またやられました!
- 2008/09/16(Tue) -
P1020508.jpg
お寺の裏山にすっかり慣れて、りくの後を追って、どこにでも着いて行く藍虎。
りくも藍虎の様子を見ながら走っているけど、もう藍虎も足が速くて中々カメラでは追えないです。
真ん中辺りに小さく見えるのが藍虎。

P1020462.jpg
山で見る藍虎はちょっと凛々しくなりました。沢を走って足はびっしょりです。

P1020463.jpg
あれ?一人で山の方に行く???

P1020467.jpg
「藍ちゃーん!」いつもなら戻ってくるのに、どんどん山をあがって行ってしまいます。
ズームでもカメラでは追えない所まで行って、ついには肉眼でも見えない所まで。
いくら呼んでも降りてこないんです。
お世話係のりくに藍虎を見に行けと言ってもその辺で遊んでいます。
仕方なく、私が山を登って行きました。

P1000954.jpg
藍虎居ました!
え、、、ウンチか~~!

P1020482.jpg
目的を達すると藍虎は私について山をあがってきたおりゅとリクと走り回り始めました。
結構急な斜面を力いっぱい走ります。

P1020481.jpg
一気に山を駆け下りて行く犬達には私は到底追いつけず。
藍虎が下で私を待っています。
一体何やってんだか~~って失笑。


ウンチにあんな所まで行かなくても良いだろうに!と思いながらもウンチ中におりゅうに襲われない為の知恵かなって思いました。
藍虎は朝と昼に外に連れ出すようになってから、ウンチはいつもの庭ではしなくなりました。
それもきっと本能ですね。
そう言えば、おりゅうもりくもお寺の門をくぐると、ウンチの時は山にあがりますね。
その辺の草むらでは用をたしません。
それがわかっててリクがついて行かなかったのかも。

でも本当にやられたのは、私が山を降りるのに時間がかかっていたこの時でした。

下まで降りるとおりゅうの姿が見えません。
駆け下りた勢いで反対の山に上がったかなと思ったのですが、裏山に一番近い墓地から読経の声が。。。
嫌な予感。
大声で呼び戻すわけにも行かず、その辺を探しますが、居ません。
墓地での読経が終わり、お焼香が始まりました。
お葬式か法事があったのです。
大きな池を挟んで距離はありますが、何となくこちらに視線を感じます。
ほぼ、決定的。
お焼香が終ると、私にお一人が手を振って、地面を指差しています。
やっちゃった!と思いました。
急いでリクと藍虎を連れて走っていくと、皆さんの輪の中でおりゅうが座ってお供えものの団子を食べてます。
読経の間、参列者の後ろに座っていたそうで、、、、。
「一緒に拝んでくれたから、お礼しといたよ」って言ってくださいましたが、私は冷や汗タラタラで平謝りです。
「大人しくて可愛いね」とか「お利口さんだね」とかって言われて、益々、恐縮してしまいました。
ご褒美貰ってナデナデされているおりゅうを蹴飛ばすわけにも行かず、鼻ピンで勘弁しましたが普段は来なかった昼の時間帯にはこういうこともあるってことを忘れていた私が迂闊でした。
「奇麗だね。何犬?」と聞かれ、この時ばかりは「甲斐犬です」って声が小さくなっていたかもしれません。

おりゅうをかばった見方をすれば、大好きな若住職のいつもと違う感じと、沢山の人が群がってるので、様子を見に行ったんじゃないかと。
でも、いつも一番世話が焼けるのはおりゅうだったりします。

しかしながら、これは昨日の出来事なんです。
ちょっと凹んだので、明日は呼戻しとリードポイントの確認の練習しようと思いながら寝ました。
でも、今日はまたやっちゃいました。それはまた後で。










スポンサーサイト
この記事のURL | 失敗しちゃいました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<やっちゃったんですが | メイン | 展覧会で会ったくろいもの会のメンバー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/12-ccfbc37f
| メイン |