スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
時々の山
- 2011/05/31(Tue) -
ちょっと前になるのですが、私の車が修理に出ていました。
部品の取り寄せに時間が掛って、2週間くらい車がなかったでしょうか。

いっぱい犬が居て、車がないって不便だなーと実感。
どうやっても5頭は連れて歩けない^^

震災後、山に行くことが殆どなくなりました。
余震が続いたこと、雨が降れば地盤が緩くなり危険なこと。
藍虎を、放しても置いて行っても心配なこと。

でもたまには山に行かないと、運動不足もいいとこ。
みんなメタボ気味です。
この日は、久しぶりにお寺の裏山に行きました。
ここなら、例え地震があって藍虎がどこかに潜っても、GPSがあれば迎えに行けます。

036_20110531135827.jpg
おりゅう、藍虎、摩利を連れて行きました。

もう蛇もいるので、私はハンターブーツ着用。
GPSの発信機のアンテナのついた首輪に、熊鈴をつけた御一行様が、お金かけた広い歩道を歩いて行くのって似合わない^^
会う人ごとに「首に何してるの?」と聞かれ、「山で放すのにGPS」って説明すると「そりゃ~イイねぇ」と同意してくれます。
「犬だって放れて駆け回りたいよね」って理解がある人が多いのが、田舎の良い所です。
「山で誰もいなきゃぁ、問題なし」ってのがコンセンサスです^^

042_20110531141408.jpg
5月の雑木山は気持ち良いですね。
平日の、人の居ない時間を狙って行きました。

051_20110531141847.jpg
杉山を抜ける風も気持ち良いです。

藍虎は震災後、呼び戻しがきくようになりました。
キーワードは「地震」と「ご飯」ですw




でも、メタボなわんこだけじゃなく、私もすっかり運動不足になっていました^^
息切れw


摩利は、相変わらず^^
060_20110531142247.jpg


どこで遊んできたんだか^^
058_20110531142347.jpg
クモの巣だらけ。

でもって、
049_20110531142458.jpg
その辺の落ち葉で身体を拭くので、ダニがつかないか心配^^

でも、付きにくい体質らしく、去年もゼロで今年もまだゼロ。
一応、フロントラインは5月に1度しましたが。

何とか無事に回収して帰ろうとすると、リードが1本ありません。
どこかで落としたようです。
リードがなくても事故にあうようなことはないのですが、でもやっぱり拙いでしょう~。

庭で草むしりしていた副住職に、紐ありませんか~?と聞いたら、これじゃあ、駄目だよねぇ?
と、頂いたのがコレ↓
068_20110531143418.jpg
縄!(爆

069_20110531144135.jpg
GPSのアンテナに熊鈴に縄^^

早く帰りたいなーと、そういう時に限って信号は赤。
おりゅうは、何で縄なんだ!と不満げです^^


070_20110531143848.jpg
信号を渡ると、どこかのお婆ちゃんが「あら、甲斐犬だねぇー」と。

そうなんですけどね。と言いながら「縄」の言い訳をすると
「大丈夫だよ~」と。何が大丈夫なのかわからないけど、縄も気にならないようですw

072_20110531144519.jpg
知り合いが近くに居たのを呼んで
「これ、甲斐犬って言うんだよ。良い犬なんだよ。イノシシ獲るんだよ。めんこいねぇ~」と^^

きっと、こういうおばちゃんって、銀ちゃんだって警戒しないんでしょうねぇ。
ご自身は、お家で秋田MIXを飼っているそうです。

で、摩利は・・・
071_20110531145033.jpg
いつもマイペースです。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | うちの子物語 | CM(17) | ▲ top
那須に行ってきました
- 2011/05/29(Sun) -
さて、昨日のブログに書いたように、水曜のことですが那須に行ってきました。

朝からバタバタしていて散歩にも出られなかったので、河原でトイレ休憩^^
002_20110529230310.jpg
例によって、藍虎を引っ張り回す魔利^^


005_20110529230355.jpg
文字通り「水洗トイレ」利用のりく^^

この川は、余笹川と言います。
一枚目の写真の遠くの方に橋が見えます。
そこから200メートルくらい走った所に
008_20110529230717.jpg
こんな電柱がありました。

余笹川が氾濫した時のものですね。

えーーー!こんな所まで水位が上がったのかー。
そりゃあ、想定外だったわなぁー。
でも、それ以後何の対策もしていないのねぇ。。。

と、通り過ぎると、
010_20110529231006.jpg
こんな風景が^^

最初、赤い農作業の機械かと思って通り過ぎました。
乗用車だ!とUターンして写真を撮ってしまいました。
人の不幸にゴメンナサイ。

緩い左カーブだったので、電柱に気を取られたのじゃないかと想像していまいました。
それだったら、罪作りです^^


銀ちゃんのためにトレーナーさんの所に寄って、お話をした後で、桃ちゃんに会いに行きました。
016_20110529231450.jpg
小さなお母さん、りく&大きな娘、桃ちゃんです。

桃ちゃんは大人しい子だったので、りくは桃ちゃんには威張らないデスw

013_20110529231657.jpg
モモテツパパから、オヤツを貰う、銀ちゃん。桃ちゃん。りくに魔利。
おりゅう&藍虎は車で留守番。虎鉄はサークルに入っていました。

銀ちゃんは、場馴れのトレーニングのために中に入れて貰いました。
が、この場所で神経質になることはないと思いました。

019_20110529232012.jpg
銀ちゃん&桃ちゃんのオヤツくだしゃい!
可愛いでしょ^^

桃ちゃんは賢いので、銀ちゃんの真似をして「顎を乗せれば貰えるんだ」って、すぐに学習しました。
しかも可愛い笑顔が効果的って^^

トレーナーさんの云った通り、銀ちゃんの嫌いなトレーナーさんの家に行って、おかーさんを再認識した銀ちゃんです。

今お世話になっているトレーナーさん。私はとても信頼しています。
実は、おりゅうも散歩の引きが強くて、5年くらい前にトレーニングを受けさせようとしたことがあるのです。
おりゅうを連れて行ったら、この子はお金を頂く程のことはないと、やり方をアドバイスしてくれて実践も教えてくれました。
1頭1頭をよく見て、穏やかにアドバイスをしてくれます。

銀ちゃんも無理をせず、アドバイスだけくれています。
飼い主と相性の良いトレーナーさんが、結局はワンコとも相性が良いのだと思いました。
私も我が強いので、合わないトレーナーさんがイッパイです^^

014_20110529233112.jpg
方や、オヤツには殆ど興味なく、マイペースな不思議娘の魔利^^

また来週、トレーナーさんに会いに行くので、都合が合えば寄ってみようと思います。


帰りにアウトレットに寄りました。
ちょっと買い物がありました。

そだ!
ここでも銀ちゃんのトレーニングだ!
020_20110529233458.jpg
買い物してる間、はじっこで一人で留守番です。

でも、銀ちゃんの場合、異様じゃないものには神経質にならないのですよね。
犬と人。知らない場所。一人で留守番。そういうことって、展覧会とたいして変わらないからでしょうか。
鳴きもせず、大人しくいつまでも待ってるんですよね。

ちょっと拍子抜け^^

さて、買い物も済んで帰ろうか~。
022_20110529234129.jpg
で、魔利。。。。なんで、そうなるわけ?

どうやら、合理的な理由があるようです。
鼻先に冷たい空気が出て、気持ち良い。
ブレーキを踏まれてもそれ以上前には行かないので、安定している。

でもさあ、やっぱ、危ない気がするし、みんな見るし(汗

この娘、何とかしてよ!藍ちゃん!
024_20110529234437.jpg
ねえ、藍ちゃん。。。。(汗

いつものことだけど、座り方変だよw


家に戻ると6時過ぎてました。
でも、みんなが魔利を待っていました。
027_20110529234647.jpg
「あー、やっと帰って来た!」マリ!マリ!マリ!とみんな集まってきます。

遅くなってゴメンネ(汗

隣の魔利ちゃんは、ホント人気者なんです。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | うちの子物語 | CM(18) | ▲ top
みなしご救援隊と被災犬から学ぶこと
- 2011/05/28(Sat) -
「みなしご救援隊」の拠点が、福島市から栃木に移ってから、細々とお手伝いに行っていました。
家には、3レディース+銀ちゃん。昼間は摩利も居て、その世話だけで体力的にはイッパイイッパイ。
疲れが出ると偏頭痛がする虚弱体質なので、拠点でのお手伝いは、地の利を生かした情報係、連絡係、資材運搬や動物病院への通院など。
他のボランティアさんのようには、働けません^^
私が散歩しないと、家には代りが居ないから。特に銀ちゃんw

そんな片手間のお手伝いですが、沢山沢山、勉強させていただきました。
みなしごのスタッフの「信念」「行動」「愛情」「覚悟」「情熱」は、私にはとても勉強になったし、彼らに出会えたことに感謝しています。


「夢は諦めない。」「希望は捨てたらおしまい」中谷代表がブログに書いていた言葉です。
中谷代表だけじゃなく、支えるスタッフ全員が、スーパー前向き^^
そして、どんなことでも「有言実行」


孝行息子のアナックです。
「お母さんも助けて!」って、繋がれていたお母さんの所に案内したと云うエピソードがあります。
027_20110528080108.jpg
4月25日撮った写真です。

この数日後に、癲癇発作を起こしました。

003_20110528081536.jpg
3日ほどの入院の後、帰って来た時には首をあげるのがやっと。
全身に強い麻痺が残って、自分でオシッコもできず、中谷さんがお腹を押してオシッコをだしてやっていました。


「アナックは、きっと歩けるようになる!」中谷さんはそう言ってました。
043_20110528082313.jpg
ボランティアさんが少なくて、大変な時も、どんなに忙しくてもアナックのリハビリは続けられました。
まったく動かない脚を一歩一歩動かしてやります。

042_20110528082224.jpg
038_20110528082615.jpg
寝床で排泄をするのは、犬にとってはとっても嫌なことです。
アナックも、外に出られるのが嬉しいようで、草にオシッコできるようになりました。

061_20110528082938.jpg
そして、倒れてから1カ月弱。自分で立ちあがって歩けるようになりました。
今は、散歩にも大好きなお母さんと一緒に、二頭引きで行けるまでになりました。
きっと、遠くない将来、走れるようになると思います。
アナック自信が諦めていないのを、周りがサポートしているから。


原発の放射能が一番高い地域で、あれだけの頭数を保護して、怪我した子も障害のある子も見捨てない。
それは、「里親がつかずに、最後に残る子が居たら、自分達が面倒をみる」という彼らにとっては当たり前の覚悟があるからできることって思いました。
行政に保護ができなかったのは、その覚悟がないからです。
やっと動き出した行政ですが、預けた飼い主が引き取れなくなったら、、、、先に待っているのは、「処分」なのでしょうか。
その時こそ、外国の愛護団体に訴えましょう!




そして、人間だけじゃなく犬だって、陽気で前向きなヤツの方が異常な事態を生き伸びるのだなって、あらためて感じました。

最後に餌を与えて、65日間繋がれたままの状況でいたのに、生きていて保護された犬がいます。
035_20110528083938.jpg
ガリガリに痩せています。

3頭の犬を飼っていて、ある愛護団体に保護依頼を出し、飼い主は団体から「保護した」との連絡も受けていたのに、実際には保護されていませんでした。
偶然に、みなしご救援隊がそのことを知り、救出に行ったのだそうです。
3頭のうち、残念ながら1頭は亡くなっていたそうです。

繋がれたまま、雨水でも飲める環境だったでしょうか。
65日で生還は、奇跡的です。

032_20110528084705.jpg
でも、この子。すごく陽気なんです。しかも、すごく元気!


034_20110528084547.jpg
尻尾ぶんぶんで、遊ぼう~!って寄ってきます^^


033_20110528084833.jpg
もう1頭の子。
65日絶食していたとは思えない体格^^

この子も、巻き尾なのでぶんぶんじゃないけど、振っているのわかりますか?
少しでも近くに来たくて、お尻を向けてきます。

039_20110528085330.jpg
保護した時にしていた首輪は、緩々ぶっかぶかで使えないので交換したとか。

元の首輪の跡がクッキリしてますよね。
もとは、すんごくおデブちゃんだったのじゃないでしょうか。
貯金があったので、助かった?w


そして、飼い主が居なくなってから1カ月以上、元気に生きていた被災犬は、ドックフードに慣れていない犬が多かったです。
田舎で、高齢な人が多いので、当然、残り物を食べさせていた犬が多いです。
昔ながらの味噌汁かけご飯でしょうか^^
それでも元気なのだ・・・と感心したり不思議に思ったり。

家は手作り食なのですが、味噌も少し加えることにしました^^



ボランティアさんの中には、給餌時に、ごく当たり前のように「お座り!マテ!」と声を掛ける方も居ます。
殆どは、放しっぱ~、繋ぎっぱ~の犬なのですが、素直で良い子が多いので、最初できなくてもすぐに覚える子も居ます。
040_20110528090000.jpg

そっか、いくつからでも教育は間に合うんだ。。。

そういえば、中谷さんが「おまえはもう、猟犬やないんよ!家庭犬になるんじゃけんね!」と言い聞かせながら、散歩している子がいます。
家庭犬としては落ち着きなく、勝手にアチコチすっ飛んで行こうとしています。
そして、他の犬に掛って行こうとして怒られているんですね。



「前向き」であることと「臭いものに蓋」の逃避的な考えって、まったく違うと思います。
現実逃避して、楽天的な主張だけを取り入れるのは、私の性格上あっていません。
現実、そこにあるものを知っていながら知らない振りをしても、心の平和は訪れないからです。

話は逸れますが、この原発事故でも知識を入れ、データを収集し、自分が納得できるところまで対策を講じることが大切って思います。
対策をどこまでやるかは人それぞれ。
どの辺で妥協できるかに、個人差があるからです。
私の場合、私自身よりも心配しているのは、恐らく代謝からして幼児並みと思われるワンコ達。

一口に「情報」と云っても、確証のある数字を並べたデータと、推察、考察まで含めた「意見」とを分けて考えるべきって思います。
こういう不安定な時期には、「情報」を探しまわって「情報」の洪水に巻き込まれて、溺れてしまうことがあります。
不安だと、危ない情報ばかりを探してします。それも心理です。
そして、心配だけして何も行動しないのは不安が募るばかり。身体に悪いです^^

情報は、分析して判断して行動して、初めて生きるものです。
並べ立てて「あーだ、こーだ」言っているだけなら、知らないのと同じです。
そして、その分析も判断もできないなら、これまた知らないのと一緒です。
情報に操られ、自分だけは知っていると思って大負けする仕手株に似ています^^
自分にできる放射能汚染対策をしたら、あとはこの非常時を良い経験に生かすべく、前向きに考えて行動あるのみです。

ちなみに、ワンコご飯の主食をコメではなくジャガイモに変えました。
カリウムが多いので、気休めでもセシウム対策です。
納豆も好きなので、よくメニューに加えます。

手作り食は、栄養は偏るかもしれませんが、私がわかるものしか食べさせたくないので、良いのです。
人間の「いりこ」は要冷蔵で賞味期限が2カ月。わんこ煮干しは減塩・無添加で賞味期限が10か月。
同じカタクチイワシで、どうしてなのか。私にはわかりません。

今回、結局一番大切なのは、丈夫な身体なのだとつくづく思いました^^



纏りなく、いつになく色々書いているワタシ、実はここ数日凹んでいました。
凹むとブログも更新する気になれず、コメントの返事も書かず、失礼いたしました。
もちろん、放射能ごときでは凹みません^^


実は、うちの坊。銀ちゃんが不良息子になっちゃったのです。
今までだってそうじゃない?って、言わないでね^^
私には、ずっと、甘えん坊の巨大幼犬だったのです。

それが、月曜から様子が変になりました。
いつものように側にいるのですが、ずっと目を離さないで私の様子を見ていました。
でも、最初はアレ?っと思うか思わないかの小さな変化でした。
月曜の夜になって、私のベットで寝ているので、ひっくり返してお腹を出させると、飛び起きて逃げました。
その時に「うー」って言ったような「ガウ」って言ったような…
いつもは、お腹を撫でられるのが好きなのに。。。

部屋の隅に地震の前まで入れていたサークルがあるのですが、そこに自分から入って、耳を引いて丸くなって上目使いに目だけギラギラとしています。
一体どうしたことか…呼んでも出て来ない感じなので、その夜はお風呂に入って寝ました。
水曜にドックトレーナーさんを予約したので、いくつか練習したりしたので、緊張しちゃったのでしょうか???

翌日、火曜、朝起きると銀ちゃんの「おはようー。ベロベロ」がありません。
散歩が終わるって家に入れるのに身体を拭きました。
前足を拭いて、身体を拭こうとすると、今度ははっきり「がう」って言いました。

ががーーーーーん!

私から離れるようして、遠くから目を離さずに見張っています。

な、、、なんなんだよ。

近くまで来ると、すごい緊張した顔で、あきらかに挙動不審です。

みなしごさんに行く用事があったので、銀ちゃんを連れて行きました。
物を届けるだけなので、すぐに帰るつもりでした。
行く途中、車でオヤツをあげると、パクパクと食べてくれましたが、帰りには、手の匂いをかぐと後ろに下がります。
帰ってくると、銀ちゃんの態度はさらに酷くなっていました。

水曜にドックトレーナーさんの予約をしたのですが、こんなんじゃあトレーニングどころじゃない…と、相談の電話を入れました。
銀ちゃんのトレーナーさんは、ブリーダーさんでもあり、外にたくさんの犬がいます。
大型犬の黒い長毛の洋犬(名前わすれたw)が、ワンワンと吠えたてる環境です。
トレーナーさんは、「なおさら連れてきてください。ここなら飼い主さんを頼りますから」と。

なるほど!

そして、話しているうちに、匂いだ!と、気づきました。

シャワーを浴びて、着ていた服を着替えて、着て行ったことのある雨具や靴も全部洗いました。
シーツも交換して車内も掃除しました。

ここ最近、人手が足りなくて、散歩の手伝いや掃除の手伝いもしたりしました。
ちょびっとですが^^

そして、みなしごさんとは別件ですが、1ヶ月も保健所に居た犬を触ったりしました。
処分場にも居たので、消毒と糞尿の混ざった嫌な匂いもしていました。

銀ちゃんは、「おかーさんの姿はしているのに、違う匂いの得体のしれないヒト」に混乱したようです。
すべて匂いを消したら、少し落ち着きました。
まだ、壁1枚ある感じで、近づくごとに匂いを確認していましたが。


トレーニングには、3レディース+摩利も父兄として連れて行きました。

011_20110528173944.jpg
父兄ですw

最後まで群れを守るべく頑張っていたのは、りくでした^^
一番先に寝たのは、おりゅう^^
ちゃっかりと、枕までしているのが藍虎。

3レディース&摩利は、銀ちゃんのような繊細な神経を持ち合わせていません。
トレーナーさんに言わせれば、ここでグースカ寝ている、こっちの方が日本犬らしくないと^^
銀ちゃんが特別神経質なのではないようです。
こっちに慣れている私としては、初めて日本犬を飼う思いです(爆

そういえば、「甲斐犬の一代一主」銀ちゃんには当てはまりますね。
おりゅうなんて、、、ですがw


トレーニングと云っても、ここで何かをすると云うよりも、銀ちゃんの場合ここに来ることがトレーニングになっています。
非日常に過敏にならないこと。
どんな時でも私の言葉が聞けること。

先生と話していて、銀ちゃんは得体のしれないモノ、経験のないことに対して過敏に反応するのじゃないかってわかりました。
犬に囲まれて吠えられるなんてのは、平気です。相手は目の前の犬ですから。
地震も、地面が揺れたって家が壊れなきゃなんてことないし、雷だって痛いわけじゃないし^^

でも、ただの椅子が、突然動いたり喋ったりは駄目ですw
ただの四角い箱だったものが、ゴーっと音を立てて熱風を出すのも、爆発するかもしれないので?近寄りませんw

だから、おかーさんの姿をして、おかーさんの振りをしているけれど、全然違う怪しい匂いなので、中身は違うのかもしれないwと、思ったのかどうか^^

とにもかくにも、トレーナーさんの所に来て、いっぱいのワンコが外で吠えるし、いっぱいのワンコのプンプン匂うトレーナーさんに会って、目が覚めたようです。
やっぱり、いつもの銀のおかーさんだ!

今までも、犬の匂いはしていたので、もしかしたら処分場にいた犬の匂いが原因かもしれません。
でも、みなしごさんには行かないで、別の形で応援することにしました。
里親さん探しなど。
今日は、地方紙や地方TVに取り上げてもらうべく連絡中です。

銀ちゃんには、私しかいませんから。
私を信用できなくなったら、困りますから。

甲斐犬オスらしく警戒心が強いのは仕方ないです。
でも、私は諦めませんよ。
だって、銀ちゃんは警戒心を持たない犬好きな人なら
032_20110528181520.jpg
初対面でも
034_20110528181556.jpg
こんなんです。この人達、オス犬飼ってるんですよ^^
甲斐犬って知りませんが(爆

小さな時から未知のことには臆病だった子ですが、理解すれば克服してきた子です。
きっと、いつか立派な親善大使になれる…かもしれない。と希望をまだ持っています^^
その前に、ワクチンをなんとかせねば(爆

そうそう、↑の写真ね。3月11日の写真です。

この日撮った他の写真は
053_20110528182249.jpg
057_20110528182306.jpg
060_20110528182324.jpg
キューキューと鳴くアライグマさんをやっつける銀ちゃん。
銀ちゃんの尻尾がアライグマみたいだった^^

そして、自転車で走った真っ青な空
035_20110528182540.jpg
この数時間後に大地震が起きました。

030_20110528182721.jpg
それ以来、全員で山に行けなくなりました。
この写真は、最後に行った地震の前日です。


取り留めのない日記になりました。
学んだことは山ほど。あとは私の中に仕舞っておきます。


トレーナーさんに会った後で、桃ちゃんに会いに行きました。
続きは明日。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(20) | ▲ top
うちの猛犬 その2
- 2011/05/19(Thu) -
よく、「甲斐犬は猫っぽい」と言われます。
何が猫っぽいのでしょうか。

他の日本犬は巻尾も多く、背骨も尾の動きも、甲斐犬よりも小さいです。
甲斐犬の跳躍力は、飛節のバネだけじゃなく、しなやかな背骨を伸縮させて飛ぶからだとも聞きます。
足音をたてない足さばきの軽さも猫のようかもしれません。
後ろに跳んだり、空中で反転できるのも、猫っぽいです。

でも、そうした身体の動きだけじゃなく、猫っぽい「撫でろ撫でろ犬」も多いような気がします。

うちにも虎猫がいます。
大きいのと小さいの。
小さいのはりくですが、大きいのは、うちの猛犬です^^


夕べも、テレビを見ているりゅう婆ちゃんと一緒にテレビを見ながら。

021_20110519215616.jpg


撫でて撫でてと、お尻をズリズリ。
017-1.jpg


よっこいしょでち。
022_20110519220335.jpg


りゅう婆ちゃんは「ためしてガッテン」若さの秘訣に夢中^^
024_20110519220651.jpg


流石に重いことに気づき、銀ちゃんを横に動かすと
025_20110519220925.jpg
撫でろ撫でろと、邪魔をする


026_20110519221024.jpg
撫でないならベロベロ攻撃するぞ~


027_20110519221104.jpg
藍虎はいつも私と同じ部屋に居るのだけど、さりげない。
普段は、静かでおとなしい藍虎。

摩利もよく似ています。


032_20110519221427.jpg
りゅう婆ちゃん、仕方なく、また撫で始めます。

そして番組は終わり。婆ちゃんはお風呂に行ってしまいました。


033_20110519221551.jpg
一人取り残された銀ちゃん。


034_20110519222010.jpg
僕ね、僕ね。おかーさんが一番好き

私には、撫でろ要請はしないけど、とにかくひっつき虫^^


アンダーコートがすっかり抜けたら、岳ちゃんと似てる銀ちゃんですが、この兄弟「抱っこ犬」まで似てるのね^^

うちの猛犬が猫と違うのは、1日中、人の側にいることですかね^^
これからの季節、相当、暑っ苦しい。
ハアハア吐く息が熱いのに、くっつかなくても良いのにw

でも、家の子になってから、よく昼寝するようになりました。
あと、自転車で遠走りしようとすると、遠くに行かないで帰ろうと言うようになりました。
前は、疲れると送って行っていたので、ずっと頑張って運動していたのでしょうか。
今は、いつも一緒にいられるので、そんなに頑張って走らなくても良いみたいです。
帰る時のスピード速いです。こがなくても家に着いちゃう^^


そうそう、こんな銀ちゃんなので、車ではゲージに入れています。
入れていないと、ホント、危ないんです。


追加 本日、ひるおびで1時ごろ「みなしご救援隊」のレポします。
どうやら今回は、佐々木センター長の動きらしい。
計画的避難地域で、不眠不休で頑張っています。
見てみてください。

東北地方太平洋沖地震犬猫救援活動も覗いてみてください。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 虎虎三兄弟 | CM(23) | ▲ top
うちの猛犬
- 2011/05/15(Sun) -
037_20110515112342.jpg
3月初めに、名実ともに「うちの子」になった銀ちゃん。

トレーナーさんにお願いして、あらためて躾をする予定でした。
でも、1回レクチャーして、さあ、これから!って時に大地震。
そのままになっています^^

大きな身体なので、イザと云う時にコントロールできないと大変です。
イザじゃなくても、馬鹿ヂカラなので、日常的に大変なんです^^
しかもこのオトコ、良くも悪くも「りゅうママ命!」なのでw


018_20110515113005.jpg
銀ちゃんの基本のポジション。
脚にピト!


030_20110515113122.jpg
ちょこっとでも触っているのが好きです。


031_20110515113227.jpg
これからの季節、かなり暑苦しいですw



3レディースも摩利も子供が好きです。
妹の子供達も3レディースのおかげで甲斐犬は好きなのですが、銀ちゃんは怖いようです。
私としても、子猿達が何をするか、その時銀ちゃんはどうするか心配ではあります。
でも合わせておかないと、何かと困るので。
子猿一家がGWに来た時に、リードをつけて面会しました。

009_20110515113844.jpg
奇声をあげて、炬燵に隠れる子猿達 VS 子猿ママの隣で固まる銀ちゃん。

この後、もう結構です!と逃げるように部屋を出ました。
やっぱり、子供には唸ったり吠えたりはしないのですが、苦手なようです。


今日は、猛犬銀ちゃんの「マテ」を動画でご披露します。
先に、3レディースを散歩に連れて行くのに、銀ちゃんが玄関から出ないように待たせます。
親馬鹿ですが、可笑しいくらいに一生懸命な「マテ」をする銀ちゃんは、可愛いヤツです。

バッテリー切れで動画が終わっていますが、この時、居なくなっていたおりゅうは、さっさと外に出てみなしごさんから預かっている支援物資の山に登っていました(爆



勿論、帰ってくるまでずっと玄関で待っています。
うちの猛犬は、私には忠犬でもあります^^

来客は、玄関開けてコレが居ると、即閉めて、インターホンを押してくれるようになりましたw




ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 虎虎三兄弟 | CM(28) | ▲ top
隣の摩利ちゃんと家の子
- 2011/05/12(Thu) -
今年の初め、那須塩原で新年会をした後ですが、摩利はお母さんとお姉ちゃんとゆうちゃんで、ランの隣のアパートに越しました。
人間の世界は、色々とあるものです。

摩利が膵炎を起こしたのは、引っ越す直前。
お家でゴタゴタしていたのに神経を使ったのでしょうか。
そんなに細やかな感じはしませんが^^

でも、アパートに移ってからは食欲が増し、家に帰るのを楽しみにしているので、きっとストレスがあったのでしょうね。

今は、人間大好きの摩利はアパートの人気者です。
まったく吠えないので、苦情は出ようがありません^^

日曜にランに行こうとしたら、摩利が散歩してました。
ゆうちゃん?
004_20110512074503.jpg
違った。近所の子です(汗

ここはすぐに行き止まりで、スピードを出してくる車はありませんが、
それにしたって、小学生の低学年の子一人じゃ、摩利は危なすぎです。
ゆうちゃんが学校から帰ると、アパートや公団の犬好きの子達が、連日家に集まって、摩利と遊んでいるそうです。
危ないので、子供だけで摩利を散歩させないように、リードは大人が持つように、重ねてお願いしてきました。
摩利は小さいけど、りく&おりゅう&藍虎も引き摺る馬鹿力なので、大汗です。

摩利を散歩させていた男の子。犬に噛まれたことがあって、怖いのだそうです。
3レディースには10メートルだって近づこうとはしません。
生後2か月の最初から、幼稚園児のゆうちゃんOKだった摩利は、子供が大好きと云うか、、、
子供の扱いを心得ています。
飛びついたりもしないし、玩具にされるのも平気だし、奇声の中でも寝られるし^^

004_20110512100653.jpg
おりゅうが昼寝中に邪魔する摩利。

りくに毎朝唸られていますが、そんなのもヘッチャラへ―!



山に行くと藍虎に似て、猟欲もあるのですが、
藍虎との違いは

010_20110512080446.jpg
兎に角、キチャナイ^^

遊んで暑くなると、水に入り、土を掘り、ズズズー。

ここまで来ると洗うしかないので、水洗いは週に数回。
だから、綺麗といえば綺麗^^

015_20110512080849.jpg
よく遊び、よく寝る、隣の摩利ちゃんなのでした。


最近、紹介が少ないですが、3レディース&銀ちゃんは元気です。
山に行けないのが不満で、ちょっとメタボ気味の3レディース。

004_20110512081212.jpg
おりゅう@美容体操中

014_20110512081328.jpg
菜の花の日影に穴掘りする藍虎。

そこに苗木があったのだけど、枯れました^^

013_20110512081503.jpg
藍虎が掘った穴に入ってみる、りく。

008_20110512081936.jpg
ずっと戦って遊んでいた藍虎&摩利。左が藍虎。
母娘だから当然似ているけれど、摩利が一番似たのは、後ろ足の筋肉かも。
摩利も、腿たパンパンのムッキムキ。

009_20110512082554.jpg
すっかり夏毛になって、スレンダーになった銀ちゃん。
この写真ではわかりませんが^^

まだ若干抜け毛があるので、寝ぼけた毛色になってます。

そうそう、銀ちゃんに似た岐阜の子は、飼い主さんのお迎えがあったそうです。
ホントに良かったー。
会ったことはありませんが、ホントホント、良かったです。

保護してくれた人が譲渡希望していたので、命の保証はあったけど、
ヤンチャで大きな子のようなので、躾の問題がありますものね。
幼犬から育てた人の躾の仕方が合っているでしょうから。

いやー、良かった!

024_20110512084037.jpg
我が家は、今の所、問題もなく平和です。

ありがたいことです。

020_20110512084228.jpg
あ、誰か来た。

銀ちゃんと摩利が寄って行きますが、吠えません。

025_20110512084321.jpg
以前紹介したことのある、スポーツトレーナーさんです。

時間がある時に「コンディショニング」してくれるので、股関節通とはオサラバしました。
マッサージとは言わないのですね。コンディショニングって云うんですって。

015_20110512085525.jpg
016_20110512085554.jpg
まねっこ銀ちゃんは、例によって、いつもコンディショニングして貰っています^^

実は、結構、男の人も好きなのですが、こないだ熊さんが来た時には、やっぱり唸ってました。
父親の颯虎の匂いが駄目なのでしょうね。
でも、兄弟の山徒のボスとは遊ぼうとするので、銀ちゃんの好みはよくわからないです。

トレーナーさんは、犬好きで、昔ハスキーを飼っていたとか。
ハスキーに比べりゃ、銀ちゃんなんて大人しいもんです。多分w


みなしご救援隊の栃木拠点の新入り
029_20110512090415.jpg
はじめまして。ヤギです。


行く度に色んな子が増えているんですが
033_20110512093452.jpg
グレートピレネーです^^

昨日、夕方用があって中谷さんに電話したら「イノシシがおるんよ。保護しようかどうか迷っとるんよ」と。
檻に入れられて飼われている、ウリボウよりちょっと大きいイノシシだそう。
餌切れする寸前で、かろうじて生きていたとか。
とりあえず、餌をやって帰ってきたとか。
餌、、、、もしかして、ドックフード?(爆

野生に返しても、小さい時から人に飼われていたイノシシは、生きていけないだろうし…広島に連れて帰るか!と、迷っている模様。

当方、イノシシ猟をしてきた犬種を飼っているので、何とも言い難い所ではある^^

ゲージで飼うのは可哀そうだから、場所とかよーーーく考えてね!と、言っておきました。
ヤギは広島に連れて変えるそう。
でも、佐々木センター長が昨日、もうちょっと大きなヤギを2頭保護したようにブログに書いていたので、4頭?w

拠点には保護した亀も居るし、確か、鶏も居たような。


昨日は、GW中に色んなイベントをして、被災動物への寄付を募ってくださった陶芸家さんを拠点に案内しました。
寄付金を代表に手渡しするのが目的じゃなく、
「募金集めに協力してくれた子供達に、こんな所だったよ。犬は、こんな風な顔してたよ。」
実際の様子を話して聞かせるためって、おっしゃってました。
藍虎が山で居なくなった時に、本当に親身になって、一緒に探してくださった方です。

ご自身の登り窯が地震で崩れてしまって大変な時に、ありがたいことって思います。
「こういう時を良い経験に変えて、子供達には命を大切にする優しい子に育って欲しい」とおっしゃってました。

ああ、なるほど、ここの陶芸のイベントにはたくさんの人が集まり、子供達が手伝いをしているのを納得しました。

ここで手伝いも出来ない者は、長いすべきじゃないと、入口近くの犬をさっとご覧になりお帰りになりました。
「犬の顔を見て、どんな活動をしているかわかりました」と。

今回の被災犬を通して、考えさせられることが多いです。


ああ、そうそう。
昨日、日保の福島支部から連絡がありました。
春に出陳申し込みをしたのですが、中止になったので、その申込金の件です。
いずれ出陳するから「預かり」でお願いしました。

で、少し、福島の日保の犬達の事をお聞きしました。
20キロ圏内には、柴犬の犬舎もいくつかあり、会員じゃなくても日保の柴を飼っている人はたくさん居たそうです。
まったく連絡は取れず、どこにどうしているかもわからないそうです。

支部長自身は、四国犬と柴犬で20数頭飼っているそうですが、家は県央よりも西なので被災はなし。
色々お話しさせていただきましたが、やはり、同じ経験をしたら放して逃げるのが精一杯だろうと。
もしも、誰かが助けて、飼ってくれたらラッキーと。
犬のことを考えられるのは、2,3年先。いや、10年先かもしれないと。。。
犬に対してのスタンスが違うので、そうかもしれません。正直な言葉だと思います。

いわゆる「愛犬家」ではないそうで。情を掛けると、作出のために不要になった犬を里子に出すのが辛くなるからだそうです。
10頭の台雌から100頭の子をとって、そこから選抜する方が「理想の犬」に近づけるから。と、おっしゃっていました。
運動は出陳犬だけしかできないそうです。本業があるので、仕事になりませんから。と。
別にこの方に限ったことではなく、日保の柴犬で上位を狙っていく犬舎さんは、多かれ少なかれそうなのだと思います。
厳しい競争でしょうから。
そして、一般家庭に里子に出された子の方が幸せかもしれません^^



そうやって犬種を確立し守ってきた方々の努力はわかります。でもね。でもね。
やっぱり、同意はしたくありませんね。おりゅうファミリーとは、まったく違う世界です。

家庭犬で、室内飼いで、1頭飼いの坊ちゃんの四国犬のてっくん。
もう、絶対絶対、負けないで!って、思っちゃいました。

家のストーカー銀ちゃんだってェーーー!
ベロベロ大会なら勝てそうなんだがw

でも、何だかまた、やる気になりました^^

今、日保に出陳している芽衣ちゃんだって、桃ちゃんだって、愛犬家の家族のベロベロの家庭犬です。
颯虎だって、ぷよさん家の龍だって、みんなみんな甘甘のワンコ家族です。
他人がつける順番なんかどうでも、自慢の子達です。
どんなことがあっても、「不要」になんかなりません。

日本犬は、家族として生活してこそ、本当の良さがわかるって、私は思います。

甲斐犬は、色々います。
色々居るから良いんです^^
日本犬標準とは遠いけど、良いんです^^
山に行けないのが痛いですが、いっぱい遊んで体鍛えて、秋の展覧会は「ただの愛犬家」として、また頑張ります~。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



この記事のURL | うちの子物語 | CM(26) | ▲ top
群馬の子・岐阜の子・栃木の子・そして福島の子
- 2011/05/08(Sun) -
例年、GWや夏休みに迷子犬が増えますね。
行楽に連れて行って迷子になるのでしょうか。。。
連れて歩くほど可愛がっているなら、必死で探すと思うのですが。

甲斐犬は、絶対数が少ない犬種なのに、保護犬が多いような気がするのは、気のせいでしょうか。
群馬で保護されている甲斐犬の問い合わせをしたら「誰でもが飼える犬ではない。」との答えでした。
だから、譲渡対象になるかどうか、微妙と。

じゃあ、どんなのかと聞いてみれば、「ヤンチャでよく動き、散歩でも引く」と、、、
威嚇したりするのか?と聞くと、「威嚇もしないし、身体も触らせるけれど、尻尾を振って自分から寄ってくるって子でもない」と。
それって、普通に「神経質じゃない、若い元気な甲斐犬」じゃないですか(汗
譲渡対象になるかならないか、ギリギリなんだ~。

いつも頭に浮かぶのは、銀ちゃん。。。。駄目じゃんw


岐阜の子。
とぼけた顔が銀ちゃんに似ていて、銀ちゃんの父方の方の犬をたくさん出している犬舎にも聞いてみたけれど、知らないと・・・
殺処分なんて耐えられない!と、電話をしてみました。
「大きいですよ。ヤンチャで暴れん坊で、甘ったれで。散歩も2度は必要ですよ。男性じゃないと飼えないかも」と。
それって、銀ちゃんみたい^^

圏外在住でも引き出せると云うので、どうにかして引き出そうとない知恵を絞って考えていました。
すると、他にも希望者が居ることが判明しました。

なんと、この子を保護して保健所に渡した方だそうで
「どーしても、譲って欲しい」と、おっしゃっているそうです。
だったら、なぜ保護したまま届けをださなかったのか?
そうした制度を知らなかったのか、後から事情が変わって飼えるようになったのか。。。

何だかわからないけど、強い要望だそうで、10日までに飼い主が見つからなくても、兎に角、命は救われたようです。
愛嬌のある子だったのでしょうか。
この子に里親がついたこと。とってもとっても嬉しいです。


栃木の子。

「どこを触っても怒らないし、まだ一度も吠えない。でも、友好的とまでは言えない感じ」と聞きました。

でも、担当の女性職員にスリスリするって。それって、十分、友好的と思いますがーーーー!

確かに福島で保護された子達をみて、甲斐犬が飼い難いと言われるのも仕方ないのかと思う、今日この頃ではありますが。
だからって、譲渡に向く向かないの基準のハードルが高いのに、驚きます。


それとも、辛い思いをして保護されたら、みんな↓こんな風になるのでしょうか。
昨日の「みなしご救援隊」の栃木拠点に居た子。
010_20110508213854.jpg
虎毛の新入りさんです。尻尾プンプン。

013_20110508214013.jpg
こちらも始めて見る顔。プンプン。

017_20110508214115.jpg
こちら、カップル。
左の雄が、雌を守っています。弱いくせに雄が寄ると喧嘩したみたいで、小さな傷だらけ。

放浪犬なので、一緒に飼われていたかどうかわからないけれど、引き離すのは可哀そうと2頭一緒の譲渡だそうです。

001_20110508214533.jpg
猫しゃんも居ます。


006_20110508214624.jpg
子猫だけでも3腹^^


005_20110508214720.jpg
洗い物をしているのは、ボランティアで来ていた高校生1年生。
お姉さんと友達と来たのだけど、そっちは福島にビラ配りに行ってしまったそうで、一人拠点で働いていました。
誰も指示しないのに、次々と自分で仕事を見つけて、テキパキと働いていました。
素晴らしい!の一言です。

004_20110508215037.jpg
フィレットや亀も新入りしていました^^

今は、犬だけで50頭ほどいます。
佐々木センター長が、20キロ圏内の二の舞にはしない!と、張り切っているので、今後もどんどん保護するのでしょう。
今は、計画避難地域で保護活動しているようです。

その地域は、放し飼いなのか、戻ってきて餌やりしているのか、置いてきぼりなのかわからないので、1頭1頭確認しながら保護しているようです。
そして、誰も居なくなった浪江町津島地区では、人の手がないと生きていけない子は確認が取れなくても連れてきているそうです。

病気の子や障害のある子。
031_20110508215806.jpg
交通事故でしょうか。
1本の足が曲がって、そのまま固定してしまっています。
保護する時は逃げていたそうですが、今や、甘ったれ^^

020_20110508220023.jpg
脱腸でしょうか。

昨日、さっそく獣医さんに。


023_20110508220143.jpg
この子は乳癌だそうです。

025_20110508220248.jpg
診察の結果、転移が進んだ末期がんだそうで、残念ながら完治の見込みはないそうです。
痛みがないように対処療法だけだそうです。

フィラリアが陰性なので、フィラリア予防はしていたらしい。
今年に入って癌が大きくなったのじゃないかと…
乳癌は、早期発見なら完治するのに、残念です。

私ね。みなしご救援隊の好きな所の1つは、病気の子でも障害のある子でも保護してくる所。
医療費とか、里親がつかなかったら…とか、目の前のこのままじゃあ助からない犬とを見た時に、そういうことは考えないのでしょうね。
だから、結果として、獣医さんがボランティアで診てくれる人がいたり、病気の子を引き取ってくれっる人が居たりするのでしょうね。
類は友を呼ぶのでしょうか。

最終的にホストが預かれない子は、全部広島に連れて帰るつもりがあるからでしょうが。。。


栃木の愛護センターでも、立ってるだけで足が震えるような老犬を引き取る人が居て、正直、驚きました。

チャンピオン称号の直子に高い値段がつく犬の世界と、隔世の感があります。
ましてや、日常生活にも困るような不自然な犬種を生みだし、何がどう機能的なのかわからない基準で順番を付ける犬種を生みだす世界。
尾や耳を切るのも、当然とする世界。
同じ愛犬家でも、まったく別世界な感じがするのは私だけでしょうか。


016_20110508220710.jpg
この首の曲がった子は、脳に障害があるのでしょうか。
でも、この子は飼い主さんからの依頼です。
避難所に連れて行けないので、預かって欲しいと。


003_20110508222611.jpg
癲癇発作をおこして入院していたアナック。
自分でご飯を食べ、立たせれば歩けるようにまで回復しました。

アナックと名前を付けて呼んでいるのは、中谷さんが、広島に連れて帰るつもりだからでしょう。
孝行息子で、保護に行った時「母親がここに居る」と教えにきた子だそうです。
母親と一緒に、障害の残ったアナックと2頭一緒の里親は難しいでしょうから。

先日紹介したハスキー親子の、息子にも癲癇発作が起きました。
後ろ足に軽い障害です。
癲癇は1%以上の確率で起こるそうです。
今まで400頭くらいの犬を保護しているので、発作がでても不思議はないんですね。


014_20110508223310.jpg
昨日は雨がパラついていたので、大概の子がこうしてバリケンに入っていました。


20キロ圏内の方の一時帰宅で、犬を連れ出すのを認める方針が固まったようですが、生きているのは放してある犬でしょうから、どうするんでしょうね。
2時間の帰宅時間に、どれだけ犬のために時間が割けるんでしょうか。。。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(25) | ▲ top
千葉の保護犬
- 2011/05/06(Fri) -
交通事故にあって、野田の保健所に連れ込まれた子です。仮称・若葉ちゃんです。

2日に、ちばわんさん、ジロ母さん、久慈姫さん、すずりんさんのご協力のおかげで、無事出所。

その後、病院の診察で、骨盤の複雑骨折と判明。
体力をつけて9日に手術予定です。
現在は、ジロ母さんのお家で預かって頂いています。
とっても大人しく人懐こい子だそうです。
詳しくは、ジロ―通信をご覧ください。


飼い主さん、気づいてくださーい。

保健所の写真とは全然違うって聞いていましたが、違いますねー。
ジロ母さんの所から、頂いてきました。

なんか、、、、摩利に似てる。。。。

11-0502wakaba3.jpg
11-0502wakaba4.jpg
20110503wakaba2.jpg
2011-0505wakaba1.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(10) | ▲ top
芽衣ちゃんと遊びました
- 2011/05/04(Wed) -
2日の朝、さくらママから電話があって「今、時間ある~?」

なんと、我が家の空き地ランに居るそう^^

前日1日に富山で開かれた、日本犬保存会の北陸連合展に行ってたんじゃないの???

何と、その帰りに、はまちゃん&さくらママが、4頭連れて遊びに来てくれました。

その帰りに???
ちょっと、寄ってみたって距離ではないと思うのですが(爆


011_20110504080324.jpg

大きな体を小さくして、お母さんのりくにチェックされる芽衣ちゃん。
顔の大きさというか、長さというか、随分違いますw

002_20110504081154.jpg
はまちゃんに「撫でろ撫でろ」と、りく。

015_20110504081316.jpg
はまちゃんに「オヤツ頂戴!」と立ち上がっているのは、おりゅう&芽衣ちゃん。
食いしん坊コンビw

014_20110504081638.jpg
これは、おりゅうと&摩利

藍虎以外は、だいすけくん(左手前)も含めて、多少の違いはあっても似たような虎毛^^

013_20110504082021.jpg
オヤツも順番にもらいました。

007_20110504082116.jpg
だいすけくん、ハーレム状態ですが、お気に入りは藍虎。
なぜか、藍虎って雄にモテるんですよね。
というより、他がモテない(爆

009_20110504082238.jpg
005_20110504082252.jpg
010_20110504082335.jpg
しばし、みんなで遊びました。

愛知から富山で展覧会をこなし、夜、長野のハルルンの所で飲んで、朝、栃木入りした一家。
パワフルですね~。
3日は、息子さんの引っ越しなのでと帰って行かれました。

妹が、「みなしごさんと云い、犬飼ってる人って、みんなスゴイね」って驚いてました。
が、、、みんなじゃないと思うぞw



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 甲斐犬仲間 | CM(14) | ▲ top
原発20キロ圏内は今
- 2011/05/04(Wed) -
みなしご救援隊の原発被災犬の救済活動ブログが↓

東北地方太平洋沖地震犬猫救援活動
(やっと、リンクの貼り方わかりました^^)

ブログによると、みなしご救援隊が置いてきたフードは、撤去されてしまったようです。
そんなことをする理由って何なんでしょう。
衛生上の問題とか、匂いが出るからとか、理不尽な理由を並べているようです。

でも、そんな行政がやることに反して、個人として協力してくれる方も居るようです。
個人の力はささやかですが、それでもやっぱり、頼る所はそれか!って思います。
真っ直ぐな情熱と、最前線で汗をかく行動は、人の心を動かすものだとあらためて思いました。

25日間、毎日20キロ圏内に通い続けて、朝から晩まで、お風呂に入る間も惜しんでw←マジらしい
そうやって知り合いになったのは、犬だけじゃなかった。
見ていたのは、猫だけじゃなかった。
って、ことなのでしょうね。

2日のブログには、今の20キロ圏内の写真も載っているので、見てみてください。



3日のブログより


今日も
今日とて

張り切って
保護に行って来ました。

今日は

通常の
保護活動に加え

以前

20km圏内で
活動中していた頃に

知り合った
東電関係者から

頼まれ

楢葉町の
Jヴィレッジに

犬を

引き取りに
行きました。

昨日の写真も

当時
知り合った

東電関係者からの
プレゼントですし

どこの世界にも

必ず
‘善人’はおり

‘人の心’というものは

法や規制では
固められんものなのです。

―――引用終わり―――



さて、私は、昨日久しぶりに栃木の拠点に行ってきました。
すっかり、保護犬の顔ぶれが変わっていました。
まず目に着いたのは

018_20110504072526.jpg
やっぱり、虎毛の子。
この子は男の子です。

甲斐と柴のMIXみたいな子。

029_20110504072722.jpg
こちらは、女の子。

なんとなく、妊娠しているような気もしないでもない^^

足が短いだけなのかなぁ・・・

030_20110504072941.jpg
この子と一緒に居た所を保護されたそう。
もし、妊娠していたら、お父さんはこの子?w

生後2週間くらいで、まだ目が開かない子達がいました。
024_20110504073205.jpg

当然、震災後に生まれた子です。

022_20110504073241.jpg
お母さんのミキちゃん。
飼い主さんからの保護依頼で預かったそうです。

気持ちよく子供を見せてくれました。

021_20110504073450.jpg
コロンコロンで可愛い。
お母さんは、ガリガリです。よく頑張ったね~。


042_20110504073630.jpg
この子も始めて見る子。

他にもたくさん居たのですが、行った時間が遅く、みんな夕方の食事・散歩が終わって、クレートに入っちゃってました。


026_20110504073921.jpg
こんなとこでも、撫でてーって腹出ししてる子も^^


面白いお母さん犬を発見。

034_20110504074210.jpg
036_20110504074303.jpg
035_20110504074321.jpg
032_20110504074341.jpg
037_20110504074402.jpg
このお母さん、ずっと、この顔で「撫でてー!」をアピール。

038_20110504074552.jpg
隣でも同じことしてる犬が。。。

息子だそうです。

この息子、お母さんと一緒じゃないと散歩も行かないそう。

039_20110504074751.jpg
2頭一緒に預かってもらえるホストファミリー募集だそうです^^

結構、大きめです。でも、ものすごい甘ったれで可愛いです(爆


これからの季節、子犬の出産もありそうですね。
震災後の新しい命。母は強し・・・。


↓こちらは家のオッカサン。
017_20110504075208.jpg
掃除の邪魔だったので、ベットをひっくり返したら、そのまま上に乗って寝続けました^^

幸いにも、我が家は今日も平和です。


ポチお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | 未分類 | CM(16) | ▲ top
保護犬のチラシ&救援物資のお願いです 拡散お願いします
- 2011/05/01(Sun) -
「みなしご救援隊」のHPより



New-被災者の方へ http://www.minashigo.jp/tmp/dis0rev1.pdf

4/26更新1    http://www.minashigo.jp/tmp/dis1_0426

4/26更新2    http://www.minashigo.jp/tmp/dis2_0426.pdf

4/26更新34   (開けないので問い合わせしてみます)

4/26更新5    http://www.minashigo.jp/tmp/dis5_0426.pdf

4/26更新6    http://www.minashigo.jp/tmp/dis6_0426.pdf

4/26更新7    http://www.minashigo.jp/tmp/dis7_0426.pdf


西村りえさんのご協力により、 旅行誌『じゃらん』のアート
ディレクター・黒木さん作成の、
みなしごたちのポスター完成。

双葉郡で保護された犬達(双葉町だけではないです)
http://www.minashigo.jp/tmp/jaran1.pdf

大熊町
http://www.minashigo.jp/tmp/jaran2.pdf

南相馬
http://www.minashigo.jp/tmp/jaran3.pdf

浪江町
http://www.minashigo.jp/tmp/jaran4.pdf


以下はブログより
(書き込んだ時間を見ると、広島に車で戻って直後ですね^^ 昨日はもう栃木に居ます。ビックリ!って方、療方食送ってやってください。今度は近いので、家に送って貰っても持っては行けます。 )


2011年04月29日01:25

カテゴリ

東日本大震災 in福島


20キロ 圏内が、警戒区域に指定され立ち入りが出来なくなり1週間が経過します。

時間ギリギリまで、フードをばらまいて来ましたが、残されたペット達が心配です。

本日、福島県が獣医と一緒に警戒区域に入り数頭の放置犬などを保護し現状を確認

調査に入りました。

趣旨はどうであれ、何回強い要請をしても絶対に、この区域のペット達に関して行動を起こさなかった

行政が、今回初めてこの区域に実際に入り数頭でも保護してきた事は、何らかの突破口に

なるような気がします。

事実、数頭でも命は救われた訳ですから・・・・・・。

環境省の役人も現地入りしたと聞いています。

本当の真意は判りませんが、国も動きはじめた事は事実です。

我々、一人、一人の小さな声が大きな声になった事は事実です。

警戒区域になった以上、民間人である我々ではどうする事もできません。

こうしている間も、失われていく命があります。

一刻も早く、国・行政には適切かつ迅速な対応をとっていただく様、引き続き強い要請を

していくとともに関係各所と連携してこの問題に取り組んでまいります。 

と同時に、現在みなしご救援隊では、警戒区域以外のペットたちを救うべく、毎日数頭の

犬・猫を保護し続けています。

現在、避難所でペットと一緒に生活されている方はたくさんいらっしゃいます。

ただ、避難所生活も1ヶ月をゆうに超え、精神的にも限界がきています。

仮設住宅や各県が用意した公共住宅等々も、何かとペットに制約がありスムーズに移住出来ない

のも現実です。

そういった方々のペットを保護しホストファミリーさんに預かってもらっています。

また、近々避難指示区域になる飯館村や川内村の住民の方々の、ペットと一緒に避難できない

状況にある犬・猫たちも積極的に保護しています。

20キロ圏内のペットたちの事ももちろん気になりますが、国・県などの行政絡みの問題があるので

直ぐに解決しません。

今、何ができるのか。

1頭でも多くのペットたちを救いたい。

との考えから、今現在そういったペットたちの保護に全力で取り組んでおります。

引き続き、皆様の ご協力・ご支援よろしくお願いいたします。

皆様のご協力・ご支援あっての、この活動です。ホント感謝しております。

一緒に、1頭でも多くのペット達を救いましょう!!!!!

(みなしご救援隊からのお願い)

保護した犬・猫は、お腹の調子の悪い子達が大半です。

療法食ドライフード、缶詰(ヒルズid、ロイカナ消化器サポート等など)が不足してきました。

ご支援いただけると幸いです。

いつもお願いばかりして申し訳ございません。

送り先 : お問い合わせ下さい。
       080-3055-6535  佐々木 (大変電話がつながりにくく、ご迷惑をおかけしております。)

                           
一頭でも多くの犬猫達の命を救うため、皆様の力をどうぞお貸し下さい!!

《ボランティア募集》

・栃木県臨時拠点での犬猫の世話が出来る方大募集(現地まで直接来れる方)

・ホストファミリー(一時預かり出来る方)ただし栃木県内の臨時拠点に迎えに来れる方。

・保護している動物たちを診てくださる獣医の方

・保護している動物たちのケアをしてくださるトリマーの方



《支援物資》

・療法食ドライフード・缶詰

支援物資送り先は、その都度変更がありますのでお問い合わせ下さい。

080-3055-6535  佐々木

[支援金のお願い]
■ 広島銀行 安支店 3102619
NPO法人 犬猫みなしご救援隊
■ ジャパンネット銀行  本店営業部(001)
普通預金 3989953
特定非営利活動法人  犬猫みなしご救援隊

<郵便振替口座へのお振込みをご希望の方>
■ 口座番号: 01320-2-47269
■ 口座名義: 特定非営利活動法人 犬猫みなしご救援隊



ボランティア希望の方、ホストファミリー希望の方、その他のお問い合わせは佐々木まで直接ご連絡下さい。 TEL→ 080-3055-6535

この携帯電話1本で受け付けておりますので、大変つながりにくくなっていますが、何回かかけていただくと必ずつながりますので、ご迷惑をおかけ致しますか、何卒よろしくお願い致します。






この記事のURL | 未分類 | CM(12) | ▲ top
保健所収容犬も助けて欲しい
- 2011/05/01(Sun) -
「甲斐の保健所収容犬も助けて欲しい」みなしご救援隊に頼みました。「もちろん、ええよ。ええよ。広島じゃあ、みんな出してるけんね」

近場の栃木はお願いしようと思っています。
千葉の子は、怪我をしているので、治療が先ですが。
栃木は、全頭お願いしたいのですが、ただ、各県譲渡には規定があるので、実際はどうなるかわかりません。


でも、その前に、飼い主さんが助けて欲しい!


以下、熊兄さんが探してくれている甲斐犬系の収容犬情報です。

千葉収容犬
6235.jpg

4月21日に 野田市大殿井 にて保護された メス が 甲斐系雑種 として 千葉県動物愛護センター東葛飾支所 に収容されています。

 毛色   【   黒茶   】

 首輪   【   茶色・革   】

 備考   【   負傷   】 交通事故で怪我をしているそうです

収容期限は 5月2日 です。

心当たりのある方は至急連絡願います。
 東葛飾支所 電話: 04-7191-0050

詳しくは
http://www.pref.chiba.lg.jp/aigo/pet/inu-neko/shuuyou/shuu-inu-tou.html



群馬収容犬
6236_2.jpg
月22日に 藤岡市下日野 にて保護された オス が 雑種扱いで 藤岡保健所 に収容されています。

 毛色   【   黒   】

 首輪   【   白   】

 年齢   【  5才位  】

収容期限は 5月9日 です。

心当たりのある方は至急連絡願います。
 藤岡保健所 電話: 0274-22-1420

詳しくは
http://www.pref.gunma.jp/cate_list/ct00003833.html


栃木収容犬
32027534_1101900669_218large.jpg
4月28日に 真岡市熊倉 にて保護された オス が 甲斐犬 として 栃木県動物愛護指導センター に収容されています。

 毛色   【   黒茶   】

 首輪   【   不明   】

収容期限は 5月9日 です。

心当たりのある方は至急連絡願います。
 栃木県動物愛護指導センター  電話:028-684-5458

詳しくは
http://www.tochigi-douai.net/syuuyou.html




私が気になっているのは、この子。岐阜収容犬
銀ちゃんに似て見えます。日保系の血筋かもしれません。
心当たりのある方、どうぞ調べてください。
32027534_1101899878_219large.jpg
32027534_1101899881_195large.jpg
4月28日に 多治見市三之倉 にて保護された オス が 雑種扱いで 東濃保健所 に収容されています。

 毛色   【   茶   】

 首輪   【   茶   】

 年齢   【  3~5才位  】

収容期限は 5月10日 です。

心当たりのある方は至急連絡願います。
 東濃保健所  電話: 0572-23-1111 (内線359)

詳しくは
http://www.pref.gifu.lg.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kenkikan-kenko-iryo/tono-hokenjo/index/tono-hokenjo-dobutsu-joho.html




その他にも
長崎収容犬
32027534_1101899262_50large.jpg
32027534_1101899257_52large.jpg
32027534_1101899257_52large_20110501085135.jpg
4月25日に 大手町西浦上小学校付近 にて保護された オス が 雑種 として 長崎市動物管理センター に収容されています。

 毛色   【   黒   】

 首輪   【  青の合成皮革  】

 年齢   【  2~4才位  】

心当たりのある方は至急連絡願います。
 長崎市動物管理センター  電話:095-844-2961

詳しくは
http://www.city.nagasaki.nagasaki.jp/douai/4100.html


静岡収容犬
IMG_1896_4.jpg
4月2日に 袋井市川井コメダコーヒー前及び袋井市小山 にて保護された メス が 甲斐 として収容されています。

 毛色   【   黒・茶   】

 首輪   【   革   】

心当たりのある方は至急連絡願います。
 袋井市役所 環境政策課環境衛生係  電話:0538-44-3115

詳しくは
http://www.city.fukuroi.shizuoka.jp/ctg/15200310/15200310.html

ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(25) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。