不妊手術の相談。
銀ちゃんの散歩中も野良猫の捕獲の相談電話^^

でもね、今回も頑張りましたよ~。
いつも言ってますが、愛護活動なんて崇高な精神じゃなくて、自分とりゅう婆ちゃんと、我が家のワンコのためにね。
外猫、野良猫を減らしたい!

銀ちゃんが猫を見つけたら、それはそれは馬鹿力ですから、私が怪我したことも数回。
私よりも先に、口が届くところに隠れている猫を銀ちゃんが見つければ、猫のイノチは瞬間に消えてしまう。
本犬は、一番、楽しい玩具くらいに思ってるのだけど、言って聞かせるわけにもいかず。。。


今回は、体育館が臨時の手術場
001_201611291206231b9.jpg


いつもながらのゴッドハンドの先生方の不妊手術。

メス
016_20161129120654b3b.jpg

早い!傷が小さい!
014_201611291206538ec.jpg

成猫で1センチ。子猫だと5ミリくらいの切開。

もう1枚 成猫メス
008_201611291206265fa.jpg

野良猫や、外猫には、エリザベスカラーを1週間もしていなければならない手術は、無理があります。
翌日には、元気に外を走り回ってもOKで、抜糸もいらない手術の技術が必要です。

メス犬だって、これなら負担が少ないです。
009_20161129120627360.jpg

010_201611291206287f7.jpg

外犬の番犬で飼っていて、管理してないのに、避妊もしてないってことがたまにあります。
私は、基本は不妊手術はしない方が良いと思っていますが、外飼いで、管理できないならした方が良いに決まってます。

でも、やるなら、犬に負担がかからない手術をしてもらえる先生が良いと思います。

いつも来てくださっていた先生のおひとり、神山先生が、今回限りだそうです。
1月か2月に開業なさるんですって。

埼玉県朝霞市で、自衛隊朝霞駐屯地の目の前に。

神山動物病院

良い先生だから、お近くの人はぜひ。


130頭すべてお迎えも来て、ざっと片付け終わったのが、夜も9時半。
関係者の皆様。
ありがとうございました!
そして、お疲れ様でしたー!


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(9) | ▲ top
「躾」じゃなくて、「犬を知ること」からだよね
- 2016/03/23(Wed) -
もう2ヶ月も前のことなんですが、ずっと、心に引っ掛かっていることがあります。


ある犬舎さんのオス犬で、気に入っている子がいて、そのオスが去年の6月に子供を作っているんですね。
その子達が40日くらいの時に見せていただいたのだけど、その中に、父親譲りの剛毛と穏やかな性格の大きな雄が居ました。
その子がどう成長したのか気になっていて、お里の犬舎さんからも近いってことで、連絡先を教わって会いに行こうと思いました。
電話で事情を話すと、飼い主さんは快く引き受けてくれたんですが、何と、、、1月初めから警察犬訓練所に預けていると。。。
早くて3ヶ月の契約だそうで、、、。

私の悪い癖なんですが、犬のことになるとペロっと、本音言っちゃうんですよね。
「甲斐犬には、そういう躾の仕方は向かないでしょ。ダメでしょ」って。
「ダメなんですか?」

どうして訓練に出したか聞いたら、室内で悪戯するし、暴れるし、言うこと聞かないからだそうで。
ググッと押さえて、言いたいことの100分の1に我慢しつつ、簡単に説明しました。
家から出た犬だったら、その足で迎えに行ってますね^^

もう帰ってくるのかな。3ヶ月預けてどうなっちゃったんだろう。
まだ駄目ですって、延長されちゃったりしちゃうのかな。。。
毎週会いに行っているそうですが、毎週、置いて行かれる犬の気持ちを思うと、切ないです。
そのうち、家に帰れない諦めが、飼主との溝になりそうな気がします。
子犬の時に1度見ただけの子ですが、気になっています。


私は甲斐犬しか飼ったことがなくて、キカンボウのおりゅうさんで苦労しましたが、幸いにも、日本犬の扱いの上手い山ちんの父ちゃんが友達だったので、色々と教わりました。
おりゅうさんが、あまりにも凄かったので、想像していた可愛い子犬像はどこにもなくて、とんでもない生き物を飼ってしまった!って感じでした。
ネットで調べて、日本犬を得意とするトレーナーの山下先生に行き付き、何度も子犬の躾本を読みました。
おりゅうさんが、あんなんだったお蔭で、勉強になりましたよw

でも、今思うのは、必要なのは躾の仕方じゃなくて、「その犬を知ること」なんだろうと思いますね。
それがわかったら、対策も考えられるから。
天才的猟師さんには、犬の扱いが抜群に上手い方々が居ますよね。
まさに、犬を知っているんですね。


ここ2年くらいのペロミさんの功績なのか、甲斐犬も随分とメジャーになったのですが、甲斐犬は甲斐犬!
ちゃんと調べて、覚悟を持って飼ってもらいたいです。
私のように、カッコイイ~って一目惚れで飼ってしまって慌てる場合もあるでしょうが、そうしたら腹を括ってとことん頑張って欲しいです。




この写真、気に入っています。
てちゅ&てちゅの母ちゃんです。
綺麗な夕日を浴びて、他の犬達が遊ぶのを眺めている写真です。
我が家のオトコ共はちょっと甘ったれですが、甲斐犬牡と母ちゃんは、こうあって欲しいって思います。

135_20160323134207905.jpg
こんな相思相愛のてちゅ家でも、てちゅが1歳の頃に、このままじゃあマズイって時期がありました。
まだ間に合う!ってことで、修正したのです。
変わったのは、てちゅじゃなくって、飼い主さんの考え方でした。

他所の人でも好きなてちゅですが、ただただ大人しいわけじゃなくって、その後も何度か先住犬のケントくんを噛み倒しています(~_~;)

先日、てちゅの母ちゃんが、散歩中に脚を骨折しまして・・・
手の骨折に続いて、2度目です^^
普段は、引かないてちゅですが、タイミング悪いとそういうこともあり得ます。

今回は1か月ほどギブス生活でしたが、朝の散歩は父ちゃんに頼んでも、夕方は、父ちゃんに車で送り迎えしてもらって、てちゅをランに連れて来てくれていました。
今や、てちゅは、母ちゃんが外泊したらご飯も食べない犬になっています。

そういえば、岳ちゃんのお母さんが、散歩中に転ばされて、岳ちゃんに引きづられて、それでもリードを放さなかった話を思い出しました。
てちゅと岳ちゃんは、体格、性格共に似ていますが、母ちゃんも似ていますね。
我が息子に対する愛情と、犬飼としての気概が違う気がします。
60歳過ぎて、てちゅや岳ちゃんの散歩をするのは、大変なことと思いますが、愛する息子が思いの外デカくなってしまっても、ギブしたりしませんね。

そうは言っても、動物好きのてちゅ家なら、甲斐犬が初めてでもてちゅなら飼えるって思って、お譲りしたんですね。
大人しいですが、神経質でもなく物怖じもしませんでした。

4歳になるてちゅ。
子犬の時からの穏やかなまま、もう変わらず、このまま行けるのだと思っています。


どこに出しても、全然心配のない子達もいますが、我が家だってそんな子ばかりじゃないです。
てちゅの兄弟の天河は、シャイ気があってちょっと難しい子でした。
てちゅと同じように大きくなる子だったので、尚更誰でも飼える犬じゃなかったです。
犬連れでオフ会参加したいような、社交的な飼い主にはまったく向かない犬です。

犬を初めて飼うという人だけど、甲斐犬に求めているモノと、本人が甲斐犬みたいで、ピン!と来たので、天河をお願いしました。
まだ30代の独身の方ですから、昼間は両親が面倒を見ていますが、3ヶ月の時には、飼主が帰ったらお父さんにオヤツを貰っていても、ぶん投げて飛んでいったそうです。
大袈裟じゃなくて、飼主が死んじゃうようなことがあったら、天河は後追いしそうな感じです。

1月に用があって久しぶりに会いましたが、何をするにも飼い主の顔を見て確認していました。
大きな声を出すでもなく、本当に物静かな飼い主さんです。
019_201603231425092bd.jpg

小さい時は、シャイな感じでしたが、人に触られるのは、喜びはしないけど平気だと言っていました。
でも、触る人は滅多にいないとも^^
この二人は、とっても幸せそうです。
天河も、そのままの天河を受け入れてくれて、長所を伸ばしてくれる飼主に出会えて、幸運でした。
いつ会っても、生き生きしています。

オス犬は、メスとは全く違う精神構造をしているって思います。
飼ってみて、私も初めてわかりました。

銀ちゃん。
2才と1か月。工事のオジサンにナデナデされるの図。
032_20160323151415090.jpg
034_20160323151417427.jpg
銀ちゃんは、2歳までドックランにも行けたし^^
この頃は、星形の可愛い迷子札を付けてました。

今は、もちろん付けていません。
多分、誰も見られないし^^

銀ちゃんも最初から我が家で飼っていたら、今、どういう銀ちゃんだったのだろう。

そうそう、銀ちゃんが車に居る時に、他所の人が車の中を覗くと唸るんですね。
でも、全然、平気な人もいるんです。
磊虎の飼い主さんは、OK。何となくわかります。
六花荘のご主人は、いろんな犬のニオイもするだろうに、覗きこんでも銀ちゃんはシラ~っとしています。
謎です。

逆に、みなしご救援隊の中谷さんには、一番唸りますね。
田原さんには唸らないです。
これも、何となくわかりますw


ちょっと長くなりますが、紀州犬の1歳になる吹雪姫。
2か月の時、預かったのですが、2,3日で焦りましたね。
触ろうとすると、噛む。
リード付けるのも、身体拭くのも、抱き上げるのも、気に入らないと噛む。
ジャレガミじゃないですよ。
嫌なことをされると、ガウガウ噛みに来るんですね。
色んな人に相談しましたが、返事はみんな同じようでしたね。
紀州犬だから・・・とかの問題じゃなく、危ない犬でしょって^^

誰にも褒められないのですが、吹雪はフレンドリーな紀州犬になりました。
今でも嫌なことをされると苦情は言いますが、怪我するような噛みはなくなったし、変なスイッチも入らなくなりました。
010_20160323160108f8d.jpg
吹雪ファンだという、工事のオバサンにベロベロ。


子守もできるし
022_20160323160326796.jpg

ボールを咥えて持って行って、蹴って蹴って!と催促して、コミュニケーションが取れるようになりました。
105_201603231606056c7.jpg
甲斐犬と違うのは、2時間でも同じ遊びができる事!
ボール遊び大好き。

2か月のワクチンの時には、「このまま大人になったら、無理かも」と獣医さんに言われた吹雪さん。
こないだ、血液検査までできちゃいました。
念の為に、口輪を持って行ったのですが、無用でした。

私としては良いことなんですが、あの大人しさが展覧会的には微妙らしい。
栃木展で、審査員が近付いたら尻尾を振ったので、紀州犬飼いの人から「優しい犬にしすぎだ!」って言われましたが、そうかも^^
私のハンドリングじゃ、確かに駄目かも。

このままなのか、また切れることがあるのかわかりませんが、預かっている間は事故なく過ごさせたいです。

振り返れば、失敗だらけ。
後悔すること、山ほど。
でも、試行錯誤しながらも、お犬と飼い主が笑顔で過ごせるように、終生勉強です。


展覧会のお昼休み。仲良しの里ちゃん家族と。
吹雪、嬉しそう。
046-1_20160323162854c6c.jpg


追加

最初に、おりゅうさんを育てる時にお世話になったのは、「軽井沢ドッグビヘイビ」アの山下先生が書いた躾本でした。
災害救助犬の甲斐犬…すぐり君で有名で、獣医師でもあるトレーナーさんです。

甲斐犬のトレーナーさんと言ったら、有名な方です。
我が家で生まれた子達で、近場にお譲りした方には、みんなレクチャーを受けてもらっています。
オヤツを使った陽性訓練は、あくまで最初の取りかかりで、目指すのは、心の通じ合う相棒ですよね。

軽井沢ドックビヘイビアのHPに、子犬の躾本が無償提供されているので、知らない人がいるかもしれないので、お知らせしておきますね。

我が家は、最初は、近場で済まそうかと思って、失敗しました。
危うく、てちゅを壊されるところでした。
甲斐犬で、トレーナーさんを考えるなら、山下先生に家庭環境を見てもらって、自宅での個別アドバイスを受けることをお勧めします。

ポチお願いします

にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(6) | ▲ top
花と銀ちゃん
- 2015/04/25(Sat) -
甲斐犬の園も、さすがに梅は終わり、山桜が咲き始めました。
桜の本数が多くて、雪が降ったようにひらひらと花弁が降ってきます。

001_20150425135635612.jpg


前のオーナーさんが白い花が好きだったってことで、今は雪柳が咲いています。
015_201504251406194b8.jpg
30株くらいあった雪柳を10株くらい残して切ってしまったのですが、それでも綺麗ですね。
2りん草も満開。

久しぶりに見たレンゲ。
004_2015042513563722b.jpg

でもって一番多いのが水仙。
黄色と白くらいしか印象になかった水仙ですが、すごい数の種類があるんですね。
水仙でグーグル画像を検索したんですが、甲斐犬の里にない水仙はないくらいです。

006_20150425135640fc0.jpg
これなんか、白の感じも蘭ぽくて水仙と質感も違う感じ。

013_20150425135638d52.jpg
駐車場のしゃくなげも咲き始めました。

相変わらず、ボコボコと色々芽を出すので、こないだはシャクヤクを移植しました。
昨日は、シュウメイギクが出てきたので、移植しました。
秋に、この場所を見に行った時にいっぱい咲いてました。

この後、小てまり大てまりが見事らしいです。
10本くらいありますからね。お花見ができそうです。

すっかり展覧会を引退してしまった銀ちゃん。
銀は元気なのか?と気にかけてくださる方もいて、ありがたいです。

銀ちゃん、元気ですよ。
024_2015042514462940d.jpg
昼間は、庭に居るか、私の部屋に居るか・・・まったりしています。

顔がデカイ印象ですが、それ以上に体が大きいので、バランス的には小顔なのかもしれませんw

銀の顔は、小さな時から知ってる人は可愛いって言ってくれます。
私は可愛いと思ってるんですが、顔なんか良く見たことがないと、身体の印象で怖いってイメージもあるようです。
022_201504251446308d2.jpg

022_201504251446268bc.jpg

025_20150425151036d0a.jpg
同じような写真ですが、全部別の日です^^

横張で丸顔に見えるけど、実はそうでもなく、口吻が太いので緩い?って思うけど、そうではなく、粘膜が歯に被るので、展覧会では歯を見せるのが大変な感じです。

展覧会には出ていませんが、ずっと変わらずに運動はしています。
朝は車で^^

車なんかで走らせたら、犬が壊れるって言われたこともあるのですが、壊れるのは車の方で^^
銀ちゃんに合わせて、銀のペースで走っています。

8か月からやってるので、銀は車の怖さも知ってるし、アイコンタクト取りながら高速でも走れますし、右折、左折も指示通り走れます。
真似する人はいないと思いますが、真似しない方が良いかも^^

桜吹雪の中を綺麗に走る所を撮りたかったのだけど、雨ばかりでした。
しかも、車が置いて行かれてるし。
毎日、こんな感じでもないのですが、この日はこんな感じでした。
こっちにも載せておきます。



写真って面白いですね。
被写体が同じでも撮る人によって全然違う。

たとえ展覧会の立ち姿でも結構、印象が違いますね。
東京展に私が行かなかったので、大宮の風のリイチさんが、愛姫の写真をメールしてくれました。
DSC_0541.jpg
すんごい凛々しい愛姫。
飼主さんが撮る写真とも、私が撮る写真とも違う。
カッコイイ愛姫。リイチさん、ありがとー。

愛姫は可愛い~印象ですが、実はキリッとしてるんですよね。
こういう面もあるある。
他の人が撮った写真って、面白いですね。
銀ちゃんが雑誌に載った時も、このど迫力の怖い顔は誰だ?って思っちゃったw

もちろん、カメラの腕の差はるけど、オートで撮っても、どのアングルを狙い、どこでシャッターを押し、撮った中でどの写真を選ぶのか。
どう見えているか、どうあって欲しいかとかの人間の気持ちが、一瞬を切り取っているのでしょうか。


しつこいですが、銀は可愛い^^
024_20150425155310177.jpg
あくびも可愛い^^

027_20150425155308fa7.jpg
ぼーっとしてても可愛い^^


親馬鹿、バンザイ!w


ポチお願します
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(15) | ▲ top
想定外じゃないけど、非日常なこと 加筆あり
- 2015/03/27(Fri) -
私のように田舎に暮らして、日々のんびりしてると、ついつい平和ボケしてしまいます。
ああ、あれはやっとかなきゃなあ!ってことも、「そのうち」・・・ってなってて、イザって時に「しまった!」ってなことになりがちです。
なので、自戒の意味でブログに書いておこうかと。

私の場合、抜けているので、日々、しまった!ってことは、日常的にあるのだけど。
たとえば、この間の三多摩の展覧会。
真徳や磊虎の飼い主さんが、若一で出陳するのが初めてなのだから、歩様の審査のことを教えてあげておけば良かった・・・とか。
日常的にいっぱいあるのだけど、、、すぐ忘れるので、また繰り返すわけです^^

でも、非日常的なことは、覚えてますよ。
去年の年末のことなんですが、とらちゃんの娘のももちゃんが、猪罠にかかってしまいました。
落とし穴みたいな感じのところに脚を踏み入れると、ワイヤーで脚を括ってしまうタイプの罠です。
バネで瞬間的に締まるようにできています。

丁度、町外に出かけていて、あと5分くらいで家に着くって時に、ももちゃんのママから「ももちゃんが、裏山で罠にかかってしまった」と電話がありました。
一旦家に戻って、ワイヤーカッターを持ってももちゃんの家に行き、駐車場から裏山まで、走る走る!
あんなに走ったのって、何十年ぶり?ってくらいに。

ももちゃんは、遊歩道から4メートルくらい山を上がったところで罠にかかっていました。
ちょっと急な斜面で中々上がれない所なのに、ももちゃんを助けようと下から登ろうとしたので、ももちゃんはママの方に下りようとするし、引っ張れば脚が締まって痛いし・・・
ももちゃんのママもすっかりパニックなので、「もも!もも!大丈夫!」って興奮しながらモモちゃんを触ったらしく。
動かせば痛いし、パニック起こしてるももちゃんは、ママの腕を噛んじゃってました。
冬なので長袖着てて、怪我をしたのは、手首のところだけでしたが。
それでも、ももちゃんが崖から落ちないように支えてくれていました。
愛ですね^^
私が行った時は、ももちゃんも落ち着いていました。

自分で言うのもなんですが、私はビックリすると落ち着きます^^
で、少し離れたところから山に上がって、ももちゃんの上方向から近づきました。
で「もも。良い子だったね~。もう、大丈夫だからね~」って、普通に声を掛けました。
ももちゃんはとっても陽気で、気の良い子です。
尻尾をパタパタと振ってくれました。

とりあえず、ワイヤーを切ることにしました。
けど、ちょっと振動があるだけでも痛いので、やめてーってパクっと来ます。
もう一度なだめて、「ももは良い子ね~。マテだよ~」って声を掛けながらワイヤーを切りました。

が、、、、用意周到にワイヤーカッターは用意していたものの、木に繋がれているワイヤーで切っただけでは罠は脚からは外れません。
脚に巻き付いているワイヤーを切ろうと思ったのですが、実際には脚に食い込んでいて切れないんですよね。
強力なバネで締まっているので、そのバネを切るしかないか…
これまた中々、切れないし、ももちゃんが痛がるし。

そのうち、ワイヤーを切らずに罠を外す方法を教わろうと思っていたんですよね。
イチイチ切っていたら、罠は使い物にならなくなるので、外し方があるはずなので。

番頭さんに電話したら、外し方を知ってて、教えてもらいました。
意外に簡単でした。
バネをとめているネジを緩めれば、良いんですね。
罠を仕掛けた人は知り合いなので、切ってしまったことを後で謝りました。

ももちゃんは脚が曲がったまま伸ばすこともできませんでしたが、触っても痛がることもないし外傷もないので、獣医師さんに電話で相談して、そのまま様子見しました。
次の日には普通に歩けました。

ももちゃんが罠に掛ったのは、散歩中の事ですから、罠に掛ってから外すまでに1時間もかかっていません。
なので怪我せずにすんだのだと思います。

ももちゃんのママは、裏山に罠が仕掛けてあることを知っていました。
猪が多くて、荒らされ方が酷いので、罠を仕掛けてくれた人が知らせていました。
だから、ももちゃんはリードフリーで放れていたわけじゃないんです。
伸縮リードで、遊歩道を散歩していたんですね。

罠を仕掛けた人には、罠を仕掛ける場所で忠告したことがありました。
以前、遊歩道から1.5メートルくらい上がったところに仕掛けたので、「ここじゃ犬が危ない!」って。
罠を仕掛けた人の犬は、そんな土手に上ったりしないので、「ここなら犬も安全って思った」って言っていました。

なので、今回は4メートルくらい上がったところに掛けたのだと思います。
彼の中では、犬が掛ってしまう想定外の場所だったのでしょう。
ももちゃんのママも、猪の罠は、山の中に仕掛っているものって思っていたそうです。

私も昔はそう思っていました。
実際は、罠に掛った猪を引き出すのが楽なような場所に仕掛けてあります。
水を飲みに来る場所近くとか、通り道が特定しやすいのも道の近くです。

それに、鳥獣保護地区では銃を使っての猟はできませんが、罠はしかけられます。
なので、とらちゃんの家の裏山のような、遊歩道からすぐの場所でも仕掛けられるのです。
注意書きを張ることになっていますが、大概は1つの罠に1枚は張ってないですね。

たとえ、山の公園でも猪の害に困っていると、山際に括り罠が仕掛かっていることがあるので、愛犬が掛ってしまったらバネを緩めるように、落ち着いて対応するのが良いですね。
大人しい従順な子でも、パニックになると噛もうとすることもあるので、着ている洋服で頭ごと覆うとかの対処も必要なこともありますよね。
念の為、書き加えました。

私も、リードフリーにしないように!って伝えていましたが、遊歩道のわりと近くに掛っているはずと伝えればよかったと。
どこに掛けたのか聞いておいた方が良いよ~とは言いましたが、私自身では確認してやってはいませんでした。

すごーーーーく長くなりましたが、まさか!ってことは、しょっちゅうあることなので、やっておいた方が良いと思うことは、もちろんやっておきましょう。
すぐにやらなきゃ!ってことは、とりあえず、首輪に連絡先ですね。

災害ではマイクロチップは役に立たないことは、東日本の震災で証明済みです。
愛護団体さんは、マイクロチップリーダーは持っていません。

災害は忘れた頃にやってくる!ので、備蓄品のチェックも。我が家もすっかりすっからかん~。
首都で何かあっても、3日じゃ食料配給されないと思います。

今や、いつ突発的に政策変更があるかわからないのが今の中央銀行。
日本なら日銀ですね。
最近では、スイスショックってのがありました。
2日前には、総裁が「ユーロとのペッグを堅持する」ってな発言をしていて、青天の霹靂で「やーめた!」ってことで、一瞬でフランが30パーセントも急騰しました。
ヨーロッパの他国にも内緒で突然変更したらしいけど「こういう変更をする時は、そういうもんだ」ってなスイス中銀の総裁のコメントがどこかに載っていました。
金利の安いスイスフランを借りてユーロに替えて、住宅ローンを組んでいた人なんて、山ほどいたでしょうね。
興味のある方はググってみてください。

国を持たせるためなら、個々人の利害なんて関係なく、国家は突然に「しでかす」ってことです。

今年ってことじゃないですが、どうもすご~く嫌な感じがして仕方がないです。
アベノミクスは背水の陣、崖っぷち、破れかぶれ政策なのは周知のことですが、日銀も年金も企業もマスコミも総力戦です。
細かなことはここでは長くなるので書きませんが、今はテレビも「日本はすごいぞ!」のキャンペーン中です。
そういう内容の番組がすごく多い。
企業も賃上げだけじゃなくて、貯め込んでいる現金を吐き出させられるように仕向けられて、それに協力もしています。
総力戦で浮上しなければ、アベノミクスに安全な出口はない。それだけ、大変なことになってるってことです。
ここまで大変だと、個人に何ができるの?ってことですが^^

お金の価値が極端に低くなり、物価があがることは確かなので、
預金の一部で金や外貨でも持って、今から家庭菜園くらいはしておくと良いかも・・・くらいしか思いつきませんが、良い対策があったら教えてください。
今年は甲斐犬の園でカボチャを作ろうと思ってます。練習です^^

とにかくね、日本だけじゃなくて各国の金融政策が大きく動いて、通貨戦争とか言われている昨今なので、いつもいつも負けている日本は、今回は負けないで欲しいものです。

今年、ビックリしたこと。
銀ちゃんの散歩中に、銃を持った民間人に遭遇。
こんな所で?ってところで、猟をする人がいるので、注意ですね。
オレンジベスト着てないし!


こんな長いの、ここまで読んでくれてありがとう。

(加筆部分)

たとえ、山の公園でも猪の害に困っていると、山際に括り罠が仕掛かっていることがあるので、愛犬が掛ってしまったらバネを緩めるように、落ち着いて対応するのが良いですね。
大人しい従順な子でも、パニックになると噛もうとすることもあるので、着ている洋服で頭ごと覆うとかの対処も必要なこともありますよね。
念の為、書き加えました。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村







この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(11) | ▲ top
やっと終わった~
- 2013/11/22(Fri) -
夏に川原で、今にも死にそうな猫を、3レディース&とらちゃんが追いかけて、
翌朝、うらめしや~と庭にいた猫。
あの病気の猫がきっかけで、地域ぐるみで不妊手術ができないものかと、思い立ったのが8月。

みなしご救援隊とちばわんさんと、ボラさんと、地域の有志の方のおかげで実現できました。
14日15日で不妊手術した総数211匹。
その7割がメス猫。

感謝感謝です。
不幸な子猫を増やさず、一代限りの命として、精一杯幸せに生きてください。

他に治療したのは
その他
乳腺腫(犬)1匹
停留精巣(犬)1匹
臍ヘルニア1匹
子宮蓄膿症2匹
卵胞膿腫1匹
角膜潰瘍1匹
腹水1匹
疥癬2匹
シラミ多数
耳ダニ多数

だそうで、
避妊済みメスが2匹。避妊してまで捨てたのか、家出したのかは不明。
堕胎はゼロだったので、妊娠中のメスはいなかったらしいです。


調査の結果、家の散歩経路にいる野良猫が75。ほとんどがメス。
これだけは、絶対にやりたい!と、下準備に2か月かけて、全部やれましたよ。
やるからには、わかってるメスは残さず!って、執念ですね^^
今いる子はともかく、増えないで欲しい~。

餌やりさんを説得して、捕獲に協力してもらって、近所の猫で迷惑してる人からも寄付を募ったり、イベントでも寄付集めしましたよ。

ここは、地元の陶器市。
015_20131122160328775.jpg

017_20131122160325c01.jpg
3レディースが寄付集めに貢献してくれました^^

5匹の子犬を庭に捨てられてしまった家があって、それがまたメスばかり。
田舎はオス人気ですからね。
里親が決まらない。
なので、不妊手術の相談があったて、乗り掛かった船でチラシ作ったり…

110_201311221607309b7.jpg
5匹のうちの2匹。兄弟でもこんなに違うのね!

地元の雑誌のトチポチさんの協力もあり、5頭とも里親さんが決まりました。

わが町にはボラさんはいないので、私一人で駆けずり回っていましたが、てちゅのお母ちゃんや近所の猫好きの知人が早めに捕獲した猫の世話をしてくれて、予定していた野良猫を全部捕獲して手術してもらうことができました。
気持ちある人が寄付してくれたのはもちろんだけど、2軒隣の紀州犬飼いのオジサンが、組長さんを回って説得して、自治会として寄付してくれたのが嬉しかったですねー。
さすが、日本犬飼い!

走り回っているうちに、仲良くなった人達もたくさんいて、楽しかったです。

そうそう。これが、捕獲第一号のスーパー猫。
駐車場でお客さんに餌をもらってました。

甲斐犬のような黒虎なのだけど、すげー気が強い!
072_20131122172039b8f.jpg
この子は、駐車場猫をやめて、牛舎猫になってもらいました。
TNRは、元の位置に戻すのが基本なのだけど、そのスーパーでは邪魔にされ、苛められていたので。

こちらは、その牛舎猫のみなさん。
083_2013112217203816b.jpg
ここでは、18匹を不妊手術しました。

最初は、不妊手術に嫌々ながらも同意してもらった感じだったのだけど、とっても良いオジサンで、何度も通ううちに最終的には全力で協力もしてくれたし、飼い猫と同じだけの負担金を払ってくれました。
やっぱ、うちの町の人って、いい人が多いなー。

10匹以上のところは、どこもメスばかりで、オスは1匹か2匹。
オスが出ていくって説もあるけど、生息条件が悪いと、種を残すためにメスが多く生まれるらしい。



とにもかくにも、当日がやってきて

039_20131122162055013.jpg
野戦病院のよう・・・

が、手術を担当している山口先生は、不妊手術のゴットハンド。

噂には聞いていたけど、素晴らしい!

034_2013112216205360c.jpg
メス猫なら1センチの傷。

あ、このゴツイ手は、ゴットハンドじゃなくて中谷さんの手ねw

見えにくいけど、これが手術後。指の間の小さな傷に2か所の黒い糸止め。
033_20131122162052bb6.jpg
1晩で放したら、誰も面倒を見てくれない野良猫だからこそ、高い技術が必要なわけで…
最小の麻酔に、最短の時間で最小の傷。素晴らしい!

メス犬でも、1,5~2センチくらいの傷で、感動しましたね。
避妊手術後に、3日もチッコもできなかった藍虎。スマン事をしたー。

飼い主のいる子は、全部、確認の電話をしたけど、この子達は、早い子は当日。
遅い子でも翌日の夕方には、元気に走り回っていました。


事後処理が、16日までかかり、結局、大阪の全国展には行けなくなりました。
もちろん、8月に予定を組む時に、16,17日は都合が悪いからと伝えてあったのですけどね。
思いもしなかった事後処理が結構あってね。
夜も10時過ぎまで手伝ってくれていたボラさんを思うと、翌日の事後処理を誰かに頼んで、自分の楽しみで出かけることはできませんでした。


愛護活動なんて崇高なものじゃなくて、とにかく、私と銀ちゃんと猫のために、野良猫が減って欲しい一心でがんばりましたー。
でも、もう1回は頑張れません~w

日常的に愛護活動に走り回っている方々には、ほんと頭が下がります。


しばらくは、私にしかできないこと。私が、家の子達のためにしなきゃならないこと。それに専念したいって思ってます。



今朝は、霜が降りて奇麗だった~。
040_201311221652379cf.jpg
042_2013112216523626a.jpg
044_20131122165235578.jpg
050_20131122165234ae0.jpg


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(20) | ▲ top
冷や汗が出た 加筆あり
- 2013/10/04(Fri) -
wakkaにも書いたのだけど、私のように知らなかった人も多かったので、ブログにも書いておきますね。


1日の夜のこと。

夕食後に、軽く銀ちゃんの散歩に出ました。
暗いので、街灯のある町内をぐるっと廻る2キロ位のコース。



その途中に、空き地にがあって、歩道のすぐ横まで草が生えています。
酒造の蔵の跡なので広くって、街中としては、良い犬の散歩場所なのでしょう。
歩道沿いには、犬の糞で迷惑しているので、持ち帰るように!の看板が、何ヵ所も。



空き地は、商店街で管理してるのかなあ。
いつも草が刈られて、綺麗になっています。



中には入ったことはないのだけど、夜の散歩では、いつもその横の歩道を通ります。
いつものように、そこを通ると、パクっっと銀ちゃんが何かをくわえました。
何か黒っぽく光る四角いもの。



頂戴!



言ってはみたけど、頂戴!で、口から自分で出すのまでは教えてない(^-^;
私が手で取ればくれるんだけど、なんだかわからないものを、素手で触るのをちょっと躊躇ったんだよね。
薄暗くて、銀ちゃんの口からはみ出たものが、なんだかわからない。
黒くて、ギラっと光る…ヘビの皮みたいな…


どうしようって思ってる間に、モグモグ。



食べちゃった\(>_



何だかとっても嫌な予感。
犬の糞で迷惑しているって、何枚も何枚も看板が出ている場所での拾い食い。。。

まっすぐ家に帰ってきて、掛かり付け医に電話して、相談しました。
もし、毒いりなら症状が出てからでは、何をしても難しいのだそう。


何のこともなく、カラスの落し物かもしれない。

先生曰く、
やってみるだけの価値があるのは、比較的低リスクで、食べた物を吐かせること。
食べてから15分。まだ間に合うって。



やってみましたよ。
塩です。



大さじ山盛りの塩。
回りを大好きな缶詰でくるんで、食べさせました。
7割りの子は、それで吐くそうです。
5分くらいで吐いてくれました。



塩と一緒に吐いたのは、切り身の焼きサバ。
サバの皮がギラっと黒く見えたのです。



多分、毒いりじゃなかったかもしれない。
でも、もっと山の方で、毒餌を食べた犬の死亡事件がありました。
全国各地で、公園に毒餌撒き事件があります。



もちろん、拾い食いさせないのが1番だけど、万が一、吐かせたいって事態が起こっちゃったら。

塩ね!
塩!



先輩の愛犬も、子犬だった時にリンゴを喉に詰まらせてしまったそう。
それで危うい所だったのが、塩を口の奥に押し込んで飲ませて、一命をとりとめたそう。


塩で吐かせるって、みんな知ってるかもだけど、知らない人も居ると思うので、書いておきますね♪



休診日の夜なのに、電話でアドバイスしてくれて、吐かずに容態に変化があったら、即連れてくるように!って、言ってくれた先生にも感謝だよね。
ただの親バカの空騒ぎかもしれないのに(* ̄∇ ̄)ノ


吐いた後は、いつもよりも水を飲んでいましたが、普通にご飯を食べました。
銀は、私が心配してバタバタしてたので、自分が、もの凄く大変なことをしてしまったんだ!って、ちょっと不安そうな顔してました。


今度は、頂戴!で、口から出すように教えるか、気合いを入れて手で取るかにしようと思います^^
あ、それ以前に、口にしないように教えられれば良いのだけど。



追加。

先生が言われた注意事項がありました。

塩で吐かない子も居るそうで、1度やって吐かなければ追加しても吐かないだろうと。
それと、竹串などの逆流したら危険なものは、吐かせない事。だそうです。
内視鏡の設備のある病院で、診て貰うのがお勧めだそうです。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(14) | ▲ top
カメラ買っちゃった
- 2013/09/19(Thu) -
ほぼ、消費増税も決まった感じ~な、今日この頃。

田舎に住んでいて、お出かけと言えば犬絡みだけ。
ここ数年は、唯一の趣味ともいえたゴルフも行かなくなっちゃって。。。

消費増税前の私の駆け込み需要と言えば、カメラでしょうかー。

見るだけのつもりで、カメラ屋さんに行ってみましたよ。
いつもなら、家電屋さんかネットで買うカメラなのですが、イチデジさんが欲しかったので、色々面倒見て貰えそうなカメラ専門店に行ってみました。
これまで持ってたのが、入門編のキャノンのEOS Kiss X3。
扱いが荒くって、ボロボロなのと、AFしか使いこなせないのだけど、フォーカスが遅いというか、黒い犬だとなかなかフォーカスしてくれないのが不満。
ネットで調べて、X7iってのがあるらしいので、相当進化してるだろうーって思って、カメラ専門のサトーカメラに見に行きました。

担当してくれたお兄さん。犬の学校に行ってたとかで、話が盛り上がり…
連れて行っていた銀ちゃんと藍虎を見て、可愛い可愛いと撫でくりまわし…
ついついついつい…買っちゃいましたw
どれだけ親馬鹿なんだと、自分に突っ込み入れつつ^^

買ったのは、やっぱり入門編のEOSKissだけど。7じゃなくて6。
7との違いは、シーンモードの数の違いだけなので、値下がりした6がお勧めとか。
レンズは今までのも使えるのですが、18-200ってSIGMAのレンズを購入。
これで、ランとか展覧会でもそこそこの望遠も使える…はず。

車を走らせながらでも、片手で撮れるギリギリの重さのイチデジさんです。
これ以上重いと、持ち歩く気にもなれないし、どうせ、AFしか使えないので、私には十分^^

さっそく、試し撮り。

朝の銀ちゃん散歩。

007_20130919021719f1b.jpg
車を走らせながら…ちょっとピンぼけ。

008_20130919021719ce5.jpg
ピンとは、合ってるような…

009_20130919021718e34.jpg
カメラは違っても、可愛い~w

012_20130919021717f89.jpg
完全に換毛が終わって、スッカスカ。

この時期にスカスカなのって、始めてかも。
いつもは、10月に走り込んで抜けてきちゃうんだよね。

018_20130919022525fb1.jpg
スカスカでも、ガリガリにならない…流石、銀ちゃんw

030_20130919022735a55.jpg
でも、いくら朝日でも、色飛びしてるような気がするなあー。
こんなに明るい毛色でもないような。
飛んでるから、柔らかくも見えるような。

033_201309190228439d7.jpg
036_20130919034443616.jpg

藍虎ちん。今年の夏は、天候大荒れが多くて、私のストーカーだった。
可愛いんだな~。藍虎。

004_20130919034729c09.jpg

039_20130919022842b15.jpg
040_20130919035013b03.jpg
脱力おりゅう^^


うーん。。。

そうだ!マル!

マルのお父さんから先日電話がありました。
暫く来ないけど、元気ですか?って。
去年の秋から忙しくって、1年も行ってなかったんだ^^

お父さん、今年の春にヘルニアになって、それを機会に仕事を引退したのですって。
3ヶ月寝込んでたけど、息子さんやお孫さんがマルの散歩はしてくれたそう。
今はもう元気で、ゴルフにも行けるのだとか。
17歳だったクロが春に亡くなったそう。

毛色の色彩が鮮やかで、毛も荒いマルだと質感もでるかなって、行ってみましたよ。

043_201309190237435bf.jpg
日影で寝ていました。

人が来ても吠えないので、番犬にならないって話しのマル^^

047_20130919023741138.jpg
私だとわかって、ワンワンw
日向まで出てきました。

自分が用がある人に吠えるのは、お母さんのりくと同じ~^^


068_201309190237429e5.jpg
日影のマル。

マルの横顔が好きですね。
でも、この幼稚園児のような首輪^^

首輪が違ったら、もう少し渋く見えるような気もするんだが、どうでしょw

063_20130919025316d3d.jpg
065_2013091902552865b.jpg
日の当たり方で、色彩が随分と違うのがマル。それは変わらず。

でも、同じメーカーの同じシリーズのカメラでも、違う気がしましたー。
質感とか、前のより出ないような…レンズのせい?
でも、フォーカスするのは、断然、早くなったし、薄暗い所でも撮れるし、満足。

それにしても、りくの子ってりくに目が似ないね^^
目はキリッとしてるけど、子供でも安心して触らせられるし、甘えん坊も変わらず。
女の子大好きで、やる気満々なのも変わらずw

りくの小さな可愛い男の子。
6ヶ月くらいから、あまり変わってない気がするけど、口の周りに白髪が出てきた。
もう、3歳半だものね。
立派な大人だよね。

何だか、時がたつのが早いなー。
もっと、ゆっくり歳をとって欲しい。

069_20130919030331fd2.jpg
おりゅうさんに、煩くして怒られた。

074_2013091903033048d.jpg
藍虎とりくと。

078_201309190303296b7.jpg
またね^^

また、会いに来るね~♪


東京の玄ちゃんが写真を送ってくれました。
1歳と4カ月です。
マルとは、異父兄弟です。

IMG_1537 (1)
可愛い^^

IMG_1538.jpg
渋い^^

いつもありがとうございます。
玄ちゃんのパパさん。ママさん。お兄ちゃん。東京展でお会いしましょう~。

ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(18) | ▲ top
展覧会はじまりますね
- 2013/09/03(Tue) -
まだまだ暑いのに、もう秋展。

出陳するかどうかは、別として、行く予定なのが、日保は埼玉、三多摩、東京。
群馬も、ちょっと顔を出す予定でいます。

出陳する犬が居ないって、言っていたら、おりゅうを参考犬で出せば良いと、周りから薦められたー。
それなら、甲斐犬の広報活動にはなるし、時間的にも余裕があるし、愛知とかにも行くのも良いカナとか、思案中。

もちろん、全国展も行くつもり~。
銀が、夏中ずっと車と走ってたので、去年のような自転車引きの苦労をしないですむなら、全展は出陳するかなぁ~~。
チンピラ度がアップしてるので、どっかの会場に連れて行ってから、考えよう^^

ちびっこ愛姫ちゃんは、どこかで幼犬でデビュー予定~。


問題は、もう来週にせまっている、栃木、山形展のかぶり。
山形の剣ちゃんは、山形支部の役員さんの紹介だった子なので、思いもかけず、幼犬で記念出陳することに。

飼い主さんは展覧会には縁がない人だから、行ってやりたいんだよねー。
暑いから、、、って、言ってみたが、飼い主さんも「剣は暑さには、慣れてるから」っていうので、嫌々ってことでもないらいしい^^
父ちゃん(銀)よりも、カッコイイ犬って言ってるしw

でも、剣ちゃん。
毎朝、山散歩ばっかで、リードつけて歩いたことって3度しかないらしい。
会場に行っても、ビビリまくりそう(汗
せめて、おりゅうさん連れて、応援に行ってやらねば!と、おもっちょるわけです^^

ってなわけで、山形に行けるように調整中。

日保会場のお近くの方、予定の合う方、遊びに来てください~♪


愛護会展にも、遊びに行く予定です。
大阪に越したゆかこなさんも、来るし~。

日頃、お世話になってる人達の応援に行かねば!

会場でお会いしたら、宜しくです。



今日は、りくちゃんの動画。

朝ごはんだよ~って、呼んでも来ないので、探したら茶の間に居ました。
ちょっとヘソが曲がってる^^

原因は、いつもいつも、朝の散歩でりゅう婆ちゃんは、おりゅうと藍虎を連れて行くから。
ヘソを曲げた振りしてても、呼ばれて嬉しくて、尻尾が反応しちゃうのも、素直な性格のりくちゃん。
すごにご機嫌直す所も、優等生りくちゃん。

あ、テーブルの上にあるお酒は、夜に弟が飲んだもの。
アタシじゃないよ^^



このあと、りくだけ連れてお寺の裏山に行きました。
ご機嫌でした。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(16) | ▲ top
出た~!
- 2013/07/17(Wed) -
先週の金曜のことなのだけど、夕方、まだまだ暑いので、近くの川に散歩に行ったのですよ。
その時のメンバーは、3レディース&とらちゃん。

例によって、藍虎とりくは繋いで放していました。

暑かったので、みんな川に入ってちゃぷちゃぷ。
水量があまりないので、真ん中まで行ってもずっと脚がつきます。

そのうち、藍虎とりくが上がってきて、土手の横の方につつつーーーっと。
つつつーーーー。ダッシュ!みたいな。

じっと動かなかったので、気付かなかったのですが、猫でした。
その時はおりゅうのリードは持っていたので、フリーだったとらちゃんが参加で、3頭で追い回します。
でも、このメンバーだと、お互いに譲り合ってるのか牽制し合ってるのか、すぐに噛みには行きませんでした。
猫は、川の中に逃げ込んだところを、やっと、ワンズを捕まえました。

それがねえ。
今にも死にそうな感じの、見るからに病気の猫です。
犬が噛んだわけじゃないのに、もうユラユラと揺れていて、ヨロッと水に倒れ込んだりしています。
腫瘍ができているのか、顔半分は腫れあがって、片目が開かないくらいに顔が歪んでいます。
口からは、糸を引いたようにヨダレが・・・

3レディースがまだ行きたがるのを、必死で引き離して道路まであがってきました。
こういう時の3頭って、さすがにチカラあります。
絡んだリードを持ちなおそうとした時、手からリードが外れてしまいました。
おりゅうじゃなくて、りく&藍虎のリードです。

またもや、もうダッシュで猫のところに行きますが、ここはりくのスゴイ所で。
「待て!おいで!」で、猫に寸止めで、藍虎を引き摺って帰ってきました。
褒めてやったら、すんごい得意そうな顔してたw
偉い偉い!

猫の命も勿論なのだけど、噛み返されても引っかかれても、病気をもらうのも怖いです。

猫は、りく達が近づいてももう動けませんでした。
土手の所に居たのに気付かなかったのも、じっと丸まって石のようだったからです。
もう、イノチが消えてしまう寸前なのだって思いました。
最後の体力を使わせてしまったなぁー。このまま、川の中で息絶えてしまうのかって思いました。
何度も振り返りますが、川の中でじっとしています。
かといって、近づけば逃げるし、攻撃してくる野良猫なので、何かしてやれるわけじゃないです。

可哀想なことをしたと、暗い気持ちで家に帰ってきました。

そしたらね。翌朝のことです。
銀の散歩に出かけようとして、銀のリードを車に忘れていたので取りに行きました。
何か、石の上にまた石のようなものが視界に入りました。

げげげ!
出た~~~!

いやほんと、牡丹灯籠かと思いましたよ。
001_20130717035913.jpg


↓勇気のある方のみ、クリックしてみてください。迫力あるお顔です。
003_20130717040056.jpg

生きていたんです。
でも、何で家に~?

ネットがあったので、被せて確保しようとしましたが、逃げられてしまいました。
治る病気なのかどうかわかりませんが、治るなら治してやるしかないし、治らないならのたれ死ぬよりも安楽死もあるのかなと。
うつる病気なら家にも猫が居るので困るし、このまま放浪させておくのは、誰のためにもならないって思ったんですよね。

でも、失敗。
みなしご救援隊に猫ワナを借りようとしたら、今、全部貸し出し中だとか。



田舎は、ノンビリしてて良いですよ。
その辺の河原で犬を放して遊んでいても、よくある普通の風景だし。

でも、夕方に犬を放す家がまだあってねえ。
これは困る。
最近、家の庭に夜来てウンチしてくやつがいるんですよ。
隣の会社の駐車場には張り紙が張られました。
「お客様が迷惑しているので、犬の飼い主さんは糞をかたずけてください」って。
きっとね、家だと思ってるんじゃないかなあー(汗

で、弟が役所から犬罠を借りたんですよ。
ウンチの感じから、食べてるのはドックフード。多分、飼い犬です。
とにかく捕まえて、飼い主さん探して放さないでもらわにゃ。


でも、掛かるのは猫。
002_20130717041619.jpg
しかも同じ猫が3度目。

2度は弟が放していたらしいのだけど、3度目にひょっと見たら、病気です。
丸い腫瘍のようなのがいくつかできていて、毛が丸く抜けています。
黒い猫ほど重症な感じでもない。
けど、メスだし、このまま放しちゃあマズイと思って、連休明けに猫ボランティアさんと避妊も含めて相談するつもりでした。
が、餌をやり水をやり、日影を作ってやり、扉を誰かが開けないように針金で縛っておいたのに…
月曜に東京から帰ってきた弟が、帰るなり逃がした。
可哀想だからと。病気なのなんか、見りゃわかるだろうーと思うけど、見てない^^
三毛だからメスだぞーと言っても、ポカンとしてる。そんなもんだ。

犬は、未だ捕まらず、病気の黒い猫も今朝も庭に来てたけど捕まらず(汗
番頭さんに聞いたら、黒い猫と三毛猫はセットでいつも居ると言う。
うつる病気なのかなあ…腫瘍は別で、皮膚病だけうつってるのかなあ。
わからんが、猫だって好きで野良してるわけじゃないから、可哀想だあ。
でも、銀に見つかったら、猫も私も危ないから、ウロウロしないで欲しい~。

みなしご救援隊で、一斉TNR(野良猫の不妊手術)の日ってのがあるんだよね。
2か月に1度くらい、みなしごバスで関東にやってくる。
TNRって、野良猫は、捕まえても里親を見つけるのは難しいから、せめて増やさないように、不妊手術して元の場所に返すってやつ。
最近は自治体でも推奨してて、補助金とか出してる所もある。

罠が返ってきたら、いくつか借りて、家の周りと散歩コースの野良猫ポイントに仕掛けてみようかなって考え中。
みなしごなら、ワクチンとフロントラインまでしてくれて、1頭7000円。
どこの自治体の補助よりも安価。メスだけ5頭避妊しても、近所の子猫の増え方はマシになる気がする。
自腹は痛いが、野良猫が増えるのは、本当に困る~。かといって、捕まえて保健所のガス室で殺処分なんて、ありえない。
なぜか犬猫、オスメス、同一価格。もし、興味のある方がいたら、私にメールください^^




次の日ですが、猫が居た川のちょっとだけ上流に遊びに行きました。
夕方5時には日影になるので、人間も涼しくて良いんですよ。

3レディース&とらちゃん。てちゅと先住犬のケントくんも一緒です。
雨が降った後で、ちょっと水が濁っていますが、あとでシャンプーが必要な感じの水ではないです。
097_20130717043709.jpg

107_20130717043710.jpg


111_20130717043714.jpg
ケントくんが喜んで、水の中でバシャバシャしてたのが、嬉しかったです。
14歳になるのですが、去年お尻に腫瘍ができて、再発防止に去勢してから太りやすくって、脚がふらつくようになりました。


108_20130717043713.jpg
118_20130717043716.jpg
もちろん、一番喜んでいたのは、てちゅ。深い所で、犬カキ中~。

てちゅは放したことがないので、この時もリード付き。
お母さん、汗かきかき、ムスコが涼むために走りまわります^^

098_20130717044939.jpg
おりゅうはと言えば、さっきまでキャンプしてた人達が肉を焼いてた場所を探索中~。

水にも入らず、ずっと、ここに居たw



続き

今朝、銀の散歩に行こうとしたら、三毛猫がまた罠にかかってた。
弟が放しちゃってから、24時間も経っていない。
2日も入れられていたのに、懲りてないんだあ。通算4度目w

家のベコ(外猫)は、猫ワナにも犬罠にも1度もかからない。
流石、甲斐犬が育てた猫なので、警戒心が違うのかw

銀の散歩の帰り、野良猫に餌をやっている魚屋さんの前を通りました。いつも、3~5匹位は屯してる。
が、、、、。
ちっこいのが5匹大人について回ってた。10匹に増えてました(汗
ネズミ算式とは言わないが、年間、何匹増える気だ~!


ポチお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(16) | ▲ top
チビ達の微妙な関係
- 2012/12/25(Tue) -
ハッと気づけば、もうクリスマス。年賀状も書いていないし、大掃除もしていない^^
1日がなんと短いことか。
この調子で時間が流れたら、あっと言う間に10年経ちそうだと思う今日この頃w


5月に生まれた子。何だか昔のような気もするけれど、7ヵ月になり、6月生まれの碧生も6カ月半。
犬親戚に向けてご報告せねば…と思いつつ、1日伸ばしにしてました。スミマセン^^

お子ちゃま達の力関係も、月日と共に変わってきたようです。

2か月前。5ヶ月くらいの時には、りくの子のとらちゃん&てちゅ、碧生と毎日3頭仲良く遊んでいました。
043_20121222214757.jpg
仲良く…w

とらちゃんは、顔に似合わずのマウンティング娘だけど、碧生は気にしない様子。
足の速いとらちゃんと、寝技の碧生は良い勝負で遊んでいました。

035_20121222220939.jpg
胴体の兄弟ですが、大きなてちゅと、小さなとらちゃん。
でも、とらちゃんの負けん気は人一倍なので、脚も力も体力も勝るてちゅに、転がされても飛ばされても向かって行っていました。

この子達で、一番早く序列の決着がついたのが、てちゅと碧生。
碧生のお気に入りの木の枝を取り合って、てちゅが一喝されてしまいました。
それ以来、てちゅは碧生には逆らわないことにしたらしい^^
てちゅ5か月。碧生4ヶ月半の時。

犬の良い?てちゅと、気力に勝る碧生。もっと大人になったら、立場は逆転するのでしょうか^^

碧生に遠慮するてちゅは、碧生に睨まれて、おかあさんとりくに言いつけに行きましたw


てちゅのお母さんは、男前だけど、犬が良くて明るくてわかりやすい性格のてちゅを、とっても気に入って可愛がってくれています。

11月半ばからは、りくと摩利のWヒートでてちゅもランに来なくなり、とらちゃんまでヒートで来なくなり、碧生も自宅で過ごすようになりました。
先日、3頭そろって1か月ぶりくらいにランで遊んだら、すっかり力関係が変わっていました。

3レディース、とらちゃん、てちゅが揃っている所に、碧生が到着。
みんながワーッと寄ってきて、大人はワフワフ言いながら歓迎。
それはいつものことなのだけど、圧し掛かっている中にとらちゃんもいることを見つけると、碧生は反撃。
まあ、それもいつものことなのだけど、とらちゃんが引っくり返って降参しても、背中の毛を逆立ててやや執拗な感じ。

001_20121225074614.jpg
てちゅは碧生と遊びたくって、いろんな貢物を持っていきますw

これで遊んでー^^

005_20121225075304.jpg
とらちゃんは、おりゅうが大好き!

とらちゃんは細いので、とても小さい感じですが、高さは摩利やりくと変わらなくなってきた感じ。


とらちゃんの身軽で速い脚で、力に勝る碧生と良い勝負で遊んでいたのに、意外なことにおデブな碧生がとらちゃんよりも脚が速くなっちゃったのです。
追いかけられて捕まって、一方的にやられるととらちゃんが全身ウニみたいになって嫌がし、隅っこに逃げるので、碧生を係留することに。
032_20121225080603.jpg
おんなヤクザ。ジャイアン碧生です^^

余っていた皮と肉はずいぶん減って、育成していた筋肉が活躍始めたようです。

でも、面白いなあーと思うのは、碧生って人間が見ても憎めないヤツなのだけど、ワンコ同士でも憎めないやつらしい。
024_20121225081632.jpg
てちゅは、碧生と遊びたくて入り浸っているし、おりゅうも碧生の所に行って遊んでやります。

023_20121225081632.jpg
おりゅうは放してやれと言わんばかりにリードを噛むし、とらちゃんまでお見舞いに行くし^^

028_20121225082024.jpg
とらちゃん、緊張しながらも、近づいて行きました。
碧生が繋がれているなら、逃げられるからでしょうか。

苛められるのは嫌だけど、やっぱり碧生と遊びたい?
とらちゃんは、すぐにお腹出すけど、それ以上にやられると向かっていく隠れキカンボウです。


並ぶと、意外に高さの差は少ないんですよ。
碧生は、態度が大きいせいか大きく見えますがw

あ、体重差は結構あるって思いますね。碧生はもう、怖いので計っていませんが^^

048_20121225082356.jpg
碧生の近くに行って、穴掘りをする藍虎。
碧生は、胡麻すりすり~。

横になってデカイのが碧生です。

045_20121225082356.jpg
りくには、大きな身体をめいっぱい小さくして、挨拶します。

この時、摩利は居ませんでいたが、摩利は最近は、碧生には唸りながらマズルをハグハグします。
あれって、藍虎が久しぶりに会った娘にやることと同じですね。
自分の子のように面倒見ていましたから。

でも、碧生が本当に怖いのは、銀ちゃんだけです。
アオ~って言うと「真似するな!お前が言うな!」って怒られますw


2年前のりくの子供達は、近所には居ません。
藍虎の子、摩利や華ちゃんが近くに居ます。
今回は、りくの子を近くに残してやりたいなって思いました。
063_20121225085251.jpg
左から、てちゅ、りく、とらちゃん。
平和な親子。

てちゅととらちゃんは、中々良い写真が撮れないのですが。
033_20121225085429.jpg
053_20121225085808.jpg
てちゅ。

疲れて止まらないと撮れないので、尾が下がっちゃってます^^
なかなか逞しいアンヨw

019_20121225090342.jpg
とらちゃん。りくが子供の時に良く似た立ち方ですが、りくよりベッピンしゃんです。


遠くに行った子も、いつになっても会えば喜んでくれるのは、嬉しいですね。
おりゅうにはもうお里はありません。
今更、産みの親やお里のご主人に会いたいとも思っていないでしょうが^^


東京に居るりくの子。玄ちゃん。黒虎の予定だった子^^
IMG_1203.jpg
IMG_1246.jpg
飼主さんが、毎月の誕生日に写真を送ってくれます。
16.5キロになったそうで、太ってはいないので、思ったより大きくなったのかも^^
てちゅ、、、どのくらいなのか不明。けど、おりゅうよりもずっと大きい感じ。


一番遠くに居る碧生の姉妹の朝日。
121130_1241~01
やりたい放題でのぐうたら娘らしい^^


遠くに行った子達は、みんなブログだったりメールだったり電話だったりで、近況をお知らせしてくれるので、そんな便りが何よりの楽しみです。
でも、いずれは、大人になって落ち着いて、「知らせがないのは良い知らせ」となるのでしょうが、何かあったら力になってあげられるお里でありたいなーと思う。


こちらは、ちびちびりんりん。摩利の子のはなちゃん。波奈ちゃん。
004_20121225093427.jpg
009_20121225093426.jpg
010_20121225094003.jpg
多分、10キロもないと思う^^

田舎住まいで、ほとんどお家から出ない子なのに、知らない人にでも積極的なベロベロ娘。
鳴かないし静かだし、でも物怖じせず活発だし。すんごい性格の可愛い子で、このサイズ、この性格だと飼える人が多いなーと、今も感心する子^^


先日ですが、銀ちゃんに嫁が来ました。
3日ほど預かってました。

ここで、次にまた引っ張るか!って、怒られそうだけど、ちょっと用ができたので、それはまたー。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(7) | ▲ top
尻尾のこと
- 2012/04/03(Tue) -
おりゅうの自慢の尻尾が上がらなくなりました。
遊んでいて、尾の付け根をぶつけたのでしょう。

031_20120403061243.jpg
こんな感じ^^


035_20120403061414.jpg
夜、物音がしてりくが警報を鳴らしたので、おりゅうも庭に出て行きました。
警戒モードでも、尻尾はこんな感じで半上がり。

捻挫みたいなものだと思いますが、手で持ち上げると痛いらしいです。
以前にも1度ありましたが、数日で治るようです。
東京展に出陳申し込みをしているので、間に合えば良いのですが。

東京展と言えば、今年から甲斐犬最高賞ってのを設けてくれるそうです。
なのに、出陳頭数が少ないという連絡があり、銀ちゃんを出そうかとも思いましたが、やっぱり辞めました。
人間の都合だけで事を成して失敗したこと多数ですから。
それに、雄雌並行して審査が行われるはずなので、成犬の雄雌の出陳は進行に迷惑をかけますし。

くまさんやぷよさんも都合が悪いと云うので、山ちんに出陳依頼しました。
洗って抜け毛祭り中らしいですが、少しでも痩せて見えるので良いでしょうw
体高不足でも良いと云うので、ちびっ子りんりんも出陳です。

京都展で甲斐犬に厳しい審査をした三谷先生なので、マルを見ていただきたいと思っていますが、車酔いが心配^^
秋か来年には銀ちゃんが出られるように頑張りましょう^^

今回のメインイベントはさくらママ家の芽衣ちゃんのパピーの出陳なので、お近くの方は遊びに来てください。


で、尻尾の話しですが、甲斐犬に厳しい日保でもおりゅうの尻尾は評判が良いです。
尻尾の先まで捻れがなく、固く揺れない差し尾。

尾付きが高いから…とか、そういう形で固定されているから…とか、甲斐犬の他の飼い主さんに言われたこともありました。
が、巻き尾じゃないので、尾付きは普通に背線からちょっと下がった所から付いています。
家でご飯を食べる時だけはダランと下がります。
何かに集中して、警戒も何もしてないと下がるのかもしれません。

でも、家での食事以外は下がらないので、下がり難い尻尾であることは間違いないです。
下がり難さでは、山徒や岳ちゃんが似ました。
りくや銀ちゃんも下がり難い方なのじゃないでしょうか。

下がりやすい藍虎ですが、子供達は山徒に似た子が多いです。

尻尾の保持は、体質と気性に依るものだと思っています。
体質の方が要因として占める割合が高い気がします。
気を抜いた時の尻尾の位置が違うからです。
尻尾は背骨の延長線の骨なので、尻尾の柔らかい子は、背骨も柔らかい感じがするような気がします。
逆に巻き尾の子は背骨も固く感じます。
猫のように動くと言われる甲斐犬に、差し尾が多いのは、そういう関係もあるのじゃないかと思います。
勿論、巻き尾でも動きが素早く甲斐犬らしい動きなのですが、何というか、動きの柔らかさの差を感じます。
でも皮肉なことに、展覧会で評価されるのは、固い感じのような気もします。

ある先輩が、胴引きが長く甲斐犬らしい動きができる犬を、展覧会では固く見せるのがハンドラーの腕と教わりました。
なるほど。と、思いますが、私には難しい^^


ビビり気味で尾が下がる子は、下がっただけじゃなく尾の先がお腹側を差してしまいますので、それは気性のせいかもしれないって思います。
私の独断なので、気を悪くされた方がいらっしゃったらすみません。

で、気性そのものは産まれ持ったもので変わらないのかもしれませんが、表現は年と共に変わってきますよね。
尻尾もそうらしいです。
おりゅうの尻尾がガチっと固定化されたのは、いつからか正確にわからないのですが、

IMG_3732 (2)
1歳半ごろの写真。

良く見ると尻尾が…

IMG_3727 (2)
この頃の写真は、先半分が下がったような、こんな尻尾が結構あります。

今みたいに色んな事を気にして観察もしていなかったので、当時は全然気づきませんでした。
2歳、3歳くらいの写真はほとんどなくて、他の甲斐犬との接触もなく散歩で会う犬は2,3頭。
何の刺激もなく、問題もなく、写真もなく^^

でも、5歳の時には下がらない尻尾になっていたので、3歳半の大立ち回りした交配や5歳直前にりくが生まれて、守るべきものができたことがキッカケになったのかもしれません。
キッカケ…とは、元々、負けず嫌いの頑固な性格の子犬でしたから、開花しただけかもしれません。

家族が増えるごとに、気が強くなって行った気がします。
守るものが増えて行ったからでしょうか^^

おりゅうが無理じいの交配経験もなく、子供も作らず、1歳半のまま田舎でまったりとしていたら、今頃は違った表現になっていたかもしれないですね。
少なくても、もっと太ってたって思いますw


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村









この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(12) | ▲ top
年の初めに
- 2012/01/05(Thu) -
今年も福島の温泉での年越しになりました。
猪苗代湖の近く。
ここ数年はずっとここで、子猿一家と一緒に、賑やかに過ごしています。

今年は、雪が少ないですが、何といっても問題は…
008_20120105161459.jpg
雪道での銀ちゃんの散歩^^

1本は普通のリードを手に持って。
もう1本はやや長めのリードを腰に巻いて。

旅館街の周りは雑木山なので、色んな動物がいます。
山中湖で、リードがついたまま放れてしまって、心配して1時間以上も山を探し回ったことがあり、今回は絶対に放さないぞー!って、決意のあらわれです^^
銀ちゃんは、もしもリードが木に絡んで動けなくなっても、私が迎えに行くのを黙って待っていると思います。
以前、ベストが引っ掛かった時にも全く鳴かず、GPSがなかったら居場所を特定できなかったって思います。

でも、旅館から通りに出ると、除雪された道は凍っていて、滑る滑る。
なのに、使われていない物置や車庫はノラ猫の住処になっているようで、どえりゃーい引き。
銀ちゃんに「ゆっくり!」と言い聞かせながら、なるべく除雪されていない脇道や山道を選んで歩きました。

近くの山に、遊歩道がありました。
登り口に「熊出没注意」とあります。

葉は落ちて視界は良いので、遊歩道を歩いていて、出会い頭に熊に会うことはないだろうと登って行きました。

007_20120105162141.jpg
が、、、、しかし、遊歩道の右の山から遊歩道を横切って左の山へと何者かの足跡(汗

010_20120105163311.jpg
何の足跡かわからないけれど、銀ちゃんは遊歩道から山に上がって、足跡が去った方向を追おうとします。
文明の利器は怖くて、ビビりのくせに。

この時は、ショックレスの電話番号入りの首輪ではなくて、ぐっと首の締まる1本リードに手元がショックレスのリードを繋いでいました。
こっちも必死ですから。
その甲斐あってか、1度転んだだけで、無事に旅館に帰りつきました。

ってことで、危険な歩き散歩はなるべくやめて、いつもの年のように、閉鎖中のゴルフ場やら、見晴らしのきく川原、湖畔などで遊びました。

029_20120105165602.jpg
「そこに雪があるからさ」

015_20120105172208.jpg
お子ちゃま銀ちゃんは、雪があるだけでテンション、あ~ぷ。
で、まともに写真が撮れないw


025_20120105165706.jpg
木の上に何かいる!って、りくの首が伸びた。
こんなに長いんだw

この後、りくが離れたら、木から駆け降りて来て他のもっと高い木に駆け上って行ったのは、リスでした。

011_20120105170118.jpg
おりゅうも、テンションあ~ぷ。

040_20120105170216.jpg
藍虎の子守りをするりく。




031_20120105170411.jpg
こんな所や

044_20120105170443.jpg
こんな所で、いっぱい遊んできました。


去年は、原発事故で、一時はどうなる事かと思いました。
福島はおろか、栃木の我が家にももう住めないことになるのじゃないかと、事故直後は山梨に避難して、山梨・長野で物件探しまでしました(マジでw)
今年の正月を福島の温泉で過ごせることになろうとは。思ってもみませんでした。
もちろん、ここよりは線量が高いですが、3日の滞在なら会津地方は許容範囲です。
今まで、甲斐犬3頭を暖かく迎えてくれた温泉旅館さん。
これからも頑張って欲しいものです。


今回の震災で、日常ではわからない「非常時の自分」ってものが少しわかりました。
機動力はあるようですw


そして、自分の大切なものを守るためにすべきことも、待ったなしなんだって思いました。

去年の初めには「備蓄を」と言っていましたが、もちろん震災を予想していたわけじゃないです。
こんな情勢ですから、いつ何時、何があるかわかりません。
日本列島の一部の震災なら、数日頑張れば救助隊が来てくれます。
でも、今の日本の状況は人災ともいえる経済危機の崖っぷちです。
雪崩が起きれば、救助隊はすぐには来てくれそうにありません。
今の政治では、どうにもならないって思います。それが自民党でも同じです。

本当は完全自給自足が理想なのでしょうが、それは無理なので、せめてコメ農家さんとの専属契約と家庭菜園は実行しています。
楽しいし、美味しいし、無農薬なら安心だし。

食料の備蓄は、レトルトや缶詰などでって手もありますが、昔風な保存食品が飽きなくて良いですね。
手作りの発酵食品や塩漬け、乾物など。
今回の震災が東北だったので、人間性と各家庭の保存食品の多さで冷静に対処できた面もあったと思いました。
最近は、日頃から、季節の物を多めに作っては冷凍ってのも心がけています。
大量にジャムを作っては、冷凍。って風に。
夏に作ったジェノベーゼは、今も活躍しています^^

去年買った山服が今も活躍していて、今年はまだ私の部屋のエアコンは一度もつけていません。
ダイニングのヒーターを朝晩少し使うのと、りゅう婆ちゃんがコタツを夜2時間くらい使うだけです。
我が家は光熱費かかりません^^
ワンコのためにも良いことです。
コツは下半身です。冬ゴルフでもそうですが。
ここは朝は氷点下7度くらいまでは下がりますから、ユニクロのヒートテックでは足りず、モンベルなどを使用しています。
ちょっとカッコつけるなら、スポーツ系のアンダーアーマーなどです^^
それに山用のあったかハイソックス+ゴルフ用の中綿パンツ。日中の気温7度では暑いくらいです。
3,4度が適温仕様w

で、夜は藍虎と寝ているので、ポカポカです。


モノが手に入らない時は、お金は役に立たないですが、保険のつもりで外貨を持つことも有効って思います。

暗い話題のようですが、備えあれば憂いなし…です。
もっとも、私の場合、バタバタした揚句に何もなしってことも多々ありますが^^
でも、忘れたころにやってくるってパターンも多々あります。

来年も平和な正月が迎えられますように!


そうそう、年末に桃ちゃんが遊びに来てくれました。

001_20120105205654.jpg
小さなりくと、大きな娘、桃ちゃんです。

りくは、自分の娘には優しいです。

004_20120105205949.jpg
摩利には一々チェック入れます。

摩利も慣れたもので。「腹出しときゃい~さ~。減るもんじゃないし~。」

006_20120105210219.jpg
桃ちゃんを追い掛ける藍虎と摩利。
それを少し離れてついてまわる、りく。

桃ちゃんを苛めたら、承知しないわよ!ってとこでしょうかw

002_20120105211126.jpg
優しくて静かな桃ちゃんですが、最近は一人でもカモシカを追い詰めて、山で遊んでいるようです。
桃ちゃんは、摩利とも仲良く遊べます。

家で生まれた子達は、牝同士、みんな仲良く遊べるのですが、相性が悪いと雄同士よりも始末が悪いらしいです。
こんなに皆、仲が良い方が珍しいようです。

今年もみんな仲良くね^^



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(28) | ▲ top
頑張れ!ただの家庭犬
- 2011/12/13(Tue) -
日保の展覧会に行くと、いろんな方から話しかけられます。
関東では、数は少なくても珍しくなくなった甲斐犬。
でも、これまでは東北に出陳していなかった甲斐犬なので、東北展ではいろんな話をお聞きしたり、素朴な質問も飛んできます。

東北での甲斐犬飼育は少ないですが、お話を聞くと、その殆どは猟犬のようです。
鳥も多いですが、中には猪猟や熊猟で活躍している犬もいるとか。
「甲斐犬」というと、展覧会犬としての興味よりも、その性能への興味が多い気がします。
そのせいか、おりゅうよりも、いかにも強そうな銀ちゃんが人気あります^^

甲斐犬のニオイについて、面白い話がありました。
何人かから聞いたのですが、甲斐犬のニオイは、独特なのだそうです。
獣のニオイなんだそうです。

犬臭くないので室内犬として良いなあと思っていた私。
あの干し草のようなニオイって、獣のニオイなんですか^^
そういえば、以前は秋田犬を飼っていた山徒のとーちゃんが、最初、山徒は獣の臭いがするって言ってました。
普通じゃん。家のは、みんなこんなんよ。って思ってました。

おりゅうの前に柴犬の牡を立たせて、「目をそらすな!負けるな!」と喝を入れているオジサンが居たりして、ちょっと可笑しかったです。
甲斐犬の獣のニオイを他の犬種は嫌がるって言うんです。
初めて聞きました。

銀ちゃんは、私が甲斐犬の牡を触った手を嫌がります。
以前、みなしごから帰った時に「おまえは誰だ!」状態で関係が悪くなったことがありましたが、あの時、甲斐犬雄を保護していて、私が面倒を見ていたのです。
顔を合わせた甲斐犬牡に対しては、身内以外なら然程でもないのに、ニオイだけってのは警戒モードになるようです。
でも、ダイや緑龍のニオイは平気なようなので、わかっている相手のニオイなら構わないのか、よくわからんやつです。

みなしご救援隊の栃木拠点に行った時に、たくさんの犬のニオイを嗅ぎまくりましたが、確かに、干し草の臭いのする犬は居ませんでした。
でも、獣って言っても色々だろうに。何のニオイなんでしょう^^

山形連合では、福島支部の支部長さんが時間を割いてお話ししてくれました。
喧嘩の強い甲斐犬の動きについてです。
無駄な威嚇はせず、相手が射程圏内に入った時に、不意打ちなのだそうです。
やる時は中途半端じゃなく、勝てる体制を取るとか。
なるほど。
思い当たることはあります。が、自分の家の犬には、一生、喧嘩なんぞさせたくないもんです。
幸い、今の所、喧嘩らしい喧嘩はしたことがないです。

支部長さんは、紀州犬と柴犬を飼っていますが、近年の日本犬の猟能のなさを嘆いてらっしゃいました。
「うちの柴の数頭は、目の前を猫が通っても興味を示さない」と。
猟犬ではなくても、小動物に興味を持たない甲斐犬では、チト淋しいと私も思っていました。

でも、実は、今ちょっとそのことで困っています。
1歳くらいまでは、猟欲がないんだと思われていた銀ちゃん。
徐々に色んなものを追うようになり、イノシシの落し物にスリスリしてきたり。
ゴルフ場では、鹿のニオイに大騒ぎしていました。

全国展の少し前、ついにウリボウを咥えてきました。
それ以来、猟期に入ったこともあり、山には行かなかったのですが、家の庭で、野良猫を捕えてしまいました。
今や、街中の野良猫ハンターになってしまい、ねこを探しだすことしか興味がないような散歩。
ええ、もちろん、リードは放しませんよ。絶対に!

ただ、銀ちゃんは、猫を見つけたら躊躇なく、ノンストップで捕まえようとするので、とっても危ないんです。
猫もですが、私も。
どなたかコントロールする方法をご存じでしたら、教えてください。

甲斐犬は、突っ立っているのを眺めて評価するものじゃなく、動いてなんぼだ!と言われたことがあります。
つまり、展覧会に出す犬じゃないと^^
疾風が日保の猟能大会で喝采を浴びたように、本来は、機能を披露するものなのかもしれません。
それが、また実戦での有能さとは一致しないって話も聞きますから、それはそれで難しいのかもしれません。

「猟もしないのに、何のために飼ってるのか?展覧会なら、他犬種が良いだろう」との、ビックリ質問まであります。
「ただの家庭犬ですけど、家の子は不出来でも、他所の子と取りかえられませんから。」って言いました。

あと、面白かったのは、誰かが「甲斐犬も良いよね。次は飼うかなあ」って言ったら「甲斐犬だけはやめとけ!あれは嵌るらしい」って。
これは正解かもw


で、今日は、久しぶりに山に行きました。
藍虎や摩利と一緒だと、遠走りして危ないので、おりゅうと銀ちゃんだけで。

林道の行き止まりまで行って、一旦、車を止めました。

002_20111213191634.jpg
盛んに臭い取りをするおりゅうと銀ちゃん。


と、その時、何を思ったか
005_20111213191835.jpg
ガルウウゥ~と銀ちゃんに襲いかかるおりゅう。
ガウガウ遊びを仕掛けたらしいのですが、銀ちゃんは臭い取りに真剣なので、おりゅうが怒られちゃいました(爆

009_20111213194018.jpg
臭いを取ったらしく、山に駆け上がって行きました。

014_20111213195040.jpg
が、すぐにおりゅうは戻ってきました。
いつもご機嫌な陽気なおりゅうです。

50メートルくらいのところで、銀ちゃんが吠えました。
ここは広大な杉山なので、動物は殆ど居ないのですが、林道の入り口付近にはイノシシ罠があり、奥の方でウンチスリスリしてきたこともあるので、まったくいないわけでもないです。
冬には、雪の上にウサギの足跡もありました。
こないだウリを誇らしげに咥えてきた時は吠えませんでした。
ハクビシンとかタヌキとかに逆襲食らったかなあ。。。

銀ちゃんは、臆病だし慎重なので、大人のイノシシには向かって行くはずがないので、怪我の心配はしてなかったです。

数回吠えたと思ったら、降りてきました。
017_20111213195137.jpg
山に向かって、また吠えます。

018_20111213195214.jpg
カメラを向けているので、吠えている銀ちゃんのすぐ後ろで、カッコつけてみるおりゅう。

022_20111213203242.jpg
少し移動してはまた吠えます。

023_20111213195322.jpg
銀ちゃんは、吠えながら私の方をチラチラと見ます。

「え!無理だから!自力で頑張って!」

019_20111213195553.jpg
「どう?カッコイイ?」その隣で、おりゅうがまたカッコつけています。

全国展から、ずっとテンションが下がらないおりゅう。
まだ、今期の展覧会モードは終わっていないらしく、山に行ってもまったく野性味なしw

026_20111213195754.jpg
もちろん、おりゅうは銀ちゃんの援軍に行く気もなく、銀ちゃんの寂しい後ろ姿。

ごめんねえ。かーさんが獲ってやれたら良いんだけど。無理だから!
しかも、銀ちゃんが怖いものって意外なものだから、吠えた相手は蛇だったってオチかもしれないし^^

027_20111213195846.jpg

意を決して、また山に上がって行きました。
でも、猟期なので遠走りされると嫌なので、車を走らせてクラクションを鳴らすと、すぐに戻ってきました。

展覧会も中途半端。猟犬でもなく、散歩代わりの山遊び。家のはただの家庭犬。
何ができるかと言われても、何もできないw


それでも
017_20111213200659.jpg
空き地ランの隣で開かれたマラソン大会では、

008_20111213200754.jpg
いつものように3レディース親善大使を務め

006_20111213201023.jpg
銀ちゃんも金網越しだけど、親善大使を務めたりしているわけです。


でも、家庭犬が最強ですよね。
評価するのが家族だから。
こんあおマヌケな甲斐犬でも、私にとってはNO.1


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(32) | ▲ top
婆ちゃん恐るべし
- 2011/09/26(Mon) -
今年、あちこちで見られたグリーンカーテン。
我が家のもまだ健在です。

026_20110926185924.jpg


028_20110926190103.jpg
バッチリ日差しを遮ってくれるので、日中暑い日も家の中は涼しく過ごせました。

016_20110926190325.jpg
ゴーヤも数十本採れました。まだまだ生っていて食べきれません。

014_20110926190544.jpg
時には、プロレスしたり。グリーンカーテンにはお世話になりました。
随分と涼しくはなりましたが、まだまだ元気なのでこのままにしておこうと思います。

と、ノンビリ写真など撮っていたら、ワン増達が劇ボエ。
ミシミシと屋根で音がします。
みんな上を見上げて吠えます。

げ!!!!

この屋根は、よくある塩ビの半透明の波板状のもので、そこに遮光ネットとよしずを乗せています。
見上げると、足跡が。。。

「危ないからーーーー!抜けるから、駄目だよーーーーーーーーー!」と私。

038_20110926191141.jpg
りゅう婆ちゃんでした。

私の妹の子猿ママが来ていたのですが、絶対、りゅう婆ちゃんだと思いました^^
私だって、塩ビの屋根に上がるのは嫌なのに、鉄骨の所を歩くから大丈夫!と平気なのです。
自分の年齢の自覚なし。

039_20110926191414.jpg
それにしても、立派なカーテンでしょう。
しかも、婆ちゃんの抱えているゴーヤの立派なこと。
ヘチマじゃないですよw


そうそう。りゅう婆ちゃんは、今年の8月で会社を引退しました。
創業から40年。ずっとずっと仕事第一だったのに、色々あって私の弟に会社を譲り、完全引退です。
だから、これからは今まで行けなかった旅行とか展覧会とか、一緒にでかけますよん。
元気な婆ちゃんを見たら、声をかけてやってください。




041_20110926191538.jpg
子猿ママに懐く銀ちゃん。

049_20110926191744.jpg
以前からママは好きだったのですが、今回は子猿も好きになったようです。

054_20110926191828.jpg
子猿一家が来ると、3レディースは一緒に寝るのですが、今回は銀ちゃんも一緒に寝る!って、主張してました^^

断られましたがw


009_20110926192810.jpg
朝は朝で、ベロベロ攻撃で子猿ママを起こす銀ちゃん。

006_20110926192912.jpg
銀ちゃんは大きいので、怖かった子猿たちもすっかり慣れました。

010_20110926192952.jpg
ご機嫌しゃんな銀ちゃん。

この時、気づきました。

銀ちゃんが社交性に欠けるのは、やっぱり経験値が足りないのじゃないかと。
4か月で15キロもあった銀ちゃんですから、私一人で2頭引きとかできませんでした。
みんなで遊びに行くのは、人のいない河原や山。
人が居る所に行くのは、銀ちゃん単独になります。

おりゅうが人懐こいので、りくも藍虎も右へならへでした。
信頼している先住犬が大丈夫なら大丈夫ってパターンはよくあります。

藍虎の姉妹親戚でも、藍虎ほど積極的にフレンドリーじゃないです。
環境の部分が大きいのじゃないかと。

銀ちゃんが子猿に慣れ、子猿も銀ちゃんに慣れた所で、この際一緒に遊びに行くことにしました。
りゅう婆ちゃん、私、子猿ママと人手はあるので、3レディースと銀ちゃんが一緒に観光地に行けば、銀ちゃんも知らない人にいっぱい触って貰えるかも・・・
子供も一緒なんだし…

ってことで、出かけることに。

その様子はまた明日。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(13) | ▲ top
何が忙しかったって・・・続き
- 2011/07/15(Fri) -
何だろう。。。w


3月11日に地震があって、りゅうママ一家が八ヶ岳に避難したのは14日。
半日遅れのような情報だったけど、ラジオでは燃料棒の水位がどのくらいだとマメに流していました。
14日の午後になって、「一時、二号機が全露出」との報道。
それ、駄目じゃん。

スリーマイル島は、数時間の空炊きで、大半がメルトダウンしてしまったわけで。
余震を怖がる藍虎のこともあって、逃げ足の速いりゅうママは即!退散しました。
何のデータもありませんが、ワンコの新陳代謝は子供以上。きっと、悪意影響も子供以上。と思いました。

摩利を置いて行くことに後ろ髪引かれましたが、摩利はゆうちゃん一家と一緒に居るのが幸せって思いました。
ゆうちゃんも摩利も、必要最低限以外は外に出さないように。イザとなったら八ヶ岳まで来るように。と、地図を置いて出かけました。

愛知の展覧会に顔を出したり、和歌山の友人の所を回って、家に戻ったのは、3月末。

私がみなしご救援隊を応援するのは、実は、ささやかな罪滅ぼしなのです。
遠い広島から、私の好きな広島から、わざわざ被爆地に犬猫を助けにすっ飛んできた来た人達。
13日には、宮城に入り。それから福島へ。
私と、真逆ですから^^

私は、動物愛護家でもなく、ましてや保護活動家なんかではなく、ただの親馬鹿愛犬家です。
自分の家の犬を何らかの犠牲にして手伝いには行けないし、まして、銀ちゃんが帰って来た今、私は年中無休。
病気でも休めません。
家にはボラさん来てくれないし、仮に来ても、銀ちゃんの散歩はできないし、ひたすら体力温存です。

それでも、拠点が栃木に移ってからは、地の利を生かした側面支援をしてきました。
今の塩谷の拠点が狭く、引っ越したいというので、土地探しをして2か月。
やっと決まったのは、那須塩原市。
まだ造成中だし、これからも何かとあると思うのだけど、7月末の引っ越しが済んで落ち着けば余り用もなくなるかも^^

そんなこんなで、まだ暫くは忙しいですが、これから雷の季節。
雷パニックの藍虎を置いて出かけられないデス。

でも、忙しかったのは、みなしごの手伝いじゃなく、家のこと。色々。

色々やりすぎて、何したか忘れたくらいw

036_20110715152624.jpg
一石2丁を狙って窓に植えたスナップエンドウ。

日除けにもならず、種代以上の収穫もならず。「二兎を追うものは一兎も得ず」の格言を実行してしまいましたw
そもそも、エンドウ類は元は三度豆って言うくらい、年に三度収穫できるのだそう。
つまり、短期間で収穫できて、さっさと枯れる^^

そもそも私の部屋の窓って、直射日光当たる時間が短かくて必要なかったです(爆


001_20110715153440.jpg
こちら、りゅう婆ちゃん&番頭さんコンビ作。

赤と銀色のピラピラは、鳥除けじゃなくて犬除け^^
部屋から飛び出してきて、壊さないようにw

今は、モッサリと大きくなり、ゴーヤとヘチマでエリアを競っています。

017_20110715154049.jpg
こちら、元祖緑のカーテン。
やっぱり、このくらい年季が入っていないと^^

コレがあるおかげで、隣の石塀の反射熱が下がり、全然熱くなく、むしろ涼しいです。


011_20110715154435.jpg
毎年梅雨明けに交換していた、りゅうママ家の室内運動場のカーペット。
今年は、梅雨入り前に変えましたよ。

摩利がアレなので、撥水加工されたコルクカーペットにしました。

でも、これもやや失敗気味^^
005_20110715154822.jpg
接着剤の匂いが、臭い臭い!

1週間近く外干ししました。


ここまで書いて保存して、雷でPC落としたはずが、なぜかアップしてた(汗
で、続きです。

アキママがさっそくコメントをくれて、やっぱり放射線汚染のことに興味があるようなので、そちらに触れてみます。
帰ってきて、まずやったことは、ワンコの草をプランターに植えました。
どうしても草を食べることがあるので。

4月はまだ、キャベツは冬球と言って、原発前に丸まっていたものです。
汚染されているとしても表面だけなので、洗えばOK。
5月になると、茨城、千葉の新キャベツが出回るので、愛知産の冬球をワンコの御飯につかいました。
ニンジンは3月以前に掘ったものがあったし、セシウム対策のジャガイモは北海道産がありました。
その後は、長崎産に切り替え。
いりこは秋に作るので、大量に買い置きし、本節も買いだめしました。
ワカメは新物になると、鳴門のワカメを買いました。

キャベツが新物になると、今度は表面の汚染じゃないので洗っても駄目。
ってことで、長野の高原白菜に変えました。
普通に出回っていますから。

ここは、原発から100キロという距離にしては、空間線量は低いです。地上50センチでも0.1ミリシーべルトほど。
時々山に行き、川に行き、どうしてもワンコは土も草も水も口にします。
だからと言って、半永久的にトイレ以外部屋に閉じ込めておくことはできません。
せめて食事だけでも汚染されていないモノを食べさせたいです。

そこで閃いたのが、主食。
一番量を食べるので、そこを抑えることが大切と。
玄米も良いというし、発酵食品も良いというし。合わせ技で発酵発芽玄米。
発芽した玄米は消化が良く、ウンチにも未消化のブツブツは出てきません。

緑龍の家の完全無農薬の玄米を発酵発芽玄米にして食べさせています。
勿論、人間も^^
コレです↓
http://www.ricecooker.jp/?gclid=CKSn-NGig6oCFcIkpAod5FGWzQ
現在は購入できません。
私は、緑龍の家に2つある炊飯器を一つ借りてきました。
ちなみに、この炊飯器を買うと紹介される「完全無農薬の手に入らない貴重な玄米」は緑龍の家のです。

玄米は、栄養価も高い代わりに、残留農薬を溜め込みます。
だから、残念なことにセシウムも殻と米の間に溜め込んでしまうはずです。
と、思います^^
これまで、安全に拘って農薬を使わず、生産性をあげる研究をしてこれまでやってきた農家さん。
顧客は、高いお金で安全を買う人ばかり。今年は厳しいです。
何とか土壌改良して、ここを乗り切って欲しいです。
手伝えることは手伝いたいと思います。
でも、今年の秋は間に合わないので、同じ栽培法を採っている佐渡の農家さんに今年の秋以降1年分の米の予約をしました。

鰹節の出汁と、今までは入れなかった味噌を少し入れるようにしたら、とても好評で、作り始めから冷ますまで、ずっと銀ちゃんが待っています。
食事の有難味が増したようで、りゅうママの株があがりましたw

そのせいかどうかわかりませんが、銀ちゃんのワクチンも無事に終わりました。
3度通って先生に慣らして、自分で診察台に乗り、緊張せずお座りできるようになりました。
オヤツを貰っている間に、気がつかないうちに、無事注射できました。
みなしごに行っていて、唯一気になっていた、私が万が一感染症を持ってくることのリスクが軽減されました。


014_20110715205412.jpg
庭の芝生を剝して、ついでだから土を耕して砂を入れました。

柴の種を蒔きましたが、今はすっかり元気な芝になりました。

008_20110715205736.jpg
玄関前は芝を張り替えました。

017_20110715210831.jpg
来年の春には、ランで菜種が大きくなるように、種も貰ってきました。
「こんなの何すんの~?」と言われましたが、日影作るの~って言っときました。
変人っぽいですからw

大変なのは、ランの草刈り。
5月になると伸びる伸びる。
特にワンのすきな葉草は、食べないようにマメに刈ります。
刈っても刈っても追いかけっこ。
しかも刈った草は、袋に詰めて、使う予定のない土地に捨てに行きます。
地道な除染作業^^

山散歩から帰ると、シャワーをかけて首輪を洗って、もうー、やること多くて大変でした。
何と言っても、家は室内犬ですから^^

思ったより早く梅雨が明けてしまったので、ランに日除けを作りました。
りゅう婆ちゃん&番頭さん作ですが^^
014_20110715212327.jpg

その下に、以前買って山積みにしておいた山砂を運びいれます。
022_20110715212549.jpg
一輪車で5回運んでもこの程度^^
疲れる。。。

023_20110715212720.jpg
でも、銀ちゃんはすっかり穏やかになりました。
涼しいのも、お腹が冷えるのも快適です。
おかーさんがしてくれること。わかってくれている…と、信じたいw

でもね、さすがに疲れました。

ここは素直に、山徒のとーちゃんにガイガーカウンターを借りることにしました。
ゴルフに来て、山徒を預かる時に、1日借りました。
どこまで何をすれば良いのか知りたかったのと、線量は高くないはずだけど、草の上や土の上、山の沢水の線量が知りたかったから。

結果、驚くほど低かったです。

公的に発表されている線量が、8メートルでも50センチでも変わらないので、放射線物質そのものが少ないとは思っていました。
でも、アスファルトだから?とも思っていました。
実際は、アスファルトも芝も草の上も畑の土も変わらなかったです。

隣の工場の大きな屋根の雨どいが流れる場所が、ほんの少し高かっただけで、家の屋根から流れっぱなしで苔の生えた場所でも、0.03上がったくらいでした。
風向きと地形と3月に雨が降らなかった幸運と。

私自身は、家の畑のジャガイモ以外のものは食べていましたが、これからは更に美味しくいただけます^^
ジャガイモはカリウムが多いので、きっと似た成分のセシウムも吸いやすいと勝手に思い込んでいるのでパスしています。

それよりも何よりも、摩利を安心して遊ばせられます。
山でも計ってみました。
一番線量が高かったのは尾根付近。
沢は低く、沢水も水面ギリギリでも反応しませんでした。

036_20110715214247.jpg
ネッシー摩利。良かったね。遊べるね。

結果からいえば、無駄な労力でしたが、手作り食はさらに健康度が増し、環境は快適になりました。
それと、りゅうママの野性の勘に磨きがかかりました^^

ってことで、今は何が忙しいって、銀ちゃんの山の草刈りです。
下草の少ない場所なのですが、間伐のお陰で今年は日当たりが良く草が多いです。
草刈りはヘビ対策です^^
それはまた、別に書きますね。

ってことで、そんなこんなで忙しいわけです。


ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
















この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(17) | ▲ top
多忙な日々
- 2011/07/12(Tue) -
すっかり、ブログの更新をサボってしまいました。
ご心配いただいて、すみませんでした^^

去年はとっても忙しかったので、今年こそはちょっとゆっくりと思いましたが、そうもいかず…
原発事故のせいで、すっかり忙しい日々です。
直接は関係ないことでも、いっぱいいっぱのためにミスが続き、更に忙しいめにあったりしています。

そんなこんなも、色々工夫して楽しむ心の余裕は、結構あるのですが、とりあえず、昨日今日のあまり楽しくないできごとを記録しておきます。

004_20110712210702.jpg
藍虎、6日で3歳になりました。
小さな時と変わらずのペッタンコ寝。
クールマットと扇風機の前がお気に入りです^^

家で生まれた子じゃないけれど、私は藍虎が大好きです。
なんか可笑しくて、なんか可愛い^^
性格も身体能力も、筋肉質の体型も好きです。

迷っていましたが、おりゅうの避妊後の様子を見て、藍虎も避妊することにしました。

002_20110712211302.jpg
おりゅうは、若返ってしまいました^^
とにかく良く動きます。
寝てるか動いてるか、立っているとジッとしていないので、わかりにくいですが、痩せました^^

熊さんによると、半年くらい過ぎてから太りだすらしいので、今年の冬が注意でしょうか。。。

摩利がマムシに咬まれて、また山から遠ざかってしまいましたが、藍虎は山に連れて行くとすぐに痩せます。

019_20110712212126.jpg
↑使用前

022_20110712223024.jpg
↑使用後

この間、約2週間。

上の写真は、道産子みたいw


昨日は、朝の散歩は川に行きました。
しばらく行けないから。

083_20110712214150.jpg
摩利と誰かだと、引き摺られて対岸でもどこでも行っちゃうので、3頭繋ぐことに!
摩利、藍虎、りくです。

081_20110712214305.jpg
それでも、引っ張って行く摩利。
これじゃあ、どんどん引きが強くなるわぁー。

夜の散歩で、摩利のおかあさん、川に引き摺りこまれそうになったとかw

104_20110712214532.jpg
河原の突き当たりのお気に入りスポット。

103_20110712214615.jpg
ここは、涼しいです。

099_20110712214652.jpg
1時間くらい、水遊びしました。

昼寝して、2時前に病院に行き、避妊手術は無事終わりました。
普通は一泊するそうですが、藍虎の性格を考えて、獣医師さんも日帰りを薦めてくれました。

が、やはり、野生動物のような藍虎ですから、丸くなったまま動こうとせず^^
トイレをさせようと抱いて外に連れて行っても、低い姿勢でサササっと物陰に逃げこもうとします。

手負いのタヌキのようと、先生に笑われました。

でも、今日になってもチッコもできず、笑えない状況に。。。

115_20110712213617.jpg
抱いて外に連れて行っても、昨日と同じで、キュンキュン言いながら家に逃げ帰ってくる。

ハアハアとパニックになるので、クールマットに涎の水たまり。

夕方、病院に電話すると、鎮痛剤を出してくれました。
これで、明日の朝もチッコできなければ、沈静かけて管を入れて処理するそう。。。

藍虎、頑張れーーーー!
自力でチッコしようね。
明日の朝こそ、何とかするからね。
昨日も今日もチッコしていないので、膀胱はパンパンなはず。。。

118_20110712213950.jpg
今の藍虎はこんな感じ。
夕べ、あまり眠れなかったようで、良く寝ています。

チッコって随分と我慢できるものなのだと、驚きました。



さて、昨日、もう1つ大変なことが。

バタバタとしていて、初期に見逃してしまったために、こんなことに。。。
108_20110712215548.jpg
アメリカシロヒトリです。

去年も発生したのですが、薬剤は使いませんでした。
今年は、大発生。
この木について、蜘蛛の糸のようなのに包まっているうちに、葉を切り落とせば良かったのです。
それが、この木全体に広がった所で、りゅう婆ちゃんが薬剤をかけたのですが、これがアメシロには効果のない防虫剤^^

結果、この木から逃げ出して、庭全部に広がってしまいました。

農薬を使うのは大反対なのですが、アメシロはいくら刺さない毛虫とはいえ、大量発生のためデッキにまで上がってくる始末。
成虫になって卵を産んだらどうなるのか・・・
止むなく、農薬を散布することにしました。

106_20110712220146.jpg
小さな五月の木でもこんな感じ。
パラパラと落ちました。

日頃から農薬を嫌い、米も野菜も味噌も無農薬に拘ってきたのに、庭に農薬をまく羽目になるとは…
かなりショックです。
2,3日で分解されるらしいですが、最低1週間はワンは庭に出したくないデス。

知っている人は知っていると思いますが、商業に作る野菜は生産性が必要ですから、農薬をたくさん使っています。
1つの農家さんで出荷しているのは、通常は2,3種類。
商用じゃない自家用のものも大概は作っていますが、そちらは農薬を使わないのが普通です。
多少生産性が低かろうが、見た目が悪かろうが、関係ないからです。
農薬の効果を目の当たりにすると、残留農薬を考えても、正直、低放射線の影響以上に気持ち悪いです。
商用の、多いものは週1で農薬かけています。。。
綺麗にならんだ野菜を、消費者が求めてきた結果です。

余談ですが、醤油もカビが出なくなりました。
マヨネーズなんか、常温でも腐りません。
またあとで書きますが、今回の放射能騒ぎで考えさせられることがいっぱいです。

ミツバチが減ったり、スズメなどの野鳥が減ったのも農薬のせいと言われています。
こんなところで、N95のマスクが役に立つと思わなかったあー。

110_20110712221106.jpg
ゴーヤに蜂が来ました。

あっち行っちゃ駄目だよ!死んじゃうからね!


072_20110712221834.jpg
窓を閉めているので、銀ちゃんもサーキュレーターの前を陣取って昼寝しています。

お腹壊さないでね^^



追加 
月曜の朝からチッコしていません。
今朝もまた、早朝に河原に車で連れて行っても、身を低くしてキュンキュン走り回って、どこかに身を隠そうとします。
車に乗りたがるので、しかたなく戻ってきました。
もう痛みはなく、違和感だけだそうです。
まる2日、48時間、チッコしていないんですよね。。。

004_20110713085012.jpg
今の藍虎^^

藍虎は、ここだと安心しているのですよね。
この極端な性格が、面白いです^^

もう1度トライして、どうしても駄目なら病院かなぁー。






ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(15) | ▲ top
みなしご救援隊と被災犬から学ぶこと
- 2011/05/28(Sat) -
「みなしご救援隊」の拠点が、福島市から栃木に移ってから、細々とお手伝いに行っていました。
家には、3レディース+銀ちゃん。昼間は摩利も居て、その世話だけで体力的にはイッパイイッパイ。
疲れが出ると偏頭痛がする虚弱体質なので、拠点でのお手伝いは、地の利を生かした情報係、連絡係、資材運搬や動物病院への通院など。
他のボランティアさんのようには、働けません^^
私が散歩しないと、家には代りが居ないから。特に銀ちゃんw

そんな片手間のお手伝いですが、沢山沢山、勉強させていただきました。
みなしごのスタッフの「信念」「行動」「愛情」「覚悟」「情熱」は、私にはとても勉強になったし、彼らに出会えたことに感謝しています。


「夢は諦めない。」「希望は捨てたらおしまい」中谷代表がブログに書いていた言葉です。
中谷代表だけじゃなく、支えるスタッフ全員が、スーパー前向き^^
そして、どんなことでも「有言実行」


孝行息子のアナックです。
「お母さんも助けて!」って、繋がれていたお母さんの所に案内したと云うエピソードがあります。
027_20110528080108.jpg
4月25日撮った写真です。

この数日後に、癲癇発作を起こしました。

003_20110528081536.jpg
3日ほどの入院の後、帰って来た時には首をあげるのがやっと。
全身に強い麻痺が残って、自分でオシッコもできず、中谷さんがお腹を押してオシッコをだしてやっていました。


「アナックは、きっと歩けるようになる!」中谷さんはそう言ってました。
043_20110528082313.jpg
ボランティアさんが少なくて、大変な時も、どんなに忙しくてもアナックのリハビリは続けられました。
まったく動かない脚を一歩一歩動かしてやります。

042_20110528082224.jpg
038_20110528082615.jpg
寝床で排泄をするのは、犬にとってはとっても嫌なことです。
アナックも、外に出られるのが嬉しいようで、草にオシッコできるようになりました。

061_20110528082938.jpg
そして、倒れてから1カ月弱。自分で立ちあがって歩けるようになりました。
今は、散歩にも大好きなお母さんと一緒に、二頭引きで行けるまでになりました。
きっと、遠くない将来、走れるようになると思います。
アナック自信が諦めていないのを、周りがサポートしているから。


原発の放射能が一番高い地域で、あれだけの頭数を保護して、怪我した子も障害のある子も見捨てない。
それは、「里親がつかずに、最後に残る子が居たら、自分達が面倒をみる」という彼らにとっては当たり前の覚悟があるからできることって思いました。
行政に保護ができなかったのは、その覚悟がないからです。
やっと動き出した行政ですが、預けた飼い主が引き取れなくなったら、、、、先に待っているのは、「処分」なのでしょうか。
その時こそ、外国の愛護団体に訴えましょう!




そして、人間だけじゃなく犬だって、陽気で前向きなヤツの方が異常な事態を生き伸びるのだなって、あらためて感じました。

最後に餌を与えて、65日間繋がれたままの状況でいたのに、生きていて保護された犬がいます。
035_20110528083938.jpg
ガリガリに痩せています。

3頭の犬を飼っていて、ある愛護団体に保護依頼を出し、飼い主は団体から「保護した」との連絡も受けていたのに、実際には保護されていませんでした。
偶然に、みなしご救援隊がそのことを知り、救出に行ったのだそうです。
3頭のうち、残念ながら1頭は亡くなっていたそうです。

繋がれたまま、雨水でも飲める環境だったでしょうか。
65日で生還は、奇跡的です。

032_20110528084705.jpg
でも、この子。すごく陽気なんです。しかも、すごく元気!


034_20110528084547.jpg
尻尾ぶんぶんで、遊ぼう~!って寄ってきます^^


033_20110528084833.jpg
もう1頭の子。
65日絶食していたとは思えない体格^^

この子も、巻き尾なのでぶんぶんじゃないけど、振っているのわかりますか?
少しでも近くに来たくて、お尻を向けてきます。

039_20110528085330.jpg
保護した時にしていた首輪は、緩々ぶっかぶかで使えないので交換したとか。

元の首輪の跡がクッキリしてますよね。
もとは、すんごくおデブちゃんだったのじゃないでしょうか。
貯金があったので、助かった?w


そして、飼い主が居なくなってから1カ月以上、元気に生きていた被災犬は、ドックフードに慣れていない犬が多かったです。
田舎で、高齢な人が多いので、当然、残り物を食べさせていた犬が多いです。
昔ながらの味噌汁かけご飯でしょうか^^
それでも元気なのだ・・・と感心したり不思議に思ったり。

家は手作り食なのですが、味噌も少し加えることにしました^^



ボランティアさんの中には、給餌時に、ごく当たり前のように「お座り!マテ!」と声を掛ける方も居ます。
殆どは、放しっぱ~、繋ぎっぱ~の犬なのですが、素直で良い子が多いので、最初できなくてもすぐに覚える子も居ます。
040_20110528090000.jpg

そっか、いくつからでも教育は間に合うんだ。。。

そういえば、中谷さんが「おまえはもう、猟犬やないんよ!家庭犬になるんじゃけんね!」と言い聞かせながら、散歩している子がいます。
家庭犬としては落ち着きなく、勝手にアチコチすっ飛んで行こうとしています。
そして、他の犬に掛って行こうとして怒られているんですね。



「前向き」であることと「臭いものに蓋」の逃避的な考えって、まったく違うと思います。
現実逃避して、楽天的な主張だけを取り入れるのは、私の性格上あっていません。
現実、そこにあるものを知っていながら知らない振りをしても、心の平和は訪れないからです。

話は逸れますが、この原発事故でも知識を入れ、データを収集し、自分が納得できるところまで対策を講じることが大切って思います。
対策をどこまでやるかは人それぞれ。
どの辺で妥協できるかに、個人差があるからです。
私の場合、私自身よりも心配しているのは、恐らく代謝からして幼児並みと思われるワンコ達。

一口に「情報」と云っても、確証のある数字を並べたデータと、推察、考察まで含めた「意見」とを分けて考えるべきって思います。
こういう不安定な時期には、「情報」を探しまわって「情報」の洪水に巻き込まれて、溺れてしまうことがあります。
不安だと、危ない情報ばかりを探してします。それも心理です。
そして、心配だけして何も行動しないのは不安が募るばかり。身体に悪いです^^

情報は、分析して判断して行動して、初めて生きるものです。
並べ立てて「あーだ、こーだ」言っているだけなら、知らないのと同じです。
そして、その分析も判断もできないなら、これまた知らないのと一緒です。
情報に操られ、自分だけは知っていると思って大負けする仕手株に似ています^^
自分にできる放射能汚染対策をしたら、あとはこの非常時を良い経験に生かすべく、前向きに考えて行動あるのみです。

ちなみに、ワンコご飯の主食をコメではなくジャガイモに変えました。
カリウムが多いので、気休めでもセシウム対策です。
納豆も好きなので、よくメニューに加えます。

手作り食は、栄養は偏るかもしれませんが、私がわかるものしか食べさせたくないので、良いのです。
人間の「いりこ」は要冷蔵で賞味期限が2カ月。わんこ煮干しは減塩・無添加で賞味期限が10か月。
同じカタクチイワシで、どうしてなのか。私にはわかりません。

今回、結局一番大切なのは、丈夫な身体なのだとつくづく思いました^^



纏りなく、いつになく色々書いているワタシ、実はここ数日凹んでいました。
凹むとブログも更新する気になれず、コメントの返事も書かず、失礼いたしました。
もちろん、放射能ごときでは凹みません^^


実は、うちの坊。銀ちゃんが不良息子になっちゃったのです。
今までだってそうじゃない?って、言わないでね^^
私には、ずっと、甘えん坊の巨大幼犬だったのです。

それが、月曜から様子が変になりました。
いつものように側にいるのですが、ずっと目を離さないで私の様子を見ていました。
でも、最初はアレ?っと思うか思わないかの小さな変化でした。
月曜の夜になって、私のベットで寝ているので、ひっくり返してお腹を出させると、飛び起きて逃げました。
その時に「うー」って言ったような「ガウ」って言ったような…
いつもは、お腹を撫でられるのが好きなのに。。。

部屋の隅に地震の前まで入れていたサークルがあるのですが、そこに自分から入って、耳を引いて丸くなって上目使いに目だけギラギラとしています。
一体どうしたことか…呼んでも出て来ない感じなので、その夜はお風呂に入って寝ました。
水曜にドックトレーナーさんを予約したので、いくつか練習したりしたので、緊張しちゃったのでしょうか???

翌日、火曜、朝起きると銀ちゃんの「おはようー。ベロベロ」がありません。
散歩が終わるって家に入れるのに身体を拭きました。
前足を拭いて、身体を拭こうとすると、今度ははっきり「がう」って言いました。

ががーーーーーん!

私から離れるようして、遠くから目を離さずに見張っています。

な、、、なんなんだよ。

近くまで来ると、すごい緊張した顔で、あきらかに挙動不審です。

みなしごさんに行く用事があったので、銀ちゃんを連れて行きました。
物を届けるだけなので、すぐに帰るつもりでした。
行く途中、車でオヤツをあげると、パクパクと食べてくれましたが、帰りには、手の匂いをかぐと後ろに下がります。
帰ってくると、銀ちゃんの態度はさらに酷くなっていました。

水曜にドックトレーナーさんの予約をしたのですが、こんなんじゃあトレーニングどころじゃない…と、相談の電話を入れました。
銀ちゃんのトレーナーさんは、ブリーダーさんでもあり、外にたくさんの犬がいます。
大型犬の黒い長毛の洋犬(名前わすれたw)が、ワンワンと吠えたてる環境です。
トレーナーさんは、「なおさら連れてきてください。ここなら飼い主さんを頼りますから」と。

なるほど!

そして、話しているうちに、匂いだ!と、気づきました。

シャワーを浴びて、着ていた服を着替えて、着て行ったことのある雨具や靴も全部洗いました。
シーツも交換して車内も掃除しました。

ここ最近、人手が足りなくて、散歩の手伝いや掃除の手伝いもしたりしました。
ちょびっとですが^^

そして、みなしごさんとは別件ですが、1ヶ月も保健所に居た犬を触ったりしました。
処分場にも居たので、消毒と糞尿の混ざった嫌な匂いもしていました。

銀ちゃんは、「おかーさんの姿はしているのに、違う匂いの得体のしれないヒト」に混乱したようです。
すべて匂いを消したら、少し落ち着きました。
まだ、壁1枚ある感じで、近づくごとに匂いを確認していましたが。


トレーニングには、3レディース+摩利も父兄として連れて行きました。

011_20110528173944.jpg
父兄ですw

最後まで群れを守るべく頑張っていたのは、りくでした^^
一番先に寝たのは、おりゅう^^
ちゃっかりと、枕までしているのが藍虎。

3レディース&摩利は、銀ちゃんのような繊細な神経を持ち合わせていません。
トレーナーさんに言わせれば、ここでグースカ寝ている、こっちの方が日本犬らしくないと^^
銀ちゃんが特別神経質なのではないようです。
こっちに慣れている私としては、初めて日本犬を飼う思いです(爆

そういえば、「甲斐犬の一代一主」銀ちゃんには当てはまりますね。
おりゅうなんて、、、ですがw


トレーニングと云っても、ここで何かをすると云うよりも、銀ちゃんの場合ここに来ることがトレーニングになっています。
非日常に過敏にならないこと。
どんな時でも私の言葉が聞けること。

先生と話していて、銀ちゃんは得体のしれないモノ、経験のないことに対して過敏に反応するのじゃないかってわかりました。
犬に囲まれて吠えられるなんてのは、平気です。相手は目の前の犬ですから。
地震も、地面が揺れたって家が壊れなきゃなんてことないし、雷だって痛いわけじゃないし^^

でも、ただの椅子が、突然動いたり喋ったりは駄目ですw
ただの四角い箱だったものが、ゴーっと音を立てて熱風を出すのも、爆発するかもしれないので?近寄りませんw

だから、おかーさんの姿をして、おかーさんの振りをしているけれど、全然違う怪しい匂いなので、中身は違うのかもしれないwと、思ったのかどうか^^

とにもかくにも、トレーナーさんの所に来て、いっぱいのワンコが外で吠えるし、いっぱいのワンコのプンプン匂うトレーナーさんに会って、目が覚めたようです。
やっぱり、いつもの銀のおかーさんだ!

今までも、犬の匂いはしていたので、もしかしたら処分場にいた犬の匂いが原因かもしれません。
でも、みなしごさんには行かないで、別の形で応援することにしました。
里親さん探しなど。
今日は、地方紙や地方TVに取り上げてもらうべく連絡中です。

銀ちゃんには、私しかいませんから。
私を信用できなくなったら、困りますから。

甲斐犬オスらしく警戒心が強いのは仕方ないです。
でも、私は諦めませんよ。
だって、銀ちゃんは警戒心を持たない犬好きな人なら
032_20110528181520.jpg
初対面でも
034_20110528181556.jpg
こんなんです。この人達、オス犬飼ってるんですよ^^
甲斐犬って知りませんが(爆

小さな時から未知のことには臆病だった子ですが、理解すれば克服してきた子です。
きっと、いつか立派な親善大使になれる…かもしれない。と希望をまだ持っています^^
その前に、ワクチンをなんとかせねば(爆

そうそう、↑の写真ね。3月11日の写真です。

この日撮った他の写真は
053_20110528182249.jpg
057_20110528182306.jpg
060_20110528182324.jpg
キューキューと鳴くアライグマさんをやっつける銀ちゃん。
銀ちゃんの尻尾がアライグマみたいだった^^

そして、自転車で走った真っ青な空
035_20110528182540.jpg
この数時間後に大地震が起きました。

030_20110528182721.jpg
それ以来、全員で山に行けなくなりました。
この写真は、最後に行った地震の前日です。


取り留めのない日記になりました。
学んだことは山ほど。あとは私の中に仕舞っておきます。


トレーナーさんに会った後で、桃ちゃんに会いに行きました。
続きは明日。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(20) | ▲ top
山に行きたいー!
- 2011/04/29(Fri) -
3レディース&銀ちゃん&摩利を一緒に連れていける林道。
地震以来、行っていません。
余震が頻発するので、山を崩しただけの林道には、危なくて行けません。
それ以前に、多分、崖崩れになっていて通れないのじゃないかと思います。

先日、地震後、初めて銀ちゃんを崖崩れのない山に連れて行きました。
3レディース&銀ちゃんですが、藍虎と銀ちゃんが嬉しすぎて、遠走りして、呼び戻すのに酷い目にあったので、それも怖くて行けません。

いつ、大きな余震が来るかわからないからです。



家のワンズの数少ない自慢ですが、要求吠えは誰もしません。
甲斐犬はしない子が多いと思いますが。
027_20110429191412.jpg
でも、無言のアピールはします(爆

おりゅうさん、銀ちゃん。散歩に行きたいそうですw

河原、行こうかー。

003_20110429191855.jpg
やや不安ではありますが、
3レディース&銀ちゃん&摩利で、那珂川の河原に行きました。

りく&藍虎。おりゅう&摩利を繋ぎます。
橋は通行止めだし鮎釣りは解禁前なので、人は少ないですが、人家が近いのと、いつ犬散歩が来るかわからないので。

でも、おりゅう&摩利コンビは不安。おりゅうがストッパーにならないので^^
銀ちゃんは、もちろん私がリードを持ったままです。


004_20110429192834.jpg
ブッシュに入って匂い取りが激しい。

嫌な予感!

005_20110429192859.jpg
雉です。

3レディース&摩利が消えました。

この後、銀ちゃんも猛ダッシュ。
足場の悪い場所で、銀ちゃんに本気で引かれると、ロードを持っていられないのは、八ヶ岳で実証済みです。
銀ちゃんも、リード着いたまま、ブッシュに消えました。

リードが絡んで動けなくなって、キュンキュン鳴くのは、りくだけです。
後はみんな、私が迎えに行くのをじっと待っているので、どこに居るかわからないです。
GPSつけていないし、河原は広いし。。。


016_20110429193600.jpg
やはり、りくがキュンキュンするので、発見。


020_20110429193702.jpg
おりゅう&摩利も発見。

摩利。絡んで動けなくても、気にせず穴掘ってるし^^

014_20110429193857.jpg
幸い銀ちゃんは、リードが絡まずに帰ってきました。

5頭を車に収容するのが、偉く大変でした。
放せる、奥山の林道に行きたいですー。

013_20110429194121.jpg
それでもまあ、川につかり、ご満悦の5頭でした。



023_20110429194225.jpg
ちょっと面白いのは、力関係。

おりゅうも摩利に引きずられていたけど、
藍虎と摩利を繋いだら、摩利に引っ張られて、川に引きずり込まれる藍虎。

020_20110429195015.jpg
これは別の日ですが、りくと摩利を繋ぐと、

りくの抵抗空しく

018_20110429194803.jpg
摩利に引きずられる、りく。

毎朝、りくに唸られてお腹出してるのは、やっぱり摩利のパフォーマンスだ!w

024_20110429195150.jpg
水の中まで連れ込まれ

027_20110429195233.jpg
身体拭き拭きにも付き合わされ。

りく、お疲れ様w

028_20110429195321.jpg
序列は一番下の摩利。

実はそうでもないのかも^^


001_20110429195822.jpg
今日は、りゅう婆ちゃんと筍掘りに行きました。
御供は3レディース。摩利は休みで、銀ちゃんは留守番です。

002_20110429195948.jpg
今年は桜も遅れましたが、筍も遅いです。4本しか採れませんでした。

003_20110429200059.jpg
やはり、藍虎の子守りはりくです^^

時々絡みますが、居場所は分かりますから。

005_20110429200244.jpg
おりゅうです。

おりゅう&りくだけなら、どこでも放して連れて行けるんですがね。
藍虎、摩利、銀ちゃんが居るので、人里離れた山に行きたいです^^

010_20110429200512.jpg
ここは渋滞も関係ない、ただの田舎ですが、このGWは東北道はボランティア渋滞だそうですね。
妹はノンビリしていたら、那須はもう予約が取れないそうです^^


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(14) | ▲ top
みんなの声が届くかも!
- 2011/04/24(Sun) -
まず、コメントの返事に書きましたが、昨日は体調不良で1日寝てしまい、新潟展は諦めました。
今朝の段階では、到底無理でした。
今、元気ですけど^^


さて、こういう時こそ、政治です。
売名行為でも良いから、動いて欲しい。
企業も市町村も、イメージ戦略で良いから、動いて欲しい。

関係者に、個々人がかけた電話、送ったメールが波になって動こうとしていますね。
これに乗じて、人気取りでも良いから民主党は乗って欲しい。

でも、実行部隊を持たない「緊急災害時動物救援本部」だけに許可をするとかって、オチもありそう(汗

msnは、保護犬情報のページを作ったけど、この団体だけの犬。ごくわずかな頭数。
公益法人だの財団法人だの4つも集まって、2億以上のお金を集めてるんだから、もっと、働いて欲しい。
ヤフーに、どのNPOや愛護団体が保護した犬でも、一括で探せるようにしてもらいたいもんだわ。

誰か、孫さんに知り合い居ない?(爆




---以下藤野真紀子議員ブログより転載---
2011/04/22 20:51
後藤田先生からアドバイスいただきました。

まず、福島選出の議員先生方にご協力要請のお声掛け頂けるとのことでした。
災害対策に関し、今重要視されるのは一番が被災者のご要望であり
知事、市長、町長さん方のご協力が大とのこと。
ペットを心配されてる被災地の生の声、実名で集められませんか?

国を動かす訴えは、家族の一員でもあるペットの安否気遣う被災地の方々の声です。





被災動物の保護必要

高木さん、浜田氏環境相に申し入れ

公明党動物愛護管理推進委員会の高木美智代委員長と、東京電力福島第1原子力発電所災害対策本部の浜田昌良事務局長は22日、環境省で、松本龍環境相に原発事故で被災した動物の保護などに関する提言を行った。

席上、高木委員長らは、多くの国民が被災動物の救護を望んでいることを指摘。
「飼い主や動物愛護団体の心情を十分にくみ取ることが重要」
と強調し、
1.原発事故による警戒区域でも、情報提供の上、限定的に被災動物救護チームの現地派遣を認める。
2.動物の被ばく状況の把握・除染作業と保管場所の確保。
3.計画的避難区域の動物保護の情報提供--などを求めた。

松本環境相は、「原子力被災者生活支援チームと相談し、検討する」と応じた。


警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討
 福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域設定を受けて環境省は21日、取り残されている犬や猫などペットの連れ出しなどについて対応を検討していることを明らかにした。

 近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、順調に進むよう調整したい。命に関わることなので早めにやりたい」と話した。福島県によると、20キロ圏内にかかる9市町村で、狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、実際にどれくらい取り残されているかは不明という。

 環境省は、ペットを連れ出せた際の具体的な対応策を日本獣医師会や動物愛護団体などでつくる「緊急災害時動物救援本部」と協議。除染のほか、避難先で飼育できない住民のため、保護先の確保などについても検討を進めている。


この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(16) | ▲ top
やっと通じました
- 2011/03/12(Sat) -
電話、電気が午前中に通じました。
ご心配いただきありがとうございました。

幸い、我が家には被害はなく、家の中で棚のものが落ちた程度です。
食器は割れましたが^^

震度はどうなんでしょうか。少なくてもここは6はなかったようです。
ごく近所でも、瓦屋根が落ちたり塀が倒れたりはしていますが、瓦屋根でも落ちたのは1割くらいでしょうか。
被災された方には、心からお見舞い申し上げます。

私自身は2階にいましたが、いつもより大きいと思ったので、犬と一緒に庭に出ました。
やはり、天災は藍虎が一番敏感です。大きく掘った庭の穴に潜ってました。

外に出ると、山から煙が・・・

思わず写真を撮ってしまいました。
066_20110312141403.jpg
煙っているの、花粉です^^
ゆっさゆっさ揺れましたからね。

夕べは余震と花粉で眠れませんでした。
余震は、私がというより、藍虎が怖がってくっついたまま震えるので、そのたびに起こされました。
朝散歩から戻ったら、「もう家には入りたくない。車に居るんだー!」と引っ張っていくので、車に居ます。
確かに車の方が揺れが少ないと思うし、大きな余震でパニックになって飛び出される心配もないので、良いかもです。

064_20110312142449.jpg
かたや、おりゅう。
全然、気にしていないのか。何も変わりなく。。。

地震直後、落ち着いたらすぐに、棚から落ちたオヤツを食べに行ってました。

まだ、余震がありますが、↑な感じで、おくつろぎです。
ドケ!って言ったら、ヤダ!って^^

銀ちゃんも頭をベットから落っことして、寝ています。

摩利も夕べは眠りが浅かったのか、庭に出て寝ています。
りくも、いつもの椅子で昼寝中。

藍虎もご飯は食べたので、大丈夫です。


被災地の人は勿論ですが、犬達も心配です。
摩利だけマイクロチップがまだなので、早速、入れてこようって思いました。

原発も心配ですね。
停電になると断水も起こすし、流通に影響が出るとあっという間にスーパーは空っぽです。
水と食料、明り取りの最低限の備蓄は必要って痛感しました。




この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(52) | ▲ top
帰って来た野良くん
- 2011/02/17(Thu) -
実はですね。
金曜、土曜と出かけていて、日曜に帰って来ると、家の庭に居たですよ。
野良くん。

去勢後、カラーを付けねばならないので病院に1泊。水曜には退院して、そのまま病院で預かって貰ったはずでした。
そこの病院は、庭に10頭くらいの犬が居て、それぞれ柵に入っているのです。
ちょっと柵が低いんじゃないかなぁーとは、思ったのですが。
あっさり脱走して、7キロくらいの道のりを帰って来てました。

これがホント、良い奴で^^

どうするか決まらないまま、ずっと家の庭に居るですよ。

001_20110217193251.jpg
昼間は、玄関の脇で、植木の後ろ側の庭を通る人からは見えないところで日向ぼっこしてるか。
玄関のドアの前で寝ていたり^^

私が出入りすると、起きて来て
003_20110217193524.jpg
「お手」のサービスしたり、ペロペロしたり、撫でろっておっしゃってみたり。

049_20110217193703.jpg
出先から戻ると、盛大に尻尾を振ってお迎えしてくれます^^

050_20110217193829.jpg
傷も綺麗になって来ました。
抜糸しなくて良いように、溶ける糸で縫ってくれたんですが、この状況なら抜糸できましたねw

野良くんは、お座り。お手。伏せ。ゴロンもできます。
ハイタッチは試してないです^^

3日も居ると、弟が「飼ってやれば」と言いだしました。
弟は、それほど犬が好きな訳じゃないですが、妙に優しい所があります。
去年の秋のヒートの時も野良くんが来て、1か月間、夜中におりゅうが威嚇ボエして、私が切れそうだった時も、「自分は眠れなくても良いから、保健所には連絡しないで」と言ってました。
「これ以上、散歩できない」と言うと、「じゃあ、餌だけやって、今のまま好きにさせておけば」と、東京から帰って来たばかりとは思えない発言^^

まあ、とにかく、最後のおりゅうのヒートが終われば、またどこかに行くかもしれなし。
来月まで居るようなら、愛護団体さんにお願していた「里親会」に出しても良いし。
家では餌をあげていないに痩せないので、どこかで食べている事は確か。しばらく様子を見ることにしました。

誰も虐めないので、段々慣れて来て、すっかり家の子のような顔をして庭にいるわけです。
どうせ居るのだし、寒くて可哀想だから車庫に毛布を置くと、夜はそこで寝ています。
私が外に出ると、飛んで来てプリプリ。
散歩も着いて行きます。
「あれ~?コレ、誰だっけ?」と近所の人^^
甲斐犬じゃないからw
大きさはおりゅうよりもチョット大きいくらい。大ちゃんと同じくらいです。
「野良くんなの~」
「良い顔してるねぇ」と、評判好しです。

だって、野良くんが側によると、りくが猛烈に唸るので、誰が見ても穏やかで可愛い野良くんの評価が上がるわけです。
りくは、知る人ぞ知る。顔に似合わず、迫力ある唸り声です(爆

私もこれまで、「甲斐犬は飼うのが難しい」と言われ、「そんなことはないだろう」と思っていましたが、この野良くんを見ていて「甲斐犬って難しいのかも?」って思って来ました^^

それにしても、呑気な野良くんは、一緒に散歩に行ってウンチまでしなさる。
野良のウンチ、何で私が拾うんだ、、、ブツブツ。

銀ちゃんを車に乗せたまま、家に物を取りに来たことがありました。
さぞかし、銀ちゃんが怒るかと思いきや、無視。というか、お互い気にならないと云うか。
大ちゃんに対する態度とおんなじ感じ。もしかして、一緒に遊べる?w



そして、今日は、夕方にりく&藍虎を連れて自転車散歩に出ました。
野良くんが居着いてからは、自転車は初めてでした。
やっぱり、着いて来ます。
最初、いつものコースを行ったのですが、そこは交通量の多い国道の歩道です。
野良くんが一緒なので、ちょっと危ないかも。

そこで、道を逸れて、いつもは行かない町道を走りました。
歩道はないのですが、車も来ません。
でも、全然通らない訳ではなく、たまに通ると道が狭いので、逆に困った事態に。
向こうから走って来た車は、私とワンズを避けて行くのですが、野良くんがフラフラしているので、怖い顔で睨んで行きます。

「こりゃ、困った。ずっとこのままってわけには行きそうにない・・・やっぱ、里親会かなぁ。この子、結構、このままが幸せそうなんだけど」
などと、考えながらチャリで、田舎道を走っていました。

すると、道の傍らの畑で農作業をしていたオジサンが
「こら!コロ、どこさ行ってたぁー?」と。。。

え、、、?
自転車を止め「お宅の犬ですか?」と聞くと、「いやー、野良犬なんだけど、1年前から居着いてるんだわー」と。
「子供で捨てられたのか、家の近くをウロウロしてて。可哀想だから、餌やって、昼間だけ繋いでいたんだわ。1週間帰って来ないから、どこかで飼われたのかと思ったわぁ」と。

それって、飼ってるって言うんじゃないのか~?w

オバサンも出て来て、「保健所に捕まったら可哀想だから、それじゃあ、家で飼ってやることにするわぁ。コロおいで!」と^^
オバサンに擦り寄って撫でて貰ってました。
家の方に行ってみると、玄関の横にピカピカの鎖とピカピカの首輪をして、さっそく繋がれているコロがw

「役場に届けて、名前もちゃんと着けてやらなきゃなぁー」とオバサン。
オジサンが「毎朝、かあちゃん。畑や田圃やあちこちで、名前呼んでたんだわぁ。居ないと寂しかったみたいだわ」と、言ってる本人もニッコニコ。
まあ、あんなに良い子ってことは、随分と可愛がっていたのでしょう。

そこへ近所の人が通りかかって事情を聴くと
「いやあ、利口だねぇ。昼間はオシッコもしないで、夜はちゃんと自分でして帰ってくんだあー」と(汗
野良くん改めコロは、確かに賢い子です。
性格も良く賢く、こんな子は滅多にいないと獣医さんの折り紙つきです。

「でも、散歩してやれないんだよね。縛りっぱなしは可哀想でね」とオジサンが言うので、ついつい「家は、来ても構いませんよ」と言ってしまいました^^
「じゃあ、また夜には行くかもしれないけど」と、キャベツを1つくれました。
自転車なのでと辞退しましたが、三角袋に入れるからというので頂いて来ました。

でも、1週間帰っていないと云うので、「痩せてませんよ」と言うと、「夕飯はどこかで食うみたいで、家は朝しかやってなかったんだよね。あと、旅行で留守にする時も、放しておくとどこかで食うみたいで」と(汗

首輪ごと外してたんだあ。

まあ、家もそうだけど、誰が見ても良い子だし危害を加える感じがないので、だあれも通報しないのでしょうね。
それにしても、何ともまあ、何と言って良いか。のどかな事で。
万が一、通報されて保護された時のために、マイクロチップは入れるようにアドバイスした方が良いのか。
それとも、放さないで飼えと言った方が良いのか。
答えがわからないまま、キャベツを貰って帰って来てしまいました。

突然のことなので、カメラは持っていず、写真はありません。
異論反論あるでしょうが、呑気な田舎の事なので、許してくださいませ^^


野良くんのお家がわかって、幸せそうなのが嬉しくて、祝杯をあげているりゅうママでした。
でも、庭に居ないのが、ちょっとサビシイ。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村










この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(32) | ▲ top
帯に短し、襷に長し
- 2011/01/28(Fri) -
007_20110128203104.jpg
銀ちゃんにベストを買ってみました。
色々、検討して、結局アメリカのサイトから買いました。
輸送費の方が高いので、日本の半額で買えるKEENやダナーの靴も買いました。

コンパクトカメラの遠近感のせいとはいえ、銀ちゃん、デカイ頭ですw
冬になると、デカクなりますね。

003_20110128203827.jpg
どうでしょ。

これなら、誤射予防になるでしょうか。
ベスト着て、鈴付けてる猪はいませんからね。


005_20110128203950.jpg
首輪を通すようになっています。
なるべく、枝とかに引っ掛る可能性が低いのを選んでみました。


004_20110128204137.jpg
でも、実は、微妙に小さいのです。
お腹のマジックテープがいっぱいいっぱいw
布をたすか何か考えた方が良さそう。

012_20110128204515.jpg
りくに着せてみました。
何か、微妙に大きいw

014_20110128204635.jpg
大きいせいで、捻れてしまいます。

何となく良い感じではあるので、こんなのをジャストサイズで作るのが良いのかな?
でも、お裁縫苦手だし、こんな蛍光オレンジの布って売っているのかなぁ。


明日からお出かけなのに、今日、藍虎がヒート始まりました。
ポチっと出血です。
旅館では、オムツですね。
前回は9月始めのヒートだったので、5ヶ月サイクルです。

摩利も、陰部が膨らんで来て怪しげ。
前回からだと4ヶ月半。ちと、早くないですかー。
生後10ヶ月の誕生日には、2度目のヒートってことになりそうです。

あの母娘。ヒートサイクルは短いわ、ピークは長いわ、多産だわ。ってことになりそうな予感です。

りくは、藍虎がヒートになると、1週間か10日で後追いします。



おりゅうは、前回は6月でした。それ以来音沙汰なし。
過去には、11ヶ月ってこともありましたから。
ヒートサイクルは長いし、ピークは短いし、交配は大変だしw

足して2で割って、、、。って、ことにはならないものでしょうかね。

今回、4頭ヒートになったら、銀ちゃん。大変だろうなぁー。
ぞぞぞ。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(15) | ▲ top
今年を占う出来事
- 2011/01/05(Wed) -
2日に福島の温泉から帰って来て、それ以来、毎日温泉通いです。
温泉にハマってしまったわけじゃなく、エコキュートの故障です。
多分、故障と思われます。

お風呂に入れるほど、水温が上がらないのです。
やっと今日から、設置した会社の営業が始まったので、早速、来てくれたのですが。。。
今までにないケースだそうです。お湯は出るけど、温度が上がらない。
メーカーさんの修理待ちです。
近くに温泉があって良かったです。
銭湯も温泉もない地区だったら、何日もお風呂に入れない所でした。

現代は、人間の労力的には省エネで便利である半面、トラブルには弱いです。
撒きを割って五右衛門風呂を沸かしていた時代には、風呂窯に穴でも空かない限りは風呂に入れないことなんてなかったでしょう。

デジカメも壊れてしまいました。
これは、私のミスなのですが、右ポケットにカメラを入れていて、車のドアに挟んでしまいました。
強く、、、って程じゃなく、無事だと思われたのですが、液晶が殆ど見えないくらいにノイズが。
直すより買った方が、早くて安いそうです。

正月早々、嫌な予感。
今年は、壊れまくりだったりして^^

壊れたわけじゃあないけど、、、。
去年の秋に買ったばかりの電動自転車。
サンヨーのエネループの20インチタイプ。

折りたたみもできるし、軽量だし、足間が低いので安全だし。
すごく満足していました。
でもでも、肝心の走行距離がぁ~~。

昨日はゴルフだったんですよ。
2時過ぎには帰って来て、銀ちゃんの散歩に行ったのですが、午後なので山には行けません。
で、自転車散歩だったのですが、フル充電状態だったのですが、切れました。
家に帰る前に、電池切れです。
電池切れの電動自転車って、重いのなんの。
車体が軽いと言っても、普通の自転車よりはやや重いし、20インチです。
平らなようでも坂はあるし。

オートで14キロとあったので、余裕かなと思っていたのですが、何しろ銀ちゃん、走る走る!
電池切れするほど走っても、その後ドックランで1時間摩利と走ってました。
こんなことなら、パナソニックの自転車にすれば良かった。。。

バッテリーをもう一つ買って、携帯せねばならぬ、、、かも。

まあ、そんなこんなで、新年早々不吉な3連発であります。



30日から3日まで、ここに来なかった摩利。
休み中は、摩利の家の近くを通る度に、お母さん、お父さん、お姉ちゃんが散歩していました。
1日、何回散歩していたのでしょう^^

仕事が始まり、初出勤してきました。
021_20110105221701.jpg
左、藍虎。右が摩利。

029_20110105221723.jpg
摩利です。

031_20110105221813.jpg
左が摩利。右が藍虎。

032_20110105221834.jpg
藍虎に後ろ脚を噛まれている摩利。

飼い主さんが大変になるので、摩利には、なるべく運動をさせないようにしていますが、やっぱり体力も筋肉もついちゃいますね^^
まだまだポヨポヨですが、いずれマッチョですね。運動させないようにしても勝手にしちゃうし。
山に行けばクンクンクンクン嗅ぎまわって走ってるし。やっぱり、藍虎の子ですね^^

033_20110105222652.jpg
遊び相手が、藍虎と、デカイけど,身体柔らかくて身軽な銀ちゃんだし^^


あまり摩利を山に連れて行かないのは、戻りが悪いこと。体力がつき過ぎちゃうこと。それ以外にもう一つあります。
それは、、、、
021_20110105223325.jpg
↑コレ

022_20110105223305.jpg
ズズズ・・・

泥んこを擦り付けるの、ヤメテ欲しい!
イノシシじゃあないんだから~。


この時は6ヶ月の写真ですが、今もやることは同じです。
泥んこ大好きー。摩利だけは、毎度、お風呂ですw


暫く載せてないので、記録の為に銀ちゃんの全身写真を。。。
007-1_20110105224610.jpg
ちょっとは毛も上がって来ましたが、秋よりは太りました。
体重は計ってないけど。
救急車の音に立ちつくしていたので、耳がいつもより立っちゃってます^^

ポチお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(12) | ▲ top
猟師さんに会いました
- 2010/12/03(Fri) -
昨日は、銀ちゃんをチャリで迎えに行きました。
家から銀ちゃんの家までは1キロ強。近いです。
いつもはそのまま家の方に戻って、チャリ散歩に行くのですが、昨日は銀ちゃんの家の裏山に登ってみました。

001_20101203104031.jpg

こちらは、西の方角。天気は良いのですが、遠くの日光の山は霞んで見えません。
ずっと、見えるのは、低い山。山。山。
これだけ里山ばかりなら、遊ぶ場所には事欠かないだろうと思いますが、そうもいかないのです。

004_20101203104709.jpg
山を切り開いたこの場所は、ほとんどが桑畑です。
でも今は、養蚕をしている農家は聞かないので、放置なのでしょうか。

その隙間に、僅かな畑がありました。
ネットで囲っています。
イノシシ避けです。

003_20101203104935.jpg
開墾していない周りの山は、リードをつけては入れません。
ここはイノシシがいるので、銀ちゃんは放せませんし。

銀ちゃん家の裏山は、イノシシが多いのです。

土曜にこなりんと来た時は、猟銃を持った人が道からも見えました。
今日は、居ないねぇ。

と、自転車で坂道を降りてくると

005_20101203105250.jpg
それらしき車が。

お話を聞くと、やっぱり猟師さんでした。
今日は下見に来たのだとか。
ここは銀ちゃん家のすぐ後ろで、道路の右側は鳥獣保護区で、町の山の公園がある場所です。
こんな近くで猟しなくても!って気もします。

銀ちゃん、オジサンのズボンをクンクン。
小さいな血の後がありました。
前日、150キロのイノシシを捕ったのだとか。
150キロって、本当かな。かなり大きいです。

オジサンが使っている犬は「屋久島犬」だそうです。
この辺では、ビーグルやハウンドが多いらしいですが、この方は逃げ足の遅い犬は怪我をするので使わないそうです。

甲斐犬を使っている仲間も居るとか。
「でも、これ、大きいねぇ」とは、銀ちゃんのこと。

オジサンの異様な臭いにクンクンしたり、枝を踏む音にも警戒して飛び退いてみたりの銀ちゃん。
相変わらず、未知なるものには慎重です。
銀ちゃんは、見かけ倒しですから、間違っても大人のイノシシなんぞに突進しませんよ。
精々、タヌキかハクビシンにチョッカイだすくらいです。
しかも、吠えるだけで逃げられ、捕まえてきたことはないです^^
疥癬なんか貰ってくると大変なので、銀ちゃんはこれで良いのです。

「この犬じゃあ、家の犬と喧嘩になるから、猟してる所で絶対に放さないでね」と言われましたが、頼まれても放しませんよ!w

昔、疾風が猟場で他の犬とバッティングして、5対1で喧嘩になったことがあるそうです。
犬も、山では気が立っているでしょうから、噛み合いになったら大変です。


006_20101203111407.jpg
銀ちゃんの家の敷地から、たった20メートルの所に、こんなものがあります。
道路から見える木に貼ってあります。

括り罠が仕掛けてあるのです。
見える所だけで3か所。
10か所以上あると言われています。

罠は保護区でも、禁猟時期でも仕掛けられるので、犬には危ないです。
道路からすぐの所にあったりするので、気を付けないと、放さなくても危ないです。
脚を入れれば括られるようにできている罠ですが、直径が12センチだそうで、人間は安全なのだそうです。
猟師のオジサンが教えてくれました。
この方、平日でも毎日猟をしているとかで、本職の猟師さんです。
近くに公営のイノシシの解体場があるくらいなので、捕れる個体数も多いのでしょうか。


051_20101203112452.jpg
私の膝に乗った華ちゃんを喰う、銀ちゃんw


052_20101203112600.jpg
ゲヘゲヘ~。僕のだぁ~よねぇ~。

最近、独占欲に拍車がかかっています^^


危なくないように山で遊ばせてやりたい!
今日この頃です。
猟期前まで行っていた山は、雑木が近くにないので安全そうなのですよね。
何度か確認に行ってみますかね。

鈴をつけていれば誤射は防げますが、犬が怖いですからね。

079_20101203113342.jpg
摩利と遊ぶ藍虎(右)
親子で良く遊びます。

相変わらずボディービルダーのようですが、体重計ってビックリ。
15.6キロ!
子供産む前は、常に13キロ台でした。

りく、山徒、大ちゃんは離れても60メートル。呼び戻しも完璧。
でも、藍虎は猟期には、放せないです。離れる時、呼んでも戻らない時があるから。

早く探そう、、、、山のランの場所。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(15) | ▲ top
親善大使の副作用
- 2010/10/09(Sat) -
ああーーー、ほんとに長かった。
摩利のヒートが、今度こそやっと終わりです。
もうすぐ終わると思われた1週間前だったのに、更に伸びていました。
交配OKの時期は、なんと!2週間でした。

おりゅうに子供を作ろうと思った時は、受け入れ期間が2日しかなくて苦労したのものです。
作っちゃいけない摩利が、2週間とは。

最初は反応しなかった銀ちゃんも、もう脳みそショッキングピンクで沸騰状態です。
勿論、家の中に一緒に入れることとかしなかったのですが、庭まで来ると、外の車の中でも悲鳴を上げていました。
摩利の家と銀ちゃんの家は、100メートルと離れていないので、尚更なのでしょうね。

摩利の陰部が縮んできたので、木曜に会わせてみたら、猫でも追う勢いで襲いかかり、摩利に顔を噛まれては鳴いてました^^
まだ、ちょっと駄目みたい。

049_20101009093924.jpg
左から、銀ちゃん。摩利。藍虎。

先月の24日の写真だけど、摩利もいつの間にか大きくなりました。
藍虎の首、子供達は似ませんでしたね。ちゃんと首輪が首に治まります
^^
この日は、摩利、ヒート9日目。
銀ちゃんはやっと、ちょっと臭いをかぎに行くかな?って、くらいでした。
その直後からこんな事になろうとは、、、、。初ヒートって色々ですね。

早く、、、1日も早く、こんな平和な日が戻って来て欲しいです。

東京展、銀ちゃんとしては、雨で良かったかな~。
ちょっとでもヒートの臭いでもしたら、今は、大変なことに(汗
みなさんには申し訳ないけど、臭いのし難い雨、歓迎しときます。

審査員が4人いるので、中型は牡・牝が同時進行で審査。
銀ちゃんとおりゅうじゃ忙しいので、東京の支部長からリクエストがあったので、マルを連れて行く事にします。
龍峰の丸虎(まるこ) 名前も可愛いでしょうw
マルの遊び相手は、小夏っちゃんとりんりんが勤めてくれるのじゃないかと^^


さて、今日の話題ですが。
気にしていた事が、いよいよ現実になって来ました。
それは、家のしか知らない人の、、、甲斐犬=3レディース=大人しく人懐こく、何しても大丈夫。みたいな図式。
それって、ちょっと危険じゃないですか~?

私が「子猿」と呼んでいる双子の甥っ子。もうじき4歳になります。
これが、神奈川の藤沢市に住んでいるのですが、公園でバッタリと、岳ちゃんに会ってしまったそうです。
知っている人は知っていると思いますが、岳ちゃんは銀ちゃんと兄弟で、現時点では銀ちゃんよりも体重のある、大きさも殆ど一緒のデカイ甲斐犬です。
http://oryou4gaku.exblog.jp/(ブログです)
子猿は、もうー、狂喜乱舞状態だったそうで(汗

まあ、ナマ子猿にお会いした事のある方は想像つくと思いますが^^
子猿ママが「すごい奇声で」というので、凄かったのでしょう(汗

子猿も子猿の親分(姉)も、不思議なのは、甲斐犬だけ区別がつくこと。他の犬種は警戒するそうです。
そして、1度で名前を覚えるし、何頭居ても、間違わないんですよ。
言葉を5つしか話せない時に、そのうちの二つが「りゅう」と「わんわん」だった子猿達ですからね。
そりゃー、すごいもんです。

余談ですが、近所の人なんか、銀ちゃん連れて散歩してても「りゅうちゃ~ん」なんて、寄って来ますよ。
似てますかね?

そうそう、2年前の秋の神奈川展に子猿が来て、甲斐犬だらけなのを喜んでいました。
P1000716 (2)
ありし日の連です。
大きくて優しいワンコでした。
でも、飼い主さんはヒヤヒヤしたと思いますよ。もちろん、その後、展覧会は出入り禁止ですよ^^

まあ、私が居ない時に初めて会ったのが、岳ちゃんで良かったです。
岳ちゃんは、仔犬の時から今に至るまでフレンドリー犬ですから。
奇声をあげてのペチペチくらいじゃ、ビクともしなかったようです。

そもそも、おりゅうは、そこまで子供好きじゃないと思います。
子猿の親分が、犬に限らずの動物嫌いでした。それなのに、まだ親分が2歳くらいの時に、遊んでいて転んだ所を覆いかぶさってベロべロしちゃったんですね。
おりゅうとしては、泣いている子を慰めたつもりでしょうが、逆効果でした。
それ以来、子猿一家が遊びに来ると、おりゅうは外犬にされていました。

おりゅう、がんばったんですよ。
子猿の親分を見たら、寝る!
這って行ってお腹出して、何をされても絶対服従。
その成果あって、1年掛かりましたが、親分が来ても家の中に居られるようになったんです。


そのうち、双子の子猿が生まれ。子猿が5ヶ月の時、目を離していたらこんな事になっていたことも。。。
P1000296_20101009104739.jpg
リモコンやら、ペットボトルやらを投げた上に、おりゅうの頭を齧る子猿(汗

P1000124.jpg
その2ヵ月後に遊びに来た時も。
満面の笑顔の子猿VSどよ~んとした顔のおりゅう^^

こうして、おりゅうは子猿と親分に会ったら「寝る」を暫くは実践していましたね。
最近は、「気配を消す」とか「顔を舐めて撃退する」とか、色々と技を身に着けましたが。

りくは、30日で子猿と遊んでいますし。
おりゅうと違うのは、子猿大好きで、今もそうですが、他の犬は近づけません。
渾身の力で唸り飛ばして、遠ざけようとします。
「アタシだけの子猿」らしいですが、こないだここでバーベキューした時は、唸る相手が多すぎて。
子猿に「りくちゃん、こわ~~い」と倦厭されていました。可哀想にw

でも、考えようによっては、子猿から他所の犬を守るので、良いかも!w


藍虎も仔犬の時から、子猿でも誰でも平気でした。

P1050400_20101009111928.jpg
りくと藍虎は、子供達に構われるのが、平気というよりも、むしろ好き。大好きなんです。
我慢できる犬は多いと思うけど、こういうのが大好きって日本犬は、かなり少数派かも。

こんな3レディースですから、うちの犬が甲斐犬のすべてと思っている人は、誤解も生じると言うもの。
銀ちゃんが唸って「驚いた」って話も、当然ではあります。
おりゅうは、私に苦情で唸る事はあっても、他人様に唸るような事はないです。
普通、逆だろ!って、気もしますが^^

その少し前に、ミトとしいちゃんを預かった時に、しいちゃんが摩利の家の幼稚園のゆうちゃんを怖がったってことがありました。
ボールを持って、追い掛けたのです。
その時は、意外感がありました。
りゅう子と呼んでいた、あの積極的なしいちゃんですからね。
でも、お母さんが病気だった事や、初対面で夕暮れだった事など、ゆうちゃんを警戒したのも、考えれば尤もです。

でも、その頃、子供だけじゃなくて、親戚の小母さんが山徒にいきなり「ぷー」って息を吹きかけて「ワン!」された。なんてこともありました。
自分の家のチワワにいつもやっているから、「つい」だそうです(汗


銀ちゃんも子供の側に自ら寄って行くし、摩利も子供大好きなので、子猿達も近所の子もエスカレートして行きます。
このままでは拙いだろうと、最近、子供達の犬の扱いについての教育を始めた所でした。

006-1_20101009123422.jpg
子供を苦手にしているのが、山徒です。
嫌な事をされると、逃げる^^


山徒がいれば教えやすいんですが、、、。

こうして逃げられる時なら、まず問題は起こらないのでしょうが、トラブルになるのは繋がっている時。
飼い主に、リードで抑えられている時のようです。

山徒は、自宅では、大騒ぎする子猿の鼻先でわざと「ワン!」と一声。「ウルサイ!」と吠えたりします。
それで泣くと、やーい!と馬鹿にするので、子猿に唯一嫌われている甲斐犬です^^

009_20101009114036.jpg
奇声をあげる子供と遊ぶ摩利だったり、

007_20101009131134.jpg
馬乗りになられても、全然構わない大ちゃんだったり。

013_20101009131229.jpg
棒を振り回すな!って言っても、ワンズは喜んで遊ぶし。

あれば駄目だ、こうしろああしろと言うだけで、疲れる~。

でも、昨日は、摩利と華ちゃんがジャレ噛み遊びしている所に、いくら言っても手を出すので。強制退去させました。
たまたまでも歯が当たれば、怪我をしますからね。

この子達は大丈夫でも、普通はこうしなきゃいけない!とか。ギャーギャー言うのも、ちょっと疲れてきました。残念だけど、ランには他所の子を入れない事にしようかなって思ってます。
頭数も人数も増えると、目が届かないし。
外で3レディースだけの時に遊びましょう。

逆に、犬が恐いって子なら、ウェルカムですけどね。

特に最初から子供が平気だった、摩利と柚ちゃんが子供の居る家庭に行きました。
最初から子供の金切り声が平気な子、子供好きな子は、成犬になっても人間好きになることだけは、最近確信しています。
努力して矯正したものは、チョットしたきっかけで崩れやすいでしょうから、継続の注意が必要なのかなって。

えーえー、勿論。子猿のような子が公園で銀ちゃんに突進して来たら、私は、銀ちゃん引いて全力で逃げますね^^
怪我させる事はないでしょうが、銀ちゃんが子供嫌いになっても困るし。
子供に「ワン」して、子供が犬嫌いになっても困るし。
ペチペチしても尻尾引っ張っても平気だったら、きっとまた他の犬にもやるだろうし。
犬好きの子供って、何故か大きな犬が好きなんですよね^^
ランで遊んでも、銀ちゃんにばかり群がりますからね。




ポチお願いしますね
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(10) | ▲ top
初物
- 2010/10/06(Wed) -
今年は、いろんな物が不作ですね~。
実が殆ど成っていない栗の木も多いです。

山散歩しながら、クリ拾いをするのも楽しみだったのですが、今年は競争率が高く拾えませんでした。
でも、そんな中、栗を頂きました。

3レディースにも、1つづつお裾分けしました。

004_20101006071956.jpg
おりゅうと、りくは、丸ごとあげても、器用にむいて食べます。

藍虎は剥けなくて、放り投げていましたw

サツマイモや栗は甘いので、ワンは好きですよね。
たくさんはあげませんが、初物だけはお裾分けしてやります。
殻付き落花生も器用に、甘皮も取って食べます。


002_20101006072424.jpg
日曜に、藍虎をつれて病院に行って来ました。

右目が変でしょう。
瞬膜が突出しているのです。
俗にチェリーアイって言うらしいのですが、突出して時間が経っていないので、まだ赤くなっていません。

何をしたってわけじゃなくて、散歩から帰って車を降りた時は正常でした。
で、事務所に居る大ちゃんが食べないでいるササミ巻きガムを頂いて、食べてました。
大って、食べ物取られても平気なのw

その後、家に入れたら、もうなってました。
大と何かしたわけでもなく、きっかけはわかりません。
藍虎は出やすいらしく、これまでも2度くらいありましたが、グニュっとすると入ってしまいました。
今回は入らない。
放っておくと、空気に触れるのでドンドン腫れて、押し込んだだけでは入らなくなるので、病院に行きました。


日曜なので、いつもの病院は休み。
始めての所に行きました。
優しい先生~。

病院嫌いで、パニックになることもある藍虎なのに、平気です。
↑の写真も、待合室で伸び伸び寝ているところです。
眼なんか、鎮静かけなきゃ藍虎は無理かと思ったのに、平気でした。
しかも、終わってから、診察台でオヤツを貰って食べました。

へーーーーー。

病院替えれば、平気なんだ~~。
といっても、前の病院でパニックになる前、何か嫌なことしたっけ???
予防注射くらいしかないのに。。。

銀ちゃんが大先生が苦手で、触らせないのだけど、もしかして、藍虎も大先生嫌い?
摩利も4ヶ月のチビの癖に、小さくだけど大先生に唸っちゃって、口輪されちゃった。でも他の病院では、お尻で体温計られながらペロペロ顔舐めていた。
もしかして、みんな病院嫌いなのじゃなくて、大先生嫌い?w

おりゅうだけは、ヘッチャラヘーなのですが。。。
今の病院は休日診療もやっていないし、ワンによって、病院、分けましょうかねぇ。
今は、田舎の癖に設備も整ってるし、近くて良いのですが。。。


さて、久々の熊さんち出身の緑龍です。
007_20101006074723.jpg
011_20101006074735.jpg

まもなく、1歳と2ヶ月になります。
冬は、黒いバーニーズかと思われたほどの毛でしたが、夏毛でスッキリですね^^

目の周りに緩みがあるので、まだまだ大きくなるのでしょうね~。
これも系統なのでしょうが、成長速度が遅いというか、いつまでも大きくなると言うか。。。
それとも、冬の間は、家のせいでまったく体型がわからなかっただけなのかw

まだ、足上げチッコもしませんし、牡にも反応しません^^
ずっと変わらず、私が行くとベロベロ~ジャンプジャンプです。
緑龍の家系は、仕上がるのは5歳、6歳になってからと聞きました。
3歳くらいじゃ、ぺランぺランの若犬のようなんですって。
わかるような気がします。

見た感じは、颯虎よりは大きいですねぇ。
銀ちゃんと変わらないんじゃないの?って、感じですが、どうでしょか。
並べてみないとわかりませんね。
でも、今度の冬には、きっと緑龍の方が大きく見えると思います。
FOXの毛皮着ますからw

飼い主さんは、散歩の引きが強いと言いますが、、、、フッ。


そうそう、ご存知の人も多いでしょうが、念のため。緑龍は日保じゃないですよ。愛護会の犬ですよ~~^^




ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(11) | ▲ top
身体のこと、いろいろ、其の2
- 2010/08/17(Tue) -
今年は、正月の旅行での「りく」の下痢で幕が開けました。
生まれて初めての下痢。
多分、長い時間雪の中で遊んで、冷えたのが原因の下痢だったのだけど、吹雪の真夜中に5度もウンPコール。
一番奥の部屋だったので、玄関までが遠い遠い^^

藍虎の腫瘍や乳線炎などもあり、病院に行く事の多い年になっています。

おりゅうは、1歳からアニコムの保険に入っていますが、全然、元はとれていませんね。
取れなくて良いんですがw

逆に、藍虎は入っておくべきだったかもしれません^^

摩利の下痢も完治し、やっと平和が戻ってきたりゅうママ家、、、、かと、思ったら、大ちゃんの飼い主、番頭さんがダウンです。
昨日、入院しました。
本人の診立てでは、十二指腸潰瘍だそう。

12年前に同じ症状で、2週間ほど入院した事があって、その時よりは酷くないそうです。
14日に貧血で様子が変だったので、問いただしたら血便が3日もあるそうで、15日までは忙しいので頑張ると言い張っていたのを、無理やり、14日の午前中に病院に連れて行きました。
生きる化石のような会社思いの番頭さんなので、無理しがちです。

大ちゃんの事が心配で心配で、実は仕事よりもそっちだったのじゃないか…と思っています。
仕事に来る時もそうでしたが、休みの日の畑仕事も山仕事も買い物も、どこに行くにも大ちゃんを連れて、一人と一匹で支え合って暮しています。
ああいう飼われ方が、本当に幸せなんじゃないかなって思います。


昨日、大ちゃんを家に迎えに行き、事務所にお泊まりさせました。
夏の間は、自宅に居たのですが、また当分は事務所の住人です。
最初は、昼だけ事務所で、夜は自宅の方にと思い、自宅に連れてきたのですが、落ち着かないのかご飯も食べません。
銀ちゃんのテリトリーってことなのでしょうか。

玄関から外に出すと、グイグイ引っ張って事務所に行くので、そこで寝せる事にしました。
締め切った事務所じゃ暑いので、エアコン付きです^^
鳴きもせず、吠えもせず、静かに一晩を過ごしました。


今朝は早くにおりゅうと散歩をしました。
が、9時ごろになって、大ちゃんが元気がないよー!と、母が言うので、摩利と遊びに行きました。
015_20100817174353.jpg
なるほど、やっぱり元気がないですね。

繋いであるのは外で、リードを引っ張りこんで事務所の中に居るのですが、しんみりしています。
番頭さんが、荷物を持っていつもの服装じゃなくて出かける時から、側を離れず後追いしたそうです。
大が可哀想なので、りゅう婆ちゃんが事務仕事をする昼以降は、事務所の奥の大が子供の時に居た場所に移してやりました。

番頭さん、早く帰って来てね。


つい先日は、私が直接は存じ上げない方なのですが、有色紀州の貴重な母娘の飼い主さんが亡くなり、間際まで犬の行く末を同志に繰り返し託して逝かれたとか。
日保の方で、犬の飼い方で噂を聞いたと、私の所にもお話がありました。
私は飼う事はできませんが、母犬もまだ3歳で娘は6ヶ月と若く、貴重な血筋を保存してくださる方が見つかったと聞きました。

血の保存は二の次でも、大事にしてくださる方が見つかって、本当に良かった。

ここの所、他所様のお宅でそう言った事が重なって、気が滅入るのですが、自分は万が一のことは考えておかなきゃならないと、冷静に考えたりしています。

他にも、一番近くに住む甲斐犬が亡くなりました。
まだ、8歳か9歳ですが、死因は狂犬病の予防接種のアレルギー性ショックだそうです。
毎年受けていたのに、、、何故?って、飼い主さんは嘆いておられました。

狂犬病は、ワクチンの中でも安全な方と聞いていたので、私も驚きましたが、やっぱりあるんですね。
この時勢、狂犬病とショックと、確率的にはどっちが高いのでしょう。。。
どちらにしても、ショックを起こすことがあるんだと知っていれば、様子を見守って、早い処置で助かったかもしれません。

狂犬病以外、自主的に行う犬の混合ワクチンは、最近は、7種とか8種とか、どんどん増えているようです。
それに伴って、ワクチン接種のリスクもあるのですよね。
今のかかりつけの病院は、接種後15分は院内に居てくださいと言われます。
私も、その後1時間半くらいは目を放さずに自分の側に置くようにしています。
何かあれば、家から5分で行ける病院です。

1年に1頭位はショックを起こす犬がいるそうです。
どのくらいの数の犬が、混合ワクチン接種をしているのかわかりませんが、ショック症状を起こす犬が結構いるのだなと驚きましたよ。
大先生は、バサバサした人なので、「ショック死する犬も結構いるんだよー。医者は言わないだけで」と、ケロっと言ってのけます(汗

町で行う狂犬病の予防注射は、巡回で、1か所に10分くらいしか居ません。
注射を済ませて家に戻り、亡くなった犬は外飼いなので、外に繋いで、暫くして気づいた時は死んでいたそうです。
体調その他、他の原因もあるのでしょうが、飼い主さんにしてみれば、悔やみきれないでしょう。

我が家は、混合ワクチンは勿論ですが、狂犬病ワクチンも、病院でやってもらっています。
今年のように出産があったり、去年の銀ちゃんのように下痢が多かったり、その時々で体調があるので、様子を見てやっています。
おりゅうは免疫が落ちると、目やにが出やすくなるので、そういう時は避けたりと。
注射済み票が来るのが遅くなりますが。


あと、一つ気になっているのが、ダニダニ。
今年は少なかったのでしょうかね。

銀ちゃんが、耳に1か所。
おりゅうも、耳に1か所。
藍虎が目の縁に1か所。
摩利も、耳に1か所。
りくは、なし。
大ちゃんもなし。
山徒は、腐った木にスリスリした直後、目に1か所。

犬7頭で、噛まれたのは、合計5匹です。
といっても、例年、10匹になるかならないか。

実は、あまりダニがいないのか????

029_20100817183028.jpg
いかにも居そうなんだが^^

今年は、5月と7月に銀ちゃんがフロントラインをしています。
おりゅうが5月に1回。
それぞれ、ダニに1匹噛にまれてからつけました。
藍虎とりくは、今年は出産後で体力が完全ではないので、パスしました。

フロントラインは、油分の少ない目の周り、耳には効果を発揮しないそうです。
予防といっても、ダニがつかないのではなく、噛まれてからダニを殺虫するのだそうですが、あくまで殺虫剤なわけで、本当に必要最小限しか使いたくないなぁ~というのが、本音です。
しかも、その殺虫成分は皮膚上に広がっているのか血液中なのか、私はイマイチ正確な事はわかっていません。
どなたかご存知でしたら、教えてくださいませ。

そもそもは、「山に行くなら、指の間にダニでもつくと大変だ」と言われ使い始めました。
最初は、真冬を除いて、年に5回くらいはつけていました。
でも、実際は、顔以外、食いつかれた事はないです。
ダニが食いついて、死んだ場合でも、小さな噛み傷の引っかかりが出来るので、触ればわかります。

最近は、フロントラインを使う回数が、どんどん減りましたね。
ダニが一番着くのは、6月ごろです。
ヒノキチオールの入った温泉の元なんかをブレンドした特製の水があるんですが、それを霧吹きで濡れタオルにかけて、身体を拭いてやっています。
ダニの多い時期は、確かにタオルに2匹位ついてくることもあります。
7月の半ば以降、それもなくなったので、8月に予定していた銀ちゃんのフロントラインは、来年に持ち越すようにお家の人に頼みました。

山に行く前に特製水を吹きかけてやれば、更に効果があるかもしれません。

年に1匹2匹で、しかも顔だけならすぐにチェックして捕れるので、家のは、来年は特製の水だけで様子を見ようかなと思っています。
藍虎があれだけ藪に入って、ワンシーズンに目の周りに1匹だけなら、下痢や嘔吐の副作用を起こす場合もあるらしいし、歴史の長さから言っても長期使用の弊害はまだ確認されていないだろうし。
やっぱり人間に置き換えても、ダニに食われるかもしれないからって理由で、殺虫成分を体内に入れるのは抵抗ありますね^^

この辺は、熊も鹿も猿も居ないので、ダニが少ないのかもしれませんね。
桃ちゃんの住む那須の上の方が、ずっと多そうです。
岳ちゃんは、散歩の度にダニダニに食われたって聞きました。

ヒノキや杉の山を選んで行っているので、タヌキなどの小動物が少ないせいもあるかもしれません。
地域によっては、一概には言えないと思うのですが、ここら辺は、外出先でダニがつく心配なだけなら、薬剤を使わなくても済みそうな感じがします。


022_20100817195633.jpg
うんP中の摩利です。

こないだ毒蛇に噛まれたのにも、懲りていないようです^^

どーしても、草むらに入って身を隠さなきゃウンPがでないようで。
仕方がないので、周辺の草を足で掻き分けて、蛇チェックをしています。
小さい子は、本能的に自分の身を守るための工夫をするのですよね。

りくは、小さい時には、土手の下まで降りてしてました。
藍虎は山の上に上がって。
何故か銀ちゃんは、お尻を持ち上げて高い所にw

野性味の強い犬は、見ていて面白いです。

摩利は、ダニダニ対策は何もしていませんが、日々草むらに入って行っても、今シーズンは耳に1匹で、サラダオイルを塗ってやったら翌日は落ちていました。
去年は、銀ちゃんは4ヶ月からフロントラインを使ったのですが、使わなくても同じ結果だったかもしれません。
確か1匹でした。


そうそう、身体の事と言えば、9月も半ばまで相当暑いそうです。
9月の展覧会ですが、殆ど出陳は見合わせる方向です。
神奈川は日陰がないし、2年前は熱中症で柴犬が倒れて騒ぎになりました。

栃木展は木があるので、天気予報と睨めっこしながら考えようかと。
出すにしても、暑さに強いおりゅうだけでしょうか^^
暑さに弱い銀ちゃんと、ちびっ子達は、10月以降の出陳にしようかと。
ちびっ子は、今期はずっと幼犬なので、機会はいくらでもありますから。

展覧会は人間の都合なので、今年の暑さじゃワンには酷ですね。
我が家のワンコ&飼い主は軟弱者ぞろいなので、暑いの苦手ですう。






番頭さんと大ちゃんに頑張れ!の気をお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(24) | ▲ top
緑龍のお尻
- 2010/03/21(Sun) -
銀ちゃんの遊び相手に、また緑龍を連れてきました。
3度目です。

8月11日生まれですから、7ヶ月と10日になりました。

002_20100320201431.jpg

先月遊びに来た時よりも、少しホッソリしました。
でも、やることは一緒で、すっかりお腹が大きくなってツチノコのような藍虎のお尻を追い回しています^^

で、藍虎に怒られ、銀ちゃんに首の後ろを咥えられて、引き倒されているのも、まったく同じ光景です。

前回と違ったのは、前夜に雨が降って、ランがぬかるんでいたこと。
水溜りで転がって、緑龍はビショビショになってしまいました。

005_20100320202948.jpg

ハアハアゼイゼイ、、、、

緑龍は暑がりの銀ちゃんの倍くらい暑がりで、もう少し暑くなったら、運動させるのも心臓に悪いのじゃないかと思うくらい。。。

このモコモコのお尻は、一体どこまでが毛で、どこまでが肉なんだろう???

毛を分けても、皮膚は見えない^^
触ってみると、まだ子供で筋肉は付いていないから、プヨっと柔らかい。


016_20100320202903.jpg

日陰の砂利が積んである場所で、ゴロンゴロンと銀ちゃんに転がされて、すっかり灰色になってしまった緑龍。
いくら外飼いでも、このまま返すわけにも。。。

よし!この際だ!洗ってみよう~~!

自分の家で生まれた子でもなく、家の犬でもない緑龍だけど、緑龍だからきっと平気でしょう。
本当はどうなっているんだ?って、興味深々。


022_20100320205746.jpg

意外に細い!

でも、全然泡立たないw


024_20100320211244.jpg

指が入って行かないので、綺麗に洗えた感じはしないけど、これ以上は無駄と断念w
家のワンに少し分けてやって!

緑龍は、シャンプーは全然嫌がらず、大人しかったです。
これなら楽チン。

でも、夕方までに乾くか心配w


028_20100320215153.jpg

でも、緑龍のお尻の謎は謎のまま。
毛なのか肉なのか骨格なのかわらずw
8月生まれなので、今年、夏毛になってから、次の冬にどうなるか、、、。

でもでも、わかったことは、スゴ~イ腰高だってこと!
腰に合わせて前足が伸びたら、まだ2~3センチくらいは大きくなるのかな。

庭に出しても、まだ藍虎を追い回していて、前回来た時は「サカリかな?」と思ったけど、いつもらしい。
もうそろそろ、畑にでも放せなくなるのは、時間の問題かなぁ。
足上げチッコもまだだけどw

緑龍は、モコモコの身体に、人懐こく神経質なところがまったくないので、ちょっと犬が苦手って人にも人気です。
両親譲りの大らかな性格なので、ずっと銀ちゃんや大ちゃんとも遊べると良いね。



まだまだ、オコチャマで言葉が通じないと思っていた銀ちゃんですが、緑龍と一緒だと「お兄ちゃんになったんだなあ」と思います。
行動に移すかどうかは別問題として、私の言葉が随分と通じているんだな~と、感じました。
遅まきながら、1歳ごろから急激に変わって来たように思います。

今回は、緑龍がしつこいので、おりゅうが珍しく何度か怒っていましたが、そのうち落ち着くのかな。


037-1.jpg

緑龍を送り届けてから、銀ちゃんと散歩に行きましたが、この日は凄く楽な散歩に感じました。

竹と虎犬は、やっぱり似あいますね。
写真だとわかりませんが、食事を減らしたのが1日だけでもお腹が凹みましたw

ああ、でも、銀ちゃん+緑龍の毛じゃなくて良かったわぁ~。
山で誤射されちゃうからねw



明日は、日保・千葉展です。
市川市中山競馬場内市川駐車場で開催されます。
お近くの方、お時間のある方は、遊びに来てくださいね。



モコモコ、コロンコロンにポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(2) | ▲ top
運の良い犬
- 2009/12/11(Fri) -
2009/12/08(火) 18:04

熊兄さんが、ジロ母さんのHPの掲示板に、栃木収容犬の情報をアップしてくれました。
毎日、全国の収容犬情報をチェックして、甲斐犬らしき犬がいるとお知らせしてくれています。
それが、以下の内容でした。


『12月7日に福岡町にて保護されたオスが甲斐犬として宇都宮保健所に収容されています。

  毛色   【  黒茶  】
  首輪   【 革製(茶)】

保管期間は12月10日までです。

詳しくは

ttp://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/eisei/pet/003324.html   』


私は、21時半くらいにその書き込みを見ました。
宇都宮に住んでいたことがあるのですが、福岡町って聞いたことがないので、地図を調べてみます。
宇都宮保健所は、収容犬の写真を載せないので、犬の様子は何もわからないのですが、地図を見ると一山超えた所に知り合いの犬舎がありました。

昔、山で犬が居なくなって帰って来なかったという話を聞いたことがあったので、夜も遅かったのですが電話を入れました。
全頭お家に居て、行方不明の犬は居ないとのこと。
年齢も特徴もわからないけれど、茶色の首輪をしているそうなので、知り合いや仔犬の譲渡先に居なくなった犬がいないか確認して欲しいとお知らせしました。


地図を見ると、収容犬が捕獲されたのは、宇都宮と鹿沼と旧今市の境の森林公園です。
この時私は、写真がないので、野犬が弱って捕獲されたか、山に捨てられた犬じゃないかと想像しました。


2009/12/09(水)

散歩している時に、大ちゃんのお里でも宇都宮の北西部地区に犬を2頭譲渡した話をしていたのを思い出しました。
念のために電話をすると「家から行ったのは、ちゃんと飼ってるし、居るよ」との返事。
「捕獲されたのは、2日前ですよ。2日前も家に居ましたか?期限は明日です。」と、突っ込んで聞くと、「2日前かあ!電話してみる。連絡ありがと!」と急いだ様子で電話を切りました。

昔、千葉に譲渡した犬が保険所に捕獲されて、数時間の差で殺処分されてしまったことがあったって話を、以前聞いたことがありました。
千葉まで探しに行っていたのに、処分に間に合わなくて、遺体を連れて帰って来たそうです。
急いで電話を切ったのは、その時の事を思い出したのだと思います。


2002/12/10(木) 10:19

ジロ母さんから、携帯にメールがありました。
栃木収容犬の写真を載せたので、ジロ母さんの掲示板を見て欲しいとの内容でした。


電話でお話ししたら、若いし、大人しくて良い子らしいと言うのです。
正直、写真を見て、可愛い子だったらどうしよう!と、思いました。
知らなければ心も痛まず、顔を見なければすぐに忘れてしまうこともできます。
何とか出来たかも知れないのにと思いつつ、、、まあ、それでも日々に忙殺されてすぐに忘れてしまうのでしょうが。。。
などと思いながら、その時は外出中だったので、1時間後に戻って写真を確認しました。


4912.jpg
4913.jpg

おびえた様子もなく、カメラを興味深げに見上げる目。
耳も引かず、力のある目は、堂々としていて、この子は虐待されたり放置されたり捨てられたりして、心を痛めている子じゃないって思いました。

外見は、私には純血種の甲斐犬に見えました。

思わず、保健所の担当部署に電話しました。
「とても、大人しい子で撫でて欲しくて寄ってくるような子ですが、それは私の感想であって違うかも知れなし、実際見て欲しい。知っている犬かもしれないので、拘留期限内に是非見に来て欲しい」
4日しか拘留期限もなく写真も載せない保健所ですが、直接の現場担当者は、処分を減らしたいという強い気持ちをお持ちでした。
見に行ったら、「ああそうですか、知らない犬ですね」とは帰って来れないです。
それに、拘留期限って、あと半日じゃないですか!
見て、この犬知ってますってことは、写真を見る限りないわけだし。。。

一応ですが、、、と、念を押して、収容犬を譲渡してもらう条件などを確認して、あと1日は収容してくれるように頼んでから電話を切りました。

一時預かりしてくれる心当たりに電話しました。
1月末くらいまでなら、OKと。

どうにも頭を離れず、何度か写真を見ました。
成犬でも、比較的若くて飼いやすい子なら、里親さんを探すことはできます。
散歩とか十分に出来ない環境かもしれないけど、大人しい子なら何とかなるかも。殺されるよりは良いかも。。。


16:45

家からの所要時間を考えると、ギリギリになって宇都宮保健所に向かってしまいました。
ところが、近くまで行っても場所がわからない(汗
電話をしたら、担当者の方が「そこに居てください。迎えに行きます」と走って来てくれました。

17:00

すぐに案内してくれて、見せてくれました。この子です。
驚きました。この子、、、知ってるかも。。。

この子は見たことがありませんが、顔や体の特徴で、どこの犬舎の生まれか心当たりがあったのです。

檻から出して貰って写真を撮らせてもらいました。

008_20091211152431.jpg

写真って、怖いですね。
良く顔が映っているのに、印象がこの写真も違います。
この写真を見ても、私は、知らない犬って思ったでしょう。

002-1_20091211152817.jpg

011-1_20091211152848.jpg

20枚程撮った中で、この犬の特徴が出ているのはこの2枚でしたが、フラッシュをたいているため色が違います。
実際の毛色はもっと黒いです。
それに、なぜかこの子は写真に撮ると、若く生き生きしてみえるのですが、実際は最初は老犬かと思ったほどおっとりとしていて動きがゆったりです。
それに、捕獲された時にボロボロだったという情報が、ジロ母さんの掲示板にあったので、放浪が長いのかと思いましたが、被毛は汚れて汚いのに痩せてもやつれてもいませんでした。
檻から出すと、優しい係の人が大好きなようで「撫でて撫でて」と寄りかかっていました。

収容所なのに、尻尾も上がって振っています。
歯を見ようとすると、何となくは嫌がりましたが見せてくれて、まだ全然汚れていなくて、外見の落ち着いた感じよりも若いです。

この子なら、もしも私の心当たりの犬舎から出た子じゃなくて、ただの「他犬の空似」の犬違いだとしても、里親は見つけられると思いました。


家に戻って、心当たりの犬舎さんに電話をしました。
実は8日の日にすでに電話をした、一山超えた隣町の犬舎さんです。
最近一番交配に使っているオスに似ているから、近くにあげた仔犬をもう1度確認して欲しい。
歳は正直わからないけれど、1~5歳くらいじゃないかと思う。
10歳を超える事はないと伝えました。

「近所でも居なくなった話は聞かないし、うちの子は大人しいのは居ないし、、」

実際、だれでも触れそな大人しい人慣れした気質じゃないのは確かです。
どちらかと言うと、山犬か?と思うような身体能力の高い甲斐犬らしい甲斐犬の犬舎さんです。

話しながら、写真を見ていて、え!!!!と思いました。

004-1_20091211153934.jpg

この首をあげた写真。
首輪は茶色じゃない!

元は青い首輪が色が剥げて茶色になっていたのを、保健所で見逃して茶色の首輪として情報を出したのでした。
私も、実際に見た時にはこげ茶色の革の首輪と思い、留め金の所に残っている青い色に気づきませんでした。

「茶色じゃなくて、青い首輪。」と伝えました。

犬舎のご主人が、私がしつこく似てると言うので、翌日、見に行ってくれると言ってくれました。

そしてジロ母さんの掲示板に書き込みをしている時に、電話がありました。
私が似ていると思った犬の子供じゃなくて、兄弟犬に行方不明が居ると…古い青い首輪をしていたと。


殺処分されるたくさんの犬の中の、たった1頭ですが、命が繋がりました。

この子がすぐにご主人の頭に浮かばなかったのは、毛色のせいだと思います。
実際見ると、今は殆ど黒虎に見えるのですが、仔犬の時は赤虎だったそうで、成犬になってから見ていないのだそうです。
私が似ていると思った犬も鮮やかな赤虎です。


兎にも角にも、この子は助かりました。

ジロ母さんから、写真が手に入った経緯をお聞きしました。
熊兄さんが、この子が気になるからと、埼玉で迷子犬を探しているダイスケママに写真を見せて貰うように勧めたそうです。
ダイスケママは、特徴を聞いただけで別犬とは思いましたが、保健所から写真を貰ってくれたそうです。

もし、熊兄さんがいつも写真のない宇都宮保健所なのに、特にこの子を気にかけなかったら・・・
もし、ダイスケママが自分の犬と違うと知って写真をもらわなかったら・・・
もし、ジロ母さんが、掲示板に写真をアップしても、私に知らせて貰わず、私が期限内に見逃していたら・・・
もし、保健所の係の方が、犬を見ることを熱心に勧めていなかったら・・・
もし、犬舎さんが毛色に拘って、兄弟犬まで確認していなかったら・・・
もし、首輪の色が青だとわかる写真を撮っていなかったら・・・

そんな幸運の積み重ねで、この子は助かりました。
逆にいえば、飼い主さんが保健所に連絡しない場合、相当な強運の元に生まれない限りは、家に戻れる事はないということです。


2009/12/11 9時すぎ 

ご家族揃ってお迎えが来たそうです。
夕べの話だと、今日は飼い主さんは都合で迎えに行けないと言うので、犬舎さんが引きとりに行った時は、連れて帰った後だったそうです。


この飼い主さんも、居なくなった犬を探してはいたそうです。
夕方、農園に放してやるそうで、以前にもハクビシンを追って1晩帰って来なかったことはあったそうです。
飼い主さんと直接お話しをしていないので、詳細はわかりませんが、地図で見ると、家から捕獲された場所は2~3キロあります。
家の近隣を探したり、農園にオヤツを置いたりしていたそうです。


被毛が汚れていた事、首輪が古かったことだけで、可愛がっていなかったということはできず、あの子の性格、様子を見ると穏やかにストレスフリーな状況なので、とても幸せだったのだと思います。

私としては、飼い主さんに言いたい事はあるのですが、お里の大将が無駄足にも関らずとても喜んで連絡をくれたことだし、家族総出で迎えに行ったそうだし、何よりもワンが家に帰れたことなので、良かった良かった!ってことにしましょう。

保健所の係の方には、お礼方々、写真のアップのリクエストをしておきました。


雄犬は、ヒートの牝の臭いで1週間くらい家出することがあると言います。
それに慣れると、1晩くらい帰らなくても慣れてしまいます。
3日帰らなくても、保健所に届けを出さず近くを探して帰りを待つことも多かろうと思います。

でも、1週間後には手遅れもあります。
万が一、戻らない場合はご連絡を!


そうそう、それと、室内飼いで首輪を外した状態で居なくなった場合、野犬に見える甲斐犬は、棒で叩かれるような危険もあるのでご注意を。
もしも見つかっても、人を威嚇する犬になってしまいますから。


本日、暗い話題で恐縮ですが、実話なので書きました。


殺処分ゼロを目指して成功してる熊本にポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(26) | ▲ top
西那須野の迷子犬 続き
- 2009/12/03(Thu) -
008-1_20091203074349.jpg

おりゅうや大ちゃん、藍虎の様子から、みんなと一緒に運動させても大丈夫だろうと、昨日は勢揃いしているランに迷子ちゃんを投入。

あら、、、ダメかしら(汗

袋叩きってわけじゃありませんが、みんなで殺到。
銀ちゃんが追い回して転がしてマウンティングしまくり。

おりゅうは、子供達がワーワーやっているのを離れて見ています。


025_20091203074937.jpg

番頭さんが、山仕事に行くのに大ちゃんを連れて行くと、迎えに来ました。
大ちゃんは後ろ髪を引かれながらも帰って行きました。

でも、迷子ちゃん、銀ちゃんの攻撃に尻尾を下げて逃げるものの、逃げながらも藍虎に絡み出しました。
銀ちゃんは、扱いが乱暴だけど遊んでいるだけだってわかったのでしょうね。


030_20091203075356.jpg

藍虎にマインティングしようとする迷子ちゃんに、マウンティングする銀ちゃん^^

ずっと、繰り返しやってました。
藍虎は、やっぱり遊びやすいのでしょうねw


013-1_20091203075523.jpg

りくにもマウンティングしようとした途端に、「指導!」されてしまった迷子ちゃん^^
小さくて普段は大人しいけど、りくは甘くないですから~。



034_20091203075901.jpg

「気にするなよ。俺なんか、ぜ~んぜん気にしないよ~。」と、慰める銀ちゃんw

銀ちゃんは、他犬には寛容です^^


016_20091203080309.jpg

迷子ちゃんは、おやつも皆と一緒に貰いに来ます。
目の前に割り込んできても、おりゅうは怒りません。

おりゅうは、家に来た子犬には寛容です^^


017_20091203080532.jpg

迷子ちゃんは、お座りはできます。
待てはできないようです。


043_20091203080626.jpg

ボールの取り合いで追いかけっこを始めました。

走る走る走る!


050_20091203080828.jpg

「オヤツください!ゼイゼイゼイ…」

「銀ちゃんに付き合っていると疲れちゃうから、もう帰ろうねw」



昨日は、夕方、捕獲された場所近くを迷子ちゃん任せで歩いてみました。
犬のいるお家にばかり寄り道します。
その中で1件だけ、2週間くらい前に迷子ちゃんが犬の所に来たのを見かけたというお宅がありました。
置き餌をしてあったのです。

でも、この地区では、夕方なのに散歩する人を見かけません。
たまたまなのかと思いましたが、犬がワイヤーで庭を動けるようにしておいて、滅多に散歩はしないってパターンが多いようです。
だから、どこの家でどんな犬を飼っているかわからないようです。

余程変わった犬や、昨日のお宅のように放し飼いにしてるとかって有名じゃない限り、犬好きの人が友人の犬を知っているって範囲でしか情報が得られません。
熱心に声掛けをしてくださったスタンドさんもありましたが、何の情報も得られずでした。

肝心の迷子ちゃんは、前をスタスタと歩きますが、私を振り向きつつ「こっち行く?」って感じで、家に帰るような感じはないです。
遠くから来て、千本松牧場辺りに捨てられたのかなあ…などとも頭を過りました。
女性に可愛がられていた感じの迷子ちゃんですが、中には家族の反対で大きくなって来てから捨てる家もあるとか。。。
探しているなら、配ったポスターなどから、情報があがってくるのを祈るのみです。


今朝の迷子ちゃんは、大ちゃんが出勤してくると、クウクウと呼び合っていました。
大ちゃんは、ワンワンですが^^

この子は、元の家に帰れなくても、新しい家で可愛がって貰える子だと思います。
顔も可愛いですが、性格も可愛いです。

首輪に名札が付いているという情報があって、名前の確認のために保護センターに電話したのですが、それよりも前に保護された時の写真が気になっていました。
尻尾を丸めて立っている写真ともう1枚座っている写真。
尻尾を振っていました。

名札には名前が書いていないという事でしたが、お話から、やはり係の人も何とかしてやりたいと思うような性格の子のようでした。
この子の命を繋いだのは、名前が書いていなかった白紙の名札と、人が大好きな性格でした。


収容されていた嫌な出来事は早く忘れて、幸せになってね♪




引き続き情報をお待ちしています。ランキングで目を引くようにポチお願いしますね。
にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ
にほんブログ村


この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(10) | ▲ top
| メイン | 次ページ