身体のこと、いろいろ、其の2
- 2010/08/17(Tue) -
今年は、正月の旅行での「りく」の下痢で幕が開けました。
生まれて初めての下痢。
多分、長い時間雪の中で遊んで、冷えたのが原因の下痢だったのだけど、吹雪の真夜中に5度もウンPコール。
一番奥の部屋だったので、玄関までが遠い遠い^^

藍虎の腫瘍や乳線炎などもあり、病院に行く事の多い年になっています。

おりゅうは、1歳からアニコムの保険に入っていますが、全然、元はとれていませんね。
取れなくて良いんですがw

逆に、藍虎は入っておくべきだったかもしれません^^

摩利の下痢も完治し、やっと平和が戻ってきたりゅうママ家、、、、かと、思ったら、大ちゃんの飼い主、番頭さんがダウンです。
昨日、入院しました。
本人の診立てでは、十二指腸潰瘍だそう。

12年前に同じ症状で、2週間ほど入院した事があって、その時よりは酷くないそうです。
14日に貧血で様子が変だったので、問いただしたら血便が3日もあるそうで、15日までは忙しいので頑張ると言い張っていたのを、無理やり、14日の午前中に病院に連れて行きました。
生きる化石のような会社思いの番頭さんなので、無理しがちです。

大ちゃんの事が心配で心配で、実は仕事よりもそっちだったのじゃないか…と思っています。
仕事に来る時もそうでしたが、休みの日の畑仕事も山仕事も買い物も、どこに行くにも大ちゃんを連れて、一人と一匹で支え合って暮しています。
ああいう飼われ方が、本当に幸せなんじゃないかなって思います。


昨日、大ちゃんを家に迎えに行き、事務所にお泊まりさせました。
夏の間は、自宅に居たのですが、また当分は事務所の住人です。
最初は、昼だけ事務所で、夜は自宅の方にと思い、自宅に連れてきたのですが、落ち着かないのかご飯も食べません。
銀ちゃんのテリトリーってことなのでしょうか。

玄関から外に出すと、グイグイ引っ張って事務所に行くので、そこで寝せる事にしました。
締め切った事務所じゃ暑いので、エアコン付きです^^
鳴きもせず、吠えもせず、静かに一晩を過ごしました。


今朝は早くにおりゅうと散歩をしました。
が、9時ごろになって、大ちゃんが元気がないよー!と、母が言うので、摩利と遊びに行きました。
015_20100817174353.jpg
なるほど、やっぱり元気がないですね。

繋いであるのは外で、リードを引っ張りこんで事務所の中に居るのですが、しんみりしています。
番頭さんが、荷物を持っていつもの服装じゃなくて出かける時から、側を離れず後追いしたそうです。
大が可哀想なので、りゅう婆ちゃんが事務仕事をする昼以降は、事務所の奥の大が子供の時に居た場所に移してやりました。

番頭さん、早く帰って来てね。


つい先日は、私が直接は存じ上げない方なのですが、有色紀州の貴重な母娘の飼い主さんが亡くなり、間際まで犬の行く末を同志に繰り返し託して逝かれたとか。
日保の方で、犬の飼い方で噂を聞いたと、私の所にもお話がありました。
私は飼う事はできませんが、母犬もまだ3歳で娘は6ヶ月と若く、貴重な血筋を保存してくださる方が見つかったと聞きました。

血の保存は二の次でも、大事にしてくださる方が見つかって、本当に良かった。

ここの所、他所様のお宅でそう言った事が重なって、気が滅入るのですが、自分は万が一のことは考えておかなきゃならないと、冷静に考えたりしています。

他にも、一番近くに住む甲斐犬が亡くなりました。
まだ、8歳か9歳ですが、死因は狂犬病の予防接種のアレルギー性ショックだそうです。
毎年受けていたのに、、、何故?って、飼い主さんは嘆いておられました。

狂犬病は、ワクチンの中でも安全な方と聞いていたので、私も驚きましたが、やっぱりあるんですね。
この時勢、狂犬病とショックと、確率的にはどっちが高いのでしょう。。。
どちらにしても、ショックを起こすことがあるんだと知っていれば、様子を見守って、早い処置で助かったかもしれません。

狂犬病以外、自主的に行う犬の混合ワクチンは、最近は、7種とか8種とか、どんどん増えているようです。
それに伴って、ワクチン接種のリスクもあるのですよね。
今のかかりつけの病院は、接種後15分は院内に居てくださいと言われます。
私も、その後1時間半くらいは目を放さずに自分の側に置くようにしています。
何かあれば、家から5分で行ける病院です。

1年に1頭位はショックを起こす犬がいるそうです。
どのくらいの数の犬が、混合ワクチン接種をしているのかわかりませんが、ショック症状を起こす犬が結構いるのだなと驚きましたよ。
大先生は、バサバサした人なので、「ショック死する犬も結構いるんだよー。医者は言わないだけで」と、ケロっと言ってのけます(汗

町で行う狂犬病の予防注射は、巡回で、1か所に10分くらいしか居ません。
注射を済ませて家に戻り、亡くなった犬は外飼いなので、外に繋いで、暫くして気づいた時は死んでいたそうです。
体調その他、他の原因もあるのでしょうが、飼い主さんにしてみれば、悔やみきれないでしょう。

我が家は、混合ワクチンは勿論ですが、狂犬病ワクチンも、病院でやってもらっています。
今年のように出産があったり、去年の銀ちゃんのように下痢が多かったり、その時々で体調があるので、様子を見てやっています。
おりゅうは免疫が落ちると、目やにが出やすくなるので、そういう時は避けたりと。
注射済み票が来るのが遅くなりますが。


あと、一つ気になっているのが、ダニダニ。
今年は少なかったのでしょうかね。

銀ちゃんが、耳に1か所。
おりゅうも、耳に1か所。
藍虎が目の縁に1か所。
摩利も、耳に1か所。
りくは、なし。
大ちゃんもなし。
山徒は、腐った木にスリスリした直後、目に1か所。

犬7頭で、噛まれたのは、合計5匹です。
といっても、例年、10匹になるかならないか。

実は、あまりダニがいないのか????

029_20100817183028.jpg
いかにも居そうなんだが^^

今年は、5月と7月に銀ちゃんがフロントラインをしています。
おりゅうが5月に1回。
それぞれ、ダニに1匹噛にまれてからつけました。
藍虎とりくは、今年は出産後で体力が完全ではないので、パスしました。

フロントラインは、油分の少ない目の周り、耳には効果を発揮しないそうです。
予防といっても、ダニがつかないのではなく、噛まれてからダニを殺虫するのだそうですが、あくまで殺虫剤なわけで、本当に必要最小限しか使いたくないなぁ~というのが、本音です。
しかも、その殺虫成分は皮膚上に広がっているのか血液中なのか、私はイマイチ正確な事はわかっていません。
どなたかご存知でしたら、教えてくださいませ。

そもそもは、「山に行くなら、指の間にダニでもつくと大変だ」と言われ使い始めました。
最初は、真冬を除いて、年に5回くらいはつけていました。
でも、実際は、顔以外、食いつかれた事はないです。
ダニが食いついて、死んだ場合でも、小さな噛み傷の引っかかりが出来るので、触ればわかります。

最近は、フロントラインを使う回数が、どんどん減りましたね。
ダニが一番着くのは、6月ごろです。
ヒノキチオールの入った温泉の元なんかをブレンドした特製の水があるんですが、それを霧吹きで濡れタオルにかけて、身体を拭いてやっています。
ダニの多い時期は、確かにタオルに2匹位ついてくることもあります。
7月の半ば以降、それもなくなったので、8月に予定していた銀ちゃんのフロントラインは、来年に持ち越すようにお家の人に頼みました。

山に行く前に特製水を吹きかけてやれば、更に効果があるかもしれません。

年に1匹2匹で、しかも顔だけならすぐにチェックして捕れるので、家のは、来年は特製の水だけで様子を見ようかなと思っています。
藍虎があれだけ藪に入って、ワンシーズンに目の周りに1匹だけなら、下痢や嘔吐の副作用を起こす場合もあるらしいし、歴史の長さから言っても長期使用の弊害はまだ確認されていないだろうし。
やっぱり人間に置き換えても、ダニに食われるかもしれないからって理由で、殺虫成分を体内に入れるのは抵抗ありますね^^

この辺は、熊も鹿も猿も居ないので、ダニが少ないのかもしれませんね。
桃ちゃんの住む那須の上の方が、ずっと多そうです。
岳ちゃんは、散歩の度にダニダニに食われたって聞きました。

ヒノキや杉の山を選んで行っているので、タヌキなどの小動物が少ないせいもあるかもしれません。
地域によっては、一概には言えないと思うのですが、ここら辺は、外出先でダニがつく心配なだけなら、薬剤を使わなくても済みそうな感じがします。


022_20100817195633.jpg
うんP中の摩利です。

こないだ毒蛇に噛まれたのにも、懲りていないようです^^

どーしても、草むらに入って身を隠さなきゃウンPがでないようで。
仕方がないので、周辺の草を足で掻き分けて、蛇チェックをしています。
小さい子は、本能的に自分の身を守るための工夫をするのですよね。

りくは、小さい時には、土手の下まで降りてしてました。
藍虎は山の上に上がって。
何故か銀ちゃんは、お尻を持ち上げて高い所にw

野性味の強い犬は、見ていて面白いです。

摩利は、ダニダニ対策は何もしていませんが、日々草むらに入って行っても、今シーズンは耳に1匹で、サラダオイルを塗ってやったら翌日は落ちていました。
去年は、銀ちゃんは4ヶ月からフロントラインを使ったのですが、使わなくても同じ結果だったかもしれません。
確か1匹でした。


そうそう、身体の事と言えば、9月も半ばまで相当暑いそうです。
9月の展覧会ですが、殆ど出陳は見合わせる方向です。
神奈川は日陰がないし、2年前は熱中症で柴犬が倒れて騒ぎになりました。

栃木展は木があるので、天気予報と睨めっこしながら考えようかと。
出すにしても、暑さに強いおりゅうだけでしょうか^^
暑さに弱い銀ちゃんと、ちびっ子達は、10月以降の出陳にしようかと。
ちびっ子は、今期はずっと幼犬なので、機会はいくらでもありますから。

展覧会は人間の都合なので、今年の暑さじゃワンには酷ですね。
我が家のワンコ&飼い主は軟弱者ぞろいなので、暑いの苦手ですう。






番頭さんと大ちゃんに頑張れ!の気をお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(24) | ▲ top
<<犬三昧な日々 | メイン | 企画は良かったはずなのですが、、、>>
コメント
-お大事に-
番頭さん大丈夫ですか・・・ 大ちゃんのためにも早く良くなってくださいね。
しかし、ムリは禁物です。大ちゃんのことを思うならキチンと治してくださいね。
摩利ちゃんは草むらじゃないと駄目なんだ、芽衣ちゃんは道路の真ん中でしますよ(笑)
時には歩道を歩いていても車道に出てしようとするので困ります。
2010/08/17 21:47  | URL | さくらママ #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

-大変ですね-
大ちゃん、心配で仕方ないでしょうね、食べないのはやっぱり番頭さんを気にしているのもあるんでしょうね・・・早くよくなって退院されるのをお祈りしています!!
紀州の方のお話も他人事じゃないですからね、ほんと。

狂犬病ワクチン、怖いですよね。会社の同僚のチワワは1ヶ月くらい下痢と嘔吐が続いたとか。小型犬などに突然死が多いと聞いていたので甲斐犬は意外というかショックですね・・・。うちも病院で接種しようと思っています。

うちの方は8月下旬頃は少し温度が下がっていくようです。まだまだ湿度は高そうですが(汗)
2010/08/17 22:41  | URL | yutty #-[ 編集] |  ▲ top

-さくらママ へ-
えええええー!
芽衣ちゃんは、道路の真ん中ですか!
何たる自己主張娘なんざんしょw

家のはみんな、基本的にはチッコもウンPも草が好きで、妹の所に遊びに行った時に、えらく苦労します。
草が、全然ないんですよ^^

たまに空き地があると、どれだけチッコ掛かっているんだろう…ってくらいに、臭い取りが忙しいですw

番頭さん、自己判断通りの十二指腸潰瘍なら良いんですが。
出てきたら、精密なドックを受けさせるって、りゅう婆ちゃんも言っています。
番頭さんが居なくて困るのは、彼女ですからね。
2010/08/17 23:06  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-yuttyさんへ-
今日は、大ちゃんはご飯を食べてくれました。
好きな鳥肉を混ぜ混ぜしてやりました。

チワワさん、大変でしたね。
狂犬病ワクチンで、やはり突然死ってあるんですね。
ワクチンとしては安全な方と聞いていたので、混合ワクチンではどれだけの突然死があるのだろう、、、、って、怖いですね。
でも、しないのも怖いので、本当に必要な種類に絞って貰いたいものです。

混合ワクチンは、2歳以降は、各年とか3年に1度にしている方も居るようですね。

熊谷方面は暑さで有名ですから、どれだけ暑いのだろうと、想像しただけでクラクラしますね。
早く涼しくなって欲しいものです。

2010/08/17 23:13  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
屠龍は、銀ちゃんと同じで、何故かお尻を持ち上げて高い所にし、取るのにひと苦労です。変な犬・・?って思っていたんですが、銀ちゃんがいてちょっと安心。

番頭さん 早く良くなるといいですね。
2010/08/18 11:33  | URL | むっちゃんママ #IXMMOpN.[ 編集] |  ▲ top

-むっちゃんママ へ-
他所様のお宅の植え込みの上などでしようとした時は、慌てて引っ張ってきますw
でも、最初はそんな所でするとは思わなかったので、綺麗に刈りこんだツツジの上などにされ、しかも間から下に落ちたりして、エライことでした^^

時々、駐車場などにあるポールにお尻をくっつけて致そうとしたりw

ウンチマーキングなのでしょうかね。
俺、デカイんだぞ!って。

番頭さん、まだ集中治療室だそうです。
絶対安静だったのに、入院する朝まで大ちゃんの散歩をしてました。
してやるって言ったんですが「少しだけだから大丈夫」の一点張りで。

これで、大ちゃんでも脱走したら、重症化しそうなので、こちらに連れて来ています。
大ちゃんは、事務所で快適に過ごしているようですが、早くとーちゃんに会わせてやりたいです。
2010/08/18 11:55  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
大ちゃん・・・。寂しいですね。
犬は言葉がわからないから、とうちゃんがどうしていなくなったのか、いつ帰ってくるのか、今どういう状況なのか、理解できずにいますもんね。
本当に、早く番頭さんが帰ってこられますように。

でも、集中治療室って。番頭さん、そんなに悪かったのですね。周囲が気がついてあげられてよかったですね。
番頭さんにとって一番の心配ごとは大ちゃんなのでしょうけれど。その大ちゃんが事務所で寝泊まりさせてもらえてるということであれば、安心できますね。
大ちゃんのことはりゅうママとりゅうばあちゃんに任せて、一日も早く元気になってくれますように。


そうそう、銀ちゃん、おしりをあげて高いところにうんPするって言ってましたね。屠龍くんもでしたか。
うちも、今も時々それをやります。おなかゆるいときでも平気でやるので、取るのに、ほんとに苦労したり(汗)
2010/08/18 13:57  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
出血があっての貧血なので、14日に病院に行った時に、即入院するように言われました。
でも、高齢の母親のことがあるからと、帰ってきてしまって、医者からは一人で運転する事も止められていました。
15日にお兄さんが病院に連れて行ったので、当然入院したのだろうと、午後、大ちゃんを連れに行ったら、家に居ました。

で、大ちゃんの事を何度も頼んで、16日にやっと入院したわけです。

その間、車の運転も止められていたのに、大の散歩はしてました^^

大ちゃんも今日になって、下痢です。
多分、神経的なものでしょうね。
食べさせたのは、同じフードに、馴染みのトッピング。ちょっとくらい量が違っても、それで下痢するようなお腹の弱い子じゃないですから。

今夜は、消化の良い、大の好物を少しだけ食べさせてやりましょうかね。

昨夜は、番頭さんの使っている座布団で寝せてやりました。
逆効果だったのでしょうか。


高い所のウンチマーキングは、毎度毎度じゃないですが、何でここ?って所にしますよね。
お腹が緩い時にやられると、ダラ~っと垂れちゃったり?(汗

水と一緒に、ブラシも持ち歩かなくては!w
2010/08/18 17:14  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
多頭飼いの我が家…大ちゃんと番頭さんの関係って…ステキですね。
でも今回みたいな事があると…わんちゃんも人間もツライですね~…早く治りますように…

予防接種やダニ予防…とっても勉強になりました。
注射の後は…家の中に入れていますが…気をつけていなければ…いけませんね!
2010/08/18 21:01  | URL | 才蔵日和 #-[ 編集] |  ▲ top

-番頭さんが心配-
番頭さんの容態いかがですか??

大ちゃんと番頭さん強い絆で結ばれているだけに、大ちゃんも辛いんでしょうね・不安で仕方ないんでしょね(涙・・)

番頭さん早く治りますように・・・



2010/08/18 22:52  | URL | なのかの #-[ 編集] |  ▲ top

-才蔵日和さんへ-
温泉21ティートゥリーをベースに、ヒノキやユーカリなどのピュアオイルをプラスして作っています。
http://www.ken21.co.jp/syohin/s_15.html

ヒノキ山には虫が少ないので、防虫効果があるって思って続けています。
それに、ヒノキの下刈りをした時の切り枝とか、みんな大好きでスリスリしたり、その上で遊んだりします。

ピュアオイルをプラスしなくても効果はあると思うのですが、欲張って入れています^^

番頭さんは、元々犬好きで、私が留守だと黙っていても家のワンの散歩をしてくれたりしてました。
大を飼ってからは、話題の9割は大の事です^^

3兄弟が生まれる前も声を掛けたのですが、家で生まれた犬では荷が重いかったのか辞退されました。
桃ちゃんの行き先が決まらなかった時も、どうしてもなら飼ってくれるつもりでいたみたいですし^^

集中治療室から出られたら、大の顔を見せに行ってやろうと思います。
2010/08/19 06:36  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-なのかのさんへ-
止血の処置はしたようです。
詳しい事はわからないのですが。。。

大ちゃんも元気にはしているんですよ。
みんなと遊んではしゃいでいるし、クンクンする事もなく大人しく寝ています。
ストレスになると可哀想だから、銀ちゃんとは遊ばせていないし。

でも、昨日1度だけだったので大丈夫かな?と思っていた下痢p。
夜中3時にコールです。
家に置いておいた方が良かったのか…
家だったら下痢してもトイレに連れて行ってやれなかったから、連れて来ていて良かったのか…

大ちゃんは、甘えっ子だけど、普段は我儘言わないし我慢強いヤツなので、預かる方は助かります。
家で何かあって人に預けたら、りくは係留された事もないので、大変だろうなあ。
2010/08/19 06:48  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ダラ~っと流れちゃったり、というよりは・・・。なすりつけるカンジでしょうかね。ヨソさまのお宅の塀だったりした日にゃぁ、もう(大汗)
それに、袴毛にもついちゃったりね(涙)
スナオに地面にしてくれ~~~。

療法食に変えてから、本当にコロンコロンの転がるようなうんPに変わったので、高いところでされようが地面でされようが、拾うのに全然苦労しなくなりましたよぉ(感涙)
2010/08/19 10:00  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
柔らかウンチを塀になすりつける犬…テレビに出られそうですよねw
あまり有名になりたくない内容ですが^^

療養食が合ったようで、何よりでしたねぇ。
これでゆっくり眠れますね。
2010/08/19 12:54  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-薬関係は・・・-
注意が必要ですね。狂犬病の予防注射やフロントライン、各種ワクチン・・・その他色々。どうしても素人は踊らされてしまう。
人間でも新型インフルで大騒ぎしたけど、あのワクチンも副作用が問題になっていたね。しかも製薬会社が大量の役員をWHOに送り込んで大げさに煽っていたのが発覚したし・・・。
番頭さんが早く元気になりますように!
2010/08/19 14:33  | URL | アキママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
 番頭さん 大変ですね。 大ちゃんとは いつも一緒だったから 大ちゃんは 寂しいんだね。犬は純だから、上手くサポートしてあげないと ずっと御飯たべなかったりする。 竜ままのところは沢山犬もいるし 人も沢山いるから 少しは気がまぎれると思います。

 ワクチンってのは 必ず副作用があるものだし、絶対に安全なワクチンは そもそも効かないです。
 ようは 全体でどうなのか? 日本で1000万頭の犬がいるとして 全ての犬が狂犬病のワクチンをしなければ 一定の確率で狂犬病にかかる犬が現れる。 その犬は確実に死ぬし、人間にも移す。そしたら人間も死にます。 ワクチンをしていれば狂犬病で死ぬ確率は ほとんどなくなる(絶対ではない) ワクチンは感染症の恐怖から人間や犬を救ってくれているのも事実なんですよね。

 
2010/08/19 15:57  | URL | 熊五朗 #4B3NfbaA[ 編集] |  ▲ top

--
 > 日本で1000万頭の犬がいるとして 全ての犬が狂犬病のワクチンをしなければ 一定の確率で狂犬病にかかる犬が現れる。

 あれ? これ間違いです。 ワクチンには集団免疫効果というものがあって 全頭ワクチン接種しなくても 一定の予防効果がでてきます。 なので 全ての犬がワクチンを接種しなくても 相当な効果で感染症を防ぐ事ができる。
 まあ、事実上 全ての犬がワクチンを接種する事は不可能ですから。

 言いたかった事は ワクチンの摂取の効果は全体で見るもので 固体だけをとりだして良い、悪いを判断するものじゃあないって事です。 ワクチンが完全なモノではない以上、副作用は必ず存在するし。しかし 集団で見た場合 ワクチンの効果は絶大です。 
 難しいですね。 なので ワクチンにアレルギー反応をおこす。固体は ワクチンの摂取は見合わせたほうが良いと思います。
2010/08/19 20:38  | URL | 熊五朗 #4B3NfbaA[ 編集] |  ▲ top

-アキママ へ-
ワンは、法的にはモノ扱いなので、命の値段も安いので、仮に決定的な落ち度があって賠償問題にならないですものね。
やりたい放題やっているフードメーカーなどもありそうですよ。

犬の事に限ったことではないですが、情報を取捨選択して自分の頭で判断しないと、いけないなって思いますよね。
2010/08/20 06:02  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-熊五郎さんへ-
ワクチン接種が良い悪いを書いたつもりはなかったのですが、そのように受け取れたら訂正しますね。


ワクチン接種によって、ショックを起こすことがあるってことを知らない人もいるのじゃないかと思って書きました。
特に市町村で行う狂犬病ワクチンは、混合ワクチンなんてものが存在するってことを知らない人でも、義務ですから受けています。
甲斐犬を亡くした方も、毎年受けているし、役所でやることだし、まさかそんな危険があるなんて、夢にも思わなかったことでしょう。

狂犬病ワクチンは、中では安全な方と言われていますが、それでも注射後の監視が必要ってことを書きたかったのです。
混合ワクチンは、さらに確率が上がるそうです。
接種後、吐いたり呼吸がおかしくなったり、全身に蕁麻疹のような商業が出たら、病院に担ぎ込まないと行けないです。
微熱とかの副作用のことではないです。

ワクチン接種をする際に、「ショックを受ける事があり手当てが遅れれば死にいたる事もあります。家の病院では毎年1頭はショックを受けます。暫くは目を放さないでください」なんて、説明する病院はまずないでしょう。
かかりつけの大先生は、ああ云う人なので、教えてくれました。

獣医師免許を持って、保健所関連に勤務する従兄弟からも話を聞きましたが、報告義務もないそうで、役所はデータは持っていないようです。


帰って来て、外に繋いでいたら、手遅れになっていた。。。
家の中で大人しいと思ったら、呼吸困難になっていた。。。
そんな、知っていれば防げた事故で愛犬を亡くすことがありませんように。

もし、ワクチンにそんな危険性もあるのだということを知らない方がいれば、気を付けてあげて欲しいです。

優日がショックを起こしたのと同じ症状になるので、短時間で処置すれば助かりますが、一刻を争いますから。

我が家としては、↓こんな風にしているってことを書きたかったのです。


体調の悪い時期は、市町村の見合わせて、時期を見て病院で接種を受ける。
万が一のショックに備えて、接種後は側に置いて様子を見る。

そして、肝心な事が抜けましたが、抵抗力のある身体作りを心がけることが大切って思いますね。

大ちゃんは、下痢は治りました。
食欲はイマイチですし、ショボンとしていますが、遊ぶ時だけは元気です。
番頭さんは、自己診断通り十二指腸潰瘍でした。
一昨日から一般病棟に移って、昨日はトイレまでの歩行が許可になったそうです。
1週間くらいで帰れそうなので良かったです。

十二指腸潰瘍だけで、ほっとしました。
2010/08/20 06:43  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
 >・・・、それでも注射後の監視が必要ってことを書きたかったのです。

伝わっていますよ。

陸が通っている2つの病院では、狂犬病予防ワクチンや混合ワクチンを注射する際は、リスクや注射後の注意点などを簡単ですが説明してくれます。飼育本などにも書いてあるので、ちゃんと読んでいる人は、知識としては知っていると思いますよ。

油断はありますよね。注射後、用事で数10分目を離すなんてことはありますからね。

人間の子にインフルエンザワクチンを接種後、ついうっかり普通の生活に戻って、子供が友達の家に遊びに行くのを許してしまったり・・・。万が一のことを考えると冷や汗ものです。

番頭さん、早く良くなるといいですね。
2010/08/20 10:56  | URL | takariku&うちわ&陸 #iqhSIKS2[ 編集] |  ▲ top

--
> ワクチン接種が良い悪いを書いたつもりはなかったのですが、そのように受け取れたら訂正しますね。

 ワクチンの話とかは特にそうなんですけど 極端から極端に 行ってしまう事が多いです。 ワクチンを接種しない人は とにかくあんな危険なモノは やるべきではないと。

 しなくてはいけないと言う人は 生後3回からできれば5回ほどして その後きっちりと1年おきにしなければいけない。1週間でもずれようものならばお騒ぎ。 竜ままさんは そういう人ではないですけど ブログって 不特定多数の人がみるもので ツイ。 お節介書いてしまいました。 それと 龍ママさんのような 育て方ならば 子犬も 免疫機能がよくはたらいて 子供のころから確りと免疫をつけていますけど ペットショップの子は、少し違う子もいるようです。 悲しいですけど 免疫が信じられないくらい弱い子もいるようです。

 
 > そして、肝心な事が抜けましたが、抵抗力のある身体作りを心がけることが大切って思いますね。

 ワクチン以前に一番大事な事ですよね。 そもそも健康な体なら 病原菌は寄せ付けないです。

 もちろん 健康な子でも アレルギー反応は起きる子もいますので ワクチン接種の後は少しだけ気をつけてあげたほうがいいですね。 




2010/08/20 14:16  | URL | 熊五朗 #4B3NfbaA[ 編集] |  ▲ top

-うちわさんへ-
リスクや注意点を説明してくれる病院は、とても良心的ですね。
今の病院に掛かる前に、2件ほど病院を変えたのですが、勿論、そんな説明はなく、「静かにさせておいてください」程度のお話でした。

飼い主によって、獣医師に期待することがあまりにも違うので、獣医さんも大変ですよね。

余談ですが、今私が掛かっている獣医には獣医大の新卒者から、たくさんの研修申し込みがあるのですって。
田舎なのだけど、検査設備を整えて、そこそこの病気までは対応できるようにしているからだそうです。
都会だと、良心的な医者だと、難しい病気は大学病院や専門医を紹介するので、診る機会がないのだそうです。

獣医も乱立状態なので、経営も大変だって声もよく聞きますね。
患者さんの話を聞いていると、知識も要求度合いも予算も様々で、そういう事に気を使うのも獣医は大変だなって思います。
2010/08/20 18:20  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-熊五郎さんへ-
動物の場合は、臨床例がきちんとデータ化されていない事が多いですよね。
あっても、あまりにも少ない症例で、当てにならなかったり。
数字の根拠のないまま、論じられることが多いと思いますね。

また、フィラリアの薬の価格や事前検査なども、外国の例を出して論じられる事もあるようですが、私は薬の成分の知識がないので、是も非も言いようがないですね。
事前検査に弊害がないのであれば、それが本当は不必要なものであっても、安全第一で受けています。

犬の事は、立ち止って自分の頭で考えた方が良い事が多いですね。
熊さんが言うように、極端な意見も多いです。

常識では考えられないようなことでも、犬の事となると迷信みたいなことでも、信じてしまうってことも多くある気がします。

良く聞くのは、「MIX牡と交配してしまった純血種牝は、雑種の血が入ってしまって、もう純血種と交配してもMIXしか産めない。価値がない」って話です。
実際、そういう理由で甲斐犬牝を他所にやったって人に会って、驚きました。
2010/08/20 18:53  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
番頭さん、大変ですね。
大ちゃんのためにも早く帰って来れますように。

ワクチンやフロントラインは色々と悩みますね。
うちも狂犬病は病院で受けてます。
実家の犬を一度集団接種に連れて行ったのですが、とにかく雑!な印象だったので。
まあ、短い時間でたくさんの犬に注射をしなければならないので仕方ないのでしょうが。

フロントラインは小夏は月一やってます。
プラス散歩時はハーブ製の虫よけもスプレーします。
とにかくダニがつきやすいらしく、それでも今年は4回ついてたかな。
りんりんは小夏ほどつきやすくはないようなのですが、一応しとくかなぁ?

摩利ちゃん、色々と大変だったんですね。
でも、それでも無事にいるわけだから強い子なんだろうなぁ。
2010/08/22 06:21  | URL | ゆかこな #0kufgj3.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |