山に行きたいー!
- 2011/04/29(Fri) -
3レディース&銀ちゃん&摩利を一緒に連れていける林道。
地震以来、行っていません。
余震が頻発するので、山を崩しただけの林道には、危なくて行けません。
それ以前に、多分、崖崩れになっていて通れないのじゃないかと思います。

先日、地震後、初めて銀ちゃんを崖崩れのない山に連れて行きました。
3レディース&銀ちゃんですが、藍虎と銀ちゃんが嬉しすぎて、遠走りして、呼び戻すのに酷い目にあったので、それも怖くて行けません。

いつ、大きな余震が来るかわからないからです。



家のワンズの数少ない自慢ですが、要求吠えは誰もしません。
甲斐犬はしない子が多いと思いますが。
027_20110429191412.jpg
でも、無言のアピールはします(爆

おりゅうさん、銀ちゃん。散歩に行きたいそうですw

河原、行こうかー。

003_20110429191855.jpg
やや不安ではありますが、
3レディース&銀ちゃん&摩利で、那珂川の河原に行きました。

りく&藍虎。おりゅう&摩利を繋ぎます。
橋は通行止めだし鮎釣りは解禁前なので、人は少ないですが、人家が近いのと、いつ犬散歩が来るかわからないので。

でも、おりゅう&摩利コンビは不安。おりゅうがストッパーにならないので^^
銀ちゃんは、もちろん私がリードを持ったままです。


004_20110429192834.jpg
ブッシュに入って匂い取りが激しい。

嫌な予感!

005_20110429192859.jpg
雉です。

3レディース&摩利が消えました。

この後、銀ちゃんも猛ダッシュ。
足場の悪い場所で、銀ちゃんに本気で引かれると、ロードを持っていられないのは、八ヶ岳で実証済みです。
銀ちゃんも、リード着いたまま、ブッシュに消えました。

リードが絡んで動けなくなって、キュンキュン鳴くのは、りくだけです。
後はみんな、私が迎えに行くのをじっと待っているので、どこに居るかわからないです。
GPSつけていないし、河原は広いし。。。


016_20110429193600.jpg
やはり、りくがキュンキュンするので、発見。


020_20110429193702.jpg
おりゅう&摩利も発見。

摩利。絡んで動けなくても、気にせず穴掘ってるし^^

014_20110429193857.jpg
幸い銀ちゃんは、リードが絡まずに帰ってきました。

5頭を車に収容するのが、偉く大変でした。
放せる、奥山の林道に行きたいですー。

013_20110429194121.jpg
それでもまあ、川につかり、ご満悦の5頭でした。



023_20110429194225.jpg
ちょっと面白いのは、力関係。

おりゅうも摩利に引きずられていたけど、
藍虎と摩利を繋いだら、摩利に引っ張られて、川に引きずり込まれる藍虎。

020_20110429195015.jpg
これは別の日ですが、りくと摩利を繋ぐと、

りくの抵抗空しく

018_20110429194803.jpg
摩利に引きずられる、りく。

毎朝、りくに唸られてお腹出してるのは、やっぱり摩利のパフォーマンスだ!w

024_20110429195150.jpg
水の中まで連れ込まれ

027_20110429195233.jpg
身体拭き拭きにも付き合わされ。

りく、お疲れ様w

028_20110429195321.jpg
序列は一番下の摩利。

実はそうでもないのかも^^


001_20110429195822.jpg
今日は、りゅう婆ちゃんと筍掘りに行きました。
御供は3レディース。摩利は休みで、銀ちゃんは留守番です。

002_20110429195948.jpg
今年は桜も遅れましたが、筍も遅いです。4本しか採れませんでした。

003_20110429200059.jpg
やはり、藍虎の子守りはりくです^^

時々絡みますが、居場所は分かりますから。

005_20110429200244.jpg
おりゅうです。

おりゅう&りくだけなら、どこでも放して連れて行けるんですがね。
藍虎、摩利、銀ちゃんが居るので、人里離れた山に行きたいです^^

010_20110429200512.jpg
ここは渋滞も関係ない、ただの田舎ですが、このGWは東北道はボランティア渋滞だそうですね。
妹はノンビリしていたら、那須はもう予約が取れないそうです^^


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(14) | ▲ top
つかの間の休日
- 2011/04/29(Fri) -
みなしご救援隊の福島からの引っ越しは、終わりました。
一昨日27日、夜遅くに最後の荷物の移動が終わって、昨日は、最後の荷物の片づけをして、一段落です。

土地を見に行く約束をしてたので、昼頃行くと、トリマーさんが来ていました。
勿論、ボランティアさんです。
29日からは本格的に、一時預かりさんが来るので、その準備です。

034_20110429095255.jpg
車の中でシャンプーできるようになっています。

凄いなあー。

でも、もっと凄いのは犬達。

031_20110429095514.jpg
どこのお嬢様かと思うくらい、大人しい^^
むしろ、気持ち良さそうにしています。

家のなんて、ドライヤー掛けたら逃げるので、タオルドライのみなのに^^

長毛の子は夏向けカットまでされて、放浪犬とは思えないw


お次は、久慈姫さんお気に入りのムチムチ君。
多分、シャンプーなんて生まれて初めてでしょう。
日本犬系の子は、シャワーを掛けられるのを嫌がるそうです。
ヒャー!と騒いでました。

嫌がって噛んだりしないのかなーと、ちょっとヒヤヒヤ。


でも、車から出てくると
045_20110429100628.jpg
ドライヤーをお尻に当てられても、平気。

047_20110429100807.jpg
どうやら、女の人に囲まれて、ご機嫌らしい^^

056_20110429101031.jpg
耳にダニダニさんを発見し。ピンセットで取っています。

「それ、痛いから。ストレス掛ってる子たちだから、適当にしてやって」と、言ってしまいました。

でも、本犬は到って大人しく、たいして嫌でもなそうなんですが^^

049_20110429101254.jpg
青空トリマーで気持ち良い!と、明るいスタッフ^^

顔だしOKの許可頂きました。つーか、載せてー!ってw


050_20110429101437.jpg
終わって、降ろそうとしたら降りないで、「もっとやってくれ!」とアンコール。
最後に、オマケのドライヤー。

ムチムチ君、すごく可愛いやつです。
すっかり、お気に入りになってしまいました。
でも、改めて、甲斐犬ってやっぱり飼い難いのかも!って、思いました。
銀ちゃんは、こんなこと、あり得ないし。藍虎もあり得ない。
おりゅう&りくが、何とかかなぁ。。。
思い浮かぶ雄で、あり得るのは、かいぽパパの天ちゃんとかかなあ。

四国犬のてっくんとか、絶対駄目だろうしw

ムチムチ君は、ここ数日、ボランティアされている方に一時預かりされるのが、決まっているそうです。
とっても優しい男性で、福島からの引っ越しでも大活躍されていました。
ゴロンもできるムチムチ君だから、飼い主さんにも可愛がられていたのでしょう。
飼い主さんが迎えに来るかどうかわからないけど、どちらにしても幸せになれそうな子です^^

勿論、こういう子ばかりじゃなく、数頭は扱い難い子もいます。
053_20110429102305.jpg
こんな穏やかそうな顔をしていますが、猛犬だそうです。
みなしご救援隊のスタッフでも、会長と男性一人しか散歩も行けないワンコ。

飼い主さんからの保護依頼で、もうすぐお迎えが来るそうです。

この子はどうかわかりませんが、連れて逃げなかったのには、田舎独特の事情もあるようです。
洗濯ものも干したまま、着のみ着のまま逃げたわけですが、放し飼いのワンコなので、どこに居るかわからなかった。。。
普段は庭先にいるのに、地震に驚いて、どこかに潜ってしまって、呼んでも出て来なかった。。。
って、こともあったようです。
で、飼い主は遠くに避難してしまったので、保護依頼が来たと。

みなしご救援隊が、名前を呼びながら探して保護した子もたくさん居るそうです。
なるほど。都会では考えられない環境下での保護依頼ですね^^


051_20110429103131.jpg
ボランティアが水をやろうとしても唸るワンコ。
広島に連れていくそうです。

この子も、現場に通っていた会長と男性スタッフしか触れませんが、この通りの甘えん坊^^

スタッフの左小指。包帯が見えますね。
噛まれたんです。
普段は、とっても大人しいラブラドールの男の子に。
いつものように撫でてやっていて、突然、襲いかかってきたそうです。
左手噛ませて、右手で防ぐのがやっとだったとか。
威嚇じゃなく、顔つきが変わって何度も噛み直そうとしたそうで「犬の顔じゃなかった」そうです。

獣医さんやトレーナーさんに診てもらって、「分離不安症」の一時的なものか、先天的なものかわからないけれど、安楽死を薦められたそうです。
必死で助け出した犬だから、それは出来ない!と。1頭、隔離されています。

飼い主さんが現れれば、落ち着くかもしれないし。
現れなければ、広島に連れて帰って面倒を見るそうです。

035_20110429104448.jpg
この子です。

福島原発近辺で、ゴールデンを探している人が居たら、情報ください。


午後、代表の中谷さんと男性スタッフ1名で、土地探しに行きました。
今のところは狭いので、保護する頭数によっては手狭です。
まだどうなるかわからないけれど、下見だけはしておこうということです。
何件か候補があり、見に行きました。

「那須なんて、一生来ることはないと思ってた」と、中谷さん。

広島は、平地が少ないので、平地は住宅が建っているのだそう。
そう云われれば、山も急だし。


024_20110429134823.jpg
廃業した牛舎さんの牧草地も見に行きました。
16町歩 4万8千坪だそうです。

「ここまで要らないでしょうー。何頭保護する気?」と、笑いました。
「広島に、この土地持って帰りたいー」と中谷さん。


そうそう、中谷さん達は犬を保護に行く時に、牛舎があると水をやり、餌をやっていたそうです。
カッターなんか持ってないから、干し草を覆ったビニールを切るのに苦労したって。
牛の餌やりに2時間半はかかったそう^^

061_20110429135321.jpg
土地を見に行くだけの3時間のドライブですが、ちょっとした休息になったでしょうか?
中谷さんも、スタッフも、こちらに来て初めて風景を見たのかもしれません。
一緒に行ったのは、手を噛まれた男性スタッフですが、小指は繋がらないかもしれないくらいの怪我の方。
でも、福島からの引っ越しをメインでしてました。
「ボランティアさんが頑張ってるのに、もっと頑張らにゃいけんでしょ」と。広島弁で言ってました。

「ボランティアさんは、ずっとじゃないから。。。」って、言ったら「1年はできんけど、今しかないからできよるんよ」って。
1か月で、8キロ痩せたそうですが^^

一昨日広島に帰った佐々木さん、今日はもうこちらに向かっているそうです。
月末の支払いのために帰ったとか。。。。10キロ痩せたそうです。
頑張りすぎだよー。せめて、飛行機で帰ろうよ^^

062_20110429140337.jpg
会長の中谷さんです。良い笑顔です^^
最初、福島であった時は、封鎖直後ですごく怖い顔してました。



今日から2日まで環境省主導で、20キロ圏内に入るそう。
良い方向に行けば良いのですが…


たくさんのボランティアさんが来ると思うので、私は連休中はお休みです。
普段から、行っても何もしてないですが^^

ああ、タイトルの「つかの間の休日」、私じゃなく中谷さんです(爆


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | 未分類 | CM(16) | ▲ top
最後に救出された犬達
- 2011/04/26(Tue) -
みなしご救援隊が、保護犬の拠点を栃木県に引っ越してきました。

金曜に福島に行った時に「もう1か所に40頭居る」と言っていたのが、最近借りた栃木県の土地です。
福島に居た犬達は、大半がホストファミリーに預けられました。

そして、栃木にいま居る子達は、封鎖される直前に避難させた子達だそうです。
繋がれていた子が多く、ずっと餌やりに通っていた子達。
いつか封鎖されるであろう日のために、スタッフが仲良しになっていた子達。
ギリギリ待っても、飼い主が連れて行ってくれない。飼い主からの救助依頼も来ない。
最後に鎖をはずし、リードを切って助け出した子達だそうです。

だから、最後に救出されたのに、全然痩せていないです^^
大きな子が多いけれど、人に慣れ、大人しく、荒れていない印象です。
何故か、表情も良い子が大半です。

これから、準備が整い次第、ホストファミリーさんに来ていただくそうです。

一部紹介です。銀ちゃんよりも大きい虎模様の子も居ます^^

012_20110426083213.jpg
020_20110426083314.jpg
017_20110426083722.jpg
023_20110426083748.jpg
026_20110426083807.jpg
027_20110426083829.jpg
028_20110426083901.jpg
029_20110426083946.jpg
024_20110426084518.jpg
006_20110426084134.jpg
031_20110426084008.jpg
036_20110426084107.jpg

日中は外に繋いで、夜は室内のクレートで寝ています。
特徴のある子が多いので、飼い主さんが見つけてくれると良いのですが。

昨日は、会長の中谷さんと一緒に半日行動を共にしました。
土地を見に行ったり、協力してくれる獣医さんに挨拶に行ったり。

金曜に最初にあった時は、不機嫌な岡本綾子みたいな…口の重い印象でした(爆
考えてみれば、当たり前で、20キロ圏内が封鎖になった直後で、怒りと脱力感と疲れと全部ピークアウトしてた時だったでしょう。

今も脱力感はあるようですが、またエネルギーを蓄えて、次にできることを模索しているようです。

「犬のために、スゴイ」って言われるけど、犬の為じゃなくて自分の為だって、言ってました。
犬猫の命が見捨てられると思うと、眠れない。御飯も喉を通らない。だから、出来るだけのことをする。自分の自己満足のためだって、言ってました。

すごくすごく、わかります。
理屈じゃなく、誰の為でもなく、自分の為に。

「20キロ圏内に戻りたい。連れて来られなかった子の顔が浮かぶ」って、言ってました。
私、中谷さんと半日一緒に居て、スゴイ!って思ったのは、犬に対する記憶力。

次々と、保護依頼した人から「今、自分の犬がどうしているか?」と電話が入ります。
保護依頼で保護した犬猫は100頭くらいだそうですが、依頼者、犬の特徴、場所、動物の名前。
全部覚えて居るんです。

あと、放浪していた犬を200頭以上保護したのも、似たような柴系雑種なのに、個体識別と保護した場所、状況、みんな覚えているんです。
本当に好きな人じゃないと、無理です。

世間には、補助金目的のNPOがたくさんあります。
動物愛護団体としては小さな、みなしご救援隊に、日頃から寄付が集まり、スポンサーもついているのは、スタッフの姿勢が本物だからなのだと思いました。
佐々木さんも電話受け続けながら、肉体労働も、、、走る走る。カップラーメン食べながら車で寝泊まりして、エネルギー源は「熱意」しかないと思いました。

私の個人的な見解ですが、そう思いました。

もう一つ私には、みなしご応援隊を応援する理由があります。
疾風パパのブログを見ている人は知っていると思いますが、お母さんが末期の癌と戦っています。
一昨年だったか、初めて遊びに行った時に、見も知らぬ私に、凄い御馳走を用意してくれて。。。
パパのお母さんですからね。本当に、人の為に気を使う優しくて明るい人です。

先日、お母さんと電話でお話ししました。
「お見舞いに行かないで、広島から来た人達を応援するからって。」

私も、誰の為でもなく、自分のために。自分がしたいこと、出来ることをしたいです。
我が家は、ワンズがたくさんで、手のかかるデカイのも1頭。
手一杯でもあるので、できることは相当限られていますが^^


001_20110426092259.jpg
↑手のかかるデカイのw 


多分、恐らく、ほとんどの甲斐犬は、保護されて良い表情で居られないデス。
絶対絶対、迷子にしないでくださいね。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 未分類 | CM(32) | ▲ top
みんなの声が届くかも!
- 2011/04/24(Sun) -
まず、コメントの返事に書きましたが、昨日は体調不良で1日寝てしまい、新潟展は諦めました。
今朝の段階では、到底無理でした。
今、元気ですけど^^


さて、こういう時こそ、政治です。
売名行為でも良いから、動いて欲しい。
企業も市町村も、イメージ戦略で良いから、動いて欲しい。

関係者に、個々人がかけた電話、送ったメールが波になって動こうとしていますね。
これに乗じて、人気取りでも良いから民主党は乗って欲しい。

でも、実行部隊を持たない「緊急災害時動物救援本部」だけに許可をするとかって、オチもありそう(汗

msnは、保護犬情報のページを作ったけど、この団体だけの犬。ごくわずかな頭数。
公益法人だの財団法人だの4つも集まって、2億以上のお金を集めてるんだから、もっと、働いて欲しい。
ヤフーに、どのNPOや愛護団体が保護した犬でも、一括で探せるようにしてもらいたいもんだわ。

誰か、孫さんに知り合い居ない?(爆




---以下藤野真紀子議員ブログより転載---
2011/04/22 20:51
後藤田先生からアドバイスいただきました。

まず、福島選出の議員先生方にご協力要請のお声掛け頂けるとのことでした。
災害対策に関し、今重要視されるのは一番が被災者のご要望であり
知事、市長、町長さん方のご協力が大とのこと。
ペットを心配されてる被災地の生の声、実名で集められませんか?

国を動かす訴えは、家族の一員でもあるペットの安否気遣う被災地の方々の声です。





被災動物の保護必要

高木さん、浜田氏環境相に申し入れ

公明党動物愛護管理推進委員会の高木美智代委員長と、東京電力福島第1原子力発電所災害対策本部の浜田昌良事務局長は22日、環境省で、松本龍環境相に原発事故で被災した動物の保護などに関する提言を行った。

席上、高木委員長らは、多くの国民が被災動物の救護を望んでいることを指摘。
「飼い主や動物愛護団体の心情を十分にくみ取ることが重要」
と強調し、
1.原発事故による警戒区域でも、情報提供の上、限定的に被災動物救護チームの現地派遣を認める。
2.動物の被ばく状況の把握・除染作業と保管場所の確保。
3.計画的避難区域の動物保護の情報提供--などを求めた。

松本環境相は、「原子力被災者生活支援チームと相談し、検討する」と応じた。


警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討
 福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域設定を受けて環境省は21日、取り残されている犬や猫などペットの連れ出しなどについて対応を検討していることを明らかにした。

 近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、順調に進むよう調整したい。命に関わることなので早めにやりたい」と話した。福島県によると、20キロ圏内にかかる9市町村で、狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、実際にどれくらい取り残されているかは不明という。

 環境省は、ペットを連れ出せた際の具体的な対応策を日本獣医師会や動物愛護団体などでつくる「緊急災害時動物救援本部」と協議。除染のほか、避難先で飼育できない住民のため、保護先の確保などについても検討を進めている。


この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(16) | ▲ top
犬猫みなしご救援隊
- 2011/04/22(Fri) -
くまのぱぱと、家の近所の動物病院での一時預かりのために、福島の保護施設に行ってきました。

テント村です。
これまで保護した犬は、300頭以上。
今、ここには、40頭ほどの子が居ます。もう1か所に40頭ほど。
327_20110422204707.jpg
この子は、私が通るたびに抱きついて放しませんでした^^


福島原発近くの犬は、宮城とか津波で壊滅した地域と違います。
どこかに避難はしていて、御存命です。
中には、飼い主さんがわかっていて、「避難所で飼えないので、預かって欲しい」と依頼のある子もいるそうです。

331.jpg
この子は飼い主さんのわかっている子。
可愛がられていたのがわかります。

でも、また飼えるかどうか、今の所、判断がつかないのだそうです。

339_20110422205053.jpg
避難所に連れて行っていたのだけれど、やはり無理があって預けに来られた子。

344_20110422205219.jpg
この子は、本部犬。看板犬でしょうか^^

336.jpg
秋田犬、まだ居ました^^


330.jpg
334.jpg
人懐こい子が多いです。ごく一部に神経質な子も居ましたが、思ったよりも皆、人懐こいです。


333_20110422210011.jpg
くまぱぱのお家で一時預かりになる子は、この子です。
「しま」ちゃんと呼ばれるそうです。
フクシマのしまちゃん^^

柴犬に見えますね。

今、家に居ます。大人しく寝ています。
明日、熊さんが、くまぱぱ家に届けてくれます。
ありがとー。


352.jpg
この子も一時預かりさんが決まって、連れて帰られるところです。
取っても優しい預かりさんで、きっと幸せになると思います。


354.jpg
私が獣医さんに預かってきた子。
大きいけど、大人しくてボーっとしてます^^

355_20110422210743.jpg
爺ちゃんくせに、スケベな子^^ 
もう1頭、ばあちゃんを預かってきました。写真、撮り忘れた(汗


思ったよりも、犬たちは元気で、荒れていなかったです。
甲斐犬が飼い難いと言われ、そんなことはないと思っていましたが、こうやって見ると飼い難いのかも…って、思いました。
子の子達が保護されたのは、飼い主が居なくなって1カ月以上経ってから。
みんな、放浪していた子達です。
甲斐犬だったら、もっと触れない子が多いかも。。。
四国でも、紀州でもそうでしょうね。

だから、絶対、我々日本犬飼いは、犬連れて逃げましょうね^^
車で生活しても、犬は手放さないようにしましょうね。
きっと、一時預かり、してもらえないですから。
その前に、保護もできないかもしれないからw

そうそう、通りに面した、目に着く家の子は、自衛隊さんが放してくれていたそうです。
感謝!


明後日、日曜は、新潟展に出陳です。
遠いので、明日、出発です。
それなりに、頑張ってきますね。

役員が来てるはずなので、日保でも、被災した犬に何かするように進言してきます。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村




この記事のURL | 未分類 | CM(20) | ▲ top
リンク貼りたいのですが その2
- 2011/04/21(Thu) -
チラシです。リンクを貼れる方、拡散お願いします^^
こういう時、PCオンチは困りますね(涙


近所に避難場所のある方。掲示をお願いできないでしょうか。
病院、コンビニ、スーパーなどの掲示も有効かと思われます。

http://www.minashigo.jp/tmp/dis0.pdf
非難されている方に向けて


以下は、保護犬のチラシです

4月15日作成配布物: http://www.minashigo.jp/tmp/dis1.pdf
4月16日作成配布物: http://www.minashigo.jp/tmp/dis2.pdf
4月17日作成配布物: http://www.minashigo.jp/tmp/dis34.pdf
4月18日作成配布物: http://www.minashigo.jp/tmp/dis5.pdf
4月21日作成配布物  http://www.minashigo.jp/tmp/dis6.pdf
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
リンク貼りたいのですが
- 2011/04/21(Thu) -
http://osanpoikuyo.blog112.fc2.com/

みなしご救援隊が保護した犬を、大島で16頭預かっている方のブログです。
飼い主さんが見つかった犬も数頭。
こちらの方も、手を合わせたくなるくらい一生懸命頑張ってくれています。

右の方に「東日本大震災 保護犬猫まとめ情報」があり、リンクしたいのだけど、方法を読んでもやり方がわからない(汗
リンク貼れる方、広げてやってください^^
飼い主さんの元に戻れますように!


http://blog.livedoor.jp/mamorouinuneko/

「守ろう犬猫/『みなしご救援隊』保護の震災迷い子情報」
こっちも、お願いします。情報は重なりますが本家なので。
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
お願いがあります 緊急告知あり!
- 2011/04/20(Wed) -
広島のNPO法人「犬猫みなしご救援隊」

神戸の震災でも活躍し、大規模犬舎崩壊では、全頭引き受けをしたりと、ご存知の方も多いでしょう。

今回の地震後も、地震後2日の13日には広島から飛んできて、真っ先に現地入りした団体です。
今は空き地にテントを張ったベースキャンプで、車で寝泊まりしながら、原発近くの犬、猫を保護したり、繋がれている犬に餌をやったりしています。
活動をテレビで観た人も居ると思います。

原発近くの住民から依頼を受けて、家に連れに行く活動もしています。
「なぜ、飼い主が自分で行かないのか?」
その疑問だけが、私にはありました。

依頼があった時に、やはり、そのことを聞くそうです。
20キロ以内は入れないと思っていた人も居て、入れると聞いて、自分で連れに行く人も居るそうです。
でも、実際には、近所の人と一緒に避難していて、「愛犬を連れに行くと言い出せない人」
「バスで団体避難してしまって、車を置いてきている人」「自分が可愛がっていた猫だけど、家族はこの状況で猫どころじゃない」など。
それぞれに事情はあると云うことなのです。

避難した時は、数日で帰れるようなことを自治体からは言われたので、餌をたくさん置いてきた。
避難所には犬を連れて入れない。
この状況で犬猫の心配をしているだけでも、死者が出た家族に申し訳ない。

などなど、田舎独特でお上には素直だし、近所付き合いなど、色々あるそうです。



私もテレビで観て、「犬猫みなしご救援隊」は、知っていました。
募金もしていました。
でも、自分にできるのはそのくらい…と、思っていました。

先日、藍虎の目で、近所の病院に行った時に、手作りのポスターが貼ってありました。
救援隊の活動を紹介し「一時預かり・里親募集」のポスターでした。
書いたのは、日本に住むベルギー人。
救援隊のボランティアをしていて、自身も4頭の犬を預かっているそうです。
ポスターを張った獣医さんも、今でも7頭の捨て犬や交通事故にあった犬を飼っています。
やはり、ほってはおけない…と、10頭くらい預かれる場所を作っていました。
隔離病棟だそうです^^
衰弱していて治療が必要な犬を連れてくるそうです。

獣医師会は、掛け声ばかりで実際はまったく動かない。業を煮やしたそうです。

帰って、ネットで検索してみると、色んなブログや掲示板がヒットしました。
情報が一元化されていない感じで、ただただ、がむしゃらに着き進んでいる感じです。
私も、何かしないわけにはいかない…
でも、里親も現地ボランティアもできないのに、何ができる?

ベースキャンプで指揮をとっている佐々木さんに直接電話をしました。
張りのある明るい声。「放射能、なんぼのもんじゃい!で、ガンバっとるけんね。広島は、原爆落ちてるのに、アホじゃねぇー。」と笑います。
私の好きな広島弁です!w

個人で一時預かりしてくれる人もいますが、愛護活動している人達や獣医さんで数頭預かってくれるケースもあるとのことでした。
一時預かりになるのか、そのまま里親になるのか。
預かった犬に飼い主が現れない…現れても、もう飼えない場合は、自分で飼うか里親を探すか。
今回は、「一時預かり」も、自主完結できるボランティア活動が必要です。

話をして、私にもできることが見つかりました。

一つは、救援物資。
餌です。
ドライフードはたくさんありますが、食べられない子も多いそうです。
震災から1カ月以上。衰弱している子。お腹を壊している子。
欲しいのは、療養食だそうです。でも、療養食は高いので、ネットでは募集しにくい。

ヒルズのIDドライを持って行くことにしました。

もう一つは、新しいベースキャンプ探し。
もう保護した頭数も数百頭。どんどん里親ボランティアさんに渡してはいますが、今の場所に置ける犬は、頑張って40頭。
里親さんが連れて行ってくれない限り、他の犬を保護できないそうです。
広い場所。
そして、長丁場になることはわかっているので、これからの梅雨、真夏の暑さをしのげる屋根のある場所。

使っていない倉庫、廃校、屋根のある資材置き場、工場跡、旅館後、牛舎、納屋。
「人間はどうでも、犬が雨風、暑さをしのげる場所」が欲しいと。
今は、福島市が拠点ですが、白河でも那須でも良いそうです。

心当たり、御親戚、お知り合いのある方は、宜しくお願いします。
聞いてみてください。
ささやかではあるけど、お礼は出来るそうです。
私も、動いていますが、まだ見つかっていません。宜しくお願いします。

あとできるのは、首都圏などで、里親はできるけど車のない方の送迎などでしょうか。



みなしご救援隊でグーグル検索すると、色々でてきます。

原発近く、20キロ圏内で活動。テレビで放送したのが↓
http://www.youtube.com/watch?v=xraVszODi7E

寄付先はこちら
http://www.minashigo.jp/sos/index.html

[支援金のお願い]
■ 広島銀行 安支店 3102619
NPO法人 犬猫みなしご救援隊

■ ジャパンネット銀行  本店営業部(001)
普通預金 3989953
特定非営利活動法人  犬猫みなしご救援隊

<郵便振替口座へのお振込みをご希望の方>
■ 口座番号: 01320-2-47269
■ 口座名義: 特定非営利活動法人 犬猫みなしご救援隊


会長のブログ
http://blog.livedoor.jp/minashigodc/archives/51670141.html

迷子情報
http://blog.livedoor.jp/mamorouinuneko/


現場のセンター長佐々木さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/

すいません。今朝、見てませんでした。緊急告知です
ブログを書きなおす時間がないので、このまま転載しますね。


頼んだ療養食がまだ来ていないのですが、とりあえず、手伝いに行ってきます!



2011年04月20日08:25

カテゴリ

緊急告知!!


現在の20キロ圏内の避難指示区域が警戒区域になると、今後我々は全く20キロ圏内に入る事は出来なくなります。
すなわち、現地にまだまだ多数放置状態になっている犬・猫たちを救う事が困難になります。
もちろん、まだ正式発表はありません。 ただ、正式発表があってからでは手遅れです。

我々の情報源は現地住民の方々からの情報で、冷静かつ慎重に分析した結果、おそらく高確率で本日か遅くても明日実施されると思います。
あくまでも予測にすぎない事は事実です。 だから、住民の一時帰宅の件や実際現地に取り残された動物たちに対する日本政府の対応に関しての詳細はどうなるのかは定かではありません。

これが嘘であって欲しい。現実にならなければいいと願っております。

だからこそ、あえて風評などの混乱を引き起こしたとバッシング等々の酷評・批判を浴びることを覚悟でブログ上で発表させてもらいました。

本日、もちろん関係各所に連絡をとり、事実確認をするとともに、
現地保護活動には人員を多数動員して1頭でも多くの犬猫たちを保護するとともに大量のフードを現地に配って廻ります。

皆様方におかれましても、是非、事実確認をとりこのことが高確率で事実であるならば先手をうった対応をお願いいたします。
もし高確率で事実ならば、我々国民ひとりひとりが阻止するために動き、大きな波を起こす必要があります。

現在の我々の福島の臨時拠点での犬猫の収容スペースは限りがあります。
本日は予測の元で多数の犬猫を保護予定です。

県内または近県で一時的に収容するスペースを提供くださる方を緊急大募集しております。
わたくし佐々木までご連絡ください。

しつこい様ですが、事実でない事を心から願っております。
この事で皆様に大変ご迷惑をおかけすることになった場合は誠に申し訳ございません。

一頭でも多くの犬猫達の命を救うため、皆様の力をどうぞお貸し下さい!!

《協力者募集》
一時的に犬猫を収容する建物・土地をお持ちの方、是非ご協力ください。

《ボランティア募集》
・福島臨時拠点での犬猫の世話が出来る方大募集(現地まで直接来れる方)
・ホストファミリー(一時預かり出来る方)ただし福島県内の臨時拠点に迎えに来れる方。
・福島県内の臨時拠点から犬猫の輸送が出来る方(車に乗って来れる方)
・現地で一緒に犬・猫等の保護活動をしてくださる方
・保護している動物たちを診てくださる獣医の方
・保護している動物たちのケアをしてくださるトリマーの方 《支援物資》
・フロントラインなどのノミダニ駆虫剤。
・中大型犬用のキャリーケース、バリケンネル、ゲージ(中古でもOK)
・中大型犬用のガム、おやつ等々
・ドッグフード(メーカー問わず)
・中大型犬用の首輪、リード(中古でもOK)
・古新聞 ・毛布、ハーフケット ・ハイター
・胃腸が弱っている子が多いため、その子用の療法食

<支援物資の送り先>
〒960-8032 福島県福島市陣場町1-25福島TKビル5F
(株)タベ・インターナショナル内 犬猫みなしご救援隊宛

ボランティア希望の方、その他のお問い合わせは佐々木まで直接ご連絡下さい。
TEL→ 080-3055-6535
※この携帯電話1本で受け付けておりますので、大変つながりにくくなっていますが、何回かかけていただくと必ずつながりますので、ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

NPO法人 みなしご救援隊 佐々木センター長
(2011年4月20日 『東北地方太平洋沖地震犬猫救援活動』ブログより全文転載)









この記事のURL | 未分類 | CM(28) | ▲ top
山ちんと藍虎
- 2011/04/18(Mon) -
久しぶりに山徒が遊びに来ました。
いつ振りだろう。。。
2月の半ばに来たのが最後。2か月ぶりです。

今のお家に行ってからも、ずっと月に2度は遊びに来ていました。
2月末は、神奈川展出陳のため不在だったので、山徒は遊びに来ませんでした。
それから、地震。
山徒のボスや私のホームコースのゴルフ場も被災して、クローズになりました。

それが、やっと修復して16日から再開。
すでに修復を諦めて、閉鎖を決めたコースもあると聞きます。
この地域は、ゴルフ場で働く人も多く、温泉旅館も同様ですが、客の激減は地域経済には痛手です。

大好きなコースなので、メンバーが足を運んで支えないとね。
ビジターさんは見込めません。
と言っても、こういう時なので、行ける人が行かないと…って、ことで、メンバーが決起しました。
もちろん私は、ワンコと留守番ですが^^


山徒が久々に来るのだけど、今回からは銀ちゃんが居るので、どうなることか。
今回は、山徒の泊りは無理だろうから、日帰りでお願いしました。

013_20110418093349.jpg
久々の山ちん。

少し痩せて、締って、冬毛が抜けていました。
ひさしぶりに会った山ちん。さらに赤くなってました。そして、さらに、可愛い顔になったw

山徒は銀ちゃんのお兄ちゃんです^^


3レディースと山徒で、河原に散歩に行きました。

002_20110418094219.jpg
山徒が来た時の藍虎の喜びよう。頭が可笑しくなったかと思うほどw
なので、いつもは藍虎はりくと繋ぐのですが、山ちんと繋いでやりました。

017_20110418094603.jpg
穴を掘るのも一緒^^

004_20110418095217.jpg
りくも嬉しくって、走り回ります。

007_20110418095304.jpg
りくも山徒が大好きですね。

011_20110418095445.jpg
マイペースなのは、おりゅう。
左がおりゅう。右が山徒ですが、おりゅう。。。太りすぎ!(爆

写真だと分かりにくいですが、山徒の毛色はグレードアップしましたね。
素朴さとは程遠いけどw

025_20110418100245.jpg
2歳過ぎても、こんな可愛い顔だけどw


家に帰ると、喜びすぎて大興奮だった藍虎に異変が!
瞬膜がひっくり返って、チェリーアイです。
時間が経過すると、赤く腫れてきて治すのが大変になります。
日曜は午前中の診療なので、近くの病院に行きました。
若先生は眼科の専門です。

大先生が苦手な藍虎ですが、若先生には慣れています。
というかね、慣れていました。
ところが、病院に行くと既にハアハアガタガタとパニック。
暴れて、目を見るのがやっとで、瞬膜の近くを摘んで治療するのは無理です。
目ですから、暴れれば、柔らかいプラスチックのピンセットを使っても、危ないです。

藍虎はこれで3度目です。
手術をしてしまえば良いのですが、1泊しなければならない。
余震が続くこの時期に、藍虎を一人で入院させるのは可哀そうって思いました。
今回は瞬膜がひっくり返ったのを元に戻して、眼薬だけにすることにしました。

一番安全な麻酔を少量使って、10分くらい眠らせる方法を取ることになりました。
が、一旦暴れだすと、肉弾丸の藍虎は大変です。
数人で抑えつければ、また、トラウマになるし。

血管に針を指すことは断念^^

じゃあ、ガス麻酔ってことで部屋を移動。
でも、臭いらしいですね。
それ以前に、まだ酸素が出ている状態でも、もう野生動物化してしまった藍虎には、無理^^

ここの所の地震が、やっぱり響いているのですね。
余震は平気になったと思ったのに。

庭に出て、気分転換しながら、先生は次の手を考えました。
藍虎は車に乗るんだ!と、車の周りをウロウロします。

筋肉注射で鎮静剤を打つことになりました。
覚醒する薬が使えるタイプのものです。
心臓に負担が掛るので、8歳以上だと使いたくない薬なのだそうです。
おりゅうの怪我で、使ったことがあります。
パニックの藍虎が心臓もバクバクなので、使うのを躊躇したのでしょう。

私が抱っこして、お尻にブチュ。
注射自体は痛くないので、大人しいです。

車に乗りたくて、ドアのあたり、車の下に潜り込んで丸くなっています。
「飼い犬じゃないみたいね」と先生と笑いました。

それから5分くらい。眠そうにしていますが、先生が来ると気力で立ち上がり、逃げようとします^^
さらに待って、抱っこして院内に戻り、やっと治療してもらいました。
治療時間、わずか3秒(爆

先生と、銀ちゃんが怪我でもしたら大変だね~と、笑いました。←まだ、ワクチンも行けていないので、笑い事じゃないですが。


家に帰って、3時間ほど昼寝させました。
山徒が来ているので、山を見に行くことにしました。
地震以来行っていない山ですが、あそこは大丈夫かな?って思っている場所です。

山徒と魔利を連れて行こうとしたら、りくと藍虎も行きたいと云うので、藍虎の気分転換に連れて行くことに。

030_20110418103350.jpg
牛さんが生き埋めになった場所を通りました。

低い山ですが、崩れればこうなるんですね。

032_20110418103559.jpg
予想通り、この林道は無傷でした。
ここは、携帯の電波も通じます。
前に、しいちゃんとミトも遊んだ山です。


031_20110418104852.jpg
藍虎もご機嫌です。

043_20110418103800.jpg
魔利は大はしゃぎの大爆走!
やっぱり、山ちんが来て、嬉しいんだ~。
銀ちゃんと何が違うんだ?w

035_20110418104030.jpg
山徒、魔利、親子。

並ぶと違うのですが、バラバラに見ると間違うくらいに似ています。

045_20110418104220.jpg
こっちが、山徒。魔利よりも可愛い顔かもw



その時、藍虎に異変が…

050_20110418104556.jpg
元気そうにしていたのに、固まって動かなくなりました。


051_20110418104659.jpg
藍虎?どした?


足元がふらつきます。
鎮静剤が残っていたのですね。

自分がちゃんと歩けないことが、不安なようです。

「藍虎。藍虎。大丈夫だからね」抱っこして、声を掛けながら山を下りました。
1キロ弱の林道です。
前に、おりゅうが爪を引っ掛けたのもここでした。
その時も抱いて降りました。

が、、、、藍虎、重い!!!!
病院で計った時、15キロありました。
直前に診療した柴ミックス君は、藍虎と同じように見えたのに、8.5キロだったと、先生が不思議がっていました。
身が詰まってる?って。

抱いて歩いていると、脱力して目を瞑っています。
寝た子は重いって言うけど、ホント、重い。
たかが1キロ。されど1キロの道です。
山で銀ちゃんが怪我でもしたら、どーーーしよーと考えました。

以前展覧会で会った人が、猟をするならこのくらいが良いんだよね。と、りくを指して言ったことがあります。
もしも怪我でもしたら、リュックに入れて担いで降りて来られるからって。
実際、そういう経験がるんだって。

明日は筋肉痛だー!と思いながらも、何度も抱きなおして「藍虎、いつもちゃんと付いてるからね。でも、ダイエットしようね」って話し掛けながら降りました。
実際、筋肉痛が始ってます。
本番は明日っぽい。


銀ちゃんが居るので心配したのですが、案ずるよりも産むが易し。
山徒が来る前に銀ちゃん散歩を終わらせ、銀ちゃんは2階の私の部屋に。

銀ちゃんは、この部屋に居れば「勝ち組」って思っているのか、騒ぎもせずでした。
夕方は、山徒を茶の間に入れておいて、銀ちゃんの散歩に行きましたが、ワンワン騒いだのは山徒だけでした。
銀ちゃんは、クークー言ってましたが、山徒と認識していないのか。それとも、会えば無言で飛び掛るのか(汗

どっちにしても、大騒ぎかと心配していたのですが、そんなことはありませんでした。良かった。



話は違いますが、地震保険。
政府が保証しているんですね。知りませんでした。
民間の再保険会社が保証しているんだと思っていました。

あと、地域によって、随分と掛け金が違うんですねぇ。
今回の震災地は安いです。1000万当たり10000円が多い。栃木もそうです。
東海、南海地震が心配される場所は高い。3倍くらいの格差がありますね。
福島の被害は、想定外の大きさだったということがわかります。

あと、被害の出た時の査定が3段階しかなのも知りませんでした。
一部被災でもかなりの差があるのに。
半壊じゃなければ、一律5%なんですね。

でも、今回の津波の災害は、総合火災保険の中の水害で保障されるのでしょうかね。

地震保険は、得だ損だという議論はありますが、すべてを失った時は、ささやかでも支えになるのだろうと思いました。
ちなみに、家は危なっかしいので、入っています^^


地震保険のことは、財務省のHPに載っています
http://www.mof.go.jp/financial_system/earthquake_insurance/jisin.htm
このブログはリンク貼れないので、面倒でもコピペで見てみてください。



オマケ

今の藍虎です。
053_20110418113553.jpg
藍虎は、地震の前から、いつも私の近くに居ます。
最近は、右に藍虎。左に銀ちゃん。いつもそばに居ます^^


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 虎虎三兄弟 | CM(18) | ▲ top
閉店処分と久々のお山
- 2011/04/16(Sat) -
焼き肉店が閉店するので、使える物があったら買い取って欲しい…
そんな連絡がありました。

009_20110416092301.jpg
河川敷の農道を行くと、こんな看板が。

011_20110416092524.jpg
焼き肉屋としては、随分、大きな建物です。
しかも、何もない河原沿いで、教わっても分かりにくい場所。

005_20110416092712.jpg
那珂川がすぐ目の前です。

004_20110416092823.jpg
中に入って納得しました。
ここは、昔、観光ヤナがあって、夏場だけの食事処として使われていた建物です。
天井から光が差し込み、窓を開ければ、涼しい風が入ってくる作りです。
大きなストーブがたくさんありましたが、ここでは冬は燃料効率も悪いし、広い室内は温まらないでしょう。
趣味の骨とう品も売っていたようですが、今回の地震で、大半が壊れてしまったそうです。
上手くいかなかった店に地震でとどめを刺された感じです。
まだ、この建物を買い取って半年だそうです。

地主との約束で、更地にして返すので、兎に角早く処分したいので、いくらでも良いから…と言います。

そう言われても、残念ながら、家の仕事で使える物はありませんでした。
家の方で使えるものがあったので、いくつか譲って戴いてきました。

002_20110416093816.jpg
木製の骨組みの新品のパラソル。
それにあったユーズドのテーブルと椅子をお買い上げ。

014_20110416094027.jpg
組み立てただけの,しっかりした作りの新品のラック。3個お買い上げ。

その他に、去年の秋に買ったばかりという、IHの炊飯器と電気ポットも譲って頂きました。
値段を書くのもはばかれる金額です。

007_20110416094303.jpg
こちらのテーブルセットは、無料。
何セットもあるので、希望があれば、声掛けして持って行ってほしいと…

ランに置けるので、1セットだけ頂くことにしました。重いものなので、お近くの方で取りに行ける方は如何でしょうか。

008_20110416094603.jpg
木製のベンチや、丸太の椅子。作って貰った時は、結構な金額を払っているはず。
数百円でも良いので…と、おっしゃってました。

013_20110416130712.jpg
半年かけて、色々作ってきて、閉店。解体。
気の毒としか言いようがありません。

テーブルが置いてある、低いテラス。しっかりした部材を使っていて、これも結構な金額が掛っていますね。
家でテラスを作るのをお願いしていて、もう大工さんの所に材料が来ています。
ああー、残念!^^
どこかに使えないかと、思案中です。

左に見える立派な柱とその上の張り。誰か使ってくれると良いですね。

006_20110416095321.jpg
河原を散歩するのに、3レディース&銀ちゃん、摩利も連れて行ったのですが、車で吠えました。

原因は、この犬でした。
野良じゃなくて、ここの飼い犬。放し飼いです^^

客商売に放し飼いの犬。考えられない感じですが、あの風景だと自然な感じです。
放し飼いの犬って、人畜無害ですし。

飯舘村の住人が、避難するのに、「牛は放牧場に放して、犬も置いていく」って、言ってる人がいました。
犬…連れて行けよー!って、思いましたが、「放し飼いの犬を、今更繋ぐのは可哀そう」と。
放し飼いが当たり前の地域って、まだまだあるんですよね。

繋がれて生きるのが、幸せなのか。飼い主と離れても自由が良いのか。
その後、保護されて飼い主が迎えに行かなかったらどうなるのか。人が居なくなった村で、食料はどうするのか。
牛じゃないので、放牧場で草を食べて、飼い主の帰りを待つってわけにはいかないでしょう。

どうするのが一番良いのか、飼い主とその犬にしかわからないのでしょうが。。。

この放し飼いの犬は、一緒に連れて行って貰えるそうです。良かった。


016_20110416100452.jpg
久しぶりに、お寺の裏山に行きました。
水芭蕉が咲いていましたが、例年よりも遅いです。
この辺は、桜もやっと咲き始めました。

017_20110416100645.jpg
奥には誰も居ないというので、りくを放してやりました。

走って、あっという間に消えました。

019_20110416100824.jpg
藍虎も山に駆け上がり、さっそくウンチ^^

魔利も連れて行ったのですが、みんな嬉しくって山を走り回っていて、写真も撮れませんでした^^

020_20110416101342.jpg
小さく紫に見えるのが、カタクリの花。
この時期は、観光客も来るので、普段はワンコを連れてここには来ません。
今年は、ちょと少ないのかな?

025_20110416101216.jpg
やっと、藍虎が帰ってきました。

027_20110416101300.jpg
きれいな沢水ですが、かき回してドロドロになってしまいました。

030_20110416101620.jpg
魔利も帰ってきました。そこでゲット。
ここで繋がないと、クールダウンしてまた山に上がってしまいますから^^


午後は、りゅう婆ちゃんとワラビを採りに行きました。
022_20110416101827.jpg
ニョキニョキ出ていました。
検査機関を通過しないものですから、汚染程度は不明です。
でも、私の判断としては、数度食べたからって何てことないです^^
美味しい季節のものを食べない方が、ストレスになるw

生姜と醤油、酒で浅漬けにして食べるのが、お気に入りです。
ヌメヌメして美味しいです。

024_20110416102219.jpg
いっぱい採れました。
生で食べきれない分は、今年は塩漬にして保存しようと思います。

普通、ワラビが山菜として都会の人の口に入るのは、一旦塩漬けするかした保存品です。
採ってすぐに、灰汁抜きして、そのまま生で漬け込みか、煮て食べられるのは、1週間程度の保存しか効かないと思いますから。
商品としては3日程度でしょう。
田舎に出向かない限りは、難しいです。

余震が落ち着いたら、遊びに来てください。嫌じゃなかったら、御馳走します^^


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(18) | ▲ top
うめちゃんと大ちゃん
- 2011/04/15(Fri) -
一昨日になりますが、うめちゃんが遊びに来てくれました。

005_20110415132423.jpg
去年の3月生まれなので、魔利達と1カ月しか変わらない月齢です。
陽気で活発な女の子です。

ここから30分くらいの所に住んでいますが、こちらに遊びに来るのは初めてです。

010_20110415132813.jpg
左からうめちゃん、摩利、華ちゃん。
同い年同士で遊ぶことにしました。

最初は尾を下げて逃げ腰だったうめちゃんですが、間もなく慣れたようです。

004_20110415133020.jpg
銀ちゃんも、投入~^^

007_20110415133102.jpg
目の前をチョロチョロしては、わざと逃げる。

追いかけっこするのが、好きなうめちゃんでした。

009_20110415133234.jpg
最後は、すっかり慣れたのか、「まだ、帰らない~」と訴えてました。

和牛を飼育している農家さんなので、うめ母さんには色々教わって、楽しかったです。
ひまわりが放射線物質を吸収して、土壌改良をするって話を聞きました。
さっそくネットで調べてみると、ちゃんとした裏付けがあって仕事としてやってる企業もあるようです。

そうだ!ひまわり、良いかも。
土壌改良はともかく、手っ取り早く、ランに日影ができるかも!
と、思い立ったので、ひまわりの種を買ってきました。
ポットに撒いて、芽が出たら、ランの草を刈って移植する作戦です。

銀ちゃんは、すっかり、うめ母さんに懐いていました。
最近は、「藍虎の子をいじめた」と銀ちゃんが誤解している親戚の小母さんが来ても、吠えなくなりました。
車の中なら姿を見ただけで、怒っていたのに。

前のBOSSのコメント返しにも書いたのですが、ここの所原子炉の圧力容器の下部の温度が低めで安定しています。
電源さえ確保されていれば、現状よりも急激に悪化するリスクは少なくなってきた気がします。
現状であれば、空中の放射線量は平常値に近く、私的には問題なしです。

地震直前に、テラスを作る工事をお願いしていて、部材も来ているのですが、大工さんには待ってもらってました。
大きな水素爆発でもしたら、ここだってどうなるかわからないし。
本当は、そこに銀ちゃんの檻を作るはずで、檻の材料まで届いています。
避難している間に、すっかり布団で一緒に寝るのを覚えたのに、今更、外の檻に入るのでしょうか(爆

猛犬注意だったはずなのですが、最近は、子供の時のボヨヨン銀ちゃんになっています^^

銀は、運の良い子のような気がしますね。
銀ちゃんが家に居なかったら、藍虎は可哀そうでしたが、銀ちゃんを置いて避難はしなかったろうと思います。
ドタバタしている間に、すっかり室内犬になり、りゅう婆ちゃんと一緒に寝たりして^^
弟にも懐いていて「銀が一番可愛い」と言います。じゃあ、散歩してくれーと、言いたいですがw

檻はともかく、部材も来てしまっていることだし、大工さんにテラスは作って貰うことにします。


大ちゃんも、番頭さんの家にやっと帰ってきました。

034_20110415140751.jpg
025_20110415142307.jpg
038_20110415140819.jpg
いつも帰る時間になると、どんなに寒い真冬の日でも、引き戸を開けて外に出て、番頭さんを待っているそうです。
番頭さんも、大ちゃんが帰ってからは、また、大ちゃんの話ばかりしています。
いない間は、辛いから、しなかったのでしょうね。


最後の大ちゃんの写真。笑ってるんじゃなくて、吠えています。
原因は↓コレ。
019_20110415141733.jpg

018_20110415141627.jpg
鶏小屋に入りこもうとする藍虎と、止めているりくw



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | うちの子物語 | CM(16) | ▲ top
しいたけ菌も植えました
- 2011/04/12(Tue) -
せっかく田舎に暮らしているのに、何も知らない、何もできないワタクシ。
でも私だけじゃなくて、田舎で暮らしていても60歳以下で野菜が作れたりする人って少ないです。
買った方が安いから。

目指せ自給自足と言い続けて、早5年^^
自給自足は無理でも、せめて家庭菜園くらいできるようにしたいものです。
自分で手間をかけて作ったものは美味しいし、何事、備えあれば憂いなしです。
今回のことで、知識や知恵は、最大の備えだと痛感しました。
家は、番頭さんの知恵や機転で随分助かりました。

今回の災害を節目に、ずっと思っていたことを、少しずつ実行に移そうと思っています。
簡単なことからw


知り合いから、しいたけ菌を頂きました。
自分の家で植えたのだけど、余ったのだそうです。

切り出した木に埋め込むのは知っていましたが、そんな木どこにある???

ピカ!閃きました。鮎のオジサンです。
木を切り出して炭焼きをしているので、あるはず。

001_20110411090851.jpg
やっぱり、ありました。

オジサンの家の裏山には、300本くらいの原木がありました。売ってるわけじゃないのに^^
キノコによって使う木が違うのだそうで、普通シイタケはナラ。クヌギだと肉の厚いシイタケができるそう。
スーパーで売っているシイタケは、菌床栽培と言うそうで木は使わず、もっと肉薄です。

炭焼き小屋から自宅の方に木を持って行って、菌の植え付けをすることにしました。

007_20110411092221.jpg
菌を植え付けるための穴をあけます。
オジサンはそれ専用に台まで作って、ドリルまで持ってました^^

私が持ち運びが楽なように、細い木ばかりです。
1本の木に25個くらいの穴を開けます。

002_20110411092710.jpg
小さな丸い筒状の木に菌がついています。
それを金槌で叩いて埋め込みます。

250個埋め込むの、あっという間。オジサンに手伝って貰ったので、有難味がないくらい早く終わってしまいました^^
あとは日影で雨の当る所に置いておけば良いそうです。
でも、予想外に、シイタケが出るのは遅く。。。来年だそうです(爆
でもまあ、やっておかないと出ないし。
菌が表皮に回れば、木が腐るまで出続けるそうで、3年くらいは楽しめるとか。

昔、家の後ろの北側の日影にシイタケの原木があった記憶があるので、その場所でOKのはずです。

9日の雨で放射能量が上がらなかったので、今のままなら食べられそうな感じです。
この辺の放射能量は今は、0.08~0.09マイクロシーベルトと平常値に近い数字になっています。
妹の住む藤沢と変わらないですね。
今後はわかりませんが、何事も勉強ってことで^^


005_20110411094441.jpg
オジサンが作ってくれた華ちゃんの別宅。プール付きです^^

華ちゃんは、猫とも仲良しになったので、今は室内フリーです。
あまり使ってないのかな。別宅。

011_20110412074825.jpg
華ちゃんと藍虎。右が藍虎。

華ちゃんの方が、人間で言ったら「現代的な感じ」がします。
藍虎はカスリのもんぺが似合う^^
華ちゃんは美人さんですが、面白さでは、藍虎には勝てません(爆

006_20110412074931.jpg
ね、美人さんでしょう。でも、愛護会展で迷子になったら、どこにいるか見つからない感じ^^

別宅に廊下から出入りできるよう、高い所に作ったので、柵がこんなに低くなりました(汗
出ないそうです。


先日、雨が降りました。こちらもカッパデビューした母娘です。
018_20110412075750.jpg
藍虎と摩利です。左が藍虎。

やっぱり、魔利の方が現代的な気がします。
父親が山徒だからか、藍虎の子達はみんな可愛い顔の美人さんですね^^

023_20110412080130.jpg
でも、カッパ着てようが、リードが着いていようが関係なく、摩利は鳥さんにロックオン^^


029_20110412080503.jpg
家に戻ったら、銀ちゃんとりくが遊んでいました。
ごみ箱から牛乳パックを拾ってきて、粉々にし、手袋を引っ張りっこしてボロボロにしていました(汗

りくは、どうしたわけか。銀ちゃんが家に帰ってきてからは、一緒に遊ぶようになりました。
りくは摩利にしつこく唸ることがあるのですが、そういう時って銀ちゃんが間に入って、りくにワフッてします。

多頭飼いの力関係って、結構複雑ですね。


009_20110412082218.jpg
銀ちゃんもカッパでびゅ~^^

008_20110412082315.jpg
細かいことは、意外に気にしないデス。

004_20110412082504.jpg
雨だつーのに、猫を追いかけようとするので、こっちは四苦八苦。


さて、次はオッカサンとりくの番。
034_20110412083247.jpg
行かない!

035_20110412083449.jpg
呆れるりく。

おりゅうは朝の散歩も行かず、もう夕方4時。
24時間近くチッコをしていません。雨の時はいつもこう。

036_20110412083719.jpg
膀胱炎になっちゃうよ!


039_20110412090028.jpg
放射能が危ない!と思ったかどうか知りませんがw

まあ、オッカサンは頑固ですね。
この後、無理やり引っ張ってトイレ散歩に出ました。
でも、200メートルですべて済まして「帰る!」と、いうので帰ってきました。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | うちの子物語 | CM(28) | ▲ top
ジャガイモ植えました
- 2011/04/05(Tue) -
016_20110405153237.jpg
真ん中辺に車が2台止まっているのが、借りている畑です。
年間5000円です。タダでも貸してくれるのですが、「気持ち」です。

015-1.jpg
ズームするとこんな感じ。

おお、働いてる働いてる!りゅう婆ちゃんと番頭さんです。
白い車の手前に居るのは、銀ちゃんです。

この畑を借りたのは、去年で、言い出したのは私。で、実行隊は婆ちゃんと番頭さん。
家の竹の柵も。家はすべて同じ仕組みです^^

役立たず!と、私は云われています(爆
ちなみに番頭さんは、お休みの日です。

種イモを半分に切って、切り口に藁灰を着けるのは手伝いました^^

018_20110405155421.jpg
3レディース、久々の穴掘り大会に満足です。

012_20110405160328.jpg
日本犬の素朴さは「農家の庭先に繋がれているのが似合う」って言います。

銀ちゃん。イマイチ似合わないですw

008-1_20110405160826.jpg
うーん。やっぱり、似合わない感じw

020_20110405161041.jpg
りくと藍虎は、2頭繋がってフリーです。

カメラのバッテリーがなくなり、ここで終ってしまいました。
帰りに華ちゃんを連れてきて、摩利と銀ちゃんと遊んでもらいました。
藍虎の子たちは、昨日で1歳になりました。


ご心配をかけている藍虎ですが、随分と落ち着いてきました。
一時避難していたせいか、余震でもガタガタ震えることもなくなりました。
でも、奇行は相変わらずです。

003-1_20110405161314.jpg
片づけものをしている時に、来客があったのでそのまま階下に行って、戻って来たらイビキかいて寝てました。

006_20110405161639.jpg
引き出しを仕舞ってみました^^

奇行は子供の時からずっとなので、余震とは関係ないかもーw


ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | うちの子物語 | CM(32) | ▲ top
忙しくしています
- 2011/04/02(Sat) -
すっかり、ブログをさぼってしまいました。
何をどう書けば良いのか、考えることは山ほどあるのですが、頭の整理がつかないまま時間が過ぎてしまいました。


我が家は被災しませんでしたが、家業の方は被災地との係わりが深いです。
我が家でも震災から数日後からは停電・ガソリン・原材料不足が続いていましたが、東北で工場の損壊を免れた取引先や同業社は比べ物にならないくらい、大変苦労されていました。

放射線汚染の出る前から、近所の牧場では原乳を捨てていました。
150頭の牛のお乳が、工場が動かないために毎日廃棄されていました。

そんな中、余震に過敏になった藍虎の休息と、原発事故で煮詰まった自分の頭を冷やしに、山梨の方に出かけていました。

出先でも電話が入ってきます。何とか動ける会社は、地域を助けるため、そこまでするか?という不眠不休の努力を続けていました。
届かない物資の中継や、その後方支援の要請の電話です。
より安全な場所に自分の身を置いているからこそ、気持は沈むばかりでした。

古いアパートの空き室があったので、そこでよかったらと室内犬を飼っている被災者を3家族引き受けました。
義援金を送り、ワンコの救援物資を送り、でも釈然としませんでした。


でも、やっと自分が納得できる援助方法が見つかり、家にも帰ってきているので、今はサッパリとした気持ちでいます。
緑龍の飼い主さんの農家さんにも協力していただいて、福島・茨城の農家さんのサポートができそうなんです。
何とか関東以北の農家さんに頑張ってもらわないと、大変なことになります。

ワンコ仲間の方々にも協力をお願いできることがあったら、あとでお願いするかもしれません。
その時はヨロシクです。

054_20110402150837.jpg
頭を冷やしに行っていたのは、ここ。南アルプスを望む八ヶ岳です。

050_20110402151128.jpg
自転車にツララがぁ~。

頭だけじゃなくて、全身冷えましたw

024_20110402151443.jpg
林のドックランで、藍虎もご機嫌でした。

042_20110402151703.jpg
銀ちゃんも、もちろん一緒です。


銀ちゃんにアクシデントがありました。
林を散歩中に、銀ちゃんがしきりに匂いを取り出しました。
グイグイとあちこちクンクンして危ないなあーと、思う間もなく、ダーっと突進。
足元の悪い場所で、思わずリードが手から滑ってしまいました。

鹿です。

ドックランのすぐ脇の林ですが、昼間だというのに鹿がいたようです。
追って行っても、銀ちゃん一人なら戻ってきますが、リードが付いているので木に絡んだらやっかいです。
私も必死で追いますが、鹿と銀ちゃんですから無理^^

その時、銃声が! 
ドーン、ドーンと2発。

ええー!ここ別荘地だよ。禁猟でしょう!

051_20110402152620.jpg
鹿の駆除だそうです。
ちょうど待って居た人の所に、鹿が逃げていったようです。

すぐ後ろにいたはずの銀ちゃん。撃たれなくて良かった。。。

撃ったのは、別荘の敷地のすぐ脇、禁猟区から1メートルの獣道。
道路のすぐ脇で、別荘の人が近道としても歩く散歩道路です。
もう、ドッキドキでした。

別荘であった甲斐犬のオーナーさんが、「散歩する時は蛍光オレンジの上下じゃないと危ない」って言ってました。
よーく、わかりました。

「おたくのは猪犬?」と聞かれたので、「室内飼いの愛玩犬です」と答えておきました^^
猟師さんが使っていたのは、ビーグルでした。

020_20110402153743.jpg
藍虎のベットで寝る銀ちゃん。

022_20110402153829.jpg
銀ちゃんのベットで寝る藍虎。ひさしぶりに安心したようで、イビキをかいて^^

このヒト達はこだわりがなくて、先着順でどこでも良いようです。



059_20110402154000.jpg
芽衣ちゃんが出陳するというので、日保の名古屋展にも顔を出しました。
山梨といっても、ほとんど長野に近い所にいたので、2時間半くらいと聞きました。
実際は3時間かかったけど^^

じゃじゃーん!会いたかった四国犬のてっくんです。
ブログの写真で見るよりも、生てっくんの方が全然良い感じでした。
胡麻毛って、シャドー効果があるので、実際よりも細く見えるのでしょうね。
かあちゃんは、花粉症で完全防備でしたが、私は名古屋では平気でした。
帰ってきたら、微熱が出るくらい大変なことになったので、こっちの杉は性質が悪いのか^^

066_20110402155013.jpg
芽衣ちゃんです。

早くもアンダーが抜けて、スレンダー娘になっています。
こんなに細くても18キロあるんですって!

若犬賞をいただきました。

077_20110402155255.jpg
左、銀ちゃん。右が芽衣ちゃん。

午前の審査では、若1の審査犬は2頭居ると思っていたので、リンクサイドの応援はおりゅうでした。
1頭が若2の間違いだったということなので、午後審はお気楽なので、銀ちゃんの応援。

079_20110402155500.jpg
お気楽過ぎて、リンクサイドで遊んじゃいました^^

この後、審査員の先生に銀ちゃんの体高を測ってもらいました。
54.5だか。8だか。測り方でも変わるでしょうが、基準の上限に近いことは確かなようです。

銀ちゃんも芽衣ちゃんも、よく育ちました^^


070_20110402155645.jpg
芽衣ちゃんの付き添いワンは、この日はケンパパでした。

貫禄が出てきましたね^^

074_20110402155803.jpg
遊びに来てくれた、ねねちゃんです。

私がねねちゃんにオヤツをあげたら、ポロっと落しました。
何と、その瞬間、藍虎が車の中から飛び出して、ねねちゃんの首の後ろに嚙み付きました。
新年会の時にも、妙に藍虎がガウガウ言うなあとは思っていましたが、猛犬注意2号です。
行く時は、無言です。

長いリードのままにして藍虎を車に入れていたおいた、私の不注意です。ねねちゃん、ごめんね。
首の後ろで脂肪の厚い場所なので怪我はありませんでしたが、3レディースでは初めてのことなのでビックリです。

095_20110402160648.jpg
さらに足を伸ばして、ずっと訪問の約束をしながら行けなかった和歌山の友人宅へ。

奥さんに腹を撫でさせているおりゅう。
と、左手前には、友人の膝に乗って「撫でろ攻撃している」りくが写っています。

3レディースは出かけなれているので、どこに行ってもこの調子です^^

DSCF0157.jpg
南紀の方にも遊びに行きました。初めての海に、銀ちゃんも喜んでいました。

S0030169.jpg

切り立った山と急に深くなる、一見穏やかな海岸線。
里山でも急傾斜な山々で平地が少ないのは、関東以北とは違った景色です。
ここでも、今回の災害で、貴重な農地が失われたことが実感されました。

明日は、父の3年忌の法要です。早いものです。

来週からは、ボチボチとワンコブログも書いていくので、また覗いてくださいね^^


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(45) | ▲ top
| メイン |