マラソン大会に出陣!
- 2008/11/30(Sun) -
P1050360.jpg

今日は近所でマラソン大会がありました。
役員さんに一緒に走れば~と薦められ、さっそく受け付けに!
やっぱ、一人と3頭で走るなら小学生と一緒に2㌔かなあ。

まだ、受付開始してないようです。ほっ!


P1050367.jpg

スタートの順番待ちしている小学生に遊んで貰いました。
「すげー、尻尾~。狼みたい!」
おりゅうの尻尾って子供達には大人気なんです。
触っても大丈夫だよって声を掛けると、みんな珍しげ気に触ってくれました。
おりゅう&りくは尻尾でさえ触られるのが好きなんですよね。


P1050380.jpg

おりゅうはいつからか初対面の人には背中を向けて座って撫でてもらうようになりました。
4歳過ぎてからでしょうねぇ。
それまでは、ピョンピョンしてました。
りくは、おりゅうの真似なんでしょうね、まだ1歳なのにちゃんと背中を向けて、初めての人でも触りやすいように座ります。

藍虎はまだ、修行が足りませんが、子供達には甘噛みはしないで、手を小舐めたり膝に乗ったりして遊んでもらっています。


P1050400.jpg

みんな集まってきて、ワン僧達は揉みくちゃにされても、やっぱり嬉しそう。
藍虎、ぴょこぴょこ大サービス!

「藍ちゃんは、まだ赤ちゃんだからふざけて噛むかもしれないからね~。怪我するほど噛まないけど、大きい子の方が、顔は怖いけど大人しいよ」
大概の子が藍虎から触ろうとするので、必ず声を掛けます。
「家も小さい子居るから、甘噛みは慣れてる!」って子もいます。

甘噛みって言葉知ってるなら、上級者ですw


P1050427.jpg

そこへ放送があって、男の子達の番になり、よーいドン!で走り出しました。
おりゅう、この顔、実はピストルの音が怖いらしい。
多分、花火の音を連想するのでしょう。
まだ生後半年くらいの時に300㍍の至近距離で夏祭りの花火が打ち上げされて、その時一人で庭に繋がれていたおりゅうは、パニック。
花火は勿論、空砲もちょっとトラウマになっているみたい。

でも、見栄っ張りのおりゅうは、尻尾下げるわけにも行かず座って私の顔を横目で見てました。
りく&藍虎はピストルの音にも全く反応せず。

さて、みんな頑張って完走してね~!


P1050407.jpg

おりゅうはすぐに気を取り直して女の子達の所へ!
この人はここまでやっても大丈夫!ってのが、親善大使暦の長いおりゅうにはわかるらしくて、顔をペロペロ~。


P1050410-1.jpg

お母さん達にもスリスリ~。
りくが撫でられていても、間に入り込むのがおりゅうの得意技です。

中には勿論、甲斐犬を知ってる人もいて「人懐っこいの珍しい」って言われるけれど、殆ど誰も知らないので先入観なんてなくて、単純に可愛い~!って可愛がってくれます。

勿論、いつものように聞かれもしないのに「甲斐犬っていうんだよ」ってアピールは忘れませんw


P1050443.jpg

いっぱい遊んでくれた女の子と達と記念撮影です。
頭の良い子達で、「甲斐の国」も「武田信玄」も知ってました。

みんな、このブログまでたどり着いたかなぁ!
名刺を持ってなかったから、検索の仕方だけ教えたんだけど。
もし、これを見られたら、下の方に「拍手」ってあるでしょう。
それをクリックしてみてね!

また会ったら、遊んでやってね。
で、大きくなったら「甲斐犬」飼ってね!
みんなに言い忘れたんだけど、とっても数が少なくなってしまった種類の犬なんだよ。


P1050448.jpg

「さーて、帰ろう!」と言っても、いつまでも立ち上がらないで寝てしまったりくでした。
パワフル藍虎はまだまだ絶好調です。

今日遊んでくれたみんな!ありがとうね!

全国デビューおめでとう!w
スポンサーサイト
この記事のURL | イベント参加 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
病院へGO!
- 2008/11/28(Fri) -
P1050338.jpg

昨日は休診で人手が足りなくて応急処置だったので、今日あらためて病院に行きました。
おりゅう&りくはこの病院は好きなんです。

爪が剥れて、肉が見えて痛そうです。
今日はこのプラプラした爪を除去するそうです。
神経は生きているので、また生えてくるらしいです。

でも、痛そうですね。

今日は若先生が担当ですが、一昨日、週に2回勤めている大学病院で、他の先生が甲斐犬に噛まれたそうです。
飼い主さんさえ噛みそうで、麻酔で眠らされて治療したとか。

その点、おりゅうは病院でも親善大使しています。


P1050340.jpg

ちょっと嫌がっただけで、唸ることもなくおりゅうの治療が終りました。
おりゅう&りくは患者さんの鑑だそうですよ。

交配する予定があることを話し、妊婦?でも飲める抗生剤を出してもらいました。
ついでに、尿と血液検査をして、尿をエコーで見ながら膀胱から採取するついでに、子宮も診て頂きました。
全部、OK!

りくも涙目になりやすいので、診てもらったら涙管が詰まってるとのこと。
目だけに嫌がって暴れるので、大先生と看護婦さんが二人がかりで抑えますが、りくって小さいけど全部筋肉?ってくらいに筋肉質で力があるんです。
点眼の麻酔もしているので痛くはないはずってことですが、目だけに押さえが大変。

早く終って、遊んで欲しい~と先生と看護婦さんの足元で尻尾プンプンのおりゅう。
りくも終ると、また尻尾プンプン。
痛い思いしても、治してくれてるってわかるのか、ただちょっと鈍いだけのか、優しい看護婦さんや先生が大好きなおりゅう&りくなのでした。


P1050348.jpg

おりゅう&りくにはきっとわかるのですよ。
ここの先生が本当に動物が好きでこの仕事をしてるってことが。
建物から離れた奥まった所にある慰霊塔。
助けられなかった動物のためなのでしょうか。


P1050343.jpg

庭には沢山の犬が飼われています。
色んな理由で飼いきれなくなってしまった患者さんから引き取った犬たちです。
「保健所に連れて行くって脅かされちゃあ、しゃーないよ」って笑う先生。
犬たちを世話する専属の人も居ます。


P1050347.jpg

交通事故で道に倒れていたのを担ぎ込んだ人が居て、そのまま預かっている犬もいます。
全部の犬がこんな風な広いゲージ?の中にいます。
あちこちにたくさん居ます。
里親募集の張り紙はありますが、ここの環境もすこぶる良好です。


P1050350.jpg

敷地はまだまだあって、先生はここを患者さんが遊べる公園にしたいんだそうです。
どのくらいって言ったかなぁ。
そのへんのゴルフ練習場よりも広いです。
良い先生でしょう。若先生もとっても優しいんです。

りくが始めてみる重機にやる気見せてますw


P1050355_20081128160357.jpg

ここでは犬たちが吠えるので、りくだけ連れて犬達のところを回ってみます。
ちょっとりくを試してみたかったんです。
昨日はおりゅうが包帯ぐるぐる巻きで早く歩けなかったので、別々に散歩しました。
その時に、りくの尻尾がいつもよりもグッと上がっているような気がしたんです。

やっぱり気のせいじゃないですね、上の写真もそうですが、いつもより尻尾が前傾して気合入ってます。
この時は前後から吠えられているので背中の毛と尻尾の毛が立って、尻尾がおりゅうのように太くなっていますが、吠える犬をジッと睨んだまま吠えるでもなく燐と立っています。
おりゅうが居ないと、りくのいつもの情けな~い感じの表情とはミスマッチな行動で、結構逞しいです。
りくって、一人の方が頑張るのね!

カッコ良いよ~!

りくが生まれた時、おりゅうとお揃いで買った赤い首輪。
りくは小さいからできないって思ってたのに首の太さはおりゅうと同じなんですよね。ちょっと太めだけど、可愛いかな。

さっき、診察台から降りる時は私にしがみついてまん丸になって、「チワワみたいな抱っこで、中型犬じゃ見たことないぞ」って笑われました。
それは、りくの情けな~い可愛い顔とマッチした行動です。

今度の交配を先生もとっても楽しみにしていてくれて、おりゅう&りくのような家庭犬として飼える甲斐犬が増えるように協力してくださるそうです。
先生も診るの楽だし、、、、って、相手の犬の性格ばかり気にしてましたw
この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(6) | TB(0) | ▲ top
飼い主も色々
- 2008/11/27(Thu) -
P1050281.jpg

2日ほど前にちょっと離れた山の遊歩道に車で遊びに行きました。
道が狭く止める場所を探していたら、介護車なのだろうか、、、、ベットのようなマットのタオルを替えている人がいました。
でも、ドアの内側にガムテープで留めた布は何のため???
この駐車場に止めさせてもらえるか聞いたら、OKしてくれたので,勇気を出して何のための車なのか聞いてみました。

犬でした。


P1050283.jpg

セダンだったのを犬のためにワンボックスに変えたんだそうです。
まあ、それはよくありますね。
私も乗り換えの時期だったので、スポーツタイプの車からRV系の車に変えました。

でも、犬が、自分の犬じゃないそうで、、、。
一人暮らしのお年寄りの犬で、この車の持ち主は犬が飼えない町営住宅暮らし。
で、昼間だけ預かってるそうです。
しかも毎日じゃなくて月に半分。
明日は犬が来る日なので、車で遊びに行く準備をしていたそうです。
うちの泥だらけでも拭けば良いや!ってのとは、大違いですw

箱には、犬グッズが色々入ってました。刷毛は何するんでしょう?
犬が来る日はすべての予定が犬を中心に考えるそうです。
楽しみで楽しみで。。。
親馬鹿も負けそうです。

どうして犬を自分で飼える環境にしないのか、とっても不思議でしたが、全国に飛ぶ仕事だからなんだそうです。
うちのワン僧達とも遊んでくれて、この時間なら、自分の車の後ろにいつでも止めて大丈夫だからって言ってくれました。


P1050309.jpg

この迷子のビーグルはというと、朝の散歩にくっ付いてきて川原で遊んでいます。
相変わらず遊んでくれるのは藍虎だけですが、藍虎に何をされても大人しくしています。

帰るよー!おいでー!と呼ぶと、一番先に走って帰ってきます。
お前かぁ~。

可愛がられていた甘えん坊のビーグルをどうして探してくれないのか、何かの事業があって泣く泣く捨ててしまったのか。
誰かに飼ってもらう望みに掛けて捨てるなら、首輪くらいどうしてつけなかったのか。
わからないことばかりです。

でも、この人懐こい愛嬌のある性格なので、早々里親が見つかりました。
飼い主が見つかったら返すって条件つきで、今日、新しい飼い主の所に行きました。
車に乗るのが好きみたいで、開いていたその人の車に飛び乗ったのが縁で、飼ってもらえることになりました。
アピール上手で良かったね!


P1050317.jpg


そうかと思えば、こんなのもいます。
こらー!せめて暖房のない部屋に行きなさいよね!
婆ちゃん子は三文安いんだぞ~。

私なんてお前達のために冬でも暖房つけないのに。
それで室内で仕事しててもシモヤケできちゃうんだぞ!

「シモヤケってもう死語だと思ってた」って、言われることもありますよん。


P1050325.jpg

だからね!ほら、ばちが当たった!
おりゅう、藍虎と遊んでいて首輪に爪を引っ掛けて剥がしちゃいました。
人間なら親指の位置にあたる、あの鷹の爪みたいに鋭い奴。
ここ暫く切ってやらなかったからねぇ。
ご飯の時間に、痛い痛い~をアピールしてました。
散歩はできるので、演技も入ってそうなんですよね~。
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イベント犬
- 2008/11/26(Wed) -
P1050173.jpg

日曜日に近くで商店街のお祭りがありました。
天気は雲一つないピーカン!奇麗に見えるチャンスです!
親善大使の出動です。


P1050167.jpg

ちょっとでも可愛く見えるようにおりゅうも今日は赤の首輪です。
よく見たらこの女の子、おりゅうの尻尾を掴んでいます。
おりゅう&りくは、人間には何をされても吠えたり唸ったりすることはなので、イベント向きなんですね。


P1050169-1.jpg

犬が好きなお母さんは、子供に「ワンワンだよ」って触るように促します。
そこですかさず「甲斐犬って言うんですよ」ってお母さんにアピールして、子供達には「カイケンって、良い子だね~」って洗脳します。
子供の時の記憶ってなくなるかもしれないけれど、潜在的に残るかもしれないからです。
もうちょっと大きい子には、「山梨県ってあるよね、昔はね、甲斐の国って言って、そこに昔からいた犬だから甲斐犬って言うんだよ。武田信玄って聞いたことあるよね。その人も飼ってたかもしれないね。」って話をします。
地道な草の根運動ですがw


P1050176-1.jpg

勿論、犬好きの大人には片っ端からナデナデしてもらいます。
親善大使の親善大使たる所以は、目が合って、この人犬好きだ!って思うと、自分から撫でてもらいにドンドン行きます。
これは、りくですが立派におりゅうの遺伝子を引き継いでいます。


P1030694-1.jpg

でも、りく&藍虎はまだおりゅうの域には達していませんがw
おりゅうは、バスの運転手さんだって好意的な視線は見逃しません。
私を見て!私を触って!自己主張がすごいんです。


P1050170-1.jpg

そしてイベントに参加したご褒美なのか、犬好きのスタッフから売り物のフランクフルトを1本ずつ貰っちゃいました。
こうして親善大使のおりゅう&りくは、ますます人間好きになるのでした。
おりゅう&りくが展覧会で見せる気性の強さとは、全く違う一面なんですよ~。

全国展で♂犬が近づくとガウっとしたので、親馬鹿としては言い訳しとかないとw
この記事のURL | うちの子物語 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
日保全国展
- 2008/11/22(Sat) -
DSC_0090-1.jpg

おりゅうがシーズン入りしてしまい、雄の飼い主さんにはご迷惑をおかけしました。
りくと藍虎の子守してくださったネコタさん、アイちゃんありがとうございました。

結果は、牝部成犬賞もらっちゃいました。
左が雄部で成犬賞もらった熊さん家の颯虎です。
強敵の兄弟を打ち破っての成犬賞おめでとう!

何が嬉しかったって、賞状に名前が入ってました!
いつもは名前の欄が空白で自分で書け!ってやつなのにw

おりゅうの本名って「紅孔雀」って言うんですよ。
暴走族みたいな名前で恥ずかしいのですが、今日みたいな晴れた日にはおりゅうの虎毛は名前負けしないくらいに明るく光ります。
いつもは全体風景の報告なのですが、今日ばかりはりゅうママ一家のことを書かせてください。


P1050114-1.jpg

これまでの展覧会でおりゅうが誉められたのは、毛色と尾形と性格と気力。
今日、初めてボディーを誉められました。
「良くできています。」って。
作戦成功です!

りくはお腹がキュッと上がっているのに、おりゅうはドテっとした感じで、ダイエットしても全体が細くなってもお腹キュっとはなりませんでした。
そこで、逆に上半身と後ろ足に筋肉をつける作戦です。
地方展では何もして来なかったのですが、最初で最後の全国展になるかもしれないので一念発起して夕方の散歩をトイレ散歩から、走り込みに変えました。
上の写真見ても胸幅がさらに広がったのがわかります。
影が出ると、胸骨辺りと足とかが筋肉質っぽくなったのがわかります。
でも、それって今までサボってただけで出陣の王道というか、常識だったりしてw

それと「山に入れていますね」って言われました。
それって猟に使っているってことだと思いますが、うちのは確かに毎日山には入ってますw
今回初めて身体の出来上がりを指摘されて、審査員ってよくわかるんだな~って感心しました。
甲斐犬のスタンダードはともかく、犬の仕上がりって事に関してはやっぱりプロなんですね。
今までそんなことも知らなくて、お恥ずかしい限りです。

審査はどうやら舌班のことで揉めたらしく、審査委員長も来ておりゅうだけ3人で協議していました。
おりゅうの舌は殆ど全部紫です。
委員長の決定で、舌班女のおりゅうでも全国展で優良もらえました!
これまで甲斐犬が認められるようになったのも、先人の皆さんのおかげで、とってもとっても感謝です。

そうそう、今日、翔ママが紹介してくれたトレーナーの先生におりゅうは「リンクに立つと犬が変る」って言われました。
理由はわかりませんが、ロープをくぐると態度が一変するんですよね。
リンク内だと真直ぐ歩くしw


DSC_0068-1.jpg

もちろん、リンク内にいても親善大使のお仕事は忘れていません。
良く見ると、リンク内で尻尾振ってるのっておりゅうだけでした。
審査待ちの間はギャラリーの方を向いてアピールアピール!

たまたま雑誌とかの動物カメラマンの方にアピールしたので、あとでいっぱい写真を撮って頂きました。
雑誌掲載になったら、親馬鹿ママとしては、すごく嬉しい!!!!!


P1050099-1.jpg

今日、一番驚いたのが、うちのワンコと遊んでくれている方々に名刺を渡したら、HPのプロフィールのおりゅうの写真を待ち受けにしてくれたとのこと!
嬉しくて手を合わせちゃいました。
名刺を作ってくれたうちわさんに感謝!!!

おりゅうは例によって背中向けて座ってナデナデしてもらってます。


DSC_0092-1.jpg

一家で記念撮影しました。
初めてです。

りくと藍虎の立ち込み、良いじゃない?w
日保の規定が変わって体高が2センチ下がれば、りくもでられるんだけどなあ~。


DSC_0081.jpg

日保の本に写真を載せてくださるそうで、写真撮影しました。
ビデオも。

おりゅうは餌にものすご~く反応するので、トレーナーさんが餌でつります。
だから、尻尾プンプンしながらビデオは写ってるはず。


DSC_0079.jpg

ただいま記念撮影中?
餌でつると、こんな立ち込みになるのね、、、、おりゅう、単純ね。


DSC_0082_20081122220042.jpg


ああ、でも、、、、、何だそのだらしない顔は~~!
餌でつるのって失敗じゃないかと、今から心配になってきたました
おりゅうったら、おやつが欲しくて耳がドラえもんもどきになってるかも。
食べ物に集中するから緊張感がなくなっちゃうんだよねぇ。
こんな顔して会報に載ってたら笑えるわ~!
尻尾振ってるから、自慢の尻尾は曲がって写りそうだしw

ああ、雑誌のカメラ撮影でも餌で釣っちゃったんですよね。。。
野山ではこんな馬鹿顔しませんから、名誉回復のために取材に来てくださーい!w

出陣の皆さんや応援の皆さんの写真は明日掲示板の方に載せますね。


この記事のURL | 展覧会 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
日保全国展・・・前日
- 2008/11/21(Fri) -
P1050065.jpg

紅葉の時期でいつものお寺は大賑わい。
連日、カメラを持った観光客がたくさん来ているらしいです。
今朝はマイナス3度まで下がったらしい気温も、昼間になると犬には暑い日差し。
今日もお寺はお休みで、車に乗って、涼しく安全に遊べる場所探しです。

ここは三方が山に囲まれたくぼ地で、藍虎に目が届きやすいので、良いですね。
崖はりくが気に入って上り下りしてました。


P1050068.jpg

倒れた木があったり、

P1050073.jpg

わずかだけど、湧き水もあります。
車でちょっと行けるので良いかも!
遊べる場所は探せば幾らでもありますね。


P1050082.jpg

おりゅう、、、せっかく洗ったけど、1日でこんなだもんねぇ。
今日はりくと藍虎も洗いました。
いつも泥んこで遊んでいるので、たくさんの人に触ってもらっても汚くないようにしないとね!


P1050084.jpg

今日の夕方の散歩はここです!
最近の大発見なんですが、おりゅうは車と一緒に走るのが好きなんですね。
5日くらいは最低3㌔を目標に私も走ったのですが、おりゅう&りくはもっと走りたいみたいで、私がギブアップ。
そこで、車からリールリードを使ってワンコを走らせるって手を使ったのだけれど、おりゅうはリードなしでも、車についてずっと走るってことが判明。
20kmくらいのスピードで2㌔くらい走って休憩して水を飲ませて、また走る。
あと2キロ走って休憩。
あとは1キロごとにドアを開けて、おりゅうが乗るまで続けるって作戦。

河川敷の昔のサッカー場跡で、砂地なので足に優しいです。
今日は明日、展覧会なので3㌔だけ走って終わり。

りくはと言うと、おりゅうと一緒に走るのだけど、2キロ走ってドアを開けたら車に飛び乗ります。
りくは、私に置いていかれる恐怖症なのですよね。
甘えん坊で寂しん坊のりくは本当に可愛いです。


P1050081.jpg

車の中でも絶対に誰にも譲らない指定席は、運転席と助手席の間。
私の隣!
りくも草の実だらけねw

明日の準備はもうできました。
翔ママがホルモン焼きを用意してくれたらしいので、その匂いだけじゃワンコが可哀相なので、豚のバラ骨を30本くらい茹でて用意しました。
お昼ごはんのイクラ巻きやら何やら。
食べ物の準備はOK!

おりゅうは、、、、リンク内は適当に頑張るでしょうから、本番はリンクの外の広報活動。
りくも藍虎も甲斐犬の親善活動を頑張ってきますね!

夢の島なので、時間のある方はお越しくださいね。

この記事のURL | 展覧会 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雪じゃありません!
- 2008/11/20(Thu) -
P1050021.jpg

空き地の端っこの日が当たらない場所に今朝は霜柱が立ちました。
まだ11月なのに寒い朝で、8時だというのに気温がまだ1℃しかないです。

藍虎、何思う?


P1050024.jpg

霜柱が折れるのが面白いのか、土の上を泳ぐように進んでいきます。
夏の間はナスとかトマトを作っていたとこなので、土が軟らかくて楽しいみたい。
でも、藍虎~!また汚い子になっちゃうぞ!


P1050027.jpg

藍虎得意の両足開きのぺったり寝。
冷たくて気持ち良いんだね。
藍虎は、真夏に生まれたのが悲劇だったねぇ。
12月生まれのおりゅうは寒いの大嫌いなのにね。


P1050028.jpg

いつもの川原も日陰は霜で真っ白です。
見ただけで寒いけど、、、、今夜も本当に寒いです。
11月とは思えませんね。


P1050037.jpg

いよいよ明後日が全国展なので、朝の散歩が終った後で、おりゅうを洗いました。
まだ、ちょっと湿っていて毛が立っています。
毛が立っていると太陽光が反射しないので、虎毛が奇麗に見えます。

今度、名詞用に写真を撮る時は、この手だわ!w


P1050055_20081120202657.jpg

芝とか緑の上で撮ると、赤が強く出るのか凄い虎模様。
ずっと毛が立っていれば良いのに!

写真はオヤツ食べてるおりゅうなんだけれど、物を食べる時ってなんでこんな尻尾になるのでしょうか。
食べることに集中しちゃうからなんでしょうか?
狼みたいな尻尾です。

それにしても、今夜は寒いですね。


この記事のURL | うちの子物語 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
鮭捕りに挑戦!
- 2008/11/19(Wed) -
P1040980.jpg

那珂川で浅瀬で思いついたのが、紅葉でも有名な落石。
せっかくだから、ここにしようと今日は長めの昼休みをとって出かけました。
車を止めたら、もう鮭が跳ねているのが、見えました。
水も魚も好きなりくはやる気満々です。


P1040982.jpg

浅瀬でオスとメスのカップルが産卵中で、大きな水しぶきがあがります。
おー!、びっくりした!とおりゅう。

スイッチ入っちゃいました。


P1040983.jpg


りくは水しぶきをあげる魚の近くを走り回るだけですが、おりゅうは咥えに行きます。
いつもは川に入らないくせに、目的があると一番燃えます。
でも、鮎のようなわけには行かず、暴れる鮭を引き上げることはできません。
見える鮭は簡単に捕れそうだけど、もう産卵中なので食用にはなりません。
頂いた鮭はまったく傷もなく卵もまだまだ生まれる状態ではないので、深い所で捕るんでしょうね。
感謝です。


P1040998.jpg

うわ!油断してたら藍虎は死んだ魚で遊んでました。
気をつけてリードつけていたのに。。。

何でこの子だけ、想像通りこうなるんだかw


P1040994.jpg

藍虎、何してるんだ?
そこに魚はいないから、まさかスリスリじゃないでしょうねぇ。
アドベンチャー藍虎にスリスリ癖まであったら、嫁に行けません!

でも、ずっとゴロゴロしてます。嫌な予感。

おりゅうが岸に上がると土手を駆け上がっていったので、諦めも早いなあ~と笑っていましたが、呼んでも来ない!
何だか良い匂いが漂ってきて、こっちも嫌な予感。
ここは夏の間は簗がかかっていて、もうこの時期は簗はないのだけど、お店はやっていたのでした。
鮎を墨で焼く匂いです。

着いた時にはまだ店開きしていなかったので、もう閉まっていると思ったのに油断でした。
駆け上がっていくと囲炉裏で鮎を焼いている側に座ってました。

飛んで行って、謝りながらおりゅうを繋いで、この場所は撤収!
捕まらない鮭よりも、鮎の塩焼きの方が好きだよねぇ。


P1050009.jpg

橋の上流側に移動しようと車に乗ったら、臭い臭い!
藍虎です!
川に着いたら水で洗いました。
でも、こちらは釣り人が多くて、川の中では遊べません。
紅葉も一歩遅く、もう落ち葉になっていました。
残念!


P1050013.jpg

今日はもう誰も人のいない川原のキャンプ場で遊んで帰ることにしました。
ここは夕方になると、リードフリーで犬を遊ばせる地元の人が集まる暗黙の場所です。
おりゅうだけの時はここに来て、よく遊んでもらいました。


P1050011.jpg

砂地に草が生えているので、とても走り易いみたいで全力で走り回ります。
キャンプ場なので水飲み場もあって快適です。

あ、でも、あっちの方に全然草がない奇麗な場所がある!
げ!
いつの間にかゲートボール場になってました。
2年前にはなかったのに!

わわわ、、、走り回って蹴散らした跡が。
撤収!!!!!

箒があったので、とりあえず表面を均してそそくさと帰ってきました。

今日は失敗でしたが、何とか1匹くらい捕まえてみたいものです。
鮎とかうなぎとかは捕ったのだから、何とか鮭も行けそうなんですよね。
追いかけて走り回るだけでも楽しそうでしたが。

この記事のURL | 失敗しちゃいました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しい遊び場
- 2008/11/18(Tue) -
P1040841_20081118195333.jpg

いつものお寺はもみじが多くて、この時期は見に来る人が多いです。
山にも人が来る可能性があるので、暫くは裏山もお休みです。


P1040916.jpg

ぬかるみが多く猪が掘り返した跡だらけなので、遊歩道でも普段は来ないルートです。

P1040926.jpg

疾風パパからお借りした無線機もテストしてみました。
いつもの場所だとりくと藍虎が遊んじゃうので、アンテナを齧ろうとしちゃうんです。
ここは初めてなので、遊ぶ余裕なかろう、、、ってことで。


P1040966.jpg

上がっていくと山の公園に出ます。
杉山が開けて一気に明るくなりました。

ここはもう、紅葉は終わりに近く落ち葉が目立ちます。
りく枯れ木に登ってポーズ取って!って頼みましたが、足場悪すぎでこれが限界です。


P1040936.jpg

別ルートですが、また杉山を通って降りてきました。
こっちは大きな杉なので、夏でもひんやりします。
降りきった遊歩道の上り口に小さな神社があります。
近くでも行ったことがないので、行ってみることにしました。


P1040933.jpg

最初の階段だけだと大したことがないかと思ったのですが、長いです。
下が見えない階段なら、おりゅうも軽快に登っていきます。


P1040939.jpg

登った所に広場があります。
ここでも遊べますね。


P1040940.jpg

ここで、良いじゃ~ん!
まだ、行くの?

更に長い階段が続きます。
来る人がいないのか階段にはコケが生えていました。


P1040944.jpg

ハアハアゼイゼイしながら階段を登っていくと、その辺の探索を終えたワン僧達はもう暴れていました。
あ、無線機のアンテナ壊される!
慌てて首輪を外しました。

あんた達体力あるわねぇ~。ここだけでも十分じゃないの~!

私が疲れた時はこの階段の下で待ってるから、自分達だけで階段登りをしてくれたら楽なのになぁ~と真剣に思いました。
この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
甲斐犬は高い所がお好き!?
- 2008/11/17(Mon) -
P1040655.jpg

タイトルとは全く関係ないのですが、りくと比べても藍虎大きくなったでしょう。
でも、今日体重を量ったら、、、、
おりゅうが15キロジャスト
りくが13キロジャスト
藍虎10キロジャストでした。
おりゅうとりくの方が差がないのですが、どー見ても差が大きく見えます。
りくは筋肉質だから見た目よりも重いのでしょうか?

藍虎は高さと幅があるのですが、長さがないです。
横から見ると細いけど上から見るとコロコロしてます。


P1040895.jpg

昨日は小雨だったので、泥だらけになる心配のない公園に遊びに行きました。
藍虎が居ない!って思ったら、滑り台の上に昇ってました。
そういえば藍虎は最初にうちに来たヨチヨチの頃から、高い所の際まで行って下を眺めていましたし、最初に山に行った時も橋から飛び降りて私をびっくりさせました。
高い所は平気って思っていましたが、「好き」なのかもしれません。


P1040896.jpg

流石にお尻では滑りませんでしたw
でも、楽しそうです。


P1040897.jpg

この公園は山の上にあって、町を見下ろす山際に展望台が作ってあります。
まさか、ここは昇らないよなあ~。
階段は1段1段がが大きくとってあって、隙間からは下が見えるので犬じゃなくたって怖いです。
おりゅうが子供の時、とても生意気だったので「ついて来れるものなら着いて来い!私は昇れるぞー」って、上がったことありました。
おりゅうは途中で断念して降りてしまいました。
おりゅうと日々是決戦!だったころですw

今回は好奇心で昇ってみることにしました。


P1040907.jpg

一番先に駆け上がってきたのは、藍虎じゃなくてりくでした。
全然怖くないんだ~!
お世話係のりくは藍虎が上がってくるのを途中で待ちます。


P1040901_20081117205148.jpg

藍虎、来た!と思ったら、なぜかワンタッチして降りていきました。
おりゅうは途中の踊り場から上がって来られません。
でも、形状記憶尻尾はいつものように上がったままです。
最近、薙ぎ型の尻尾って下がり難いんじゃないかと思ったりしています。


P1040903.jpg

あれ?みんな~~!
りくは、どうするの?って私の顔を見ます。
でも、私は実は高い所が苦手で、この時も座ったままで立つことなんてできません。
りくは柵に頭突っ込んで、周りを見たりしています。
りくが生意気じゃなくて良かったぁ~~。

「よし、帰るよ!」声だけは元気よく、でも山側の手すりを両手でしっかり握り締めながら一歩ずつ降りてきました。
怖かった!


P1040891.jpg

そういえば、この子達は、最初の写真もそうだけど、よく高さを競い合っています。
おりゅうは違うけど、甲斐犬って高い所が好きな犬種なのでしょうかね~。
知り合いの犬は家の階段を登れないとか降りられないとかって聞きますから、犬は高い所が苦手なのかと思っていました。

でも屋久島の救助犬を見ると、甲斐犬は高い所が得意なのかと思いますね。



この記事のURL | うちの子物語 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
三角関係?
- 2008/11/16(Sun) -
P1040156.jpg

左から藍虎、りく、おりゅう。
藍虎だけが血の繋がりがなくて、従業員さんの飼い犬だけれど、今の所はみんなで本当に上手くやっています。
普通に考えると、おりゅうがボスなのでしょうが、おりゅうがボス風を吹かせることって殆どないんです。

かなり、大らかなボスなのかもしれません。


P1040286_20081116092016.jpg

この日も散歩から帰って来て、おりゅうがいつまでも外をウロウロしているので、りくがリード咥えて強引に引っ張ってきました。
おりゅうは、りくに為されるがまま怒りもせず、しぶしぶ返って来ました。

りくは世話好きですw


P1040651.jpg

藍虎はいつもりくの背中に乗ってしつこくするので、大抵はりくは振り払うように遊んでやるか、嫌な時は逃げ回るのですが、藍虎を強く叱り付けるようなことはしないです。
先日、りくがシーズンピークの時に、藍虎が背中をベトベトになる程しつこく噛んでマウンティングしようとするので、流石にイライラしたのでしょうか、何故か目の前に居るおりゅうに怒りました。
藍虎はまだ子供だからなのでしょうか。
おりゅうはトバッチリでりくに怒られて、スゴスゴとその場を離れました。
おりゅうがりくに怒られちゃったのは、これで3度目くらいでしょうか。
1度目は食べ物でしたが、2度目は良くわからず、今度はトバッチリ。いつも明らかに動揺するんですよね。
可愛い一人娘が鼻に皺を寄せて勢いよく唸るものだから、どうして良いかわからないって風になるんです。
りくがおりゅうに怒ったのを見ても、藍虎はまたしつこく背中に乗るんです。
りく、たまには怒れ!って気合を入れるんですが、藍虎には甘いりくです。


IMG_4598.jpg

おりゅうはとても母性が強いのか、りくが歯が生え替えのころは、乳歯が抜けると血が出たりして、口の中まで舐めてやっていました。
りくも口を開けたまま、おりゅうに舐めてもらっていました。
写真はその時のです。

りくがシーズン入りすると、着いて回って舐めてやってます。

家に居ると一番威張っているのは藍虎で、煩いのを我慢してでも面倒見てるのがりくで、おりゅうは子供には甘いお母さんみたいです。


P1040099.jpg

外では藍虎はりくについて回ります。
まだ基礎体力が劣る藍虎にとっては、足場が悪い所は不利なので、あまりにおりゅうが本気で走り回っていると、藍虎は入っていかないです。
もっと小さい時にふっ飛ばされて3回転なんてこともありましたから。
でも、そんな時も藍虎をおりゅうから守ってくれたのはりくでした。

今は藍虎は吠える犬も平気になりました。
藍虎が外でビビって逃げようとするのは、りくが吼えた時だってことが最近わかりました。
りくはおりゅうが1歳の頃よりもずっと警戒心が強いのか、時々、散歩中に吠えます。
フルフェイスのヘルメットかぶった人だったり、90度に腰が曲がったおばあちゃんだったり。
陶器でできた等身大の人形だったり、カカシだったり。
りくにとっては始めて見る異様なものなんです。
先日、藍虎が家まで逃げ帰ってしまったのは、川を流れてきた切り株にりくが吼えた時でした。


P1040565.jpg

山では勿論、勇敢で体力のあるおりゅうがボスだってことを承知しています。

でも、最近、街中を散歩してて犬に吠えられると、相手が繋いである状態なら、1歩前に出てガンを飛ばすのはりくの役目みたいです。
おりゅうは、近くまで来なければりくに任せて知らん振りですが、近くまで来ても吠え掛かってくるようだと、オッカサンの出番です。
最初はおりゅうが後ろに居るからかと思ったのですが、りくだけで、しかも相手が3頭とかでも引かないので、そのうちガチンコ娘になるのかもしれません。
藍虎は勿論、一番後ろで尻尾半下がりで、いつでも逃げられる体性です。

外では断然、おりゅう、りく、藍虎の順番で強さがはっきりしています。

P1040530.jpg


家でおりゅうが弱い者を大らかにさせているので、りくも藍虎もイジケルこともなく上手く行っているのかなあって思います。
家では奥さんや子供に言いたいことを言わせていても、外では頼りになるお父さんみたいですねw
人間だって、自分の精神的な居場所というか、伸び伸びできるシーンがないと卑屈になっちゃうもの、序列がある犬社会では尚更なのでしょうか。
うちのワン達はそれぞれが良い感じで生活できてるみたいですが、それもやっぱり、おりゅうの功績が大きいです。
姿形も大切ですが、性格ってもっと大切かな~と思う今日この頃です。
もしまた、おりゅうに子供ができたら、毛色と性格はおりゅうに似て欲しいですw

写真は神社にあった張りぼての馬なんですが、勇ましい若武者っぽい顔したおりゅうとのツーショットが面白かったです。
この記事のURL | うちの子物語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋晴れの下のほっこり
- 2008/11/13(Thu) -
P1040720.jpg

今日は本当に雲一つない秋空。
お寺へ遊びに行く途中の道で、あまりに鮮やかなのでパチリ!


P1040737.jpg

お寺の境内に行くとお手伝いに来ていた中学生がいました。
二人ともとっても犬が好きで、うちのワン達と遊んでくれました。
家でも飼ってるそうで、遊び方も慣れているので、みんな大喜びです。


P1040730-1.jpg

ナデナデされて、丸顔のりくの耳がペッタンコになって頭が真ん丸になっています。
いつもは、おりゅう程は積極的に寄って行かないりくが、スリスリと身体をくっつけて行きます。


P1040740-1.jpg

おりゅうは、、、、一緒に寝ています。
中学生が「気持ち良い~」って言っていましたが、おりゅうも気持ちよさげに目を細めています。
多分、彼らは甲斐犬なんて聞いたこともないし、知った所で、その犬種がどうのなんて考えもしないでしょうね。
ましてや彼らの中では、形で優劣が決まるなんてことはないでしょうね。
犬は犬。
犬は友達。
友達になれるかどうかが重要みたいです。

何だか「ほっこり」しました。
使い方が間違っているかもしれませんが、何ともほんわかした良い気分です。


P1040734.jpg


境内に大きな楓(カエデ)の木があります。
下から見上げてみてってお寺の奥さんに薦められました。
葉っぱが透けて奇麗。

これって、実はりくの木なんです。
りくの血統証の名前は「楓雅」(ふうが)
この楓のような差し毛がでたらなあ、、、ってw


P1040645.jpg

ほっこりしたところで水を差すようですが、昨日、お寺に行った時に、鮭が捕れたからと持って来ていた檀家さんがいました。
境内の水道で捌いていました。
頭をワンにくれるように所望したら、頭と言わずに1匹あげるよって貰っちゃいました。
犬3頭と鮭1匹を連れて帰って来ました。


P1040666.jpg

卵は人が食べて身は犬が食べられるようにってメスをくださいました。
お寺のイベントの時にいつも鮭の皮の燻製とかをうちのワンにくれる川魚屋さんです。


P1040822.jpg

醤油と酒で一晩漬けて今夜イクラ丼にして戴きました。
楓と同様、鮮やかな秋の色です。

我が家は人懐こいワンコのお陰で人間がおこぼれに預かってます。
おりゅう、これからも宜しくね!


この記事のURL | おりゅう物語 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
袋田の滝
- 2008/11/12(Wed) -
P1040610.jpg

天気はイマイチでしたが、今朝の散歩は豪華に?袋田の滝です。
早朝はエレベーターは動かないけれど、下の滝見台までは行けるって聞いていたので、7時到着を目指して出発!
スムーズに滝に一番近い駐車場に1番乗りでした。

ここでちょっとトラブル。
車を止めて、駐車場の掃除をしていた店の人に犬を連れて歩いて良いかどうか確認していたら、すぐ後ろの車でガチャって云う音。
藍虎がドアに足を掛けて、中からロックしてしまいました。
確かにキーの付いた車は中からロックできるのですが、今までおりゅう&りくはそんなことをしたことがないので、油断していました。

開かない!
家からスペアーを持ってきてもらったところで、エンジンのかかったままの車のドアにキーを差し込んで開くものかどうかって考えました。

ここは藍虎にもう一度ロック解除してもらうしかない!
窓の外から藍虎を呼んでガラスを指で叩くこと3分くらい、ガチャっと開きました。

藍虎、ゲージ決定!もう買ってあるし。


P1040606.jpg

滝近辺の紅葉は今が見ごろでした。
音に驚くかな?と思ったら、おりゅう&りくは全然でした。
藍虎が最初ちょっとだけ嫌がったくらい。


P1040613.jpg

嫌がったのは吊り橋です。
しかもおりゅうだけ。揺れるのが気持ち悪いらしく、四つんばいになって抵抗します。


P1040616.jpg

そこへ係りの人が箒を持って掃除に来ました。
「可愛いワンちゃんだけど、3匹大変ねぇ~」
おりゅうは「可愛い」って言葉にいつも反応します。
さっきまでの四つんばいは何だったのか、尻尾プンプンして小母さんについていきます。
このオッカサン、単純なのか見栄っ張りなのか。


P1040620.jpg

吊り橋を渡って、遊歩道を歩くと高い場所にでます。
上から見る滝も奇麗ですね。
ここは茶屋風のお店になっているのですが、まだ開いていないので、ワンコ連れでも気を使わなくて済みました。


P1040628.jpg

その茶屋の所から男体山への登山道の入り口があります。
うちのワン僧達は、その登山道へまっしぐら。
そこに山があるからさ!と言わんばかりに3頭でガンガン引っ張ります。
じゃあ、ちょっとだけ!
っと思ったのが間違いでした。
結構、急な階段が続くのですが、山は走るものだと思ってるワン達は元気いっぱい登っていきます。
覚悟を決めて走って登りましたが、心の中では「お前らの散歩じゃない!拷問だぁ!」って叫んでました。


P1040633.jpg

走って上がって、もう限界!と思った所に東屋がありました。
少し広くなっていて、ここなら犬を放しても、もし人が来たら繋ぐことができるって思いました。
観光地の遊歩道では、いくら早朝でも人に出くわす確率高いので放せませんから。
ここまで上がってきたら、いつの間にか落ち葉になっていました。
ゼイゼイと走りながら周りを見る余裕がなかったんですね。

帰りは3頭に引っ張られて、転げ落ちそうでした。
「待て」で止まるのですが、ひと呼吸入れて「よし、行こう」って歩き出すとすぐに早足になります。
「ゆっくり」なんて言っても、山は走るもんだと思っているのか。。。

でも、両手にリード持って2頭なら何とかなるかしら?って思いました。
3頭だと絡むのと変に止まられると踏みそうなのとで大変です。

次は2頭で行って男体山目指しちゃおうかな!
芽吹きの頃にネ。

今が盛りの袋田ですが、今年は特に奇麗みたいです。
行ってみてくださいな。
ゴルフする人なら、すぐ近くの大子ビレッジはピートダイの設計の中でも面白いので、一度は行ってみる価値ありですよ。
この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
休み明け
- 2008/11/10(Mon) -
P1040438.jpg

この土日は藍虎パパがお休みでした。
お休みでも出かける時は藍虎を預けに来るのだけれど、この週末は家で片付けやら何やらしていて藍虎は来ませんでした。
今朝、出勤してきた藍虎はパワー炸裂で、私に飛びついてきました。
お陰で唇切っちゃいました。
何だか2日間で太ったみたいです。

今日はいっぱい遊ばせてあげるね。

P1040459.jpg

今朝のおりゅうです。
よく、りくと夫婦?って聞かれます。
おりゅうは片足上げオシッコだし、ピッピとマーキングするから♂って思われることも多いのですが、りくより一回り大きくて逞しいし、♂が側に来ると唸るしw
この写真、対岸にいる♂に対してわずかに背中の毛が立ってます。
週末の2日間、散歩が足りなかったのかやる気満々。

このくらいの立ち込みを展覧会でできないものでしょうかねぇ。
審査員に向かって、欠伸するのは止めて欲しいです。

でも、おりゅうも美人さんって言われることもあるんですよ。


P1040464.jpg

昼はちょっと違うルートの山に遊びに行きました。
ここはアスレチックみたいにアップダウンのある遊歩道です。

りくと藍虎は上がったり降りたりして楽しそうです。


P1040486.jpg

この写真のりくは、色は暗く写っちゃってますが、全体の感じはいつものりくです。
ちょっと首を傾げる癖が可愛いんですよ。

P1040489-1.jpg

山で見る藍虎って小熊みたいです。
この辺は熊はいませんが、猟期になったら猟師さんが来る山には絶対行けないですね。
おりゅうも小さい時は熊の子みたいって言われましたが、おりゅうはぬいぐるみのテディベアーみたいでした。
藍虎はヒグマの子ですね。
今日、写真を見つけて笑っちゃいました。
ヒグマの子って思ったよりも足が長いんですね。
http://cxmoon.gooside.com/04_animal/htm/c01.htm

藍虎、いつもの山では呼ぶとちゃんと帰ってくる良い子なんですよ。


P1040496.jpg

山を走る甲斐を撮りたいって思ってるのですが、どうも腕が悪くてブレブレです。
雰囲気だけは伝わるでしょうか?w
そのうちに奇麗な写真を撮りたいものです。

夜になってから、3㌔ほど街中を競歩風に歩いてみました。
今日の私のノルマ達成です。

この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ゴルフと散歩
- 2008/11/09(Sun) -
img84f84ab1zik7zj.jpg

私のおりゅうが家に来る前からの趣味がゴルフと温泉でした。
何だかオジサン臭い趣味のようですが、栃木はゴルフ銀座です。
温泉は何処を掘っても出るらしくわが町にも300円で入れる町営の温泉施設があります。
今日はゴルフの方の話です。

この辺でゴルフっていうと、決して贅沢な趣味ではなく、普通に町民ゴルフ大会やら、商工会のゴルフ大会やらがあり、プレイする人は多いです。
平日なら3900円で昼食付きなんてコースもあり、リタイアした人達が散歩がてらにゴルフをしています。
もう少し高いけど6500円で写真のような有名コースもラウンドできるんですよ。


P1000202.jpg

犬も一緒にコース内に入れるゴルフ場もあります。
きぬがわ高原CCっていって、塩原ときぬがわを結ぶスキー場の多い高原の道路沿いにある高原コースです。
標高は1000くらいあるので、とっても涼しい。
これは5月のに行った時の写真です。


P1000208.jpg

リードをつけることが条件になっているので、我が家は長い紐つきで、おりゅう&りくは18ホール、約8キロのアップダウンのある山岳コースをカートと一緒に走ります。
これが、おりゅうがすごく気に入っていて、ティーショットのパーンという音で走り出します。
おりゅう達は芝の上を軽快に走ります。
ここには鹿がいるので、時々カートがひっくり返りそうになるほど、鹿を追いかけようとするハプニングがあったりして、ワンコの運動って意味でも1日を楽しく過せます。
ゴルフしなくても、カートでこの山岳コースを犬の散歩をしたいと思う今日この頃です。


imgcf881dc3zik9zj.jpg

7月に右手の中指の靭帯を痛めて、ゴルフはここの所あまりしていませんでした。
ここへ来てやっと何とかクラブが振れるようになったので、寒くなる前に今週末は2連荘でラウンドして来ました。
勿論、朝、散歩をして帰ったらまた散歩です。
絶対、犬より歩いてるw

2日間ゴルフをして気づいたのが、りくが生まれてから散歩量が増えていたのですが、藍虎が来てまた増えて確実に私は脚が丈夫になってるってことです。
朝とお昼は山や川に行って放しますが、それでも最低でも2㌔は歩いています。
ここ数日は、夕方おりゅう&りくをリードつけたまま3㌔くらい小走りで散歩させてます。
先にオシッコだけさせてあとは走らせるので、意外に時間はかからないです。
でも、ワン僧達は3㌔くらい私が走ったところで、ぜーんぜん散歩したような顔もしていません。
犬の運動じゃなくて私の運動です。
金曜までは、無駄かなって思っていたのですが、今日は気が変わりました。
ワンのためじゃなく私のために続けようかなって。
股関節痛があったり坐骨神経痛があったりするのですが、何となく筋力でカバーできるような気がしてきました。

先日整形外科で握力を測る機会がありました。
右手45.左手40.  驚きました。
「これって、医療用の握力の測定値で一般の握力計とは違いますよね?」って聞いちゃいました。
同じだと言われ、看護婦さんは誰も30ないって言われましたが、最後に測った学生の時でも30ちょっとだったので、いつの間にか握力がついてました。
理由は様々だと思いますが、りゅうママって、隠していますが実は力持ちです!w

そういえば、りくが生まれる前におりゅうがグウタラ散歩していた時期はマッスルトレーナーっていう重い靴を履いて散歩していたのでした。
おりゅうを飼い始めたのだって散歩のお供が欲しかったってのがきっかけでした。
家でのデスクワークなので、1歩も外にでないで過す日が週に何日もあったから、危機感があったのでした。
ってことで、明日からも夕方の散歩の距離を伸ばすように頑張っちゃいます。
長い時間はかけられないので、ダッシュあるのみです。

写真は今日ラウンドしてきたコースです。
NSAJの16番ホール。知る人ぞ知る有名な難コースです。

都会で犬を飼う人でゴルフをする人って少ないかもしれませんが、もしいらっしゃれば、きぬがわ高原CCはお奨めです。

そのうち温泉のお話しもしますね。

この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
里帰り
- 2008/11/07(Fri) -
P1030860.jpg

2週間くらい前ですが、日曜に藍虎が出勤してきたので、藍虎のお里に遊びに連れて行きました。
丁度、山梨で愛護会の展覧会だったので、藍虎のお母さんと姉妹は出かけていました。

庭の鳥小屋のチャボ見ーつけ!
りくにくっ付いて、藍虎も様子見てます。


P1030858-1.jpg

お母さんも大きくなった藍虎に大喜びですが、姉妹と毛質も顔も性格も違うのに驚いたようです。

P1030855.jpg

お母さんやずっと面倒を見てくれた娘さんとの対面もそこそこに、おりゅう&りくの真似をして、鳥小屋の周りをぐるぐる回って、どこかから入れないものかと探索します。
生まれてからずっと居た玄関は、すぐそこなのに其処へは行こうとしません。

藍虎、ドライですw


P1030854.jpg

おりゅうが少し古くなって緩んでいる金網をドカンドカンと鼻で押し始めました。
藍虎は入り口のドアの鉄格子を噛んで、ガンガンと揺さぶって開けようとします。
「藍虎の姉妹は鳥小屋には怖がって寄りもしないよ~」とお母さんは笑いながらも目が真ん円に驚いています。
歯が抜けちゃうよ~!とびっくりしています。
私は藍虎よりも、おりゅうが本当に金網を壊しそうだったので、無理やり車に押し込んで撤収!
こういう時のおりゅうは赤頭巾ちゃんの狼み見えます。

子供は何でも真似をするので、藍虎があんな風なのはおりゅうのせいなのかしらと思った瞬間でした。


P1030874-1.jpg

藍虎の方が姉妹よりも大きいそうです。
夏バテだった藍虎はスプーン1杯をモゴモゴといつまでも飲み込まないような食べ方だったので、私も色々工夫して食べさせましたが、藍虎パパもスペシャルご飯を作ってくれるようになりました。
これは、買い過ぎて冷蔵庫に入らなくなったからって、おすそ分けで貰ったカツオのアラです。
手作りご飯をたくさん食べるのが嬉しいみたいで、ご飯作りに嵌っています。
今は、ガツガツと逞しい食べっぷりです。

このアラ、200円。安いですよねぇ。


この記事のURL | 藍虎 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
天然もの
- 2008/11/06(Thu) -
P1040142.jpg

山で遊んでいると色んなものに出会いますが、やっぱり嬉しいのは食べ物ですね。キノコももう終わりですが、なめこが最後でしょうか。

P1040350.jpg

食いしん坊で菜食好きの藍虎がアケビを咥えて来たことがありました。
最近は、山のアケビも少なくなった気がします。
お店でも売っているけど、なめこはオガで作ったものとは違い、ちゃんとキノコの味がします。
アケビは山で見つけるとありがたい感じがして、美味しく感じます。

この辺はマツタケも出るのだけれど、ワン僧達を訓練して見つけられないものでしょうかネ。


P1040411-1.jpg

こちらは、藍虎の家の鶏を狙って罠にかかった鷹?らしき鳥。
数日前にまた1羽メンドリがやられて、それを囮に罠をしかけたそうです。
家に帰ったらかかっていたそうです。


P1040414.jpg

P1040415-1.jpg

興味深々で、おりゅうはちょっと遊ばせろ!と離れようとしないです。
鋭い爪と口ばしですね。
1度家に帰った藍虎パパが、川原で放すためにまた山から降りてきました。
これから川に行くと言って帰ろうとすると、藍虎も自分で車に乗ろうとします。
中々良い感じです。
この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(4) | TB(1) | ▲ top
4ヶ月になります
- 2008/11/05(Wed) -
P1040305.jpg

りくはあっと云う間に1歳になってしまいましたが、藍虎はまだ4ヶ月です。
いろいろやってくれますからねぇ。
放れ犬に襲われそうになった時には、この大人しいチビさえも怖くて、キュンキュン言ってたのに、今やチビが半身で逃げます。
朝の川原散歩では、ノーリードで一緒に遊んでくれる貴重なお友達なんだからもっと大事にしようね!


P1040316.jpg

最近は日没が早いので昼の散歩がメインになっています。
定番の裏山です。
ここが一番安心して思いっきり遊べる場所です。
山に上がると呼び戻すのですが、藍虎がりくと競うように戻ってきます。
ちゃんと見ていてやれば、藍虎は何を教えてもとてもお利口なのでキチンとできる子なんですよね。


P1040352.jpg

檜の山は下草がないので見晴らしがきいて、少し急だけれど楽しく遊べます。
木の枝を取り合うのがお気に入り。


P1040321.jpg

穴掘りは好きですねえ。
藍虎は黒くて良かったね!
白い犬だったら、いつも真っ黒だね。


P1040335.jpg

藍虎、大きくなったでしょう。
肩幅があるんだよね。

大きくなると色が変るの?ってよく聞かれます。
うちの子は大きい子ほど赤いからですね。
赤くはなりますが、おりゅうみたいにはなりませんw


P1040363.jpg

そうそう、お寺の裏庭まで猪が来るので、柵が壊されています。
まだ見たことはないのですが、裏山で遊んでいて接近遭遇したら、うちのワン増達はどうするんでしょうね。
きっと私が走って逃げて、呼ぶでしょうけどね。







この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(2) | TB(0) | ▲ top
陶器市に出陣!?
- 2008/11/03(Mon) -
P1040248.jpg

昨日、那須の帰りにたまたま知り合いの窯元に寄ったら、陶器市を開いてました。お手伝いしている学生さんが、私が陶器を見ている間、おりゅう&りくを預かってくれました。

P1040245.jpg

犬好きの窯元の奥さんが藍虎をいろんな人に紹介してくれました。
甲斐犬の解説付きで!

今日はお礼?に早い時間から陶器市に行って、おりゅう&りくは盛り上げるのだけはお手伝いしてきました。


P1040262.jpg

ここは近所の子供達が開いているヨーヨー釣りのお店です。
1回50円。子供達がいらっしゃいませー!ありがとうございましたー!って、お店やってるのは
社会科の勉強としては最高ですね。


P1040271.jpg

勿論、看板犬してきました。陶器屋さんでも

P1040278.jpg

地元の食材を使ったお菓子やパンのお店でも。

P1040274.jpg

大人にも子供にもいっぱい触ってもらって、今日は親善大使のお役目ご苦労さまでした。

日本犬を飼おうと思っていて柴犬にしようかと思ったけれど、甲斐犬にしたくなってので帰ってから子供と相談するって、おりゅう&りくの写真をいっぱい撮って帰られた方がいました。
くろいもの会は教えておきましたが、やっぱり名刺があった方が便利ですね。


P1040259.jpg

ご褒美に鳥軟骨塩抜き!

おりゅうは座ったまま焼けるのを待ってるし、りくの尻尾はプンプンしてました。
この記事のURL | イベント参加 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ドッグランデビュー 那須高原にて
- 2008/11/02(Sun) -
P1040227.jpg

ドッグランといものに行ってみたかったのですが、遂にデビューしてきました。
想像通り、いたのは小型犬でしたが、すごく活発なトイプードルがいたので、藍虎は大喜びです。

藍虎の近くには大概りくが居ます。藍虎に何かあればりくがすっ飛んで行くんですよ。
藍虎におりゅうが飛び掛った時、りくは地対空ミサイルみたいにして空中でおりゅうを撃退して藍虎を守るんです。
いつか映像を撮れたらお見せします。


P1040216.jpg

林もあってただ広いだけの芝生よりも日景があるので良い感じです。
柵はその気になれば飛び越えられそうな高さですが、道路は遠いので問題なしですし、今回は藍虎を遊ばせられればOKってことで。


P1040224.jpg

この円筒状の遊具?は気に入ったらしく、3頭で潜り込んでいました。

P1040217.jpg

MIXか北海道犬かわかりませんが、日本犬が来ましたが、うちの3頭を見ただけで、帰ってしまいました。
みんなで柵まで行って誘ったのが失敗だったようですw

やっぱり、りくや藍虎は幸せですねえ。
おりゅうはりくが生まれるまでは、いっつも他の犬に遊んで欲しかったのに遊んでくれる相手はいませんでしたから。


P1040226-1.jpg
P1040232.jpg

おりゅうは小さい犬達と遊ぶことなく、その辺でマーキングしまくっていました。
その後で、お仕事お仕事!親善大使してました。


P1040233.jpg

ここはキャンプ場の中のドッグランです。
コテージに犬連れて泊まってバーベキューってのが、良いですねぇ~。
アカルパってとこです。
http://www.akarupa.com/

皆さん!那須にお越しの際はお声掛けてくださいね!


P1040235_20081102181716.jpg

帰りりんどう湖の近くでお茶してきました。
那須は犬同伴OKの店が多いです。
が、甲斐犬はあまりいないようですw

ここのオーナーに犬連れでのお奨めを聞いたらベーカリーの「ペニー・レイン」というので行ってみました。
静かな林道が大渋滞してました。帰ってから調べたらテレビとかでも有名らしいです。
確かにペンションの方にあるドッグランには大型犬もいましたが、じっと飼い主の側に座って走らない奇麗なリボンつけたグレートデンとか。。。
ここではうちのわん増同士でもガル~って遊べない空気を感じて、車も止めずに帰ってきました。
http://imagine.nasunogahara.co.jp/

那須にはいろんなとこがあります。
ぜひお越しくださいませー!

週末は那須高原特集も良いかな。
この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
りゅう婆ちゃんが作ってくれた小屋
- 2008/11/01(Sat) -
IMG_4484.jpg

10月生まれのりくがジャスト2ヶ月の時の写真です。
りゅう婆ちゃんが作ってくれたでっかくて不恰好な犬小屋ですが毛布をいっぱい入れて親子で寝るには丁度良かったです。


P1040106.jpg

藍虎が帰ってきた翌日、ちょこちょこ見に行ったら、犬小屋の風景が毎度違ってました。

この小屋は大きいので暑い日に日景が良いのだけど、普段は毛布が好きなおりゅうが入っていることが多いです。
最初見た時は暑いくらいの日なのに親子で小屋に入ってました。
この親子本当に仲が良くて、今でも親子で寝ていたりします。


P1040108.jpg

次に見に行ったら、おりゅうと藍虎が寝ています。

P1040110.jpg

と、思ったら、藍虎の「遊んで攻撃!」
ガブガブ~っとおりゅうに絡みます。
おりゅうは子供には甘くて、いつも嫌がらずに遊んでやります。

だから藍虎が怖いもの知らずなんじゃないかとw


P1040117.jpg

次に見に行ったら、りくが寝ようとしてるのを藍虎が邪魔してました。
藍虎、うるさいんだから~!とりくが押さえ込んで一緒に寝ようとしていますが、藍虎は遊んで欲しくてりくの耳を噛んだり脚を噛んだりしています。
でも、りくも藍虎も穏やかな顔してゴロゴロとしています。


P1040121.jpg
P1040122.jpg

そこへおりゅうが乱入。二人で遊んでいるので焼もちでしょうか?必ずといって良いほど参戦します。
ドタバタやって小屋が揺れます。
このオッカサンはもうすぐ6歳で口の周りも白くなってきたけれど、とっても無邪気で陽気です。

りゅう婆ちゃんの作ってくれた不恰好な小屋は大人気で、他に用意したもっと小さな寝床はまったく使ってもらえなくて放置状態です。
家の中でも、おりゅう用、りく用と用意してやっても先着順で好きな時に好きな方が使っています。
女同士だとそんなものなのでしょうかね。
この記事のURL | もう一人のオッカサン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |