イロイロとね
- 2011/12/07(Wed) -
秋の展覧会から全国展まで、バタバタと忙しく、やらなきゃならないことが溜ってしまいました。
きっと、みんなもそうかな。

で、やりたいことも溜ってしまい、最近また、勉強のための犬舎訪問などさせていただいています。
犬連れでお邪魔するにも、暑くないので良い季節です。
そんな時、社会勉強も兼ねて、普段は展覧会に出ないりくを連れて行きます。

家で生まれた一人っ子で、いつもおりゅうと一緒なので、一人になることはまずないからです。

175_20111207145328.jpg
りくのエライ所は、内弁慶の威張りんぼうなだけじゃなく、一人でも頑張れるところです。
こちらの犬舎さんでも総勢10頭くらいの犬がいますが、どこに一人で行っても耳も引かず尾も下げず。

056_20111207145854.jpg
おりゅうが一緒の時でも、一歩前へ!

181_20111207155011.jpg
こちらの看板犬は「南陽の力皇号」愛護会の総合優勝犬です。
犬舎の中に居る時は、ベロベロなのに、1歩外に出ると気迫を感じるお犬でした。
suzukaさんの月ちゃんが総合に出た時に、優勝旗争いをしたので、その時に応援に行って見ていましたが、その時の印象よりも、近くで見た方が良いオトコです^^

会いたかったのは、日保で何度か会った千葉の北斗の父親。若本陣。
数年前から会いたいと思っていたので、やっと念願叶いました^^
立派な体躯で、最近の愛護会展覧会では、まずサイズオーバーでしょう。



摩利も一人で犬舎訪問に行って、吠えられることなんかないので、連れて行きました。
甲斐犬を飼って36年という栃木の大先輩のお宅です。
現在12頭の甲斐犬がいます。
009_20111207150451.jpg
それと、50日ほどになる子犬が居ました。

005_20111207150829.jpg
摩利も、吠えられるのとかは全然平気。
が、、、子犬にずっとマウンティングされ、困って耳引いてましたw

このエロ坊は、鬼怒川に行くそうで、いつかまた会えるでしょうか。
栃木で開催された関東連合展の時に、「甲斐犬が欲しい」と話しかけてくれた女性が居たのですが、そちらのお宅に行くことになったそうです。
世間は狭いです。

摩利も、こうやって座っても尾が地面に着かないのは、おりゅうからのDNAでしょうか。
展覧会出陳犬としては、山ちんから良い所を貰ってきました^^

こちらの大先輩は、自分の理想の甲斐犬の作出を目指していらっしゃいます。
でも、同時に愛犬家でもあるので、牝は2度、多くても3度までしか出産させず、6歳を超えたら出産させずなのだそう。
たくさんの子犬を出産させてきましたが、両親犬や誕生年月をすべて覚えていて、犬の年を聞くと「○月で○才」と答えてくれます。
理念を持った愛犬家&作出者として尊敬すべきご夫婦です。
わからないことなど、いつも教えて頂いています。


確固たる理念と情熱を持って、理想の甲斐犬を目指して作出している、天狼犬舎さんにも遊びに行ってきました。
まだ冬毛にならない時に、犬を見せて頂くためです。
「毛の良い犬こそ夏に見ろ」は私の日本犬の先生が教えてくれました。

016_20111207162051.jpg
天狼の銀号。 換毛期の状態が良くない写真をアップしてしまうのはどうかとも思いましたが^^
でも、綿毛が完全じゃなくてもピンピンと立っている針のような剛毛が、とってもステキなので載せちゃいます。
流石、毛質にこだわりを持って作出している犬舎の看板犬です。
多分、夏でも寝ない毛^^

毛はもとより、耳が綺麗で、口吻の締りの良さが印象的でした。
お里の父さんを見ると、「俺、出番?嫁???」と、尻尾ブンブンだったのもナイス!でした^^


003_20111207155745.jpg
那須塩原の益子荘にも行ってきました。
看板犬の夢芽ちゃんが子供を産みました。

002_20111207155922.jpg
はっきりと虎毛が見えている子が4頭。
成長が楽しみです。


で、このヒト↓
007_20111207160323.jpg
明るい虎毛で

010_20111207160547.jpg
ムホムホの毛。

012_20111207161351.jpg
すっと伸びた口吻。

016_20111207160743.jpg
体高50は絶対ある!と思われる立派な体躯。

このヒト。藍虎のお父ちゃん^^
全然似ていないw


甲斐犬は、面白いですね。
固定化されていないから、面白いです。
少しずつ「理想の甲斐犬」が違っても、所属団体が違っても、「甲斐犬好き」に違いはなく、犬談義に華が咲きます。

そうそう。
イロものは、その時の光の具合やカメラの種類や調整で、実物と違った色に写ることがあります。
私は色んなことができないので、デジイチ様のオートで撮っていますが、南陽の力皇や天狼の銀号も実際の色と違っていると思います。


019_20111207165052.jpg
全国展の前日。まだ朝日が当る前に撮った銀ちゃんの写真。
デカイ顔と言われるけれど、化だらに比べると、むしろ小顔?w

なんだか、白黒にちょっと色を付けたよう^^


022_20111207170715.jpg
同じ時だけど、日のあたる場所に居た時の写真。

尻尾と肛門周りのちょこっとしか綿毛が残っていず、首周りは剛毛まで抜けてしまっているので、銀ちゃんとしては不本意な姿ではありますが、記録の為にのっけておきましょう^^


051_20111207171554.jpg
あ、ちなみに、マーガリン1箱を食べる直前のおりゅう。

この時はよほど自信があったのか、カメラを向けるといつまでもポーズを取っていましたw


103_20111207173150.jpg
ピカチュー山徒から、色を貰ってきた摩利。


016_20111207173331.jpg
いつでも変らぬ黒だけど、光に浮き上がる筋肉の割れ目が美しい藍虎^^


そう。大きさも伝わらないらしく
「大きいって聞いてたけど、ほんとに大きいね~」と、よく言われる銀ちゃん^^

121_20111207173809.jpg
ブログの更新をサボっていますが、みんな仲良く元気です^^


オマケのアップ 2011年11月20日現在。今年は毛が上がらず。特に銀ちゃんは9月に抜け始めたので、首周りが酷い。
113_20111207193559.jpg
おりゅう

115_20111207193649.jpg
銀ちゃん



004_20111207211505.jpg
12月7日現在。ちょっとムホムホ。
更に小顔?w


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 甲斐犬仲間 | CM(28) | ▲ top
<<頑張れ!ただの家庭犬 | メイン | 日本犬保存会 ・全国展(兵庫) その2>>
コメント
--
摩利ちゃんにマウント!してるのは、井上荘さんのオチビさんですか?
かわいい & 将来有望!

益子荘さんは、近くですか。
ほうぼういらっしゃったんですね。
2011/12/07 18:36  | URL | くまのぱぱ #0p.X0ixo[ 編集] |  ▲ top

-すご-い-
たくさんの犬舎さんを回られているのですね。りゅうママ、相変わらず勉強熱心ですね。
天狼の銀号、いいなぁ。こういう顔の犬、すごーく好きです(^^)

藍ちゃんのとーちゃん、ほんと藍ちゃんと似てない(笑)
なんか、「人格者」っぽい顔してますね。人間みたい。
毛がすごい密集してますね。藍ちゃんも生まれたばかりの頃、かなりの毛吹きだった記憶がありますが。。。

マーガリン1箱を食べる直前の(笑)おりゅうさん、やっぱりかっこいい。すごい迫力ある立ち方をしますよね。見事な虎毛も日に映えて。よっ 紅孔雀!! って感じ(^^)
2011/12/07 19:12  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

--
こちらは、栃木の山形荘です。
ずっとずっと、マウントしてましたよ。
かなり将来有望です^^

益子荘は、1時間くらいですかね。
子犬が生まれるたびに見せてもらっていますが、いつ見ても子犬は可愛いですね。







2011/12/07 19:25  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
「天狼の銀」は、ねこたさんも知ってるワンコさんのお父さんですよ。
Suzukaさんとこで生まれた、月ちゃんともんちゃんのお父さん。

尻尾は写真に写らないほど、高速で振っていますが、顔は渋いですよねw

家は、交配&繁殖の数に限りがあるので、勉強して、後悔のないようにと思っています。
団体は違っても、お付き合いさせて頂ける犬舎さんも多くなり、ありがたいことです。
これまでも、アチコチ行っていたのですが、初回の訪問ではブログには載せていませんでした。
今回も初めて行ったところもあるのですが、もう少し久しくなったら、載せても良いか聞いてみます^^

おりゅう。。。
耳までピンと立て、ずっとカッコつけているんですよ。

変な奴です。

そうそう。藍虎。
小さな時は、ウニみたいな毛でした。
動きすぎで熱いのじゃないかと思うのですが、いつも夏毛ですね(爆
モフモフはどこ行った?w

2011/12/07 20:05  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-お世話になってま~す-
訪問ありがとう!
りゅうママのお話はいつも勉強になります。
仲間に入れてもらえてうれしいです。
銀の顔がカッコイイと思ったのは親バカかな(笑)
優芽の「あんた何?」の顔そのまんまだし(笑)
また勉強させてください。
2011/12/08 00:23  | URL | ばーば #-[ 編集] |  ▲ top

--
特に柴犬雄の場合は、夏に見たのと冬に見たのでは
印象が全然違い、 夏に見た時には優しい表情を
あらわしている場合が殆どですが、毛が吹いて出来上がると見事な男らしい犬になるようですね。

甲斐犬以上に違いますよ。
2011/12/08 06:38  | URL | 疾風パパ #EfClkGcc[ 編集] |  ▲ top

-ばーばさんへ-
パパさんがお出かけ間際に行ったので、時間がなく、優芽ちゃんの良い写真が中々撮れませんでした。
赤ちゃんが居るので、ずっと警戒ぼえしてました^^

藍虎のとーちゃんの銀ちゃんは、カッコイイですよ。
男前です。
優しい表情や物憂い表情とか、藍虎はそんな所が似たのでしょうかね。

また遊びに行きますね!
2011/12/08 08:14  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-疾風パパ へ-
なるほど。柴。

「毛が良い」と言われる甲斐犬も、綿毛の多いタイプと剛毛が長いタイプと居るようです。
毛の硬さや生えている方向によっても違うようですが、夏と冬ではまったく別犬もいますよね。
熊さん家で生まれた緑龍なんか、夏じゃないと、どんな骨格なのかもわからないです。
冬は熊ですからw
父親の雷電は、夏毛でも総立ちなので、イマイチ骨格がわからないですw

うちのりくなんか、1年じゅうTシャツ1枚の薄着で、洗っても変らないです(爆
銀ちゃんは、夏はヒグマで冬はタヌキですが^^
あの身体なので、少しトボケタ可愛い顔で良かったかな。


2011/12/08 09:04  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
仕事に疲れて覗きに来ました(笑)癒し度200%!
みんな立派な甲斐犬で見とれてしまいます。

銀父ちゃん、かっこいい。

そういえば、先日の兵庫へのお出かけが小鉄なりに楽しかったらしく、先週ワクチンに病院へ連れて行くのに
大喜びで車に飛び乗り・・・。降りた後
「えーーー。ココなの~~?!」て顔してました(笑)

車でおでかけが少し楽になるかも。

2011/12/08 14:13  | URL | Chitch #-[ 編集] |  ▲ top

--
展覧会、犬舎訪問と相変わらず熱心ですね。
いつも楽しく読ませてもらったり、違う分野だからこそ意外に参考になったりもしてます。

ところでママ、ひとつ教えてください。
「立ち込み」についてです。初めはある種の緊張感での美を競ってとばかり思ってました。
どうもそれだけではなく、内面の本質にまで推測して評価してるみたいですね。
狭いサークルの中での表現で、これを適切に評価できる人間は、まずいないだろうと思ってしまいます。

いつも犬の本質、性能と向き合っていますけど、これを犬が表現するのは実戦の場のみで、
その他の所でこれに結びつけれる様な推測は不可能です。

実際のところどうなんでしょうか?このあたりがいつまでたっても理解できません。
2011/12/08 15:57  | URL | マルオ #-[ 編集] |  ▲ top

--
こ--んな小さい時から虎毛がわかるんですね。

本当に甲斐犬っていろんな子がいますよね。
すごく面白いです。
毛色も顔つきもいろいろ・・・
みんな個性があってかわいいし格好いい。

だけど、、おりゅうちゃん。
マ-ガリン一箱って・・(笑)
2011/12/08 15:59  | URL | yoshi #-[ 編集] |  ▲ top

--甲斐犬談義は難しいですね--
ご無沙汰しています。
甲斐犬談義・・・未熟者の私には未だ難問です。
りゅうママさんの熱意ある甲斐犬談義は勉強をさせられます。
甲斐犬は容姿もさる事ながら性格が大切だと感じましたが、桃ちゃんは何も教える事無く未熟なハンドラーの私を「パパ頑張って!」とリードをしてくれました。
交配をするのであれば・・・桃ちゃんのような甲斐犬を作出したいと私は思っています。

父親の気持ちは、誰にも愛される甲斐犬の作出ですかね。^^

2011/12/08 19:07  | URL | Momotetsu #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

-Chitch さんへ-
銀父ちゃんも小鉄くんも愛護会展での評価よりも、日保の評価の方が高いのは、間違いないです^^
それは、毛色や大きさだけじゃなく。。。です。

どんな犬を良い犬と云うのか、所属団体の評価や飼い主の考え方で随分と変わりますよね。

小鉄くん、楽しかったんだ。
それは良かった!
また、どこか楽しい場所に連れて行ってあげてくださいね。
きっと、ドライブ大好きになりますよ^^
2011/12/08 19:23  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-マルオさんへ-
くしゃみが出ませんでしたか?w

甲斐犬を飼って36年と云う大先輩に、黄金丸の話をしていました。
この方が、最初に惚れた甲斐犬が「栃狼」と云う犬で、猪猟の単独猟犬でありながら、今で云う総合優勝をした犬なのだそうです。
俗に言う「姿芸両全の犬」です。
話は聞いていましたが、先日、写真で初めて見ました。

ああ、なるほど!流石!と、感心しました。
体高52はあったという大柄の甲斐犬ですが、何がどうと説明はできませんが、素晴らしかったです。

それで、黄金丸の話になり、私が撮った写真を見せたら、「昔は多くいた伸びやかな犬」と、盛り上がりました^^
話の中身は、ご想像にお任せしますが、私の持論を展開しておきましたw

で、お尋ねの「立ち込み」についてですが。
正直、私にもわかりません^^

愛護会展では「気迫ある立ち込み」と云う言葉を良く使います。
でも、本当に命を掛けた真剣勝負で気迫のある犬が、展覧会で審査員や他の甲斐犬だけの場所で、気迫を見せるかと云うと、そんなことはないような気がします。

何度猪に捲くられても怯まない黄金丸は、愛護会でも日保でもそういう場所にさえ慣れてしまえば、「気迫不足」と言われるような気がします^^
黄金丸は普段はとっても穏やかな顔だし、展覧会場で気迫を見せる必要がないからです。

でも、殆どの甲斐犬は日常的に真剣勝負をするような場面はなく、命を掛けて主人を守るような場面もないわけで、立ち込む姿で本質を表現をするしかないってことなのじゃないかと思います。

もちろん、体質的に尾が保持できる犬はとても有利です。
巻尾は下がりにくいですし、同じ差し尾でも、黄金丸は上がりやすく、疾風は下がりやすいですよね。

日保は、ポンと立たせた自然な姿を良しとするようです。
それは、性格に四肢構成を見るためだそうです。
そして必ず、審査員は顔を近づけて睨めっこします。

ある審査員が「甲斐は恥ずかしがりなのか、目をそらし、耳をよく動かす」と云いました。
おりゅうは、顔を叛け遠い目で、審査員を見ないようですし、銀ちゃんは困った顔で私を振り向いたり、時には座ってみたり^^
仏頂面のオジサンにガンをつけられて目を会わせないのは、私は良性の性格のなせる技で自然なことって思いますが、挙動不審に眼球をキョロキョロするのは、気性が弱いと思われるようですね。

実際に強い気性が、展覧会場で表現される犬も居るでしょうが、緊張感のために、美しい立ち姿として表現される犬もいるのじゃないかとも思います。
そもそも、ただ立っただけで、力強い立ち姿になる犬種もいる気がします。

我が家に限っての結論だと、内面の本質と立ち姿は関係あるようなないような…です。
展覧会で一番力強く立つのは、摩利ですが、序列が一番下でいつもりくに威張られているので、やや犬を警戒している向きがあります。
でも、怯えるような性格でもないので、他犬には臨戦態勢で臨みます。
それが、力強い立ち込みに見え、人間は大好きなので、オジサンが覗きこんだらジッと見返します。
それが真実です^^


でも、日保の場合、甲斐犬以外は外見の完成度が高いので、顔の表現が重要視され、内面から滲み出るものが最重要視されるようです。
そうなると、どう立ったとかのレベルじゃないのでしょう。

実際、地方展でも、立ち姿云々じゃなく持って生まれた姿で評価する審査員もいるようですね。

で、結論ですが。
マルオさんのおっしゃる通り!って、私も思いますが、たとえ正しくないかもしれない推察でも、推察するしかないってことでしょうか^^
2011/12/08 20:47  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-yoshi さんへ-
甲斐犬って虎毛や色の出るパターンも色々なんですよ。
福袋的に面白いです。

性格は、どうなんでしょうか。
私は甲斐犬しか飼ったことがないので、他の日本犬と同じなのか違うのかわかりません。

あ、でも、やまもとさんが少数派なのはわかりますよ。
おりゅうも少数派な気がします^^


2011/12/08 20:54  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-Momotetsuパパへ -
そうそう。家の子となると性格が最重要です。
何て言っても、甲斐犬の親善大使ですから^^

私は、交配候補となる犬には、何度か会うようにしています。
容姿だけでは選べないのが、「うちのお婿さん」ですからね^^

ただ、甲斐犬なので、大人しいだけの犬でも物足りないのが正直なところです。

私の基準はおりゅうなので、芯が強くて、身内に優しくて、賢くて、無邪気で陽気な犬が好き。
でも、りくも藍虎もそれぞれに違うけど、好きです。
銀ちゃんなんか全然違うけど、やっぱり好きです。

え、何でも良いのかって言われそうですが^^

甲斐犬は、両親が穏やかでも、思わぬ子が生まれるリスクがありますが、最善を尽くすしかないですね。
持って生まれた性格が大きいですが、渡すまでにできるだけの社会化をさせ、渡した先でも最善を尽くしてもらうようにお願いするしかないです。
コツは伝授しますね^^

桃虎のような子を…パパの愛情の賜ですが、お里としても嬉しい言葉ですね。
2011/12/08 21:32  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-なかなか難しいですね-
摩利ちゃんの立ちこみ
  やや犬を警戒している向きがあります。
  でも、怯えるような性格でもないので、他犬には臨戦態勢で臨みます。
  それが、力強い立ち込みに見え、人間は大好きなので、オジサンが覗きこんだらジッと見返します。

なーるほどねぇ。
おりゅうさん、銀ちゃんのもわかる気がするなぁ。

お婿さん、お嫁さん選び大変ですね。
じっくりよく見て、何度でも会って、納得しないとダメですよねぇー。
そうなのか、そうなんだよねぇ、失敗したなぁ...
と、わが身を振り返りました。

おりゅうさんファミリィがまたにぎやかになりますね。楽しみです。
2011/12/08 22:37  | URL | お竜のBOSS #HYCUDd.E[ 編集] |  ▲ top

-ありがとうございます-
懇切丁寧で分かり易く、素人の私でも理解度が一気に上がりました。

幼少期の黄金丸の表情は、普段でもキリッとしてきつい感じでした。
成長し、真の実力がついてくるにしたがって、余裕のある表情というか、
ママの観察どおり、穏やかになってきました。
駆け出しの頃は、ただの虚勢が顔に表れていただけかもしれません。
2011/12/09 06:41  | URL | マルオ #-[ 編集] |  ▲ top

-お竜のBOSSさんへ-
岳ちゃんはビビりではないので、「リンクでは他の犬と喧嘩にはならないんだー」ってのがわかれば、ワンワンしなくなりますよ^^

銀ちゃんは、逆に慣れ過ぎちゃっているので、緊張感なさすぎw

他犬の出陳者は真剣に立ち込みの練習に取り組んでいる人が多いので、私も本当は見習わなきゃいけないんですが。
ぼーっとでも立っていることはできるので、まあ良いかってなってます^^

身内じゃない婿は、もうすでに私の中ではある程度決まっているのですが、距離の事もあり、飼い主さんの都合や意向もあり、中々難しいですね。
計画通りには行かないものです。

オフシーズンの犬舎見学は、勉強のためです。
犬を見せて頂くだけじゃなく、いろんなお話を聞いて、とても勉強になります。
3代、4代と見せて頂けることもあり、何度も交配できない我が家にはとてもプラスになります。

子犬に、良性で健康であること以上を望むのは贅沢ですが、散歩中に声を掛けられるような容姿なら、子犬を育てて頂くご家庭も、甲斐犬ライフもさらに楽しくなるかと。
親馬鹿ですが、一族に、してやれることはしてやりたいです^^

ああ、でも、一番大変なのは、子犬を譲るご家族探しですね。
岳ちゃんを、ありがとうございます。
2011/12/09 09:18  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-マルオさんへ-
愛護会展では、午後審では暫定順位で一列に並べた犬を見比べます。
本来の性質を探るために、隣の犬と顔を合わせた時の様子を見るようです。
下位にいる飼い主は上位の犬に合わせて、順位入れ替えを狙うようです。

午前の個体審査では、1頭でつまらない様子で評価されなかった犬が、午後審で順位を上げることもあるそうです。

でも、愛護会展は、一般家庭の愛犬が多く、お祭りムードもあり、年に2回の犬友との再会を楽しみに集まっている感があり、リンク外での盛り上がりが楽しい祭典です。

日保は、日本犬標準の「本質とその表現」で「日本犬は悍威、良性、素朴の本質をとても大切にしています。悍威とは、気迫と威厳、良性とは、忠実で従順。素朴とは、飾り気のない地味な気品と風格をいい日本犬が生まれながらにして持つ根本的な性質を言い表しています。
加えてその表現は、小型犬と中型犬は感覚は鋭敏、動作は敏捷、歩様は軽快で、弾力があります。」とあります。

いつも、これって単独猟の猪猟犬だよなあーと、思うわけです。
「悍威、良性、素朴」はどう立ったかじゃなくて、本当は滲み出るんでしょうね。
犬を見る目ピカイチのマルオさんの方が、リンクの中でも、本質についてはよく見れるのじゃないでしょうか^^

マルオさんが広島にお見えになる時は、ぜひ、お邪魔したいと思っています。
2011/12/09 09:35  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-何度も申し訳有りません-
余りにも驚くべき文面箇所でしたので、再度教えてください。
たぶん、私の短絡的な解釈で、愛護会ほどの団体がこんな稚拙な事する筈ないと思ってます。

愛護会展では、本来の性質を探るために、隣の犬と顔を合わせた時の様子を見る、というところです。
上位に上がる犬、下位に下がる犬、どのような様子であればそうなるんでしょうか?

2011/12/09 13:25  | URL | マルオ #-[ 編集] |  ▲ top

-マルオ さんへ-
審査の先生に直接お伺いしたのではないので、真意のほどはわかりません。

でも、よく聞く話では、近くに犬が来た時に、弱腰に見えたり、ワンワンと吠えたりする態度では、比較審査では評価が下がるようです。
逆に、個体審査でポツンと一人でいて尾も上がらなかった犬が、隣に犬が来ることによって尾が上がり、席次が上がることもあるようです。

個体の生まれ持った容姿と、審査員が感じた性質のバランスをどう評価するのかは、私にはわまりませんが、上位の犬は隣の犬で動じるようなことはないと思います。




そうそう。家の藍虎が愛護会展に出陳したことがあるのですよ。
疾風と同じで、休め!の体勢では尾が下がる犬です。
個体審査では、もちろん、尾が上がりませんでした。
展覧会会場は、日保にくっついて行ってるので、まったく緊張もせず、広い会場にポツンと置かれても、いつも通り尾を下げたままボヨンと立っているだけでした。
午後の審査で、真中より下の方で呼ばれましたが、隣に犬が来て遊んでくれると思ったのか、審査員が見ている時に一瞬尾を上げました。
結果、真中よりも上で結審しましたが、その頃には、ここは遊ぶところじゃないと詰らなくなって、そこでペタンと寝ていました^^
でも、ちゃんと尾を上げて立ち込みしている犬が、藍虎より下に何頭もいたので、藍虎の容姿は捨てたものじゃないのかもしれませんw

藍虎は犬も人間も怖くないし、根暗じゃないし度胸もありますが、リンク内での表現は、「いつも面白い藍虎らしい」としか言いようがないです^^

出陳者は、少しでも容姿が良く見えるように立たせ、胆力があるように見えるように振舞わせる…努力をするってことでしょうか^^
愛護会でも日保でも良いのですが、審査員が黄金丸の本質をどう見るのか、興味のあるところです。




2011/12/09 20:22  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-なつかしい顔♪-
我が家の月のお婿さんの顔、久しぶりに見ました♪
月もまやすけも、当初予定していたお婿さんが、交配当日に体調不良だったり、直前に病気になってしまったりで、急遽別のお婿さんにお願いしました。
結果的には、どちらの交配もそれでよかったので幸いでしたが、生き物は何があるかわかりませんから、第3候補くらいまで考えておかないと半年棒にふっちゃいますものね。
自分で作った犬で系統繁殖ができるようになるまで、元気で生きていられるよう、お互いに身体に気をつけて頑張りましょう。

横レスですが、11月29日発売の『Shi-Ba』で愛護会展覧会の特集ページが組まれていましたが、審査委員長の小野先生へのインタビュー内に『展覧会で目を惹く犬は、優れた猟能を持っていると感じます』と書かれていました(小野先生は実際に甲斐犬を使って猟をされるそうなので)。
小野先生のインタビューは、14行にわたって猟能と展覧会の審査基準の関係について書かれていましたが、あまり沢山引用すると著作権に触れる恐れがあるので、御興味があれば上記雑誌の該当記事をご参照ください。
2011/12/10 16:59  | URL | Suzuka@つくば虎梅荘 #-[ 編集] |  ▲ top

--
ああ、やっぱ何度見ても、
かあちゃんはおりゅうさんがいいな。
なんて言ったらいいだろう。
渋い。
毛の色も好きだ。
なんか顔の表情とか、全体から出る何かが
とても魅力。
年だろうか。はたまた。
2011/12/11 10:05  | URL | テツかあちゃん #Di5Bv0kk[ 編集] |  ▲ top

-Suzukaさんへ-
フォローありがとうございます。

色んなことを知れば知るほど、毛色と蓑毛にこだわって犬を作り続けた諸先輩の努力に敬意を表します。
最近、以前Suzukaさんが言っていた「最初に飼った犬が基準になる」って言葉を思い出すことがしばしばです。

系統交配できるようになるかはわかりませんが、最悪でも、銀ちゃんより長生きしないと!って思ってます^^

2011/12/12 20:15  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-テツかあちゃん へ-
おりゅうは、人間だったら、職業は「女優」ですね^^

他の犬は、綺麗な立ち姿を撮るのは止まった時の一瞬だったりするのですが、おりゅうはこの手の写真は撮りたい放題ですw
動いている時は、無邪気だったり、意思表示のはっきりしたオバちゃん根性の犬なのですが、フッと止まると、こんな感じの雰囲気のある犬に変身するわけです。
銀ちゃんが9歳になったら、こんな雰囲気が出るのかどうか疑問ではあります^^

でも、甲斐は、菅沼先生がおっしゃるには白髪がでてからが味が出るようで、1歳半から白髪が出始める我が家の犬達は有利なのでしょうかね(爆
2011/12/12 20:24  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
南陽の力皇号!!
こはるのお父さんです。
あんな娘ですけどなにげに両親は立派だったりして(笑)
2011/12/13 02:21  | URL | コテツおかん #-[ 編集] |  ▲ top

-コテツおかん さんへ-
おおー!
こはるちゃんのお父さんでしたか。


お邪魔した時に、どの子がこはるちゃんのお母さんかな~って見ていました。
お父さんが力皇なら、お母さんは涼ちゃんですかね。
立派な賞歴の両親ですね。
サラブレッドじゃないですか^^

こはるちゃんの体格はお母さんから、動きは動きはお父さんから貰ってきたのでしょうか。
私が感じる力皇の魅力は、狙った獲物は逃がさないぞって顔。

こはちゃんの場合、食い物!w

こはちゃんの動物的な動き、大好きです。
隠れお父さん似ですね^^
2011/12/13 07:48  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |