スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
子猿が来た!
- 2008/12/30(Tue) -
P1060537.jpg

28日から妹が子供達を連れて、帰ってきています。
それで、忙しくてブログの更新が遅れたのですが。

ちょっとでも目を離すと、こんなんです。
靴履いてるしw


P1060562.jpg

赤ちゃんの時にまだ5つくらいしか言葉を話せない時に、覚えたのが「りゅう」でした。
ハイハイしながら、「りゅう~」って。
今はちゃんと、おりゅう&りくの区別がつくんですよ。
近所の小母さんよりもスゴイ!

おりゅうはずっと気配を消して、なるべく子猿達に構われないようにしているみたいです。


P1060568.jpg

でも、子猿達の親分に呼ばれたら、行かないわけには行きません。
おりゅうは、動物嫌いのこの子のために4歳くらいまでは、この子が家に来ると外に出されていました。
寝る時だけは私の部屋で寝ましたが、人が大好きなおりゅうは、縁側でいつも中に入りたそうに目で訴えて、お利口さんにじっと座っていました。
ある時小猿の親分がたまたま部屋に来た時があって、その時におりゅうは、這って行って背中を向けて横になるって作戦に出ました。
目を合さないようにして寝てぬいぐるみのように絶対動かない。それを繰り返して、おりゅうは家に入れてもらえるようになりました。

だから、おりゅうはこの親分の機嫌を損ねるわけにはいかないのです。


P1060581.jpg

写真撮るんだから、こっち!

親分はご機嫌な顔で笑っています。


P1060582.jpg

子猿達は庭でワン達を一緒だとご機嫌で悪戯もしないってことが、発覚。
おりゅうに集中だと可哀相なので、藍虎にジャンプしないように言って聞かせて、子守させることに。


P1060566_20081231080407.jpg

子猿と藍虎は良い感じです。
遊んでくれる大人にはハイパーな藍虎ですが、子供達とは落ち着いて遊びます。


P1060578.jpg
P1060608.jpg

ちゃんと、様子を見てるし。
違和感なしw


P1060529.jpg

りくは、ちょっと離れて、子猿と藍虎の様子を見ています。
子供達が来てからは藍虎のお世話係じゃなくて、子猿達のお世話係&藍虎の教育がかりをしています。
藍虎がふざけ過ぎると、まだ藍虎に慣れていない小猿の親分が怖がるので、りくが藍虎を叱りに行きました。
りくが顔を近づけて小さく威嚇すると、藍虎は途端に大人しくなります。
1日目にりくが藍虎にそうやって教えたので、2日の朝に朝の挨拶で、子猿達が寝てる所を顔ペロペロして、りくに叱られてからは、藍虎はとても良い子にしています。
藍虎を怖がって逃げ回っていた親分も、随分と藍虎に慣れてきました。
りくの評価急上昇中。

でも、絶対、犬3頭よりも人間の子の方が大変です。
うちに限っては、子猿達だけよりも、犬3頭が居た方が絶対楽です。

3日まで、ワン僧達頑張れ!
スポンサーサイト
この記事のURL | 子猿達vs甲斐犬 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<子猿とお出かけ | メイン | まだ12月>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/155-d7fe05f3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。