シロの功績
- 2008/12/22(Mon) -
P1060170.jpg

ご近所に「シロ」っていうよく吠える犬が居ます。
毎日毎日、好い加減に慣れよって思いますが、良く吠えます。
藍虎は尻尾フリフリ腰をクネクネさせながら、低い姿勢でシロに近づいていって、お尻を向けながら、遊ぼう~ってアピール。


P1060172.jpg

藍虎、後ろを振り向いてりく&おりゅうが居ることを確認。


P1060173.jpg

お世話係はちゃんと後ろに控えています。
藍虎、これで千人力です。
いざとなれば鉄火肌のお世話係が猛然とシロを撃退してくれます。

猛烈に吠えたり唸ったりするシロに近づけるのは、凄い!って近所では言われています。


P1060177.jpg

押し捲られてシロは塀の中に逃げ込んでしまいました。

P1060010.jpg

そうこうするうちにシロの吠える声を聞きつけて飼い主さんが出てきて、みんなにオヤツをくれました。

そうなんです。シロはとっても優しい飼い主さんに飼われている吠えるけれど決して噛んだりしない♂犬なのです。
最初にシロと友達になったのは、おりゅうでした。
2ヶ月くらいの子犬の時に猛然と吠えるシロのところに毎度這って行って、シロが根負けしたのです。
3ヶ月過ぎた頃は、吠えるシロを横目にシロの犬小屋で寝ていたりしてました。
おりゅうは、近所で苦笑いされるくらい可笑しな子供でした。

それは、りくに受け継がれ、りくも犬に吠えられるのが平気です。
吠えるシロをかわしながら頑張っていると、シロの飼い主さんが出てきて、ワン僧達にとってはご褒美をくれるわけですから。
食いしん坊の藍虎だって、飼い主さんが出てきてご褒美をくれるまでは、頑張ります。

だから、山形甲斐の所であれだけ4頭に吠えられても藍虎は平気だったんですね。
シロのお陰で我が家のワンは犬に吠えられてもビクともしませんw


P1060183.jpg

でもねえ、、、、おりゅうはやっぱり可笑しな犬です。
眠かったのか待ちくたびれたのか・・・

ほら!帰るよ!


P1060185.jpg

ズルズルっと引きずられても起きません。

こら~~!
スポンサーサイト
この記事のURL | うちの子物語 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<ちょっと困った | メイン | アウトレット>>
コメント
--
おりゅうさんのオチが最高ですね。
2008/12/23 00:05  | URL | うちわ #iqhSIKS2[ 編集] |  ▲ top

--
毎度このオッカサンは笑わせてくれます。
でも、ここって駐車場で結構人が居て、笑われたのは私でした。
2008/12/23 19:58  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
超超 リラックスの おりゅうさんですね。

引っ張るほうも おもしろいけど これで 起きない おりゅうさんも おもしろい.

2008/12/24 12:15  | URL | 熊五郎 #4B3NfbaA[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/150-328923ea
| メイン |