また出た
- 2012/10/27(Sat) -
ご心配いただいた藍虎は、ビックリするほど早く回復しています。

昨日は、私が出掛ける準備をしていたら、
004_20121027200759.jpg
「行きたいー!」と申しておりました。

朝の散歩では、近所の吠えるけど気弱なシロにジャンピングオイデオイデを繰り出していました。
オペから5日。白いテーピングが恥ずかしいほどに元気です。

夕方動画を撮ってみました。
ジャンピングオイデオイデはしませんでしたが、こんな感じ。
おりゅうは、さっさと行こうよと引っ張って行きました。


今日病院に行ったら、テーピングを取られました。
そしたら、不安になったのか嫌がるので、ネット包帯でパンツを作ってやりました^^
傷はこんな感じ。太股の内出血はほとんど消えました。
お腹の所があともうちょっと。

お腹には体液も溜らず、順調だそうです。
このままなら水曜には抜糸だそう。
045_20121027201541.jpg
お腹の傷が心配だったのだけど、胸の傷も大きいです。
あまり素敵な写真じゃないので、小さくしてみました^^


そしてそして今日、またしてもイノシシと遭遇してしまいました。
そのことを書こうと思ったのですが、どうしても眠くって^^
藍虎の経過報告だけにして、イノシシのことはまたってことで。

ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
この記事のURL | 藍虎 | CM(28) | ▲ top
藍虎の怪我
- 2012/10/24(Wed) -
20日土曜日午後1時半。藍虎が怪我をしました。
大きな牡イノシシにやられました。
近づきすぎたのでしょうか。

029_20121024133011.jpg
今の藍虎です。お腹も見せてくれるようになり、随分良くなりました。
下腹部のテーピングの周り、赤く見えるのは内出血です。

やっと、内出血も引き始めたので、ホッとしています。
むくんでいるような気がして、今日も診察に行ったのですが、むくみもなく順調だそうです。
むくんで見えるのは、ブロイラーのような脚の筋肉のせいみたいです^^



怪我の日から、ちょっと振り返ってみます。

20日。6時半。いつものように碧生と遊ぶためにてっくんがランに来ます。
りゅう婆ちゃんは、藍虎&りくの歩き散歩に行ってくれました。

前日は、藍虎と摩利がランから脱走して、その捜索に手間取り、銀ちゃんの運動が11時頃になって暑くなっちゃったので、この日はりゅう婆ちゃんにランでの監視を頼んで、銀ちゃんとおりゅうを連れて早めに出かけることに。
土曜なので、ランには、とらちゃんも遊びに来たのだそう。

この日は、茨城県まで脚を伸ばして、「イノシシがでないので罠もない」と地元の人から教わった林道を何本か走りました。
069_20121024135427.jpg
当日の写真じゃありませんが、こんなところです。

銀ちゃんを放せる条件の所は少ないので、歩いて歩いてやっと見つけた所です。
が、しょっちゅう行くと離れるので、まだ2度しか行っていませんが。
ネックは、走りやすくて動物の匂いがないので、走るのが速くって、悪路では車が追いつかない^^

長居せずに、次々と林道を移動して、正味約1時間。それ以上になると飽きて、捜索に行かれても困るので。
まだ、1時間経たないくらいで、りゅう婆ちゃんから電話がありました。

藍虎と摩利がランから脱走したと・・・
前日の脱走で、出られそうなところは全部塞いだのに。。。しかも、ランには人も居たのに、目を盗んで脱走したそうです。

10時頃私が家に戻った時には、もう帰ってきていました。
あちこち行って遊んで、隣の家にお邪魔して、家にお届けされたそうです。
ひとしきり遊べば帰ってくるのですが、どうにも困った母娘です。
その後、さらに強化しましたが、昨日の夕方、摩利が脱走して河原で遊んでいたので、もはや、ネットの上からでているのか?って感じです。
脱走が、彼女たちのブームになってしまったようです。

朝ご飯を食べさせ、藍虎と摩利も山に連れて行こうか迷っていました。
10月になってからは、草も枯れてきて足元も見えるし、11月15日からの猟期前までのチャンスなので、何度かは連れて行っています。

山、だーいすきですからね。
出陳犬だけ特別扱いじゃ、他の子が可愛そうだし。
128_20121024141051.jpg
10月8日の写真ですが、帰ってこない藍虎を待っている時に撮った摩利。
誰よりも藪を歩くので、全身、びっしょびしょ。


014_20121024141405.jpg
10月18日の藍虎。山から戻って来たところ。ゼイゼイと舌がびよよーん。
山に放したって、運動にならないよって言われることもありますが、家のは小動物でもいる山なら運動にはなります。


11時。どーしうかなあ。。。と、熊鈴のついた発信器首輪を一応用意してみると

015_20121024142509.jpg
ワラワラワラワラ…

行く!行く!行く!

いつもこうなんです。


025_20121024153421.jpg
ぜーーーったい、置いて行かれないもんね!
と、入口で頑張っているのが、銀ちゃんとおりゅう。

あんた達はさっき、帰って来たばっかじゃん!

033_20121024143226.jpg
でも、俺も行く!

足りないくらいで引き上げてくるので、行きたい行きたいなのですね。
ここに来客があったら、驚くだろうなぁー^^


どちらにしても、昼ご飯を食べてから、、、と、2階に上がると、もう藍虎が居ました。
056_20121024143558.jpg
乗りだすようにして、出窓から外を見ています。

21日翌日は茨城展。藍虎はまた留守番です。


049_20121024143839.jpg
外では摩利が日向ぼっこをしていました。


1時。お寺の裏山に行ってみよっか!
この日は、りゅう婆ちゃん達が3人で草刈りをしていました。
まさか、草刈り機で怪我することはあるまいし。

今日なら、碧生やとらちゃんが一緒でも大丈夫だろう。。。と。

私には、食べ物も豊富で気候も良いし、昼の山散歩なら一番安心って思える時期でした。
藍虎は知り尽くしている山。

が、そんな時、人の作業しているすぐそばの、山つつじが数本ある日当たりの良い斜面に居たんですね。
私のいた林道から30メートル足らずの真上。
藍虎がワンワン吠えて、その後ガサガサ。キャンキャーンと怪我をしたかも?ってのも焦りましたが、逃げてくる藍虎と入れ替わりに、摩利が追って行って、その後を碧生がついて行ってしまったので、大汗でした。

リードを掴んで、山を掛け上がって摩利と碧生を呼びました。
摩利が一度吠えたので、イノシシの姿が見えたのかもしれませんが、すぐに帰って来たのでホッとしました。
必死で、気づきませんでしたが、りくまで摩利と帰って来たので、一緒に追いかけたようでした。
多分、途中まででしょうが^^

藍虎に怪我をさせたのは、大きなオスイノシシだったと思います。
山に上がるまでもなく、すぐのことでした。


家に戻ってすぐに病院に電話しました。
呼吸とか出血具合を聞かれ、緊急性はなさそうなので、午後の診察開始に来て下さいとのこと。
4時半からです。

この時は、脇の下を切られていることはわかっていました。
が、病院嫌いの藍虎。鎮静剤を打って診察しようとしても、逃げまくり。
獣医師が「食欲もあって、切り傷で出血があまりないなら、抗生剤で様子見ましょう」と、細菌感染があるかもしれないので、どうせ、すぐには縫合できないと言うのです。
そういうものなのか?と、そのまま帰って来ました。


脇の下なので、傷ははっきりは見えませんでしたが、出血はすぐに止まりました。
皮一枚、薄く切られただけなのか?って思いましたが、丸くなって寝ていて見せてはくれません^^

翌日の茨城展は、無理って思いましたが、翌朝、すっかり落ち着いて寝ているし、熱もなく食欲もある。
オシッコも庭先でしてくれたので、午前の審査だけ行くことにしました。
銀ちゃんの場馴らしです。


リイチさんとももてつパパさんに写真を頂きました。
DSC_0969.jpg
PA210106.jpg

おりゅうとは違い、ビシっと立ってはくれません。
リンクの外では、強そうなふうちゃんの父ちゃんと、ガウガウしちゃいました。
でも、リンクの中では、なぜか先生に好意的な目を向けます^^

今年になってからは、銀ちゃんは危なくって山には入れられないでいます。
毎日、10キロくらいは何とか走らせていますが、平地走行で形になるタイプじゃないと思い知らせれているこの頃です。

担当した田ノ岡先生は、和歌山で御自身猟犬を飼われているそうです。
8ヶ月くらいの時に一度見て頂いたことがあったのですが「良い犬になりましたね」と褒めて頂き、ありがたかったです。
あと、ひと絞りすれば、十分多種犬と戦えますよと。。。ひと絞り。それが、難しいのだがw

でもまあ、良いんです。銀と楽しんで運動できる範囲で。
今の銀の運動量をりくでやったら、筋肉モリモリのナイスボディー。
我が家は出陳犬のおりゅう&銀ちゃんが、なっかなかお腹が細くならない^^

藍虎が心配なので、午後は棄権して戻りました。
随分と、リラックスして寝ています。
030_20121024153641.jpg
そのせいで、傷の具合がよくみえるようになりました。
右、脇の下ザックリと口を開けています。

傷の具合がエグイので、これは敢て見えにくい角度の写真ですが。

このままじゃあ、拙いんじゃない…?
20日も電話をしたのですが、ここでまたアドバイスをもらうために疾風パパに連絡をしてみました。
かかりつけ医はおそらく、イノシシ傷の経験がないので、不安なので、猟犬にも詳しい関西方面の獣医さんを紹介していただきました。
そちらに連絡をつけている間、夕方になって、なんと、下腹部に刺し傷があって中で堅く膨らんできていることを発見(大汗

刺し傷なので入口は小さな傷だったので、わからなかったのですが、脇の下よりもこちらが心配です。
日曜の夜、7時半ですが、ここはまだ診察時間です。
すぐに病院に行くと連絡して、かかりつけの先生に、紹介していただいた獣医さんと電話で話をしてもらいました。

手順や注意事項を教えて頂きました。

藍虎は、病院嫌いですから、気力で、鎮静剤も注射麻酔も効かず、結局、ガス麻酔を使いました。
オペの前にオペ室で説明してくれました。
右脇の傷は、12センチもありました(汗
胸膜まで紙一重(大汗

下腹部の刺し傷も腹膜にも、穴は開いていないそうです。
が、皮下に掌が入るくらい空洞ができていたそうです。
刺された角度が横だったのか、牙先ちょこっと刺さっただけでで引っ掛けられたのか。
藍虎だから、近づきすぎたのですが、藍虎だからこれですんだのかもしれないし、とにかくラッキーでした。

今も、内出血がひどいですね。

夜中の12時5分に無事に麻酔から醒めて、すぐに仔馬のようによろよろと立ちあがったそうです。
気合いだー!^^

12半くらいに、詳細な報告の電話がありました。
傷や衝撃による内臓損傷やヘルニアもなく、血液検査も異常なし。
お腹に刺し傷があったのに、とても運が良かったです。
チョットの加減で、内臓損傷していたと思います。

初診の対応は拙かったですが、とても丁寧な対応の病院です。
日曜、夜中までのオペを獣医師夫婦と看護婦さん2名で対応してくれました。感謝です。
でも、あらためて、獣医師は万能じゃないって思いました。
人間の医師の世界を見れば、当たり前のことです。得意不得意もあるし、知らないこともあります。
誰のせいにしても、命は帰ってこないので、飼い主が知識を持たないと・・・って、思いました。

そして、いつもいつも、緊急事態に助けてもらっている疾風パパに感謝です。
3か月で、山の中の一軒家から消えた藍虎を探している時に、知り合ったのが疾風パパとの最初の出会いでした。
その時も、突然の相談にも関わらず、夜中までアドバイスしてくれました。
今回も、色々と経験のある方を紹介していただき、そしてまたメールと電話でアドバイスしてもらえることが心強いです。
今日も写真を送って診てもらっています。感謝!



藍虎は、1泊して月曜に帰って来ました。

005_20121024155920.jpg
帰り道、河原でチッコちー。

013_20121024160222.jpg
昨日は雨だったので、河童着て、車でチッコに行きました。
雨が嫌いなので、チッコしたら「もう、帰ろうー」って走って車に戻りました。


多分、もう、これに懲りてイノシシには近づかないって思うけど、藍虎は以前も顔を切られています。
もう、大好きな山に入れてやれないのが辛いですが、これでまた命を落とすような怪我をされたら、後悔するでしょうから。

偶然でもありますが、ジムニーを注文したところでした。
銀ちゃんを放せないので、せめて林道を一緒に走ろうと。

ちゃーんと、藍虎も連れて行くからね^^


追加
020_20121025064054.jpg
クリックして大きくすると見えると思いますが、お腹に小さな傷があります。
翌日気付いて慌てました。
12センチの切り傷よりも、これが心配でした。
刺し傷は左側の乳首の当たりですが、そこから右側の乳首の下まで、掌が入るほど空洞ができて出血が溜っていたそうです。

初診で、「無理に鎮静かけて見ても、今日やることは同じ。抗生剤の投与だけ」と言われ、元気な藍虎に「そうなのか・・・」と引き下がってしまった私。
腹膜を貫通してなくて、本当に良かった。後悔先に立たずになる所でした。

こんな小さな傷でも、中は酷いことになっていました。
麻酔時間が3時間。老犬ならそれだけでも負担でした。

あまり、イノシシに切られるような事態はないと思いますが、傷の大きさに関わらず、血液検査とエコー、レントゲンは必須ですよー。
イノシシに当たって、内臓圧迫による損傷もあるそうです。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 藍虎 | CM(46) | ▲ top
日本犬保存会 ・東京支部展
- 2012/10/18(Thu) -
お疲れ様でした~。

いやー、疲れました。マジで。
4頭連れて行って、結局、4頭のハンドリングを担当。
やや、無謀でした^^

でも、私のハンドリング技術にはまったく関係なく、家の子達は本当に良く立ってくれるもんだと感心します。
いつも練習なしのぶっつけ本番ですが^^

105_20121017190557.jpg
展覧会大好きのおりゅうさん。
ちょっと中高年体型ですが、オバちゃん代表で頑張っています。

118_20121017190917.jpg
審査が終わって、リンクの外に出ようとすると、動かない。
何してるんだ?って思いましたが、後で撮ってもらった写真を見て納得。
まだ、カメラに向けてポーズをとっていたんですねw

そうそう、最高齢犬賞を頂きました。12月で10歳ですからね^^
商品に、ロイヤルカナンのミディアムアダルト 7+を10kg頂きました。
高齢犬に対する心遣いが嬉しいです。
あ、小型犬の最高齢犬は、17年生まれでしたから、7歳でした。
中型犬なら、7才は良い時だろうと思いますが。


036_20121017191238.jpg
影虎くん命の山徒(右)

160_20121017191716.jpg
リンクの外ではずっとこんな調子。

023-1_20121018064710.jpg
審査中、微動だにせずの山ちん。

年に数分しか立ち込みしないのに、偉いもんだ~。
でも、これって幼犬の時から。熊さんに引いてもらった時に、散歩で散々手こずらせて、本番だけ綺麗に立ったのを思い出しました。

が、良い写真がない^^


168_20121017192709.jpg
リンクの外では、尾が上がらないことも多いのに、リンク内で尾が下がらないのが、ランちゃん。

166_20121017193128.jpg
私の家からは1時間。何度かしか会っていないのだけど、飼主さんが居ない遠征でも立派に立ってくれました。
偉いもんだ~。

先生からは、重い重いと言われましたが、紀州さんを2頭押えて結審。
基準の厳しい甲斐犬には嬉しいことです。

私は、ランちゃんのしっかりした脚が好きですね。
あと、のほほ~んとした性格もw


126_20121017193625.jpg
ま~たく、物怖じせずなのが、幼稚犬で出たとらちゃん。
誰とでも遊びたい、山ガールです。
5か月になりますが、小さくってスレンダー。
先生は、44センチにはなるだろうから、展覧会も楽しめるだろうと。
なるかなぁーw


下がらない太刀尾がナイスでした。


他の身内の出陳犬は
090_20121018070322.jpg
パパっ子桃ちゃん。換毛期にぶつかってしまっているのが、残念でした。

199-1.jpg
芽衣ちゃん。出産して、胸もだけど、頭も丸く大きくなった感じ^^

120_20121018070519.jpg
リキ(一星号)日本犬らしい気質の可愛い子。

057_20121018070720.jpg
リキは碧生の兄弟です。長めの艶のある毛は母犬似ですね。
まだまだ幼児体型^^


出陳はしませんでしたが、りくの息子。とらちゃんと兄弟の玄ちゃんが来てくれました。
065_20121018071313.jpg
5か月で14キロになったそうで、小さくもない感じです^^

一番の父犬似。渋い男になりそうな予感がします~。

東京展では、参加した甲斐犬を最後に集めて、甲斐犬最高賞を出しています。
小型を担当した先生も加わって、全員で審査します。

前回は桃ちゃん。
今回は、芽衣ちゃんも参加しているので、おりゅうは出る幕じゃないなーって思っていたら、、、意外。
269_20121018073754.jpg
白鳳乃秀丸とおりゅうを見比べて、時間がかかっています。
意見、真っ二つだったそうで、纏まらない。で、2本出せないかと本部に交渉したそうです。
でも、結局、1本ってことになり、甲斐犬を担当した先生の意見で秀丸に決定。

中型を担当した先生は、おりゅうを重い重いっておっしゃってましたから^^
実際、重めだしw

おりゅうを押してくださった先生が、リンクを出る時に「良いと思うから、頑張って」と。
理事が「甲斐犬は色々ですね」とポツリ。

何を優先して取るのかって、先生によって本当に違うのだなあーって、あらためて思いました。
完成度の高い他犬種でもそうなのだから、甲斐犬はなおさらなのでしょう。
でも、そうやって先生達が真剣に意見を交わしながら甲斐犬を見る機会を作ってくださって、東京支部には感謝しています。
中型を担当した福瀧先生。もしかして、全展で担当になるかもです。
銀ちゃんに軽さを出すのは、大変です(大汗

ちなみ
牡の成犬のトップは
157_20121018075437.jpg
良い写真じゃなくて、すみません。

席次はわからないのですが、こんな子の写真もありました。
158_20121018075604.jpg
ボクサーのような筋肉質のボディー。
どのような管理をしているのか、お話したかったです。


009_20121018080043.jpg
メッチャ可愛い。四国犬の男の子。若1で出ていました。


293.jpg
集まってくれた大応援団^^

忙しすぎて、私が殆ど写真を撮れなかったので、皆さんのブログを見てくださいね^^
へへへ。すみません^^


オマケ

審査が終わり、リンクから出たおりゅうは、孫達に迎えられご機嫌でした。

248.jpg
ここで、目線に注目^^

248-1.jpg
いっつも、おりゅうをナデナデしてくれるMさん御夫妻を発見w

257-1.jpg
良く頑張ったね~と褒められ、すっかりMさんちの子…にしか見えないw


埼玉展に連れて行った後、積極的に運動をするようになったおりゅう。
東京展で出陳したのが、嬉しかったのか、すっかりご機嫌状態です。
翌日の朝のおりゅうです。

動きはオバちゃんチックではありますが、気持ちは子供~。




2年前は、全国展におりゅうを出すかどうか迷っていて、出陳期日を過ぎてしまいました。
2年後の今年は、迷わず出してやろうと思ってます。
何よりも、若さの秘訣…だから。










ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村






この記事のURL | 未分類 | CM(30) | ▲ top
ダイエット中
- 2012/10/08(Mon) -
おりゅうや藍虎もダイエット中ですが、まだ4カ月にして、碧生(あおい)もダイエット中です^^

碧生です。ポーカーフェイスです。
033_20121008170900.jpg
036_20121008170900.jpg
あたらめて言っておきますが、牝です^^

生れてすぐは、父親の銀ちゃんに似ているかと思われましたが、目が開いてからはどんどんと似てなくなりました。
顔は似ていないようです。
毛質も違うし、性格も違う感じ。

039_20121008171952.jpg
尾形や骨格は似ている気がします。

さて、この娘ですが、ものすごい食いしん坊^^
仔犬は食べるだけ食べさせるが身上のりゅうママ家ですが、碧生は別格のようです。
同居犬のダイが大人しいので、碧生が顔を寄せると食べるのを止めて碧生に譲るそうです。
でもって、ネコの餌も平らげ、庭のコウロギや虫まで喰っちゃう大食漢(爆
このままだと、股関節が心配。


碧生が3か月の時のこと。こんなことがありました。
最初は、おりゅうの仕業かと思った盗み食い。

041_20121008191920.jpg
段ボールから盗み出したカップラーメン。

042_20121008191929.jpg
どこから見つけてきたのか、試供品のフード。

犯人は碧生でした。将来有望です^^
8月は暑さにも負けず、毎週1キロずつ増えていました。


028_20121008172734.jpg
どこでも寝ます。

一旦寝たら、起きません。

023_20121008172734.jpg

碧生~。起きて!

ここで、背中の皮に注目ですw

もちろん、また寝ます^^
寝る時の、ドロドロ~と解けるように崩れる寝方が面白いのですが、いつか動画撮れるかなあ。

041_20121008173157.jpg
ちゃんとした写真が撮れないのだけど、左が摩利で右が碧生。
ほぼ、高さは同じくらい。

044_20121008173157.jpg
違いは、前足の成長コブ。まだまだ大きくなるらしい。

でも、それにしても重すぎ。6月1日生れ。今日の体重は14キロ。
パピー用のフードから成犬用に変えて、ダイのご飯を横取りしないように、繋いで食事をさせてもらってから10日。
10日前が13,5キロ。体重増加率が下がりました。


10日前の碧生といえば、初めての人ごみ。アウトレット。
004_20121008192858.jpg
ランちゃんをリードして

007_20121008193101.jpg
会う犬ごとに興味を示す。

でもって
009_20121008192858.jpg
こんなデブでも

013_20121008193234.jpg
スタミナはあるので

015_20121008192857.jpg
8か月のランちゃんにも、いじめっ子だったりしました。

でね。思ったわけです。
碧生は、キカンボウなのですが、3レディース&摩利はとっても甘いです。
賢いので、遊んでもらい方を良く知っているのもあるのですが、動きが鈍いのもあるのです。
でも、碧生はボテボテの皮の下に、しなやかで強い筋肉を着々と育成中。
気付いた時には、レディース達が手に負えなくなってることもあるじゃないかと、やや心配してるわけです。




番頭さんが、朝晩散歩させて、毎朝、てつと大暴れして、昼には摩利や藍虎とプロレスして。。。
銀も顔周りは皮余りだったけど、全身じゃなかったし、どうも碧生は体質が違うらしい。

番頭さんが牡が欲しいと言ったのに、避妊させれば牝の同居との方が楽って言っちゃったのに。
あの頃は、避妊がアレほど太りやすいとは思わなかったから。
あーあ。前途多難です。

碧生は、本当に小さな時から、とっても個性的でした。
今も個性的なのは確かなのだけど、つかみどころのない・・・性格。
碧生は、独特の雰囲気を醸し出していたので、譲って欲しいって話は2件ほどあったのですが、近くで成長を見たくって番頭さんにお譲りしました。

碧生は憎めないヤツで、碧生ファンも多いんですよ。
ブログでは伝わらないのが残念です。


朝、ちょこっと散歩で近所の親戚のおばちゃんに会いました。
碧生の由来になったアオ~です。



このおばちゃん。銀ちゃんにそっくりねーって言ってますが、銀は家族とかすごく慣れた人には遊んでの「アオ~」ってするんです。
おばちゃんは、銀ちゃん&碧生が可愛いって言います。


この後、りゅう婆ちゃんと散歩から帰って来た、おりゅうと藍虎と合流。
028_20121008174812.jpg
碧生に負けず、無邪気なおりゅう^^

碧生はカッコイイ甲斐犬じゃないけど、面白い奴なのでそれはそれで良いです。
パピー教室でも、誰とでも上手遊べるので、先生にも人気でした。


追加

てつ&とらちゃんは、まともな写真が撮れません。
044_20121008200723.jpg
左がてつ。右がとらちゃん。転がっているのが碧生。

045_20121008200722.jpg
手前がとらちゃん。奥が碧生。

とらちゃんは、カッコイイし牝にしか見えない可愛い子です。
動きも速いし。
体重は、多分、まだ10キロにならないです。

でも、いつも必ず碧生が勝ちます。
だって、とらちゃんは動きが速いので大人に狙われてお腹を出します。
そこに、碧生が襲いかかるからw


そうそうそう。私もヤバイです。
仔犬が生れた頃から3キロは太りました。
忙しすぎて、歩き散歩が減ったからです。
あと、お土産にいただいたお菓子を一人で食べちゃったから^^
服が着られなくなる前に、何とかせねば~。

ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | うちの子物語 | CM(17) | ▲ top
置き去りにされた命「ハル」 栃木講演 ご報告
- 2012/10/08(Mon) -
昨日、那須塩原市で栃木講演がありました。
午前中の雨。天気予報は雨のち曇り。

問い合わせ先が私の携帯になっていたので、開催かどうかの問い合わせがあるかな~って思っていましたが、1本もありませんでした。
午後1時半開場。昼まで降っていた雨は上がりました。
きっと、家を出た時には雨が降っていただろうに、100人以上の人が集まってくれました。


中谷代表のお話で始まりました。

そして、タレントの高木美保さんの朗読。
写真集 「鼓動」の中谷さんの文章です。
高木さんは、那須塩原市在住で、栃木拠点にボラに来てくれている。


017_20121008154008.jpg
朗読なのに、涙で声が詰まっていた …この人も熱い人でした。

朝、雨の中、とうさん(田原さん)達が特設会場を作ったそうです。
本当に器用で何でもできると、感心。

そして、演劇。
劇はもちろんだけど、バイオリンや音響が素晴らしかったぁ。
023_20121008155813.jpg
ジブリのサントラや、グレイのコンサート等々を手掛けたプロの方達だそうです。

劇は、涙なくしては見られませんでした^^

そして、感動したのは、被災犬と預かりさんの様子。
012_20121008154009.jpg

014_20121008154009.jpg

018_20121008154008.jpg

026_20121008160249.jpg

027_20121008160249.jpg

愛想のない中谷さんが、選んで渡しているだけあって、私が御誘いの電話をした時も、みーんなみんな親馬鹿になっていました。


007_20121008155813.jpg
お! 甲斐犬の被災犬?

いえいえ、影虎くんとさくらちゃんです。
去年の夏、「フードのカンパに、甲斐犬が来たよー」って中谷さんに言われたのですが、誰だか見当がつかずでした。
去年も寄ってくれていたのですね。

006_20121008161300.jpg
そうそう、人にも犬にもフレンドリーな影虎君とさくらちゃん。

中谷さんに吠えましたー^^

もう、嬉しかったですね!安心しました。銀だけじゃないw
銀ちゃんが中谷さんには唸ったんですよ。
車の中で銀がクレートに居て、中谷さんが助手席に乗ると、必ず

もともと低いダミ声なのに、さらに低い声で「ぎ~~ん」と呼びかけます。
すると、ウエ~と唸ったんです。

毎度毎度やっていたので、最近は、1度唸ると、あとは何度呼んでも背中を向けてシカトになりましたが。

動物臭がするんでしょうね。
山羊と寝てますからw
でも、MIXや洋犬は吠えたり唸ったりしないので、やっぱり甲斐犬は警戒心が強いのでしょうかね。


ここで呼びかけて、皆さんからお預かりしたお金が65,000円。
しっかりとお渡ししてきました。
ありがとうございました。

今後は、学校関係で公演して、子供達に見て欲しいそうです。
私もそう思います。



ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | イベント参加 | CM(2) | ▲ top
天空散歩
- 2012/10/05(Fri) -
031_20121005130317.jpg

033_20121005130405.jpg

034_20121005130404.jpg

037_20121005130404.jpg

039_20121005130403.jpg

標高1200mにあるゴルフ場。気持ち良さげでしょう。

056_20121005130403.jpg

おりゅうも健康診断の結果、どこにも異常なしでした。
18ホール目。この日はちょっと暑かったので、銀ちゃんは尻尾がダレダレ。
おりゅうは、これくらいでは下がりません。12月で10歳ですが、まだ体力はありますね。

9月の第1週。
今年初めて、このコースに出た時に、ちょっとしたハプニングがありました。
その時は、りゅう婆ちゃんが一緒だったのですが、荷物とおりゅう&銀ちゃんを下してから、私が駐車場に車を置いてくる間、見ていてもらうことに。
戻ってきて、用意されていたカートに犬を繋ぐと、私達の後ろでスタートする組の女性の方が近づいてきました。
「大人しいですね~」

リゾートでは、ほぼ100パーセントそう云われます^^
甲斐犬と知っていてもいなくても、そう云われます。
静かではありますが、大人しいって表現は違うような。。。

褒め言葉と同時に、銀ちゃんに触ろうとするので、「こっちは他所の人があまり好きじゃないので、お母さんの方を触ってやってください」と。
いきなり触ろうとする人って、なぜか大抵銀ちゃんを触りたがります。
見ようによっては、銀ちゃんの方が童顔で可愛いからでしょうか^^

「あら。だって、この子、さっき、お手してくれたわよ!」

「え!。。。。」

微妙な空気が流れました。
飼主のくせに、わかってないのね!この子、良い子なのに、可哀想に!って、言葉では言いませんでしたが、そんな目でした。
悪いのはワタシかい?w

りゅう婆ちゃんに「銀ちゃん、お手してたの?」って聞くと、「してたよ」って。

そなんだw

リゾートでは、犬も開放的になるのでしょうか。
確かに、アウトレットとかでは、他の犬にもガウルことはないし、他人に触られるのも平気だったりします。
子供の時から、そういう場所に行き慣れているので、安全って思っているのでしょうか。
犬好きの来客には、絶対触らせない癖に・・・

でもって、1番ホール。
フレキシリードでカートに繋いでいたら、グッと引っ張って、1発で切られました。
帰ってから、仕様書を見たら20キロまでって書いてありました。
普段は、50キロまで可のを使っていますが、うっかりしました。

四足の威力って凄いですよね。
私は体重だけなら銀ちゃんの2倍以上ありますが、フレシキリードを切る自信はないわ。


おりゅうが血尿が出た時は、銀ちゃんだけ連れてゴルフに行きました。
犬一匹連れての、単独プレイ。
相当な変わり者っぽいw

007_20121005134325.jpg

008_20121005134325.jpg

012_20121005134324.jpg

019_20121005134324.jpg
おりゅうがいなくて、私と二人だけだと、こんな感じ~。
待ち時間には、まったり~。

一応、18ホール走りますが、ただ走るだけじゃあ詰らないようです。
大人になったのでしょうかね。
発散目的の運動は、あまり必要がなくなったのか、目的がないと走らなくなってきました。
山に放せば楽なのだけど、今はできない…

全展に向けて運動させるのに、苦戦中~。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(16) | ▲ top
日本犬保存会・埼玉展 2012.9.30
- 2012/10/02(Tue) -
埼玉展も賑やかでした。

009_20121002194527.jpg
ワサワサワサ^^

私が連れて行ったのが、おりゅう。ランちゃん。碧生。てつ。 出陳はランちゃんだけですが^^
あと、出陳は、桃虎。天河。

大応援団として、元ち。しいちゃん。ミト。イチコ。影虎君。さくらちゃん。ディアナちゃん。小夏っちゃん。りんりん。
抜けてないよね(汗

今回はねこたさんが来てくれたので、詳細はお任せ^^
ねこたさんのブログを見てね。

ここは、ざっと写真を並べてみます。
019_20121002195435.jpg
元ち。

なんだか大きくなっていました。家に帰ったら、銀ちゃんが小さく見えました。
もしかして、銀ちゃんより大きいんでない?

頭はぜったいに銀ちゃんよりも大きい気がする。
だって、銀ちゃんが小顔に見えたものw

014_20121002195626.jpg
はじめましてのディアナちゃん。

大きな女の子です。すいらん公園で甲斐犬オフ会ほ開催したので、お名前だけは知っていました。
会えて嬉しかったです。


020_20121002195930.jpg

影虎君とさくらちゃん。
東京展では、ぜひ、山徒の正面で応援して下さい。
素晴らしい立ち込みをするはずです。影虎君に向かって^^

034_20121002200109.jpg
てつと天河。りくの息子達です。
天河は、この日とっても暑かったのに、リンクでは尾もあげて立派でした。
栃木展に遊びに来た最初は、オドオドした態度もあったのに、すっかり落ち着いています。
とても適応能力の高い子です。

天河来た時に、半分マジでガウったのは、てつじゃなくて碧生でした。

017_20121002200226.jpg
戦う時以外は、ずっと車の下で寝ていた碧生。
帰りも、ずっと爆睡でした。眠くなるとテコでも起きない。
普通は展覧会って疲れるのだと思うけど、碧生は単に運動不足になるようです。

027_20121002200441.jpg
姉妹で一番小さいりんりん。

030_20121002200514.jpg
姉妹で一番大きい、しいちゃん。今、19キロあるそうで、りんりんの2倍w

006_20121002200627.jpg
ミトと桃ちゃん。こちらも兄弟。

2年前のりくの子です。


033_20121002200802.jpg
この日、一番ご機嫌だったのは、おりゅう。

023_20121002200849.jpg

みんなに触ってもらって、至福の時。


037_20121002200930.jpg
午後審の桃ちゃん。良いと思うのだけどなぁー。
もちろん、優良は頂きました。

038_20121002201037.jpg
車で移動中のランちゃん。

行きも帰りも、助手席で寝ていました。
家で生れた子じゃないので、私が預かって出陳するのは心配でしたが、この子は大丈夫!
リンクでは尾も下げず立つし、大物ですよ^^


それでも、展覧会だけじゃあ楽しくないだろうから、せっかくのお出かけの締めくくり。
ランちゃんを送りながら、那須のドックランに寄りました。
043_20121002201424.jpg


018_20121002203112.jpg
そうそう。ランちゃんの鼻にわずかに傷があります。
実は、先週なのですが、おりゅうと碧生を連れて、ランちゃんと桃ちゃんとドックランに行く時、ランちゃんを車に乗せようとしたら、おりゅうがガウリました。
その時に、歯が当たったのです。
家で生れた子にはいつまでもとっても優しいのですがねぇ。

これまでも脅すことはあっても歯をあてることはなかったので、瞬発力が落ちたのでしょうか。
ドックランでは普通に、遊ぶのですがね。車に乗せるのが嫌だったのかなぁー。
なので、埼玉展への車内は、おりゅうはクレートでした。


その時もですが、ランちゃんよりもデブデブの碧生の方が体力があるんですよ。
毎朝、てつと暴れているせいでしょうか。
020_20121002202147.jpg
脚の遅い碧生ですが、2時間後にはランちゃんがヘロヘロなので、追い詰めては圧し掛かっていました。

埼玉展は、桃鉄パパに場所取りから受付までお願いして、助かりました。
その上、バッテリーをあげてしまって、桃ちゃんの午後審前に繋いでもらったり、ランに招待して貰ったりと、すっかりお世話になりました。
東京展もまたお世話になります^^

東京展は、銀ちゃんの息子。一星(リキ)が初陣です。お近くの方は、遊びに来て下さいね。

ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 展覧会 | CM(17) | ▲ top
| メイン |