藍虎&りく@妊娠中 
- 2010/03/31(Wed) -
出産予定で5日くらい後の りくのお腹も大きくなって来ました。

078_20100331092410.jpg

犬によってお腹が目立つか目立たないかは、人間と一緒のようです。
この写真だと藍虎のお腹は、それほどじゃない様に見えますが、実際は背中が四角になっています^^

犬の妊娠期間は58日~63日と短く、あっという間に生まれてしまうって印象があります。
昨日、りくが50日すぎたので、レントゲンを撮りに行きましたが、よく見えませんでした。
エコーで見てみると、3頭かなぁ、、、、と。
こないだ4頭って言ったじゃんw

藍虎はエコーでは4頭かなあ~って感じでしたが、もっと多いんじゃないか?ってのが、みんなの予想です。
6頭以上は止めて!w

おりゅうがりくを妊娠した時のレントゲンは別の病院っでしたが、はっきり見えたので、照射の強さとか調節の加減が上手くいっていないと思われます。

仔犬を産ませた方はご存知の通り、直前には体温を計りつつ、1℃くらい急激に下がるとその24時間以内には出産が始まるようです。
おりゅうの時には、10秒で計れるオムロンの体温計を使いました。
あだし、肛門は嫌がるので、後足の内腿に挟んで計りました。

藍虎も校門は嫌がるだろうし、、、


007-1_20100331092454.jpg

でも、でも、藍虎の場合、発達した太股の内側の筋肉と大きなお腹で隙間ができちゃうw

↑は、半年蔵前から、いつも私の側にいるようになった藍虎。
 足元で寝ていたりします。

この時、藍虎の身体を舐めてやっているのは、おりゅうですが、自分も妊娠しているのに、りくがいつも世話を焼いていますw


体温計をネットで調べたら、動物用で耳で1秒で計れるタイプがありました。
誤差が+-0.1度とあります。
ホントかなぁ~。
人間の子供用のは、誤差が大きいと評判悪いのに。。。。

と、思いつつも、おりゅうの時よりも大きなお腹を見ては、背に腹は変えられず、、、買ってみました。


001_20100331093313.jpg

早速計ってみると、37.2℃
何度計ってもそのくらい。

計る度に変わるって意味での誤差はないのかもしれない・・・が、
この体温だと、生まれちゃうじゃんw

犬の体温は38℃前後って聞きます。
りくを10秒計で校門で計ってみると、38.4℃ありました。

耳で測るタイプは外気温に左右されやすいのか、低温になる理由はわかりませんが、出産直前にちゃんと1℃下がって36℃前半になれば、それはそれで良いのですが。。。
やっぱり不安。

↑ 注 個人の感想です


オムロンの10秒計にオイルを塗って、藍虎でトライしてみました。

何の事もなく、無抵抗w

買って損した~!
試してから買えばよかったw

まだ、届いていませんが、5キロ用のデジタル計りも買ってみました。
3兄弟で使ったのは、クッキング用の2キロまで計れる小さいものでしたが、それこそ、あっという間に計れなくなりましたから。
まあ、今回はそんなことはないはずですが。


090_20100331094805.jpg

はるうらら~のポカポカ陽気で生まれる予定だったのですが、まだちょっと寒いです。

でも、藍虎はホノボノ~。 座り方、ちょっと変だよw

↑ 注 大ちゃんが父親ではありません。山徒です


088_20100331095148.jpg

りくは、まだまだ走りまわっています。

↑ 注 銀ちゃんが父親ではありません。大きさは違いますが異父兄弟です。



ポチっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | りく&藍虎の赤ちゃんプロジェクト | CM(14) | ▲ top
日保・埼玉展
- 2010/03/30(Tue) -
報告が遅くなりましたが、日曜日は日保・埼玉展でした。

7時半を目指して出発しましたが、7時くらいにねこたさんから電話があり、先に着いたので皆の場所を確保してくれるとのこと。
日保に出陳・応援に来る甲斐犬の飼い主は、所属団体に関係なく和気藹々と応援、我が子自慢をしながら犬談義に花を咲かせるのが習慣です。
初めて会った人だって、甲斐犬好きなら皆友達です^^

日保では、甲斐犬は何て云っても、ごくごく少数犬種で甲斐犬自体への理解がまだまだなので、甲斐犬同士一致団結して、まずは甲斐犬の広報活動から、、、という段階ですから。
それでも、先人たちが続けてきた出陳&応援活動で、関東展は一角を陣取る黒い軍団が定番化して来ました。

そんな中、日曜の埼玉展は、いつもの銀ちゃんではなく、同胎犬の『龍峰の山徒』を出陳しました。


047_20100330083419.jpg

山ちん、久しぶりだね。

DSC00267.jpg


ああ、でも、その毛!!!!!
綿毛だけじゃなくて、オーバーコートも散切りにシェープされ、自慢のピカピカも艶消しに。
何より、顔周りの毛がなくなってすっかり小顔ちゃんに^^

小顔の上に、展覧会に出るにはたっぷり乗った脂肪で、肋骨も触れない^^
でも、山ちん、たまには良いよね。
たまに展覧会にでもでないと、ますます太ってしまうからね。

仕方ないので、お腹を凹ませて立ってもらうしかない!
写真だと、ちょっと細く見えるw


去年の栃木展で3兄弟揃って展覧会デビューして、埼玉展にも出て、若で1度だけ三多摩展に出陳しました。
三多摩の若の時には、小さい山ちんなのでビリかなと思ったら、何とビリ3!

デビュー戦の時にも、銀ちゃんが前歯の噛み合わせも見せなくて、私が飼い主さん手伝っている間に、山徒はさっさと済ませていした^^
埼玉展では、熊さんがハンドラーでしたが、全然云う事を聞かなくて、、、、でも、審査だけちゃんと立って受けてました。

何かをキチンと教えなくても、よく観察して状況判断して自然にできることが多い、、、それが山徒の長所でした。



だから、だから、山ちんを舐めてました~~。


一人の先生が、中型犬だけを審査する場合、若1から審査が始まります。
この日若1は、山徒だけ。

審査開始します!の声と共に、
「じゃあ、歯を見せてください」

山徒、断固拒否です(汗

せめて前日にでも練習すれば良かった。。。と、思っても後の祭り。
最終的には、ギャラリーの方に抱っこして貰って、歯を見せる事に。

半年の間に何があったのか…と思うけれど、おりゅうもそうだけど、自発的には頑張るけど、サラダパパに「作業犬には向かない」と太鼓判押された山チンですから、心の準備ができないまま歯を見せろというのは、無理かも^^
幼犬で出た栃木展、埼玉展は、前歯の噛み合わせだけなので、口をお閉じていれば一瞬で終わるし、若で出た三多摩展は、いつも歯を見てる飼い主が引いたし。。。

審査の先生から「嫌な思いをさせるとダメージになるから、練習してね」と言われました。
おっしゃる通りでございます!

歯で嫌がったので、当然、その後も落ち着いて立ち込みなんてしません^^
それでも、尾は下げないのは、やっぱりりゅうの子。
普通に審査できるくらいに落ち着きました。

今日の先生は体高を計るようです。
先生によって計ったり計らなかったりでしょうが、山徒はおりゅうよりもちょっと大きいだけなので、正式な体高下限49には届いてないです。
甲斐犬は47なので、それには届いているはず・・・

が、体高検査を断固拒否!

顔を背けても、座り込むようにして計らせません。
先生、断念。

「まあ、良いでしょう。棒で計る練習しといてね。」

あれ???・確か秋には、胸張って背伸びするくらいにして体高を計らせたのに。。。
棒で何か嫌な事があったのでしょうか。

どちらにしても、私のミスです。

山徒、すまん!

お腹凹ませる練習したのにねぇw


午前の山徒の個体審査が終わった頃に、銀ちゃん、山徒の同胎犬の岳ちゃんが遊びに来てくれました。

2010_0328_093227.jpg


ガウガウガウガウ!

山徒、仕舞うからちょっと待って!w


山徒と岳渡は、歩く前からいつも戦っていましたが、この兄弟はホントよくやります。
それぞれ、まだ殆どの未去勢の牡とも遊べるくらいなのに、身内には厳しいです。

展覧会では、気迫不足と言われるのにね。

岳ちゃんがハーネスと首輪をしているのは、決して危ない犬だからではなく、ハーネスが抜けそうになったので慌てて首輪もしたそうです。


045_20100330094125.jpg


あらためて、湘南に住む岳ちゃんです。
お父さんと相思相愛のベロンベロン犬です。
23?ある大きな身体は、銀ちゃんとさほど変わらないし、似ている所も多いです。


岳ちゃんが遊びに来たので、おりゅうを車から出しました。

が、、、、、この日のおりゅうは、いつもと違います。
さっきの、山徒と岳渡のガウガウで火がついたのでしょうか。
眠っていた何かが目覚めたのでしょうか。

一昨年の全国展以来のやる気です。

2010_0328_093535.jpg

「うちの山ちんにガウガウ云ったの、アンタ?」
「僕だよ~。かあさ~ん」


046_20100330101354.jpg

「アタシの敵はどこ?」鼻息荒く敵を探しまわるおりゅう。。。
お前は、オスか?w


外には、影虎君と妹さんの飼い主さんやyuttyさん一家が遊びに来てくれていました。

095-1_20100330142413.jpg

おりゅうさん、コロっと方向転換して、みんなに撫でてもらう作戦にでました。
今日は、ねこたさんもいるし、お竜のBOSS一家もいるし、毎年埼玉展に来てくれるチャコパパもいます。

おりゅうは、先週に引き続き思い出しました。

展覧会って、撫でてもらう所&私の邪魔をする者と戦う場所よ!

この日は、撫でられているおりゅうの目が笑っていないです^^
「ワタシ、負けないわよ!」誰にだ?何にだ?w


さて、成犬牝の個体審査の番です。
この日も生年月日順なので、おりゅうは最後です。
つまり、最長老w

リンクに入って、待っている間にいきなりですが、、、

DSC00283.jpg

あり得ない!w


リンク際まで、yutty母さんが山徒を連れて応援に来てくれていたいのですが、山徒を撫でたりしていました。

「撫でるならアタシ!」おりゅうの合言葉ですw

2010_0328_104713.jpg

「写真ですか?」



2010_0328_111611.jpg

「僕、恥ずかしいので、帰って良いですか?」by山徒


おりゅうさんの撫でろ攻撃は、その後も止まらず・・・山徒より私が可愛いわよ!w

DSC00279.jpg

まったく知らないギャラリーも参加w


DSC00298.jpg

個体審査中は、落ち着いていて良かったですよ。
お腹もそこそこは凹ませていたしw


午後の比較審査は、山徒は1頭。

DSC00294.jpg


あっという間に終わりました^^
でも、午前に歯だの棒だので嫌な事があったのに、午後はリンクでちゃんと立っていました。

山ちん、偉いねぇ。
あさ練習した通り、ちゃんとお腹も凹ましているし^^

毛もカットされてたし締まってないし、何の練習もしなかったので良い状態じゃなかったけど、優良を頂き、1頭1席ですが、若犬賞です。
甲斐犬のことはあまりわからないような感じの先生でしたが、「犬として良い犬」って評価でした。

先日、静岡展で岳渡が若犬賞を頂いたので、これで、銀ちゃんも含めて3兄弟で仲良く頂きました。
良い記念になりました。


そして、今日、一人気炎を上げているおっかさんの比較審査です。
7頭だったでしょうか・・・定かじゃないですがw


2010_0328_133119.jpg

「さて、行くわよー!シャー!」

って、オイオイw

写真撮ってくれたねこたさん、ナイスタイミングでした。
リンクのポールに、足上げて掛けションする牝って、あまり見ない光景ですからw

2010_0328_132934.jpg

「今日の敵は、アナタね! 受けてたつわよ!」

と、向かいに居る1席の位置に居る犬に対して、立ち込み!!!!!

でも、勿論、受けて立つまでもなく1頭棄権の6席で結審しましたw

いつも比較審査で、審査員が自分に興味がないと思うと、集中力が切れるおりゅうですが、この日は最後まで集中していましたね。

おりゅうは、こんなヤツですが、そうですねぇ、、、私にとっては一番面白い犬でしょうか。
「そう来たか!」って意外性が面白いですw



これから先、出陳する訳じゃなくても、展覧会は「場馴らし、社会化」の場所でもあります。
最近ガウガウが心配だと言う元ちでしたが、ぜーーーーーんぜん、問題なし。

体育館裏に引き摺りこんで顔伸ばしする藍虎の方が、ずっと乱暴者です^^

102_20100330111549.jpg

げんげん、です。
ダイエットの効果で、1歳未満だけどすんごい細い胴周り。
山徒とおりゅうの肉を分けてあげたいw

げんげんは、いつも情けない顔をしている…というので、皆で検証。
模様もあるけど、首を前に出して、うつ向いているせいもあるね!って、ことで、

103_20100330112057.jpg


「よしよし、良いぞ。げんげん。そこで顎だけ引くんだ!」

って、そんなことできないよねw

でも、1日ずっと、寝転んだり他の犬と遊んだり、とっても社会化ができているって印象でした。


049_20100330112700.jpg

左からげんげん、影虎くん、山徒です。
1歳になる雄同士でこのくらい接近できれば、問題な~いって思います。
影虎君もY先生のしつけ教室に通っていたそうですが、通っていたからフレンドリーなのかどうかわかりませんが、素晴らしいです。
また、遊びに来てくださいね。



2010_0328_090251-1.jpg

来週、いよいよ本番の福ちゃんです。
春の愛護会展に未成犬牝として出陳します。

オヤツのおばちゃんとしては、是非是非応援に行きたいのだけどねぇ~。
気楽に、頑張って来てね。

この日、念願の甲斐ちゃんにも会えました。
ヤッタァ!

097_20100330113637.jpg

カイポパパのところの天ちゃんです。
日保に行くと、いつも、赤虎の大安売り状態です^^

天ちゃんは8カ月なので、これから顔に虎が入ってくるんですよ。



さてさて、来週は、愛護会展、出陳の皆様、楽しんで来てくださいね。
私は、多分行けませんので、ここでテルテル坊主を作って応援していますね。

そうそう、最後になりましたが、写真提供の殆どはsuzukaさんと、ねこたさんでした。
ネタに困らない写真をたくさん、ありがとうございました!




まだまだ、若いもんには負けないオッカサンに、ポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | 展覧会 | CM(12) | ▲ top
子猿に挑戦!
- 2010/03/25(Thu) -
3連休に双子の子猿とその親分を連れて、妹が帰って来ました。
いつもの事ですが、りくは子猿の側を離れません。

003_20100325195705.jpg

いつもと違うのは、おりゅうや藍虎が近づいたら、怒ります。

子猿でこれじゃあ、子供が生まれたら、やっぱり大変なことになりそう。。。
私の部屋の一番奥の奥まった場所に、りくと仔犬の寝床を作って、サークルで囲おう^^

もうひとつ違うのは、おりゅうです。

子猿が小さな時に、尻尾を引っ張られ、上に乗られ、耳を齧られ、缶詰で頭を叩かれ、、、、、ets。
それなので、子猿が来た時は、ご飯以外は気配を消していました。

なのに、今回は割と積極的に子猿にも近づきます。
もう、安全だと思ったのでしょうか。


009-1_20100325210451.jpg

「重いよ~~」と、おりゅうの尻に敷かれて泣く、子猿1号w

それにしても、おりゅうは、トラウマにはならない性格なのでしょうか^^


子猿達は3歳になりますが、奇声を上げ大暴れします。
藍虎とりくは、まったく平気なのですが、子猿&親分と銀ちゃんは、1度山に出かけた事があるのですが、家の中のような狭い場所で接近したことはありません。

大きな犬と奇声を発する子供の組み合わせ。
ここは一つ、お互いの社会化のために会わせてみる事にしました。


032-1_20100325201317.jpg

銀ちゃんは、妹に対していきなりのベロベロ攻撃です。
私の妹ってわかるのでしょうかねぇ~。

妹って、もともと犬はそれほど好きでもないし、銀ちゃんには恐れをなしていたのですが…

034-1.jpg

子猿2号が、「怖い~~」って。

そりゃ、怖いかも^^

子猿が立った大きさと、銀ちゃんの顔は同じ位置だし、立ちあがったら遥かに大きいし。。。
銀ちゃん、調子に乗って、またやっちゃったかも。

この後、銀ちゃんは、一生懸命謝って、胡麻を摺って、何とか子猿達に受け入れてもらいました。

なのになのに、またやっちゃいました!
子猿の親分に対して、御挨拶するのに、立ちあがって顔ぺロしちゃいました。
「痛い~~」えーーーーん!と泣く親分。

そう、肩に掛けた足の爪が痛かったんですね。
銀ちゃんは、かなりの運動はしているのですが、アスファルトの上を歩くのは少ないせいか、あまり爪は減ってないのですね。
それに、重いし、驚いただろうし。。。

昔、親分が1歳くらいの時に、野原で転んだ親分の上に覆いかぶさって顔ぺロしたおりゅうは、親分が怖がって、親分が家に来ると、3年も家に入れてもらえなかったんです。

どうする銀ちゃん!

040_20100325202807.jpg

親分は、銀ちゃんが居ない方に居ない方にと、私と妹に抱っこして隠れます。
普段は集中力のない銀ちゃんなのに、ここは、ものすごく頑張りました。

「ごめんね、嫌わないでね」と、出来る限りの可愛い顔をして、親分の前に、前にと回り込んで、しつこいくらいに伏せをします。

銀ちゃん、見直しました!!!!!
やればできるじゃない!

でも、これって、おこちゃんにガウしちゃった時と同じ展開じゃない?
先に考えてから行動すれば、もっと良いのにねw

043_20100325203328.jpg

銀ちゃんは、どのくらい粘ったでしょうか、、、

顔を向けてなければ、何とか触ってもらえるところまで、来ました。

右下から伸びているのが、親分の手です。


044_20100325203628.jpg

銀ちゃんに、「頑張ったね!チュ~」しようとする子猿1号。



045_20100325203941.jpg

チュ~のお礼に、唯一の芸である「お手」をする銀ちゃん。


046_20100325204245.jpg

「じゃあ、僕もチュ~」と、何故か腰辺りにチューする子猿2号。

この後、尻尾を掴まれそうになって、ビックリして飛び退いた銀ちゃんでしたが、家の中で飛び退いた銀ちゃんに子猿達がビックリ!


でも、子猿の発する奇声に、銀ちゃんが全然平気だったのは、意外でした。
もう少し嫌がるかと思いました。
嫌がるどころか、何かされない限りは、友達になりたいようでした。
3ヶ月くらいの時は、散歩で小学生に会うと逃げてたのにw

嫌われちゃった親分に、一生懸命に謝って、友達になろうとする銀ちゃんに、妹の銀ちゃん評価が急上昇!
「飼うなら銀ちゃんだ」って。
あんなに献身的に尽くしている、りくって可哀想w



053_20100325205057.jpg

「バイバイ!またね!」

銀ちゃんは親分の手をペロペロと舐めて、ちゃんと礼儀正しく御挨拶しました。

子猿一家は湘南に帰って行きました。




意外に子供好き、意外に良い奴の銀ちゃんにポチお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(8) | ▲ top
藍虎@妊娠中 あと2週間
- 2010/03/24(Wed) -
昨日、藍虎のお里のパパさんが、遊びに来てくれました。

054-1.jpg

藍虎がお里を出てから1年半になります。
パパさんと会うのは、これが3度目ですが、藍虎はちゃんと覚えていました。
玄関を開けると、すごい勢いで飛び出して行きました。


車の中に居る藍虎のお母さんと妹に会いたくて、藍虎は背伸びして、軽トラのドアをカリカリします。
そこに居るのが、もう臭いでわかるんですね。

以前、お里に何度か行った時に、いつも家の人がお留守でした。
ある時、外の檻にお母さんと妹が入っていることがありました。
藍虎は、2頭に猛烈に吠えられているのに、ウレションしながら近づいて、その格子にピッタリと身体をくっつけて、お腹を出していました。

そんな藍虎が可哀想で、可愛くて、絶対幸せにしてやらなきゃ!って、思ったものでした。

その後、おりゅうが出産した時に、2頭を連れて遊びに来てくれたので、再会を果たす事が出来ました。
今回はどうでしょうか。
藍虎を覚えてくれているのでしょうか。


大きなお腹の藍虎の再会シーンを動画でどうぞ!



受け入れられたのかどうか、、、、わからずw

ワンワンと吠えているのは、事務所に犬嫌いの来客中なので、すぐそばの駐車場に繋がれている大ちゃんです。
ちょっと遠くで、ヒャ~!と奇声を発しているのは、おりゅうです^^
子供の頃の「遊ぼうヒャ~!」の名残ですが、今は、「騙し」ですw

大きな真っ黒のワンコがお母さんの柚子ちゃんです。
ホッソリしているのが妹のあずき。
藍虎はお母さんに似ていますが、お婆ちゃんにはもっと似てます^^


065_20100324185515.jpg

藍虎は、大きなお腹で、まだペッタンコしています。

あまりにパンパンなので、心配になって来ました。
藍虎は7頭兄弟で生まれたので、藍虎も多産なのじゃないかと。。。

それに、おっぱいが10個あることに気づいてしまいました。
おりゅうとりくは、8個です。

それで、今日、病院に行ってビックリ。
16,8キロ!
重いわけだわ~。

一応、レントゲンを撮りましたが、私もレントゲン室に入って、私が抱っこして横に寝せるのが精いっぱい。
凄く順調に育っていて、「15センチくらいあるよ、、、、」って。
頭数は、エコーで見ただけなので、確定できなかったです。

りくが、15,1キロでした。
元は同じくらいの体重なのにねw

藍虎、、、、食べ過ぎ?
同じように食べさせてるんだが。。。


そうそう、上の写真の藍虎が寝ているマットの左の方にある、足あと4つ。
午前中に遊びに来ていた「巨大幼犬」のデス。


ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | りく&藍虎の赤ちゃんプロジェクト | CM(11) | ▲ top
日保・千葉展
- 2010/03/23(Tue) -
やっと晴れました~!

この春は、栃木・群馬と冷たい雨に見舞われ、修行のような展覧会でしたが、初めて晴れました。
でも、朝はこの辺は氷点下まで下がり、まだ寒い中を5時に出発しました。

最高気温は、12度という予想でしたが、、、、

DSC00242-1.jpg

銀ちゃんには、やっぱり暑いようで^^
審査会順番は1番目ですから、周りを見渡しても、ハアハアと口を開けているのは銀ちゃんだけでした。

いつもよりも長い個体審査でしたが、いまひとつピリっとしない銀ちゃんは座ること2回。
銀ちゃんの場合は、気温と集中力はそのまんま比例するのじゃないかと。。。

この写真は、2週間後の愛護会展のために、福ちゃんの場馴らしに来ていたsuzukaさんが撮ってくれました。
力感なく突っ立っているだけの銀ちゃんですが、虎犬は光が当たると綺麗なので、沢山の方にご覧頂けて良かったです^^
ビューティフル!

審査が終わると、銀ちゃんはsuzukaさんを見つけて、まっしぐら!

027-1_20100323164000.jpg

抱きついて、ベロベロ~して、最後にマーキングまでしちゃいました。
銀ちゃんが、suzukaさんにチッコ掛けたの、2度目です^^

いつも応援してくれているので、お礼のつもりなのか? 押し倒しそうな勢いでした。


銀ちゃんの立ち方を見ていた、四国犬のオーナーの方が、引き方を教えてくださいました。
いつも声を掛けてくださって、色々と教えていただいています。

028-1_20100323165021.jpg

「遊ぶんですか?」

銀ちゃんは、男の人が好きです。
大きな仔犬だったので、遊んでくれる人が男性が多かったのですよね。
最初は住職さんで、あとは釣り人。
だから、特に黒い服を着た男性が好きみたいです。

はしゃいで、立ち込みの練習にならず。。。w


023_20100323170855.jpg

そうそう、昨日はリンクに向かう時に、「甲斐犬が通るよ!避けて避けて!」と声が掛かりました。
甲斐犬って、まあそういうイメージなのでしょう。
でも、四国や紀州と比べて、そんなに獰猛ですか~?

こんなに可愛い顔なのに~~、、、と、思うのは身内だからでしょうかw


実際は、ガウガウワンワンとされても、銀ちゃんはまず、
「遊ぶんですか?」って態度を取り、次に
「あれ?怒ってますか?」って、態度です。
身内以外とガウる事はないようです。

銀ちゃんを連れて展覧会に出るようになって、声を掛けて頂く事が圧倒的に増えました。
体重と体高を聞かれることも多いのですが、24キロ!とサバを読んでおきました^^

結果は、銀ちゃんが1頭1席で若犬賞。おりゅうも予備審で舌斑の多さを指摘&確認されましたが、優良でした。
甲斐犬全頭が参加賞だった、熊本で行われた全国展の時の審査員だという情報が入ったので、意見を聞きに行きました。

銀ちゃんは、構成の良さと硬い感じが良いと評価されました。
それと、虎班の入り方も指摘されましたが、単に色が綺麗とかって評価ではなく、「甲斐虎としての虎班」を指摘されたのは初めてです。
愛護会の古い方に聞いた「甲斐虎」の説明と一致しているので、きっと勉強したのですね。
嬉しいことです。

審査が長い先生で、メモへの書き込みも多く熱心な先生なのだと感じました。

2010_0322_133157.jpg

先生から説明を聞いている間、ビシっと立っているおりゅう。。。
自分の事を言われているのがわかるようですが、もう審査は終わってるよ!

審査中は、座って頭を掻いてたくせにw

この写真はねこたさんが撮ってくれました。
ナイスタイミングw



午前中の審査が終わる頃に、ねこたさんが来てくれたのでした。

087-1.jpg

おりゅう、大満足!

おりゅうにとっては、展覧会はみんなに撫でてもらう場所、、、、だったのだけど、そう言えば去年は仔犬ラッシュでおりゅうは撫でてもらうチャンスがありませんでした。

銀ちゃんはというと、何と何と、撫でようとしたねこたさんに「ガウ」
えええええ~~。
何で何で?

げんげんのニオイ?
まさかねぇ、、、、ねこたさん、警戒しながら手を出したのわかっちゃった?

もう、一生触ってもらえないよ~!


上京していたお母さんを、東京駅まで送って来たぱんださんが来てくれました。
ぱんださん、銀ちゃん引いてみる~?

銀ちゃん、ご機嫌でぱんださんと散歩に行ってしまいました。
大きなぱんださんと銀ちゃんお似合いです^^

ぱんださんは、雄犬に好かれる何かがあるのでしょうかw
げんげんもパパ贔屓で、ねこたさんがいつもブツブツ言ってますよね。

来週は、埼玉展に元ちも来てくれるそうです。
げんげん、久しぶりで楽しみだなあ~。



090_20100323173250.jpg

福ちゃんです。
ただ可愛いだけじゃなく、ナイスファイトの福ちゃんです。
オヤツをめぐって、おりゅうにガウしましたw



083_20100323182001.jpg

王国から遊びに来てくれたコテツくん。

奥はおりゅうですが、犬には厳しいくせに、例によって、優しいコテツパパには寄りかかってナデナデしてもらって大満足でした。
また、是非遊びに来てください。


043_20100323180537.jpg

藍虎と似たお顔のこはるちゃん。

王国のHPです。
http://blog.goo.ne.jp/kote-koha/



056_20100323180946.jpg

そして、私のお気に入りに登録した「カツ」
やはり、愛護会展の場馴らしに来ていました。

8ヶ月だそうですが、是非、このタイプの甲斐犬を評価して欲しいと思いました。



066_20100323181621.jpg

こちらは、遊びに来ていた、虎の北海道犬です。
立った写真がないのですが、虎の入り方が甲斐犬とは違いますね。




さてさて、来週の日曜は、埼玉展です。
山徒の預かり日なので、銀ちゃんじゃなくて山徒で出陳申し込みをしたのですが、、、。

洗った直後の山徒の濡れた毛を、お母さんがピレネー用の今強力な?スリッカーで梳かしてしまい、毛量半減、蓑毛まで切れてしまったとのこと^^
自慢のピカピカの毛がどうなっているのか不安ではありますが、、、、お時間のある方は遊びに来てくださいね。



奮闘中の甲斐犬にポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 展覧会 | CM(13) | ▲ top
緑龍のお尻
- 2010/03/21(Sun) -
銀ちゃんの遊び相手に、また緑龍を連れてきました。
3度目です。

8月11日生まれですから、7ヶ月と10日になりました。

002_20100320201431.jpg

先月遊びに来た時よりも、少しホッソリしました。
でも、やることは一緒で、すっかりお腹が大きくなってツチノコのような藍虎のお尻を追い回しています^^

で、藍虎に怒られ、銀ちゃんに首の後ろを咥えられて、引き倒されているのも、まったく同じ光景です。

前回と違ったのは、前夜に雨が降って、ランがぬかるんでいたこと。
水溜りで転がって、緑龍はビショビショになってしまいました。

005_20100320202948.jpg

ハアハアゼイゼイ、、、、

緑龍は暑がりの銀ちゃんの倍くらい暑がりで、もう少し暑くなったら、運動させるのも心臓に悪いのじゃないかと思うくらい。。。

このモコモコのお尻は、一体どこまでが毛で、どこまでが肉なんだろう???

毛を分けても、皮膚は見えない^^
触ってみると、まだ子供で筋肉は付いていないから、プヨっと柔らかい。


016_20100320202903.jpg

日陰の砂利が積んである場所で、ゴロンゴロンと銀ちゃんに転がされて、すっかり灰色になってしまった緑龍。
いくら外飼いでも、このまま返すわけにも。。。

よし!この際だ!洗ってみよう~~!

自分の家で生まれた子でもなく、家の犬でもない緑龍だけど、緑龍だからきっと平気でしょう。
本当はどうなっているんだ?って、興味深々。


022_20100320205746.jpg

意外に細い!

でも、全然泡立たないw


024_20100320211244.jpg

指が入って行かないので、綺麗に洗えた感じはしないけど、これ以上は無駄と断念w
家のワンに少し分けてやって!

緑龍は、シャンプーは全然嫌がらず、大人しかったです。
これなら楽チン。

でも、夕方までに乾くか心配w


028_20100320215153.jpg

でも、緑龍のお尻の謎は謎のまま。
毛なのか肉なのか骨格なのかわらずw
8月生まれなので、今年、夏毛になってから、次の冬にどうなるか、、、。

でもでも、わかったことは、スゴ~イ腰高だってこと!
腰に合わせて前足が伸びたら、まだ2~3センチくらいは大きくなるのかな。

庭に出しても、まだ藍虎を追い回していて、前回来た時は「サカリかな?」と思ったけど、いつもらしい。
もうそろそろ、畑にでも放せなくなるのは、時間の問題かなぁ。
足上げチッコもまだだけどw

緑龍は、モコモコの身体に、人懐こく神経質なところがまったくないので、ちょっと犬が苦手って人にも人気です。
両親譲りの大らかな性格なので、ずっと銀ちゃんや大ちゃんとも遊べると良いね。



まだまだ、オコチャマで言葉が通じないと思っていた銀ちゃんですが、緑龍と一緒だと「お兄ちゃんになったんだなあ」と思います。
行動に移すかどうかは別問題として、私の言葉が随分と通じているんだな~と、感じました。
遅まきながら、1歳ごろから急激に変わって来たように思います。

今回は、緑龍がしつこいので、おりゅうが珍しく何度か怒っていましたが、そのうち落ち着くのかな。


037-1.jpg

緑龍を送り届けてから、銀ちゃんと散歩に行きましたが、この日は凄く楽な散歩に感じました。

竹と虎犬は、やっぱり似あいますね。
写真だとわかりませんが、食事を減らしたのが1日だけでもお腹が凹みましたw

ああ、でも、銀ちゃん+緑龍の毛じゃなくて良かったわぁ~。
山で誤射されちゃうからねw



明日は、日保・千葉展です。
市川市中山競馬場内市川駐車場で開催されます。
お近くの方、お時間のある方は、遊びに来てくださいね。



モコモコ、コロンコロンにポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(2) | ▲ top
銀ちゃん@ダイエット中
- 2010/03/18(Thu) -
001_20100318084837.jpg

こちらも、もう出産予定まで25日ほどになったりくです。
お腹がプックリとしてきましたが、元々胴が切り上がっているので、あまり目立ちません。

りくは小さくて痩せている印象がありますが、実はそうでもなくて、普段の体重も13キロを切ったことはなくて、多い時は14キロくらいで、藍虎と殆ど変りません。
人間の女性だったら、相当お得なタイプですw


013_20100318090630.jpg

こちら妊娠しているりくよりも、妊婦さんのようなお腹の、おりゅう。
胸深が深く胴も太いので、人間でいえば、相当損なタイプですが、実際、結構脂肪も付いています^^
展覧会の時は、もうちょっと凹んで見えるのは、おりゅうが自分でお腹を凹ませているからですw

全国展の時には、絞るために強制運動もしているから、もうちょっと細いんですけどね。
それでも動いている割には太いやすいし、食いしん坊なので、油断するとすぐに太ります。
今まで1度もご飯を残した事がありません。

1度もですよ!

でも、姫ちゃんが5キロくらいのフードなら楽に食べられると聞いたので、少し安心しましたw


このオッカサンのぶっとい胴体と持久力をを受け継いだのが、銀ちゃん。
これまでは、藍虎がメインで遊び相手を務め、後はおりゅう&大ちゃんとも遊ぶって感じでした。
藍虎の妊娠で、おりゅうの負担が増えました。


007_20100318093006.jpg

レンズのせいで、銀ちゃんが巨大に見えますが、これほどにオッカサンと差がある訳ではありませんw


008_20100318093412.jpg

大ちゃんとも遊びますが、体力が違うので、、、、


024_20100318093609.jpg

「お母さん、遊んで!」


028_20100318093645.jpg


「遊んで~~!」
と駄々をこねることが多くなりました。

おりゅうは頑張っていますが、1歳になったばかりの遊び盛りのオコチャマには付き合いきれないようです。
展覧会に行って車から降ろすと、銀ちゃんは落ち着きがない、、、って言われますが、このオトコは、続けて3時間は楽に動き回れるw
エネルギー余ってますから。

体力の差が明らかになってから、大ちゃんは銀ちゃんとお相撲は取らなくなりました。
ここは、何とか大を鍛えて、銀ちゃんの遊び相手にするしかない!
藍虎の開けた穴の分まで、大ちゃん頑張れ!

といっても、急には無理なので、今も銀ちゃんは、河原を車と走ったりしています。

018_20100318094550.jpg

並走するの、上手くなりましたよ^^



本当は、リールリードは使いたくないのですが、この河原は堤防の上がサイクリングロードになっているので

016_20100318094650.jpg

突如として、ノーリードの犬が現れることが、多々あるのですよ。。。

「車と走る犬、、、、珍しいですか?w」

1歳過ぎた雄犬なので、ノーリードにできる場所が本当に限られて来ました。
人が来なかった裏山にも、先日のように突如、団体様が来るようでは、ますますなくなってきました。

銀ちゃんは、飽きると遠歩きする癖があるようなので、今のJPSは沢に降りると電波が届かなくなるので、時々しか山にも連れて行けません。

一昨日は天気が悪く小雨だったので、山にも人がいないだろうと、山散歩に行きました。
銀ちゃん、大喜びで走る走る。

以前は、毎日山で1時間半は走っていたのですよね。
最近太りやすいのは、山に行かなくなったからですね。


こないだ行き成り人が来て、銀ちゃんが吠えたので、私がお寺の方からの道で見張りをしていました。
雨でも人が来たら、呼んで繋ごうって作戦です。

そしたら、山の上の方で銀ちゃんが吠えました!

走る~。走る~。ワタシ。





勘弁してよ~。
何でもありませんでした^^

アタシのダイエットじゃないんだからぁ~~。


鈴をつけて走りまわっているのが、銀ちゃん。大もこの時はまだついていっています。
銀ちゃんが吠えたので行ってみたけど、何でもないので、その辺でノタノタしているのが、おりゅうです。

毎日、銀ちゃんを山や川で放していた秋くらいから比べると、どうしても運動量が減ってしまうので、食事の量を減らしてもらうようにお願いしました。
どう頑張っても、アバラに脂肪が乗ってしまいます。

体重が減ったら、もっと身軽になってしまうでしょうが^^


そうそう、さくらママから、銀ちゃんはどのくらい食べるのか?と質問がありました。
ここの所、朝ごはんを残すことが何度かありました。
迎えに行くと、食べ残したままなのです。

重くて動けない!銀ちゃん自身の防衛本能でしょうか。。。
銀ちゃんが、セルフコントロールの効いた子で良かったです。
おりゅうに似てたら大変でしたw

お婆ちゃんが言うには、食欲がないと美味しいトッピングだけ食べているそう。

201003151549001.jpg

さくらママ、これが食べ残っていた朝ごはんです。
全然食べないはずはないので、もっと多かったのじゃないかとw

お母さんが銀ちゃんのために毎日メニューを変えたトッピングをしてくれています。
いつもは勿論ペロリと食べていますから、あれだけ動いてもあの体格を維持しているわけです^^


昨日も少し残っていたので、朝ごはんを半分にして貰うようにお願しましたw


目標はそれほど高いわけじゃなくて、秋くらいでしょうかね。
アバラがゴツゴツと触れれば、OKってことで。
今、ムクムク可愛いので気に入っているのですが、短毛犬がムクムクに見えるのは太り過ぎで短命の元ですからぁ。
先日、若犬賞をくださった先生にも「今後の太り過ぎ注意」を指摘されましたし。

って、ことで、おりゅうもちょっとダイエットが必要なようです。
BOSSのところは、豆腐ダイエットらしいですが、家は野菜ダイエットかなあ。


走る~。走る~。甲斐犬達&アタシにポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 虎虎三兄弟 | CM(8) | ▲ top
藍虎@妊娠中
- 2010/03/17(Wed) -
藍虎の出産予定まで3週間を切って来ました。

お腹も大きくなってきて、乳首も大きくなって来ました。
お腹だけじゃなくて、全体にも随分太った気もします^^




いつも、藍虎が銀ちゃんの遊び相手を務めて来ましたが、このお腹では流石にちょっと無理。
そこで、大ちゃんを鍛えて、銀ちゃんの遊び相手をしてもらう事にしました。

031_20100317105105.jpg

先日、山に観光客の団体様が来たので、夕方4時頃から散歩に行く事にしました。
この時間なら、誰も来ないはず。
銀ちゃんは連れて行かないので、3レディース&大ちゃんなら、軽く1時間くらいの散歩なので夕方でも大丈夫、、、のはず。

もうミズバショウが咲き始めていました。


けど、やっぱり藍虎は藍虎でしたw

033_20100317105836.jpg

重いお腹もなんのその・・・


035_20100317105625.jpg

呼べば帰って来るんですが、水を飲むと、「藍虎、帰るよ!」と止めても、振り返りつつもまた山に駈け上がっていきます。



042_20100317110122.jpg

「大!穴なんか掘ってないで頑張れ!」
「もう、頑張れない。。。」


044_20100317110326.jpg

「ほら、大ちゃん。立って!行って来い!」
「もう、結構ですぅ。。。」

銀ちゃんの遊び相手を務めるには、まだまだ修行が必要なようです。

疲れて、いつも下がらない尾が下がっています。
でも、やっぱり大は展覧会を長くやって来た系統の犬ですね。

立っただけで、それなりに見えますw


山の日暮れは早いので、3レディースを呼び戻して帰ろうとしますが、おりゅう&りくは帰って来ました。
続いて、藍虎も山から下りて来ました。

が、また藍虎は水を飲んで、沢でペッタンコしてお腹を冷やすと、上がって行ってしまいました。


それからは、呼んでも帰って来ません。
ちょっと散歩くらいのつもりだったので、犬笛を持って来ていません。

えええええ~~。

一旦、駐車場に戻って他の犬を車に乗せて、また裏山に戻りました。
どんどん暗くなるし、、、ここはお寺だし、、、カラスは鳴くし。

ギャーって鳴くの、止めてよ!

どのくらい待ったでしょうか。
これ以上、暗くなるのに耐えられないので、犬笛取りに家に戻る事にしました。

藍虎が帰って来て車がないと家まで帰って来ちゃうかもしれないので、車を置いて歩いて戻りました。
歩いたって5分とかかりません。

家から犬笛を取って、お寺に戻ると、

045_20100317111449.jpg

暗闇に藍虎がいました。

裏山から本堂前まで降りて来て待っていました。

真ん中、右下に目が光っているのが藍虎ですw

047_20100317111805.jpg

嬉しそうに走って寄って来ました。
「待ってたんだよ」とでも言いたげにジャンプジャンプしてきます。

「待ってたのは、こっちだよ~!」


姫ちゃんが妊娠1カ月くらいの時に、駆除のため猪狩りに行った時に出来た子が、神竜、黄金丸、力丸のシシ狩りの名犬達だそうです。
藍虎の子も、藍虎みたいなんだろうかw

私は、こういう藍虎が大好きだけどね!
小さい時は、冒険野郎で大変だったけど、母になっても今のまま、面白くて可愛い藍虎でいて欲しいって思います。



妊婦さんの藍虎にポチお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村








この記事のURL | 藍虎 | CM(18) | ▲ top
九州に行って来ました
- 2010/03/15(Mon) -
甲斐犬というと、猪猟に使うんだよね!と言われます。
でも、家のは勿論、殆どの甲斐犬は猪猟に使えません。
「甲斐犬は身体能力が高い」と言いますが、それもまた実際は怪しい犬も増えて来ました。
性能が形質として表現されていなければ、展覧会犬も意味がない、、、、逆に、子孫を残しやすい展覧会犬だからこそ、性能を保存していかなければならないのじゃないか。
最近、強くそう思うようになりました。

百聞は一見に如かず・・・

「猪に行く大きな実猟犬に会いたい!」

勉強のために、疾風パパのお世話になって、姫ちゃんの息子、黄金丸に会いに福岡に行って来ました。
広島も何度か行っていると、段々と近く感じてきましたw

先に、パパがブログで写真をアップしたのを見たら、同じ場所同じ被写体なのに、まったく写りが違うので驚き。
腕の差って凄いですねw
なので、黄金丸や、急遽見に行くことになった兄弟の力丸の綺麗な写真はパパのブログを見てね!

http://kuroimonokai.com/hayatepapa/

パパのブログにもある通り、金曜の夜に広島入りして、土曜の朝、一緒に福岡に向かいました。
栃木の私がイメージすると、広島って大阪の方が近そうだけど、福岡の方が近いくらいなんですね。
ちょっとした驚きでした。

パパが言うには、猟の世界ではパパさんが500番か1000番目くらいで、姫ちゃんの息子の黄金丸の飼い主のHさんは、5本の指に入るそうです。
パパさんが1000番目だとしたら、Hさんはどんなに凄いのか私には想像も付きません^^

行く前に、シーバに載ったHさんの記事を見せて頂きましたが、本人もご自宅も重厚感たっぷりの写真に、こんな凄い人に会えるんだ~と、ワクワクしながら犬談義に花を咲かせて(私が一人でしゃべってましたがw)あっという間に?4時間半で到着しました。

059_20100315214225.jpg

黄金丸は、この囲われた庭で放し飼いされています。
家のワン僧達のために囲った庭よりもずっと広いです。
人に会わない生活をずっとしているそうで、私達の姿を見ては、ワンワンと吠えたてます。
噂通り、50オーバーの大きな甲斐犬です。

警戒ぼえしているのですが、怯えて吠えているのではないので、不思議と怖さがありません。
目が落ち着いているからでしょうか。


025-1_20100315214555.jpg

パパさんを覚えてはいないようでしたが、身体を触らせるようになりました。
この家を出るのは猟の時だけというから、まったく社会化されていないのに、人に対しても堂々としているのは、放し飼いの環境や持って生まれた素養なのでしょうね。
兄弟で一番、猟欲が強く気迫のある犬だそうです。

展覧会的外見で言えば、伸びのある犬。
この写真ではわかり難いですが、窮屈なところがない伸びやかな四肢と吻です。
展覧会で時折見る詰まった胴体の柴犬型の犬とは、対象的な感じです。


行けば獲れる!
一人と一頭の単独猟で、黄金丸は獲るだけなら100%の確率で獲るそうです。
Hさんが目指しているのは、その上。
如何にして獲るか、、、の猟芸です。



045-1_20100315220419.jpg

思いがけず、もう1頭の甲斐犬に会えました。
目の鋭さが印象的で、耳が丸く大きいのが特徴ですが、体つきは藍虎に似ていて筋肉質で、親近感があります。
疾風の娘だそうです。
似ていないと思いましたが、前足を見て、ああ、なるほど!と思いました。
名前は「銘花」です。
 
この子は、蔵の中の薄暗いところで、外界と関係を持たせない様にして育てられたそうです。
それをHさんが引きとったそうです。

山犬のように目をギラギラさせて人を警戒して逃げるのですが、やはりこの子も目がオドオドと漂うようなことはなく、じっと見返して来ます。
そして好奇心が強くて、部屋の中いると、外から覗き込んだりしています。
すごく強くて、、、不遇な環境で育ったのに、そして女の子なのに、憐みを引かない、風貌だけでなく強く興味を引かれる子です。


ご主人は、猟の世界では至高を目指される方で雲の上の人らしいのですが、猟の子ことがわからない私には、お話していて猟師さんではなく、芸術家に感じられました。
犬の形にはまったく興味のない、重厚感のあるご主人と何の話しができるのかと思いましたが、福岡まで押しかけて行った勢いで、好き勝手なことを喋りまくってきました^^
甲斐犬が好き!だけなら、引けをとらないって思いましたからw

猟関係者でもないのに、温かく迎えてくれたHさんに感謝です。


119-1.jpg

温泉に泊まって、朝の散歩の疾風と姫です。
流石、親子!
特徴のある耳型や、前足の付き方太さだけじゃなくて、ボディーから尻尾、立ち方までそっくりw

121_20100315224021.jpg

ああ、でも、一つの器にフードを入れると、当然のように姫が食べますか~w

大好きなオヤツだと疾風が譲らず、疾風の物になるってことなので、フードくらいなら譲ってやるってことなのでしょうね。
どうせ、後から貰えるし。

疾風のこういうところ、私は好きですね。


翌日、もう1頭九州にいる兄弟、力丸に会いに行きました。
前日、Hさんとの話しに出てきたので、私が会いたいと言って、連絡を取ってもらいました。
力丸も、もうすぐ3歳ですが、半年前に飼い主さんが変わったそうです。
前の飼い主さんとは猟の仕方が会わず手放すことになったのですが、今の飼い主さんは、力丸に惚れこんでいたそうです。

前の飼い主さんに酷く叱られていたのか、人に慣れないと聞いていましたが、会いに行くと、吠えられないほどガタガタブルブルと震えて小さくなっています。
耳を畳んで、本当はどんな顔かもわからないくらいです。
パパやママが「リキ」と声を掛けても、覚えていないようで、震えるばかりです。
半年経つのに、この家の奥さんにも懐かず、ご主人にだけ心を許しているそうです。


少し慣れて立ち上がった時に、驚きました。
爺さんの疾風そっくり!

姫に合わせてみよう!ってことになりました。

146_20100315231621.jpg

尻尾が上がりました。
この時はまだ、母親だとは分かっていないので、「女の子だ~」ってことで、上がったようです。
やっぱり、疾風そっくりw

長くて柔らかい胴体が、尻尾上がるとぐっと縮みます。

この後、姫が、檻の近くでオシッコをしました。
そのオシッコを舐めて、口でクチャクチャとやっています。
疾風の癖だそうですw

そのオシッコで姫を思い出し、パパのことも思いだしたようです。

161.jpg

ちゃんと命令通り、「ここに来い」「伏せ」をして、「お手」までしちゃいました。
思いだしたんだね~。
幸せだった頃のこと、思いだしたんだね~。

ホロリとしました。

182_20100316004021.jpg


力丸の今の飼い主さんが、それを見ていて言いました。
「リキは、僕にしか懐かないので、自分がもし死んだらどうしようと心配していましたが、パパがいるので安心しました。」


この飼い主さんなら、力丸は猟が上手くいっても行かなくても幸せになれるって思いました。
とても他人とは思えない、銀ちゃんに似たこの目。

良かった良かった。



猟をするために作られて、猟をするために飼われた犬達。
その犬生は、愛玩犬以上に主人との出会いで運不運があるのだと思いました。
どんな優秀な犬でも、主人の猟のやり方に会わなければ無一文ですから。

同じ事が展覧会を主体にやっている犬舎でもありますね。
上位が望めず、交配にも使わない犬は,冷遇されている例はいくらでもあります。
もちろん、初期の目的に会わなくても、引退して年老いても、大切にされている犬がいることは言うまでもなりませんが。


もうすぐ我が家にも、仔犬が生まれますが、家のは何の取り柄もありません。
だから、例えMIXでも拾った犬でも年寄りになっても可愛がってくれるような、、、そんな家庭に譲りたいって思っています。
その思いを更に強くした九州の旅でした。

そうそう、勿論、大物獲りで活躍している実猟犬を見て、たくさん勉強させて頂きました。
身体能力や気迫は、甲斐犬の魅力の一つであります。
その能力を最大限生かしている甲斐犬を、今後も繋いで、是非後世に残して頂きたいです。




新しい飼い主さんの元で、幸せになって欲しい! 飼い主さんと頑張る猟犬達にポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(16) | ▲ top
親善大使ですから~
- 2010/03/11(Thu) -
最近紹介が少ないのですが、3レディースは、親善大使として日々自然体で過ごしています。

今日は、体調不良で病院に行った時に、3レディースを散歩がてら連れて行って、外で待たせていた様子を、隠し撮り?したのをご紹介したいと思います。

042_20100311100519.jpg

私の診察が終わりましたが、会計と処方箋を待っています。

外では、手前でお座りしているのが、おりゅう。
その向こう側でペッタンコしてるのが、藍虎。
りくは、一番向こう側で寝ながら工事の様子を見ています。



043_20100311101103.jpg

若い工事関係者が一人やってきました。
りくが立ちあがって喜んでいるので、きっと犬を飼っている人なのでしょう。



044_20100311101247.jpg

もう一人、年配の方もやってきました。
すかさず、りくが行きます。

りくは、我が家では一番警戒心が強いのですが、人に対しては信じ切っていますねw


病院での用が終わり外に出ると、3レディースと遊んでいたのは役場の水道課の人でした。
下水道工事の検査の立会に来ているのだけど、まだ準備ができなくて少し時間があるようでした。

「甲斐犬だよね。カッコイイね~」
「この虎毛が良いよね」
と、今日の所は、おりゅうやりくが人気のようです。

甲斐犬を知らないと、藍虎人気の時も多いのですけどね^^

やはり二人とも犬を飼っていて、朝晩の散歩は欠かした事のない愛犬家でした。
少し犬の話をしてから、仕事に戻りました。


処方箋を持って院外薬局に行きました。



045_20100311102230.jpg

待ちくたびれたのか、すっかりリラックスして寝っ転がっているおりゅう。
また、年配の人が側に行って、撫で始めました。



046-1_20100311102517.jpg

若い人もまた、構いに行きました。

「何やってるんだよ~」とばかりに、振り返る工事関係者。

写真の上下に白いぼやけた物が写っているのは、薬局のブラインドです^^



048_20100311102804.jpg

と、思ったら水道工事の方の責任者まで、3レディースと遊んでいましたw

薬を受け取って外に出ると、他の人も手を止めて集まって来て、ひとしきり甲斐犬談義になりました。
仔犬が生まれる事を話すと、最初に3レディースに触って来た若い人が、「欲しいなぁ~」と、3回も言うので、生まれたら見るだけでもどうぞ!って話しをしました。

こうして小さな田舎町に甲斐犬は増えて行くのでした^^


そうそう、ものすご~く可愛がって貰っている銀ちゃんですが、散歩中にたまたまお父さんと会ったのが最初の出会いでした。


田舎で地道に?広報活動をしている3レディースにポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | うちの子物語 | CM(12) | ▲ top
日保・群馬展
- 2010/03/10(Wed) -
日保・群馬展に行って参りました。
2週連続の冷たい雨の中での審査に風邪を引いたのか、体調不良でダウンしていました。
やっと復活したので、遅ればせながらのご報告です。

銀ちゃんが、若犬賞を頂きました。
おりゅう、颯虎も優良です。


銀ちゃんには、オヤツを使って「歯」のコマンドで口を開ける練習をしていましたが上手くいかないので、方法を変えました。
ああ見えてもベロベロ犬なので、すぐに私の顔を舐めようとします。
で、すかさず「歯」のコマンドで口を開けさせ、ちゃんと見せたら「良し」でベロベロ~^^

003_20100310130454.jpg

今までよりはスンナリ補助審査員に見せたような気がしますが、私が膝をつかなくても見せられるようになって欲しいものです。

016-1_20100310132655.jpg

熱いのが苦手でいつも口を開いている銀ちゃんですが、この日の気温は丁度良いらしく、珍しくキリっと口を閉じています。
ダレて尾が下がるようなことはなく、銀ちゃんにとっては「良いお天気」のようです。

023-1.jpg

どうやら銀ちゃんはこの先生が気に入ったらしく、顔を上げてずーと見ています。
「遊んでくれますか?」


先生が動くと、銀ちゃんもそちらに顔を向け、横姿を審査しようとしても向きを先生の方に変えてしまいます。

025-1_20100310134405.jpg

「ボク、どうですか~?」


ボク、秋よりも幅が出ました^^
ヒョロヒョロと(とは、見えなかったかも知れませんがw)上背に取られていましたが、前胸が広くなってきました。
普段、ぶっといと思われる身体も中型犬の中に入ると、さほど違和感はないですね。

ずっと、自分を見上げる愛嬌ある甲斐犬に、先生も思わず頬が緩みました。

この後、体高を計らせてくれと言われ、先生はおっかなびっくり物差しを当てました。
「体高は足りているだろうに・・・」

審査を終わってギャラリーの人に「体高、大丈夫だった?」と声を掛けられました。
「ええ、足りているはずなんですけど」
「そうじゃなくて、オーバーだよ。審査委員は物差しを伸ばして、上限計ってたよ。」

うそぉ~~!と、思いましたが、そう言えば朝も言われました。
会場に着くとすぐに栃木支部長が声を掛けてくれました。
その時に「若だよね?デカイねぇ。成犬までにオーバーにならないかなぁ。。。」と。

銀ちゃんは、ちょっと胴長な感じがするので、足が伸びると良いかなって思っていましたが、もう伸びなくて良いです^^

040_20100310141218.jpg

3兄弟のお父ちゃん颯虎です。
山徒は、顔はおりゅうに似ていますが、ボディーや尾形は颯虎似ですね。
力を抜いた感じの立ち方も何となく似ています。
って、ことは、山徒はまだ脚が長くなるかな^^

早々と換毛してしまって貧弱な感じって聞いていましたが、そんなこともないような…

それよりも、、、、

042_20100310142016.jpg

おとさん!颯虎の後ろの右足が、歩様用の板に乗っかって、立ちにくそうに足踏みしてるぞ^^

057_20100310143155.jpg

おりゅうは、ジッと見ている人達に向けて立ちました。
本部の役員の方と支部長さん達です。

でも、やっぱりやる気なく耳は開いてますがw

ギャラリーから、「紀州では、こういう差し尾が少なくなった」と、褒めて頂きました。
おりゅうよりも下に下げられた紀州は、棄権してしまいましたので、実質、またビリでした^^


この日、栃木の支部長がちょこちょこ声を掛けてくれました。
あの人が本部の審査担当の役員さんだから、話しをしてくるように、、、とか、
審査員に、4000円分よくよく話しを聞いてこいw、、、とか、
写真は犬の目の高さで撮れ、、、とか。

先週、苦情を言ったせいかもしれませんが、ありがたいことです。

本部の方にともお話しさせて頂いて、日保の入会案内に甲斐犬も載せてくれるように、、、とお話ししました。
そのつもりでいるが、使う写真で困ってるとのことでした。

この日、審査の先生とお話しさせて頂いて考えさせられたのは、
「甲斐犬のどこが良いのですか?」と聞かれたことです。
「紀州は味わい深さ、四国は切れ味鋭さ、甲斐犬は?」と聞かれました。

3日考えても、何と答えたら良かったのか答えは出ません。
本家愛護会でも、一つの基準で順位を決めているとは思えず、甲斐犬好きが「好きな甲斐犬、目指す甲斐犬」も少々差があるように思います。

甲斐犬を公平に審査しようとするにも、審査基準がわからないと、正直におっしゃる日保の審査員の気持ちがわからないではない気がしました。

でも、私の中での答えはでました。
「甲斐犬は、カッコ良さ」

私が甲斐犬を知らずに、他人に勧められてネットで検索して見つけたのが、あの「トラ」
「カッコイイ~~!これしかない!」と甲斐犬を飼い始めたわけですからw
散歩でもよく他人に「甲斐犬ってカッコイイよね」って言われますしね。

何がカッコイイかは人それぞれ。完成されていないのも甲斐犬の良さじゃないかと^^



さて、群馬展に行った1つ目的は、熊五郎家の次女「ひより」に会うためです。
緑龍の兄弟です。

067_20100310145450.jpg

血が濃いだけあって、兄弟みんな良く似ています。
が、、、性格は違うようで^^

ひよりは最初臆病かと思われましたが、慣れてくると「慎重」なんだなって思いました。
ちょっと見は姉妹のモモちゃんに良く似ていますが、前付けが違うので、当然ながら姉妹でも後で差がでてきますね。
どちらも立派な体格&毛には違いはありませんが^^

075-1.jpg

慣れない展覧会場に連れて来られて、すっかり怯えていましたが、少し落ち着くとお里のおかさんを思い出しました。
「会いたかったよ~」
全身でそう言っていました。

白いコートが真っ黒になりました。

私の所にもぺロぺロしに来てくれました。
ひより、可愛いねぇ。また、会おうね♪



この後、千葉展、埼玉展、三多摩展に出陳予定です。
埼玉だけは、銀ちゃんじゃなくて山徒です。
ご都合の会う方は、是非遊びに来てくださいね。


雨にも負けず、風にも負けず、頑張る甲斐犬にポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 展覧会 | CM(15) | ▲ top
男の友情?
- 2010/03/06(Sat) -
木曜、金曜と緑龍を一緒に遊ばせました。

077_20100306200308.jpg

相変わらず、藍虎にご執心で追い掛けまわしては叱られています。

藍虎、妊娠中なんですが、そんなことは関係ないのでしょうか?w


080_20100306200431.jpg

藍虎に叱られて、緑龍がキャンキャンと鳴くと、銀ちゃんが飛んで行って、
「もういい加減にしろよ」と首を噛んで引っ張ります。


088_20100306202951.jpg

「ボールで遊ぼうぜ!」と、銀ちゃんが落ちていたボールを咥えて来ました。
が、緑龍は藍虎しか目に入りません。

どことなく銀ちゃんに似ています。

雄に対して穏やかというよりは、牝しか目に入らないって感じw

083_20100306200942.jpg

緑龍は、りくにも近づきますが、しつこくすると怒る藍虎とは違い、側によって手を掛けただけで猛烈に叱られました。
耳をこれ以上引けないほどに引いても、大ちゃんのような黒ウサギにならないのが緑龍らしいです。


091_20100306201105.jpg

とんでもないものに言い寄ってしまった。。。と、後悔したのか、隠れるように逃げる緑龍。
銀ちゃんが「まあまあ、、、」と間に入ってりくを止めました。

075_20100306201402.jpg

「緑龍、気にすんなよ。俺なんか全然気にしないぜ!」と、いつものセリフで慰めながら、
「取り合えず、チッコでもしようぜ」と、連れショ○に誘いました。

シャ~~。

緑龍はわかり難いですが、座りチッコ中です^^

それまでは付き合いきれない…と、大ちゃん。


086_20100306201806.jpg

緑龍が、「りゅう母さんでも良いや!」と襲いかかると、
ここでは何故か銀ちゃんも・・・
と、思ったら、大ちゃんも・・・

何故か、私も私もと、藍虎とりくまでも・・・

おりゅう、袋叩きになってしまいました。
皆の母さんは、いつまでも無限大に強いって思われているのでしょうか。

流石におりゅうは逃げ出し、もう帰る!と入り口前で座り込んでしました。


金曜は、おりゅうを家に置いてランに行ったのですが、いつもおりゅうにベッタリの大ちゃんは

057_20100306202250.jpg

銀ちゃんにベッタリ?w


040_20100306202344.jpg

車の中では、緑龍は銀ちゃんのクレートの上に乗りますが、銀ちゃんは嫌がりません。
緑龍は、金網越しにベロベロしたりしています。

このお二人さん、相性が良いのか?どことなく相通じるものがあるのか?
単に他人で、緑龍が子供だから?

でも、何となく銀ちゃんって兄さん肌なのかな?と思った2日間でした。


ところで、最後の2枚は新しく買ったコンデジで撮った写真ですが、妙に青みが強く実際以上に空は青く草は緑で、銀ちゃんが黄色くなってしまいます。
デジカメの色合いって難しいですね。



ちょっと兄ちゃんになった銀ちゃんにポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | うちの子物語 | CM(14) | ▲ top
りゅう婆ちゃんの功罪
- 2010/03/04(Thu) -
久しぶりに銀ちゃんを連れて山に行きました。
遠走りされるのが心配で、最近はあまり銀ちゃんは連れて行っていません。
罠も多いし、猟期だし。

久しぶりの山に、銀ちゃんは大はしゃぎで、ほんとにまあ、縦横無尽に走り回ります。
今日は腰を据えてと、山に居ても出来る仕事を持ち込んで、木で作ったベンチに座って1時間半も経った頃でしょうか。

山の上でワンワンと銀ちゃんが吠えました。
すごい勢いで駆け下りて来て、そのまま、りゅう地蔵がある方に走って行きました。

マズイ!急いでリードを持って名前を呼びながら追い掛けます。
こういう時、マテ!で止まるのは山徒だけでしょうねぇ。
おりゅう、藍虎なら最初から吠えないでしょうが^^


011_20100304205946.jpg

え、、、、、
銀ちゃんが吠えたのも無理もないかも。。。

私もびっくり!


010_20100304210211.jpg

添乗員さんが旗を持って、ハイキングの格好をした御一行様が、ゾロゾロゾロと。
りゅう地蔵を眺めながら山を登って行きます。

慌てて銀ちゃんにリードをつけました。

尾根らの裏山には、元々、私が子供の時から遊歩道がありました。
でも、そこは凄く荒れていて、木が倒れていたりうっそうとしていて、人が歩くことなど殆どありませんでした。
りゅうママ家専用の遊歩道でしたから、おりゅうと二人毎日散歩していても、一人も会ったことがありませんでした。

その荒れた裏山をりゅう婆ちゃんが整備初めて何年になるでしょうか。
4年くらいでしょうかね。
水芭蕉の移植から初めて、間伐したり歩道を作ったり、花木を植えたりと自分の庭のように弄って来ました。

徐々に観光で訪れる人も増えて、山野草の春の時期と紅葉の時期は山散歩に行けなくなって来ました。
それが遂に、何もない今自分に旗を持った御一行様がいらっしゃるようになるとは。。。。。

りゅう婆ちゃんが、ますます良い気になるので、このことは内緒にしておきます^^


012_20100304211404.jpg

「おかさん、この缶、さっきはなかったでちよ!」元ちなら、そう言ったに違いないです。

りゅう婆ちゃんが町興しの一環として始めた整備ですが、私としてはここまでしなくて良かったのに、、、と、日々思っています。
日当たり良すぎて、夏は暑くなっちゃったし、、、この時期まで人が来るようじゃあ、どこか探さないと。

018_20100304211945.jpg

山を走り回って、3時間。
久しぶりに、銀ちゃんの尻尾が下がるくらい運動しました。

021_20100304212111.jpg

おりゅうも凄く張り切っていて、銀ちゃんよりもずっと遠走りしていて、時々しか姿を見せません。
やっと帰って来ました。

023_20100304212314.jpg

「帰って来たんだから、オヤツください」

耳を引いているのは、犬笛が聞こえていたのに帰って来なかったからでしょう。
おりゅうは正直なので、すぐにわかります^^

020_20100304212517.jpg

本堂の裏まで来たら煙っているので、何か燃やしているのかと思ったら、杉花粉でした^^
私は花粉症なのですが、不思議と何ともない…
去年から軽くなり始めて、今年は随分と良くなっています。
人参ジュース以外考えられないのですが。。。

でも、流石に夜になったら、目が痒かったです。


026_20100304212917.jpg

家に帰ったら、りゅう婆ちゃんが何やら作っていました。
6年前におりゅうの為に作ってくれた竹の柵。その門扉がガタピシ言いだしたので作り変えするそうです。
私にはできない^^
やっぱり、どう逆立ちしても敵わないので、婆ちゃんのライフワークになったお寺の裏山は諦めるしかないようですね。
新聞に載った!人が来た!と言っては、喜んでいますから。


昭和13年生まれのりゅう婆ちゃん。今日も健在です^^


生涯前向きなりゅう婆ちゃんにポチしてやってください。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | もう一人のオッカサン | CM(14) | ▲ top
ゆるキャラ~~
- 2010/03/02(Tue) -
銀ちゃんダイエット作戦の応援に、緑龍を遊びに連れて来た時の写真です。

カッカするのは、人間の勝手で、「僕達関係ないも~ん」

018_20100302151522.jpg

大きな目がクリクリと良く動き、まん丸な身体もコロコロとよく動きますw

先日の緑龍の写真を見て、コロコロ小さいのじゃないのか?と妹は言っていましたが、

009_20100302151954.jpg

コロンコロンですが、大きいです。
厳密には大ちゃんと同じ肩の高さくらいですから、48くらいじゃないかと思うのですが、すごい腰高だし、その存在感が違います。
走っては、銀ちゃんに転がされ、また立ち上がっては転がされ、、、、黒い毬のように弾んでいました。

緑龍が追っているのは大ちゃんですが、大ちゃんが警戒しているのにベロベロ攻撃されるので、何だこいつ~~?と、気味悪がって逃げています^^
家では銀ちゃんよりも大ちゃんの方が、他所の犬を警戒しますね。
銀ちゃんは、身内以外は、向かってくる雄じゃなければ、まだOKのようです。



008_20100302152347.jpg

銀ちゃんと仲良く頭を突っ込んで、水を飲みます。
緑龍と銀ちゃんは仔犬同士のように遊びます。

でも、このお尻どうよ???
毛で嵩増しはしていますが、腰の高さだけだと銀ちゃんと変わらない感じだし、ムチムチとしたお尻は関取と呼ぶに相応しいw
腰にあってくると、体高52くらい+毛のムクムク犬になるのじゃないかと。。。

019_20100302152957.jpg

やることはマセていて、藍虎に付きまとい空中散布するので、銀ちゃんに首を噛まれて引きづり離されていましたw
お互い良い遊び相手ができて良かったね!

048_20100302153238.jpg

庭でも遊びましたが、緑龍は兎に角転がります。
銀ちゃんにはプロレス相手が居ないので、時々緑龍を連れてくることにしましょう。

058_20100302153624.jpg

銀ちゃん、細いじゃないですか!w

ご存知の方はご存じでしょうが、緑龍は日保じゃないです。
正真正銘の愛護会籍の、しかも展覧会サラブレッドの家系です^^

人が大好きで、家では繋がれている緑龍の前を通ると、誰でも抱きついて放さないそうです。
この時期は寒いので、住み込みの従業員さんが湯たんぽ代わりに、緑龍を抱いて寝ているとかw
ちなみに、11日で7カ月です。

銀ちゃんの応援に、そのうち緑龍を連れて行こうかなぁw



銀ちゃんを大きさで超えそうな勢いがついてきた、ゆるキャラ緑龍にポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村





この記事のURL | うちの子物語 | CM(12) | ▲ top
やる気に火が付きました 加筆あり
- 2010/03/02(Tue) -
日曜は日保・栃木展でした。
天気予報は曇りでしたが、直前に午前中雨となり、実際は昼過ぎまで冷たい雨でした。
水はけの悪い土のリンクは田圃のようになり、10㌔北ではミゾレだったという冷たい雨のせいで、口中検査は手の感覚がなくて思うように口を開けられないような状況でした。

銀ちゃんの個体審査前に電話があり、家に置いて来たりく、藍虎、預かっていた山徒の散歩をお願いした人が突然のトラブルで散歩ができないと。。。
山ちん、早朝にトイレ散歩はしてきたけれど、ぴーぴーしてないか心配。

展覧会の写真はないです。。。
雨だからじゃなくて、朝からバタバタしていてカメラを忘れました^^

リンクには紀州ばかりがぞろぞろ。
あれ?幼犬???
紀州が小さく見えました。

銀ちゃんを見慣れてから、今までは大きく見えた犬が一回り小さく見えます。
たまたま若で出ていた紀州が小振りだったのかもしれませんが^^
寒いのが得意な銀ちゃんは、チョコチョコと向きを変えながらも銀ちゃんなりには頑張って個体審査を終了。

地元栃木展なので、頭数で貢献と出陳したおりゅうでしたが、こちらは雨と寒いのが苦手。
雨と寒さのダブルパンチで、車から降りない~~!と^^
相変わらずです。

リンクサイドで順番待ちしていると、後ろ脚がガタガタと震えます。
寒いという訴えなのか、本当に寒いのか。。。
その辺を走らせて、体温をあげて審査に臨みました。

嫌々だった割には、まあまあ普通の出来で個体審査終了。

午前の審査最後の幼犬の部では、カイポパパ家の天ちゃんがナイスパフォーマンスでした。
牡らしいバランスで毛色も綺麗なので、白一色のリンクで映えました。
存在感は、紀州に負けていませんでした。

寒い寒い雨で、一番嬉しかったのは、まぁ~ぴぃ~さん特性の熱いスープ。
いつも違ったバリエーションで、お世辞じゃなく本当に美味しいです。
是非是非、またお願いします^^
銀ちゃんのお母さんが持たせてくれた混ぜご飯も美味しくて、お弁当には手がつきませんでした^^


なのに、なのに、、、、、うちの親子ときたら。。。。

いつも通り、婚活がお盛んな銀ちゃんが、おこげちゃんに言い寄っていました。
おこげちゃんは、山徒は大好きらしく顔を合わせた時は積極的に遊んでくれます。
が、同じ兄弟でも、いつでも直球真っ向勝負で暴投ぎみの銀ちゃんはモテないですw

でも、そこを何とか!と、銀ちゃんがモテ女おこげちゃんに胡麻を摺っていると、そこへ虎毛の犬が割り込んで来ました。

ガウガウガウガウ~~!

え、、、、何???おりゅう?

雨でトイレに行くのも嫌だと、運転席で丸まって寝ていたので、リードをハンドルに軽く結わえただけで車のハッチバックを開けたままにしていたのです。
車から降りてスススーッと近づいてきて、おこげちゃんを襲っちゃいました(汗

何を思ったか、銀ちゃんまでオッカサンに釣られてガウっと言ったそうです。
私は茫然としていて気づきませんでしたが。

おりゅうは、何故かおこげちゃんが嫌いで、目の敵にしています。
毎度、顔を合わせるとガル~と威嚇するのですが、車から降りて来てまで襲うとは、ビックリ!
申し訳ありませんでした。

理由はまったくわかりませんが、モテ女おこげちゃんに対する嫉妬でしょうか。
売られた喧嘩は買うことも多々あるのですが、自分から喧嘩を売りに行こうとする犬は、おこげちゃんだけなので余程相性が悪いのでしょうが、それにしても本当に申し訳ないです。

おこちゃん、車に引き籠ってしまいました。
銀ちゃんが外からいくら呼んでも、もう手遅れです。
親子でやってしまいました。

愛護会春展の場馴らしに来ていたふくちゃんは、脚長美人さんになっていました。
ほっそりとしているけれど、母譲りの筋肉質な身体はしなやかで、春展が楽しみです。
でも、オヤツを見る目は野性的で、私は好きですねぇ。
お人形のようにトロンと品の良い甲斐犬よりも、キラリ光るすばしっこい目が素敵です。

山形から駈けつけてくれた山形甲斐さん一家ですが、さくらちゃんが差し毛が赤くなって以前よりも場馴れした感じになったのと、虎の子のようだった神威が、違和感無い脚の太さのバランスの立派な牡になっていました。
綺麗な虎毛のしっかりした体格の甲斐なので、愛護会でもこういうタイプも取って欲しいって思いました。
国立博物館にある甲斐犬は小さくないぞ!って話しもあります。


さて、午後の比較審査ですが、長々と銀ちゃんを褒めて、散々言い訳をしたあげ句に特良でした。
午前の個体審査で最後にわざわざ口を開けさせて、「もっと大きく、もっと奥まで見えるように」と言っていたので、嫌な感じはしましたが。
「目に見える姿は素晴らしく減点項目はないし、誰もが見て思うように他犬種とも争える出来。観客も不思議に思うでしょうが、見えない所に舌班があるので承服してください」とのこと。
「去年の審査会で舌班は、親指で隠れる大きさと決まったので、自分としてもこの判定は不本意」と言います。


去年の審査会で決まったのは、それに加えて「型別により勘案を要する」って、特別条項だろうがぁ~~!


りゅうママは、発火型の怒りよりもジワジワ型で怒ることがままあり、時間が経つごとに段々腹がたってきました。
去年の特別条項がつく前でさえ、舌班の多いおりゅうに自分の裁量で高評価をくれた審査員もいます。
一昨年の全国展でも審査部長がわざわざ来て、容認してくれました。
公平な見方をしてくれるなら、銀ちゃんの舌の奥にある普通じゃ見えない舌班でどうこうお審査するのはオカシイ!
周りを見渡せば、牡牝全ての部で四国は1頭も出陳していません。
紀州寄りの審査をする先生なのでしょう。


018-1_20100302085938.jpg

いつもハアハアと舌を出している銀ちゃんですから、知っている人は知っているかもしれないですが、普通見える所には舌先にちょこんと班があるだけです。

銀ちゃん!今度あの先生に会ったら、ベロベロしてやれ!!!!!(怒


プンプン怒りながら、おりゅうの比較審査はもうどうでも良いと文句タラタラでリンクに向かいました。

え、、、、、オッカサン、どした?
前を向かない。。。
どんなに引き直しても審査員にお尻を向けます。
先生が回って顔を見ようとしてもお尻を向けます。
というか、私の顔ばかり見ています。

隣の犬に近づけても、犬なんか目に入らないようで、落ち着かない様子。
先生も酷いけど、おりゅうの態度も酷くないか~???

おこちゃんにエネルギー発散して、今日の仕事は終わったのか???と思いましたが、後から考えたら私のせいですね。
私が「舌班の多いおりゅうの結果は、もうどうでも良い」って態度だったのと、不機嫌なのが、おこちゃんを襲った事を怒られていると思ったのでしょう。
オッカサン、すまぬ。


急いで家に帰り、銀ちゃんをランに放してやりました。
毎日の運動量が多い銀ちゃんは、展覧会でジッとしているのは大変です^^
山徒達も山散歩に連れて行きましたが、みんな狂ったように走っていました。

部屋に戻って審査規定を読み返すと、舌班は「舌班があることは好ましくない。ただし僅かなものは許容する。僅かとは、見える位置において、指頭ぐらいの大きさとする。型別により大きさの勘案を要する」とあります。

「見える位置」 わざわざ口を割って奥まで確認するのって、悪意さえ感じてきました。
銀ちゃんがどうこうじゃなくて、甲斐犬にたいする排除意識があるんじゃないの~と。
実際、日保の中には、甲斐犬擁護、応援派もいてくれますが、反対派もいると聞きます。

一晩寝たら落ち着くかと思いましたが、翌日、みんなの散歩をしていたら更に腹が立って来ました^^
これまで、支部展の審査結果などどうであっても、あまり気にせず、ロクな準備もせず、立ち込みの練習さえしたことがないです。
どうせ、甲斐犬はオマケだし、広報活動だし。。。と。

ムクムクと、りゅうママ本来のやる気と負けん気が頭をもたげました。
チャンピオン称号んの規定を読んだら、おりゅうは2度の全国展成犬賞で、全国展については資格が足りています。
ただ、5歳を過ぎて出陳初めて一昨年が4回の優良、去年は出産で引退したはず?で、頭数参加の東京展が1回だけなので、支部展の点数が半分足りません。

もう1度おりゅうに言い聞かせて、支部展で点数稼いでチャンピオンの資格を取ろうと思いました。
そして栃木で審査した先生が次に担当する支部展に、参考犬で出してやる!

烈火の勢いでしたが、それはそれとなく隠して、甲斐犬を応援してくださっている日保の各方面にご報告しました。

「審査基準違反」「審査規定の2重の勘違い」というお言葉を頂き、審査部会での徹底を図ると言われ、ちょっと気が治まりました。
審査規定のコピーを持って、次にその先生が審査する岩手展まで行ってやろうかと思いましたが、地図を見て止めましたw

あちこちに電話をして随分と気が済んだので、おりゅうのチャンピオン取りは棚上げです^^
が勢いで、昨日、群馬展におりゅうを追加参加で申し込んだので、群馬は出陳します。
でも、色々、要望するからには、日保に協力できることは協力しようと思いました。
日本犬のメジャー団体に甲斐犬がいないのは、許せないですから!

日保の甲斐犬はデカ過ぎ!と思われても、四国や紀州相手では、昔は一部には居た大型の猟犬の血を引く甲斐の血を入れながら、背が高いだけじゃない、日本犬の顔をした中型の甲斐犬を作っていくしかないです。

ってわけで、「怒り」から、すっかり「やる気」に火がついた私でしたが、2晩寝たら半分くらいになりましたw
でも、会社でも立ち上げ時期って一番大変だけど、一番面白いじゃないですか。
ゴルフだって100切り90切りの時期が一番面白い。
旅行だって、出かけるまでの下調べや準備が面白い。
祭りだって下準備から参加した主催者が一番面白いんですよね。

ゴルフも勿論、シングルになればシングルの面白さがあります。
去年は3度しかゴルフをしていませんが、直前のJGAハンデは、私、まだシングルです。
420ヤードくらいまでならパーオンするアマチュアとしては長距離ヒッターでした。(過去形w
今はもう90も切れそうにありませんが^^

じゃじゃ~~ん!初自慢です^^

女性が会員になれなかった時期、飛ばないパーシモンのクラブと糸巻きボールの時期を知っている私ですから、今のクラブの性能や自分に合わせたクラブを選べる多様性の有難さはよくわかります。
でも、やっぱり、苦労して週に5回も練習していた時期が懐かしいですね。

以下、銀ちゃんのダイエットの為に河原を一緒に走り回っている写真です。
近くに外飼いの牝が居るためにリード放せず。
川に引き吊り込まれたぁ~。

りゅうママの悲鳴が聞こえますか?w

028_20100302102346.jpg
023_20100302102657.jpg
068_20100302102434.jpg
047_20100302102505.jpg
077_20100302102523.jpg


追加
全国展も甲斐犬に厳しい審査でしたが、おりゅう1頭が優良を頂き、はて?と思いましたが、このたび会報に講評が載りました。

紅孔雀号(おりゅうの本名ですw←笑うな)

『鮮明な赤虎毛に被われた犬体は乾燥感適度にして四肢よく枯れ、各駆均整度良い。
静かに立ち込むは悍威面の良さと、ハンドリングに従う良性さも窺える。
顔貌、目間やや品位を損うも渋い味わいある風貌にして、性相、表現など好ましい。』

だそうです。おりゅうさん、全国展ではビシっと立ってくれましたが、ハンドリングのせいじゃないですw



会派を超えて、日保甲斐犬を応援してくださっている方々に感謝です。私、これから頑張ります!ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 展覧会 | CM(19) | ▲ top
| メイン |