FC2ブログ
頑張れ!ただの家庭犬
- 2011/12/13(Tue) -
日保の展覧会に行くと、いろんな方から話しかけられます。
関東では、数は少なくても珍しくなくなった甲斐犬。
でも、これまでは東北に出陳していなかった甲斐犬なので、東北展ではいろんな話をお聞きしたり、素朴な質問も飛んできます。

東北での甲斐犬飼育は少ないですが、お話を聞くと、その殆どは猟犬のようです。
鳥も多いですが、中には猪猟や熊猟で活躍している犬もいるとか。
「甲斐犬」というと、展覧会犬としての興味よりも、その性能への興味が多い気がします。
そのせいか、おりゅうよりも、いかにも強そうな銀ちゃんが人気あります^^

甲斐犬のニオイについて、面白い話がありました。
何人かから聞いたのですが、甲斐犬のニオイは、独特なのだそうです。
獣のニオイなんだそうです。

犬臭くないので室内犬として良いなあと思っていた私。
あの干し草のようなニオイって、獣のニオイなんですか^^
そういえば、以前は秋田犬を飼っていた山徒のとーちゃんが、最初、山徒は獣の臭いがするって言ってました。
普通じゃん。家のは、みんなこんなんよ。って思ってました。

おりゅうの前に柴犬の牡を立たせて、「目をそらすな!負けるな!」と喝を入れているオジサンが居たりして、ちょっと可笑しかったです。
甲斐犬の獣のニオイを他の犬種は嫌がるって言うんです。
初めて聞きました。

銀ちゃんは、私が甲斐犬の牡を触った手を嫌がります。
以前、みなしごから帰った時に「おまえは誰だ!」状態で関係が悪くなったことがありましたが、あの時、甲斐犬雄を保護していて、私が面倒を見ていたのです。
顔を合わせた甲斐犬牡に対しては、身内以外なら然程でもないのに、ニオイだけってのは警戒モードになるようです。
でも、ダイや緑龍のニオイは平気なようなので、わかっている相手のニオイなら構わないのか、よくわからんやつです。

みなしご救援隊の栃木拠点に行った時に、たくさんの犬のニオイを嗅ぎまくりましたが、確かに、干し草の臭いのする犬は居ませんでした。
でも、獣って言っても色々だろうに。何のニオイなんでしょう^^

山形連合では、福島支部の支部長さんが時間を割いてお話ししてくれました。
喧嘩の強い甲斐犬の動きについてです。
無駄な威嚇はせず、相手が射程圏内に入った時に、不意打ちなのだそうです。
やる時は中途半端じゃなく、勝てる体制を取るとか。
なるほど。
思い当たることはあります。が、自分の家の犬には、一生、喧嘩なんぞさせたくないもんです。
幸い、今の所、喧嘩らしい喧嘩はしたことがないです。

支部長さんは、紀州犬と柴犬を飼っていますが、近年の日本犬の猟能のなさを嘆いてらっしゃいました。
「うちの柴の数頭は、目の前を猫が通っても興味を示さない」と。
猟犬ではなくても、小動物に興味を持たない甲斐犬では、チト淋しいと私も思っていました。

でも、実は、今ちょっとそのことで困っています。
1歳くらいまでは、猟欲がないんだと思われていた銀ちゃん。
徐々に色んなものを追うようになり、イノシシの落し物にスリスリしてきたり。
ゴルフ場では、鹿のニオイに大騒ぎしていました。

全国展の少し前、ついにウリボウを咥えてきました。
それ以来、猟期に入ったこともあり、山には行かなかったのですが、家の庭で、野良猫を捕えてしまいました。
今や、街中の野良猫ハンターになってしまい、ねこを探しだすことしか興味がないような散歩。
ええ、もちろん、リードは放しませんよ。絶対に!

ただ、銀ちゃんは、猫を見つけたら躊躇なく、ノンストップで捕まえようとするので、とっても危ないんです。
猫もですが、私も。
どなたかコントロールする方法をご存じでしたら、教えてください。

甲斐犬は、突っ立っているのを眺めて評価するものじゃなく、動いてなんぼだ!と言われたことがあります。
つまり、展覧会に出す犬じゃないと^^
疾風が日保の猟能大会で喝采を浴びたように、本来は、機能を披露するものなのかもしれません。
それが、また実戦での有能さとは一致しないって話も聞きますから、それはそれで難しいのかもしれません。

「猟もしないのに、何のために飼ってるのか?展覧会なら、他犬種が良いだろう」との、ビックリ質問まであります。
「ただの家庭犬ですけど、家の子は不出来でも、他所の子と取りかえられませんから。」って言いました。

あと、面白かったのは、誰かが「甲斐犬も良いよね。次は飼うかなあ」って言ったら「甲斐犬だけはやめとけ!あれは嵌るらしい」って。
これは正解かもw


で、今日は、久しぶりに山に行きました。
藍虎や摩利と一緒だと、遠走りして危ないので、おりゅうと銀ちゃんだけで。

林道の行き止まりまで行って、一旦、車を止めました。

002_20111213191634.jpg
盛んに臭い取りをするおりゅうと銀ちゃん。


と、その時、何を思ったか
005_20111213191835.jpg
ガルウウゥ~と銀ちゃんに襲いかかるおりゅう。
ガウガウ遊びを仕掛けたらしいのですが、銀ちゃんは臭い取りに真剣なので、おりゅうが怒られちゃいました(爆

009_20111213194018.jpg
臭いを取ったらしく、山に駆け上がって行きました。

014_20111213195040.jpg
が、すぐにおりゅうは戻ってきました。
いつもご機嫌な陽気なおりゅうです。

50メートルくらいのところで、銀ちゃんが吠えました。
ここは広大な杉山なので、動物は殆ど居ないのですが、林道の入り口付近にはイノシシ罠があり、奥の方でウンチスリスリしてきたこともあるので、まったくいないわけでもないです。
冬には、雪の上にウサギの足跡もありました。
こないだウリを誇らしげに咥えてきた時は吠えませんでした。
ハクビシンとかタヌキとかに逆襲食らったかなあ。。。

銀ちゃんは、臆病だし慎重なので、大人のイノシシには向かって行くはずがないので、怪我の心配はしてなかったです。

数回吠えたと思ったら、降りてきました。
017_20111213195137.jpg
山に向かって、また吠えます。

018_20111213195214.jpg
カメラを向けているので、吠えている銀ちゃんのすぐ後ろで、カッコつけてみるおりゅう。

022_20111213203242.jpg
少し移動してはまた吠えます。

023_20111213195322.jpg
銀ちゃんは、吠えながら私の方をチラチラと見ます。

「え!無理だから!自力で頑張って!」

019_20111213195553.jpg
「どう?カッコイイ?」その隣で、おりゅうがまたカッコつけています。

全国展から、ずっとテンションが下がらないおりゅう。
まだ、今期の展覧会モードは終わっていないらしく、山に行ってもまったく野性味なしw

026_20111213195754.jpg
もちろん、おりゅうは銀ちゃんの援軍に行く気もなく、銀ちゃんの寂しい後ろ姿。

ごめんねえ。かーさんが獲ってやれたら良いんだけど。無理だから!
しかも、銀ちゃんが怖いものって意外なものだから、吠えた相手は蛇だったってオチかもしれないし^^

027_20111213195846.jpg

意を決して、また山に上がって行きました。
でも、猟期なので遠走りされると嫌なので、車を走らせてクラクションを鳴らすと、すぐに戻ってきました。

展覧会も中途半端。猟犬でもなく、散歩代わりの山遊び。家のはただの家庭犬。
何ができるかと言われても、何もできないw


それでも
017_20111213200659.jpg
空き地ランの隣で開かれたマラソン大会では、

008_20111213200754.jpg
いつものように3レディース親善大使を務め

006_20111213201023.jpg
銀ちゃんも金網越しだけど、親善大使を務めたりしているわけです。


でも、家庭犬が最強ですよね。
評価するのが家族だから。
こんあおマヌケな甲斐犬でも、私にとってはNO.1


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(32) | ▲ top
| メイン |