鮎の小父さんは太っ腹でした
- 2008/10/26(Sun) -
P1030865.jpg

土日だけ近所の豆腐屋の駐車場で鮎の炭焼きを売っている鮎の叔父さん。
いつもうちのワン増達と遊んでくれます。
こうやって1匹ずつ櫛に刺して、墨で丁寧に焼き上げます。
それで、1匹200円は絶対安い!って思ってましたが、今日、謎が解けました。


P1030864.jpg

今日はワン増達に石焼芋をくれました。
大きくて甘~いお芋です。


P1030868.jpg

芋は鮎の小父さん提供で豆腐屋のオーナーが石焼にしました。
計算したら、大きいのは400円くらいで売らないと採算が取れないので、とても高くて買ってもらえそうにないので、みんなで食べることにしたそうです。

うちのワン増達は甘いサツマイモが大好きで、贅沢にもパクパク食べています。
そしたら小父さんが、「畑にまだまだいっぱいあるから、採っておいで」と言ってくれました。
「ついでに高原大根や柚も採ってきな」って薦めてくれました。


P1030879.jpg

芋掘りしてみたい!ってことで、早速、小父さんの畑に豆腐屋のオーナーに連れて行ってもらいました。
藍虎は帰ったのでおりゅう&りくで行きました。
藍虎の家には負けるけど、小父さんの畑から他の車が通る舗装されている道路までは500㍍はある山の中です。

小父さん、炭焼きもしてるんですって。
だから、炭焼きの鮎があんな値段でできたのね。


P1030881.jpg

小父さんが道具も全部用意して貸してくれたので、あとは掘るだけです。
りく、遠慮しないで良いぞ!

おりゅうは初めての場所なので、例によってどこかに探索に行っちゃいました。


P1030891.jpg

すぐ横は奇麗な沢があります。

P1030885.jpg

掘った芋や大根を洗いましたが、水が冷たかったです。
豆腐屋の駐車場に戻ったら小父さんの奥さんも居ました。
お礼を言いましたが、喜んでいる私やワン増達に対してご夫婦そろって喜んでくれました。
自給自足を目指しているそうなのですが、家族3人では食べきれないので、人が遊びに来てくれるのが嬉しいのだそうです。
毎日でも犬を連れて遊びに来て、何なら畑も貸すから作物を作ってみては?と誘われました。

日ごろ山で暮らして土日だけ街場に出てきて、人と会って話をするのが楽しいそうです。
小父さんは2年前まで公務員でしたが、早期退職して自宅とはちょっと離れた山間の土地で炭焼き&農業生活をしている心豊かな人でした。

ってことで、いつも笑顔なんだろうな~って顔の明るい奥様の薦めもあり時々畑を手伝うことにしましたw


P1030877.jpg

小父さんの作業場に行く途中、家?が一軒ありました。
手作りっぽいログハウスです。
柵が作ってあって犬が放し飼いにできるようになっていますが、今は犬も人間も留守のようです。


P1030876.jpg

庭は二つに仕切られててにはもう一つの広い方は牛が放し飼い?になっています。
何とも面白い感じです。
住人は東京の方で週末だけ来るらしいです

そういえば、藍虎パパも都会から引っ越してきた人ですね。
ど田舎と言っても、ここは栃木なのでいざとなれば東京は遠くないので、田舎暮らしを希望する移住者も結構居ます。

いざとなったら、犬は逃げられる柵なので、「行くんだーーー!」と騒いでいるおりゅうを車から降ろしてみたい衝動に駆られました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<やっぱりここが一番?! | メイン | どしゃぶりです>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/106-d041e029
| メイン |