スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
シーズン終了
- 2011/08/16(Tue) -
「チーム甲斐犬」に集まった募金のおかげで林の整備ができました。

005_20110816121103.jpg
ボラさんの人数が少ない日は、朝の散歩が昼すぎまでかかるそうですが、林の中は涼しく、ワンも人も快適です。


002_20110816121346.jpg
犬舎前に作ったミニドックランも完成間近です。
こちらは、チーム甲斐犬の寄付だけでは足りないのですが、両サイドの犬舎にある片側、写真の分くらいはチーム甲斐犬で寄贈できました^^
雨の日や、ボラさんが殆ど居ないような日でも、今までよりも楽にトイレの世話ができると思います。


福島の原発被災犬が居なくなっても、この施設は飼い主が居ない「みなしご」達のために役立つと思います。
可愛がられている愛犬たちの幸せを、みなしご達に分けてくれて、ありがとうございました。


さて、我が家は、、、と言うと。
りくと摩利のヒートが終わりました。


銀ちゃんが家に戻ることになって、一番心配だったのがヒート時期。
一緒に住んでない時でも、ストレスで大変だったので、とても心配していました。
そのために、もう出産予定のない藍虎は避妊したのです。

りくにもすぐに予定があるわけじゃないのですが。
でも、やはり銀ちゃん&りくの反応は予想通り^^

父と娘は親子がけで交配しても、普通、母親は息子を受け入れません。
りくにとって3兄弟は息子同然。

P1080541 (2)
銀ちゃ達3兄弟が20日くらいの時。
母親のおりゅうがフラフラと遊んでいても、当時、出産経験もないりくが、お乳を吸わせていました(爆


そんなわけで、交配適齢時期になっても↓こんな感じ^^



近づいただけで怒られるw
でも、銀ちゃんもりくに対しては、摩利程の興味はないようでした。


で、前回までは藍虎に「乗れ乗れ」だったのが、今回は摩利。
藍虎が避妊してしまって臭いが変ったからなのか、いつも一緒のヒートの藍虎だったのが、今回は、摩利が一緒だからなのか、それとも序列の関係で最下位の摩利の役目なのか・・・



理由は定かじゃありませんが、とにかく、摩利が良いようです。


で、摩利と銀ちゃんはというと・・・・
017_20110816143042.jpg
摩利、ヒートから10日目。

銀ちゃんが臭いをかぐと、お腹を出してました。


翌日、摩利11日目・・・そろそろ、良い時期です。
りくが13日目で「乗れ乗れ攻撃」もますます盛んになります。

そして、銀ちゃんも脳内ピンク一色に!

が、、、、その時悲劇が起こりました。
悲劇過ぎて、写真がありません。
撮る余裕なしw

摩利、臭いを鍵に来た銀ちゃんをいきなり攻撃。
ガウガウガウガウ・・・・
いつもクールな摩利が、見たことないくらい本気^^

まだ早いのかなぁー。

12日目は日曜で摩利は休み。月曜でも良いだろうと1日開けましたが。
13日目の月曜。摩利の銀ちゃんへの攻撃は、さらに激しくなっていました。
顔や首を噛まれて、キャーキャー云っているのは、銀ちゃん。
なんだか、陰部が小さくなったような…

そうだ、排卵を検査するキッドがあったんだ!

試してみましたが、卵子は子宮内に留まっていないようです。
今回は、無排卵だったのか…藍虎のように、早い時期に排卵していたのか。

藍虎も陰部を触っても尾を切らずにお腹を出すので、とっても分かりにくかったのですが、摩利もかも。
そのために排卵を検査するキットを買ったのを、忘れてましたw

どちらにしても、今回、銀ちゃんは摩利と交配どころか背中に触ることもできずに、シーズンを終了してしまいました。
りくもピークを過ぎると、嫌がり方が半端じゃなく、銀ちゃんを見ただけでエイリアンのようでした。
銀ちゃんが可愛そうなので、別部屋にわけていました。

それにしても、盛り下がるりく&摩利に対して、盛りあがっていく銀ちゃん。
例によって、今回もスロースタートで、交配可能時期が終わってから1週間以上後まで別離生活でした。

077_20110816144836.jpg
ストレスで不機嫌になるかと心配しましたが、そうでもなく…笑顔^^
いつにも増してベタベタ、ゴロニャンと私にくっついてきます。

銀ちゃんは「撫でろ撫でろ」攻撃^^
夜中に遠吠えすることなど一度もなかったけど、、眠れないらしく、顔を舐めに来て「撫でろ撫でろ」は数日続けてありましたw

銀ちゃんは、山徒が遊びに来た時も私の部屋に隔離されていますが、私の部屋に一緒に居ることは好きらしく、ご機嫌しゃんです^^
今までは、3レディースのヒートが始まると、この家に来られず、いつもより短い時間しか一緒に居られなかった。ヒートの臭いそのものよりも、それがストレスの原因だったのでしょうか。
本当のことは謎ですが、このままなら何とか無事に終わりそうです。

利家さんが夏休みにみなしご救援隊の応援に来た時に、銀ちゃんを始めて見て、実物の方が「キレイ」って云ってくれました。
なので、久々にデジイチで撮ってみました↑が、銀ちゃん、意外に可愛い顔だし綺麗な虎毛のオトコです。
こんなに可愛いのに、なんでモテないのか。←親馬鹿w


でもね、でもね、居るんですよ。
飼い主共々、銀ちゃんんが好きな女子が!

034_20110816145928.jpg
050_20110816145944.jpg
058_20110816145959.jpg
摩利に似ていますが、違います。

033_20110816151200.jpg
私が、「山子」と呼んでいた、摩利の姉妹の「柚姫」です。

13,14日と息子さん達の部活の合宿のため、我が家で預かりました。
近くにいるのですが、半年振りに会いました。
そして、初めての里帰りなんです。
元気に「ただいまー!」と帰ってきて、玄関外で私を見てウレションでした。

ずっと帰ってなくても、山子が里を忘れるわけないって思ってました^^

032_20110816151443.jpg
040_20110816151459.jpg
赤ちゃんの時と変わらず、クルクルと動く目で、表情豊かに訴えてきます。
まったく変わらず、明るく伸び伸びした様子に、嬉しくなりました。
最後の最後まで、どんなにりくに叱られても、ちゃっかりとお乳を飲み続けた明るい性格の「山子」。
何度も来たお里のように、これまたちゃっかりと誰かのベットで昼寝です。

この子は1頭飼いで正解でした。
りくでも諦めるくらいなので、先住犬が居ても、諦めてもらえたかもしれませんが(爆

そうそう、りくは自分の子が里帰りした時は、ほとんど威嚇しません。藍虎の子にはしますが。
藍虎は、りくの子にはしませんが、自分の子が帰ってくると、マズルを噛んでンガ~っとやります。
だから、藍虎の子達は、りくに威嚇され、藍虎にンガ~され、大変なんです。
でも、みんな腹出し芸が得意なので、大丈夫です^^

藍虎は柚ちゃんにもンガ~してました。
でも、りくは、柚ちゃんに対しては自分の子のように接していました。
やっぱり、許していたのでしょうか^^


柚ちゃんの飼い主さんに、今回の摩利との交配失敗の話をすると「柚ちゃんのダーリンも銀ちゃんが良い!」と。
良かったねぇー。銀ちゃん。
柚ちゃんなら陽気で明るいから銀ちゃんだって平気だし。子供はきっとテディベアーみたいな可愛い子ができるかもよwww


柚ちゃんのお里での様子は、また改めて。



ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | うちの子物語 | CM(24) | ▲ top
この頃のこと
- 2011/08/04(Thu) -
この頃と言っても、もう2週間も前のことですが(汗

藍虎を避妊して、藍虎のトイレの奇行で、またまた藍虎を見直しましたw
48時間チッコを我慢した揚句に、河原を200メートルダッシュしてチッコして、200メートルダッシュして車に戻り、椅子にしがみついて「もうどこにも行かない!」って言ってました。
変な子です^^

004_20110804105637.jpg
ヒートぎりぎりで避妊したので、ちょっと匂うのか、ずっと側に付き添っていた銀ちゃん。


で、藍虎の抜糸は、私がしてやりました。
009_20110804105840.jpg
お腹を出してじっとしているので、楽チン。
病院でもこうなら良いのですが、もはや獣医さんの駐車場で、車を降りずに車内を飛び回って逃げます。
野良猫状態w

もちろん、抜糸をしてカラーを外したら、「私、元に戻った!」と大はしゃぎで元気でした。

この日は、愛知からりくの娘の芽衣ちゃんが遊びに来ました。
芽衣ちゃんの家には雄が2頭いるので、銀ちゃんは遊べません。
そこで、銀ちゃんの子守りに、藍虎の娘の中でも一番体力のある華ちゃんを呼びました。012_20110804110440.jpg
しかも、1年中いつでも、ヒートも関係なく、銀ちゃんは華ちゃんには乗ろうとします。
延々と追いかけまわし、華ちゃんの背中は銀ちゃんのヨダレでドロドロw
良い運動です。


昼前にさくらママ一家が到着。
016_20110804110720.jpg
はまちゃんにベロベロのおりゅう。
真中がりくで左が芽衣ちゃんです。
写真だと似たような毛色ですね。

023_20110804110903.jpg
芽衣ちゃん大きくなりました。
細く見えますが、18キロ近いそうです。
一時よりも、随分と脚がしっかりしてきました。

025_20110804111018.jpg
左が摩利で、右が芽衣ちゃん。

甲斐の背の高い子は、どうしても身幅が狭くなりがちです。
摩利は、身幅があるうえに、ややメタボ気味www


020_20110804111458.jpg
さくらママのところのだいちゃんと、藍虎。
藍虎は他所のオスには、うちで一番もてるんです。
っていうか、おりゅうとりくはモテなすぎ!w


024_20110804111633.jpg
摩利も、モテないDNAの方を受け継いじゃったのか、、、w
だいちゃんにオラオラ~の摩利。


027_20110804111751.jpg
自宅に戻ったら、最初芽衣ちゃんがみんなの側に来なくて、入口付近で遠慮がちに寝ていました。
デッキを作ったからか?と思いまいしたが、藍虎、摩利、華ちゃんがいたので、小さな時を思い出したのでしょうか。
10日遅く生まれた芽衣ちゃん達は、小さい時には遠慮がちで大人しかったです。
藍虎の子達が、ピラニアだったのでw

芽衣ちゃんは、持って生まれた性格はともかく、育った環境によって、遠慮がちに賢く生きることを覚えたようです。
今も先住犬のさくらちゃんに気を使い、摩擦がないように暮らしているようです。

華ちゃんが帰って藍虎も昼寝したら、芽衣ちゃんは、みんなの側にやってきました。


016_20110804112456.jpg
時々、山にも行っています。土日は、蛍光ベストを着せています。
左から、りく、摩利、藍虎です。

014_20110804112657.jpg
里山が重なるようにある我が家地方では、山の沢部分は線量が低いですね。
ここはもともと低い地域なのですが、沢に近い所だと、今話題の雑木林の腐葉土でも、0・1~0.15マイクロシーベルト。
私としては、問題なしです。

021_20110804113032.jpg
山で見ると、真っ黒の藍虎よりも、りくが保護色になってしまいます。



先週末は、山徒が遊びに来ました。
3レディース&摩利は大喜びです。
毎度思うのですが、銀ちゃんと何が違うって言うのか、、、、おりゅう以外の態度が違いすぎです。
006_20110804113856.jpg
何が違うのかって、、、、、何もかもwww
銀ちゃんと遊んでいて、歯が当たったのか、摩利に禿ができました。
噛んだとかじゃなく、ンガ~っと遊んでいてぶつかったのです。
銀ちゃんが大好きなSトレーナーさん(人間の)は、自分と銀ちゃんがソックリなのだそうです(爆

009_20110804113217.jpg
右が山徒で左が摩利。


019_20110804113325.jpg
左が山徒で、右が摩利。

摩利が一番父親似です。

014_20110804113725.jpg
左が摩利で、右が山徒。

山徒の方がカワイコちゃんな顔かもw
しかも美脚だし。

028_20110804114448.jpg
いやいや摩利は、ピーピーワンワンしないし、神経質じゃないし、ビビりじゃないし、さっぱりしてるし、賢いし。
舌班はないし、歯がデカイしw

とても良い子ですよ^^

水と見ればどこでも飛び込みますがw

現在、りくがヒート12日目なのですが、、、、
022_20110804115111.jpg
銀ちゃんは、まったくってくらい興味なし。。。
りくだからなのか、、、謎。

でも、いつも、終わったころに猛烈に反応するんですよねぇ。
1テンポ、ズレてたりする。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村






この記事のURL | うちの子物語 | CM(20) | ▲ top
ありがとうございます
- 2011/08/03(Wed) -
いつも応援してくれるみんなのお陰で、拠点に行っても何もしない私が、大きな顔をしていられます^^
中谷さんにも、「口は出しても手は出さないよ。何もしないよ」と宣言していますが、それで通せるのもバックアップしてくれるみんなのお陰です。
実際は甲斐犬だけじゃなくて、四国犬飼いだったりするわけですが、中谷さんも今回ばかりは中型日本犬飼いの結束力に驚いたようです。

私も、みなしご救援隊と接して、色々と勉強になりました。
一番学んだことは、「誰にでも飼えない犬を、それを知っていて飼う人は、とても大切にする」ってことですね。

疥癬でフェラリアで、腫瘍もある。。。こんな3重苦の子を誰が預かるのだろう、、、。
腎臓が悪くて、食事も大変な高齢犬。。。この子は広島なのかな。
いやいや、、。
そういう子は預かりさんが現れるのですよ。
「元気で可愛い子は引き取り手が居るだろうから。。。面度を見るのが大変な子を連れていきます」そう云う人って少なからず居るのですね。
そして、そういう子を連れて行く人は、とても大切に、治療費もかかるのも苦にせず最後まで面倒を見てくれるって思います。

MIXはある意味、純化されています。
飼い難い性格の犬は、簡単に捨てられてしまうので、誰もが飼い易い性格の子が残っていくのでしょうかね。
そんな中でも、大きくって元気いっぱいの中型サイズのオスも居たりします。
そんな子達は、見事に拠点にずっと残っています(爆
てつのサイズでさえ残っているわけですから、20キロクラスは余程大人しく長毛の洋犬顔出ない限り、立ち耳は全頭残っているのじゃないかと思うくらい。
そんな子でさえ、未去勢中型日本犬オスに比べたら、、、。、普通に触れる子ばかりです。
甲斐犬が飼い主に置いていかれ、不信と不安な日々を過ごし、少しの食べ物を争うような環境を長く過ごした後で犬だらけの場所に保護されたら、そう簡単に不特定多数のボラさんに触らせるでしょうか…


中型日本犬は、誰にでも飼える犬じゃないんだって、初めて身に染みてわかっちゃいました。
家の3レディース&摩利は、甲斐犬としてはかなりフレンドリーだし、どんな場所でも平気で神経質さもないです。
それでもやっぱり、あんな気の強いMIXメスはお見かけしませんでした^^

遊びながらガウガウ云う子犬なんて、居ないんですよ!ビックリw

私の結論は、「中型日本犬は、甲斐犬にしろ四国犬にしろ、紀州犬にしろ、その犬種が好きな人が飼って守っていかなければいけない」ってことです。
ええ、、、前からわかってましたが、世間一般の実情を目の当たりにし、改めてそう思いました。
甲斐犬が好きな人は、甲斐犬を増やすべく努力すべきって思いました。
犬全体から見たら、かなりマニアックでした。甲斐犬しか飼ったことがないので知らなかったw

誰にでも飼えない中型日本犬好きだから、だからみんな親馬鹿で我が子を大切にするんだって、思いました。

で、余談ですが、今、りくと摩利がヒート中です。
銀ちゃんと摩利が交配可能ならさせてみようと思います。
体高差が10センチ以上あるし、銀ちゃんはピーク過ぎてから反応するので、成功するかどうかわかりませんが、銀ちゃん次第で自然交配にします。
銀ちゃんにソックリな雄が欲しいとトレーナーさんが言ってくれているので、1頭だけなら安心です。
5頭、銀ちゃんのコピーだったら、、、大汗ですがw


新拠点ですが
029_20110803203502.jpg
チームりゅう婆ちゃんが、1日に下刈しました。
73とは思えない後姿w


037_20110803203700.jpg
随分奇麗になりました。
漆の木が多かったのですが、切ったので、これで歩けます。
ハチの巣も2個撤去しました。

あとは5日に切った木を奇麗に片付けると、かなりスッキリすると思います。

031_20110803203945.jpg
犬舎も随分できてきました。

032_20110803204025.jpg
まだ扉ができていないところもあります。


033_20110803204114.jpg
でもまだこんなに・・・

幸い31日に越してきてから、ずっと曇りで涼しいです。
大雨だったり、晴天で高温だと、この状態では辛いです。
犬舎を最優先で作っています。

034_20110803204300.jpg
荷物も山ほど。

この他にパレットに積んでビニールシートがかかっている荷物が山ほど。
整備するまでに時間がかかると思いますが、出来上がれば快適な拠点になると思います。

犬舎が出来次第、ランを作るので、まだ報告しますね。





この記事のURL | 未分類 | CM(5) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。