三角関係?
- 2008/11/16(Sun) -
P1040156.jpg

左から藍虎、りく、おりゅう。
藍虎だけが血の繋がりがなくて、従業員さんの飼い犬だけれど、今の所はみんなで本当に上手くやっています。
普通に考えると、おりゅうがボスなのでしょうが、おりゅうがボス風を吹かせることって殆どないんです。

かなり、大らかなボスなのかもしれません。


P1040286_20081116092016.jpg

この日も散歩から帰って来て、おりゅうがいつまでも外をウロウロしているので、りくがリード咥えて強引に引っ張ってきました。
おりゅうは、りくに為されるがまま怒りもせず、しぶしぶ返って来ました。

りくは世話好きですw


P1040651.jpg

藍虎はいつもりくの背中に乗ってしつこくするので、大抵はりくは振り払うように遊んでやるか、嫌な時は逃げ回るのですが、藍虎を強く叱り付けるようなことはしないです。
先日、りくがシーズンピークの時に、藍虎が背中をベトベトになる程しつこく噛んでマウンティングしようとするので、流石にイライラしたのでしょうか、何故か目の前に居るおりゅうに怒りました。
藍虎はまだ子供だからなのでしょうか。
おりゅうはトバッチリでりくに怒られて、スゴスゴとその場を離れました。
おりゅうがりくに怒られちゃったのは、これで3度目くらいでしょうか。
1度目は食べ物でしたが、2度目は良くわからず、今度はトバッチリ。いつも明らかに動揺するんですよね。
可愛い一人娘が鼻に皺を寄せて勢いよく唸るものだから、どうして良いかわからないって風になるんです。
りくがおりゅうに怒ったのを見ても、藍虎はまたしつこく背中に乗るんです。
りく、たまには怒れ!って気合を入れるんですが、藍虎には甘いりくです。


IMG_4598.jpg

おりゅうはとても母性が強いのか、りくが歯が生え替えのころは、乳歯が抜けると血が出たりして、口の中まで舐めてやっていました。
りくも口を開けたまま、おりゅうに舐めてもらっていました。
写真はその時のです。

りくがシーズン入りすると、着いて回って舐めてやってます。

家に居ると一番威張っているのは藍虎で、煩いのを我慢してでも面倒見てるのがりくで、おりゅうは子供には甘いお母さんみたいです。


P1040099.jpg

外では藍虎はりくについて回ります。
まだ基礎体力が劣る藍虎にとっては、足場が悪い所は不利なので、あまりにおりゅうが本気で走り回っていると、藍虎は入っていかないです。
もっと小さい時にふっ飛ばされて3回転なんてこともありましたから。
でも、そんな時も藍虎をおりゅうから守ってくれたのはりくでした。

今は藍虎は吠える犬も平気になりました。
藍虎が外でビビって逃げようとするのは、りくが吼えた時だってことが最近わかりました。
りくはおりゅうが1歳の頃よりもずっと警戒心が強いのか、時々、散歩中に吠えます。
フルフェイスのヘルメットかぶった人だったり、90度に腰が曲がったおばあちゃんだったり。
陶器でできた等身大の人形だったり、カカシだったり。
りくにとっては始めて見る異様なものなんです。
先日、藍虎が家まで逃げ帰ってしまったのは、川を流れてきた切り株にりくが吼えた時でした。


P1040565.jpg

山では勿論、勇敢で体力のあるおりゅうがボスだってことを承知しています。

でも、最近、街中を散歩してて犬に吠えられると、相手が繋いである状態なら、1歩前に出てガンを飛ばすのはりくの役目みたいです。
おりゅうは、近くまで来なければりくに任せて知らん振りですが、近くまで来ても吠え掛かってくるようだと、オッカサンの出番です。
最初はおりゅうが後ろに居るからかと思ったのですが、りくだけで、しかも相手が3頭とかでも引かないので、そのうちガチンコ娘になるのかもしれません。
藍虎は勿論、一番後ろで尻尾半下がりで、いつでも逃げられる体性です。

外では断然、おりゅう、りく、藍虎の順番で強さがはっきりしています。

P1040530.jpg


家でおりゅうが弱い者を大らかにさせているので、りくも藍虎もイジケルこともなく上手く行っているのかなあって思います。
家では奥さんや子供に言いたいことを言わせていても、外では頼りになるお父さんみたいですねw
人間だって、自分の精神的な居場所というか、伸び伸びできるシーンがないと卑屈になっちゃうもの、序列がある犬社会では尚更なのでしょうか。
うちのワン達はそれぞれが良い感じで生活できてるみたいですが、それもやっぱり、おりゅうの功績が大きいです。
姿形も大切ですが、性格ってもっと大切かな~と思う今日この頃です。
もしまた、おりゅうに子供ができたら、毛色と性格はおりゅうに似て欲しいですw

写真は神社にあった張りぼての馬なんですが、勇ましい若武者っぽい顔したおりゅうとのツーショットが面白かったです。
P1040865_20081116144601.jpg

おりゅうが使っていることの多いお気に入りの小屋ですが、藍虎が寝ていてもおりゅうは叱ったりしませんね。
おりゅうは犬ができているのでしょうか?w

藍虎は少なくても肩身の狭い思いはしてないと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | うちの子物語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<甲斐犬は高い所がお好き!? | メイン | 秋晴れの下のほっこり>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/123-82559054
| メイン |