疲れました!
- 2008/09/18(Thu) -
P1000992.jpg
今日は昼から雨の予報で朝は霧雨程度だったので、散々庭で暴れた後だし、いつのも川原じゃなく、一番近い川原にトイレ散歩に行きました。
リードを外すのにお座りをさせようとしますが、何故かリクが座りません。
強く言うと警戒した様子で、益々座る様子がありません。

思えば、リクはきちんと「待て」も教えたことがないのです。
いつの間にか覚えて、呼び戻しも、おりゅうを呼んでもリクが先に帰ってきます。
一度、お座り!と言ったからには、ここは座らせないと!と、おりゅうと藍虎をフリーにしてリクにやらせます。
何とか座って、誉めてやってリクを放すと、その辺に居たはずのおりゅうと藍虎が居ません。

ふと見ると、おりゅうが土手をあがって道路の路肩に居ます。

P1020639.jpg
来たばかりなのに、雨の嫌いなおりゅうは「オシッコしたから、もう帰りたい!」ってアピールかと思い、おりゅうを呼び戻しました。
でも、藍虎が見当たりません。
最初はその辺の草むらに入ってトイレしているのだと思いました。
でもいくら名前を呼んでも帰って来ませんし、ウンチにしても長すぎます。
おりゅうとリクに「藍虎探して!」って言い聞かせて、探し始めましたが、おりゅうは帰ろうとばかりします。
でも、その内、時間が経って私の様子がただ事じゃないと思ったのか、私について川原を探し始めました。
いつもリクと遊んでくれる「琴」ちゃんのお母さんが来て一緒に探してくれました。

おりゅうが居た道路は車が1台やっと通れるくらいの細い道なのですが、国道が近いのでここにはあまり来ません。
どうしても川原で藍虎が見つからないので、その細い道を挟んだお宅で藍虎を見なかったか聞き回りました。
1件のお宅で「ああ、あっちの道路の向こうに行くのを見たよ。でも30分くらい前だよ」って言われました。
あっちの道路っていうのは、川原からは150mくらい離れた、普通に車が走っている道路で、30分前と言えば川原についてすぐです。
見かけたというのは川原よりは家に近いのですが、来た道とは違いますし、藍虎は行った事がない場所です。
その周辺を探しながら、聞き回りましたが誰も見かけていず、でも、、藍虎だから大丈夫だろうと漠然とした希望はありました。
帰っているんじゃないかと思い、一旦家に見に行きましたが、期待は裏切られ、おりゅうだけを置いてリクとまた探しに出ました。

早朝大暴れして、ご飯を食べて、トイレを済ましていつもなら寝ている頃です。藍虎のことだからどこかその辺で眠り込んでしまったのじゃないかと思いましたが、雨が激しくなる前に探し出したいって必死でした。
事故が怖い!何度名前を呼んだことか。
随分探しましたが見つからず、雨が激しくなったので家に傘を取りに戻ることにしました。

「ああ、今電話してたとこ。藍ちゃん帰ってるよ」
へ!
一人の従業員さんが明るく言います。

リクが藍虎に飛びかかります!「こんにゃろ!」

P1020646-1.jpg

一人でトコトコ帰ってきたそうです。
時計を見ると家を出てから1時間半経ってました。
ホッとして取りあえず、コーヒーを飲みましたw

すごく疲れていることに気がついて、庭に出て座ると、リクが顔をペロペロと舐めてくれます。
寝ようと思っていたのか物置の方に行っていた藍虎も出てきてペロペロしてくれます。
その顔は「可哀相に疲れたのね」って言ってるようでした。
藍虎をなでながら、1時間半小走りで探していた足よりも、徹夜明けのように頭がボーっとして、目が窪んだように感じました。

その後、藍虎は涼しい小雨がご機嫌なのか、物置の前で何事もなかったような無邪気な顔してゴロゴロ遊んでいました。

後で考えると、おりゅうは帰りたかったんじゃなくて、藍虎が道路の方に行ってしまったのを教えてくれていたんですね。
川原に居るって思い込んだ私が無理に引っ張って川原に下ろしちゃったんです。
藍虎が居ないのにおりゅうは帰りたいって我侭いってると思って、叱ってしまいました。わかってなくてゴメン。
ノーリードで道路に出ちゃ行けないって教えられてるおりゅうは、困ってそこに立ちつくしていたんでしょうか。
そして、藍虎が横切った道路は、1度だけ初めての散歩で通った道だと思い出しました。
人は「犬は臭いとって帰ってくるよ」と言いますが、2ヶ月と11日の藍虎、よく帰ってきたと感心しました。

P1020648.jpg
その時です。
おりゅうがクンクン鳴いて、近所の「シロ」が塀のところに来ていました。
この子も自由に遊ばせてもらってる犬です。
でも、自分からリードをつけるのを嫌がって放れちゃうと呼んでも来ないし、ちょっと大変です。

P1020650-1.jpg
今日も飼い主さんが、後をついてきました。
「参っちゃいますよ」って笑ってます。

ほんと参っちゃいますよね!w

でも、月に数度はシロについて歩くご近所さんも、1時間半も一緒に探してくれた琴の飼い主さんも住んでいるここは、良い町だなって思いました。
檻に入れてリードは絶対に外さなければこんなことはないのですが、何とかちゃんと躾けて、事故にもあわず人に迷惑を掛けないなら、山や川を走らせてやりたいって思いが強いのですよね。
もしかしたら、愚かなことなのかもしれません。

昼に、お寺の裏山に行ったのですが、今日は車ではなく歩いて行きました。
万が一、はぐれても帰ってこられるように。

















P1020670.jpg

藍虎にはやっぱり迷子札が必要だと思い、ネットで探しました。
川に入るので、布製の首輪に電話番号が刺繍ってのがベストかなと。
丁度良いのがありましたが、3週間くらいかかります。

そんなに待てないので、近所の仕立て屋さんに聞いたら、隣町に刺繍してくれる所があるとのこと。
胴輪に名前と電話番号を刺繍してもらいました。
懐かしい足踏みのミシンを上手く扱って、待っていてすぐにできました。

500円でした。田舎は何事、申し訳ないくらい安いです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 失敗しちゃいました | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<やっぱり、おりゅうは良い女です! | メイン | 本当に仲が良い>>
コメント
--
お疲れさまです・・・・・・
2008/09/18 21:53  | URL | うちわ #iqhSIKS2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/17-d107e16c
| メイン |