やる気に火が付きました 加筆あり
- 2010/03/02(Tue) -
日曜は日保・栃木展でした。
天気予報は曇りでしたが、直前に午前中雨となり、実際は昼過ぎまで冷たい雨でした。
水はけの悪い土のリンクは田圃のようになり、10㌔北ではミゾレだったという冷たい雨のせいで、口中検査は手の感覚がなくて思うように口を開けられないような状況でした。

銀ちゃんの個体審査前に電話があり、家に置いて来たりく、藍虎、預かっていた山徒の散歩をお願いした人が突然のトラブルで散歩ができないと。。。
山ちん、早朝にトイレ散歩はしてきたけれど、ぴーぴーしてないか心配。

展覧会の写真はないです。。。
雨だからじゃなくて、朝からバタバタしていてカメラを忘れました^^

リンクには紀州ばかりがぞろぞろ。
あれ?幼犬???
紀州が小さく見えました。

銀ちゃんを見慣れてから、今までは大きく見えた犬が一回り小さく見えます。
たまたま若で出ていた紀州が小振りだったのかもしれませんが^^
寒いのが得意な銀ちゃんは、チョコチョコと向きを変えながらも銀ちゃんなりには頑張って個体審査を終了。

地元栃木展なので、頭数で貢献と出陳したおりゅうでしたが、こちらは雨と寒いのが苦手。
雨と寒さのダブルパンチで、車から降りない~~!と^^
相変わらずです。

リンクサイドで順番待ちしていると、後ろ脚がガタガタと震えます。
寒いという訴えなのか、本当に寒いのか。。。
その辺を走らせて、体温をあげて審査に臨みました。

嫌々だった割には、まあまあ普通の出来で個体審査終了。

午前の審査最後の幼犬の部では、カイポパパ家の天ちゃんがナイスパフォーマンスでした。
牡らしいバランスで毛色も綺麗なので、白一色のリンクで映えました。
存在感は、紀州に負けていませんでした。

寒い寒い雨で、一番嬉しかったのは、まぁ~ぴぃ~さん特性の熱いスープ。
いつも違ったバリエーションで、お世辞じゃなく本当に美味しいです。
是非是非、またお願いします^^
銀ちゃんのお母さんが持たせてくれた混ぜご飯も美味しくて、お弁当には手がつきませんでした^^


なのに、なのに、、、、、うちの親子ときたら。。。。

いつも通り、婚活がお盛んな銀ちゃんが、おこげちゃんに言い寄っていました。
おこげちゃんは、山徒は大好きらしく顔を合わせた時は積極的に遊んでくれます。
が、同じ兄弟でも、いつでも直球真っ向勝負で暴投ぎみの銀ちゃんはモテないですw

でも、そこを何とか!と、銀ちゃんがモテ女おこげちゃんに胡麻を摺っていると、そこへ虎毛の犬が割り込んで来ました。

ガウガウガウガウ~~!

え、、、、何???おりゅう?

雨でトイレに行くのも嫌だと、運転席で丸まって寝ていたので、リードをハンドルに軽く結わえただけで車のハッチバックを開けたままにしていたのです。
車から降りてスススーッと近づいてきて、おこげちゃんを襲っちゃいました(汗

何を思ったか、銀ちゃんまでオッカサンに釣られてガウっと言ったそうです。
私は茫然としていて気づきませんでしたが。

おりゅうは、何故かおこげちゃんが嫌いで、目の敵にしています。
毎度、顔を合わせるとガル~と威嚇するのですが、車から降りて来てまで襲うとは、ビックリ!
申し訳ありませんでした。

理由はまったくわかりませんが、モテ女おこげちゃんに対する嫉妬でしょうか。
売られた喧嘩は買うことも多々あるのですが、自分から喧嘩を売りに行こうとする犬は、おこげちゃんだけなので余程相性が悪いのでしょうが、それにしても本当に申し訳ないです。

おこちゃん、車に引き籠ってしまいました。
銀ちゃんが外からいくら呼んでも、もう手遅れです。
親子でやってしまいました。

愛護会春展の場馴らしに来ていたふくちゃんは、脚長美人さんになっていました。
ほっそりとしているけれど、母譲りの筋肉質な身体はしなやかで、春展が楽しみです。
でも、オヤツを見る目は野性的で、私は好きですねぇ。
お人形のようにトロンと品の良い甲斐犬よりも、キラリ光るすばしっこい目が素敵です。

山形から駈けつけてくれた山形甲斐さん一家ですが、さくらちゃんが差し毛が赤くなって以前よりも場馴れした感じになったのと、虎の子のようだった神威が、違和感無い脚の太さのバランスの立派な牡になっていました。
綺麗な虎毛のしっかりした体格の甲斐なので、愛護会でもこういうタイプも取って欲しいって思いました。
国立博物館にある甲斐犬は小さくないぞ!って話しもあります。


さて、午後の比較審査ですが、長々と銀ちゃんを褒めて、散々言い訳をしたあげ句に特良でした。
午前の個体審査で最後にわざわざ口を開けさせて、「もっと大きく、もっと奥まで見えるように」と言っていたので、嫌な感じはしましたが。
「目に見える姿は素晴らしく減点項目はないし、誰もが見て思うように他犬種とも争える出来。観客も不思議に思うでしょうが、見えない所に舌班があるので承服してください」とのこと。
「去年の審査会で舌班は、親指で隠れる大きさと決まったので、自分としてもこの判定は不本意」と言います。


去年の審査会で決まったのは、それに加えて「型別により勘案を要する」って、特別条項だろうがぁ~~!


りゅうママは、発火型の怒りよりもジワジワ型で怒ることがままあり、時間が経つごとに段々腹がたってきました。
去年の特別条項がつく前でさえ、舌班の多いおりゅうに自分の裁量で高評価をくれた審査員もいます。
一昨年の全国展でも審査部長がわざわざ来て、容認してくれました。
公平な見方をしてくれるなら、銀ちゃんの舌の奥にある普通じゃ見えない舌班でどうこうお審査するのはオカシイ!
周りを見渡せば、牡牝全ての部で四国は1頭も出陳していません。
紀州寄りの審査をする先生なのでしょう。


018-1_20100302085938.jpg

いつもハアハアと舌を出している銀ちゃんですから、知っている人は知っているかもしれないですが、普通見える所には舌先にちょこんと班があるだけです。

銀ちゃん!今度あの先生に会ったら、ベロベロしてやれ!!!!!(怒


プンプン怒りながら、おりゅうの比較審査はもうどうでも良いと文句タラタラでリンクに向かいました。

え、、、、、オッカサン、どした?
前を向かない。。。
どんなに引き直しても審査員にお尻を向けます。
先生が回って顔を見ようとしてもお尻を向けます。
というか、私の顔ばかり見ています。

隣の犬に近づけても、犬なんか目に入らないようで、落ち着かない様子。
先生も酷いけど、おりゅうの態度も酷くないか~???

おこちゃんにエネルギー発散して、今日の仕事は終わったのか???と思いましたが、後から考えたら私のせいですね。
私が「舌班の多いおりゅうの結果は、もうどうでも良い」って態度だったのと、不機嫌なのが、おこちゃんを襲った事を怒られていると思ったのでしょう。
オッカサン、すまぬ。


急いで家に帰り、銀ちゃんをランに放してやりました。
毎日の運動量が多い銀ちゃんは、展覧会でジッとしているのは大変です^^
山徒達も山散歩に連れて行きましたが、みんな狂ったように走っていました。

部屋に戻って審査規定を読み返すと、舌班は「舌班があることは好ましくない。ただし僅かなものは許容する。僅かとは、見える位置において、指頭ぐらいの大きさとする。型別により大きさの勘案を要する」とあります。

「見える位置」 わざわざ口を割って奥まで確認するのって、悪意さえ感じてきました。
銀ちゃんがどうこうじゃなくて、甲斐犬にたいする排除意識があるんじゃないの~と。
実際、日保の中には、甲斐犬擁護、応援派もいてくれますが、反対派もいると聞きます。

一晩寝たら落ち着くかと思いましたが、翌日、みんなの散歩をしていたら更に腹が立って来ました^^
これまで、支部展の審査結果などどうであっても、あまり気にせず、ロクな準備もせず、立ち込みの練習さえしたことがないです。
どうせ、甲斐犬はオマケだし、広報活動だし。。。と。

ムクムクと、りゅうママ本来のやる気と負けん気が頭をもたげました。
チャンピオン称号んの規定を読んだら、おりゅうは2度の全国展成犬賞で、全国展については資格が足りています。
ただ、5歳を過ぎて出陳初めて一昨年が4回の優良、去年は出産で引退したはず?で、頭数参加の東京展が1回だけなので、支部展の点数が半分足りません。

もう1度おりゅうに言い聞かせて、支部展で点数稼いでチャンピオンの資格を取ろうと思いました。
そして栃木で審査した先生が次に担当する支部展に、参考犬で出してやる!

烈火の勢いでしたが、それはそれとなく隠して、甲斐犬を応援してくださっている日保の各方面にご報告しました。

「審査基準違反」「審査規定の2重の勘違い」というお言葉を頂き、審査部会での徹底を図ると言われ、ちょっと気が治まりました。
審査規定のコピーを持って、次にその先生が審査する岩手展まで行ってやろうかと思いましたが、地図を見て止めましたw

あちこちに電話をして随分と気が済んだので、おりゅうのチャンピオン取りは棚上げです^^
が勢いで、昨日、群馬展におりゅうを追加参加で申し込んだので、群馬は出陳します。
でも、色々、要望するからには、日保に協力できることは協力しようと思いました。
日本犬のメジャー団体に甲斐犬がいないのは、許せないですから!

日保の甲斐犬はデカ過ぎ!と思われても、四国や紀州相手では、昔は一部には居た大型の猟犬の血を引く甲斐の血を入れながら、背が高いだけじゃない、日本犬の顔をした中型の甲斐犬を作っていくしかないです。

ってわけで、「怒り」から、すっかり「やる気」に火がついた私でしたが、2晩寝たら半分くらいになりましたw
でも、会社でも立ち上げ時期って一番大変だけど、一番面白いじゃないですか。
ゴルフだって100切り90切りの時期が一番面白い。
旅行だって、出かけるまでの下調べや準備が面白い。
祭りだって下準備から参加した主催者が一番面白いんですよね。

ゴルフも勿論、シングルになればシングルの面白さがあります。
去年は3度しかゴルフをしていませんが、直前のJGAハンデは、私、まだシングルです。
420ヤードくらいまでならパーオンするアマチュアとしては長距離ヒッターでした。(過去形w
今はもう90も切れそうにありませんが^^

じゃじゃ~~ん!初自慢です^^

女性が会員になれなかった時期、飛ばないパーシモンのクラブと糸巻きボールの時期を知っている私ですから、今のクラブの性能や自分に合わせたクラブを選べる多様性の有難さはよくわかります。
でも、やっぱり、苦労して週に5回も練習していた時期が懐かしいですね。

以下、銀ちゃんのダイエットの為に河原を一緒に走り回っている写真です。
近くに外飼いの牝が居るためにリード放せず。
川に引き吊り込まれたぁ~。

りゅうママの悲鳴が聞こえますか?w

028_20100302102346.jpg
023_20100302102657.jpg
068_20100302102434.jpg
047_20100302102505.jpg
077_20100302102523.jpg


追加
全国展も甲斐犬に厳しい審査でしたが、おりゅう1頭が優良を頂き、はて?と思いましたが、このたび会報に講評が載りました。

紅孔雀号(おりゅうの本名ですw←笑うな)

『鮮明な赤虎毛に被われた犬体は乾燥感適度にして四肢よく枯れ、各駆均整度良い。
静かに立ち込むは悍威面の良さと、ハンドリングに従う良性さも窺える。
顔貌、目間やや品位を損うも渋い味わいある風貌にして、性相、表現など好ましい。』

だそうです。おりゅうさん、全国展ではビシっと立ってくれましたが、ハンドリングのせいじゃないですw



会派を超えて、日保甲斐犬を応援してくださっている方々に感謝です。私、これから頑張ります!ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 展覧会 | CM(19) | ▲ top
<<ゆるキャラ~~ | メイン | やってしまいました>>
コメント
-すごい・・・-
りゅうママさん、すごいです。やる気満々ですね!
でも、岩手展、地図を見てやめたっていうの読んで、噴き出しちゃいました(笑)
岩手、遠いですもんね。

うちは、残念ながら頭数増やしにもあんまり協力できませんが…。でも、応援してますよ~!
頑張ってくださいね。日保の甲斐犬が、もっと公平な目で見てもらえるようになるといいな。
2010/03/02 10:57  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

-がんばって♪-
私は愛護会一本でやってきましたし、これからも一生そのつもりですが、たとえ他団体であっても甲斐犬が低い扱いをうけるのはやはり気分が悪いです。
某フィギュアスケートでも問題になりましたが、採点競技は審査員に従うのが大前提とはいえ、審査基準自体が不明瞭なのは困りますよね。
犬のこととはいえ、結局は人間の問題(偏見や好き嫌い)に帰結していってしまうので、けわしい道だと思いますが、全国展二連覇のおりゅうさんと『日保用に作った』銀ちゃんがいるので心強いですね。

私はゴルフをしないので、どのくらいすごいのかわからないのが残念ですが、きっとすごいことなのでしょうね!!
ゴルフ場でいらなくなった(処分する)ゴルフネットがあったら分けてほしいなぁ、、、くらいしかゴルフと接点がないSuzukaでした。
2010/03/02 13:18  | URL | Suzuka@お昼休み #-[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
栃木の支部長さんが、甲斐犬の人達は結束力が強くて、いつも最後まで楽しそうに談笑してて羨ましいって言ってました。
応援に来てくれるだけで、甲斐犬パワーになります。
会場に来られなくても、普段、100メートル先からでもわかる鮮やかな赤虎毛と穏やかな性格の元ち&おかさんコンビは、十分協力してくれてますよ^^

銀ちゃん、天ちゃんとは普通にお付き合いできてました。
千葉展に行きます。時間があったら遊びに来てね。
2010/03/02 13:24  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-Suzukaさんへ-
本家、愛護会の方はsuzukaさんを始め皆さんが盛り上げてくださっているので、安心しています。
春展も頑張ってくださいね。

おりゅうはたまたま、銀ちゃんもおっとびっくりの授かりものですが、そうですね、2頭がいなければ、腹も立てていないかもしれませんね^^
今回の事は、審査規定違反として今後に反映されるようです。

それにしても、おりゅうと颯虎の組み合わせで巨大幼犬が2頭生まれましたが、再び交配したら、またデカイのが高確率でできるのでしょうか。
遺伝って不思議ですね。


2010/03/02 13:46  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-お疲れ様-
いつも、いつもりゅうママさんの気合に頭が下がります。
審査部会での徹底が今後に反映・・・すごい活躍だよ~!
審査員の好みが審査基準・・・なんとかして欲しいわ~^^;
2010/03/02 20:03  | URL | ばーば #-[ 編集] |  ▲ top

-お疲れ様-
りゅうママさん、お疲れ様です。
銀ちゃんのお口の中の中まで見るのか~!!!
そこまでして舌斑捜しですか?

日保の会誌で愛知展の所を読んでみてください、四国犬が沢山棄権した事が載ってます。
皆さん紀州寄りの評価に納得ができないようでした。
人が審査するから仕方ないのですが紀州有利って多いと思う。
りゅうママの怒ってる顔が目に浮かぶぅ~~
2010/03/02 21:04  | URL | さくらママ #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

-ごちそうさまでした-
悪天候の中、展覧会お疲れさまでした。
応援に行ったつもりが、りゅうママをはじめ、カイポパパ、ママ、Suzukaさん、まぁ~ぴぃ~さんより昼ごはんとおやつをいただき、ありがとうございました。
それにしても、銀ちゃん大きいですね。毎日、甲斐と神威を見ているので、大きい甲斐犬は見慣れているつもりでしたが、実際に見るとそれ以上でした。
次回の展覧会頑張ってください。
2010/03/02 21:54  | URL | 甲斐パパ #sb4zkq0o[ 編集] |  ▲ top

-ばーばさん-
舌班が、、、とか、言われているうちは、スタートラインに立たせてもらっていませんからねぇ。
でも、問題はそこからなのですがw

おりゅうは、藍虎に何かあると「家の子になにすんじゃい!」と飛んで行きます。
私は、甲斐がどうの言われると、家の子にぃ~と思いますw

実際に犬を作るのは作出者ですが、犬の傾向を作るのは審査員ですから、しっかりして欲しいですよね。
2010/03/03 00:06  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-さくらママ へ-
あれ?可笑しいなあ。
怒ってる姿が目に浮かんじゃいましたかw

日本犬標準はあるし、四国や紀州の標準もあるものの、犬種の違いの優劣をどうやって決めるのか難しそうですよね。
逆に、四国寄りの先生の場合、紀州が出陳しないってこともあるそうです。
甲斐寄りの先生はいないので、甲斐は耳の付き方の違いなどを認めてもらうのが次の段階ですね。

今の規定で、「明らかに違反な場合」は声を上げて行って徹底してもらうしかないって思いました。
それ以外は、「審査は絶対」と承服するしかないですけどね。
2010/03/03 00:18  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-甲斐パパ へ-
雨の中、ありがとうございました。
大好きな神威に会えて嬉しかったです。

いつの間にか、あの衝撃的に大きな「虎の子 神威」よりも銀ちゃんが大きくなっていたんですね。
2010/03/03 00:28  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-お先に失礼して、、、-
当日は、銀ちゃんの午後審中に帰ってしまいごめんなさいでした。
帰路に心配があったので早く帰ったのですが、想定外のところで渋滞の影響を受けて結構時間がかかって家までたどり着きました。

ところで、天ちゃんも噛み合わせだけではなく、口を割ってくださいといわれ、舌斑を確認されました。指まで突っ込まれて天ちゃんの舌を触っていました。ほかの紀州犬はそんなことしてなかったぞ~~!それ以外の審査はとっても短かったのに?! 
2010/03/03 00:31  | URL | かいぽぱぱ・まま #-[ 編集] |  ▲ top

-日保って-
紀州が好きな審査員が多いのですか?
そう、世の中不平等で不条理な事が多すぎます。
アキママも色々な事に怒っていますw
2010/03/03 09:31  | URL | アキママ #-[ 編集] |  ▲ top

-そうそう・・・-
甲斐のあら探し?を知ってアメリカのトヨタバッシングを連想した。GMも大量リコールしてるのに何でマスコミで取り上げないの?やっぱり不公平だ。りゅうママ、甲斐の仲間は結束が強いから大丈夫w 露骨なあら探し、皆わかっている。(怒)
2010/03/03 09:37  | URL | アキママ #-[ 編集] |  ▲ top

-お疲れさまでした-
寒い中、大変でしたね。おりゅうさんの審査場での態度、すごいですね。さすがお母さん! 銀ちゃんの不当な扱いとりゅうママの怒りが伝わったのでしょうか。

川原での銀ちゃんの生き生きとした走りは、そんな日保のことなんて、ボクは知らないよという感じでいいですね。
そもそも舌班の規定そのものがナンセンスだと思うのですが...
日本犬の中型犬をひっくるめて審査する方針がおかしいので、なかなかこれを解決するのは困難でしょうね。ジャーマンシェパードとべルジアンタービュレンを同じ土俵で競わせて、一つの犬種の特徴だけを基準に比較するなんてこと、ありえませんからね。

もう片方の巨大幼犬は、散歩では他所の犬と遊びたいとヒンヒン鳴き、伏せをして待っています。私は必死の形相でリードを握り締めて踏ん張っています。
今朝、岳ちゃん、お口見せてと口を開けさせたら、やはり舌先は銀ちゃんより大きなハートマークで、奥の方は黒一面でした。きっと審査員の方、相当、銀ちゃんの口の中を覗き込んだんでしょうね。

群馬展では、良い審査員に当りますように!
っていうか、そういう当り外れがいけないんですよね。一人の審査員だけじゃなくて複数の審査員であれば少しは解決されるんでしょうね。予算がないかぁ...
2010/03/03 09:58  | URL | お竜のBOSS #HYCUDd.E[ 編集] |  ▲ top

-私も納得がいきません!!-
お天気もさることながら 
      執拗以上の舌班探し・・・

「審査基準違反」「審査規定の2重の勘違い」審査部会での徹底を図るで済まされたのでは、私なんか到底納得がいきませんよ!!!!!!

甲斐犬にたいする排除意識があるんじゃないの??
日保の中には、甲斐犬擁護、応援派もいてくれますが、反対派もいると聞きます。
↑↑これでは いつまでたっても公平な審査を望めませんよね(涙)

群馬展では、公平な審査員に当りますように!


「かの子」  4/4 山梨に行きます!!


2010/03/03 13:10  | URL | なのかの #-[ 編集] |  ▲ top

-かいぽぱぱ・まま へ-
遠路お疲れ様でした。

天ちゃんの舌まで触って何を調べたのでしょうねぇ。
聞いてみたいw

補助審をしていた人も、規定が変わったのを知らないようでした。
明らかな規定違反なら、一々声を上げて審査会で徹底してもらうしかないようですね。
2010/03/03 15:19  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-アキママへ-
全部が紀州に有利なわけじゃないようですよ。
四国犬を飼っている審査員は、どうしても四国贔屓になったりします

甲斐犬にとって紀州寄りの先生は、例え公平に審査してもらったとしても厳しいです。
なぜなら、紀州は完成された犬なので、乾燥度やら味わい、趣といった高度な戦いになるわけです。片や甲斐犬は、日本犬でも唯一耳の角度などが違うし、風貌は洗練されていない野性味の残る、まだまだスタンダードのない犬種ですからね。

今回の規定違反の審査は、それ以前の問題で、門前払いか?って感じなので、怒っちゃいました^^
2010/03/03 15:25  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-お竜のBOSS さんへ-
舌班の規定は、あった方が良いと思うのですが、せっかく甲斐犬の先輩達が努力を重ねて変えてもらった規定なので、守って欲しいですね。

甲斐犬だけで審査をする方向で応援してくれていますが、それには甲斐犬だけで審査が成り立つだけの出陳頭数が必要です。
ギブ&テイクで、協力してやっていくつもりです。

今は、私がハンドラーを務める展覧会で認識不足の審査員に当たれば良いって思っています。
審査結果を覆すつもりもないし、揉めるつもりもないですが、今度からは審査基準のコピー持参で、直接お話しを聞かせてもらうようにします^^

岳ちゃんや銀ちゃんが壮犬、成犬となる頃までには、せっかく変わった舌班規定と体高規定は周知して欲しいです。
2010/03/03 15:36  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-なのかのさんへ-
おお!かのちゃんデビューですね!

藍虎、りくの出産と時期が重なるので応援に行けずすみません。
妊娠していれば、、、ですがw

日保関係者には応援してくれる人もたくさんいるので、頑張りますね。
2010/03/03 15:40  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |