スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
子猿とお出かけ
- 2008/12/31(Wed) -
P1060600.jpg

昨日は買い物がてら、ドッグランに遊びに行きました。
でも、今回は遊んでいるのは、小猿と藍虎だけのようです。


P1060598.jpg

りくは子猿達の側を離れないで、ずっと一緒に居ます。
他の犬と遊ぶこともありませんでした。


P1060602.jpg

小猿の親分は犬嫌いなくせにドックランの中に入って、その癖、「怖い怖い」を連発するので、普段は他の飼い主さんにナデナデして貰うのが楽しみのおりゅうも、大きな犬を追い回して親分の方に来ないようにしています。

スタンダードプードルって気取ったイメージがあるけど、走るとダイナミックなのね!


P1060621.jpg
P1060615.jpg

今朝の散歩でも、ずっとりくは子猿達の近くに居ます。

P1060624.jpg

おりゅうは、やっぱり目立たないようにコソコソっと。

P1060627.jpg

藍虎も、もう親分の機嫌を損ねるようなことはしないので、しっかりリードを持たれています。

P1060587_20090101005122.jpg

でも、いくらなんでも、これは駄目でしょ。
助手席のシートベルトできないし。。。

今年も、バタバタしたままに終ってしまいました。
おりゅう&りく&藍虎のおかげでたくさんの人に声を掛けていただき、楽しいこともたくさんありました。感謝感謝です。


スポンサーサイト
この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子猿が来た!
- 2008/12/30(Tue) -
P1060537.jpg

28日から妹が子供達を連れて、帰ってきています。
それで、忙しくてブログの更新が遅れたのですが。

ちょっとでも目を離すと、こんなんです。
靴履いてるしw


P1060562.jpg

赤ちゃんの時にまだ5つくらいしか言葉を話せない時に、覚えたのが「りゅう」でした。
ハイハイしながら、「りゅう~」って。
今はちゃんと、おりゅう&りくの区別がつくんですよ。
近所の小母さんよりもスゴイ!

おりゅうはずっと気配を消して、なるべく子猿達に構われないようにしているみたいです。


P1060568.jpg

でも、子猿達の親分に呼ばれたら、行かないわけには行きません。
おりゅうは、動物嫌いのこの子のために4歳くらいまでは、この子が家に来ると外に出されていました。
寝る時だけは私の部屋で寝ましたが、人が大好きなおりゅうは、縁側でいつも中に入りたそうに目で訴えて、お利口さんにじっと座っていました。
ある時小猿の親分がたまたま部屋に来た時があって、その時におりゅうは、這って行って背中を向けて横になるって作戦に出ました。
目を合さないようにして寝てぬいぐるみのように絶対動かない。それを繰り返して、おりゅうは家に入れてもらえるようになりました。

だから、おりゅうはこの親分の機嫌を損ねるわけにはいかないのです。


P1060581.jpg

写真撮るんだから、こっち!

親分はご機嫌な顔で笑っています。


P1060582.jpg

子猿達は庭でワン達を一緒だとご機嫌で悪戯もしないってことが、発覚。
おりゅうに集中だと可哀相なので、藍虎にジャンプしないように言って聞かせて、子守させることに。


P1060566_20081231080407.jpg

子猿と藍虎は良い感じです。
遊んでくれる大人にはハイパーな藍虎ですが、子供達とは落ち着いて遊びます。


P1060578.jpg
P1060608.jpg

ちゃんと、様子を見てるし。
違和感なしw


P1060529.jpg

りくは、ちょっと離れて、子猿と藍虎の様子を見ています。
子供達が来てからは藍虎のお世話係じゃなくて、子猿達のお世話係&藍虎の教育がかりをしています。
藍虎がふざけ過ぎると、まだ藍虎に慣れていない小猿の親分が怖がるので、りくが藍虎を叱りに行きました。
りくが顔を近づけて小さく威嚇すると、藍虎は途端に大人しくなります。
1日目にりくが藍虎にそうやって教えたので、2日の朝に朝の挨拶で、子猿達が寝てる所を顔ペロペロして、りくに叱られてからは、藍虎はとても良い子にしています。
藍虎を怖がって逃げ回っていた親分も、随分と藍虎に慣れてきました。
りくの評価急上昇中。

でも、絶対、犬3頭よりも人間の子の方が大変です。
うちに限っては、子猿達だけよりも、犬3頭が居た方が絶対楽です。

3日まで、ワン僧達頑張れ!
この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まだ12月
- 2008/12/27(Sat) -
P1060421.jpg
P1060422.jpg

樹齢何百年って杉木立のお寺は夏でも涼しいけれど、冬は歩いて5分の我が家とはまったく別世界の寒さです。
水が落ちる場所では、日中でも溶けない、樹氷ならぬ草氷が見られます。
池も薄く氷が張ってきました。
この辺は、高い山から少し離れているので、雪が降らなくて気温が下がります。
降っちゃった方が暖かいんだけど。


P1060413.jpg

檜の山は下草が生えないので、岩ががゴロゴロしていて、走ると急斜面をバラバラと小石が落ちてきます。
それが楽しいらしく、ワン達は上に下にと走ります。
行ったことはないのだけれど、甲斐の国はこんな感じなのでしょうか。


P1060437.jpg

落ち葉が敷きつめられた雑木山は走るとカサカサと音がします。
それが面白いみたいで、走ったり転げたりしています。

今日は晴れているのだけれど、風が強くて凄く寒いです。
手袋持ってこなくて失敗。
もう帰ろうよーーーー!


P1060414.jpg

お寺の境内まで戻ってくると、藍虎は草に潜ってクールダウン。

暑いのか~!

これじゃあ、来年の夏も大変だね~。
また藍虎用にアイスノンいっぱい必要だね。


P1060416.jpg
P1060417.jpg

今朝だって、わざわざ日陰の霜の残っているところを探して寝ているし、、、。
もう氷点下になっている夜だって暖房の入った部屋には決していないし。
私の部屋なんか、設定温度18度でも逃げていくし。。。

冬は藍虎の季節だね!

おりゅうは、朝は8時すぎないと散歩に行きたがらないのにね。

この記事のURL | うちの子物語 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
スイッチオン!
- 2008/12/26(Fri) -
P1060243.jpg

今日は寒かったです。
朝は風花が舞っていました。
写真は今日のものではなくて数日前に撮ったものですが、晴れが多い栃木は夜は急速に冷え込みます。
今夜はもう星が出てて、北風が吹いて寒いです。

さっき友達からの電話で、仕事帰りで通りにある温度計は、-5度だったとか。
もう氷が張っていますね。

この冬、初めてエアコンのスイッチを入れました。
夜はワンが部屋に居るので、いつも室内でも厚着して頑張っているんですけどねw

晴れた日が多いので、天日で干すうどんです。
何とものどかでしょ。


P1010345.jpg

写真はふきのとうです。
ふきのとうって春に出るイメージですが、実際は11月くらいから出ています。
中々大きくならないし、数も少ないので貴重品です。
春に出る場所でも秋には出ないところもあるので、どういう理由なのかは、よくわかりません。
それでも春を告げる山菜だと思うので、年を越すまでは採るのを待っています。
1月になってちょっと暖かい日に、気分だけでも春を味わうのが、贅沢な気がして。

今日は珍しく犬の話しじゃないのですが、あまりに寒いのでね。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
藍虎のばあちゃん
- 2008/12/25(Thu) -
P1060394.jpg

藍虎はお母さん似ですが、それより更にばあちゃん似だと聞いていたので、どんなに似ているのかと那須の巻狩犬舎に行って来ました。
笑っちゃうくらいにそっくりな顔。

黒の遺伝、恐るべし!


P1060399.jpg

ああ、でも全身は似ていません。
お母さんもですが、婆ちゃんもデカイ。
しかも神経質だそうで、泥の上でも寝ちゃうような藍虎とは違いそうです。
まして居ないと思ったら滑り台に登っているようなことは、まずなさそうです。


P1060404.jpg

むしろ、血は近くもないのでしょうが、藍虎を更に詰まらせたようなのが、舞ちゃんです。
8頭の甲斐犬がいて、一斉に吠えますが、りくも藍虎も尻尾プンプンでまったく動じません。
先日書きましたが、シロに感謝です。


P1060397.jpg

すぐお隣の益子犬舎のお母さんのナデナデしてもらって、みんな大喜びでした。
春には愛護会展に、藍虎を出そうって話で纏って帰ってきました。

でも、帰りに寄ったアウトレットでアクシデントが!
ドックランに犬が他の犬がいれば遊ばせてやろうと、藍虎も連れて車を降りたのですが、誰も居ないのでちょっと買い物する間、3頭を繋いでおきました。
少しの時間だったのですが、藍虎は飽きてしまったのかりくを繋いでいたリードを噛み切っちゃったのですね。
戻ったらりくが居ません!

驚いてりくを探そうとしたら、もう足元に居ました。
私が買い物していたお店のドアの横で待っていて、私に着いて来たらしいです。
リードが切れて使い物にならないので、どうやって車まで戻ろうかと思ったのですが、りくなので覚悟を決めて、そのままノーリードで戻りました。
「りく、ここね」って声を掛けながら、知らん振りして歩きました。
りくはおりゅう&藍虎と並んで歩くので、周りの人はりくがリードがないことに気づきませんでした。

リードを切られたのが、おりゅうじゃなくて良かった!
藍虎虫め!w
この記事のURL | 甲斐犬仲間 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ちょっと困った
- 2008/12/24(Wed) -
P1060338_20081224225041.jpg

今までも何度も書いてきましたが、りくは藍虎が家に始めてきた時から、ずっと藍虎の面倒を見てきました。
それは、身体の大きさが殆ど同じになった今も変らないです。

P1060337.jpg

今朝も川原で遊んでいると、藍虎が何かを食べているような感じで慌てて走っていくと、その傍らでりくが腐った鮭の残骸を一生懸命鼻で埋めていました。
虎毛も派手なら、やることも目立つおりゅうと、お騒がせ藍虎のお陰で目立たない感じのりくですが、愛情深く味があるのがりくです。

その愛情に深さでここ数日困ったことがあります。

藍虎が家の子になって、りくが気にするだろうと思って気を使っていました。
なぜなら、りくは藍虎のお世話もしますが、私のストーカーみたいな存在でもあるからです。
私が藍虎やおりゅうに触るのは仕方ないし、おりゅうや藍虎が私と遊ぶのも構わないのだけれど、りくが私にくっついている時に邪魔をされるのは我慢ならないらしく、嫌な顔をしますが、今夜はついに怒りだしました。

どうしたのかと思うほど猛烈に怒っておりゅうは部屋から逃げ出しました。
おりゅうは夏は私の部屋は暑いらしく涼しいリビングで寝ていますが、りくはどんなに暑くても私の部屋で寝ていますから、先住権はりくにあるようです。

藍虎はりくの剣幕に驚いたのか、2階にも上がってきません。

怒っているりくをなだめると誉めているようになるかと思い、イケナイって叱りましたが、浮気者のおりゅうとは違い一途なりくは可愛いので叱るのも可哀相で。
藍虎が何をしてもいつもは怒らないりくなので、これだけは譲れない!って主張なのでしょうね。
私はりくにとって、大好きなオヤツと同じなのでしょうかw
これも教育的指導かな。

りくに隠れて、おりゅう&藍虎はナデナデスリスリしました。
この辺は多頭飼いの微妙なバランスが必要なのでしょうか。


P1060347.jpg

廊下で昼寝しているりくは、光がお尻の方からあたって、虎毛が真っ赤に見えます。
日陰なら黒く見えるし、光のあたり方で全く違う色に見えるのがりくです。
いつも大人しくて優しくて良い子なのに、たまーにですが、怖い顔して怒るのもりくだったりします。
虎毛の見え方と一緒で、随分違いますね。

陽気で明るいおりゅうとは太陽と月みたいですが、どっちも可愛い我が子です。

そうそう、どんな時に撮っても真っ黒な藍虎は、性格もいつでも変わりなく大らかだったりします。
血の繋がりのない藍虎だからこそ可哀相な思いはさせたくないし、皆が幸せでストレスフリーでいてもらうのにはどうしたら良いかな~。
犬社会のことは本人達に任せるのが良いのでしょうかねぇ。

クリスマスイブの夜にこんなこと真剣に考えてる私って、、、、w

藍虎は迎えに行ってやったら、部屋に来ていつもの場所で寝ています。
おりゅうも、暫くすると部屋に戻ってきました。
りくは、もう怒ったりしないでいつものように仲良くしています。

ホッ!

この記事のURL | うちの子物語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シロの功績
- 2008/12/22(Mon) -
P1060170.jpg

ご近所に「シロ」っていうよく吠える犬が居ます。
毎日毎日、好い加減に慣れよって思いますが、良く吠えます。
藍虎は尻尾フリフリ腰をクネクネさせながら、低い姿勢でシロに近づいていって、お尻を向けながら、遊ぼう~ってアピール。


P1060172.jpg

藍虎、後ろを振り向いてりく&おりゅうが居ることを確認。


P1060173.jpg

お世話係はちゃんと後ろに控えています。
藍虎、これで千人力です。
いざとなれば鉄火肌のお世話係が猛然とシロを撃退してくれます。

猛烈に吠えたり唸ったりするシロに近づけるのは、凄い!って近所では言われています。


P1060177.jpg

押し捲られてシロは塀の中に逃げ込んでしまいました。

P1060010.jpg

そうこうするうちにシロの吠える声を聞きつけて飼い主さんが出てきて、みんなにオヤツをくれました。

そうなんです。シロはとっても優しい飼い主さんに飼われている吠えるけれど決して噛んだりしない♂犬なのです。
最初にシロと友達になったのは、おりゅうでした。
2ヶ月くらいの子犬の時に猛然と吠えるシロのところに毎度這って行って、シロが根負けしたのです。
3ヶ月過ぎた頃は、吠えるシロを横目にシロの犬小屋で寝ていたりしてました。
おりゅうは、近所で苦笑いされるくらい可笑しな子供でした。

それは、りくに受け継がれ、りくも犬に吠えられるのが平気です。
吠えるシロをかわしながら頑張っていると、シロの飼い主さんが出てきて、ワン僧達にとってはご褒美をくれるわけですから。
食いしん坊の藍虎だって、飼い主さんが出てきてご褒美をくれるまでは、頑張ります。

だから、山形甲斐の所であれだけ4頭に吠えられても藍虎は平気だったんですね。
シロのお陰で我が家のワンは犬に吠えられてもビクともしませんw


P1060183.jpg

でもねえ、、、、おりゅうはやっぱり可笑しな犬です。
眠かったのか待ちくたびれたのか・・・

ほら!帰るよ!


P1060185.jpg

ズルズルっと引きずられても起きません。

こら~~!
この記事のURL | うちの子物語 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
アウトレット
- 2008/12/19(Fri) -
P1060259.jpg

那須にアウトレットが出来て気にはなっていたのですが、混んでるって話だったので避けていたのですが、犬歓迎ってことなので行ってきました。

P1060269.jpg

様子が分からないし3頭連れて買い物もつらいので、その辺に繋いでおいて子供が悪戯?しても全く心配のないおりゅう&りくだけ連れて中に入りました。

P1060282.jpg

確かに犬は多いですが、やはり洋犬ばかりです。


P1060276.jpg
P1060280.jpg

ちょっと繋いで買い物していると、犬好きの人がナデナデしてくれています。
おりゅうもりくも人に対しては、私が居なくても心配ないので、こういう時は繋いでおけるのでとても有難いです。

上の写真のナデナデしてるカップルは、甲斐犬を知りませんでした。
下の写真のちょっと離れて眺めている男性は、甲斐犬を知っていました。
やっぱ知っていると、飼い主が居ない間は触りませんねw
この後、ナデナデしてくれました。


P1060309.jpg

ドックランもあります。
最初、ミニチュアダックスを3頭連れた人が、一緒に遊びましょうと誘ってくれたのですが、ダックスちゃん達は金網にへばりついて、藍虎がいくら誘っても駄目でした。
うちのだけになると、もう遠慮はなく、いつものようにガウガウと激しい遊びになります。

側を通る人が驚いて「何かの訓練ですか?」って私に聞きました。
警察犬が犯人の腕とかを噛んで離さない様子を連想したのでしょうか。。。
「訓練ではないのですが、母犬が子供達に稽古を付けてるんです」って、意味不明な答えをして置きました。
ただ、遊んでるだけって言うには、甲斐犬の家族の遊びって激しすぎですよね。
おりゅう、、、ガル~~って唸るし。最近、りく&藍虎まで唸るし。


P1060310.jpg

勿論、ドックカフェもあります。
犬連れで行ける場所が那須にまた増えました。


P1060262.jpg

けど、ペット用品を売っているお店は、、、、
家の犬達には縁のない物ばかりでした。

サンタの洋服の甲斐犬って可愛くないと思うぞ。
この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
やっぱりここが一番!
- 2008/12/18(Thu) -
P1060132_20081218223517.jpg

うちわさんに、猟犬が山で着ける鈴を頂いたので、早速りく&藍虎に着けていつものお寺の裏山に行ってみました。
「うるさいなあ」「そっちこそ、うるさい!」って、いつもにも増してハイテンションで遊んでいます。


P1060129.jpg

遊歩道の左側にりく&藍虎が仲良く並んで伏せています。
2頭でおりゅうを迎え撃つ作戦らしいです。
鈴が鳴らないように、引き付けて一気に飛び出しました。

色々、考えるものですねぇ。


P1060149.jpg
P1060150.jpg

お寺の行事の多い時期や、観光客の多い紅葉の時期は来られないのですが、今の時期なら人は居ません。
杉以外は葉っぱが落ちているので、夏よりも陽だまりが増えています。
今日みたいに晴れた日は、冬でも家の庭はワン達には暑いらしくハアハアしているので、大きな杉の木立のあるお寺の裏庭が心地良いらしいです。
私も厚着していたので、気ち良かったです。
北が山に囲まれているので、風がなくて、ひんやりはするけど、冬でも気持ち良い場所です。
近くて良かった。


P1060155.jpg
P1060160.jpg

りく&藍虎が今日はしつこく池の鯉を捕まえようとしていました。
寒さで動きが鈍っているようです。
でも、そんなのろまは居なかったようです。


P1060128.jpg

でも、結局捕まえたのは、モグラの子供1匹。
藍虎が穴掘りして捕まえました。

藍虎に捕まっちゃうモグラって、ちょっと間抜けかもw
この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(6) | TB(0) | ▲ top
やればできるねぇ!
- 2008/12/16(Tue) -
P1060051_20081216192448.jpg
P1060053_20081216192500.jpg
P1060054_20081216192511.jpg

ここの所、藍虎は山でも勝手に沢に降りて行って呼んでも戻ってこないってことが続いていました。
昨日の朝、プチっと堪忍袋の緒が切れたのと、もう5ヶ月を過ぎたので、そろそろ教育的指導をと思い叱りました。
それに加えて、昨日の午後になってから藍虎だけ買い物に連れて行って、スーパーの前で待たせておきました。
私に見放されないようにしなきゃ!って、すこしは危機感を感じてくれればと思ったからです。

そして今朝、おりゅうと田んぼで遊んでいる所を、藍虎だけ呼びました。
藍虎、すっ飛んで帰ってきました!
お利口です。

3枚目に手前に写っているのはりくです。


P1060057.jpg
P1060060.jpg
P1060062.jpg
P1060066.jpg

今度は、もっと遠くまで行ってしまった所で、呼んでみます。
田んぼの中を一生懸命走って来ます。
私がちゃんと教えられなくて、言って聞かせるのをわかってくれたみたいです。
藍虎、かなりお利口さんです。


P1060111.jpg

夕方、もう一度田んぼに散歩に行きました。
朝、遊んでいた田んぼは袋小路で、道路がないので安全なのですが、そこまで行く前に藍虎はカラスを追い始めました。
巧妙なカラスは、ドンドン道路の方に藍虎を誘導していきます。

声が届かないくらい遠くに夢中でカラスを追って行ってしまいました。
真ん中の黒いのが藍虎で左の方に黒い点が2個あるのがカラスです。


P1060112.jpg

呼んでも聞こえないのか夢中なのかわかりませんが、交通量の少ない道路ですが、やはり危ないので私が走っていこうとしたら、りくが走って行きました。
黒い点、2個がりくと藍虎です。


P1060113.jpg
P1060115_20081216194449.jpg
P1060116.jpg

りくに誘導されるように、一緒に戻ってきました。
おりゅうが子供の時は、20mくらいの長い紐で4ヶ月すぎまで、しつこく呼び戻しを教えたのですが、りくは教えたこともないけれど、いつも一番先に戻ってきます。
最近は、藍虎まで呼びに行くようになりました。
とっても良い子です。

藍虎パパは1週間前から母親の介護のために新潟の実家に戻っています。
その間ずっと我が家にお泊りしていたのですが、色々と相談した結果、藍虎は正式に?我が家のワンコになりました。
今までは私なりに藍虎パパに遠慮して藍虎に接していたのですが、遠慮しないで我が子として接すれば、藍虎は物分りのよい素直な良い子です。

本日の呼び戻し3連勝です。
藍虎、ママもりくもついてるぞ!ガンバレ!

あ、おりゅうも藍虎が何かにやられそうな時はついてるぞ!w


この記事のURL | うちの子物語 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
白い朝
- 2008/12/15(Mon) -
P1050975.jpg

今朝は東京でも初霜が降りて、神奈川では初氷が張ったとか。
この辺りは、霜で真っ白で、わずかに雪も降ったようです。
日景に吹き溜まりが出来ていました。

いつもの朝の散歩で、田んぼは一面真っ白。
藁に降りた霜が気持ち良いらしく、ゴールデンのリキはゴロゴロスリスリしていました。


P1050986.jpg

枯れ草になっている川原も、日が照っているのにまだ白いままで、今日は家の赤虎親子も奇麗に見えます。
最近は枯れ草が保護色のようになっていたのにw


P1050999.jpg

田んぼの端っこに休耕田があって、セイタカアワダチソウが遠慮をすることなく伸びきっています。
今日はそれも真っ白で、ちょっと奇麗だったりします。

が、、、今日に限って藍虎が突入!
続いておりゅう&りくも突入。
ガサガサと中で何かを探しているのでしょうか。


P1060002.jpg

藍虎が出てきて、その後にお世話係のりくが出て来ました。
もう好い加減、足が冷たくて、帰らなきゃならない時間なので呼び戻しました。


P1060004.jpg

おりゅう&りくはすぐに戻ってきましたが、藍虎がまた中に入ったままいくら呼んでも出て来ません。
ちょっと出てきて顔を出しても、私の呼ぶのを無視してまた中に入ってしまいます。


P1060005.jpg

足先が冷えてジンジンとしてきました。
藍虎虫め!
あんにゃろ、捕まえてお仕置きだ~!

覚悟を決めて、ブッシュの中に入って「待て!」「おいで!」と大声を出すと、ビックリしたのか足元まで来ました。
怒っているのがわかったらしく、お腹を出して謝るので、内心どうしようかと思いました。
おりゅうはお腹出して謝るなんてことはなかったし、りくは悪いこともしないので怒ったこともないからです。
とりあえず、その場は得意の「言って聞かせ」て、家に帰ってからボールで遊んでやりました。

藍虎は多分、違う環境だったらすごく大人しい子だったんだろうな~と思う今日この頃です。

それにしても、冬本番はこれからなのに、寒いです~。

この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(2) | TB(0) | ▲ top
山形へ!
- 2008/12/14(Sun) -
P1050966.jpg

朝から雨で寒いので、今日は外で遊ぶのもなぁ~。
そこで、思い切って山形まで行くことにしました。
6年前にくろいもの会に入った時から、いつか会いたいと思っていた山形の「甲斐」君に会いに。

くろいもの会のメンバー紹介に載ってる写真の頃は22㌔あったそうで、今は絞り込んで17㌔だそうです。
天気が悪かったので、鮮やかな虎毛が奇麗に写っていませんが、差し毛の赤がとても奇麗です。

さすが、すっと立っても決まっています。


P1050960.jpg

藍虎の挑発にも乗らず、シブイ大人の男って感じです。
でも口の周りに白いものもなくて、8才には見えないで、若い感じがします。
無駄な脂肪がなくて柔軟で軽い動きは、大型の甲斐犬に時々感じる重たさを全く感じなくて、猟師さんに見込まれて交配したって云うのが納得でした。


P1050954.jpg

お嫁さんの「さくら」ちゃんと娘の「もも」ちゃんが居るのは知っていましたが、「カムイ」君も加わっていました。
新潟で生まれた「甲斐」君の息子さんだそうですが、虎の子みたいにデッカイ足です。
藍虎が5ヶ月で「カムイ」君が4ヶ月。体重はすでに負けていますが、頭の大きさもエライ違いです。
「甲斐」君は50センチオーバーの大型の甲斐犬で、父似なんですね。
藍虎も父さんと母さんの大きさは「カムイ」君の両親と同じくらいなのに、どこでどうなってこうなったんでしょうねw


P1050956.jpg

カメラからはみ出すくらい遊んで貰った藍虎は、とても喜んでいました。
「カムイ」君、どんな大人になるか楽しみです。
また、会いに行く楽しみができました。

7頭兄弟の写真を見せていただきましたが、みんな大きくてビックリ。
藍虎の近所にいる姉妹はみんな藍虎と同じか小さいくらいなので、何か原因があるのかとか考えました。


P1050971.jpg

「さくら」と「もも」ちゃんとも藍虎は遊びたそうでしたが、突然の犬連れの訪問者に警戒モードで遊んではもらえませんでした。
最近は、どんなに吠えられても動じなくなった藍虎は、側まで様子見に行ってました。

もちろん、おりゅう&りくも一緒でしたが、「遊ぼう遊ぼうガウ~」と、きっと、おりゅう&りくは煩くなるので、住宅街なのでさっさと撤収。
車の中で遊ぼう攻撃していました。

こっちが雨だったので、山形は雪かなと思って出かけたら、栗駒にちょっと雪があっただけでほとんどありませんでした。
突然の電話にも快く迎えてくれた甲斐パパ&ママさん、ありがとうございました。
きっと、くろいものイベントで会ったことがあって現在の甲斐君の様子を気にしているファンも多いと思うので、ご報告できて良かったです。
山形には好きな温泉が多いのですが、別の楽しみもできたので、またお邪魔しま~す。



この記事のURL | 甲斐犬仲間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
犬の習性?
- 2008/12/12(Fri) -
P1050474.jpg

迷い犬のビーグル君は、新しい飼い主の元で今は幸せに暮らしています。
もう寂しくて吠えることもなくなったとか。

でも、新しい飼い主さんのところに行って、2日くらいの時に、庭で遊んでいてちょっと目を離した隙にいなくなったって騒ぎがありました。
その4時間後には、2山超えた所の藍虎の家で保護されました。
もちろん藍虎の家など行ったことはありません。
あんな山の中の1軒屋ですから、ただの偶然でたどりついたとも思えません。
想像したのは、その時シーズン中だったおりゅうの匂いが藍虎についていたからではないかと。

それにしても本当に鼻が良いんですね。


P1050146.jpg

ふと気配を感じてデスクの脇を見ると、おりゅうが壁になって気配を消していました。
こんなところで何をしているのかと思えば、イベントの空砲の花火がなっています。
そう、おりゅうは花火が苦手なんです。
まだ、半年くらいの時ですが、おりゅうには不幸な夏があったのです。
その年、家に雷が直撃で落ちました。
PCも電源を抜いたのに、電話線から雷が入ってモデムが壊れるような始末でした。
そして、その直後に夏祭りの花火がありました。
家から200mくらいの至近距離であがった花火は、人間にはそれはそれは奇麗ですが、雷の後のおりゅうにはたまったものじゃありません。
当時は外に繋いでいたおりゅうでしたが、土に埋めてあったアンカーを引っこ抜いて家に飛び込んできました。
その後、台風で物干しが犬小屋にひっくり返るってことも同じ夏にありました。
それ以来、雷と花火の音は苦手です。


P1050150.jpg

それでも、見栄っ張りでプライドの高いおりゅうは、怖い素振りは見せずに、すーっと何気なく私の側にいるだけです。

「りゅうちゃ~ん、怖いんだ~」ってからかうように言うと、
「怖くなんかない!」って、怒ったような顔をしました。
「本当は怖いくせに! 弱虫毛虫~。抱っこしてあげるからこっちおいで」って馬鹿にすると、ちょっと離れたベットの向こう側の狭い所で、眠いだけ~ってな顔して丸まっていました。

りくも藍虎も雷も花火も平気なので、怖い顔も見せられないのでしょうか。
親分も大変です。
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紅孔雀おりゅう
- 2008/12/10(Wed) -
P1050935.jpg

おりゅうの本名は「紅孔雀」って言います。
私が付けたんじゃありません。お里です。
暴走族みたいな名前ですが、実は福寿草の名前なんです。
おりゅうのお里の秩父には福寿草が多いらしいです。
紅孔雀は見慣れた黄色の福寿草よりも、ちょっと赤みが強くて花弁も華やかです。

でも、おりゅうの祭りと喧嘩が好きな賑やかな性格は、やっぱり暴走系でしょうか。バイクに乗ったら似合いそうw
夕方川原で遊んでいたら、高校生がバイクで集まってきました。
もちろん、人が集まるところには、おりゅうが乱入です。


P1050938.jpg
P1050940.jpg

呼んだって全然戻って来ないし。。。妙に馴染んでるしw

りくが生まれてからは、随分とマシになりましたが、それでも人が居れば積極的に自分から寄って行く、、、、時には困るくらいにフレンドりー。
天性なのか、育った環境なのか。

写真はないのだけど、りくは男の子達に大人気で、超~可愛い~!の連発でした。


P1050945.jpg

りくと藍虎を見る限りは、両方かなぁ~。

おこちゃま達まで、集まってきちゃった。


P1050931.jpg

くっついて昼寝しているおりゅう&りく。
隣の小さなキャリーケースは、相変わらず不人気で、仲良くでっかい犬小屋を使っています。

陽気で大らかで、でも気性の強いおりゅうに似た子が生まれてくれると、他の家で生活することになってもあまり心配いらないのだけど。。。
家人にべったりで、他人にもそこそこフレンドリーだけど、実は気が強いりくの性格も可愛がって貰えるかな~と、まだできたかどうかもわからないのに気にしたりしています。


この記事のURL | うちの子物語 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ただいま!
- 2008/12/09(Tue) -
P1050896.jpg

家に戻った金曜の夕方から寒くなりました。
湘南と那須の温度差に気象の変化が加わって、海外から戻ったような感じです。
朝は、川原は霜で真っ白。
さむ~~。


P1050838.jpg

カメラを向けると、おりゅうがポーズをとってくれました。
でも、何か変じゃない~?
横綱の土俵入りじゃないんだからねぇ。
土佐犬みたいに化粧回しが似合いそうよ!


P1050897.jpg

昼に車で出かけた時に、近所なのですが道1本奥に入ったところで、牛を飼っていました。
今まで知らなかったです。

こんなに近くに牛がいたんだ!
道路沿いで、車のすぐ側に牛がいて、ちょっと怖いです。


P1050899.jpg

りくが猛烈に唸りながら吠えています。
藍虎もりくにならへで、唸りながら吠えています。
藍虎が吠えるのって、初めてです。
5ヶ月にして始めて聞きました。
おりゅうと遊んでいて「キャン」って言うことはありましたが、催促吠えもしないし、警戒や威嚇で吠えたこともなかったです。
藍虎パパはまだ吠えたのを聞いたことがないって言ってました。
口が堅いのは、我が家のワンの良いとこではありますが。

おりゅうは、犬に対するようにフンフンと鼻を鳴らしています。
牛と遊びたいのか?
ホント?w

りくと藍虎の剣幕に驚いたのか、牛は向こうに行ってしまいました。


P1050859.jpg

いつものように昼休みに山に行くと、いつもは遊歩道から外れても、せいぜい見える範囲か、見えなくなっても呼べばすぐに戻るのに、沢の方に降りて行ったきり呼んでも戻りません。
湘南への旅行ですっかり自信をつけた藍虎は、尻尾もあがったけれど、いつもよりも動く範囲が広くなってます。

りくに後を追わせましたが、藍虎はどんどん急斜面を沢の方に降りていってしまいます。
深い沢の奥には、イノシシが隠れているはずで、マズイ!って私も後を追いました。
これが結構な急斜面で私は思うように進まないのですが、藍虎が歩いていたのは、イノシシの通り道でした。
ヒズメのような足跡がはっきり残っています。
ここで、イノシシと会ったら、私だけ逃げ遅れますから、一生懸命藍虎を呼びながらも、りくと一緒に一旦は尾根にあがりました。
こういう時、いつでも側にいて働いてくれるのは、りくです。
おりゅうはマイペースなので、一人でその辺を探索していました。
乱闘になりそうな時とかは、役に立つんですけどねぇ。


P1050862.jpg

藍虎は、呼んでも呼んでも来ないと思ったら、ちゃっかり先に尾根の遊歩道に戻って、穴掘りをしていました。

何だよ~~!藍虎虫は~!
私を困らせたら、虫に格下げです。


P1050883.jpg

藍ちゃん!帰るよ!と声を掛けても、穴掘りに夢中です。
土の中に何がいるのでしょうね。

こらーーー!、帰るぞ!

藍虎は家に入るととっても大人しいんですけど、このままじゃあ、入れませんね。
甲斐犬は山でも街でも暮らせるんだなぁ~と、妙に感心しました。
この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(2) | TB(0) | ▲ top
湘南ガールズ・・・最終
- 2008/12/05(Fri) -
P1050741-1_20081207075521.jpg
たった2日だけれど、家にワン達がいるのが普通になっている子供達。
ワンが大好きなので、ずっとご機嫌です。

みんなで記念撮影して、さーーーて帰るよ!

って、パンしか見てないw


P1050759.jpg

湘南と言えば、海!

我が家のワン僧達は始めての海です。
押し寄せる波の音もまったく気にならないらしいです。
りく&藍虎、波打ち際までまっしぐら!

P1050764.jpg
P1050772.jpg
P1050778.jpg

8mのリールリードじゃ、りくと藍虎の動きには足りなくて、砂浜を一緒にたくさん走りました。
金曜日は強風で砂嵐の中、どこまでも走ろうとします。
水を飲んだ、りくの顔が印象的でした。
2頭とも海に入ろうとするので、それは止めましたw

休んでいるサーファーが、ワン達を見てニコニコしていました。
即、アピール!


P1050779.jpg

ナデナデなら、私、私!
おりゅうが割り込みます。
うちわさんとこの陸と遊んだ時に、リールリードを1つ壊したので、おりゅうは短いリードだったのでした。
この海でも、激走に耐え切れず1つ壊れました。

でも、強風の中走り回る2頭と一緒に走りながら、おりゅうを連れて写真撮ってる私って、結構すごいw


P1050789.jpg

帰りの高速のSAにあるドックランに寄りました。
やっと放してやることが出来ました。
いつものように枝を咥えて、取り合って遊びます。

この時気づいたのが、りくと藍虎の尻尾。
最近りくは、おりゅうみたいに前にぐっと倒れるくらい尻尾が上がっていることが多くなったのだけれど、藍虎もそんな感じ。
いつも下がりそうなナヨっとした尻尾が力強くあがっています。

藍虎、逞しくなったのかな。と思った瞬間でした。


P1050805.jpg

帰りの車の中、りくが寝ている上に乗っかって、おりゅうが寝ています。
他にスペースはいくらでもあるのにw
何だかんだ言っても、やっぱり疲れたのかな。

藍虎を除いては。。。

この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
湘南ガールズ・・・その2
- 2008/12/04(Thu) -
P1050579-1.jpg

藍虎も家に入れてもらえる事になったので、とりあえず朝ご飯を食べさせました。
ただし、藍虎はリードで繋いだまま。

2歳になる子供達は犬と言えば、おりゅうが全て。
犬が大好きで全く警戒心がない子達は、藍虎のお椀から干し魚を取っては藍虎に食べさせています。
食べている時に子供が手を出しても藍虎は怒らないって自信はありましたが、甘噛み王女様なので手を噛まないかとちょっと心配でした。

子供達とすっかり仲良しになった藍虎は、リードを放してもらえることになりました。


P1050606_20081206145836.jpg
P1050625.jpg
P1050626-1.jpg
P1050634_20081207100934.jpg


P1050726-1.jpg

驚いたことに、藍虎はすぐにこの家のワンコのように馴染んでしまいました。
走り回ることもなく、子供達に甘噛みすることもなく、一緒に遊んでいます。
子供達が側にいると身を低くします。


P1050633.jpg

いつも泥んこで熊の子みたいな藍虎が、湘南の白い家に一番似合う犬だったとは。。。
妹家では藍虎の評価が断然高い。
都会的な美人顔で、大人しくて、お利口さんって。

アドベンチャー藍虎は、2ヶ月くらいの時にめっちゃ可愛い顔していたのを思い出しました。
遠い昔のようです!w


P1050711.jpg
P1050730-1_20081206171411.jpg
P1050719-1.jpg

おりゅう&りくは、どこに連れて行っても問題ないのはわかっていたのだけれど、今回の旅行では藍虎の意外な面を発見しました。
お馬鹿ちゃんじゃなくて、良かったです。
5ヶ月足らずで場所をわきまえられるなら、とってもエライです。
とってもイケてる湘南ガールに見えてきました!


P1050721-1.jpg

ああ、でも、何かすごい風景ですね。
犬3頭と子ザルが2匹、それを仕切る女王様。
おりゅうは、この女王様がリードを持ったら、どんな時でも引かないんですよ。

だってね、嫌われたら家から出されちゃうんですもの。

明日に続く・・・

この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
湘南ガールズ・・・その1
- 2008/12/03(Wed) -
P1050542-1.jpg

山の中で暮らしている我が家が、神奈川まで遊びに行きました。
おりゅうの交配が第一の目的ですが、今回はいつにも増してやるイマイチなので、交配はできれば良いかなって程度で遊びに行くことにしたのです。
交配相手との約束は7時だったので、早めに行ってうちわさんとこの陸と遊んでもらいました。

写真は陸とりくと藍虎です。
陸とりくは異母兄弟なんですよ。


P1050545.jpg

背中の毛を立てて、踏ん張ってるのは、りくです。
犬がいたのだと思います。

りくは普段は本当に大人しくて藍虎の面倒ばかり見ているのですが、自分のエリアから外に出ると俄然頑張っちゃうみたいなんです。
実は鉄火肌なんじゃないかと最近思ったりしています。
陸にも最初はガルっとしていました。
りくは父方の叔母似なのだという話しも。。。


P1050550.jpg

藍虎は連れて行かないつもりでしたが、藍虎パパが一人で2日も3日も置いておくのは可哀相だから連れて行ってってことだったので、一緒に連れて来ました。
藍虎はおこちゃまなので、誰にでも遊んで欲しいんです。
陸にもさっそくご挨拶。

でも、りくは藍虎なんて眼中になくておりゅうが気になるようです。
迷惑そうな顔w

少し暗くなって散歩する人も途絶えてから、広い場所で3頭で走りました。
腕が悪く、私が撮った写真はブレブレなので、うちわさんが撮ってくれた映像を見てくださいね。
念のため、ここです。
http://kuroimonokai.com/uchiwa/



P1050563-1.jpg

交配は、何とか無事成功しました。
ピークの日がいつもよりもかなり遅いので、どうなることやら。

藍虎を連れて行ったので、湘南に住む妹の家に泊まるのもためらわれ、車にお布団積んで行ったので、とりあえず遅くなってしまったことだし、妹の家の駐車場でお泊り。
藍虎のために野宿とは、我ながら犬馬鹿だなあと感心しながら朝を迎えました。

まず、朝は姪っ子をバス停まで送ります。

あんた達、そんなとこで穴掘り始めたら、バスに乗り遅れるでしょう!


P1050570-1.jpg

何とまあ、笑えるくらい周りの景色と違和感のある犬達なんでしょう。
この街に虎毛って妙に似合わないw
山から出てきた娘達はお洒落な湘南ガールズになれるのでしょうか!?


明日に続く!



この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
叶わぬ恋?
- 2008/12/02(Tue) -
P1050506.jpg

今朝はどんよりとした曇り。
いつのも川原の散歩で、1週間ぶりくらいに近所のゴールデンとイングリッシュスプリンガーに会いました。
リキとチビです。どちらも雄です。
おりゅうは珍しくちょっと自分から近寄りますが、ぜーんぜん相手にしてもらえません。
いつも側によると追い払うから、モテないのでしょうか。。。

このゴールデンのリキはもう10歳ですからいつも先に一人で家に帰ってしまうのですが、春にりくが初シーズンの時は、我が家まで着いて来たツワモノです。
まったく、おりゅうには興味を示さず、先に家に帰ってしまいました。
おりゅう、やっぱり今シーズンは、いつもにも増して弱いのでしょうか。


P1050503.jpg

チビは、もうピークは10日以上前に過ぎたりくを追い回して、りくに怒られてました。
最近、りくもこのチビを追い払うようになりました。
藍虎もw

大人しくて良い子なのですが、我が家のワン僧には不人気です。
ベタっとしつこくてちょっと図太い感じが嫌みたいです。
チビは吠えないけど、ちょっとビーグルなんかと感じが似てるのかな。


P1050534.jpg

今回の交配は駄目かな~と、考えながら歩いていると、おりゅうの大好きなMIXのレオ君に遭遇。
丁度、今日辺りレオ君に家に行ってみようかと思ってた頃でした。
おりゅうはレオ君と相思相愛で、レオ君に対する態度で、ピーク度がわかります。
3日くらい前に会った時は、まだって感じでした。

今日は、中々良い感じで、「レオ君がこの家に遊びに来てるーーー!」って、ヒャンヒャン言ってます。

「ほら居た!レオくーーーーん!」
「りゅうちゃーーーーーん!」


P1050515.jpg

レオの顔、真剣ですw

レオ君はおりゅうが、最初に遊んでもらった犬です。
おりゅうが2ヶ月ちょっとくらいで、レオ君よりもずっと小さかった時から、ずっと仲良しの犬です。
シーズンでも他の雄にはそっけないおりゅうなので、レオがバロメーターです。


P1050521.jpg

レオに自分からお尻を向けるって程じゃないし、まだ出血もあるので、どピークって感じでもないですが、尻尾は切りますね。
日にち的には、もう最適期のはずなのだけど。

「あたしは、レオ君が良いのーーーー!」
毎度、私にそう言ってるようです。

これなら、何とかなるのかなあ。。。


P1050522.jpg

藍虎は何を感じるのか、耳を立ててりくの後ろに隠れるようにして様子を見ています。
いつも、威張ってるくせに、藍虎はりくが頼りなんですよね。

P1050519.jpg

「帰るよ!」と引いても、宙を泳ぐようにレオ君のところに行きたがります。
でも、おりゅうとレオ君とは、結ばれない宿命なのです。
今度生まれてくる時は、同犬種だと良いね!

今朝も3頭で散歩してると、「また増えたの?りゅうちゃん、よくポコポコ生まれるね~」と言われました。

よくポコポコなんて生まれません!って!!!


この記事のURL | うちの子物語 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。