スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
母娘
- 2010/01/28(Thu) -

今日は忙しくて散歩に出かけられなかったので、銀ちゃんや大ちゃんも庭で遊ばせていました。
2階から降りて来ないおりゅうを、りくが様子を見に来ました。

目薬のせいもあって、まだ、少しカペカペとしているおりゅうの目周りを、りくが丁寧に舐めています。
母娘って良いですね。

001_20100128154726.jpg

002_20100128155024.jpg

005_20100128155107.jpg

006_20100128155128.jpg

この後、おりゅうも庭に出て行きました。


一家に一りく、、、です^^ ポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | うちの子物語 | CM(16) | ▲ top
オッカサン、災難でした
- 2010/01/27(Wed) -
006_20100127210633.jpg

「りゅうちゃん、大丈夫?」
りくが、おりゅうを覗き込んでいます。

いつものおりゅうと何かが違うでしょう~。
そう、自慢の下がらない尻尾が下がっています。

011_20100127213630.jpg

犯人は、未だに自分の大きさがイマイチわかっていない、巨大幼犬の銀ちゃんです。


先週の土曜の事なのですが、夕方散歩が遅くなってしまって、暗くなってから銀ちゃんも誘って空き地ランで走ったのですが、私が日中留守だったためにテンションが上がりまくりでした。
車のライトでランを照らしてはいたのですが、暗い場所ではっきりは見えませんでしたが、大興奮状態で走りまわっていた時に、おりゅうに銀ちゃんが体当たりしたらしいのです。
打ち所が悪かったらしく、尻尾が上がらなくなってしまいました。

これは、翌日、日曜日の写真です。

015_20100127211459.jpg

「母さん、あそぼ」
「・・・」

銀ちゃんが誘いますが、シカト。

最初は皆と走って遊びましたが、尻尾でバランスを取れないせいか、いつものように走れなくて勝ち目がないと思ったのでしょう。


021_20100127212011.jpg

「母さん、あそぼ」
「アタシはアンタの母さんじゃないもーん」

甘えん坊の大ちゃんはおりゅうが大好きで、おりゅうが元気がないと纏わりついています。


この日は、おりゅうは、尻尾が痛いのかそのままりくの側でゴロゴロとしていました。


その翌日の月曜は

002_20100127212418.jpg

「母さん、あそぼうー!」



003_20100127212620.jpg

「遊ぼうってばーーーーー!」
「勘弁してよー」

銀ちゃん、大ちゃん、藍虎までおりゅうを追い回します。

何故かみんな、おりゅうと遊びたがるのですよね。
皆がおりゅうと遊びたくて、1:3で袋叩き?状態になることは、しばしばです。

でも、この日は

006_20100127212956.jpg

でました!
小さなロッテンマイヤーのりく。

おりゅうを守るように、りくが立ちはだかると、誰も近づきません^^


この日、月曜日、静電気でゴミだらけで、毛もべたついていたので、おりゅうを洗いました。
でも、写真でもわかるとおり、日曜に比べてちょっと曇っていました。
夕方になっても完全に乾かないなあ…とは、思ったのですが、まさか風邪を引くとは、、、。

最初は拾い食いでもして、喉に魚の骨でも刺さったのかと思ったのですが、グホグホっという犬の咳だと気づきました。
しかも、体調を崩すと必ず併発する結膜炎も。

捻挫して上がらない尻尾と止まらない咳と真っ赤に充血した目。
何だか、情けないくらいにヨレヨレ!

もうちょっとちゃんと拭いてやれば良かった。。。おりゅう、すまぬ。

今日は、斜め45度くらいまで尻尾は上がるようになり、病院で貰った薬が2日目なので効いたのか、夕方くらいからは咳も治まって来ました。
まだ目は真っ赤ですが。

病院に行った時に、銀ちゃんの体重も計ってもらいました。
23.2キロ。
前と変わってませんでした。
太ったように見えたのは、毛のせいなんですかね。
展覧会にはもう少し絞るのが良いのでしょうが、まだ成長期なので無理はしません。


032-1.jpg
病院の帰りには、体力が余っている銀ちゃんを河原で車と並走させてきました。
横顔は、ヒグマよりは犬っぽいですね^^


明日には何とか復活しそうな病中のオッカサンにポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | うちの子物語 | CM(14) | ▲ top
雪?
- 2010/01/23(Sat) -
008-1_20100123210156.jpg

先日のことですが、窓から外を見ると、雪?って思いました。
ここは、最低気温は-8℃とかって低いのですが、それは晴れが多くて放射冷却で低くなるので、雪が少ないのです。
今年の冬は、まだ一度も降っていませんでした。
でも、この日はどんより曇っていたので、雪が降ってもおかしくない天気でした。

窓の外から中を覗いているのは、最近、金星がトレードマークの銀ちゃんです。


009-1.jpg

雪、、、なわけないかぁ~。

ピーピーと音の鳴るボールを藍虎と取り合って遊んでいたと思ったら、もう壊しちゃったのね^^

「こら!銀」と声を掛けると、「ボク呼ばれてない」って、得意のあっち向いてホイをしますw


可愛いから許しちゃおうかなぁ~。

026_20100123211909.jpg

そして、最高気温が5度しかなくても日差しが暑いらしく、銀ちゃんが庭に掘った穴。。。
何であんなに暑がりなのか、、、わかりません。

急な来客があって庭に出して鍵を閉めていたら、退屈したのか色々やらかしてくれました^^



018-1_20100123211824.jpg

こちら、鉄腕アトムの真似をしているおりゅう。

嘘。

耳に虫が入ったみたいです。
よく、人間にも大量発生で顔辺りにまとわりつく、アレですね。
前に銀ちゃんも耳に入って、変な顔していました。
犬の耳って、虫が飛び込みやすいのでしょうか。



来週こそ、みんなで雪遊びに行くぞ~!
藍虎が丸剥げなので、お腹壊すかな???



ポチお願いします~!
にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | うちの子物語 | CM(16) | ▲ top
おりゅうらしいって、こういうこと?
- 2010/01/20(Wed) -
924ffffff.jpg

凄く小さい画像ですが、おりゅうです。
日本犬保存会のHPから勝手に取って来てしまいました^^
全国展の入賞犬の写真が載りました。

車から降りないと駄々をこね、リンクに入りたくないと私を困らせたおりゅうでしたが、審査の時はそれなりに仕事をしてくれました。
甲斐犬には、今までで一番くらいに厳しい先生でしたが、帽子まで振ったり投げたりして写真を何枚も撮ってくれました。

前足を投げだしたように立つ力感のない写真ですが、本当にやる気がなかったので、それを考えれば最高の出来です^^

早いもので、2月にはもう春季展覧会が始まります。
日保は展覧会が長丁場なので、その時に合わせて調整することが難しいです。

全国展では絞っただけで筋肉までつかなかったおりゅうでしたが、今はやる気満々で心身共に良い状態です。
でも、体力、気力と共に、おりゅうらしさも戻ってきています。



今日は、気温が高くワンにとっては暑いくらいでした。
今日はランに行ったのが11時ごろと遅くなってしまって、暑さに弱い銀ちゃんは、いつもの半分も遊びません。
それなので、早めにランを切り上げて帰って来ました。

最近、やる気満々のおりゅうは、ちょっと不満だったようでした。

家に戻っても車から降りて家に入ろうとせず、事務所に行ってしまいました。
「ごはんだよ!」って、呼んでも来ないので、少し太ったことだし1食抜くことにしました。

3時ごろになって、事務所に迎えに行きましたが、居ませんでした。

庭に居た従業員さんに聞くと、「一度外に出て行って戻って来たけれど、また出て行った」と言うのです。
最後に出て行ってから30分くらい経つと言うので、探しに行かなきゃかなぁ…と、周りを見渡せる高台の所まで行くと

002_20100120190824.jpg

ドアが開いた空き地ランに、ねっ転がるおりゅうを発見!

一人でランで遊んでたんだぁ。。。

通りかかった事務員さんが「りゅうは、世話がかからなくて良いですねw気楽で幸せですよね」と。
ほっておけば世話はかからないのでしょうが、ほって置くわけにもいかず、世話ばかりかかります^^


そういえば、年末の出来事を思い出しました。
空き地ランでトイレを済ますことのないおりゅうは、その後トイレ散歩に行くのですが、その日は忙しくて一旦家に戻ると中々行けませんでした。
やっと出かけようとおりゅうを呼ぶと、2階から降りて来ないので、今日は行かないのかな?と、銀ちゃんだけ連れて引き散歩に行きました。

そしたら

020_20100120191856.jpg

なんと、歩道を河原の方に歩いて行くおりゅうを発見!

りゅう!と声を掛けると、
あ、今ね、帰ろうと思ってたところなの~^^と、引き返して来ました。

いつの間に家から出たのでしょう。
宅急便が届いたので、お兄さんがドアを開けっ放しにしたのでしょうか。

ともかく、河原に向かうところで、まだウンPをしていないようなので、銀ちゃんと一緒に河原まで行き、トイレをさせました。

021_20100120192302.jpg

信号で「待て」をし、

025_20100120192335.jpg

リードがなくても、、、というか、無い方がきちんと歩くおりゅうさんでした。

田舎で交通量も少ないし、人なんて滅多に歩いていませんし、おりゅうは近所の人なら誰でも知っているので、外に出たからと心配することは今はさほどありません。
が、勝手に家から出るのは、やっぱりNGです。

でもまあ、トイレに行きたかったのを相当我慢していたけど、私が忙しいので一人で行ったのでしょうね。


そんな出来事を思い出しながら、夕方の散歩を兼ねて、藍虎とりく、大ちゃんを連れて空き地ランにおりゅうを迎えに行きました。

いつもなら、今帰ろうと思ってたのにぃ~と、胡麻をすりに来るおりゅうなのですが、そうでもありません。
悪いと思ってないというか、ちょっとしか思ってないようです。
くくく、、、そしたら、おりゅうは、りくに怒られました^^
耳をペッタンコにして、ヘイヘイしています。


皆で遊んでいると、おりゅうが何やら拾って噛みだしました。

004_20100120193256.jpg

木の棒かと思ったら、どうやら犬用のガムです。

ああ、さっき寝ころんでいたのは、ガムを齧っていたのです。
どこかで貰って来たのでしょうか…

何処かの外飼いの犬が、家の人に貰って食べ残していたのを奪い取って来たのでしょう。
そして、自分の陣地まで持って来て齧っていたのです。
確かに、空き地ランは家の土地です^^


005_20100120194028.jpg

「だって、太ったって言って、ご飯減らすんだもん」

断乳しようと食事を減らした時に、どこかでお腹いっぱい食べて来てオッパイがチューチューでていたのを思い出しました。

いつもながら呆れたオッカサンです。



022_20100120194322.jpg

この春は、また、銀ちゃんと日保の展覧会に出没します。
どこかで見かけたらお声を掛けてくださいませ。
最近、銀ちゃんは、顔が横幅の方が広くなって、吻が細く見えます^^

展覧会で、母親のような気迫が欲しいと言われたことがありましたが、銀ちゃんがおりゅうのようだったら、、、考えたくないですw



そうそう、おりゅうの脚の怪我ですが、藍虎にもらった薬をつけたら、舐めなくなって塞がりつつあります。
シコリも小さくなったような気がしているので、切らないで様子を見ることになりました。
ご心配おかけしました~。




愛護会展に、藍虎出しちゃうかな~と、思案中です。ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | うちの子物語 | CM(8) | ▲ top
凹 凸 デス
- 2010/01/19(Tue) -
067_20100119204405.jpg

この子は誰でしょう?

そう、3兄弟の長男坊の山徒です。
ウコッケイの卵を食べているからピカピカなのだという噂もあります^^

週末に預かり保育でした。
いつでもどこでも一番先に帰ってくるし、マテも完璧な山徒は、全く心配がないので、おりゅうと山散歩に行きました。

122_20100119204858.jpg

お寺の裏山に上った所の景色です。
ダンダラ里山が延々と続きます。

127.jpg

お寺の裏山には、大きな杉がありますが、雷で折れたものなんかもあります。
この辺は雷が名物です。

遊歩道を進むと、

130_20100119205311.jpg

神社があります。
藍虎の検査結果のことをお願いしようと寄りました。

そしたら、神主さんがお掃除に来ていたので、急いでリードをつけると
「ここでは、放していて良いですよ。人は滅多に来ませんから。」って言ってくれました。
神主さんも、ここに来る時は愛犬を放しているんだとか^^

「でも、家のはきっと上がっちゃうから」と躊躇っていると
「そんなのちっとも構わないよ。放せる所では放してやると良いよ」と心強い?お言葉。

それじゃあ、お言葉に甘えてと、また山散歩をしてきました。

お寺さんの住職さんも、神主さんも、理解があってワンコにとっては天国ですね。


凸なできごとでした。


073_20100119210438.jpg

日曜の夕方に、幼児の終わった山徒の飼い主が迎えに来ました。
帰る前に、一緒に河原散歩にでかけました。
最近見つけた那珂川の広い中州で、4駆なら行ける所です。

大ちゃんは、山徒が大好きみたいで、よくくっついて歩きます。

085_20100119210749.jpg

甲斐犬の虎毛は、夕陽をあびると真っ赤で綺麗ですね。
うちのは鉄錆色みたいに全体が赤くなってしまうので、朝日の方が綺麗かなぁ。。。

091_20100119211129.jpg

さて、暗くなる前に帰ろうと、ワン僧達を車に乗せ始めました。

090_20100119211318.jpg

藍虎が戻って来ません。
さっきまで居たのに。。。

犬笛を吹きながら最後に遊んでいた所まで戻ると、ブッシュでなにやら穴掘りしている藍虎がいました。
声を掛けると、私を迂回するように、小走りに離れて行きます。
嫌な予感・・・
でも、心配して迎えに来た車の方に戻って行きました。

ホッとしたのも束の間、私が呼ぶのも聞かず、今度は背の高いブッシュの中に入って行ってしまいました。

呼んで近づくと、放れてしまいます。
背の高い芦のような草がガサガサと音がするだけで、姿は見えませんが、その音も聞こえないほどに遠くに行ってしまったようです。
「何なんだよ~」
何で逃げるかなぁ。。。

随分と薄暗くなって来てしまったのに、もうどこに居るのかさえわかりません。
この中州は広く芦のような背の高い草がある場所は歩くことさえできないです。

ここから家までは5キロくらいでしょうか。
距離的には大したことはありませんが、ただ、那珂川を渡ってしまっているので、置いて帰るわけにはいきません。
まだ、辺りが見えるうちに呼び戻さなくちゃ、、、と思いますが、私から逃げるように離れてしまう藍虎なので、私が呼んで戻るのか自信がなくなってしまいました。
つい先日までは、声か犬笛さえ届けば、藍虎は飛んで帰ってくるって自信があったのに。

凹です。

山徒の飼い主さんも一緒に呼んで、探してくれました。
かなり薄暗くなってきていました。

右の方でガサガサっと音がして、藍虎が走って来ました。
「藍虎、いた!」

走って来た藍虎は、私の目の前を通り過ぎ、助けを求めるように山徒の飼い主さんのところへ。

もう~凹凹です。

車に乗ると、私の顔をペロペロと舐めますが、ホッとしたのが過ぎたら、ショックなのと腹が立つのとで、
「もう、藍虎なんか知らない!」と藍虎を払いのけていました。

30分以上探して、5時17分、捕獲。暗くなる直前でした。


藍虎のトラウマは3カ月もの間繰り返されたことによって作られた頑固なものです。
日々努力して家の子になるのに6カ月かかりました。
でも、ほんの些細なことで、これですか…

おりゅだって、私の静止を聞かずに突進してしまう事もあるし、私が呼んでいるのに他の人の所にいくこともあるけれど、今回の藍虎とは違います。
病気の事は、何とかなると思い直したものの、藍虎の心の傷の方が重傷でした。
これじゃあ、放してはやれません!

そういうわけで、藍虎に振られた私は、ブログを更新する元気もなかったのです。


それが藍虎に伝わったのかどうかわかりませんが、いつもは自分のベットで寝ているのに、その夜私のベットに乗って来て、一緒に枕に頭を乗せてピッタリとくっついてきました。
昨日からは、ランでも家でも呼べば来るし、触っても逃げようとしません。

昨日も、今日も、ランからの帰りはスッと車に乗りました。
いくら藍虎に優しくしても、河原でのあんなことがって、私がついに臍を曲げたのが藍虎にわかったのでしょうか???
ここから、何処かに行きたいわけじゃないのですから。

043_20100119222413.jpg

そして、りくが皆と一緒に遊ぶようになりました。

031_20100119220943.jpg

親子の3ショット。
多分、これまで1枚もなかったのじゃないかと思います。

036_20100119221147.jpg


凸です。


そして、今日、病院から病理検査の結果が出たと連絡がありました。
やはり細胞球腫だそうすが、結果は良性だそうです。

ご心配おかけした皆様、すみませんでした。
お祈りしてくださった皆様、ありがとうございました。祈りが通じました。
やっぱり、藍虎でした~~。

報告が、こんな下の方になってすみません^^

でも、わたくし凸凸凸です。

でもでも、何だかとっても疲れた1週間でした^^


026-1_20100119221952.jpg


藍虎は、もちろん、ものすご-く元気です^^
人生山あり谷あり、これからも凸凹のりゅうママ一家ですが、これに懲りずに宜しくお願いします。


あとひと踏ん張り頑張ります。ポチお願いします

にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 藍虎 | CM(29) | ▲ top
りくと藍虎
- 2010/01/14(Thu) -
昨日の朝の藍虎は、後遺症のために、散歩に出かけようとしても階段の上で様子を伺っていて、中々降りて来ませんでした。
藍虎にとって、安心できるのは家なのですよね。

検体を採取した所は5ミリ程度の穴が開いているので、1針縫ってあります。
まだ着かないだろうから、藍虎だけは引き散歩をしようと思っていたのですが、警戒している藍虎を見て、早く日常に戻してやった方が良いって思いました。

007_20100114204346.jpg

でも、空き地ランに行ってもこんな感じ。
尻尾は上がらず、その辺をホリホリしたりして、どよ~んと暗い顔をしています。

藍虎が元気がないと、銀ちゃんや大ちゃんにも活気がありません。
何か普通じゃない感じを受けるのでしょうか・・・

私が近くに行くと触らせないで逃げるし、呼ぶと逃げるし(汗


そしたら、いつもは大勢では遊ぶのが下手で、一人ポツンとしていることの多いりくが、思いもよらない行動に出ました。
一生懸命、遊びに誘うんです^^

あまりに健気なので、動画にしました。





初めて、りくに遊びに誘われた銀ちゃんは、どうして良いかわからないのか、戸惑っています。
りくが一生懸命なんだから、遊んでやってよ~!

でも、りくの努力の甲斐があって、藍虎もいつも通りに遊び始めました。
銀ちゃんに傷をひっ掻かれたりしなかな?って心配しましたが、藍虎も触られたくないのか上手く避けていました。

で、いつも通りの藍虎になったかと思ったら、そんなに甘くなかった^^
じゃあ、帰ろうと車に乗せようとしても、藍虎は乗らないし、呼べば遠ざかるし^^
車に乗せるのに30分もかかってしまいました。

それには、また別の理由があるのです。

実は、正月に福島の温泉に行った時、雪道を走っていて藍虎がブルブル震えてポンピングのような呼吸になってしまいました。
どうやら、4駆で低速で走るエンジン音に反応したようなんです。

015_20100114221325.jpg

この時も、大量のヨダレで、前足もビッショリでした。


どうやら、「身体の自由を奪われる=嫌なことがある」っていうトラウマが引き金になって、車の嫌な出来事も思い出したようです。


早期に何とかせねば!
ってことで、夕方、緑龍の所に遊びに行きました。


040_20100114221817.jpg

左から、りく、藍虎、緑龍です。
緑龍は、関取みたいになってきましたw

055_20100114222037.jpg

5か月ですが、りくよりは背が高いけれど、おりゅうには届きません。
脚が太いので、まだまだ大きくなるのでしょうが、何しろ毛だらけの上に骨格が太いです。

050_20100114222342.jpg

藍虎は、ご機嫌になってきました。

063_20100114222722.jpg

畑を走るのも楽しい^^

074_20100114222846.jpg

緑龍に、穴掘りも伝授しました。

077_20100114223019.jpg

何故か子供と♂は藍虎が好きみたいで、緑龍も藍虎について回っていました。
お尻の大きさの違いが可笑しいです。

049_20100114223316.jpg

藍虎は、いつもの藍虎に戻りつつあります。

今日も空き地ランから帰ろうとすると、車に乗ろうとしないでウロウロと逃げる感じなので、一旦、みんなを車で家に連れて帰り、銀ちゃんと藍虎だけ歩きで迎えに行きました。
銀ちゃんを先にリードに繋いで、藍虎に近づくと逃げませんでした。

車じゃないからなのか、銀ちゃんと一緒だからなのかわかりませんが、トラウマから遠ざけるって意味では一歩前進です。

腫瘍の事は、私にはどうにもできないので結果を待つしかないのですが、今私にしてやれることをしようって思っています。
お世話係のりくだって、精いっぱい頑張って、場を盛り上げようとしてくれたように、思えるのですよね。
健気なりくの為にも、私がクヨクヨしているわけにはいきません。
皆様には、ご心配をおかけしてすみません。

姉妹のように暮らしている、仲良しのりくと藍虎を見ると、りくの為にも藍虎が家の子で良かったって思います。


頑張れ!りく&藍虎にポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | うちの子物語 | CM(14) | ▲ top
藍虎 (加筆あり)
- 2010/01/12(Tue) -
017_20100112222523.jpg

今日、病院に行って来ました。
おりゅうの左後ろ脚の怪我が、1か月近く経つのに治らないからです。

12月の半ばに空き地ランで遊んでいる時に、何かでスパッと切ったようです。
切れるようなものも見当たらなかったのですが。。。

小さな傷なので数日で塞がってしまうだろうと思っていましたが、ベロベロと舐めていてそのたびに僅かに出血するような感じでした。
年末の忙しさに紛れて、日中はおりゅうも舐めたりしないので忘れてしまい、正月にも舐めていたので、休み明けには病院に行かなきゃなと思いつつ、今日になってしまいました。

タコのように固くなっているので、何かが入っているか、舐め続けてタコになったか、、、いずれにしてもシコリごと切開するので全身麻酔が必要だそうです。
じゃあ、そのうち時間がある時に…ということになりました。


そして、昨日気づいた藍虎の横腹の小さなデキモノのようなシコリも診てもらおうと思いました。

何かを刺したような怪我にも見えるし、ダニに喰われたのが大きくなったものと見えなくなくもなかったのですが、初見で多分怪我じゃない言われ、細胞を針で取って染色して顕微鏡で見ることになりました。
が、診察台に乗っても尻尾ピンピンで振ってるようなおりゅうとは違い、藍虎の診察は大変です。
小さい時のトラウマで、男性抱えられることからして苦手です。

直径8ミリくらいの腫瘍のようなものは痛みはないようで、触っても嫌がりませんし、針を刺してもそれ自体はそれほど痛くはないのだと思います。
けれど、藍虎は抑えられることにより、やっぱりパニックになってしまいました。

ブルブルと震えて、息遣いも荒くヨダレがタラタラと落ちます。
しかも、小さいけれど全身筋肉の力持ちの藍虎は二人がかりでも抑えきれません。

若先生の提案で、鎮静剤を打ってもらいました。
麻酔とは違うので、意識もあるし起きていますが、周りのことに興味を失うようにぼーっとするそうです。
けれど、藍虎は鎮静剤にも抵抗するように嫌がって暴れるので、診察室ではなく待合室のソファーで私のコートに包まるようにして何とか検体を採取できました。

結果は、シロじゃなかったのです。
つまり、ただの脂肪の塊とか怪我の痕とかじゃなく、腫瘍だそうです。
肥満細胞腫ではなさそうだけれど、細胞の並びが怪しいと言われました。

まさか、藍虎がガン???
また、大した事でもなく連れて来て、笑われるかな?と思っていたのに、、、貧血で倒れそうでした。

それからどうするか、大先生と若先生と話し合いました。
一般的には、費用を抑えるためもあり、全身麻酔をかけて切除してしまって切開した細胞を病理検査にに出すのだそうです。
切開は、腫瘍の周りを3センチ、つまり直径7センチをほど、腫瘍の下は筋肉の層の一番上の所まで切除するのだそうです。
その時18時近かったので、手術してしまえば今夜は泊るように言われました。
でも、パニックになったばかりの藍虎をこのまま病院には泊めたくないです。

病理検査してその結果を見てから、診療方針を決めるにしても、検査の為の検体を取るにも藍虎の場合は問題です。
針で取るよりもずっと大きく切り取るので、鎮静剤を打っていても身体を抑えなければならず、麻酔をして眠らせないと精神的な負担が大きすぎます。
しかも、血管から入れる麻酔薬が一番安全なのだそうですが、鎮静剤に精神力で勝っている?藍虎には無理っぽい。
今日、筋肉注射での全身麻酔をかけて検体を採って、もしも悪性腫瘍で切除する時には、また全身麻酔をかけなければならないし…

検査結果がでるのは、約1週間後らしいのですが、来週末は出かける予定があるので、間際に手術はできないし…
明日出直すといっても、明日、明後日は若先生が不在で、手術は金曜になってしまうと、抜糸がギリギリ間に合わない…


もしも悪性なら、戻ったら手術でも状況は変わらないだろうと言われ、
色々と迷った結果、
少ない麻酔ですむというので、病理検査に出す検体採取だけをして、今日は帰って来ました。

011_20100113001336.jpg


藍虎は、麻酔の影響もあってフラフラとしていますが、怯えて呼ぶと隅っこに小さくなります。
また、嫌な思いをさせてしまいました。
最初から、鎮静をお願いすれば良かった。
針で細胞をとるだけで、鎮静使う犬は初めてと言われましたが、精神的な後遺症の話しをすると、
先生は「自分達は慣れ過ぎていて、そういうことに思い至らなかった。洋犬が多いから、ケロっと忘れちゃうしね」っておっしゃってました。

確かにその間、先に診療を終わったおりゅうは、あちこちで愛想を振りまいていましたし。。。


ネットで腫瘍を調べると、「皮膚組織球腫」と言うのを見つけました。
凹んで何もする気がなくなったのですが、こうしてブログを書く気になったのは、そのためです。
これじゃないのかなぁ…

それと、悪性腫瘍だとしても8mの大きさならまだ初期なので、切開してしまえば完治の可能性も高そうな感じもします。


「犬の皮膚組織球腫は、主に1,2才の若い犬に見られる変わった腫瘍です。 皮膚組織球腫は、犬の特有の皮膚の腫瘍になります。他の動物たちでは認められません。一般的に腫瘍は老齢の動物の病気と考えます。ただ長生きした老齢の犬よりも、若い犬に多く発症します。

症例の50%は年齢1~2才未満のワンちゃんに発生しています。また純血種犬の方が雑種犬よりも発生率が高いです。耳翼が最も好発する部位ですが、四肢、首、頭などにも出現します。大多数は、1~2cmで、単発性です。この腫瘍の場合、自然に消失してしまうことがあります。

組織球腫のなかには外用コルチコステロイド剤で縮小し、消滅するものもあります。しかし、組織球腫よりも厄介な肥満細胞腫との鑑別診断を厳密に行うために、ほとんどの場合には外科的切除を必要とします。

成長が速くて悪性疾患と考えるかもしれませんが良性の腫瘍です。この腫瘍の周りにリンパ球が、集まり自然に消えます。しかしあまりににも大きい場合や、部位によっては手術によって切除します。切除した部位から再び起きたりや別の部位に新たに腫瘍が発生する事もあります。多発性も、まれに報告されていますがその場合も、大体が治療しなくても約8~12週間で消失します。」




002-1_20100112235034.jpg

藍虎、体重を計ったら15キロありました。
正月太りです^^
身幅が出たなあと思ったら、太っただけでした。


藍虎は、きっといつものお騒がせで、私を心配させているだけ、、、、って気がして仕方がないのです。
食生活も生活環境も問題ないから、ガンなら体質だろうって先生はおっしゃいますが、藍虎の先祖で知ってる限りはそんな話はないし。。。

でも万が一があれば、出かける予定をずらして藍虎を優先しようと思っています。
嫌な思いしただけ損したね!って、
やっぱりお騒がせ藍虎だね!って、なることを祈っています。


追加

若先生の説明は、良性の組織球なら良いけれど、顕微鏡で見た細胞の様子が怪しげなので、内臓やリンパにも転移する組織球肉腫や悪性組織球症も疑われるってことでした。
小さいけれど吹き出物がシコリになったような嫌な感じだったので、早めに病院に行きました。

今朝は、いつものように私に寄って来たものの、1メートルくらいまで近づいたら腰ごと尻尾を振りながら遠ざかってしまいました。
今日はランで放せないので、藍虎とどこかに遊びに行って来ます。


昔からブログを見ている人はご存知だと思いますが、藍虎はまだお里に居るうちにグッタリしてしまって病院に担ぎ込まれ、大学病院での精密検査を勧められ川崎まで往復したことがあります。
その時も、何も問題なく結局「夏バテ」だったって、経緯があります^^
「ただのデキモノだった、大きく切除しなくて良かった」って結果になることを祈ってくださいね。





可愛い可愛い藍虎にポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村







この記事のURL | 藍虎 | CM(28) | ▲ top
親善大使見習い
- 2010/01/09(Sat) -
今日は嬉しい知らせが届きました。

静岡で失踪していた島根のチャコちゃんが、無事、保護されました。
目撃情報があった地点に息子さんが訪れて、保護できたそうです。

新年早々、嬉しいニュースです。
カイポパパが張ってくれた動物病院のポスターが、目撃情報に繋がりました。
本当に本当に、感謝です。

それと同時に、甲斐犬飼いの熱さとネットのパワーを再認識いたしました。

我が家もさらに、親善大使として、広報活動に頑張るぞーーーー!と、決意を新たにいたしました。


今日は、年末に忙しくて日記を書けなかった時の、銀ちゃんの親善大使振りをご紹介しますね。


027-1_20100109193825.jpg

家の近所に、知的障害者の施設があって、散歩の時に皆さんも散歩で、よく会うのです。
3レディースは、勿論、会えばいつも撫でてもらうのですが、この日は銀ちゃんの散歩中に会いました。


030-1_20100109194402.jpg

「銀ちゃんだぁ~」
みんな口々に「銀ちゃ~ん」と声を掛けながら、ナデナデしてくれます。

遠くで銀ちゃんを見つけた時から、みんなが「銀ちゃんだ~」と言ってくれていたのには、ちょっと驚き&感動でした。
だって、婚所の人やうちの従業員さんでさえ、銀ちゃんとおりゅう&りくの区別がつかない人だっているのに。
それに、銀ちゃんは身体が大きいので、撫でて欲しくて寄って行っても避けられることが多いのです。
それを、こんなにベタベタと喜んで触ってもらって、銀ちゃんも大満足です。

大人数で囲んで頭から触ってどうなんだろう…という、一抹の不安もありましたが、邪心のないピュアな心って通じるのでしょう。
それとも、根っからの撫でられ好きなのでしょうかw


031-1_20100109195223.jpg

と、思ったら、銀ちゃんは美人の先生がすっかり気に入ってしまったようで、抱きついて離れません^^
調子に乗って来た!
やっぱり、このオトコは♀好きだ~~。


先日は、こんなこともありました。

036_20100109195547.jpg

空き地ランに行くと、一緒に遊びたがる子供達ですが、いつもは銀ちゃんが居る時は中に入れない様にしています。
ちょっと突き飛ばしても、子供達は転んでしまうでしょうから。
それに、子供達がしつこくして、何かの拍子でガウしない保証もないので。

でも、この日は、お試しに入れてみました。

テンションの高い子供同士、引っ張りっこしたりして楽しそうに遊びます。

035_20100109210259.jpg

しつこく触らない様に、尻尾は掴まない様に、と言っても、すぐに忘れるし、、、。
他のワンズには目もくれず、銀ちゃんばかりを構います。

ちょっとハラハラしながら、何度も注意しますが、銀ちゃんは平気っぽい。
小さい時は、子供が苦手で逃げ回っていたのにねw


040_20100109204450.jpg

「お手」なんかもしちゃったりして!


043_20100109205812.jpg

「ゴロ~ン」のサービスまで!

銀ちゃん、やればできるじゃない!!!



と、思ったのも束の間、、、

045_20100109210732.jpg

調子に乗って来た(汗


046_20100109210742.jpg

完全に調子に乗ってしたったので、銀ちゃんを無理やり引き離して撤収~~。

一人前の親善大使には、まだまだのようですね。



チャコちゃん、飼い主さん、おめでとう。今夜は祝杯をあげさせていただきますね。未来の親善大使にポチもよろしくお願いします^^
にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 虎虎三兄弟 | CM(12) | ▲ top
吹雪の中の年越し
- 2010/01/07(Thu) -
31日の天気予報は、「大荒れ」ってことでしたが、去年も行った福島の温泉に31日から2泊して参りました。
我が家の辺りは、雪が降らないので、子猿達のスキーとワンコの雪遊びが目的です。
勿論、人間の温泉も^^

さて、ワンズを連れてどこに行こうか…
去年は、桧原湖の周りの林で遊びました。
秋にも行った所です。

今年は、雪は降り始めなのか積雪量は少ないです。

ピカ!
閃きました!

閉鎖しているゴルフ場がいくつかあるはず。。。

その中で、私が数回行ったことがあるので地理感のあるコースがあります。
世界のリゾートコースで、唯一日本から選ばれたコースで、景色もコース設計も楽しく、外国に行ったような感じのするコースで、私が大好きなコースです。

雪景色を見に行ってみたい…

正面から行くのは流石に気が引けるし、閉鎖されている一般道路は雪が多いので、林の中の作業道の小道を抜けてちょこっとお邪魔することにしました^^

吹雪いていますが、ワンズは大喜びで走りまわります。


130_20100107081611.jpg


この辺かな?と、適当に行きましたが、見事?コースに出ました。

121_20100107074745.jpg


31日に降り始めた雪は、サラサラで

081_20100107075254.jpg

走る

082_20100107075320.jpg

潜る

083_20100107075344.jpg

泳ぐ

こんな感じでございました^^

コースの景色の方は、1ホールだけ眺めましたが、何番ホールだかもわかりませんでした。
人間にとっては、ゴルフ場は、やっぱり緑の芝が良いみたい^^


135_20100107083339.jpg

スキー場に顔を出すと、子猿ママ&パパが子猿達をソリに乗せて力仕事をしていました。
苦行のようですね^^

車を止めるたびに、3レディース揃って外に出たいと訴えるので、それからまた場所を変えて、元旦から通算4時間ほど雪走りしてきました。

宿に帰ると、

160_20100107084354.jpg

疲れて欠伸連発で爆睡した藍虎。


151_20100107084511.jpg

子猿にお腹を撫でられて昼寝するりく。


176_20100107084548.jpg

オヤツの時だけ起きてくるオッカサン。

こんな感じでございました。

この旅館さんは、犬OKですが、ワンコ連れの客は殆ど居なくて、舐めると酸っぱくて塩辛い本格的な?泉質の温泉です。
だから犬用のものはなにも用意されていないのですが、ワンコ料金は無料だしスタッフまでみんな犬好き。
布団に寝な~!ってことで、お言葉に甘えてりくも寝ているわけです。

でも、ワンコ用ベットは持参していきました。


052_20100107084942.jpg

お正月ですから、カルタ取りもしましたよ~。

でも、このお正月で一番の問題児だったのは、りくでした。


子猿一家が大好きなりくは、家に居た時も子猿達と寝ていました。
朝、山徒が子猿に近づこうとすると、猛烈に威嚇^^
1メートル以内には近づけません。
あの煩い子猿をそこまでして守る価値があるのか?ってのは、甚だ疑問ですが、その態度は生まれたばかりの3兄弟を守っていた時と同じです。

山徒は何を思ったのか、癖なのか、りくに威嚇されると寝ながらりくの頭に「お手」をしてました。
そのうち、何度近づいてもりくが怒るのが面白いのか、色んな方向から近づいてはりくを怒らせていました。
悪い奴だw

そうそう、その山徒ですが、子猿が奇声を上げて騒ぐと、前に立って「ワンワン」と二声吠えました。
「びぇ~~。ワンワンって言った~。怖い~~!」と子猿が泣きました。

「ワンワンはワンワンって言うから、ワンワンって言うんだよ」と、子猿の親分が子猿に教えますが、
「ワンワンは、ワンワンって言わないも~ん!びぇ~~」と泣きました。

そう、思えば、子猿達は生まれて3年、ワンワンがワンワンと吠えるのを聞いていないかもしれないです。
3レディースは、ほんと吠えないですから。

その後も、子猿が奇声をあげて騒ぐと、山徒が「ワンワン」と二声^^
泣くのを面白がっていました。悪い奴だw


さて、困ったちゃんのりくですが、隣の部屋に行った子猿が騒ぐと、「あっちに行きたい!」と訴えます。
あの奇声の側に居るのが、とっても好きなのです。
そのうち、幼稚園訪問でもしようかなw

でも、本当に困ったのは、下痢でした。
雪の中であんなに楽しそうにしていたのに、どうやら冷えたらしい。。。
夜中に吹雪の中、5回ほどウンPで起こされました。

我が家は室内に居ることが多いですが、昼は暖房をつけないし、夜も私の部屋は寝る前に17度のエアコン設定で1時間くらい部屋を暖めるだけなので、夕方から朝にかけては室内でも5度以下の気温だったりします。
それでも、なぜか最近まで換毛しているりくは、まだ冬毛にならない…と言うか、年中同じよう^^
藍虎も冬毛にならないし、、、5度目のウンPは藍虎も行きたいと言うので連れて行ったら、藍虎まで下痢。

雪の中を走っている時は兎も角、日中もマイナス5度までしか気温が上がらなかったので、トイレ散歩で冷えたのでしょうか。。。
兎も角、元旦早々、私は真夜中の吹雪の中を犬散歩する怪しい人になってしまいました^^

来年は、対策を考えます。



暑がりの銀ちゃんを連れて、雪走りに行きたいな...ポチにご協力お願いします。

にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(12) | ▲ top
色気よりも喰い気  よりも嫉妬w
- 2010/01/05(Tue) -
031_20100105200639.jpg

30日には、熊さん一家が遊びに来てくれました。
随分と大きくなったモモちゃんです。

熊さん一家は、那須の別荘に来ている岳渡のところに遊びに行く途中で寄ってくれました。
私も行きたかったのですが、山徒も預かっていて銀ちゃんの散歩もあり、子猿達も来ていて、、、と、長い時間家を空けるのは困難でした。


032_20100105201053.jpg

熊さんにオヤツを貰って、オヤツビームを送る山徒^^


034_20100105201235.jpg

山に来たんだから、遊びなさいよ!

と言っても、

046_20100105201359.jpg

熊さんの先回りして、尻尾プンプンで、
ピンクの首輪とハートの迷子札が似合うオトコは頑張ります^^

埼玉展では、ハンドラーを頼んだ熊さんを困らせたけど、今度はちゃんと言う事聞いてやってよね!w


035_20100105201742.jpg

優日もすっかり、ボディーが戻って来ました。
身幅が出た感じで、出産前よりも一段とイイ女風です。

銀ちゃんは、ずっーーーと優日のお尻を追いかけていましたが、山徒は優日よりもオヤツが良いらしい^^
食欲は、遥かに銀ちゃんの方があるのに、山徒はこのオヤツが余程気に入ったみたいw


040_20100105201941.jpg

この時、山に連れて行ったのは、優日とモモちゃん、おりゅうと山徒。
颯虎は可哀想だけど、お留守番でした。


家に戻って、颯虎を車から出して庭を歩かせてやります。


と、その時、事件が!

大ちゃんは、水がたっぷり入ったタンクを錘にして、そこに係留しているのですが、今まではワンワンヒャーヒャーと要求吠えすることはあっても、問題なくそこにいました。
なのに、火事場の馬鹿力でしょうか、その錘を引き摺って颯虎に向かって行ってしまいました。

重い錘ですが、一度動き出すと軽くなるのでしょう。
私と熊さんの奥さんが追いかけて止めようとしますが、追いつかないほど速いです。

「大!待て!  そのオトコはヤバイって!」

迎え撃とうとする颯虎を引き摺って逃げる熊さんと、錘を捕まえようと必死な私と奥さん。
写真も動画もないのが残念ですw

つい2日前に岳渡にやっつけられたばかりの大ちゃんですが、全然へこたれていないようで、侵入者のオスを撃退する姿勢です。
普段は、りゅうママ家で一番大人しい性格の大ちゃんなのに、オスって、大変ねぇ。

そういえば、前回熊さん一家が遊びに来た時に、銀ちゃんが車の窓から飛び出して颯虎に向かって行きましたっけ。
その時は、私が銀ちゃんを抑えて大事には至りませんでした。
でも、颯虎&&銀ちゃんの場合は、自分のテリトリーに侵入してきたオスってよりも、東京展の時もそうでしたが、銀ちゃんは他のオスには目もくれず、颯虎だけにガウしていましたから、これも血筋のなせる技なのでしょうか^^


山徒を家に留守番させて、銀ちゃんの散歩を大ちゃんや藍虎とりくと一緒に空き地でしました。
もう、万が一山徒と銀ちゃんがガウって喧嘩になっても、私一人で引き離すことはできませんから。

銀ちゃんは、私をクンクンクン。
「山徒来てるでしょ!!!」

またしても、顔をベロベロベロ。
「山徒、ここ舐めたでしょ!」

で、よそ見していたら、足にマーキングされたぁ~~。
「ニオイつけとこ!」



まだ我が家に居た時に、3兄弟で、一番大人しかったのは銀ちゃんなのですが、今はそうでもないような気がします^^


明日は年始の日記を書いて、何とか追いつきたいと思います。申し訳ありませんがポチお願いします。
 にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村




この記事のURL | うちの子物語 | CM(20) | ▲ top
岳ちゃんの里帰り
- 2010/01/05(Tue) -
年越しになってしまいましたが、日付を遡って、記録のために年末の日記も書いておこうと思います。

003_20100105191613.jpg

12月27日に、那須の別荘に来ている岳ちゃんが遊びに来てくれました。
毎月のように会っていたのですが、よく考えたら、我が家に帰って来たのは5月の連休が1度目で、今度が2度目なんですね。。。

でも、岳ちゃんは、いつものように大きな体を小さくして、低姿勢でおりゅう&りくに挨拶します。
3兄弟で一番の、クネクネ犬のような気がします^^

こちらに着いたのが、2時を過ぎていたので、急いで山散歩に行くことにしました。


005_20100105192058.jpg

岳ちゃんの先住犬のお竜姉さんは、マイペースにその辺を散策します。
「ここなら、ワタシ、よく知ってるわ」


020_20100105192308.jpg

岳ちゃん、山、楽しいんだぁ~。

りくも、岳ちゃんが来たのが嬉しいらしく、側について歩きます。



018_20100105192700.jpg

「藍ちゃん、遊ぼう~!」


019_20100105192751.jpg

「藍ちゃん、相変わらず強いね^^」


023_20100105192927.jpg

「母さん、遊ぼう~!」


022_20100105193005.jpg

「ひえ~!母さん、強いね^^」

岳ちゃんは、超フレンドリー犬との噂通り、年上の女性には決して逆らいません!w

せっかくなので、もう少し走らせてやりたかったですが、GPSが沢では受信しないので、1時間と少し遊んで帰って来ました。


026_20100105193221.jpg

でも、家に戻ると、、、、、大ちゃんは許しませんでした。
ガウガウ~っとすぐに決着がついて、大ちゃんはいなばの黒ウサギのような耳に^^

岳ちゃんにとっては、お里に入り込んだ他所者なのでしょうかね。
大ちゃんにとっては、自分のテリトリーに入って来た他所者なのでしょうか。

夏には、那須の別荘のランで仲良く遊んだのに、大ちゃんももうすぐ8カ月ですから。


印象的には、一回り銀ちゃんの方が大きいけれど、実際は岳ちゃんは殆ど銀ちゃんと変わらない大男ですからね。
大ちゃん、相手が悪かったねぇ。

でも、お腹出してビビりチッコの大ちゃんでしたが、10歩で立ち直って尻尾ピンはエライねw


この後、銀ちゃんのお家に岳ちゃんを見せに行きました。
勿論、猛烈なガウガウ合戦^^
岳ちゃん、銀ちゃんは、ものすご~いヤキモチ男ですから、夏に会った時には誰が撫でた触ったと大騒ぎしました。
今はもう、顔を見ただけで、あの有名な?颯虎&龍兄弟のガウガウにも匹敵するようになってしまいました。
やっぱ、血筋でしょうか(汗

岳ちゃんパパが、苦労して岳ちゃんを車に撤収させました。
そして、銀ちゃんを触ろうとしました。
銀ちゃんも尻尾を振って近づいて行って、顔ぺロしようとしました。

が、その時、、、、
「岳渡の臭いだ!!!!」 ガウ~!

ぷよ家の龍も颯虎もお互いの飼い主にも唸るって聞きましたが、これか~と、思いました。
ついにここまで。。。


岳ちゃんが帰った後、銀ちゃんは私の洋服についた岳渡の臭いをクンクンクンクンしていました。
そして、私の首に手をまわして、ベロベロベロ。
「岳渡がここ舐めたでしょ!ここ!ここ!」
窒息するかと思いましたw

東京展では暑さで尾が下がり、水戸展では退屈して寝てしまった銀ちゃんですが、岳ちゃんと一緒の出陳なら気合が入ること間違いないようですね。



今年も、親善大使を語るりゅうママ家とヨロシクお付き合いくださいませ。
そして、世界中のワンズ達と飼い主にとって幸多き年でありますように!


この記事のURL | 虎虎三兄弟 | CM(8) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。