みんなの声が届くかも!
- 2011/04/24(Sun) -
まず、コメントの返事に書きましたが、昨日は体調不良で1日寝てしまい、新潟展は諦めました。
今朝の段階では、到底無理でした。
今、元気ですけど^^


さて、こういう時こそ、政治です。
売名行為でも良いから、動いて欲しい。
企業も市町村も、イメージ戦略で良いから、動いて欲しい。

関係者に、個々人がかけた電話、送ったメールが波になって動こうとしていますね。
これに乗じて、人気取りでも良いから民主党は乗って欲しい。

でも、実行部隊を持たない「緊急災害時動物救援本部」だけに許可をするとかって、オチもありそう(汗

msnは、保護犬情報のページを作ったけど、この団体だけの犬。ごくわずかな頭数。
公益法人だの財団法人だの4つも集まって、2億以上のお金を集めてるんだから、もっと、働いて欲しい。
ヤフーに、どのNPOや愛護団体が保護した犬でも、一括で探せるようにしてもらいたいもんだわ。

誰か、孫さんに知り合い居ない?(爆




---以下藤野真紀子議員ブログより転載---
2011/04/22 20:51
後藤田先生からアドバイスいただきました。

まず、福島選出の議員先生方にご協力要請のお声掛け頂けるとのことでした。
災害対策に関し、今重要視されるのは一番が被災者のご要望であり
知事、市長、町長さん方のご協力が大とのこと。
ペットを心配されてる被災地の生の声、実名で集められませんか?

国を動かす訴えは、家族の一員でもあるペットの安否気遣う被災地の方々の声です。





被災動物の保護必要

高木さん、浜田氏環境相に申し入れ

公明党動物愛護管理推進委員会の高木美智代委員長と、東京電力福島第1原子力発電所災害対策本部の浜田昌良事務局長は22日、環境省で、松本龍環境相に原発事故で被災した動物の保護などに関する提言を行った。

席上、高木委員長らは、多くの国民が被災動物の救護を望んでいることを指摘。
「飼い主や動物愛護団体の心情を十分にくみ取ることが重要」
と強調し、
1.原発事故による警戒区域でも、情報提供の上、限定的に被災動物救護チームの現地派遣を認める。
2.動物の被ばく状況の把握・除染作業と保管場所の確保。
3.計画的避難区域の動物保護の情報提供--などを求めた。

松本環境相は、「原子力被災者生活支援チームと相談し、検討する」と応じた。


警戒区域設定で環境省、ペット連れ出しを検討
 福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域設定を受けて環境省は21日、取り残されている犬や猫などペットの連れ出しなどについて対応を検討していることを明らかにした。

 近藤昭一環境副大臣は同日の記者会見で「連れ出しは(住民の一時帰宅と)同時になるか少し後になるのか、順調に進むよう調整したい。命に関わることなので早めにやりたい」と話した。福島県によると、20キロ圏内にかかる9市町村で、狂犬病予防法に基づき登録されている飼い犬は約5千頭いるが、実際にどれくらい取り残されているかは不明という。

 環境省は、ペットを連れ出せた際の具体的な対応策を日本獣医師会や動物愛護団体などでつくる「緊急災害時動物救援本部」と協議。除染のほか、避難先で飼育できない住民のため、保護先の確保などについても検討を進めている。


スポンサーサイト
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(16) | ▲ top
<<最後に救出された犬達 | メイン | 犬猫みなしご救援隊>>
コメント
-せめて餌やり-
佐々木さんが書いていらしたこと(後述)を、福島県動物救護本部へ上申しました。
なんとか動いてもらえますように。

【福島県動物救護本部】
福島県
郡山市
いわき市
社団法人福島県獣医師会
福島県動物愛護ボランティア会
<事務局>
福島県保健福祉部食品生活衛生課内
〒960-8670 福島市杉妻町2-16
TEL:024-521-7245 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm


【上申内容】
拝啓 時下たいへんお忙しくお過ごしのことと存じます。
このたびの震災および引き続いておきた原発事故について心よりお見舞い申し上げます。
20日に福島第一原発20キロ圏内が警戒区域として立入禁止となりました。
まだ区域内には保護されていないペットや家畜が多数残されていると聞いております。
非常時とはいえ、愛玩動物に適切に餌と水を与えることは法律(動物の愛護及び管理に関する法律)で義務づけられていることです。
震災以降20日まではボランティア団体が保護、餌やりをしてくれていました。
しかし、今後は彼らも入れなくなります。
もし、動物に関して何らかの対策を国が考えるにしても、それでは遅いのです。
今まで保護、餌やりをしていてくれた団体からの訴えです。
『入れないなら、入ってはいけないのなら、どうしても入らさないというのなら、入れる人に食料を与えてあげてくださいとお願いしたいのです』
その通りと思います、それしか方法はないと思います。
全国から被災動物への支援物資は大量に集まっています。
しかし、それを肝腎の動物達へ届けることができなくなるのです。
東京電力関係者、警察、自衛隊、その他の進入可能な方々が各団体から渡せる食料を動物たちの元に供給してもらえたら被災動物達の命は救えるかもしれません。
是非、貴会のお力で早急にその道筋をつけてくださいますよう御検討くださいますようお願い申し上げます。
2011/04/24 14:50  | URL | Suzuka@つくば虎梅荘 #-[ 編集] |  ▲ top

-Suzukaさんへ-
流石ですねぇー。
私には、到底書けない文章です^^

事後承諾ですが、環境庁と福島県知事に、そっくりそのままメールしました。
やぱり、お知恵拝借でしたねw

調べたら、福島県動物愛護管理推進計画(http://www.pref.fukushima.jp/eisei/douai/douaikeikaku/pabukome/douaikeikaku.pdf)ってのがありました。

7(4)に「災害発生時の救護対策」
災害発生時において、被災者の負担軽減と被災動物の福祉の向上を図るため、保護収容及び餌の確保並びに関係団体との連携等を推進する。

って、書いてあるじゃないですかー。
今こそ、災害発生時の救護ですよ。

明日になったら、みんなで、↓に電話しましょうー!


<事務局>
福島県保健福祉部食品生活衛生課内
〒960-8670 福島市杉妻町2-16
TEL:024-521-7245 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm
2011/04/24 16:25  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
りゅうママ 了解です.
2011/04/24 21:23  | URL | なのかの #-[ 編集] |  ▲ top

-なのかのさんへ-
ありがとー、

東電は社員がたくさんいるので、責任を取って、餌やり水やりして貰いたいものですね。
家畜は、補償できるかもしれませんが、ペットは補償じゃ済みませんよ!
2011/04/25 06:07  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ママ、やはり疲れたのですね。ムリはしないでね。

家畜の殺処分が始まるそうですが、移動させる事はできないんでしょうかね。
浜辺を走り回る牛の集団がテレビで写ってたけど・・この子達を処分するの?
残されたペットは? 中から出すことは出来ないの?
疑問に思うことばかり。
2011/04/25 08:30  | URL | さくらママ #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

--
お。りゅうママ復活ですね。
せっかく電話もらったのに、探し方がヘタだったのか、なんだか役に立てなかったみたいでごめんなさい。先方から「今日こないの?」的な連絡はありませんでしたか?(汗)

環境省が、おそまきながらも、動き始めそうな気配なのですね。
でも、1ヶ月もたってしまった今、本当に事態は一刻を争いますよね。
「順調にすすむよう調整したい」って・・・。調整してる間に何頭も死んじゃったらどうすんだ!?
2011/04/25 10:40  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

-Googleアニマルファインダー-
こんなのができましたよ♪
http://japan.animal-finder.appspot.com/
2011/04/25 10:44  | URL | Suzuka@つくば虎梅荘 #-[ 編集] |  ▲ top

-おぉぉ、さすが-
Google~~^^
もっと情報が集まって、双方向になると良いですね~

@私も事後報告です^^;
上伸内容コヒペして、関係各所にメール致しました。


今日から原発警戒区域に獣医団が入っていますね。
メインは死亡家畜の衛生上の対応と、残された家畜等の調査とか。。。

依頼があれば家畜殺処分ってニュースで聞いた時は「ざけんじゃねーーよ!」と叫んでました。
となりのいくらは、驚いて数メートル避難^^;


大手企業動け!政府は行政は遅すぎる。
私もそう思います。
2011/04/25 11:36  | URL | 久慈姫 #-[ 編集] |  ▲ top

-さくらママ へ-
どうやら、残念だけど、形ばかりのペット保護になりそうです。

「やりました」ってのが、大切なんでしょうね。

家畜は、持ち主も金銭的な補償があれば、しぶしぶでも殺処分を了承するのかもしれませんね。
生活がありますからね。
2011/04/25 20:44  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
まだ、到着しませんか?の連絡ありました(爆
記憶違いで、全然、違う名前でした^^
満額、振りこみました。

もう、お手数掛けて、ごめんなさーーーい。

すっかり元気で、今日は、栃木の新しい拠点に行ってきました。
後から保護された犬ほど、大きいです。

元ちも銀ちゃんも生命力強いって、わかりました。
2011/04/25 20:48  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-Suzukaさんへ-
ありがとー。
引き取ってきたワン、登録します。
2011/04/25 20:49  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-久慈姫さんへ-
今日、日光の方、代表と一緒に見てきました。

綺麗すぎる~!ビックリ!と、代表www

ふざけんじゃねーよ!ってことが、また起きつつあるようです。
純粋な愛護団体を20キロ圏内に入れない限り、形だけで終わりそうです。
2011/04/25 20:52  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-よかったよかった(笑)-
会社のホームページにも、昨日から被災動物預かりますって出てましたね。
マサムネ社長~ありがとう~!
良いシナジー効果が生まれると、救われる子も増えますねww

霞が関の人達に、所長の爪の垢飲ましてやりたい。
2011/04/25 21:31  | URL | 久慈姫 #-[ 編集] |  ▲ top

-ご苦労様です。-
ボランティア活動は大変ですよね。
体を大切に・・・ご健康を祈っております。

那須在住の「藤村工学博士」のインタビューを御覧下さい。
私の那須の知人である「地球自然映像家」安孫子氏が撮ったものですが、ご参考になれば・・・
http://www.youtube.com/watch?v=TG84Umw_Z_s

2011/04/26 05:37  | URL | Momotetsu Papa #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

-PS/書き忘れ-
藤村工学博士と安孫子氏は那須の「愛犬家」ですので、ご紹介致しました。
2011/04/26 05:43  | URL | Momotetsu Papa #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

-| Momotetsu Papaへ-
今日はありがとうー。

今から、散歩行ってきま~す。

藤村さんの、夏場停電だったら、非電化冷蔵庫が欲しいって思ってました^^
2011/04/26 16:16  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |