大ちゃんの新しいお家…公開!
- 2009/07/16(Thu) -
030.jpg

昨日の写真です。
ちょっとガスったような天気で分かりにくいですが、大ちゃんの新しいお家は、北関東にも関わらず、晴れたに日は富士山も見える高台にあります。
私の家からは5分くらいですから、この景色を見ると、ここも相当な田舎ですね^^

247.jpg

急な上り坂の途中に「山野駅」なるものがあって、湧水が汲めるようになっています。

232.jpg

昨日、午前中の散歩&庭遊びが終わってから、番頭さんのお家に打ち合わせに行きました。
大ちゃんスペースをどうするか・・・・です。

「お祖母ちゃん、初めまして。大です。」
大ちゃんは、愛想の良い子です^^

土間は約12畳ありますが、番頭さんはこの写真の左奥にも昔は厩で、今は物置になっている8畳くらいのスペースがあるので、そこを床上げして柵を作るつもりだったようです。

233.jpg

番頭さんのお家には、もう50年も使っている「五右衛門風呂」があるんですよ。
とっても色んなことを大切にする人で、新しいものは容易に受け入れない頑固者ですが、その代り彼が引き受けたら、もう安心な信頼できる人です。

詳しいことは書きませんが、最近まで年間360日、自主的に出勤していたシーラカンスのような番頭さんですから^^

244_20090716191413.jpg

リビングで生まれて、犬の大家族といつでもいる人間に囲まれていた大ちゃんは、急に一人ぼっちになるのは、ちょっと可哀想。
我慢を覚えさせるのは後でもできるので、新しい家族として環境に慣れるのを優先したいです。

柵の中だとお祖母ちゃんも構ってくれないし・・・最初は係留でも良いんじゃない?

って、話をして、もう目が開いていられないほど、疲れて眠りこけたい大ちゃんを置いて、一旦帰ることに。

「りく!帰るよ!」
「でも、大ちゃんは?」

りく、中々帰ろうとしません。

見てみー。大ちゃん、爆睡してるから、心配ないって!w

027_20090716193352.jpg

夕方、行ってみると、大ちゃんスペースが出来ていました。
どうしても冷たい土間がお気に入りで寝ている大ちゃんのために、夜用に床を作ってくれていました。
後で動かせるように可動式です^^

ここの土間は雨が降ると湿気があるそうで、だから薄っすらと苔が生えたように緑色なんだそうです。
で、風通しも考えた床上げにしたらしいです。

大ちゃんは、お里に居る時には、ゲージの中は新聞紙でした。
新聞紙を敷いた所に、さらに千切った新聞紙で寝起きして、昼はそのゲージをトイレ代りに使っていました。
だから、水飲みに起きると、一旦は新聞紙が敷いてある場所に寝ます。
それから移動するのです。

我が家は、トイレは「すべて外」が基本です。
それを人が留守でも実行できるために、外まで行けるワイヤーで係留することにしました。
家の庭でも砂利でトイレを済ませていたので、外には砂利を敷くことに。

室内であっても、土間は土の匂いがするので、外との区別が難しい。
それで、足裏の感覚と音で覚えてもらうことにしました。

といっても、今朝も一緒に出勤して来て、銀ちゃんが帰るまで一緒に遊んで、それからは冷房のきいた事務所でトイレトレーニングを兼ねて、夕方までずっと寝ていました^^
新聞紙でしたのが1回、あとは頃合いを見て外に出しました。
ウンチは教えるので、オシッコだけタイミングを見て草の上に連れて行ってやれば、本能からして、それが一番自然だと思うのです。
本能的には、居所の近くで排泄したい日本犬は居ないはずなので、、それを人間の都合で曲げるのは他に不都合がでそうで何となく気が進みません。
あとは、外に出すまで我慢できるか、自分で教えるようになればシメタモノ。
自宅なら、自分で外に行ってもらいます。

一般の躾の教えには反すると思いますが、何とかコミュニケーションを取ろうと意思表示させるのが先の方が私はやりやすいです。
自分の意思を伝えようと色々考えて知能が発達してくれるし、ただの要求鳴きとの差がはっきりしてくるので、排泄要求などはすぐにわかるし、私がわかってやったことを凄く喜んでくれます。
3レディースは要求吠えはしませんが、要求鼻慣らしはします^^
特におりゅうが7種類くらい使い分けます。
が、鼻慣らしだけじゃ芸がないので、座布団はあげません!w

少し、話は長くなりますが、実は、おりゅうで2度程失敗があってそれから方針転換したのです。

散歩要求なのかな、今日はいつになくしつこいな…とほうっておいたら、下痢でした。
絶対に庭でオシッコもしないおりゅうが、それはそれは悲しそうに見えました。
すまなくて、「気付かなくてごめんねぇ」って何度も謝りながら片付けました。

その後、かなり経ってからですが、また同じようなことがありました。
その時は、「あ、しまった!下痢かもしれない」って気づいて連れだしたら、猛ダッシュで走って、家の隣にある広い駐車場のど真ん中で、水下痢ピュー!
私を振り返ったおりゅうの「だから言ったでしょ!ふふふ~ん」って、勝ち誇った顔。
反抗期のおりゅうと「日々是決戦」の頃の懐かしい思い出です。

仕事が忙しくて、夕方の散歩がいつも遅くて、膀胱炎になったこともありました。
そこまで我慢しなくても、庭でしてくれーって思いますが、今でも意地でもしないのは、プライドの高いおりゅうらしくて、それはそれで好きです。

068_20090716194729.jpg

ここは、もう、耕作していない畑です。
昼過ぎ、すぐに日陰になるので、ドックランの候補の一つです。
でも、理想は桧の山で、沢があるところです。
番頭さんがやる気満々なので、もうちょっと贅沢いって場所を探します。
年間1万円のお礼でも喜んで貸してくれるところは、いくらでもありますからねw

241.jpg

ここは、すぐにでも使える、番頭さん手作りの、ドックランならぬコッコランです。
右に見えるのは、鶏小屋で、そこから傾斜地に1m80㎝くらいの高さの柵が廻っています。
真中に見えるのは、りくですが、大ちゃんが、プロレスやガウガウ遊びするなら十分ですね。

024.jpg

と、思ったら、鶏小屋に通じる通路は塞いだつもりなのに、藍虎がぶち破って、大ちゃんが潜って、鶏小屋に潜入してしまいました。

この鶏小屋も、番頭さん一人で作ったんですよ^^
甲斐犬仲間に引き込んだら百人力です!w

皆で一度に安全に遊べるように、9月には、ドックランを完成したいですね。
場所を探さなきゃ!

028_20090716200441.jpg

さて、帰ろうか・・・と思ったら、頭上で猫がお見送りしてくれました。
でも、この子は飼い猫じゃなくて、野良の泥棒猫だそうです。
大ちゃん、泥棒猫よけでも活躍できるでしょうか。。。

何だかタイムスリップしたような所でしょう。
でもね、藍虎がいたお家よりもずっとずっと都会?なんですよ^^

大ちゃんは、土田舎の子になるんですよー。


遊びに行ったら、ドックランを使わせろ!のポチお願いしますw

にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬・狆以外)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | お気に入りの場所で | CM(18) | TB(0) | ▲ top
<<僕を嫌わないで~! | メイン | 銀ちゃん、ぴ~んち!>>
コメント
-すごい、すごい!-
番頭さん、すご腕ですねぇ~~。
DASH村からスカウトに来そうです。

大ちゃんを心配して帰ろうとしなかったりくちゃん、さっそく鶏小屋の柵をぶちこわして乱入した藍虎ちん、どちらもいい味だしてますねぇ。
2009/07/16 21:22  | URL | Suzuka #TY.N/4k.[ 編集] |  ▲ top

-良い所だぁ~-
長閑でとっても良い所ですねぇ!
コッコランだけでも、充分に遊べますよぉ~
しかし本当に、りゅうママん家の犬達は、
味わい深いですd(^-^)ネ!
2009/07/17 06:28  | URL | ナリパパ #OmMVlRsk[ 編集] |  ▲ top

-ほんとにすごい・・・-
いやぁ、もう、なんといったらよいのか…という感じです。
ものすごく贅沢な場所ですね。犬にとっては、これほどよい環境もなかなかないのでは。

お世話係のりくちゃん、ここでも本領発揮ですね。りくちゃんって、ほんといい子だ…。
藍虎ちゃんも、いかにも藍虎ちゃんらしいし(笑)
そしておりゅうさんはいつだってマイペース!?
りゅうママ家の3レディース、ほんとにおもしろいです。個性いろいろ、ですね。
りゅうママさんが、それぞれの個性を伸ばすような育て方を、きちんとしてあげられているからなのでしょうね。
2009/07/17 07:41  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

-懐かしい~-
五衛門風呂は子供の頃に田舎で入っていました。
とっても懐かしく思い出に耽りながら読ませて頂きました。
甲斐犬はこうでなくっちゃ~と思う環境で、大ちゃんは幸せ者ですね。
心強いりゅうママとレディース軍団が付いているし
温かいご家族の中で育つ大ちゃんの成長が楽しみです。
本当に良かったですね。
2009/07/17 09:31  | URL | ジロ母 #vn7tBhB.[ 編集] |  ▲ top

-Suzuka さんへ-
DASH村の世界ですよね。
釜戸に五右衛門風呂で、自給自足できそうですネ。

ぶち壊した柵の下を潜って、藍虎について鶏小屋に乱入した大ちゃんも中々ですが、もう少し芸を磨くように言っておきますw
2009/07/17 12:48  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ぐーすかぐーすか-
爆睡大ちゃんって可笑しい。りゅうママんちには面白い甲斐が集まってきますね。それにしても甲斐を飼うには最高の場所ですね。凄いわーーー(うっとり) 土間があるお家って羨ましいです。憧れ。  夕方に「大ちゃん床」が出来上がってるのが凄いです!本当に器用なんですねぇ。 りくちゃんてどこまでも母性本能が強いんですね。お世話したくてしょうがない。
2009/07/17 12:50  | URL | アキママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ナリパパへ-
同じ関東でも地べたの値段が、相当違いますからねぇ。
この辺は、古民家の空家がたまに出ると、都会の方が買うようですね。
都会だと駐車場1台分も買えない値段でしょうね^^
2009/07/17 12:52  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
この日、おりゅうは連れて行きませんでした。
ここは、子供の時から遊びに行っているので、ご近所を一回りしないと、中々帰って来ないのですよ。

遠くで犬が吠えると、ああ、あそこまで行ってる…って、感じで^^
ほんと、マイペースです。

個性を伸ばすようっていうか、私がきちんと躾が出来ないので、犬が自分でちゃんと考えて行動できるように助長しちゃうんでしょうね。
2009/07/17 12:58  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ジロ母さんへ-
家にも昔、五右衛門風呂があったんですよ。
でも、そこに入ったのは、1度しかないと思うんですね。
夏に庭に簾くらいの囲いがある場所で、星空を見ながら入った記憶が…

物置の後ろにでもほってあったのを、たまに入ってみよう!って、沸かしたんでしょうかね。
蓋に乗ってはいるんですよね!

大ちゃんは、農作業にも連れて行って、暑くなったら耕運機の下で寝せておくんですってw

2009/07/17 13:54  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-アキママへ-
天井がすごく高くて、風は吹きぬけるし、土間って涼しいんですよね。
大ちゃん、遊ぶ時は凄いんですが、寝る時も凄いです^^
どうしても、面白い子を選んじゃうんでしょうかねぇ。

りく、お世話したいのに、大ちゃんが子供っぽくないんですよね^^
2009/07/17 13:58  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-すごーい-
わあー、まだこういうところがあったんだとびっくり!
五右衛門風呂ってご飯を炊くお釜のイメージを勝手にしていましたが、すごいものなんですね。
風情があってのどかで、お祖母ちゃんと大ちゃんの挨拶の写真が全てを物語っているような気がします。
大ちゃん、のびのび育つこと間違いなしです。終始気を使って見守ってくれるりくちゃんと、悪戯や冒険を一緒にやってくれるお姉さんの藍虎ちゃんがいるんですからね。りゅう母さんも締めるところは締めるし。おっとり兄さんの銀ちゃんもいるし。大ちゃんの成長が楽しみですね。
2009/07/17 16:33  | URL | お竜のBOSS #HYCUDd.E[ 編集] |  ▲ top

-お竜のBOSS さんへ-
こういうとこ、、、この辺は、まだ結構あるんですよ。
でも、土間はコンクリートを打ってしまった所も多いようです。
茅葺屋根は、さすがに見なくなりましたが、茅葺屋根を葺き替えただけの農家造りの家は多いですよ。

大ちゃん、山徒並にキカンボウだし、一人になると大騒ぎしてますよ^^
2009/07/17 19:10  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-大ちゃん良い所だね-
大ちゃん、すごく良いところですねぇ。
自然がいっぱい、羨ましい環境です。
子どもの頃秋田の母の実家へ行った事を思い出しました。
あまり覚えていないのですが、広い土間と五右衛門風呂ありました。

何時かりゅうママさん家に遊びに行ったら大ちゃんドッグランも行きたいな。
2009/07/17 20:09  | URL | さくらママ #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

--
 僕もね。信州の田舎で五右衛門フロあったんだよね。 遊びにいくと 五右衛門フロ入ったよ。

 大ちゃんの飼い主さんのところいいねえ。
 僕も一つ欲しいよう。

 
2009/07/17 21:15  | URL | 熊五朗 #4B3NfbaA[ 編集] |  ▲ top

-凄い-
タイムスリップをしたような世界ですね。

そんな素敵で綺麗な空気のなかで、のびのび生活できる子は羨ましいですね。

私も会社の顧問の実家に呼ばれて行ったら、ダッシュ村のような場所で、五右衛門風呂が有ったので
入浴させていただきました。

日本の原風景ですね。

藍虎がもっと凄いとは・・・
2009/07/18 08:00  | URL | 疾風パパ #EfClkGcc[ 編集] |  ▲ top

-さくらママ さんへ-
子供の頃の夏休み…そんな風景ですよね。
麦藁帽子と、虫取りの網が似合う。

観光地から外れているから残っている風景ですね。
何時か遊びに来てください♪
2009/07/18 13:33  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-熊五朗さんへ-
売り屋があったら、押さえておきます!w

農家だから、必ず、納屋があって、立派な犬舎ができますよw
番頭さんの家には、納屋の他に昔の養蚕小屋がありますが、蔵がある家もあるし、、、夏涼しいです。
2009/07/18 13:36  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-疾風パパ へ-
本当に何もない、、、ただの田舎ですね。
この家は、昭和初期から変わってない感じです。

この辺は、猟期になるとハンターが多いです。
延々と里山ですからね。

藍虎が住んでいた家は、救急車、消防車は勿論、普通車でも最後の500mくらいは通れない山林の奥にありました。
もっと、深い山っていうか、山しかない所です^^

そこから、3ヶ月の藍虎は道路と反対側の崖のある山を2つほど超えて隣の集落まで行っていたんですね。
あの時、疾風パパにアドバイスをもらって、どんなに励まさせたことか。感謝です。

じゃなかったら、あの山の中、懐中電灯一つで探し歩けなかったです。
2009/07/18 13:47  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://nakaryuuhuusou.blog44.fc2.com/tb.php/302-e1d4c5a1
| メイン |