山徒の報告と藍虎これからのこと
- 2009/04/17(Fri) -
P1000889.jpg

夕べ、8時ごろに友人から山徒の様子の第1報が入りました。


3年前のおりゅうの交配の時から、牡が生まれたら引き取ると言ってくれていましたが、元々、秋田犬のデッカイ虎犬を飼っていて、私に甲斐犬を薦めてくれたのも、その友人です。
秋田犬の散歩を優先して友達付き合いをするような人だったので、どんな飼い方をするのか心配はしていません。

ただ、友人の家には、ピレネーの牝の先住犬がいます。
1年位前に敷地内に繋がれて捨てられていた犬を、飼っています。
3~5歳ってことですが、捨てられた時には、肉球がプヨプヨで散歩もしたことがない社会性のない犬だったようです。
今は、ドックランでも人気者になっているとのことです。

甘えん坊の長男の行き先は、当初は湘南のお竜のBOSSさん家が適当と思っていましたが、キカンボウぶりが勝ってきて、先住犬との相性が心配になってきました。
それで、1日かけて再度選びなおしてもらったのが、BOSSさん家は次男の岳渡になったのです。

次男は、BOSSのお家で先住犬のお竜さんのご機嫌をお伺いして、賢く振舞っているようで安心ししました。
http://oryou3.exblog.jp/
ブログに詳しく載っているので、覗いてみてください。

長男、山徒の第1報は、家について、庭を一通り散策してここから持って行った荷物を片付けていると、丁度散歩に出ていたピレネーが帰ってきたそうです。
長男、まずはマウンティングしたとか…
あのチビじゃあ、大きなピレネーの背中に手が届くのかな?と思いますが、飛び乗ったそうで。。。
ちゃんと腰振ったぞ、、、と聞きました。
ピレネーが珍しかったのか、弱い!って一瞬で見抜いたのかまったくわかりませんが、口の中が毛だらけになるくらジャレ噛みしたらしい。
友人曰く、後から家に入ってきたピレネーに対して、自分が先住犬だ!って態度だったとか。
ヤンチャ好きの友人の声は、弾んでいました。
先に亡くなった秋田犬は仔犬の時にスーパーヤンチャだったらしく、家族も目を細めているとか…ってことで安心しました。

でも、いくらなんでも、信じられない思い・・・

その後、食事の時もピレネーが食べようとすると、横に座ってジッと見ているので食事もできず、先住犬の方が食欲も落ちてしまったとのこと。
ジッと観察されて、見張られているようで、ピレネーが山徒から逃げているってことでした。

それは、信じられる!

それと同時にBOSS家に次男で良かった!と実感。
最初に、自分は次男を選んでいたのだけれど、「お竜さんに長男は大変じゃないか?」とお竜さんとの相性を優先して選びなおすように提案してくれた友人ですから、彼は予想が出来ていたのでしょうか。
ピレネーは、気が優しいけど大きいから、一人で居られないような甘えん坊の山徒の遊び相手に良いかも?って判断だったのでしょうか。。。

それでも、庭を散策中の電話の向こうからクウクウと山徒の鳴く声。
乗ってきた車を見つけて、それに乗るんだって鳴いてるって。。。
車中でずっと眠っていたというので、ここには遊びに来たくらいのつもりで居るのでしょうか。
切ない声に心配になりました。

第2報は、お母さんや妹さんとの初対面も自分から走って行って抱きついたとか。
みんなに抱っこして、みんなの手を噛み噛みしたとかw
夜はベットのすぐ下に、家から持っていった山徒がお気に入りのワンコのベットの輪っかだけになった残骸を置いてやると、すぐにスースーと寝てしまったって電話でした。

向こう気の強さは、友人が何とかしてくれると思って心配はしていませんが、始めて見るピレネーの身体の大きさと吠える声の大きさにも負けずガウガウギャンギャン言いながらジャレ噛みする、、、おりゅうはそんな子じゃなかったぞw

P1010183.jpg

友人が帰る前に寄った三男の銀のお家。
定年までもう少しのお父さんはお仕事なので、昼間はお祖母ちゃんとお留守番ですが、お祖母ちゃんの手を甘噛みするようなこともないそうです。
ボールがお気に入りで、お祖母ちゃんに投げて貰っては持って来て、お祖母ちゃんは銀と遊ぶ為にお父さんに作ってもらった椅子に座って銀と遊んでくれていました。
娘さんも5時の終業で5時15分には家に居るというので、猛ダッシュで帰ってくるのでしょうねw

みんな犬好きだけど、大人しい犬が良いって言われたお宅なので、銀で良かったと思いました。
でも、最後まで藍虎にもりくにもお腹見せないで戦ったのは、この銀ちゃんですから、牙を見せないような環境での生活が良いかもって思いました。

庭で三兄弟で遊んでいる時は、少しの違いだったものが、それぞれ合ったお宅に落ち着いてまったく違う生活になっていくのでしょうね。
自分では家を選べない仔犬に代わって私が縁づけたお宅で幸せになってくれそうな予感。

P1000936.jpg

話は変わって、藍虎。
藍虎は、最初は従業員さんが飼った犬で、山の中の一人暮らしだったので藍虎連れで出勤して来て、藍虎はここで昼間を過していました。
家の子じゃなかった藍虎が、私を主人と思い込んでしまうのも困ると思い、抱っこすることも遠慮し私が躾ける事も遠慮した結果、藍虎は今の藍虎になりました。
5ヶ月の頃、色んな事情で我が家のワンコになった藍虎ですが、突然の手のひら返しの態度はとらず、藍虎の良さを無くさないように少しずつ躾けようと思っています。

藍虎、椅子の真ん中で陣取って、我が家で萎縮なんかしていません。
大らかな藍虎は、全然、心に傷なんかないように見えるでしょうw

でもね、近いうちにお話しますが藍虎は今でも、どこかにやられてしまうのを恐れているのです。
友人が山徒を連れに来た時、藍虎は庭から居なくなっちゃいました。
山徒は残すだろうって藍虎は思っていたのでしょうか、、、連れて行かれるのは自分だと。
外で何かあると、この庭に真直ぐに逃げて帰ってくることはあっても、ここから自分で出て行ったことは1度もなかったのに、家の近くのどこかに隠れていました。

そんな、どこか傷ついているところのある藍虎を、次男が山下さんの躾のレクチャーを受ける時に、基本のアイコンタクトからレッスンうけようと思っています。

藍虎、目をそらすんです。
山奥に帰されたくたくなくて、私と目を合わせないようにしていた藍虎。
今でさえそんな習性が残っているんです。

でも、そんな小さな心の傷など物ともしない、気合の入った?「藍虎の開き」をご覧ください。

P1000990.jpg

ズルズル

P1000991.jpg

ズルズルズルズル

P1000992_20090417083341.jpg

ほらーーーー!

P1000993_20090417083401.jpg

ドテ!



日曜は、1週間ぶりの次男、岳渡の様子もみれるので楽しみです。
アイコンタクト成功で、ビシ!っと戻ってくる藍虎になれるでしょうか…それも楽しみです。

「開け!」で「藍虎の開き」ってのも、良いかも!w

ポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
この記事のURL | うちの子物語 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<湘南の旅・・・いろいろ | メイン | みんな行ってしまった>>
コメント
-銀ちゃん-
カワイイ。お婆ちゃんに甘えてる。おばあちゃんにアマ噛みしないの理解してるんでしょうね。甲斐って状況判断しますよね。 ああ、藍虎ちゃん心配してるんだ。どこかに連れてかれちゃうかもって。なるほど・・・。よく見てるんですよね。犬って。で、こっそり傷ついてたりする。私もアキはどうかなって時々心配になります。一度預けた事がありますから。言葉が分からない分、不安も大きいでしょうから。
2009/04/17 19:11  | URL | アキママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
甲斐犬は予知能力が有る位に、いままでの経験を
憶えている時が有ります。

藍虎は、そんな頭のよい子なんでしょうね。

ママは犬を愛して、よく観察をしているので
心配をしなくても、きっと自然にアイコンタクト
取れるようになりますよ。

無理をしてぎこちなくなると、犬にも負担がかかり、そっちの方が
関係がおかしくなるかも知れませんよ。
2009/04/18 08:14  | URL | 疾風パパ #EfClkGcc[ 編集] |  ▲ top

-銀ちゃんかわいい-
銀ちゃんお婆ちゃんに遊んでもらっていいねぇ。
犬ってきちんと理解しているんですよね、先日も私が膝を痛めてしまってあまり歩けなかったのですが、さくらはそんな私に黙ってあわせてくれるんです。
言わなくても解ってるよ・・とでも言いたげに顔を見上げながら歩いてくれました。

藍ちゃんはかしこい子ですからきっと心配なくアイコンタクト取れるようになりますよ。
2009/04/18 09:09  | URL | さくらママ #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

-新しいコマンド?-
「開け」で藍虎の開きって…(笑)
なんかいいですね、それ。で、マスターしたら次は「閉じろ!」でキリッと立ち込み…なんて、そううまくはいかないですかね。ははは
2009/04/19 21:10  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

--
アキママへ

子供やお年寄りには甘噛みしないみたいですね。
甘噛みって遊びの一種なので、相手を選ぶのでしょうか。

犬ってよく見てるし、感受性も豊だって思いますね。


疾風パパへ

山下先生にも藍虎は、素直で頭の良い子で何も問題がないって太鼓判押されました。
それなので、開け!もしないことになりましたw
ご心配お掛けしました。

さくらママへ


銀ちゃんは、一番大きいけれど、可愛い目で上目使いにジッと見る癖が可愛いです。
その仕草ってりくに似ているんです。
性格も似ている気がします。
父親が親子で母親が一緒ですから、似ている所があって当たり前なのですがw

藍虎は、家の中では顔を見るのですが、外では見ませんでした。
見なくて良い環境を私が作っていたからで、リードを持ったままずっと止まっていると、「あれ?」って顔をして見てくれました。

ねこたさんへ

山下先生も思わず笑っちゃうくらいの藍虎ですから、このままで良いそうですw
開け!はできませんがw、必要なら私の貌を見るみたいです。
2009/04/20 23:15  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/240-3f573ba3
| メイン |