ドックランデビューしました
- 2016/04/26(Tue) -


子犬が3頭だけと云うこともあるのか、りくが元気元気!

元気すぎて、一人で面倒を見る!と、頑張っているので、おりゅうさんは出る幕なし。
近づくと怒られるので、遠巻きに見ています。
おりゅうさんは優しいし、遊び上手なので、子供の人気がそちらに移ってしまうことを警戒してるんですね。
我が家の中では、おりゅうさんよりも、娘のりくの方が強いので、りくに怒られると、ヘイコラしています。


今回の子は、ちょっとビビリの気があるので、ここにいるうちに他の犬に慣らしておきたい。
おりゅうさんが駄目なら、、、ってことで、里ちゃんに来てもらいました。

里ちゃんは、りくの娘なので、りくに敬意を払うせいか警戒しないと思ったんです。
やっぱり、里ちゃんはOKらしい。

子犬とは、寝転んで遊んであげるもの・・・って、ちゃんと学習してる里ちゃん。
この子達にとっては、両親の同じ2歳上のお姉ちゃんです。
022_20160426085834527.jpg

子供達、群がる群がる^^

024_201604260858395d1.jpg

ピンクちゃんは、耳を齧ってました。
039_20160426085837ae4.jpg


りくと里ちゃん。 親子で子守をしています。
いつもは、40日頃には疲れ果てて、子守はおりゅうさんに任せてしまうりくなのだけど、今回は毛艶も良いし、体力も気力も余裕があるようです。
028_20160426085836c38.jpg
里ちゃんは、子供の時にビビリっ子だったけど、おりゅうさんにこうやって遊んでもらって、それをよく覚えてるんですね。


里ちゃんと遊べるなら・・・・と、ちょっとハードルを上げて、昨日はランデビューしてみました。
もちろん、りくは家に置いて^^

おりゅうさん、子供と遊びたかったんですよね。
010_20160426092319a81.jpg


とらちゃんとも遊んでもらいました。
014_20160426092322cb9.jpg

遊びたくて、ワンワンしちゃうモモちゃんに、子供達は最初は驚いてたけど、すぐに理解したようです。
敵意のない遊んでワンワンなんだって。
ビビリっ子達かなーって思ってたけど、それほどじゃあなさそうです。

ワンワンするモモちゃんに、ワン!って言い返して、チョップしたピンクちゃんは、やっぱりキカンボウだぁー。


012_20160426092320e75.jpg
やっぱり、おりゅうさんが一番人気で、くっついて歩きます。
まだ藍虎の出番ではなさそうです^^

今日は、愛姫家で遊びに来てくれるけど、どうかな~。

さて、帰るよ~。
019_201604260923239db.jpg
また、今日も遊ぼうね。

カイポパパからリクエストのあった赤ゴム君の写真。
パパに抱っこされてる。1週間前の写真だけど、1週間で随分大きくなったわー。
024_20160426093712a05.jpg

ポチお願いします。


にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 2016りくの子 | CM(4) | ▲ top
こんなオトコで、すみません
- 2016/04/19(Tue) -
ここの所、毎日、東日本の震災の時のことを思い出しています。
ここは、震度6強でした。

地鳴りのような音と揺れ。
2階の部屋に居た私は、咄嗟にワン憎達の名前を呼びながら、階段を下りて、庭に出ました。
銀ちゃんだけは、私の部屋に居て一緒に外に出ましたが、3レディースは思い思いの場所に居たのが、私の元に走ってやってきました。
我が家の庭は、囲ってありますが、甲斐犬がその気になれば飛べる高さです。
でも、家の連中は、怖い思いをした時は私の元に集まるので、幸い、パニックで飛び出すことはなかったです。

庭の真ん中で、家や倉庫が潰れても大丈夫な場所で、ワン憎達とうずくまっていたのを思い出します。
古い家ですが、運良く前年に耐震補強していたので、潰れずにすみました。

いつもいつも、何なあるたびに思うんです。
この子達を守れるのは、自分しかいないんだって。


熊本で、飼主がわからない保護犬がたくさん出ています。
熊本市と言えば、10年以上も前に「殺処分ゼロ」を目指す宣言をしたので有名な市です。
実際、2014年には殺処分ゼロを達成しているそうです。

飼い犬には、100%迷子札を!と、訴えています。

意識の高い地域だと思うのだけど、それでもやっぱり飼主のわからない沢山の迷子が出てしまっているようです。
早く飼い主さんと会えると良いのですが。
室内飼いの子はフリーになってる子も多いから、窓ガラスが割れてしまえば、外に飛び出してしまいます。
24時間、外さない迷子札を是非お願いします。

私はそんなに細かい人間でもないし、すごく心配症ってわけでもないのですが、自分のことはさておき、ワンコの万が一の心配はしますね^^
3レディースは、首抜けのしない首輪に電話番号が入っています。
別に毛切れしたところで何ってことないので、家の中でも外さないです。
甲斐犬は、自分で脱走して遊びに行ったのは帰ってきますが、善意の第3者が保護してくれちゃって、どこにも届けてくれないのが一番困ります。
特に出先での事故が一番怖いので、出かける時は銀ちゃんも電話番号入り首輪です。
遠方で、パニくって車から飛び出したら、エライことです。


吹雪は、預かりモノで、首輪の跡をくっきりつけるわけに行かないので、今まで何もしてなかったのですが、反省反省。
細い紐で迷子札をつけることにしました。
吹雪の場合は、ウンチしたいと、庭の柵まで掘って脱走します。
今や、ランに置いておいても、知らない人に1番人気のベロベロ犬ですから、どこかで飼われちゃっても困るし。
とりあえず、注射済み票をつけました。

銀ちゃんにも一応^^
誰が見てくれるかは、疑問ですがw
愛姫の飼い主さんが作ってくれた花柄の可愛いやつ。

銀ちゃんの場合は、ここ4年くらいは迷子札をつけていませんでしたが、24時間、室内でもどこでも、リードをつけています。
首輪がハーフリードなので、何かの時に掴んでも抑えが利かないし、掴んだことによって首抜けする心配もあるからです。


日曜には、静岡からかいぽパパ家が遊びに来てくれました。
子犬が産まれたら、必ず遊びに来てくれます^^

流石! 本物の親馬鹿!
リードを繋ぐ首輪とは別に、細い首輪に迷子札をしてました。
「首輪に迷子札」は、首抜けした犬には、役に立たないですもんね。
災害以外でも、行方不明になった犬の半分くらいは、首抜けです。

私も早速、対策することにして、良さげな紐があったので注文しました。
以前は、首輪とは別に迷子札をしていたのだけど、チェーンを使っていたので、ワンプロしてて引っ掛けて切れちゃうんですよね。
何個もなくして、そのうち切れない紐を見つけたら・・・って、しないままにしてました。
反省、反省。

もし、まだ、首輪に電話番号も入れてなくて、迷子札や注射済み票もつけていない愛犬さんには、どうかどうか、つけてあげてください。
しつこいようですが、失踪犬、保護犬に関わるたびに、連絡先さえつけていれば・・・と、強くそう思います。

ここの所、色んなことを考えてて、ついつい長いブログになります^^

東日本の震災の時に、被災犬の保護をしてくれた「みなしご救援隊」
お手伝いをしていた時に、保護された子達を見て、一般家庭で飼われている甲斐犬は、連れて逃げるしかない!って確信しました。
同じ犬でも全然、違います。
どこかに預けるとか、無理無理!

てちゅ。

母ちゃんが1週間ほど留守にしてました。
お孫さんが緊急入院で、娘さんの所に応援に行っていたのです。

お父さんが散歩してくれて、夕方にはランにも連れて来てくれて、ご飯も食べていたらしいのですが。
お母さんが帰ってくるのが1日遅かったみたいで、
023_20160419132711cc3.jpg
こんなことになっちゃいました。

ストレスが原因で、尻尾噛み噛み。

019_201604191327138a6.jpg
お母さん手作りのエリザベスカラーを、吹雪に狙われて取られちゃって、取り返して逃げるてちゅ。

お母さんが帰ってきたので、おりゅうさんともワンプロして、元気なんですけどね。
030_20160419132715b09.jpg

お母さん子なくせに、薬を塗られるのは嫌で、股に尻尾はさんで座りこんじゃうそう。
結局、病院に行って
009_201604191327171ff.jpg
こんなことになっちゃいました。

毛のあるところまで、舐め壊していたようです。
てちゅの母ちゃん、てちゅがあんなオトコなんで、入院なんかできませんからぁー。

男の子は特に、本当に甘ったれの忠犬なので、飼主は病気にもなれないです^^
あ、りんたんはお母さんが入院してしまった時に、お腹が禿げちゃったので、女の子もそうですね。


てちゅだけじゃなくて、りくの子達は、甘ったれオトコが多いのですが、今の子達も相当な感じです。

子犬の扱いの上手いかいぽパパ、ママに遊んでもらって、すっかり慣れました。
019_20160419133937e25.jpg

寝太郎の水色君
022_20160419133939d19.jpg
最近は、活発に動くようになりましたが、人との関わりも好きで、中々可愛いやつです。


この子達も、きっと、てちゅ並み。


ポチお願いします

にほんブログ村






















この記事のURL | 2016りくの子 | CM(4) | ▲ top
お庭デビューしました
- 2016/04/16(Sat) -
熊本・大分の地震は、これまでとはパターンの違う感じで、何度も大きな余震があって、被災されている方は生きた心地がしないことでしょう。
お知り合いの居る方も、ご心配されていると思います。
市役所が耐震補強されていなくて、崩落寸前になるような状況では、どれほど災害に対する準備が出来ていたのか、心配です。
一刻も早く、避難している方々が、落ち着ける体制が整いますように!

我が家も緊急持ち出し物の見直しをせねばと思いました。
もしも我が家が被災して住めない状態でも、ワンコ連れて避難所には行けないので、ドックランで野宿生活ですかね^^
人間用の食糧は忘れがちなのですが、ストッカー2つの肉と1か月分くらいのワンコ缶詰めだけは、いつも用意しています。
ワンコはご飯を貰えない理由を理解できませんからね。

ランのスーパーハウスの方で、避難生活できる最低限の物資を用意をするかな・・・と、思いました。
ついつい、平和ボケしちゃうんですよね。

首都圏にお住まいの方は、備蓄もですが、迷子札はいつもお忘れなく。
万が一の迷子に、マイクロチップは役立たないです。
そして、できれば、クレートで過ごせるようにしてやると良いと思います。
クレートは閉じ込めるだけの意味合いじゃなくて、落ち着かない状況の時に、ここなら安心って落ち着ける場所でもあるからです。
我が家では、我が家で生まれたりくだけが入っていられませんね。
ここで産まれているので、安心できる狭い場所が必要なかったんですね。

クレートに入れば、避難所に入れることもあるようです。
1頭か2頭飼いなら、それも良い選択肢なのかもしれないですね。

近い将来、必ず起きるって思って対処しなきゃと、自分に言い聞かせています。


さて、平和な我が家は・・・

離乳食に、市販の離乳食を混ぜだしてから4日間は、1日に4回くらい庭に出してやってました。
りくがウンチの処理をしなくなったのでね。
少しずつ庭に居る時間を延ばしてきました。

外に出してウンチをするようになると、もう外でしかしたくないんですよね。
金曜の朝、私が外に出す前に、どうしてもウンチしたかったようで、サークルを乗り越えて、サークルの外に居ました。
で、しっかり部屋の端っこにウンチしてました。
なので、昨日からは、庭でも昼寝できるようにしてやって、昼間はお庭生活が始まりました。


りくに着いて、ウロウロしてみたり
051_20160416144944d81.jpg

転がっていたボールを咥えてみたり。
010_201604161449484db.jpg

寝太郎水色君は、外でも寝太郎w
068_2016041615272336a.jpg
この子は、カッコイイ男になると思うんですけどね。
膝に這い上がってきて、抱っこ要請してベロベロ。
我も強そうなんだけど、甘えたり~になりそうですね。

男の子達は、発育が遅いので要観察ですね!

ワンプロしてみたり。 
059_201604161449473ce.jpg
ワンプロは、いつもピンクちゃんの一人勝ちです。
身体の小さい子が早く動き出して、体重がないせいもあってキカンボウっぽくなるんですよね。

でも、ピンクちゃんはキカンボウなだけじゃないみたい。
里ちゃんみたいなビビリっ子かなーと思ったら、そうでもなく、好奇心旺盛。
003_20160416153312c20.jpg
りくの身体にもよく乗ってたけど、ボールにも乗ろうとしてたw


ウッドデッキの下の、ちょっと敗れた金網の中に入ってみたり
012_20160416153313c6d.jpg

草の中に頭突っ込んで、頭じゃたりなくて潜ってみたり。
084_201604161449496b1.jpg

咥えられるものは咥えて、振り回してみたり。
088_201604161550209a6.jpg
なかなか、ヤンチャ娘です。


ウッドデッキの下に犬ベットを入れて、スノコとかで目隠ししてやったら、落ち着きました。
056_2016041615380007b.jpg

今回のりくは、まだ毛艶も良くて、ピッカピカ。
003_20160416153802cd2.jpg

りくが子犬を守っているので、誰も庭には出られません^^
おりゅうさんが、子犬と遊べるのは、あと10日くらいは先でしょうか。


男の子1頭の飼い主さんを募集します。
条件は、りゅうママ家と犬親戚として末永くお付き合いいただけるご家庭。
災害があっても、食糧危機が来ても、一緒に乗り切ってもらえるご家庭です。
甘ったれっぽいので、そこのところもよろしくお願いします。

問い合わせは youyou2ooo@hotmail.com まで。

ポチお願いします

にほんブログ村
この記事のURL | 2016りくの子 | CM(0) | ▲ top
ワンプロ、許可出ました
- 2016/04/15(Fri) -

りくが出産してから、33日。

やっと、りくから許可が出ました。


毎朝の、銀ちゃんと吹雪のワンプロ。





004_201604151420363d5.jpg


010_20160415142037781.jpg


014_20160415142038a4f.jpg


018_20160415142040ff1.jpg


022_201604151420426f6.jpg


銀ちゃんと遊んでくれるのは、吹雪だけなので、銀ちゃんも嬉しいらしい。

小さな紀州犬と、大きな甲斐犬コンビ^^


ポチお願いします

<a target="_blank" href="http://dog.blogmura.com/kaiken/ranking.html"><img src="http://dog.blogmura.com/kaiken/img/kaiken88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a target="_blank" href="http://dog.blogmura.com/kaiken/ranking.html">にほんブログ村</a>


この記事のURL | うちの子物語 | CM(2) | ▲ top
お外ウンチもできますのん
- 2016/04/13(Wed) -
りくの子達、生後1か月になりました。
何だか、あっという間のような気もします。
もう、1日に4回くらい外に出してやると、外でウンチしてくれてます。
出してやるまで待っているんですね。
間に合わないと、鳴いて教えてくれますね。エライもんです。

寝太郎だった水色君。 やっと、顔もわかるようになりました^^
14日くらいから、トイレが完璧でした。
体質の硬い子で、イイ男になりそうな予感なんだけど、寝太郎だし、性格はまだよくわからず^^
023_20160413101429d22.jpg


ヤンチャぶりが際立ってきたピンクちゃん
だから早くから、りくが教育してたのかなぁ。
019_20160413101751bf7.jpg


見に来る人、女性に1番人気の甘ったれ赤ゴム君。
お母さんが犬好きのお家に行くのが良いね^^
022_20160413101752b74.jpg

我が家は、離乳食は3週間目から始めます。
今回は、りくが高齢なので負担を掛けないように、15日目くらいから哺乳もしました。
離乳食初めは、生肉。
鳥のササミのミンチです。
大先輩に教わって、生肉ミンチからの離乳食初めにしてから、とっても以降がスムーズになりました。
便も緩くならず、良い感じです。

離乳食を始めるタイミングは、その家によって違うみたいです。
家は早い方かな。
前回のりくの子達は、5頭で、お乳が足りない感じだったので、19日目から始めました。
今回は迷ったのですが、3頭なので、21日目からにしました。
早めから始めるのには、理由があって、一つは少しでも母犬のダメージを軽くするためです。
お乳を出せば出すほど、母体に負担がかかりますから。

そして、少しでも子犬と遊ぶ余力を残してやりたいんです。
勿論、産後の戻りも全然違います。

後は、体重管理が理由ですね。
お乳を飲んでいる間は、乳の出と子犬の頭数によって、子犬の体重増加は大きく影響を受けます。
離乳食になると、食べ放題なので、お乳が足りなかった子達はグングン追いついてきます。
逆に、お乳が十分な子は、大きいように見えても、そこから伸びが緩やかです。
なので、21日目から徐々に量を増やして食べさせるとしても、早い段階で本来の子犬の大きさになるので、大人になってからの大きさが想像つきやすくなるからです。
我が家で生まれた子は、全部記録が取ってあるので、大体の想像がつきやすいんですね。
特にりくの子は、時々大きい子が出るので、大きい子はその子にあった家に行かないと可哀想ですからね。

勿論、どのくらの体高になるかとかは、体重だけじゃなくて、骨格ですけどね。
他所の子じゃわかりませんが、りくの子は似た体形になるのでわかりやすいです。

生肉をミルクで伸ばした離乳食で、27日まで引っ張りました。
りくが、それなら食べてくれちゃうんですよね。
11日から、ひき肉を加熱して市販の離乳食を混ぜ始めたら、途端に処理しなくなりました。
いったい、何が入ってるんだか^^

子犬に離乳食をあげようとすると、りくが悲しい顔をするんですよ。
010_20160413105254e01.jpg
ずっとずっと、お乳を飲ませて、小さい子のお世話したいんでしょうね。


甲斐犬の里

今年は去年と違いますね。
暖冬だったのが2月に寒くなり、一気に暖かくなったので、色んな花が一度に開花しています。
もう、シャクナゲも咲きそう。
007_2016041310571660b.jpg

010_20160413105717f0d.jpg

昨日は、5頭連れて行ったのだけど、
助手席に3頭。りくが私の膝の上。
ギューギュー。
後は銀ちゃん一人で、ゆったり。
004_2016041311035387a.jpg

我が家の力関係って、こんな感じですね(~_~;)

さて、GW。
甲斐犬の里にお越しのオスの飼い主さんは、早めにご連絡お願いしますね。
今年は、イベント参加しませんからゆっくりしてもらえると思います。
が、草刈協力くらいはお願いするかな。

ポチお願いします。

にほんブログ村


この記事のURL | 2016りくの子 | CM(2) | ▲ top
日本犬保存会 東京支部展 2016.4.10
- 2016/04/12(Tue) -
暑かったです~。

駐車した場所から、リンクまでが遠くて、一体、何往復したんだかわからないほど、往復して、すっかり疲れました^^
最近は、疲れが1日で抜けなくて、昨日はブログの更新もせずにグウたらしてました。
余談ですが、去年の夏に、銀ちゃんが突然歩けなくなる事件があって、その時に、銀ちゃんが老犬になった時の介護を考えて、ジム通いを始めたんですよ。
ついでに、長いこと休んでいたゴルフも再開。
愛護会の秋展の頃、随分とスレンダーになったもんです(過去形)

今年になってから、一度もジムにも行ってないし、ゴルフもしてませんね。
筋力の落ちるのの早いことに、感心してます^^

あ、銀ちゃんは、肉球を痛めただけなので、3日で歩けるようになりましたので、ご心配なく。

で、東京展ですが、前フリ通り、おりゅうさんを出陳しましたよ。
個体審査順は、オスの若いクラスから。
成犬のメスの審査は最後なので、暑い暑い。
石畳のリンクは、人間も汗ダラダラ。
出陳直前まで、おりゅうさんは、里ちゃんのお母さんに日傘をさしてもらってました。

118_20160412113233eed.jpg
おりゅうさん、リンクに立てて、ご機嫌。

136_201604121132351fb.jpg
リンクの中を、三角形に歩く、歩様ってのがあるのだけど、おりゅうさんは慣れたのもで、小走りで自分で目印の所から曲がって三角形に歩けます。


歩様の最後は、審査員の先生の前で、ピタッと止めて立たせるのだけど、
137_20160412113236c7b.jpg
おりゅうさん、どや顔w

コテツおかんちゃんに「おりゅうさん、カッコ良かったよ~」と撫でられ
142_20160412113938c1b.jpg
当然でしょって顔してました^^

最高齢犬賞は、文句なしのダントツ!
日保のシステムとして、その日出陳した成犬、壮犬のオスメスのトップに本部賞ってのが与えられるんですね。
この日の東京展は、出陳頭数が多かったので、中型に2本の本部賞が出ました。
で、本部賞を6本取ると完成犬になります。
そうすると、支部展には出場資格がなくなって、本部展つまり全国展だけに出場してくるわけです。
吹雪の父ちゃんも爺ちゃんも完成犬なので、支部展では見られません。
爺ちゃんは、成犬(2才10か月以上)になって、わりとすぐに完成犬になってしまいました。

日保の展覧会に参加してる方は、本気で?全国展上位を目指している方が多いので、8歳で完成犬にならない犬を支部展で出し続けることは少ない気がします。
その代わり、全国展は完成犬が出てきますから、7歳くらいは当たり前に出陳されますし、中型の上位入賞犬は5,6歳ってのが多いような気もします。
心身ともに充実してくるのは、その頃なのだそうです。
脂ぎったところから、ちょっと枯れた感じの7歳くらいが、一番味があって良いという人もいます。

そういうわけで、東京展のおりゅうさんの最高齢犬賞は、安泰ですw
ロイカナのシニアフードを10キロ頂きました!
ちなみに、最高齢出陳犬を表彰しているのは、この辺では東京支部だけです。
おりゅうさんには、カロリーが高すぎるので、てちゅの先住犬の18歳のケントくんにプレゼントです。

何往復もしたのは、他にもハンドラーしたり、応援行ったり・・・
089_2016041212141038d.jpg
おりゅうさんの息子の山徒です。通称、山ちんもハンドラーを務めました。

幼犬でデビューした時から、不動の立ち姿です。
これまで数度しか出陳してませんが、練習もしたことないけど、、、しかも、自分の順番が来るまで、リンクの中でも寝てたけど、やる時はやるオトコです。
やる時しかやならい、省エネ型でもありますw

079-1_2016041213330691a.jpg
オスの成犬で、この日は山ちんが最高齢だったので、ビックリ!
7歳になっても、全然枯れた感のない山ちんでしたw
山徒の飼主は、私の友人ですが、運動のために、山徒と10キロも散歩してるそうです。
なので、山徒は運動十分って言ってました。
でも、飼主はその他に週に4回もジム通いして筋肉自慢なんだから、山ちんにも全展までには筋肉つけてやってください^^

冬に会った時には、寝ぼけた毛色になっていましたが、毛色も濃い赤に戻っていました。
山ちんは、良くも悪くも、展覧会場で緊張も気迫もない^^
気迫が出るのは、ヒートのメスを遠くに見つけた時だけでしょうかw

でも、私は山ちんの尻尾、好きですよ。
太くて力強くて、重さのない尻尾。

お母さんと出陳の愛姫。いつも綺麗に立ちますね~。
104_201604121410586b5.jpg
愛姫も初陣から、こうでしたね。
娘の胡蝶も、性格はビビリって言ってますが、同じように立ちますね。

愛姫は、出陳するのが楽しいみたいで、リンクから出てくると「私、やったでしょ!」って、飛びついてきます。
目立ちたがりDNAなんでしょうかw

もう1頭、ハンドリングしたのが、みーたん。
愛姫の娘で、水森(みなも) 幼犬の部に出陳です。
143_20160412142038c51.jpg
隣に3頭の紀州犬が並ぶと、みーたん、紀州犬にロックオン!

ウオー!ワンワンワーーーーン!ウオーーーー!
145_2016041214204124b.jpg
やっつけてやるー! 行くんだー!と雄叫び中w

幼稚犬の審査中なので、幼犬の審査待ち中
149_20160412142042ac5.jpg
みーたん落ち着け!と、日陰にしてやって待っていましたが、ガン見。
3回くらい雄叫びあげて、笑われてました。

右側が、胡蝶。
普通に触らせてくれました。
三多摩の展覧会に連れて来て、随分と変わったそうです。
キリッと立てるくらいだから、最終的には、愛姫並みくらいまでにはなると思うんですよね。
がんばれー!

みーたん、あおたんに似てきた気がします^^

みーたんが、紀州犬に強気なのは、吹雪の影響です。
吹雪が、いつも優しく遊んでやっているので、白いのは弱いって思ってるみたいです^^
046_20160412143338138.jpg
↑こんな感じ。

で、みーたんはお兄ちゃん手作りの首輪をしていて、ハンディももらってるんですね。
018_201604121433371c8.jpg
みーたんは、実際太っているんですけどね。
骨太な上に、かなり毛も開立しているので、ゴロンゴロンに見えますね。
小さな弾丸娘です。

我が家は、一番若いメスが子供の面倒をよく見てくれるので、子犬は勘違いして?自信のある子に育ってくれます。
藍虎が子供とよく遊んでくれるのだけど、最近は、吹雪がみーたんの子守役です。
子犬が、キャンと言えばやめるし、決して怒らないので、子犬はやりたい放題、好い気になっていきます。
そうやって育った子が、また子犬を育ててくれることを期待します。
我が家は、出産した母親は子育てで疲れているので、ベビーシッターは分業制なのです^^
そういう点では、母犬1頭で産んで育てて、子犬を残す場合は、人間が手伝って母犬を休ませてやらないとストレスになりそうですね。

みーたんを見てて、自信を持つことの大切さを改めて感じた1日でした。

疲れちゃって、写真も撮ってもらったものばかりで、自分ではほとんど撮りませんでした。
なので、写真がないw

里ちゃんは、尾を上げてやろうとウロウロしてて撮り忘れた^^
壮犬のオスには、磊虎と愛護会から移籍してきたリキくんが出陳していたのだけど、車との間の移動中で見られませんでした。

138_20160412144124cb0.jpg
リンクサイドで見学中、ゴロゴロしてる磊虎2才。

オットリと育ててもらって、嬉しい限りです。
もともと物おじせず、気性も強い子だったので、今、このくらいがちょうど良いなあ~って思うんですよ。

156_20160412144757b34.jpg
女の子には、興味あるらしいし。


芽衣ちゃんのお子ちゃま達。幼稚犬で出陳です。
彩ちゃんは、可愛いけど、芽衣ちゃん並みに大きくなりそうな子です^^
152_20160412144127c78.jpg

静月。愛姫の息子どの。随分、色が出ましたね。
139_201604121448008cc.jpg
まだ、脚上げチッコもしない子で、見るからにムクムクのお子ちゃまです。
今の所、人懐こいカワイコちゃんです。


東京支部は、甲斐犬の応援をしてくれています。
審査の最後に、甲斐犬だけ集めて、甲斐犬最高賞を出してくれるんですね。

今回、お子ちゃまも多いですが、11頭。
山ちんか、リキが貰うんだろうと思ってました。
やっぱり、山ちんとリキを1歩前に出して、、、、え?おりゅうさんも?
3頭見比べて、おりゅうさん!

おりゅうさんが、最高賞。。。

まったく、喜べない感じです(~_~;)
受けを狙ったかと笑いましたが、良く考えたら、どどーーーんと、疲れました。

でも、先生が「おりゅうさんを撫でて、よく来たね。また、お出でね」って言ったのを聞いて、
いつも甲斐犬は、末席と決めている先生だけど、意外な一面を見た気がしました。

また、来ますよ。おりゅうさんが、出るんだ!って言う限りはね。
自分が中心に居られるのが、おりゅうさんの元気の原動力ですからね。


そうそう、今回は私の車が修理中で、りゅう婆ちゃんの車を借りたので、「一緒に連れてけ!」というので、仕方なく同行しました。
こちらも元気で何よりなのですが、油断すると、家の身内じゃない犬に、おりゅうさんを近づけていたりします。
おりゅうが優しいのは、身内だけだから、他所の犬に近づけるな!って何度言っても、忘れちゃうんだなあー。
犬に触るな!って言っても、元気なので色々やりたいんですよね。

ご迷惑をお掛けした方、申し訳ないです。
りゅう婆ちゃんのような飼い主が、展覧会場では一番迷惑です(-_-;)


暑くて疲れた東京展でしたが、支部を上げて甲斐犬の応援をしてくれているので、秋は奮ってご参加お願いします。
158_20160412160624d53.jpg
最高齢犬賞と商品のドックフードは渡せませんが、甲斐犬最高賞は取りに来てください^^


おりゅうさんの名誉のために?昔の写真をアップしてみます。
5歳半くらいの時。まだ、展覧会には参加してませんでした。
P1000011-1.jpg
P1000015.jpg
イケてるオンナでしたw

もうちょっとで6歳。展覧会に参加し始めて、運動始めた頃です。
P1040459-2.jpg
張りが出ましたね^^


トレードマークの、力強い差し尾だけは、今も健在です。

次は、5月15日の埼玉展に遊びに行く予定です。


ポチお願いします

にほんブログ村


















この記事のURL | 展覧会 | CM(4) | ▲ top
おりゅうさん! 出陳ですよ~!
- 2016/04/06(Wed) -
今日のタイトルとは関係ないですが。
藍虎、換毛中^^
103_201604061332530c1.jpg

ブラシしてもしても、こんなんw

先週の愛護会春展は、体調不良で行けませんでした。
残念でしたが、秋にまたお邪魔することにします。


今週末の東京展。
おりゅうさん、久々の出陳です。

13歳と4か月!

狙うは、最高齢犬賞^^

東京支部は、犬の管理のお手本として最高齢犬を表彰してるんですね。
おりゅうさんが、生涯現役!って、言い張るので、2年ぶり?かなーの出陳です。
ここの所、三多摩も栃木も、リンクに立つまでは帰らない!って、言い張るんですよ。
みんなに注目されて、褒められて、撫でられて、それが生き甲斐のおりゅうさんです。

ランでは、若い者とちょこっとは遊ぶのですが、ぐうたら寝ていることも多くなった、おりゅうさん。
引き紐を見せて、展覧会に出るの?って聞くと、出る!と、自転車散歩に行きます。

適度な運動は、足腰のために良いので、吹雪と一緒に自転車で3キロくらいを走ります。
おりゅうさんには、3キロくらいを途中、道草しながら走るのがちょうど良いみたいです。
吹雪は、夕方にもう1回。
吹雪だけなら、道草なしの全力疾走。
若い時に運動をしっかりして、後は適度な継続が良いのは、人間と同じですね。

りくが、運動で若返りを証明してくれたので、おりゅうさんもボチボチ頑張りましょう!

006_20160406123702252.jpg

りゅう婆ちゃんが散歩してくれる時は、1万歩くらいは歩いていますが、歩き散歩は人間の軽い運動にはなりますが、犬の運動にはならないですね。
ガンガン引かせて、負荷を掛ければ別でしょうが、普通の家庭犬は引かないように教えているので、引き運動にもならないですよね。
もちろん、歩き散歩は、気分転換だったり、飼主とのコミュニケーションだったり、運動以外の目的があるので、銀ちゃんも朝は車と走っていますが、夕方は私と歩き散歩です。

犬と自転車散歩するやり方って、人それぞれだと思うのですが、参考までに。

犬ぞりみたいに、ガンガン走る吹雪は、リードをハンドルに引っ掛けています。
007_20160406123703fba.jpg

2頭で行く時や、銀ちゃんはサドルの下に繋ぎます。
022_20160406131141b05.jpg

サドルの下に、古い首輪をワッカにして、そこにリードを繋いでいます。
私が使っているのは、ハフマンの多頭引き用のリード

両端にフックがついていて、前輪の前を横切れない長さなので、ちょうど良いです。
荷台に繋がないのは、私の自転車は荷台がないのと、サドルの下だと、すぐにリードが掴めるので、イザとなった時にコントロールしやすいからです。
あと、銀ちゃんの力だと、サドル下以外は自転車ごと持って行かれてしまうので、無理^^
ここ2年くらいは、銀ちゃんは脚力が付き過ぎちゃって、自転車運動で猫に出会ったら、自転車を捨てるしなない状態なので、やってないです^^

013_20160406123704ed9.jpg

おりゅうさん、りく、藍虎なら、3頭でも行けます^^
吹雪は、爆走する上に、前後左右にも飛ぶので、2頭までが限界ですね。

女性が、リードを手に持っての自転車運動は、道交法にも違反するし、ちょっと横に引かれても危ないので、お奨めしません。

昨日の雨でも、
067_20160406123705068.jpg
吹雪にベロベロされて、やや迷惑そうなおりゅうさん^^

引っ張ったら、自転車が自分の方に倒れてくるってのは、すぐに学習するので、停めてる自転車は引っ張らないです。

我が家だと、特に吹雪は自転車運動が大好きで、自転車見ただけで大興奮です。
全力で走りたい欲求が強いみたいです。
吹雪とは10キロ以上走ったことはないですが、いつまででも走りそうですね。

もちろん、山に放してやれれば、それが一番の運動ですが、猟欲に目覚めちゃってる銀ちゃんは、無理ですねー。
イノシシに切られて、怪我されても、車まで抱いて行けないです^^

去年、陵の山に何度か一緒に遊びに行きました。
目的は、りくのリハビリです。
でも、あの優等生だったりくが、リハビリ効果もバッチリで、先頭きって鹿を追って行きました。
藍虎にはGPSをつけていたのですが、それも、2キロも追って行って電波が途絶え^^

不良になったりくは、藍虎が帰ってきても戻らず・・・
優等生なので、GPSをつけていなかったので、3キロ先の道路まで出なければ良いけど・・・って心配しました。
2時間して、陵と一緒にやっと帰ってきましたよ。

山で放した甲斐犬が、飼主の所に戻ってこないってことは、まずないです。
ただ、獲物を追っての交通事故が怖いです。
あまり車が通らない山道の場合、犬も油断していて、車の方も直線だったりすると、結構なスピードが出ていたりします。
普通に、甲斐犬が道を歩いていて、交通事故にあうことはあまり考えませんが、獲物を追って飛び出した時は別ですから。

藍虎のように、猪にも行くようになると、怪我が怖くて、昔のように近くの山で放して遊ぶことはできなくなりました。
そうそう、一昨年の暮れに、真徳の兄弟のモモちゃんが、リードで散歩中に猪のくくり罠に掛った事件がありました。
お母さんがパニくって、モモちゃんもパニくって、モモちゃん噛まれる事態に。
私もすぐに駆けつけて、何とかかんとか罠を外しました。
掛ってすぐだったので、怪我もしないですみました。

色々と、山遊びの場所の選定が難しくなったので、陵のお父さんに一緒に連れて行ってもらうくらいになりましたね。

またまた、長くなりました~。

東京展は、山ちん、愛姫家、さくらママ家、陵、里ちゃん、磊虎兄弟も出陳予定です。
吹雪は、お留守番^^

お時間あったら、遊びに来てね♪

ポチお願いします

にほんブログ村

















この記事のURL | おりゅう物語 | CM(4) | ▲ top
| メイン |