ワンワン捜索隊に学ぶ
- 2009/07/06(Mon) -
007_20090706135223.jpg

ずっと気になっていた横浜での迷子犬「涼」ちゃん。
先週は、涼しい日が続き、今ならワン連れでも行けるのに、でも、行って何ができるんだろう。。。と、考えていました。

金曜に銀ちゃんの散歩が終わってから、「やっぱり、行こう!」と突如でかけました。
私が行ってどうなるものでもないですから、捜索に加わるなどという、おこがましい事じゃなくて、現場に足を運べば気が済むという私の自己満足のためでもありますが、後学のためです。
涼ちゃんの目撃情報は、せいぜい2㌔の狭い範囲で、そこに1か月半も滞在しているのに、なぜ見つからないのだろうか、、、という、純粋な疑問もありました。

車で一回りしてから、犬散歩の人に話を聞くと、西側は特に周知されているもよう。
せっかく親善大使を連れて行っているので、我が家ならではのチラシ撒きをすることにしました。

通学時間帯の駅近くは、学生さんでいっぱい。
甲斐犬3頭を連れてビラ配りしている人に、「可愛い~」って、寄って来る学生さんは、家でも犬を飼っている相当な愛犬家です。
駅前のコンビニや本屋さんとかバス停で、50枚持って行ったチラシは、あっという間になくなってしまいました。

012.jpg

3レディースは、期待した役目は果たしてくれましたが、捜索の役にはもちろん立ちませんでした。
探しだすのは、猫ばっかりw

あ、でも、猫に餌をやっている学生さんには会えました。
やっぱり犬も大好きなので、協力を約束して、猫の餌やり仲間にチラシをコピーして配ってくれるって言ってくれました。

その後、飼い主さんと偶然にお会いしたので、このエリアに留めるために、飼い主さんの臭いのついたものを何か所にも置いておくことなど、いくつか気づいたことをお伝えしました。
最終的には飼い主さんの声でしか出てこないと思うので、我々よそ者にできることは、より間近の目撃情報が拾えるようにお手伝いすることくらいです。
でも、涼ちゃんは、大きく移動しない限りは、間もなく見つかるような気がします。
何となくですが。

073.jpg

どんなに気をつけて、管理していても、どこの犬も迷子になる可能性はあります。
室内犬だって、鎖で係留している犬だって、頑丈な檻に入れている犬だって、実際には、「まさか…」って、状態で、運が悪いことが重なったりして、迷子になるようです。
例をあげればきりはありませんが、まず、犬がいなくなるのは、飼い主が犬が居なくなるなんて思っていない状態のようです。

おりゅうが1晩帰ってこなかったのは、雷の鳴った時でした。
でも、それまでは雷も怖がらなかったし、その時の雷は遠くでゴロゴロ云っているだけでした。
散歩に出ようと庭に出して、靴をはき替えに戻った一瞬で庭から消えました。
いつもなら、近所に遊びに行ってもすぐに呼べば戻るのに、どんなに探してもいませんでした。

りくが、いなくなったと騒いだのは1度だけですが、5か月の時、私の留守中に両親もほんの近所に出かけで一瞬、誰も居なくなった時。
今も小さいですが、5か月でやっと10㌔超えるくらいのりくが、1m40ある柵を飛び越えて、家族を捜しに出てしまったようです。
3兄弟なら1,8メートルにも匹敵しそうな高さですよw

藍虎は、特殊な部類ですが、無鉄砲で冒険野郎タイプの居なくなり方です。
2か月ちょっとで、初めて行った河原で、りくのリードを外している間に居なくなったのが最初です。
いつでも自力で戻って来ます。
無鉄砲って意味では、今の方が、ずっとマシです^^
罠にさえかからなければ、藍虎は戻って来ますが、これ以上行動範囲が広がるのは心臓に悪いので、教育中です^^


また、一旦迷子になると、野生から遠い生活をしていた犬ほど、帰巣本能も弱いのか、社会経験が乏しいために何かでパニックになりやすいのか、自力で戻ることが難しいようです。

これで安全!はないのですが、せめて、我が家では迷子札をつけています。

2重ロックのようなものですから、もちろん電話番号の入った首輪とは別にしています。
家で首輪をしていない時に万が一居なくなった時のためのものですから。
噛み切れないようにチェーンを使っていますが、ガウガウ遊びで切れるので、ゴムで結んでクッションにしています。
これで、最近は切れなくなりました。

迷子札を見て通報してもらえるって効果とは別に、もう一つの目的があります。
首輪をしていない甲斐犬は、犬が嫌いな人には耐え難いでしょうね。
特に、うちの犬は人に寄って行きます。

嫌いな人に、追い払うたねに棒で叩かれたら、すぐに見つかったとしても後遺症があります。
知り合いの愛犬は、庭に入り込んだ猫を追って窓から飛び出してしまった時に、たった数軒離れた家の人に、棒で足を折られたそうです。
家にいたから、首輪をしていませんでした。

そのために、目立つチャラチャラした迷子札をさせています。
野犬に見えないようにw
可愛がられて大切にされてるから、強暴に見えないようにw
少しでも可愛く見えるようにw

だから、我が家では外すのは、お風呂と展覧会で出陳中だけです。
車で移動する時は、家を出たら家に戻るまでは、もちろん首輪も外しません。

3兄弟にも婆ちゃんから、「お守り」としてプレゼントしました。

ご近所なら家の犬は誰でも知っています。
でも、もしも知らない人が親切に保護してくれて、しかも野良と勝手に判断して鎖で繋がれて飼われてしまったら・・・
実際に居なくなると、一番心配なのは、それだったりします。

知り合いの犬は、たった2キロしか離れていない引っ越し先で、2日で居なくなって、1年探してますが見つかりません。
呼び戻しも完璧で、リードなしでぴったりと歩く犬だったのに…です。

今回は自分達のために、とても勉強になりました。
なぜ、目撃情報が2キロくらいに集中しているのに1か月半も見つからないのか、とても不思議でもありました。
池袋コマちゃんの1件も、衝撃的でした。
そもそも、あれだけの信頼関係で結ばれている大人の犬が、リードをつけようとした時にスルリと逃げてしまった…ということがあるのだと。

そうそう、先日山徒が来た時に、飼い主さんと話している間に、山徒は庭に入っていました。
え、、、どこから?
あの重そうな山徒が、柵を飛び越えたらしいのですよね。
私は見ませんでしたが、飼い主さんは目の端で黒い物体が宙を動いたと。。。

まさか…と、思いますが、まさか…は、甲斐犬にはよくあることですから。


にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<初めて尽しの海岸散歩 | メイン | 藍虎と銀ちゃん、只今教育中!>>
コメント
-お疲れ様でした-
りゅうママさん、二日続きの捜索ありがとうございました。
3レディースのお手伝いの甲斐あって、とても心強く、明日に繋げることができました。
ありがとうございました。

しかし、、、、あそこの磁場は本当に不思議ですね。
恐怖の坂道も産まれて始めてでしたよ。
2009/07/07 09:36  | URL | ジローの母さん #vn7tBhB.[ 編集] |  ▲ top

-迷子犬になったらって・・・-
考えたら気が気じゃないですよね。アキは子犬の頃に庭の角の所を利用して(90度の角だと内側から手をかけて登りやすいでしょw)柵をどんどんよじ登って行きました。慌てて途中で降ろして繋ぎました。その後、庭の柵も取り替えました。あと子犬には絶対にムリ!と思える段差や土手もよじ登ったりしました。重たい男性の靴をくわえて玄関の段差をよじ登ったりwヨチヨチの歩きの子犬が・・・。 若犬の頃に一度預けた事があります。大型犬もOKの柵を跳び越えて出てきたそうです。この高さを超えた犬は初めてです、と言われました。私の身長が164センチで背伸びしてやっと中が見れるくらいだから柵の高さは150センチ以上あったと思います。それから父が一度、門扉をキチンと閉めなくてアキが出て行ったことがありました。散々探し回って見つからなくて朝を迎えたら玄関で吠え声が。一晩遊んで?たまたま無事帰ってきましたが、もし車にひかれたら?って考えたら心配でおかしくなりそうでした。甲斐って特に運動能力が高いから、つまり脱走能力も高いから、十分注意が必要ですよね。以前会った甲斐の♂はマンションの6階で飼っているのに何度も何度も脱走したそうです。脱走現場を目撃したことは無いのでどうやって出て行くのか解らないと言っていました。自分でカギを開けてエレベーターのボタン押したのかな?  けど棒で足を折られたって?よほど犬が嫌いなの?怖すぎませんか?
2009/07/07 09:47  | URL | アキママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ジローの母さん へ-
あの坂道は、すごすぎでしたね。
3レディースに引かれたら、下まで転げ落ちますね!
2009/07/07 17:39  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-アキママへ-
アキちゃんはただ者じゃないと思っていましたが、やっぱり!w

甲斐犬って「飛び越え」もあるんですが、「よじ登り」もあるんですよね。

うちのは、木には登れませんが、狸を追って木に登ることくらいは、普通にあるようですね。
2009/07/07 17:43  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/291-2c8af526
| メイン |