想定外じゃないけど、非日常なこと 加筆あり
- 2015/03/27(Fri) -
私のように田舎に暮らして、日々のんびりしてると、ついつい平和ボケしてしまいます。
ああ、あれはやっとかなきゃなあ!ってことも、「そのうち」・・・ってなってて、イザって時に「しまった!」ってなことになりがちです。
なので、自戒の意味でブログに書いておこうかと。

私の場合、抜けているので、日々、しまった!ってことは、日常的にあるのだけど。
たとえば、この間の三多摩の展覧会。
真徳や磊虎の飼い主さんが、若一で出陳するのが初めてなのだから、歩様の審査のことを教えてあげておけば良かった・・・とか。
日常的にいっぱいあるのだけど、、、すぐ忘れるので、また繰り返すわけです^^

でも、非日常的なことは、覚えてますよ。
去年の年末のことなんですが、とらちゃんの娘のももちゃんが、猪罠にかかってしまいました。
落とし穴みたいな感じのところに脚を踏み入れると、ワイヤーで脚を括ってしまうタイプの罠です。
バネで瞬間的に締まるようにできています。

丁度、町外に出かけていて、あと5分くらいで家に着くって時に、ももちゃんのママから「ももちゃんが、裏山で罠にかかってしまった」と電話がありました。
一旦家に戻って、ワイヤーカッターを持ってももちゃんの家に行き、駐車場から裏山まで、走る走る!
あんなに走ったのって、何十年ぶり?ってくらいに。

ももちゃんは、遊歩道から4メートルくらい山を上がったところで罠にかかっていました。
ちょっと急な斜面で中々上がれない所なのに、ももちゃんを助けようと下から登ろうとしたので、ももちゃんはママの方に下りようとするし、引っ張れば脚が締まって痛いし・・・
ももちゃんのママもすっかりパニックなので、「もも!もも!大丈夫!」って興奮しながらモモちゃんを触ったらしく。
動かせば痛いし、パニック起こしてるももちゃんは、ママの腕を噛んじゃってました。
冬なので長袖着てて、怪我をしたのは、手首のところだけでしたが。
それでも、ももちゃんが崖から落ちないように支えてくれていました。
愛ですね^^
私が行った時は、ももちゃんも落ち着いていました。

自分で言うのもなんですが、私はビックリすると落ち着きます^^
で、少し離れたところから山に上がって、ももちゃんの上方向から近づきました。
で「もも。良い子だったね~。もう、大丈夫だからね~」って、普通に声を掛けました。
ももちゃんはとっても陽気で、気の良い子です。
尻尾をパタパタと振ってくれました。

とりあえず、ワイヤーを切ることにしました。
けど、ちょっと振動があるだけでも痛いので、やめてーってパクっと来ます。
もう一度なだめて、「ももは良い子ね~。マテだよ~」って声を掛けながらワイヤーを切りました。

が、、、、用意周到にワイヤーカッターは用意していたものの、木に繋がれているワイヤーで切っただけでは罠は脚からは外れません。
脚に巻き付いているワイヤーを切ろうと思ったのですが、実際には脚に食い込んでいて切れないんですよね。
強力なバネで締まっているので、そのバネを切るしかないか…
これまた中々、切れないし、ももちゃんが痛がるし。

そのうち、ワイヤーを切らずに罠を外す方法を教わろうと思っていたんですよね。
イチイチ切っていたら、罠は使い物にならなくなるので、外し方があるはずなので。

番頭さんに電話したら、外し方を知ってて、教えてもらいました。
意外に簡単でした。
バネをとめているネジを緩めれば、良いんですね。
罠を仕掛けた人は知り合いなので、切ってしまったことを後で謝りました。

ももちゃんは脚が曲がったまま伸ばすこともできませんでしたが、触っても痛がることもないし外傷もないので、獣医師さんに電話で相談して、そのまま様子見しました。
次の日には普通に歩けました。

ももちゃんが罠に掛ったのは、散歩中の事ですから、罠に掛ってから外すまでに1時間もかかっていません。
なので怪我せずにすんだのだと思います。

ももちゃんのママは、裏山に罠が仕掛けてあることを知っていました。
猪が多くて、荒らされ方が酷いので、罠を仕掛けてくれた人が知らせていました。
だから、ももちゃんはリードフリーで放れていたわけじゃないんです。
伸縮リードで、遊歩道を散歩していたんですね。

罠を仕掛けた人には、罠を仕掛ける場所で忠告したことがありました。
以前、遊歩道から1.5メートルくらい上がったところに仕掛けたので、「ここじゃ犬が危ない!」って。
罠を仕掛けた人の犬は、そんな土手に上ったりしないので、「ここなら犬も安全って思った」って言っていました。

なので、今回は4メートルくらい上がったところに掛けたのだと思います。
彼の中では、犬が掛ってしまう想定外の場所だったのでしょう。
ももちゃんのママも、猪の罠は、山の中に仕掛っているものって思っていたそうです。

私も昔はそう思っていました。
実際は、罠に掛った猪を引き出すのが楽なような場所に仕掛けてあります。
水を飲みに来る場所近くとか、通り道が特定しやすいのも道の近くです。

それに、鳥獣保護地区では銃を使っての猟はできませんが、罠はしかけられます。
なので、とらちゃんの家の裏山のような、遊歩道からすぐの場所でも仕掛けられるのです。
注意書きを張ることになっていますが、大概は1つの罠に1枚は張ってないですね。

たとえ、山の公園でも猪の害に困っていると、山際に括り罠が仕掛かっていることがあるので、愛犬が掛ってしまったらバネを緩めるように、落ち着いて対応するのが良いですね。
大人しい従順な子でも、パニックになると噛もうとすることもあるので、着ている洋服で頭ごと覆うとかの対処も必要なこともありますよね。
念の為、書き加えました。

私も、リードフリーにしないように!って伝えていましたが、遊歩道のわりと近くに掛っているはずと伝えればよかったと。
どこに掛けたのか聞いておいた方が良いよ~とは言いましたが、私自身では確認してやってはいませんでした。

すごーーーーく長くなりましたが、まさか!ってことは、しょっちゅうあることなので、やっておいた方が良いと思うことは、もちろんやっておきましょう。
すぐにやらなきゃ!ってことは、とりあえず、首輪に連絡先ですね。

災害ではマイクロチップは役に立たないことは、東日本の震災で証明済みです。
愛護団体さんは、マイクロチップリーダーは持っていません。

災害は忘れた頃にやってくる!ので、備蓄品のチェックも。我が家もすっかりすっからかん~。
首都で何かあっても、3日じゃ食料配給されないと思います。

今や、いつ突発的に政策変更があるかわからないのが今の中央銀行。
日本なら日銀ですね。
最近では、スイスショックってのがありました。
2日前には、総裁が「ユーロとのペッグを堅持する」ってな発言をしていて、青天の霹靂で「やーめた!」ってことで、一瞬でフランが30パーセントも急騰しました。
ヨーロッパの他国にも内緒で突然変更したらしいけど「こういう変更をする時は、そういうもんだ」ってなスイス中銀の総裁のコメントがどこかに載っていました。
金利の安いスイスフランを借りてユーロに替えて、住宅ローンを組んでいた人なんて、山ほどいたでしょうね。
興味のある方はググってみてください。

国を持たせるためなら、個々人の利害なんて関係なく、国家は突然に「しでかす」ってことです。

今年ってことじゃないですが、どうもすご~く嫌な感じがして仕方がないです。
アベノミクスは背水の陣、崖っぷち、破れかぶれ政策なのは周知のことですが、日銀も年金も企業もマスコミも総力戦です。
細かなことはここでは長くなるので書きませんが、今はテレビも「日本はすごいぞ!」のキャンペーン中です。
そういう内容の番組がすごく多い。
企業も賃上げだけじゃなくて、貯め込んでいる現金を吐き出させられるように仕向けられて、それに協力もしています。
総力戦で浮上しなければ、アベノミクスに安全な出口はない。それだけ、大変なことになってるってことです。
ここまで大変だと、個人に何ができるの?ってことですが^^

お金の価値が極端に低くなり、物価があがることは確かなので、
預金の一部で金や外貨でも持って、今から家庭菜園くらいはしておくと良いかも・・・くらいしか思いつきませんが、良い対策があったら教えてください。
今年は甲斐犬の園でカボチャを作ろうと思ってます。練習です^^

とにかくね、日本だけじゃなくて各国の金融政策が大きく動いて、通貨戦争とか言われている昨今なので、いつもいつも負けている日本は、今回は負けないで欲しいものです。

今年、ビックリしたこと。
銀ちゃんの散歩中に、銃を持った民間人に遭遇。
こんな所で?ってところで、猟をする人がいるので、注意ですね。
オレンジベスト着てないし!


こんな長いの、ここまで読んでくれてありがとう。

(加筆部分)

たとえ、山の公園でも猪の害に困っていると、山際に括り罠が仕掛かっていることがあるので、愛犬が掛ってしまったらバネを緩めるように、落ち着いて対応するのが良いですね。
大人しい従順な子でも、パニックになると噛もうとすることもあるので、着ている洋服で頭ごと覆うとかの対処も必要なこともありますよね。
念の為、書き加えました。


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(11) | ▲ top
日本犬保存会 三多摩展
- 2015/03/24(Tue) -
暖かいのを通り越して、暑かった~。
都会は暑いのかと思ったら、たまたまその日が暑かったらしい^^

この日の出陳は若1組に磊虎。
もうすぐ1歳のりくの息子です。
てちゅ達の後腹ですが、天河と感じが似てるでしょうか。
002_20150324201310096.jpg
銀ちゃんを派手にした感じもしないではない^^

010_20150324201312be9.jpg
暑くて、ハアハアでしたが、場馴れもしていないのに良く立ちました!
審査に厳しい三谷先生から優良を頂きました。

磊虎の飼い主さんは、展覧会が2度目です。
何が何だかわからないと思うのですが、雷虎のために一生懸命学ぼうって思ってくれています。
午前の個体審査の後に、紀州の飼い主さんに「せっかく出してるんだから、他の犬をどうやってるんだか、ちゃんと見とかなきゃ!」と言われ、リンクサイドでちゃんと見学してました。
展覧会だけのことじゃなく、いつも磊虎を良く見て、良く考えて対応してくれています。
多分、叱ったりしたことはないのじゃないかと思います。
叱ったりしないで、自分の意思を伝えられる方法をいつも考えているのだと思います。
なので、磊虎にも愛情が伝わっているのが良くわかります。

余談ですが、我が家で生まれた子でも、この子はちょっと大変かなーと、飼主を慎重に考えなきゃって子がいます。
天河がそうでした。
人が見に来ると家に入って、自分は関係ないと言わんばかりの子でした。
古いタイプの日本犬って感じの子でした。
天河を譲ったのは、犬を飼うのが初めての人ですが、この人ならって私が思った人です。
大正解でした。彼も天河を叱ったことはないって言ってましたが、伸び伸びと飼主と息もぴったりに育ちました。

ある時、家に遊びに来た時に、帰ろうとしたら、まだ帰りたくなかった天河が後ろに下がって、外庭で首抜けしてしまいました。
私が呼んでも、走り回って捕まらない天河。
飼い主さんは、1度呼びましたが天河は外庭を走り回っています。何度も無駄に呼んだりせず、黙って考えている様子でした。
そのうち、車に乗ってエンジンをかけ、ちょっと動かしてドアを開けて天河を呼びました。

流石!って思いました。置いて行かれたくない天河の心理を利用して、無駄呼びせずに回収成功!

里ちゃんも里ちゃんキャーでビビリ決定!と思いましたが、里ちゃんのママが上手く育ててくれました。
とにかく、里ちゃんを良く観察しています。
そして、どうしたら自分の意図する方向に持って行けるかをよく考えているので感心します。
愛犬の扱いが上手な人は「イケない」とか「ダメ」とかの一番楽な言葉を使わないなーと感じます。

多分、人間の子育てと同じなのかな。
子供に理解できるように話してやって理解させられる親子は、良い関係だし子供も落ち着いた自分でモノが考えられる子です。
子供をきつい言葉で叱ってるお母さんは、同じことでいつも叱ってたりするような気がします。
「何度言ったらわかるの!」って言ってるけど、怒ってるお母さんも同じこと繰り返してることに気付こうよ~進歩しようよと突っ込みたくなる^^

まあ、私は自分に子供がいないので、自分のことは棚に上げ~で、勝手なことを書いてますぅ。
すみません。

幼稚犬の部には芽衣ちゃんの娘のふーちゃん。
042_201503242020204f7.jpg

先生に遊んで欲しくて、お尻尾ぷんぷん。
陽気な可愛い子です。

幼稚犬賞をいただきました。

応援団は
奥がおりゅうさんで手前が里ちゃん。 ご飯にガン見。
里ちゃんは展覧会会場が初めてなので、どうかなーと思いましたが、尾を下げることもなく大丈夫でしたー。
037_20150324211621fb3.jpg

そうそう、おりゅうさんがテーブルに乗っていた私の食べかけのサンドイッチを強奪しやがりました。
おりゅうは家では、普段はりく&銀ちゃんに気を使っているので、大好きな展覧会会場では無礼講としています。
家にお客さんが来た時も無礼講なので、やりたい放題です^^
でも、そのせいか、ますます展覧会大好きで、来客大好きですw
おりゅうは自分の子供には甘々だったので、子供の方が態度がデカイんです。

こちらも、ご飯にガン見のコテツとこはちゃん
040_20150324211622838.jpg

股関節の手術をしたそうな、王国のタイガ
いたいたしい~。
034_20150324211624bf4.jpg

ゴットファーザー大和くん。
026_20150324211627feb.jpg
笑顔のやよ~。
025_20150324211625902.jpg
展覧会の後のランチで、yamato-mamaさんといっぱいお話できて楽しかったです^^


おりゅうの息子。山ちん・・・こと、山徒
070_20150324213034059.jpg
いつもスカした男ですw


愛知の芽衣ちゃん
045_2015032421321648c.jpg

お母さんになるかも?の、ひらり~。
020_201503242126272da.jpg

なのちゃんかのちゃん。
038_20150324213344da4.jpg

うちわさんの陸と家の藍虎もいるのだけど、ピンボケ写真になってしまったので、載せられません~。
陸、ごめんよ~。

うちわさん、場所取りありがと~。
さくらママ、土手煮ごちそうさまでした。
なのかのさん、おいなりさんご馳走様でした。
パンの差し入れは、ひらりのママかな?ランチの取り纏めありがとー。

今回も賑やかな三多摩展でした。
チーム甲斐犬三多摩支部?のみなさん、ありがとうございました!

ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

この記事のURL | 展覧会 | CM(15) | ▲ top
充電完了~♪
- 2015/03/21(Sat) -
1月の11日に預かっていた子達が巣立って、去年の3月から続いた子犬ラッシュが終わって、私はすっかり抜け殻でした。
たまりにたまった仕事をこなしながら、思う所もあり、引き籠りしてました。
こんなりゅうママでも、ブログを更新しないことに、心配してくれる人達がたくさんいて、本当にありがたく思いつつも、気持ちも体も重いくブログも1日延ばしにする日々。
でもやっと充電完了しました。

すみません&ありがとうございました。
おかげで、復帰できました^^

甲斐犬の園にも春が来ました。
009_201503212031577cd.jpg

前の持ち主が、とっても花の好きな方だったので、そこらじゅうに球根が埋まってるようです。
とりあえず、クロッカスと福寿草が満開です。
スイセンやらアマリリス?やらチューリップやら、なにやら、、、あちこちにボコボコと目を出してきました。
砂利を敷いてしまった駐車場にもいっぱい目を出してきて、移植に大忙しです。

今日は、茂雄が遊びに来てくれました。
012_20150321204322976.jpg
024-1_201503212031592b7.jpg
相変わらず、良い目してるなあ~。

先週は、たしか、里ちゃんと海翔が、先々週は太郎と虎太郎と里ちゃんが、、、。
毎週のように誰かが遊びに来てくれて、甲斐犬の園も少しづつ整備されています。

ブログをさぼっている間に、2月2日には山下先生を招いて、「子犬との楽しい暮らし方教室」を開きました。
しつけ教室と呼ぶのは、どうもピンとこないというか、ニュアンスが違う感じがするんですよね。
誤解も生まれそうな気がして。
躾ってよりも、楽しく暮らす方法の入門って感じですよね。
人それぞれの目指すところは違うのでしょうが、私は、愛犬と意思疎通が取れるのが一番って思っていて、山下先生から教わるのはその手段を学ぶものって思っています。

その時の陽向ちゃん
027_20150321210316f84.jpg
可愛い~^^

歯磨きの練習台の太郎君。
036_20150321210317534.jpg
太郎くんは普通にやらせてるけど、本当は難しい。
物怖じしない太郎君なので、山下先生がこんな風に抱っこして歯磨きされても平気なんですね。

この時は、可愛かった海翔。今は半年になったので15キロくらいあるそうで大きくなりました。
039_20150321210912bae.jpg

2月2日で、銀ちゃんも6歳になりました。
家ではとっても良い子なんですよ。
何もなければ、マテ!と言われれば、ドアを開けても車から降りずにずっと待ってる。
010_201503212112007e6.jpg
何もなければ・・・だけど^^

もちろん、猫が居たら制御不能~。

夕食後、銀ちゃんとこんな風に遊んでいます。
散々遊んだ後なので、ちょっと飽きた感じです。

銀ちゃんは以前は命令を忠実に守るだけだったのだけど、最近はコミュニケーションをとるのが上手くなりました。
「自分はこうしたい」を上手に表現できるようになりました。
この時は、もうボールは良いから、オヤツが欲しい銀ちゃんです。

単に、私の命令を聞いてもらう一方通行じゃなくて、相互の意思疎通は私の目指すところです。


明日は、三多摩展です。
磊虎が出陳で、いつものように三多摩地区の仲間が応援に来てくれるそうです。
私も出かけます~。
よろしくです。

ブログは短くても近況を伝えていこうと思っています。
訪問していただいて、ありがとうございます。
ポチお願いします

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
この記事のURL | 未分類 | CM(9) | ▲ top
| メイン |