日本犬保存会 ・全国展(兵庫) その2
- 2011/11/24(Thu) -
今年の展覧会が兵庫と決まった時から、楽しみにしていたことが。

藍虎の兄弟の小鉄くんに会うことです。
飼い主のchichさんとは、マイミクで、小鉄の写真は見てたし、様子も聞いていました。

藍虎兄弟は、近所で生まれたのですが、7頭兄弟で1頭が死産。
6頭のうち、牡は1頭、牝5頭でした。
両親共に中型サイズなので、藍虎もおりゅうか、それ以上になると思われましたが、血が濃いからか縮みましたw
里に居る時には、毎日のように行っていたので、小さな時は甘えん坊の小鉄に会いたかったです。

で、小鉄くんは、立派に大きくなりましたね~。
体高52~53.体重22~23.
021_20111124122015.jpg
藍虎にニオイを嗅がれ、逃げるw

031_20111124122535.jpg
本当は巻尾なのに、尾が下がっちゃうとこなんかも、藍虎の兄弟っぽい^^

小柄なchichさんが、この小鉄を連れて20キロとか散歩しちゃうのって、スゴイ!って思いました。

どこから見ても、中型犬。立派立派!
本当は、藍虎もこうなるはずだったのに(爆

035_20111124123001.jpg
誰かに似てませんか?

そう。しいちゃんです。
しいちゃんの、桁外れにしっかりしてたあの骨格は、藍虎が持っている遺伝子なんですね。

でも、小鉄くんと遊んでいたら、銀ちゃんが大騒ぎしてました。
私のストーカーですからね。車に仕舞っておけば良かった。


240.jpg
遊びに来てくれた愛護会関西支部のリキくんです。
とってもハンサムでした。

良い写真がなくて、ごめんなさい。
牝の臭いで泡泡になっちゃいました。

銀ちゃんも落ちつかなく臭い取りをしていました。
雄がまったく目に入らない感じなので、臭っているのだと思います。

全国展なので、多分、ヒート中の牝も結構いるのじゃないかと思います。
会場が芝なので、こういう時は大変なのですよ。

189.jpg
リキパパのお友達のOさんのご愛犬。
2頭とも雄なのに、一緒につないで歩けるんですね。素晴らしい。

胸に☆のある子の前胸が素晴らしく、日頃の運動とか、もっとお話ししたかったです。

214_20111124125504.jpg
4か月の子。子犬なのに落ち着いていて貫禄がありました^^
成長が楽しみですね。


318-1.jpg
犬ではないのですが、今回、とってもお世話になった利家さん。
おりゅうの審査中に、銀ちゃんを持っているために、北陸から5時間かけて来てくれました。
銀ちゃんは、初めての事に対しては警戒心が強い一方、学習能力が高いのも特徴なので、引いても無駄と思えば引かないようです。
利家さんくらいの力のある男性が飼い主なら、銀ちゃんは引かずに歩くのでしょうねぇ。


和歌山の友人夫婦には、当分足を向けて寝られないくらい世話になりました。
いろんなものを忘れて、持ってきてもらったり。
帰りの高速では、私の車が西宮あたりの渋滞で、エンジントラブルで大騒ぎ^^
イグニッションコイルってのが、1つ壊れたらしいです。

大阪のディーラーに寄って、修理できて良かったです。
レンタカーで帰らなきゃならないかと思った^^

が、疾風の子や孫達を和歌山に見に行くはずだったのを断念。
完全に、私がガス欠でした。


でも、持つべきものは、犬親戚と友人と痛感した展覧会でした。
私一人じゃ行って帰って来れないわ~。


こちら、お気楽組
224_20111124134209.jpg
雅ちゃんと芽衣ちゃん。

041_20111124134341.jpg
お昼の焼き肉がどうしても欲しいおりゅう。

と、おりゅうと繋がっていたせいで、ホイルに磔になってしまった藍虎。

てっくんのかあちゃんが、おりゅうの食欲に驚いていましたが、1年中あんなんですよ。
まったく枯れてないですw

082_20111124134605.jpg
高い所から見張り番をしていた だいちゃん。

071_20111124135354.jpg
藍虎と遊びだすおりゅう。


帰り道の車の故障もあり、とっても疲れた全国展でした。
が、小鉄君にも会えて、みんなで集まれて楽しかったです。
心残りは、てっくんや○田さんのさっちゃんや、ハルルンの応援に行けなかったこと。
あと、いつも応援してくれる紀州犬のIさんも。
さっちゃんもIさんの愛犬も完成犬なので、支部展には出てこないので、是非応援したかったんですが。

来年は、栃木が会場です。
足利らしい。

春の展覧会まではしばらくお休みですが、また犬舎訪問などして勉強します。
そうそう、銀の子ができたら欲しいって声を掛けられました。
柴を飼っている方で、展覧会の成績云々じゃなくて、銀ちゃんタイプの犬が好きなんだそうです。
「展覧会で上位に行かなくても良いんだ」と言われ、嬉しかったですね。
賞歴のある犬の子を欲しがる人はたくさんいますが、ただ犬を見て、「この犬みたいなのが欲しい」と言われるのは、嬉しいことです。

銀に似た子をと言われることは、結構あるのですが、似るかどうか…それもまたわからず。
その前に、嫁を貰えるかどうかw


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
この記事のURL | 展覧会 | CM(26) | ▲ top
日本犬保存会 ・全国展(兵庫) その1
- 2011/11/23(Wed) -
やっとこさっとこ、立ち直りました^^
今回は、私は反省点が多すぎて、凹みまくりでした。

全国展直前になって、りゅう婆ちゃんが「行かない」と言いだし、現地入りするまでの行程を変更しなければなりませんでした。
りゅう婆ちゃんとは、大津で犬も泊れる宿で一泊し、早朝出発で現地入りするつもりでした。
一人で姫路まで3頭連れていくか、運転を誰かに頼むか迷った挙句、京都の時もお願いしたオジサンに頼むことにしました。
オジサンは夜は強いけど朝が弱いので、一気に現地入りして仮眠を希望しました。

と言っても、私の車じゃ、椅子も倒せないでの仮眠。
夜に着くように出かけて、人間はホテルに、犬は車に。。。ってことにしました。
高速から降りてすぐの郊外にある、駐車場の広いホテルを予約しました。

そして、出発の土曜の朝事件が。

おりゅうが、ほとんど手をつけていないマーガリンを1ケース食べた!

朝食をとっていたりゅう婆ちゃん。
そこに近所の人が来たらしい。
席を外したその隙に、テーブルの上から持ち去ったらしいのです。

おりゅうはもう9歳と云う年なので、食事を減らして絞ることはできません。
萎んでタルタルになるだけですから。
無理な運動もしない性格なので、自由運動だけで本人のやる気だけで身体を作っています。
でも、さすがに直前は食事をやや減らしていました。
食欲の鬼のおりゅうさんですから、2日前には鰹節を1本盗み食いし、今度はマーガリン。
食事制限が裏目にでました^^

ったく!、写真撮影があるかもしれないのに。腹出ちゃうじゃん!

一応、下痢止めを持ちましたが、お腹はまったく何ともなし^^

一方、銀ちゃんにも事件がありました。
自転車で散歩中、リードフリーの犬が横からフラフラと行く手に出てきたのです。
中型MIXの雄ですが、飼い主さんはウンチ取りしながら、放していたようです。
どうしよう!と、思う間もなく、銀ちゃんが後頭部あたりを咥えていました。
ワンもキャンも言わず、腰砕けのようになって、そのまま動かなくなってしました。
銀ちゃんが放した後も動かないで、失禁したまま横たわっているので、本当に冷や汗ものでした。
すぐに気がついて、起き上がったので良かったです。
飼い主さんと、良く良く見ましたが、怪我もなかったです。

でも、「駄目!」と叱ると、例によって銀ちゃんはオスワリをしたまま固まってしまいました。
私に嫌われるのが、何よりも堪えるらしいのです。



11時に出発して、姫路に着いたのは夜の11時でした。
やっぱ、遠かった。

車では、おりゅうはベットで寝ていました。
藍虎は私の膝の上。
銀ちゃんはいつものクレートですが、一睡もしない^^
また、どこかにやられてしまうとでも思っているのか、ずっと頭をあげたまま目を開いていました。

ホテルに着くと、駐車場は真っ光で隣のゴルフ練習場もまだ真っ光。
しかも、気温19度と暑い。
高速を降りてすぐってだけあって、車の通りも多い。
なーんか、こんなだったら、会場の方がマシだったかも。。。と、思いつつ、車に布を掛けて暗くして私はホテルに行きました。
が、3時半。煩くて目が覚めました。

ガラガラガラという音と、パーンという空砲。
夜中にゴルフ練習場でボール拾いをしているのです。
後で聞いたら、深夜2時まで営業で朝は5時から。
空砲は、シカ避けなのだそうです。

オイオイ。

寝ていたら、起こすことになるので、お風呂入ったりして5時までは待とうと思いましたが、多分、この状況じゃ銀ちゃんは寝ていないだろうと思いました。
藍虎も空砲を怖がっているかもしれない。

4時半になって車に行ったら、やっぱり銀ちゃんは起きて座ってました。
藍虎も寝ていないようでした。

こうして長い1日が始まりました。


会場に着いて、散歩をしたら落ち着いた銀ちゃん。
なんだ、展覧会か…と安心したのでしょうか。
でも、完全な睡眠不足で、やる気はないのにイラつき気味です。

もう車に入るのは嫌だと言うし、サークルで囲っても寝ないし。
みんなにも気を使わせてしまいました。

2日かけても、私一人で行けば良かった…と、後悔しきり。


111_20111123203403.jpg
午前の銀ちゃんの個体審査で、ちょうどビデオ班が、審査風景の撮影にきました。

ダレダレではありましたが、カメラが居る間は、なんとか立っていました。
さすが、その辺はおりゅうの息子w

272.jpg
でも、待ちの時とか、ふとした拍子に目が半開きになってました。
しかも、白眼が充血w
油断すると、尻尾が半下がりw


午後は結果を聞くだけだったので、酷いものでしたが、優良を頂きました。
それでも、壮犬賞の写真を撮る時は
270_20111123204331.jpg
また、一瞬だけ頑張りましたw


でも一番頑張ったのは…
101_20111123205205.jpg
出陳直前のリンクサイドとは思えない光景w

ヒートが始まりかけの芽衣ちゃんに襲いかかってました。お目目パッチリ!


おりゅうはと云うと、

リンクサイドに行って、次の順番になるとイチイチ中に入るのが嫌だ!と云う。
143_20111123204906.jpg
「出たいって言ったのりゅうちゃんじゃん。」
「じゃあ、ポケットに入ってるの頂戴!」

イチイチ、交渉するな!つーの。

さくらママに貰ったジャーキーを、ポケットに持っているのを知っていたのですよ。

294.jpg
エライ張り切りようのおりゅう。
でも、審査員が見てる時だけw

成犬賞をいただきました。

そして、入賞犬の写真とビデオの撮影。

302.jpg
ビデオクルーが出陳番号と名前を読み上げ確認します。

ハイ!
312.jpg
おりゅう、やっぱり変w
あとでこの写真を見て、笑いましたよ。

でも、頑張ってたのに、やっぱ腹出てるじゃん。
朝からみんなにねだって、いっぱい食ってるからだよー!
どうせなら、そこで腹を引っ込めれば、大したもんなのにw


銀ちゃんは線が細いなぁーと思ったけど、多分、日本犬として普通なのだと思う^^
おりゅうの方が圧倒的少数派だと思う^^

芝の深い所に立たせちゃったので、脚が埋まっちゃってるけど、おりゅうさん、ビデオカメラに向かって渾身の立ち込み&笑顔です(爆
このかあちゃんを銀ちゃんが超えるのは、ある意味大変です。


おりゅうを展覧会に出したのは、5歳過ぎてから。
しかも、最初は幼犬で出るりくのオマケ。
舌班がまだ容認されていなかったのだけど、舌班多めのおりゅうに優良をくれる先生がポツポツ。
調子に乗って東京で開かれた全国展にまで出ちゃいました。
これが最初で最後って。

あと20日で9歳になるおりゅう。
まさか今まで出陳するとは思っていませんでした。

出たがりのおりゅうに、使われているワタシ。
でも、こうなったら、おりゅうが自主トレする限りは出してやろうと思います^^

展覧会がおりゅうの励みになり、元気の元なら、結果はどうあれ出してやろうと思います。


156.jpg
リンクサイドで順番待ちの芽衣ちゃん&おりゅう。

芽衣ちゃんにとっては婆ちゃんですが、懐いてくれています。
でも、不思議なのは、芽衣ちゃん達と遊んでやったのは銀ちゃんで、おりゅうは人が来た時だけ「あたし面倒見てるの」と「面倒見てる振り」してただけなのですよ。
それでも、みんなおりゅうを覚えていて、好きらしいのです。
一家の長だったからでしょうか。
子犬に優しく、遊ぶ時はゴロゴロしてやるからでしょうか。

139_20111123211624.jpg
芽衣ちゃんもピタっと綺麗に立ちました。
DNA+パパとママとの練習の成果ですね。

若犬賞を頂きました。


219.jpg

九州から参加の雅ちゃんです。
リンクではテンションが上がり過ぎたのか、午前の個体審査で体高計測ができなかったため、優良評価は頂けませんでした。
いつもならこんなこともないだろうに。
長距離と、いつになく遊び相手がいたせいでしょうか。

綺麗な虎の美人さんなので、残念でした。


愛護会でも超ベテランの犬舎さんも、ワンワン鳴きに苦労されてました。
写真撮影ができなくて、審査員から銀ちゃんに合わせの要請がありましたが、近づけても銀ちゃんはボーっとしてるだけで、あて馬の役に立ちませんでした^^

長距離遠征の難しさですね。


そうそう、今回、門田審査長が急用で欠席になり、菅沼副部長が審査長を代理しました。
先日の関東連合で雄を審査された先生です。
午前の個体審査で、ずっと甲斐犬の審査を見ていてくれました。
担当審査員には、「甲斐の舌班は容認」を再確認してくれていました。
甲斐の顔には厳しい先生ですが、いつも公平に見てくれ、一言二言アドバイスをくれます。

去年の福島展で久々におりゅうを見てもらった時に「味が出た」と言われました。
そう、たぶんですが「味わい」を重要視する先生なのかなと。紀州の先生ですしね。
で、菅沼先生は、おりゅうの口周りの白髪を褒めるのです。
胡麻状の白髪を。

「こういう白髪の出方をする系統を作ると良いですね」と。
幸か不幸か、家は、白髪が早くて、1歳半で出始めます。
銀ちゃんはもう出ています。
でも、きっと、白髪が出た甲斐犬が良くなったと思う甲斐犬ファンは少ない気がしますが。。。
疾風の白髪に味があるのは事実です。

そうそう。栃木展で、ギャラリーが「うらやましい」って言ってました。
「うちのもゴマがふかないかなあ」と。紀州じゃないのは確かですが、犬種は何だったんでしょう。


甲斐犬は出陳頭数が少ないので、ここまでで終わりです。
成犬が10頭以上の出陳なら、甲斐犬最高賞を決め、その犬が他の犬種と大臣賞争いに進めます。
たとえ賞を取れなくても、他の犬種と並ばせたいものですね。


応援に来てくれたみんなの様子はまたあした。
ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村





この記事のURL | 展覧会 | CM(14) | ▲ top
今年も高原でGO!
- 2011/11/15(Tue) -
毎年恒例ですが、秋展のトレーニングには、犬連れゴルフを取り入れています。
自分の運動も兼ねて^^

041_20111115194241.jpg


今年は、5回も行きました。
1度目 山徒、おりゅう。
2度目 銀ちゃん
3度目 銀ちゃん 摩利
4度目 山徒、おりゅう、摩利
5度目 銀ちゃん おりゅう

18ホール。インターバルも含めて、起伏のあるゴルフ場を約10キロくらい走るのは勿論なのですが。


009_20111115190919.jpg
銀ちゃんは、引く!

008_20111115191148.jpg
ボールを待ち構える!

024_20111115191409.jpg
跳ぶ!

028_20111115191446.jpg
立ちあがる!

と、運動量バツグンです。


以前、おりゅうの動画をアップしたので覚えている方も居るでしょうが、おりゅうは煩いのです。
スイングをすると、ヒャーヒャーと騒ぎ、ショットするとガウーっとボールを追おうとします。
おりゅうだけかと思ったら、銀ちゃんが似ました。

この近辺には鹿の群れが数百頭も居るとか。
ウェアウェイは鹿の糞だらけです。
時々、熊も出るらしい(汗

とにかく、ここに来ると、普段は要求ボエをしない銀ちゃんが、猫を見つけた時のような高い声で鳴きます。
威嚇する時の低い声じゃなくて、啼くってのがピッタリの甲高い声で大騒ぎです。

73歳のりゅう婆ちゃんの力強いショット。銀ちゃんのBGMでご覧くださいw


一緒に生まれた兄弟ですが、まったく体型も性格も違う山徒。
037_20111115193250.jpg
左が山徒。右が摩利。
カメラのせいで、奥いる山徒が小さく見えますが、実際はそんなことはなく^^

この親子は胸幅があるので、正面から見ると横から見るのと別犬のように太いです。

で、山徒ですが、摩利とおりゅうと3頭で行った時にすっかり嫌毛がさしてしまったようです。
3頭で走りにくかったのか。それとも、繋がれているのが嫌なのか。
その前に行った時には人が居なかったので、カートからはまったく離れない山徒なので、放してやりました。
でも、この時は混んでいて、前後にゴルファーが居たので放せませんでした。

臍を曲げて不貞寝する山徒^^



山ちんは、基本的にはおりゅうに似ているのですが、無邪気さが足りません。
おりゅうよりも戦略家です。牡はもう少し単純なものじゃないかと思うのですが^^

前が詰まって待っている間に、チョットだけ放してやりました。
052_20111115194834.jpg
「ちぇ!早く放せば良いんだよ!」 と、言わんばかりの顔^^

このイマイチ純粋さに欠けるオトコですが、なぜか牝にはモテる。
犬の世界はわからないものです。
単純に力の強い牡が子孫を残していく野生動物とは違うようです。
もしも、銀ちゃんと山徒がマジ喧嘩をしたら、銀ちゃんの方が強いと思うのですが。
実際には、優しいオトコの方がモテル傾向があるようです。


おりゅうは、と言うと、去年も一昨年も、どんなに散歩で歩かない時でもゴルフ場では大はしゃぎでした。

070_20111115195503.jpg
カメラを向けると1歩前に。
「アタシ!アタシ!」


鹿の糞だらけのコースに触発されるのか、とにかく元気。
こうして馬鹿騒ぎするのは、おりゅうと銀ちゃんだけなのですが、共通するのは最初からボール遊びの「持って来い」をしました。
ボール遊び大好き。

この際だから?、おりゅうのBGMで、元シングルのりゅうママの華麗なショットも披露しますか。
と、思ったのですが、誰も見たくないでしょうから、やめておきますw


おりゅうは面白い犬で、自分に自信がある時はカメラを向けるといつまでもポーズをとっています。
カメラが何たるかが分かるはずもないのですが、自分に注目されるのはわかるので、それが好きなようなのです。

011_20111115204706.jpg
カッコつけていつまでも動きません。
日本犬として、この性格ってどうなんだろう。。。と、思うことしばしばですw

003_20111115204913.jpg
銀ちゃんも1年前に比べれば、胸が張ってきました。

けどね。。。
042_20111115205127.jpg
若いもんにまったく負ける気なしのおりゅう。やる気では母ちゃんには敵いません。
おりゅうさあ。そんなに胸張って頑張らなくて、良いから!


内緒ですが、おりゅうは、りゅう婆ちゃん似だと思います(爆


002_20111115205402.jpg
紅葉ももう終わり。
今週末は全国展ですね。


☆こういう観光地にあるコースは、ゴルフをしない人も一緒にラウンドに同行できます。
料金はわかりませんが、カート代くらいじゃないかと。
家族で誰か一人でもゴルフする人が居れば、1日遊べますよ^^

11月にもなると、料金も格安で、バイキングのランチがついて5000円でお釣りが来ます。
11時以降のスタートだと、昼休みなしでラウンドするのですが、3000円になります。
10月の平日になると、9月は混み具合ですが、一人でもラウンドOKです。

町民体育祭はなくても、町民ゴルフ大会はあるような地区ですから、ゴルフ場は豊富ですが、犬連れOKはここだけですね。
あ、きぬがわ高原CCでした。
ちなみに、冬は犬ぞり大会とかあります^^


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


この記事のURL | 未分類 | CM(12) | ▲ top
日本犬保存会 栃木展・関東連合展 2011.11.6
- 2011/11/07(Mon) -
地元開催の連合展なので、賑やかしにできるだけ出陳することに。

今回は、ついついご飯の食べ過ぎで太りがちになる摩利を出陳することにしました。
「デブって言われちゃうから。。。」ってのが、飼い主さんのご飯の食べさせ過ぎの抑止力になります。
夏よりも運動量が増えた分、やや痩せましたが、食欲もでているので太らせやすいのです。

多頭飼いの場合、他の犬と走ったりお相撲したり。
小さな子は動きの良さで大きな子と互角になるので、太っていて動きが悪いと、自信喪失しちゃいます。
摩利は、銀ちゃんとボール取り合って激突してちょっと怪我をしてから、銀ちゃんが怖いのか、銀ちゃんとは全力では遊ばなくなりました。
それはまあ良いとしても、カイポパパが遊びに来た時に天ちゃんに臭いを嗅がれ嫌がっていたので、気になりました。
牡嫌い?

動きは藍虎とそっくりな摩利なので、体重を軽くしたら、また自信がもどるかも!

って、わけで、展覧会に出陳です。


030_20111107123627.jpg

右が藍虎で左が摩利。
親子ペッタンコ^^

違いは、毛色と尾の保持。
摩利はペッタンコしても尾が上がります^^

藍虎は、初陣でリンクでペッタンコするという快挙を成し遂げました。
摩利は幼犬で2度出陳しましたが、誰よりも気合の立ち込みをしました。
やや、犬に対して臆病なそぶりを見せるので、今回はどうなることか・・・

今回のロマンチック村は、園内にドックランもある芝の公園でした。
当然、散歩のメッカなのでしょう。
着いてすぐに銀ちゃんの散歩をしましたが、大変でした。

臭いを嗅いでは、クッチャクッチャ。
ぎんぎん、お口が泡泡。
馬鹿力であっちへ引っ張り。こっちへ引っ張り。
ヒートの牝のチッコの反応です。
どうしましょ^^


001_20111107131043.jpg
牡じゃない摩利もこの通り。

芝の所では、臭い取りでまともに歩きません。

003_20111107131201.jpg

「ここの臭いを嗅ぐ~!」



審査は、中型牡が菅沼先生。牝が三谷先生。
菅沼先生は、私の日本犬の先生の先生。が、甲斐犬には厳しい。紀州の先生らしく顔の指摘が多い。
牝は三谷先生。一昨年の京都展で、甲斐犬軍団に厳しい審査をした先生。
今回、すごく楽しみにしてました。

中型は、牡牝並行して行われるのだけど、三谷先生が小型の牝の若を見てからってことで、中型は牡が先行して審査が始まりました。

出陳頭数は330頭。どえりゃー多い。
中にはヒートの子も来ていたかもしれません。
審査中に鼻慣らしする牡や臭い取りする牡。みんな立たせるのに苦労してました。



ここの所、落ち着いた立ち姿をしてくれた銀ちゃんでしたが、この日はちょっと大変でした。
審査なんて上の空^^

012_20111107132809.jpg
審査そっちのけで、リンクの外を歩く牝をずっと目で追う^^

013_20111107133204.jpg
「へい、彼女!行っちゃったか・・・」

017_20111107133455.jpg
何とかかんとか立たせるのですが、普段は審査中には耳が動かない銀ちゃんが、耳の保持が怪しい^^
こんなことなら、牝のリンクに向かって立たせれば良かったw

でもまあ、以前はもっとウロウロしたので、その場に立っていただけでも、エロ銀ちゃんとしては上出来でした。

午後の比較審査は、12頭。
広くもないリンクなので、隣の紀州に向かせますが、興味なし。
向かいの虎鉄も興味なし^^

菅沼先生に、今回も前胸増強のアドバイスを頂きました。
小さな時から比べると、どんどんと前足幅は広がってきています。
他犬に見劣りしないガタイになるまで頑張るぞ!おー!


全部終わってから、三谷先生にも見て頂きましたよ。
どうも甲斐犬の額段のあり方が気になるらしく、そういうコメントでしたが、「優良評価は与えられる犬」ってことでホッとしました。
可愛いっては言われませんでしたが「内側から湧き出る訴えるものが不足している」と、高度な要求でした。
でも、「大型犬じゃないんだから、もう少し軽さがでるように」とも^^

思い出しましたが、この先生、乾燥感を第一に取るって噂を聞いてましたっけ。
産後で運動不足だったおりゅうも「手足適度に枯れ…」ってコメントでした。

乾燥度が高いと評されることの多い銀ちゃんですが、今、アンダーが抜けてしまって尻尾以外の毛が寝ています。
毛の効用って大きいですよね。
おりゅうやりくが実際よりも小さく見える。重たい印象になるのは毛の感じですね。
バリっとパラッとの方が全体が軽く見えます。でも、本当に細くないと太って見えますが^^
なるほど。色々と勉強になりました。




で、次は摩利。

019_20111107140011.jpg
ビシ!

やや力が入り過ぎで、後ろ脚が伸びちゃってますが、甲斐犬らしい「オラオラやったるでー!」の気迫ならNO。1^^
順番待ちで、リンクの近くに居た犬に向かって立たせました。
ロックオンしたまま動かずw

三谷先生は、他の犬は体高を計っていなかったのですが、摩利の個体審査では定規を持ちだしました。
やっぱり!w

中型牝の体高は46から52センチ。甲斐犬と北海道犬は、最低体高が2センチ低い44センチです。
摩利は藍虎よりも微妙に小さい感じで、背中が平なので大きく見えるけど、実際はりくと同じくらい。
家で計ったら、ちょっと足りないかな~って思いました。

が、足りました!

摩利はアンダーは少なめなのですが、剛毛の毛量が多く蓑毛がしっかりしてるんです。
押して測ったのですが、毛がクッションになって1センチくらいは浮いていたようです^^
いや、お父ちゃんの山徒と一緒で、計る時に背伸びしたのかもしれません。
家のやつら、計測の時に、みんな胸張りますからw

午後の比較審査、7頭です。
当然最後に並べられるなあーと思っていましたが、なんと、白い子が下に!
と思ったら、棄権されちゃいました^^
でも、思いもしなった「優良」を頂けました。
背さえ足りれば、摩利は舌班もなく耳も綺麗。ケチがつけ難い^^

でも、いつも家では腰からブンブンお尻を振って、お腹見せ見せの摩利ですが、「摩利はカッコイイ」って摩利のお母さんは言っていました。
散歩していて他所の犬に会うと、ビシ!っと立つからです。
そのカッコイイ姿をリンクで見れたので、お母さんもゆうちゃんも、とっても喜んでくれました。
010-1_20111107145738.jpg
記念撮影~^^

山形から応援に来てくれた神威くんとも遊びました。
見学に来ていた天狼犬舎さんの熊くんとも遊んでもらいました。
摩利は、どうやら牡が怖いわけではないようです。
しつこく臭い嗅がれるの嫌なんだわ。で、怒るんだわ。。。
りんりんと同じか?(爆

と、ここでカメラのバッテリー切れ(泣
チェックして行けよ~。ワタシ!

おりゅうは午前はやる気満々で立っていました。

午後の比較審査の前に車に迎えに行くと、なぜかガム食べてました。
誰かに貰ったのか、拾ったのか・・・・
私に貰ったんじゃないので、出せと言っても出さないので、口に手を入れて出させると、臍曲げちゃいました。
「もう、出ない!」

歩かないおりゅうを引きずってリンクへ。
怒っているので、前を向きません^^
そっぽ向いて立ちます。
甲斐犬は年を取ると、なかなかやっかいですw

三谷先生は甲斐犬に厳しいので、どうせ最後だろうと思っていたら、これまた意外。
おりゅうの下に白い子が!

と、思ったら、またまた棄権されちゃいました。

若2で摩利の下になった子も、成犬の子も、尾の保持に問題があったわけでもなく綺麗な子でした。
私が言うのも何だが、理由がわからないです^^

成犬の子は千葉展でも出ていましたが、おりゅうより上に居ましたしね。

先生は京都で見たおりゅうを覚えていてくれました。
気になるのは額段だけで、全体に良いと。
摩利のちんまりと纏った顔よりも、おりゅうの方が良いそうです。

摩利は耳も綺麗だし保持も完ぺき。目も少し奥目の切れのある目。口吻も締まっている。
けど、そういう細々としたことよりも全体としてってことなんでしょうね。

最近のおりゅう。ほんと張り切ってます。
↓2週間くらい前にゴルフ行った時。
087_20111107152332.jpg
去年や一昨年とは比べ物にならないくらいに前胸が張ってきています。
筋肉がつきにくい体質らしく、脚は太くなっても。重く見えますが。
これで毛が戻れば、自慢の太い尻尾で記念写真を撮って、今年こそチャンピオン犬に申請します。
もう資格は持っているので。


おりゅうをずっと見てきた方々にも、褒めて頂きました。
おりゅうを連れていたら、東京支部長は「あれー、隠し玉、良いの持ってるんじゃない!」と。
顔見て、「ホントだ、若いねー」って^^

今や、飼い主ともども「若い」と言われるのが嬉しいお年頃です(爆


「審査が終わっても残ってください。県内トップ賞争いがあります。」と言われました。
各クラスで県内トップを決めるのです。
栃木展だと栃木県在住の会員が対象です。

成犬牝は他に栃木県の出陳者が居ないので、自動的におりゅうが候補になるようでした。
で、成犬牡の県内トップ犬と競うわけです。

相手は有色紀州さんでした。どうせ…と思って、リンクの外の仲間と話をしていたら、菅沼先生と三谷先生がおりゅうをジッと見ています。
ゴソゴソ話しながら。
え!、、、と思って、慌ててちゃんと立たせました(爆

「県内トップ賞。成犬の部は牝で!」

うひょー!おりゅうさん、凄いじゃない!
相手がどうあれ、紀州犬様ですよ。

「あ、ごめん。記念品足りなくってさあ。来春渡すわ!」と栃木支部長。
相変わらず、軽いノリw

バッテリー切れで、応援に来てくれたこなりんや、神威くんや熊くんの写真がない(泣
ごめんなさい。
tetsuくんやハルルンのお写真撮れなかった(泣


でも、いつも銀を気にかけてくださる先生とゆっくりとお話もさせて頂き嬉しい1日でした。
日保の審査員の中には、初期の甲斐犬の名犬を実見し、犬を作ってきた功労者を良く知っている先生もいて、隠れ?甲斐犬ファンも少なからずいるんですよね。

そして、審査の先生の意見を聞くことは重要ですが、それを聞いて消化することが大切って思いました。
そして何よりも、審査基準は審査として知っているのは良いことだけど、どんな甲斐犬が好きなのか。どう言う犬を自分は残したいのか。
それが一番大切ってあらためて思いました。

外見だけなら、
その犬の賞歴を知らなくても、普通の日本犬好きが「良い犬!」「カッコイイ!」「スゴイ!」って思う犬が良いんだと思います。
理屈は後から付いてくるってことでしょうか。

甲斐犬は、そういう意味で、決して他犬種に負けない犬って思ってるんですが^^
こじんまりと難なく仕上げず、多少の欠点がどうでも良いくらい魅力的な犬。それが甲斐犬の生き残る道って、あらためて思った1日でした。

そして、どんな姿であっても、我が家のワンがイチバン!の親馬鹿がイチバン花マルなのは、言うまでもありません^^


たくさん犬談義もできて、とっても有意義な日でした。

モモテツパパのブログ
http://kai-ken.lolipop.jp/

ゆかこなさんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/konahuking

栃木展の様子は、こちらの方にアップされると思うので、ご覧くださいませ。

そうそう、摩利が44あるなら、藍虎もりくも華ちゃんもあるはずです。
そのうち、藍虎を出陳するかも。
私は藍虎も好きなんですよ^^


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 展覧会 | CM(25) | ▲ top
山を走る!
- 2011/11/04(Fri) -
先月の事になりますが、千葉展の翌日にカイポパパ&ママが遊びに来てくれました。

025_20111026205639.jpg
おりゅうと同じ年ですが、白髪もなく、山では一番動く魁くん。
全身ビショビショですね^^

027_20111026205915.jpg
大きいけど女の子っぽい性格の穂ちゃん。

026_20111026210002.jpg
背中が平になり横にはみ出すほど幅のある、天ちゃん^^


018_20111104143631.jpg
3頭でおりゅうを取り囲んでいますが、揉めたりしません。
カイポパパ家は何度も遊びに来ていて、一緒に遊んでいるからなのでしょうか。


008_20111104143924.jpg
女の子大好きのエロ坊の天ちゃん。
この写真はりくですが、3レディース&摩利のお尻ばかり追いかけていました。

摩利は、オスが嫌いなのか怖いのか、しつこくされるとガウします。
ドックランでもその傾向はあったのですが、酷くなったような気がします。
対策が必要かも。。。

久々の山ですが、穂ちゃんも初めて来たころとは違って、よく走りました。
でも、この日一番走ったのは、カイポパパかもw

林道に入って犬を下し、人間は車で2,5キロくらい車で走ったところで、魁くんがついて来ないので、待ちます。
500メートルくらい後ろだったのが、700メートルになり、呼んでも来ないし、パパが見に行きました。

ついには、魁くんは電波の届かない場所に消えてしまいました。
山を超えたか沢に下りたか。

009_20111104144850.jpg
パパは、魁君を呼びながら、走って戻ります。

011_20111104144635.jpg
走る走る。長靴でw
パパについて走っているのは、天ちゃんです。
やっぱり、牡の方が忠実なのでしょうか^^

012_20111104145026.jpg
林道で良かったねぇ。

私は、この前日に、藍虎と銀ちゃんに振り回されて、山の斜面を走らされました。


014_20111104145241.jpg
居た!
カイポパパの車の所で、寝てました(爆

飼い主とはぐれた場合、ワンは、最後に別れた場所か車の場所で待っていますね。


この後、この辺で遊んで帰ろうとすると、穂ちゃんに異変が。
029_20111104145627.jpg
山裾に穴を掘り、巣を作り、丸くなったまま動きません。
蛍光首輪がチラっと見えますが、甲斐犬は山では保護色なので、すぐ近くでもジッとしていたら見つかりませんね。

呼んでも、まったく動かず。
「穂は、山の子になるの!」

車を出発させたら、慌てて追いかけてきました。


わからない行動が多々ありますね^^


その数日後ですが、同じ林道で、ライダーさん達にお会いしました。

126_20111104150743.jpg
この林道は、9月の台風でがけ崩れがあって、途中で通れなくなっているのです。
私も引き返す所でした。
ワンズ達は、通れなくなった道の先まで行っていましたが、バイクの音で帰ってきました。
でも、誰もひと吠えもしない。なぜ?w

中のお一人は、昔甲斐犬を飼っていたそうです。
家人にしか懐かず、他人が来るといつも気を使っていたって話でした。


123_20111104151203.jpg
ライダーさんに懐く銀ちゃん。
が、、、このお兄さんは、銀ちゃんが怖いと固まってしまいました^^


銀ちゃんは、子供の頃に遊んで貰った住職や釣り人さんが黒い服を着ていたせいか、一般には犬が苦手な黒い服の男性を怖がりません。
「またいつか甲斐犬を飼ってください」って話をしました。

124_20111104151952.jpg
「大きくても、こういう子なら良いですよねぇ」と。

お話ししている間、足元で寝て待っている銀ちゃん^^
銀ちゃんは大人しく穏やか。と言えば穏やか。。。
比べる対象次第ですねw



この時に、犬を連れて行けそうな林道を、ライダーさんに教わりました。
018_20111104152457.jpg
沢が流れ良い所でした。

初めて行く所なので、犬を乗せたまま車で行ける所まで行って、放して帰ってくる作戦です。
が、、、、山に入る時に、最初が雑木で、車の中でワンコがザワザワしてるので嫌な予感がしました。

予感的中です。
5キロほどの林道をさっさと駆け下りて、雑木やボラ藪のある麓まで一気。
車が通る道まで降りたら大変なので、走りまわって回収が大変でした。

イキギレ。


話は違いますが、日曜は連合展です。
迷ったのですが、摩利を出陳することにしました。

007_20111104153300.jpg
手前が摩利です。

多分、体高が足りません^^
腰が高いので、来年なら足りるかもしれません^^

菅沼先生に見て欲しかったのと、飼い主のママが摩利を太らせないためです。
あと、摩利が牡犬に対して攻撃的なので、知らない犬に慣らす目的です。
半年に1度は出陳するようにして、管理しようと思いました。

山徒もすっかりデブデブなので、来春からは結果はどうあれ、半年に1度は出陳することにしようと話し合いました。
018_20111104154432.jpg
これは1か月前にゴルフに行った時の写真ですが、手前がおりゅう。
奥が山徒です。
シルエットだけだと、変らなく見えるw

今、おりゅうはもっと前胸や足に筋肉がついて、麓も張って大きくなっています。
自由運動だけですが、やる気満々w


栃木展なら、マルはどうかなぁーって、会いに行きました。
009_20111104155823.jpg
やっぱ、可愛いなあwww

ちょっと憂いのあるベビーフェイス。
しっかりした色素で鼻先まで入った虎模様。

016_20111104155912.jpg
マルはしっかりしたアンダーコートに虎が入るので、今だとまだ毛が上がってきてなくて、日陰だと黒く見える。

ああ、残念。
右の摩利と比べれば大きいけど、47センチはないわなあ。。。

マルも審査で見て欲しかったのだけど、今回は断念。
雨が降らないようなら、連れて行こうかな。


今回の栃木展は、いつのも場所じゃなくて、ろまんちっく村です。
間違えないようにしなきゃ!
我が家の出陳は、おりゅう、銀ちゃん、摩利です。


時間が取れたら、遊びに来てね^^

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村





この記事のURL | 展覧会 | CM(14) | ▲ top
| メイン |