おりゅうの尻尾
- 2008/09/30(Tue) -
P1000109.jpg

雷が直撃した時と、私に本気で叱られそうな時は下がる尻尾も、あとは滅多に下がりません。
この写真は7月のものですが、この時もおりゅうは凛々しく立っているように見えます。


P1000114.jpg

ここはテレビの撮影のために作られたセット?のヤナです。
だから、実用しているものよりも竹が細くて、りくの足は落っこちそう。
おりゅうは指がグワっと開くので竹を掴んでいます。


P1000115.jpg

どの写真を見てもりくの尻尾が半下がりなのに、おりゅうの尻尾はビクともしません。

でも、、、、おりゅうは階段を降りることも上がることもできなくて、抱っこだったんですw
最初の写真は下に降りられない情けないおりゅうを撮ったはずだったんですが、どんなにリード引いても降りられないくせに、カメラ向けたら涼しい顔してました。
へっぴり腰のりくは降りるのは嫌がりましたが、上がる時はちゃんと自分で階段を登りました。

おりゅうもおりゅうの尻尾も見栄っ張りなんです。

スポンサーサイト
この記事のURL | おりゅう物語 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
食いちぎり
- 2008/09/29(Mon) -
P1030092.jpg
今日はいつもお願いしてる知り合いのおばあちゃんが草むしりに来てくれました。
藍虎は来客が嬉しくて、釜を持つ手元に絡むので、已む無くナイロンの紐で縛っておきました。
おりゅうが子供の時、まだ柵がない頃に使っていたものです。
自由を奪われたことのない藍虎はりくといつものように走って行っては、ひっくり返ってました。


P1030095.jpg

あっという間に、紐を食いちぎってしまいました。
藍虎ではなくて、りくです。


P1030096.jpg

リードで縛りなおしましたが、やはり。。。
これもりくです。
お世話係、やりすぎ!w

どうせ縛っておくならと、藍虎をお風呂に入れました。
ムクムクだから洗うと随分とやせちゃうのねぇ。
りくなんか殆ど変らないのに。


P1030100.jpg

乾くまで、別のリードで縛っておきましたが、すぐに食いちぎられそうでした。
りくの首輪を借りたのですが、やっぱり首輪の方が可愛いですね。
注文した藍虎の首輪が届くのが楽しみ。


P1030109.jpg

りくは藍虎にはとても優しいのだけれど、私が藍虎が家にあがらないようにと繰り返し教えているので、藍虎が家にあがるとちゃんと叱ります。
そこはりくも譲らないところみたいです。
でも、藍虎は喜んで駆け回っちゃうんですが。w

ちゃっかり者の藍虎は、きょうはおりゅうが毛布の上で寝ていたので、小屋に入ってガーガー寝ていました。
足を見るとりくよりは大きくなりそうですね








この記事のURL | うちの子物語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お客様
- 2008/09/28(Sun) -
P1020192-3.jpg
おりゅう&りくには時々、お客様が遊びに来ます。
今日は近所の小学生が、遊びに来ました。
丁度、雨があがって散歩に出かける所だったので、一緒に行くことにしました。

この親子、毛色と毛質以外はわりと似てないかもって思いました。


P1020195.jpg
「キャー、可愛い~!」っていう女子学生の声にはすぐに反応して、突進します。
本当にパット見で可愛いのかな~って、言われるたびに疑問に思いますが、いつもそう言われるので、きっと可愛いのでしょう。
単なる条件反射の口癖のような気もしますがw


1-1.jpg
近所の公園に遊びに行きました。

2.jpg
ブランコでも遊びました。

P1020205.jpg
トンネルになってる遊具に誘われましたが、おりゅうもここは入って行けませんでした。
リード持ってくれているのは、子供のおばあちゃんです。


P1020204.jpg
もうちょっと小さい子とおばあちゃんが遊びに来て、近所の小学生が、「大人しいから触ってごらん」って誘ってます。

おりゅうとりくは近所では人気者で、しょっちゅうお客さんが来ます。
大人だったり子供だったり。
とても嬉しいことです。
でも、子供だけってことはまずないです。

こんな田舎でも保護者と一緒じゃないと、子供同士では遊べないご時勢になったのかと、ちょっと寂しくもありました。


P1020206-2.jpg

ブランコ遊びの頃から私の顔ばかり見ていたりくも、随分と頑張って子供達と遊んでくれたので、子供達と別れてから一番近い川原で放してやりました。

夕日と虹が奇麗でした。大人になったら、甲斐犬飼ってね!w
この記事のURL | うちの子物語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
場所取り
- 2008/09/26(Fri) -
P1010053.jpg
サイズを間違えて、買ってしまった車用のキャリーです。
藍虎が物置の中で使えるようにと思ったのですが。
返品の送料が3500円とは驚きました。


P1030013.jpg
藍虎が家にいる間は、おりゅう&りくも外に居させようと決めたのですが、まず誰が何処を居場所にするのか様子見です。

キャリーをただ置いただけじゃ、2日間誰も入ってくれないので、今日は涼しかったので、モコモコのベット?を入れてみました。
藍虎とりくが興味を示しました。
藍虎、早い!


P1030012.jpg
人が良いというか、「競争」になるといつも1歩出遅れるりくは、又しても軒下の毛布の上です。
ここだとりくは、ちゃんと眠れないので、藍虎が帰ると爆睡します。
おりゅうは、当然のごとく犬小屋の毛布の上へ。でも、昨日はは藍虎も一緒に入ってました。


P1030014.jpg
おりゅうと藍虎が寝てしまうと、おっとりと育ったりくがやっぱり可愛いので、そーっと窓を開けて家に入れてやりました。
今は使っていないこの椅子が、昼のりくのお気に入りです。夜はおりゅうが寝ていることも多いです。


P1030017.jpg
暫くして見に行くと、やっぱりモコモコのベットは藍虎にはまだ暑いのか、毛布の上で寝ていました。
私の立てたわずかな物音に足は閉じましたが、最初に見た時は見事な大の字で、熟睡していました。

すっかり、ここに慣れました。
スプーン1杯の缶フードを食べるのが1度にはやっとなほど弱ってしまって、慌ててここに連れて来た頃の藍虎は、もう遠い昔のことのようです。


P1030060.jpg

車で移動する時も、エアコンで涼しくて、安定して寝られる助手席の足元をさっさと陣取ります。
やっぱり、6人兄弟でオッパイ争奪戦に一人勝ちしていただけのことはあります!
私が心配してやらなくても、自分で居場所を作る子です。


P1030035.jpg
藍虎、2ヶ月と10日、可愛くも逞しくなりました。

P1030038.jpg
りく、来月の11日で1歳。家族をとても思いやる優しい子になりました。






この記事のURL | うちの子物語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
優れものです
- 2008/09/25(Thu) -
P1020957.jpg
遊歩道から降りてきて、裏庭あたりで遊んでいましたが、おりゅうは墓地の方が気になって、ジリジリとそちらの方に寄って行き、隙あらば!って空気がプンプン。
彼岸でお供え物がたくさんあるってことを知っている感じです。
食いしん坊のおりゅうは食べてから叱られるなら、食べ得!と思っているふしがあって危ないので、繋いでしまいました。

りくと藍虎はもう少し遊ばせてやりたかったからです。


P1020958.jpg
最近買った2頭用のリードで、これが中々の優れものです。
手元から2つにリードが分かれているので、1頭ずつコントロールしやすいのと、リードの長さを細かくオーダーできます。
もちろん、ぐるぐる巻きにはならないです。
一番気に入ったのが、持ち手のところが外せるので、係留するのにすごく便利。


P1020961-1.jpg
でも、りくは繋がれてしまったおりゅうの側を離れて遊ぼうとしません。
呼んでも橋の向こうに戻ったまま、山の方にはもう来ません。


P1020965.jpg
りくは、お母さんのおりゅうにベッタリって子ではないのに。。。
ましておりゅうは、りくに何かあればすっ飛んで行くし、シーズンが来た時は、全部舐めてやってたような良い母親だけれど、普段は自分の快適さを追及してるようなクールさがあります。
そんなにおりゅうを気遣わなくても良いのに。

毎日家中好き勝手な所で寝ているおりゅうは、今夜は涼しいせいか軒下の毛布の上で寝ています。
りくはどんなに暑くても、生まれた時からずっと私の部屋で寝ます。
真冬になると、おりゅうが私の部屋に来て一番快適な場所取っちゃうのに。
りくは本当に優しい子です。

りくの性格は一人っ子で育ったせいも多分にありそうですが、この多頭用リードと同じくらい優れものです。


P1030009.jpg

帰りに信号で待っている時に、りくが突然吠え出しました。
何に吠えているのか、わからず、周りの人もキョロキョロ。
視線の先を見ると、夕方の光で長く伸びた私の影w

誉めたばかりなのに、うちの子はどこか抜けています。




字を大きくしてみましたが、読みにくい気もしますね。







この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
もう1匹の家族
- 2008/09/24(Wed) -
P1000600.jpg
我が家には猫もいます。
3年くらい前、まだおりゅうだけだった頃は、おりゅうは人にも犬にも遊んで欲しくて、、、。
でも、おりゅうと、おりゅうが満足するように遊んでくれる犬は居ませんでした。
散歩中に捨てられた子猫を見つけたおりゅうは、「連れて帰るんだ!」と首を咥えて離しませんでした。
ちょうど、ネコでも良いから誰かおりゅうと遊んでやって頂戴!って思うくらい遊び相手を欲しがっていたので、連れて帰ることにしました。
でも、まだ目が半分やっと開いたばかりくらいの猫は、毛も生え揃っていなくて、地肌が見えてピンク色。
拾ったのは12月で、この辺はもう寒い時期でした。

家に連れ帰ったおりゅうは、汚れた身体をベロベロと嘗め回して奇麗にしようと、抱え込んだまま離しません。
びっしょり濡れて、風邪をひきそうでした。

どうせ育たないと薬局でも言われましたが、ドックミルクを買って、りゅう爺ちゃんが数時間おきにミルクやって育てました。
子供の我々と遊んでくれたこともないような我が父が、子猫に暖かいミルクをやるのに、朝の4時、5時に起きてはミルク作りしてました。

父がつけた名前が、牛模様そのまんま「ベコ」

P1010266.jpg
リクが生まれるまでは、いつもベコと遊んでいました。
子供を産ませて、2頭にしてやろうって強く思ったのは、その頃ですね。

リクは家で生まれたので、何の抵抗もなくベコとは仲良しです。
ベコはおりゅう&リクの仲間に入りたくて、目の前をウロウロして追いかけっこしようって誘います。

藍虎が家に来てからは、臆病なベコは暫くは近づきませんでしたが、2週間たったころ初対面を果たしました。
藍虎は遠巻きにして興味津々です。
でも、まだ追いかけません。

P1000820.jpg
それから5日後に柵のところでガチャガチャと藍虎が騒いでいるので、よく見ると、外にベコがいました。

P1020160.jpg
玄関で偶然、接近遭遇したり!
少しずつ距離が縮まってきました。

P1020821.jpg
時々、藍虎の前に現れては、様子を見ています。
犬以上に警戒心が強くて、家の外では父にしか寄り付かないような猫ですが、ベコは我が家にいるワンコとはみんな仲良しになりたいみたいです。

早く一緒に遊べるようになると良いね!

この記事のURL | 藍虎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
走る!
- 2008/09/23(Tue) -
GetAttachment.jpg

今日は彼岸の中日で、川も人がいっぱいだけど、お寺はもっといっぱいで、涼しくて遊べる場所はなかな~と知恵を絞ったら、ありました。
私が物心着いた時には親戚づきあいをしていた、小父さんの家。
大きな農家作りで、豊富な沢水が流れている裏山があります。
筍掘りやら山菜採りでおりゅうは何度も行って、知っている場所です。

でも、裏山に入って遊ぼうと、いくら呼んでもおりゅうが来ないと思ったら、「ドボン」と水の音が。
家の後ろにある池で、鯉を追い回しています。
みんなで裏山で遊んで帰って来ても、まだ執念深く鯉を捕まえようと必死です。
家はおりゅうがかき回して、泥水のよう。
上がると、冷たい沢水に長く浸かっていたので、ブルブル震えてましたw
お寺の鯉は狙わないのにねぇ。

カメラを忘れて携帯で撮ったので、不鮮明ですが、池の中の鯉を狙ってる雰囲気は伝わるでしょうかw

P1020887.jpg

3時半ごろにお寺の裏山に行きました。
夕方の散歩にはちょっと早いのだけれど、今日はまだ藍虎がいるので、でかけました。
登るのだけじゃなくて、駆け下りるのも速くなりました。

P1020891.jpg
帰ってきて庭に入れると、すぐに走って遊びだしました。
足りなかったのでしょうか。

随分とお腹がすいたようで、以前におりゅうかリクが埋めておいた骨を藍虎が掘り出してきて食べようとするので、早ご飯にしました。

P1020920.jpg
ご飯休憩をすると、また暴れだしたので、南側にある空き地に放してやりました。
もう採らないでそのままになって腐りかけているカボチャを奪い合って走ります。
ラグビーみたいw
半分に割れたのを、また奪い合います。
もう5時ごろなので、写真はフラッシュでも、ぶれちゃいますね。

P1020928.jpg

最後は藍虎が勝利して、見せびらかしながら食べていました。
さっき、ご飯食べたろうにw

おりゅう&リクは暗黙の了解で、食べているのもには手出ししません。
藍虎に出されたら怒りますけど、それもおりゅう、リク、それぞれ1度だけでした。

生のカボチャは美味しいのでしょうかね。







この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平和な日
- 2008/09/22(Mon) -
P1020689-1.jpg
今日こそは、何もない平和な日でした。
昨日は色々ありすぎて、最後は心配しすぎてブログの更新もする気になれませんでした。
朝は川原にトイレ散歩に行きました。
最近はリクが足が速くなって、おりゅうと変らないです。
ちょっと前足も長くなりましたw

P1020848.jpg
川原で走っていて、その勢いそのままに止まらなきゃならない所で止まらなくて、おりゅうはりゅうママに叱られました。
雷でもない限り下がらないおりゅうの尻尾ですが、本気で怒られそうだ!と思ったのか下がってます。
でも、一瞬でしたw

P1020843.jpg
今日は肌寒いくらいだったからか、一番人気は毛布を入れた犬小屋でした。
間口が広くて中も広くて、住み心地は悪そうなのに、家に戻ると、ダーーーーっと走っていって、先着順w
車に積むキャリーケースも置いて餌で釣りましたが、不人気で誰も利用せずでした。

P1020853.jpg
午前中まで雨が残っていたので、山はすべると思い、昼休みの散歩で思いついたのは公園です。
雨上がりの平日の昼間には誰も居ないんじゃないかと、藍虎の街中散歩をかねてテクテク歩いて行きました。
やっぱり、誰も居ません。都会の公園だと犬の散歩は禁止されていると思いますが、ここは『フンの始末は飼い主の責任です』ってあります。OKってことですね。

P1020852.jpg
古くからある公園なので大きな木がたくさんあります。

P1020866.jpg

藤棚の下が砂場になっています。
山の上にある公園なので、小川がないのだけが欠点です。

P1020868.jpg
穴を掘って遊んでいるのかと思ったら、走りすぎて熱くなった身体を冷やしたかったみたいです。
おりゅう、保護色w

1日何事もなく終って良かった!









この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(1) | TB(0) | ▲ top
昨日は1日が長かったです
- 2008/09/22(Mon) -
P1020454.jpg
朝は藍虎のリハビリを兼ねて街中を散歩しました。
土日だけやっている鮎の塩焼きの所まで来ると、おりゅうとリクは直角に曲がって、寄り道します。
鮎の炭火塩焼きで1匹200円。安いでしょ!
オチビが増えたのか~!って、趣味でやってる?犬好きの鮎屋さんは、3匹塩抜きで焼いてくれました。

P1020813.jpg
吠える犬に3頭ほど会いましたが、藍虎は平気でした。繋いであったり、リードがついていたりだからでしょうか。
でも、この間怖い思いをした家の道を挟んだ歩道を歩いてみたけど、これまた大丈夫。
立ち直り、早いw

P1020756.jpg
昼は、彼岸が近いのでお寺の裏山も人が散歩することが多いかもしれないので、山の遊歩道まで上がって遊びました。
すぐ上はヒノキの山で、ここは下草が生えなくて、崖が多いです。

土蜂でしょうか? 土の中から出てきたところを藍虎がパクリ?
暫く鼻を前足で擦っていたので、刺されたのかと思いましたが、少し過ぎたら大丈夫っぽかったです。

危ない危ない。

P1020780.jpg
「そこに崖があるからさ!」
何が楽しいんだか、山を走ります。
藍虎も負けずについて行きますが、、、、。

P1020801.jpg
やっぱり子供なので疲れます。
裏山まで降りてきた所で、水を飲んでしばし休憩。

P1020831.jpg
藍虎パパは出かけるので、夕方の迎えになるってことだったので、午後、もう1度でかけました。
キノコ採りです。
これはムラサキシメジってキノコ。
3頭はまた山だ~ってはしゃいでました。

P1020836.jpg
でも、1日が長かったのはそれからで、いつもなら4時ごろには迎えに来るのに、暗くなっても連絡もありませんし、電話も通じません。
暗くなると大雨が降りだして、リクが家に入りたくてキュンと鳴き始めるし、暗い中藍虎だけ外に置くのは可哀相だし。
7時を過ぎても連絡がつかない藍虎パパがどうしてしまったのかも心配でした。
藍虎は明るいうちはパパが迎えに来ても帰りたがりませんが、暗くなって寝る所はやっぱり自宅だと思っているようで、不安げでした。
リクも家には入れましたが、廊下で藍虎が見えるところで寝ています。
犬小屋に毛布を入れてやると9時を過ぎて藍虎もやっと寝ました。

P1020837.jpg
暗い中家まで様子を見に行くことは、あの道では危険なので、已む無くお隣さんに様子を見てもらうことにしました。
なんと、家で寝てました。
夕方に山道でスリップして自爆事故起こしてしまって、打ち身があったらしく、ちょっと寝るつもりがそのまま寝入ってしまったってことでした。
フロントガラスが割れてもおかしくないような大破らしかったですが、怪我jはたいしたことなくて良かったです。

パパが朝5時に出勤してきて、藍虎に声をかけました。
睡眠不足だったのか安心したのか、7時ごろまで寝ていました。ヘソ天でw
ずっと廊下で寝ていたリクも私の所に来て、一緒に寝てました。

犬を乗せている時に大事故でも起こしたら、それこそパニックで居なくなりそうだなって思いました。
昨日、丁度、車用のキャリーが届きました。


この記事のURL | 藍虎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
藍虎の家ってやっぱりスゴイ
- 2008/09/20(Sat) -
P1020710.jpg
今日は藍虎パパがお休みなので、藍虎も来ません。
いつもなら5時半を過ぎても藍虎が来ないと、私の様子でも「今日は来ないんだ~」って分かるリクなのですが、今日はちょっと様子が違いました。
来ないのはわかったけれど、それでも藍虎を待ってる風で、私が1階に下りていくと、階段を駆け下りて廊下から外を見て「藍虎来る?」って顔をしました。
昨日のこともあったので、今朝は藍虎の家に散歩に行くことにしました。

けど、夕べの雨で路肩があちこち緩んでたんですよねぇ。

写真撮った時は気づきませんでしたが、例によって左の土手でペッタリ休憩中のは藍虎。

P1020717.jpg
藍虎は予期せぬ来客に大はしゃぎで、おりゅう&リクも変った物に興味津々。

藍虎が口に入れてるの、、、、蛇の抜け殻でした^^

P1020733.jpg
藍虎は家ではぬいぐるみと遊んでいるそうで、マウンティングしてました^^

P1020721.jpg
おりゅう&リクもその辺の崖を登ったりして、楽しそうでした。

P1020727-1.jpg
でも、今日もやっちゃってたんですよね~。
藍虎の家まであと300mくらいの所で、緩んだ路肩にタイヤを取られて、ズルズル~っと横滑り。
道路から脱輪してしまいました。
押せば簡単に出るかなって思っていたら、下手に動かすと地盤が緩くて崩れちゃって横転しちゃうからって、離れているけど一応隣の家から森林切り出し用のウインチのついた機械を借りてきてくれました。
「この道は慣れるまでみんな、2,、3回はやるんだよ~。懲りずに遊びに来てよ」って笑われました。
いつも行くお寺の世話役さんをやっているってことで、家の父のことも良く知っているお家でした。
また、ご迷惑をおかけしてしまいました。

P1020739.jpg
帰る途中、山林に入った最初の家で車に乗ってる我が家のワンを見つけて、犬が吠えてました。
3頭、放し飼いです。
藍虎がシーズン入りしても、家に来てれば私が見逃さないので大丈夫だけどなぁ~。
どっちにしても、檻か何か必要だなって思いました。
それとも、婿が良いのかしらねw






この記事のURL | 藍虎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっぱり、おりゅうは良い女です!
- 2008/09/19(Fri) -
P1000080-1.jpg
今日こそは何もないかと思ったら、ありました!

今朝の散歩の時、昨日道路を渡って行く藍虎を見たって教えてくれたお宅の方を回って、窓から顔を出したご主人にちょっと挨拶しました。
ここのお宅も犬を飼っているのですが、評判のガウガウの♂犬です。
私達が歩道に居てご主人と話していても庭の一番奥で激しく吠えています。
お礼を言って、そのお宅から川原の方に向かいました。

その時でした。
その♂犬が身体を斜めにして、思いっきり引っ張っていた綱が切れました。
奥行きがある庭を吠えながら、私達目掛けて突進してきます。
咄嗟に藍虎を抱き上げました。
実際はほんの短い時間だったと思いますが、このままならおりゅうと喧嘩になると思い、リードを引いておりゅうの自由を奪うと怪我させるって思いました。
でも、リードを放せば道路が近いし、私が先に蹴り上げても怪我しそうだし、兎に角、リードを緩めておりゅうに任せようって決めました。
牙むいて口の端から泡みたいな白いものまで見えるくらいに走り込んで来ました。

最近、ちょっと血の気の多いおりゅうなので、当然応戦すると思っていましたが。
私達の一番前で仁王立ちしたまま動きません。吠えもしなければ唸りもしない。
わずかに背中の毛が立っている感じですが、総立ちではありません。
スクっと立っている感じ。私からは顔は見えませんでしたが、後姿にみなぎる気迫だけは感じました。

藍虎が怖がって私の腕の中でキャンキャンと鳴きます。
突進してきた♂犬は吠えながら横に回り込みました。
おりゅうはその正面に立つだけで、応戦しません。
結局、その犬は私達の周りを回るように吠え立てますが、いくら回っても私達を守るように正面に立つおりゅうにそれ以上は近づかないでいるうちに飼い主さんが、慌てて走ってきて押さえてくれました。
勿論、ホッとしましたが、それ以上におりゅうの取った態度に驚きました。
♀一人と3頭に泡を飛ばすほど吠えるのですから、臆病な♂犬には違いありませんが、おりゅう、そうするんだ~と妙に感心してしまいました。
話に聞く甲斐犬みたいだ!と嬉しくなりました。

その時リクはどうしていたのか、見る余裕はありませんでしたが、リードを引いて逃げようとしたりはしていないので、観戦していたのでしょうか。。。
その犬が取り押さえられると、私の腕に前足を掛けて、まだキャンキャンと鳴いている藍虎を気遣って鼻を押し付けるようにしていました。
藍虎だから大丈夫と思いつつもトラウマにならなければ良いけどって思います。

写真は勿論、今日のものではありません。こんな顔してたのでしょうかね。

P1020682.jpg
それから川原に行きました。
藍虎も気を取り直したのか大好きな水に入って、リクと遊んでいました。
けど、運が悪いというか、何でこうも作った話のように重なるのでしょうか。
リクと仲良しのチビが対岸の道路に居ましたが、川で遊んでいるリクを見つけて、川を渡ってきました。
藍虎は川から上がってきて、私の足に縋ります。
さっきのことが思い出されたのでしょう。
チビは大人しい犬で、まだ吠えたのを聞いたことがないです。
おりゅうは嫌いらしく、いつも追い払いますが、へこたれない温和な犬です。
それでも、チビが近づくと藍虎は私の首に手を巻きつけるようにしがみついて、キュンと鳴きます。

飼い主さんが来て、泥だらけの藍虎を抱っこしてくれて「チビは大丈夫だからね」ってなだめてくれました。
でも、今日の藍虎は弱虫の女の子になってしまっていて、最初に藍虎パパの家に行った時みたいに、私に手を伸ばして抱きつこうとします。

P1020695.jpg

チビの飼い主さんが気を使って、早々に帰っていった後、トイレを済ませて家に戻りました。

この場所は狭い道路も行き止まりになっているので、稲刈りが終れば広いドックランになります。
もうちょっとです。

P1020702.jpg
いつもお昼休みにはお寺の裏山にでかけるのですが、今日はやめてうちの一番南側にある梅や柿の木がある空き地で遊ばせようと思いました。
木戸を開けると一番先に出ようとする藍虎が、おりゅうとリクが出て行っても毛布の上に座ったまま動きません。
呼んでも出てきません。
ちょっとリハビリが必要だけれど、怖いもの知らずだった藍虎が良い具合に警戒心持ってくれるように上手く誘導したいって考えました。
すっかり、「愛子」になってしまった藍虎を抱いて表に出して、励ましながら南の空き地まで行きました。

そうしたら、おりゅうは臆病になってしまった藍虎を、ここに最初に来た時のように寝たままお腹の上に乗せて遊ばせます。
ここのところ、弾けてた感じのおりゅうでしたが、やっぱり「おりゅう」は「おりゅう」でした。
いつの間にか何とも頼りになるオッカサンになっていました。

今日のおりゅうが嬉しかったので、いっぱい誉めてあげて、おやつに牛のあばら骨を半分あげました。
藍虎はしばらく躊躇していましたが、りゅうママの特製ご飯を平らげて帰っていきました。
おりゅう&リク&りゅうママがついているから、きっと藍虎は大丈夫!強くて優しい子になるって信じてます。
おっと、本当は5時半の出勤なのに、5時前に藍虎を連れて来て、30分駐車場で時間を潰している寡黙だけど優しい藍虎パパもついています。

でも、何で毎日毎日色々あるのだか。。。ブログのネタには困りません。













この記事のURL | うちの子物語 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
疲れました!
- 2008/09/18(Thu) -
P1000992.jpg
今日は昼から雨の予報で朝は霧雨程度だったので、散々庭で暴れた後だし、いつのも川原じゃなく、一番近い川原にトイレ散歩に行きました。
リードを外すのにお座りをさせようとしますが、何故かリクが座りません。
強く言うと警戒した様子で、益々座る様子がありません。

思えば、リクはきちんと「待て」も教えたことがないのです。
いつの間にか覚えて、呼び戻しも、おりゅうを呼んでもリクが先に帰ってきます。
一度、お座り!と言ったからには、ここは座らせないと!と、おりゅうと藍虎をフリーにしてリクにやらせます。
何とか座って、誉めてやってリクを放すと、その辺に居たはずのおりゅうと藍虎が居ません。

ふと見ると、おりゅうが土手をあがって道路の路肩に居ます。

P1020639.jpg
来たばかりなのに、雨の嫌いなおりゅうは「オシッコしたから、もう帰りたい!」ってアピールかと思い、おりゅうを呼び戻しました。
でも、藍虎が見当たりません。
最初はその辺の草むらに入ってトイレしているのだと思いました。
でもいくら名前を呼んでも帰って来ませんし、ウンチにしても長すぎます。
おりゅうとリクに「藍虎探して!」って言い聞かせて、探し始めましたが、おりゅうは帰ろうとばかりします。
でも、その内、時間が経って私の様子がただ事じゃないと思ったのか、私について川原を探し始めました。
いつもリクと遊んでくれる「琴」ちゃんのお母さんが来て一緒に探してくれました。

おりゅうが居た道路は車が1台やっと通れるくらいの細い道なのですが、国道が近いのでここにはあまり来ません。
どうしても川原で藍虎が見つからないので、その細い道を挟んだお宅で藍虎を見なかったか聞き回りました。
1件のお宅で「ああ、あっちの道路の向こうに行くのを見たよ。でも30分くらい前だよ」って言われました。
あっちの道路っていうのは、川原からは150mくらい離れた、普通に車が走っている道路で、30分前と言えば川原についてすぐです。
見かけたというのは川原よりは家に近いのですが、来た道とは違いますし、藍虎は行った事がない場所です。
その周辺を探しながら、聞き回りましたが誰も見かけていず、でも、、藍虎だから大丈夫だろうと漠然とした希望はありました。
帰っているんじゃないかと思い、一旦家に見に行きましたが、期待は裏切られ、おりゅうだけを置いてリクとまた探しに出ました。

早朝大暴れして、ご飯を食べて、トイレを済ましていつもなら寝ている頃です。藍虎のことだからどこかその辺で眠り込んでしまったのじゃないかと思いましたが、雨が激しくなる前に探し出したいって必死でした。
事故が怖い!何度名前を呼んだことか。
随分探しましたが見つからず、雨が激しくなったので家に傘を取りに戻ることにしました。

「ああ、今電話してたとこ。藍ちゃん帰ってるよ」
へ!
一人の従業員さんが明るく言います。

リクが藍虎に飛びかかります!「こんにゃろ!」

P1020646-1.jpg

一人でトコトコ帰ってきたそうです。
時計を見ると家を出てから1時間半経ってました。
ホッとして取りあえず、コーヒーを飲みましたw

すごく疲れていることに気がついて、庭に出て座ると、リクが顔をペロペロと舐めてくれます。
寝ようと思っていたのか物置の方に行っていた藍虎も出てきてペロペロしてくれます。
その顔は「可哀相に疲れたのね」って言ってるようでした。
藍虎をなでながら、1時間半小走りで探していた足よりも、徹夜明けのように頭がボーっとして、目が窪んだように感じました。

その後、藍虎は涼しい小雨がご機嫌なのか、物置の前で何事もなかったような無邪気な顔してゴロゴロ遊んでいました。

後で考えると、おりゅうは帰りたかったんじゃなくて、藍虎が道路の方に行ってしまったのを教えてくれていたんですね。
川原に居るって思い込んだ私が無理に引っ張って川原に下ろしちゃったんです。
藍虎が居ないのにおりゅうは帰りたいって我侭いってると思って、叱ってしまいました。わかってなくてゴメン。
ノーリードで道路に出ちゃ行けないって教えられてるおりゅうは、困ってそこに立ちつくしていたんでしょうか。
そして、藍虎が横切った道路は、1度だけ初めての散歩で通った道だと思い出しました。
人は「犬は臭いとって帰ってくるよ」と言いますが、2ヶ月と11日の藍虎、よく帰ってきたと感心しました。

P1020648.jpg
その時です。
おりゅうがクンクン鳴いて、近所の「シロ」が塀のところに来ていました。
この子も自由に遊ばせてもらってる犬です。
でも、自分からリードをつけるのを嫌がって放れちゃうと呼んでも来ないし、ちょっと大変です。

P1020650-1.jpg
今日も飼い主さんが、後をついてきました。
「参っちゃいますよ」って笑ってます。

ほんと参っちゃいますよね!w

でも、月に数度はシロについて歩くご近所さんも、1時間半も一緒に探してくれた琴の飼い主さんも住んでいるここは、良い町だなって思いました。
檻に入れてリードは絶対に外さなければこんなことはないのですが、何とかちゃんと躾けて、事故にもあわず人に迷惑を掛けないなら、山や川を走らせてやりたいって思いが強いのですよね。
もしかしたら、愚かなことなのかもしれません。

昼に、お寺の裏山に行ったのですが、今日は車ではなく歩いて行きました。
万が一、はぐれても帰ってこられるように。

















この記事のURL | 失敗しちゃいました | CM(1) | TB(0) | ▲ top
本当に仲が良い
- 2008/09/17(Wed) -
P1020490.jpg

藍虎は自宅では室内と庭を自由に行き来しているので、我が家に来て家に上がってはいけないってことを教えるのが難しいです。
まして、おりゅうとリクが家に入って、寂しそうに廊下に足を掛けているのは可哀相で。
と、言うことで、藍虎が居る間はおりゅう&リクも外。
日が高くなって暑くなるとおりゅうは子供の頃には使っていた犬小屋へ。

P1020495-1.jpg
リクはどうするかな?と思ったらやっぱり藍虎と一緒。

P1020526.jpg
遊びに行っておりゅうとリクが別の方向に行くと、藍虎はリクに着いて行きます。
もう少し大きくなったら、お揃いの首輪にしようね。
君達は川にばかり入るから、安い首輪だけどw

P1020620.jpg
今日で2ヶ月と10日の藍虎。
立つと大きくなったのだけど、足が長くなっちゃって顔が小さいから座っていると大きくなったって感じがしないんです。
リクもそうだったんだけれど、、、、。
リク2ヶ月の時。4.25kgでした。藍虎は4kgジャスト。
3ヶ月の時におりゅうは8㎏あったのだけど、リクは7㎏を切っていました。
藍虎、リクよりは大きくなろうね!

P1020621.jpg
でも、オチビでも何でも本当は良いんです。
リクは本当に優しい子です。

藍虎、鼻の頭に皺を寄せると面白い顔。でも、熊さん座りが可愛い!

P1020577.jpg
藍虎はそのとぼけたキャラクターがあれば、オチビでも良いです。

何で側溝の網で寝るかなぁ~。

1_20090121192131.jpg

橋で休んでいる藍虎の顔をペロリ!







この記事のURL | うちの子物語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっちゃったんですが
- 2008/09/16(Tue) -
P1000974.jpg
おりゅうは裏山も奥の方に行くと山ばかり見上げています。
この上には狸の通り道があるらしいです。

P1020550.jpg
藍虎がついて行きます。
今日は昨日のことがあるので、見える所ですぐに呼び戻します。
おりゅう、仕方なく降りてきます。

P1020559.jpg
今日は少し奥まで行って遊ばせることにしました。
山に登っても見える所で戻されるので、おりゅうはリクと藍虎相手に山の低い所で「がるぅ~」と遊び始めました。
見た目には鈍足っぽいおりゅうですが、やっぱり甲斐なので山は好きです。
そこに崖があるからさ!って勢いで駆け回ります。
山のおりゅうは藍虎にも容赦なく藍虎はゴロゴロと転げ落ちたりしていますが、すぐにまたよじ登って行きます。
図太い上にキカンボウになりそうです。

P1020514.jpg
またおりゅうが藍虎に突進していきますが、その時です。
リクが藍虎とおりゅうの間に走り込んできます。
最初は偶然かなって思いましたが、その後もおりゅうが藍虎に向かって行くと藍虎の前に立って庇っているとしか思えない行動をとりました。
たまたまかもしれないので、今後注視してみることにします。

遊んでいる所は足が速くて撮れませんでした。リク、最近胸幅が出てきました。

P1020563.jpg
戻る途中で、今が盛りの萩を見に来たご夫婦に会いました。
昨日の今日なのでおりゅうも「待て」の声で脇によけてお座りしてお利口にしています。
藍虎はもうちょっと遊んでもらいたく途中までついて行きます。

P1000983.jpg

「帰るよ~」って声をかけると、ワラワラといつもリードをつける所まで戻ります。

ここは本当に毎日来ても気持ちの良い空間です。
でも、それは景色や空気だけじゃなく、住職や奥様の人柄なのです。
いつも気持ちよく誰でも迎えてくれて、そうそう有名でもないけど人が集まってリピーターの多いお寺さんです。

で、やっちゃったのはそれからなのですが、駐車場で若住職の車に私の車をぶつけちゃったんです。
昨日がおりゅうで今日は私か~!
と、どうにも申し訳なく、またまた凹んで謝りに行くと住職と奥様には第一声で笑われました。
若住職に謝りに行くと「話は聞こえてましたよ。車は走る程度なら問題ないです」って言われました。
修理費が分かったら教えて欲しいという私に「ずーっと、教えないです。だからずーっと遊びに来てください」とおっしゃいました。
有り難いって語源を思い浮かべちゃいました。
失礼ながら、世間には強欲なお坊さんはたくさん居ますが、ここの住職ほど立派なお坊さんは居ないって思っていました。
それがまだ生まれたばかりの赤ちゃんが居る若い住職さんも、、、、。
修理代は勿論お支払いするつもりですが、何か大切なものを頂いた気がしました。
色んな意味で参りました!
ぶつけておいてこう書くのも何なのですが、とても嬉しくなりました。

ずーっと遊びに行けるように、、、、何なら、見所の多い裏山を案内くらいできるくらいにうちのワンコを何とかしようって思いました。









この記事のURL | 失敗しちゃいました | CM(2) | TB(0) | ▲ top
またやられました!
- 2008/09/16(Tue) -
P1020508.jpg
お寺の裏山にすっかり慣れて、りくの後を追って、どこにでも着いて行く藍虎。
りくも藍虎の様子を見ながら走っているけど、もう藍虎も足が速くて中々カメラでは追えないです。
真ん中辺りに小さく見えるのが藍虎。

P1020462.jpg
山で見る藍虎はちょっと凛々しくなりました。沢を走って足はびっしょりです。

P1020463.jpg
あれ?一人で山の方に行く???

P1020467.jpg
「藍ちゃーん!」いつもなら戻ってくるのに、どんどん山をあがって行ってしまいます。
ズームでもカメラでは追えない所まで行って、ついには肉眼でも見えない所まで。
いくら呼んでも降りてこないんです。
お世話係のりくに藍虎を見に行けと言ってもその辺で遊んでいます。
仕方なく、私が山を登って行きました。

P1000954.jpg
藍虎居ました!
え、、、ウンチか~~!

P1020482.jpg
目的を達すると藍虎は私について山をあがってきたおりゅとリクと走り回り始めました。
結構急な斜面を力いっぱい走ります。

P1020481.jpg
一気に山を駆け下りて行く犬達には私は到底追いつけず。
藍虎が下で私を待っています。
一体何やってんだか~~って失笑。


ウンチにあんな所まで行かなくても良いだろうに!と思いながらもウンチ中におりゅうに襲われない為の知恵かなって思いました。
藍虎は朝と昼に外に連れ出すようになってから、ウンチはいつもの庭ではしなくなりました。
それもきっと本能ですね。
そう言えば、おりゅうもりくもお寺の門をくぐると、ウンチの時は山にあがりますね。
その辺の草むらでは用をたしません。
それがわかっててリクがついて行かなかったのかも。

でも本当にやられたのは、私が山を降りるのに時間がかかっていたこの時でした。

下まで降りるとおりゅうの姿が見えません。
駆け下りた勢いで反対の山に上がったかなと思ったのですが、裏山に一番近い墓地から読経の声が。。。
嫌な予感。
大声で呼び戻すわけにも行かず、その辺を探しますが、居ません。
墓地での読経が終わり、お焼香が始まりました。
お葬式か法事があったのです。
大きな池を挟んで距離はありますが、何となくこちらに視線を感じます。
ほぼ、決定的。
お焼香が終ると、私にお一人が手を振って、地面を指差しています。
やっちゃった!と思いました。
急いでリクと藍虎を連れて走っていくと、皆さんの輪の中でおりゅうが座ってお供えものの団子を食べてます。
読経の間、参列者の後ろに座っていたそうで、、、、。
「一緒に拝んでくれたから、お礼しといたよ」って言ってくださいましたが、私は冷や汗タラタラで平謝りです。
「大人しくて可愛いね」とか「お利口さんだね」とかって言われて、益々、恐縮してしまいました。
ご褒美貰ってナデナデされているおりゅうを蹴飛ばすわけにも行かず、鼻ピンで勘弁しましたが普段は来なかった昼の時間帯にはこういうこともあるってことを忘れていた私が迂闊でした。
「奇麗だね。何犬?」と聞かれ、この時ばかりは「甲斐犬です」って声が小さくなっていたかもしれません。

おりゅうをかばった見方をすれば、大好きな若住職のいつもと違う感じと、沢山の人が群がってるので、様子を見に行ったんじゃないかと。
でも、いつも一番世話が焼けるのはおりゅうだったりします。

しかしながら、これは昨日の出来事なんです。
ちょっと凹んだので、明日は呼戻しとリードポイントの確認の練習しようと思いながら寝ました。
でも、今日はまたやっちゃいました。それはまた後で。










この記事のURL | 失敗しちゃいました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
展覧会で会ったくろいもの会のメンバー
- 2008/09/15(Mon) -
IMG_4668.jpg
カイポパパんちの「穂(ひな)」ちゃんです。
3月の初めだからまだ冬毛なのでしょうが、それにしても剛毛と密な下毛で立派な体格に輪をかけています。
うちより暖かい地方にすんで居るのにねぇ。
今年はうちも、冬は日没までは外にしよう~!

DSC_0894.jpg
ぷよ家の「龍」と「紅」夫妻。甲斐としては大型同士なので、どんな子ができるのだろうと思ってましたが、MIXじゃなくて、私が実際に見た「空」ちゃんと「おこげ」ちゃんは母似父似に二分しています。

これも春の写真です。DSC_0938.jpg
2年とも最初にうちのおりゅうが交配にチャレンジしたのは「龍」だったんですが、上手く行きませんでした。
龍の体躯におりゅうの色が乗って、、、という予定だったんですけどねw
先週の展覧会ではおりゅうの色を残してくださいと言われ、昨日の審査員の先生にも尻尾は是非大切にしてくださいと言われ、、、。

残し方も教えて欲しいですねw

IMG_4692.jpg
噂の北斗と穂ちゃんです、何となく顔が似てます。
立派な体格の甲斐は似るものなのでしょうか。

このブログ、使いこなせていないので、1度サイズを間違えると、修正できないwDSC_0916.jpg

リンクサイドで女子の応援しているナリナリ家の「蓮」です。
リンク内の写真もあるんですが、未だ上手く加工できないので、ナリパパに送っときますw

DSC_0939.jpg
個別審査待ちで熊さんに最終注意をされている「颯虎」です。
実はライバルの兄弟犬「龍」の方を見るなって言われているのかもしれませんw

DSC_1008.jpg
女子にモテモテの北斗!
「私は興味な~い」とおりゅう。
おりゅうが好きなのは近所の子供の時からの友達のシーズーの雑種の男の子w

DSC_1616.jpg
熊さんとこの「優日」ちゃん。
立ち姿が好きです。後頭部が絶壁じゃないのも羨ましい。
近々、お母さんになる予定とか。楽しみです。

P1000738.jpg
うちわさん家の「陸」です。
モコモコで毛ぶきが良くて艶のある毛が印象的です。
暑いのにとってもお利口さんに大人しくしていたのも印象的でした。
熊さんちの「颯虎」もそうですが、後頭部は甲斐に多いって言われた絶壁じゃないですよね。
父のリキに似て羨ましい!
DSC_0970.jpg
左がまぁ~ぴぃ~さん家の「おこげ」ちゃん。
お母さんの紅ちゃんより大きい!
昨日の栃木展でりくを出陣させていたら、同じ若1だったんですよねw
おこげちゃんも光の加減でかなり色が違って見えますね。
この日はピーカンでした。
IMG_4699.jpg
応援に来てくれた翔ママんとこの「翔」
家で見るのと、まったく違う毛色。夕日に燃える翔を見てみたいです。

IMG_3885.jpg
初めて見に行ったJKCのドックショー。
4年前くらいの翔ママんとこの「銀」
このとき既にチャンピオンを取っていて、娘の紅の応援に来ていました。
でも、リンクサイドですが、一番カッコ良く立ち込みしていたのは銀でした。
奇麗な朱赤の差し毛が印象的でした。

IMG_3924.jpg
銀が水を飲んでいる所におりゅうが顔を突っ込んでも怒らない銀でした。
オナゴにはとっても優しい銀。
たとえ歌舞伎役者でも私も大好きです!w

修正すれば載せられる画像はもっとあるんですが、今日の所は断念!
いずれまたw













この記事のURL | 甲斐犬仲間 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
日保栃木展-番外編
- 2008/09/14(Sun) -
P1020326.jpg
近所までドライブなら藍虎は抱っこなのですが、今日は1時間以上のドライブになるので、藍虎にとっても抱っこは暑くなります。
で、まずは車の中の場所取りです。
いつもは後ろの席で外を見ているおりゅうですが、今日は藍虎を意識してか助手席です。

P1020330.jpg

ちょっと走ったら、おりゅうは完全に藍虎に負け!
やっぱり子供にはおりゅうは勝てません。
おりゅう!この足場の悪い中腰で1時間は辛いだろう。

りくは低位位置に落ち着きましたw

P1020337.jpg
大きな虎ネコを1匹飼っています!

P1020342.jpg
日差しは強かったけれど、湿度が少なかったのと土だったので、日景は先週ほど暑くはなかったです。
でも、念のために、アイスボックスに藍虎用の氷だけを詰めて持って行きました。
凍ったものしか入っていないので、溶けませんね。

勿論私は温まってしまった飲み物飲んでましたw

P1020358.jpg
藍虎は車の下で殆ど寝てましたが、パラソルも持って行ったので、目が覚めるとりくと遊んでいました。
心配しながら連れて行きましたが、結局何のこともありませんでした。
P1020449.jpg

帰りの車の中は中々冷えないので、凍ったボトルを3本転がしておいたら、2本抱えてご機嫌にしていました。

P1020451.jpg
思えば、川崎に精密検査に行った時、バスケットに藍虎と凍ったペットボトルを入れたら、行き帰りは殆ど眠っていて、帰ってきた時に元気になって食欲も出ていたんですよね。
帰りの車の中でも、また眠ってしまいました。

今夜は家で暴れていそうですw





この記事のURL | 展覧会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日保栃木展終了~!
- 2008/09/14(Sun) -
P1020354.jpg
うちとぷよ家とまぁ~ぴ~さんちなので、総勢6頭の♀ばかりに囲まれとても穏やかな顔のぷよ家の龍の朝の顔。
でも、リンクの中はいつもの龍でしたw

P1020373.jpg
すっかりリンクの華となった空ちゃんは、前半快調に飛ばします。

P1020376.jpg
空と姉妹のおこげちゃんは、今日が初陣です。
立派立派!

P1020418.jpg
実際にはおこげちゃんが一回り大きいのに、リンクの中では先輩の空ちゃんが、大きく見えますね。

P1020424.jpg
今日は開会式で、中型犬は全国展でも数多く審査してるベテランの先生が審査するので、不公平感が出ないだろうってお話しがありました。
午前の個別審査で1頭1頭に、丁寧に説明してくださいました。
うちのおりゅうは最大の欠点は顔だそうです。親子でか~w
中央、眉間のところに凹みがあるのですが、これは近親交配の賜物だそうで、甲斐に詰まった顔が多いのも、近親交配のせいだってことでした。
あと、後頭部の絶壁も多いらしいです。
逆に、尻尾は誉められました。
先週は「この色は残してください」って言われたので、色と尻尾が武器らしいw

P1020426.jpg
午後の順位決定戦では、ずっと審査員にお尻向けて、尻尾アピールしてましたw

結果、優良貰いました!w
評価は気にしないと言いながらも、誉められたのだけは気に留めてます!

P1020448.jpg
終ってから、みんなでオシッコタイムです。
あれ?間にいるチビは藍虎だ!

















この記事のURL | 展覧会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一人で笑っちゃいました!その2
- 2008/09/13(Sat) -
P1020269.jpg
又しても藍虎ネタです。
昨日はすごく暑くて、気温は33度まであがりました。
暑がりの藍虎に冷たい水でも飲ませてあげようかと思い,冷凍庫で一塊になっちゃった氷を入れて持って行きました。
美味しそうに水を飲んだ後、ペタ!

そう来たか!w アイスノンより氷か!w

P1020270.jpg


アイスノンより冷たくて気持ち良い~!のかな?
スリスリしています。
P1020274.jpg
氷をペロペロ、冷たい水をゴクゴク。


藍虎はすっかり元気になって、お星様キラキラの目になりました。

P1020278.jpg
りくは相変わらず良い子で、藍虎のお世話係として、物置の前にいるのですが、暑くてゼイゼイいってます。
りくにもアイスノンあげた事があるのですが、、、逃げましたw
おりゅうはクーラーも嫌いなので、試していませんが、多分、氷の上では寝ないと思います。

P1020280.jpg
隙あり!氷で元気になった藍虎がりくに飛び乗りました。

P1020281.jpg
調子に乗ってマウンティングまでしちゃいました。

P1020283.jpg
「こんにゃろ!」
調子に乗りすぎてりくに投げられちゃいました。
「ごめんなちゃい」と藍虎。

P1020287.jpg
何をやっても可愛い!

P1020297.jpg
あちち、あちちと物置の氷の所に駆け戻ります。
暑いので、短い時間でも氷が小さくなってしまいました。
愛おしそうに氷を舐める藍虎はやっぱり可愛い!

正確にはうちの子じゃないんですが、この大らかな性格を潰さずに育てたいです。

途中で写真のサイズが変わってしまったのが、どうにも修正できなくなってしまいました。
今日は藍虎は出勤しないのですが、5時前に起きる癖がついちゃってw
長々お付き合いありがとうございました!















この記事のURL | 藍虎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いいこと思いついちゃいました!
- 2008/09/12(Fri) -
P1020037.jpg

暑がりな藍虎が日中ちょっと遊べる場所がお寺の裏山の他にもないかなって考えてました。
歩かないで車で行けて、日景で水があるとこ。
ありました!灯台下暗し!
いつも行く近くの川原です。いつも歩いている田んぼのあぜ道の突き当たりに木が覆いかぶさった日景があるのを思い出しました。

P1020046.jpg

ここまで行く時はいつも歩いているのですが、釣り人が車で来ているのを思い出しました。
狭いあぜ道ですが、車高の高い車ならここまで来られます。

P1020055.jpg

川が曲がっている場所で下手は流れが緩やかなので、流される心配もなさそうです。
りくと藍虎は本当に水が好きですね。
おりゅうも子供の頃に鮎を捕ったことがあるくらいですから水は得意なのですが、目的がないと長く入っていることはあまりなくなりました。

そういえば、おりゅうが居ない。
呼んでも帰ってきません。

P1020058.jpg

居ました!
車のところで待ってます。

P1020059.jpg
ああ、耳が裏返ってます。
「帰りたいんだ!」っていうおりゅう流の意思表示です。

P1020063.jpg

おりゅうに見えるところで、もう一度3匹を呼びました。
戻ってきたりく&藍虎にご褒美をあげるのを見せながら、おりゅうの方をもう一度見ました。

P1020062.jpg
あの食べ物のためなら何でもするような食いしん坊のおりゅうが、更に耳をひっくり返して、お座りして動きません。
神奈川では熊さんにパンで釣られてお座りと伏せを繰り返したのに、大好きなチーズでもビクともしませんw
その頑固さとちゃんと伝わった意思表示に免じて帰ることにしました。

犬と人間の上下関係って話しは知ってますが、私はおりゅうとはコミュニケーションを大切にしています。
上手く意思が伝えられたら、これならおりゅうに譲ってやっても良いだろうってことは、ご褒美に言うことを聞いてあげます。
吠えたりはしないで、色んなことして何とか伝えようとするので、とても楽しいんです。
逆に、これだけはお願い!ってこともおりゅうはやってくれます。
約5年間、1匹だけだったからそうなったのかもしれませんね。

りくはおねだりはしますが、おりゅうのような芸がないです。
毎度「バブ~」って言うんですw これ、ホントです!














この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(0) | TB(0) | ▲ top
泥遊び
- 2008/09/12(Fri) -
P1020258.jpg
昨日の朝の散歩がちょっと大変だったので、今日はいつもの川原までリードを着けて行って、誰もいないので放して歩きました。
ちょっと気になったのは、夕べ一晩降っていた雨。
やっぱり、増水して川原のまで水が上がって草むらが半分水没してました。
りくは本当に嬉しそう。

P1020225.jpg

藍虎はというと、毎度期待を裏切らない行動をします!
増水した川で、川流れ?して遊んでいます。

P1020226.jpg
岸まで戻ってきては、また川に入って川下に泳ぎながら流されるのが楽しいみたいです。
遊んでいたおりゅう&りくも「おいおい」ってな顔して見ています。

P1020239.jpg
いつも走って遊んでいる川原は水が乗っていて、水しぶき上げながら3匹で遊びます。
おりゅう、外だと藍虎に対する手加減が少なめ!
飛び掛ってくるおりゅうを身を反転させて避けます。

P1020259.jpg
水の中から、おりゅう&藍虎を狙ってりくも飛び出してきます。

迫力ない顔ですがw

P1020238.jpg
藍虎が苛められているようですが、そんなことはなく、藍虎は強い子です。
おりゅうにちょっとくらい吹っ飛ばされても、すぐに立ち上がって追って行きます。

P1020246.jpg
でも、やっぱり子供なので疲れるのも早いです。
お得意のペッタリ。
やると思ったけど、やっぱり泥の上かぁ~。

藍虎、黒くてよかったね。って言いながら、川で洗って帰りました。

P1020218.jpg
藍虎の名誉のために!
川原に行く前、田んぼのあぜ道の日景で休んでいるまだ奇麗な藍虎。

P1020265.jpg

家に戻ったら、すぐにまたりく&藍虎が遊び始めました。
子供だから回復も早いw
最近、食欲が出てきたリく。それも藍虎効果で良かったね。









この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一人で笑っちゃいました
- 2008/09/11(Thu) -
P1020163.jpg
いつも遊びに行くお寺さんの山門です。
藍虎がトコトコ着いて来ます。

P1020164.jpg
と、思ったら、着いてきません。
「藍ちゃーん!」呼んでも来ません。
どした?

P1020167.jpg
え?何してるの?

P1020169.jpg
お世話係のりくが様子を見に行きます。

P1020170.jpg
ドテ!
眠いのか~~~w

P1020190.jpg
とても面白かったので、そのまま帰って座布団ならぬアイスノンあげました!










この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(5) | TB(0) | ▲ top
藍虎のお散歩デビュー
- 2008/09/11(Thu) -
P1020006.jpg
生活の拠点が人里離れた山の中になる藍虎は、みんなが「可愛い~」って触ってくれるうちうちに、社会性を身につけて欲しい。
ってことで、お散歩開始です。
先に山デビューしてますが、慣れるために胴輪をつけてるだけで、お寺までは車ですから。

「ここは座るの!」っておりゅうも言ってますw

P1020010.jpg
いつもおりゅう&りくを可愛がってくれる近所の奥さん方です。
ちょうど、小学生のお子さんを見送りに通りに出てきてました。

藍虎、りくに負けずに顔を下からペロ!
親善大使の素養もありそうです。

P1020015.jpg
おりゅう&りくのトイレを済ませるために寄りました。
りくは川原の土手の斜面で、身体が隠れるくらいの草むらがお好みなんです。
ついでにポチャポチャっと川に入りました。

藍虎、泳いでるしw

P1020021.jpg
いつも焼き鳥や魚のアラを頂いたりするお店のお姉さんが開店の準備していました。
味なしの焼き鳥をわざわざ2匹のためにポケットマネーで焼いてくれるので、買う予定じゃなかったお刺身とか買っちゃいますw
餌でつられてるのは私なのかもしれませんが、うちのワンが可愛がってもらえるのは嬉しいです。
焼き鳥のお姉さんなので、ここはりくもおりゅうに譲らず、大アピールです。

りくは顔が可愛い~!って人気者なんです。

P1020025.jpg

ここはわが町で一番広い道路で、トラックが多く通ります。
信号がないので、車が切れたところを渡ります。
目の前を大きなタイヤが大きな音を立てて走って行くので、初めての散歩だと大抵は嫌がります。
でも、そこは藍虎ですから!w
ぺたんと座って渡れるまで待っていました。

P1020028.jpg
藍虎に関しては、予想通り何のこともなく、初めてとは思えない散歩でした。
問題は3匹連れて歩くとリードがグリグリになって手が痛いことです。
短い距離でしたが、疲れました。
多頭引きのリードを注文しましたが、やっぱり、呼び戻しの練習に力入れようて思いました。














この記事のURL | うちの子物語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
奇麗な夕日なのに
- 2008/09/10(Wed) -
P1020067.jpg
文字色
ブログの最初なので、奇麗な夕日で美しい我が家のワンコの画像をと思い、夕日ポイントに出かけました。
といっても、、車で5分ですがw
いつも行ってる川の数倍の広さがあり土を盛って作った堤防も延々続きます。
おりゅうだけの時は ここまで重い電動自転車を積んで来て、一緒に走りました。

おかげで車は傷だらけw

P1020077.jpg

普段、うちのワンの写真は夕方は撮らないんです。
殆どが朝の散歩の時です。理由は見ての通り。
ただの赤茶色い犬に写ってしまうからなんですね!
それにカメラマンの腕が悪くて、ピンボケばっか。
でも、今日は美しい夕日に助けてもらって、奇麗なシルエット写真をお届けする予定。

P1020090.jpg

ここ数日は雨が降っていないのに、川原へと続くブッシュの中には所々沼があって、水の引きが悪いのです。
ここは通れない!この先まで車で来れば良かったと思いつつ、おりゅうを呼び戻して別の道に急ぎました。

P1020092.jpg
ここは水鳥だけじゃなくて、ブッシュの中には尻尾の太い、、、何でしょ?w
ハクビシンかなぁ、いたちかも。何だかわからないのが、色々います。
ここにあまり来ないのは、おりゅうが何かを追いかけてしまうと広いので、私の声が届かなくて中々戻ってこないからなんです。
時間制限のない時しか来られません。
でも、今日は私が急いでるのが分かっているのか、後ろ髪引かれながらもすぐに草むらから出てきます。

P1020095.jpg
広いブッシュを急いで来ましたが、この道も駄目です。
川原には出られません。

おりゅうも撤収!

P1020100.jpg
予定の写真には程遠く、、、もう私には付き合いきれないと遊びだしたおりゅう&りくは動きが大きく、夕方の光ではピンボケじゃなく撮れた写真はこれだけw

りく切れてるしw

P1020107.jpg
もう止まりません!
元はサッカー場だったという広場を走り回って、呼んでも聞こえない方へと。
正確には、聞こえない振りができる方へw
呼んだらりくはすぐに戻ってきました。

おりゅうにはクラクションをならしました。1度で戻ってこなかったら、国道近くまで車の後を走らせるつもりでした。
以前で懲りているので、やっぱりすぐに戻ってきましたw

P1020115.jpg

諦めて帰る途中、太陽が沈みはじめて、稲が黄金色で奇麗でした。
思ったようなワンの写真は撮れませんでしたが、来た甲斐があったなぁ~と思いました。

P1020119.jpg

いよいよ太陽が沈むって時、りくの差し毛が見たこともないほど真っ赤になって、思わず車を止めました。
今日のテーマ「夕日」はりくの後ろ姿ってことで!

でも、何で運転席なの?って聞かないでください。知る人ぞ知る○○○犬ですからw





















この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |