スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
頑張れ!ただの家庭犬
- 2011/12/13(Tue) -
日保の展覧会に行くと、いろんな方から話しかけられます。
関東では、数は少なくても珍しくなくなった甲斐犬。
でも、これまでは東北に出陳していなかった甲斐犬なので、東北展ではいろんな話をお聞きしたり、素朴な質問も飛んできます。

東北での甲斐犬飼育は少ないですが、お話を聞くと、その殆どは猟犬のようです。
鳥も多いですが、中には猪猟や熊猟で活躍している犬もいるとか。
「甲斐犬」というと、展覧会犬としての興味よりも、その性能への興味が多い気がします。
そのせいか、おりゅうよりも、いかにも強そうな銀ちゃんが人気あります^^

甲斐犬のニオイについて、面白い話がありました。
何人かから聞いたのですが、甲斐犬のニオイは、独特なのだそうです。
獣のニオイなんだそうです。

犬臭くないので室内犬として良いなあと思っていた私。
あの干し草のようなニオイって、獣のニオイなんですか^^
そういえば、以前は秋田犬を飼っていた山徒のとーちゃんが、最初、山徒は獣の臭いがするって言ってました。
普通じゃん。家のは、みんなこんなんよ。って思ってました。

おりゅうの前に柴犬の牡を立たせて、「目をそらすな!負けるな!」と喝を入れているオジサンが居たりして、ちょっと可笑しかったです。
甲斐犬の獣のニオイを他の犬種は嫌がるって言うんです。
初めて聞きました。

銀ちゃんは、私が甲斐犬の牡を触った手を嫌がります。
以前、みなしごから帰った時に「おまえは誰だ!」状態で関係が悪くなったことがありましたが、あの時、甲斐犬雄を保護していて、私が面倒を見ていたのです。
顔を合わせた甲斐犬牡に対しては、身内以外なら然程でもないのに、ニオイだけってのは警戒モードになるようです。
でも、ダイや緑龍のニオイは平気なようなので、わかっている相手のニオイなら構わないのか、よくわからんやつです。

みなしご救援隊の栃木拠点に行った時に、たくさんの犬のニオイを嗅ぎまくりましたが、確かに、干し草の臭いのする犬は居ませんでした。
でも、獣って言っても色々だろうに。何のニオイなんでしょう^^

山形連合では、福島支部の支部長さんが時間を割いてお話ししてくれました。
喧嘩の強い甲斐犬の動きについてです。
無駄な威嚇はせず、相手が射程圏内に入った時に、不意打ちなのだそうです。
やる時は中途半端じゃなく、勝てる体制を取るとか。
なるほど。
思い当たることはあります。が、自分の家の犬には、一生、喧嘩なんぞさせたくないもんです。
幸い、今の所、喧嘩らしい喧嘩はしたことがないです。

支部長さんは、紀州犬と柴犬を飼っていますが、近年の日本犬の猟能のなさを嘆いてらっしゃいました。
「うちの柴の数頭は、目の前を猫が通っても興味を示さない」と。
猟犬ではなくても、小動物に興味を持たない甲斐犬では、チト淋しいと私も思っていました。

でも、実は、今ちょっとそのことで困っています。
1歳くらいまでは、猟欲がないんだと思われていた銀ちゃん。
徐々に色んなものを追うようになり、イノシシの落し物にスリスリしてきたり。
ゴルフ場では、鹿のニオイに大騒ぎしていました。

全国展の少し前、ついにウリボウを咥えてきました。
それ以来、猟期に入ったこともあり、山には行かなかったのですが、家の庭で、野良猫を捕えてしまいました。
今や、街中の野良猫ハンターになってしまい、ねこを探しだすことしか興味がないような散歩。
ええ、もちろん、リードは放しませんよ。絶対に!

ただ、銀ちゃんは、猫を見つけたら躊躇なく、ノンストップで捕まえようとするので、とっても危ないんです。
猫もですが、私も。
どなたかコントロールする方法をご存じでしたら、教えてください。

甲斐犬は、突っ立っているのを眺めて評価するものじゃなく、動いてなんぼだ!と言われたことがあります。
つまり、展覧会に出す犬じゃないと^^
疾風が日保の猟能大会で喝采を浴びたように、本来は、機能を披露するものなのかもしれません。
それが、また実戦での有能さとは一致しないって話も聞きますから、それはそれで難しいのかもしれません。

「猟もしないのに、何のために飼ってるのか?展覧会なら、他犬種が良いだろう」との、ビックリ質問まであります。
「ただの家庭犬ですけど、家の子は不出来でも、他所の子と取りかえられませんから。」って言いました。

あと、面白かったのは、誰かが「甲斐犬も良いよね。次は飼うかなあ」って言ったら「甲斐犬だけはやめとけ!あれは嵌るらしい」って。
これは正解かもw


で、今日は、久しぶりに山に行きました。
藍虎や摩利と一緒だと、遠走りして危ないので、おりゅうと銀ちゃんだけで。

林道の行き止まりまで行って、一旦、車を止めました。

002_20111213191634.jpg
盛んに臭い取りをするおりゅうと銀ちゃん。


と、その時、何を思ったか
005_20111213191835.jpg
ガルウウゥ~と銀ちゃんに襲いかかるおりゅう。
ガウガウ遊びを仕掛けたらしいのですが、銀ちゃんは臭い取りに真剣なので、おりゅうが怒られちゃいました(爆

009_20111213194018.jpg
臭いを取ったらしく、山に駆け上がって行きました。

014_20111213195040.jpg
が、すぐにおりゅうは戻ってきました。
いつもご機嫌な陽気なおりゅうです。

50メートルくらいのところで、銀ちゃんが吠えました。
ここは広大な杉山なので、動物は殆ど居ないのですが、林道の入り口付近にはイノシシ罠があり、奥の方でウンチスリスリしてきたこともあるので、まったくいないわけでもないです。
冬には、雪の上にウサギの足跡もありました。
こないだウリを誇らしげに咥えてきた時は吠えませんでした。
ハクビシンとかタヌキとかに逆襲食らったかなあ。。。

銀ちゃんは、臆病だし慎重なので、大人のイノシシには向かって行くはずがないので、怪我の心配はしてなかったです。

数回吠えたと思ったら、降りてきました。
017_20111213195137.jpg
山に向かって、また吠えます。

018_20111213195214.jpg
カメラを向けているので、吠えている銀ちゃんのすぐ後ろで、カッコつけてみるおりゅう。

022_20111213203242.jpg
少し移動してはまた吠えます。

023_20111213195322.jpg
銀ちゃんは、吠えながら私の方をチラチラと見ます。

「え!無理だから!自力で頑張って!」

019_20111213195553.jpg
「どう?カッコイイ?」その隣で、おりゅうがまたカッコつけています。

全国展から、ずっとテンションが下がらないおりゅう。
まだ、今期の展覧会モードは終わっていないらしく、山に行ってもまったく野性味なしw

026_20111213195754.jpg
もちろん、おりゅうは銀ちゃんの援軍に行く気もなく、銀ちゃんの寂しい後ろ姿。

ごめんねえ。かーさんが獲ってやれたら良いんだけど。無理だから!
しかも、銀ちゃんが怖いものって意外なものだから、吠えた相手は蛇だったってオチかもしれないし^^

027_20111213195846.jpg

意を決して、また山に上がって行きました。
でも、猟期なので遠走りされると嫌なので、車を走らせてクラクションを鳴らすと、すぐに戻ってきました。

展覧会も中途半端。猟犬でもなく、散歩代わりの山遊び。家のはただの家庭犬。
何ができるかと言われても、何もできないw


それでも
017_20111213200659.jpg
空き地ランの隣で開かれたマラソン大会では、

008_20111213200754.jpg
いつものように3レディース親善大使を務め

006_20111213201023.jpg
銀ちゃんも金網越しだけど、親善大使を務めたりしているわけです。


でも、家庭犬が最強ですよね。
評価するのが家族だから。
こんあおマヌケな甲斐犬でも、私にとってはNO.1


ポチお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(32) | ▲ top
<<9歳になってもうた | メイン | イロイロとね>>
コメント
--
 無駄な喧嘩しないかなあ(^^;;;

 ウチの颯虎 無駄な喧嘩ばかりしているような。。。
 まあ、たしかに 喧嘩するときの動きは凄いです。

 一瞬で終わってますので。。(^^;;

 猫がいた時のコントロールする方法ですかあ? たぶん 猫を見つけたとき すかさず 銀ちゃんの大好物のオヤツをあげる。 何回か やれば 条件反射で 猫を見つけると 大好きなオヤツがもらえるので 竜ままさんの方を 直視する。。。

って ならないかなあ。。
2011/12/13 21:57  | URL | 熊五郎 #4B3NfbaA[ 編集] |  ▲ top

-育て方いろいろだけど-
家庭犬最高!!(笑)
良いもんだよ家庭犬!!
甲斐犬の良さは性能だけじゃないものね~^^
アイコンタクトが出来るのも甲斐、心から寄り添えるのも甲斐、犬で終わらないのも甲斐!
私も家庭犬じみた甲斐が大好きの一人です^^
いつ見ても笑えるねお宅の銀ちゃんも^^
2011/12/13 23:24  | URL | ばーば #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/14 01:00  | | #[ 編集] |  ▲ top

-家庭犬良いですねー-
桃ちゃん、家庭犬?とんでも無いです。
私はただの甲斐犬好きなオヤジで、ブリーダーさんから譲り受けた数匹の甲斐犬を育てて来ましたが、桃ちゃんは過大評価では無く、全てを備えた素晴らしい甲斐犬だと思います。
甲斐犬の臭いの話がありましたが、犬によって全て違うような気がします。
さくらは乾草?肥料の臭い、虎鉄は獣の臭いがしますが、桃ちゃんは一切しませんね。。。甲斐犬の室内飼?不思議でしたが納得です。
飼主の立場から言わせて頂くなら・・・ブリーダーさんは譲る立場で、自分の犬の過大評価をしますが、日々山に連れて行けば解ります。
犬同士の喧嘩は当たり前の事ですが、山入すれば獣の臭いで後退りする犬、帰って来ない犬等々様々です。
渓流登りと冬の雪山は一段と過酷ですが、桃ちゃんは全てをクリアーしてくれました。内心はりゅうママさんの顔が浮かびドキドキでしたが(笑)

甲斐犬の繁殖作出等は未熟な私ですが、ブリーダーさんは飼主さんが、どのような甲斐犬を欲しがっているのかを考えて譲るべきだと思いますが?
私は展覧会オフシーズンと、桃ちゃんと一緒に充分満喫させて頂いておりますが、私のような飼主は欲張りですよね。^^ 家庭犬良いですねー

りゅうママさんには、これからも桃ちゃんのような素晴らしい甲斐犬の血統を、是非遺して頂きたいと思いますが・・・大変ですよね。^^






2011/12/14 05:00  | URL | Momotetsu #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

--
なかなかおもしろい話ですね。
匂いか。あったんだ、犬種によって違いが。
家庭犬、と言われますが、
大昔、生きるために生活を共にしてきた犬は
人間と同じとこで寝て食べてたらしい。
現在の家庭犬と同じです。
それほど大切だったということです。
大事に大切に思うなら、
自然に家庭犬なんだ。
家族ですから。
2011/12/14 05:44  | URL | テツのかあちゃん #Di5Bv0kk[ 編集] |  ▲ top

-ニオイ-
ご無沙汰してました。

干草のニオイ、わかります。
私は嫌いじゃないです。だから、臭いじゃなくて匂い、ですね。
うちのは普段ほとんどにおわないけれど、なぜか洗った直後に猛烈な干草(?)臭がします。
洗われちゃったから、「元の自分にもどさなきゃ!」ってたくさんニオイが出るのかな?
2011/12/14 08:01  | URL | うめ母 #-[ 編集] |  ▲ top

--
たまたたま今朝、丸くなって寝ている元ちの真ん中に鼻を埋め「ん~、げんたん、犬くさくていいにおい~♪」と堪能しておりました(←ばか)
そうかぁ、甲斐犬ってほかの犬とは違うニオイなのですね。私は、ほかの犬も干し草も、嗅いだことがないので、よくわからないけど。

「耳の付き位置」の話、おりゅうさんの写真を改めてみて、なるほど~って思いました。そういうことなのですね。ふむふむ。

山に向かって吠えながらりゅうママをちらちら見る銀ちゃん、おかしい(^^)
「ほら、かーさん、ほら。早く」みたいな。「早く」って、何をだ(笑)

あと、上から3枚目の、ゴキゲンで戻ってくるおりゅうさんの顔。
顔の上半分まで見たとき、一瞬、岳ちゃんかと思った。顔そのものが似ているってわけじゃないけど…表情かなぁ。目がきらきらしてる。
私の思い浮かべる岳ちゃんのイメージは、こんな感じの弾けそうな笑顔です^^

あー、もいっこ、思い出した!
射程距離に入るまでは動かないっていうの、わかりますわかります。
うちでも、こんなことがありました↓
http://blog.arino.jp/wan/2011/10/29/%e8%bb%8a%e3%81%a7%e3%81%8a%e3%81%a7%e3%81%8b%e3%81%91/
この記事の下の方に書いてます。
遙か遠くに猫がいるときには、ロックオンしつつもぺったり座ったままだった元ちが、射程距離に入ったと思ったとたんに飛び出しました。
まあ、結局は逃げられたので(よかった・・・)、元ちは自分のスピードを過信してたってことなんですけど(笑)
でも、射程距離に入ったと思った瞬間に飛び出すのって、わかります~
2011/12/14 09:30  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

--
獣の匂いって聞いたことがあります。
中型日本犬は獣の匂いがするから、他の犬たちに吠えられることが多いって・・・
やまもとさんも良く吠えられます。確か獣医さんから聞いたのかな・・(やまもとさん、吠えられるんですよ-、こんな呑気なのにって質問したらこたえてくれました)

ところで、銀ちゃんウリ坊を!!
さすが猟犬ですね。すごいな-・・・
そういえば、りゅうはスズメハンタ-でした。

ほんとに家庭犬が最強です。
そんな犬たちが展覧会でがんばってる姿が最近増えて本当に嬉しいです。

甲斐犬には何か不思議な力を感じてるyoshiです。
なんだろう・・見抜く力っていうのかな-。
2011/12/14 13:22  | URL | yoshi #-[ 編集] |  ▲ top

-ニオイ-
うめ母さんと一緒。お風呂のあとね。あ、乾燥しちゃうって急いで油噴いてるのかなw
日本犬飼った人は洋犬がクサイと言っていましたw
日本犬て乾いた落ち葉のニオイかなぁ。洋犬って湿った生っぽいニオイ?
で、オスの方が匂う?らしい。トイプー多頭飼いしてる人がオスが匂うと言っていた。
まあ、私は日本犬のニオイは気にならないです。
ニオイでダメだったのはサルw 臭いですぅーーー
「本来は、機能を披露するものなのかも」←これね、機能の優れたモノは見た目も美しいよ。一流のスポーツ選手やダンサーはモデルよりずっと美しい。弱肉強食を生き抜いた野生動物は洗練されていて美しい。ツバメやチーターとかね。自動車のデザインでもスポーツカーはきれいだし。
2011/12/14 16:21  | URL | アキママ #-[ 編集] |  ▲ top

-熊五郎さんへ-
夢中になると餌じゃつられないですからねぇ。

おりゅうが6か月くらいの時に、猫を追って家を飛び出し、道路を渡っちゃった時があるのですよ。
その時は、すでに、止まることも呼び戻しを教えていたし、家の庭から出ちゃいけないことも教えていたので、首輪を持って宙釣りにして叱りました。
命に関わることなので、キャンキャンと鳴くまでの体罰です。

だから、おりゅうはどんなに動物を追っても、大声で怒鳴ると止まります。

銀ちゃんは期を逸してしまっているし、おりゅうと違って、私を怖いと思ってる節もあるので体罰は逆効果って思います。

やっぱ、私が筋トレでもして、引かれてもビクともしないってのが一番ですかね^^
2011/12/14 19:00  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ばーばさんへ-
>アイコンタクトが出来るのも甲斐、心から寄り添えるのも甲斐、犬で終わらないのも甲斐!

そうそう。犬で終わらないですよね!
私ね、甲斐犬ほど室内飼いが向いている犬種って居ないのじゃないかと思っているんですよ。
猟で活躍しなくても、人間臭く、かけがえのない相棒になってくれます。
だから、マンション飼いでも飼い主と近くに一緒に居ることが一番って思っているんです。
うちのはアンダーがモッサモサじゃないので、余計に楽なのですが。

話せばわかるようになるので、躾も楽な気がします。

うちの銀坊は、なんつーか笑えますよね。
顔のせいなのかとも思いますが、未だに幼犬みたいです^^
2011/12/14 19:11  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できますさん-
残念ながら、銀ちゃんはすでに、ネコしゃんは捕まえたら動かなくなるまで咥えて放さないレベルです。
猫も心配でしたが、眼球を引っ掛れないかと心配でした。

なるほど。チッコ、気をつけます。

銀坊に引き倒されないように、筋トレ頑張ります!w
2011/12/14 19:21  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-Momotetsu パパさんへ-
家のワン僧達は、山でも都会でも楽しく生きて行けるって自負しています。
どこに行っても物怖じしないし、人にもフレンドリーだし、山でも川でも楽しく遊べる子ばかりです。
展覧会でも、結果はともかく、藍虎以外は誰も尾を下げないのでハンドラー孝行です。

って言うと、スーパー甲斐犬のようですが、長所短所、得意不得意はあり、それが個性でもありますよね。

おりゅうは、近所の河原でも放せるように、呼び戻しを徹底して教えたので、塩原でサルを追った時も止まりました。
猫でもピタッと止まります。
頭数が増えるに従っていい加減になってきました^^

桃ちゃんも5歳になるころには、パパの言うことが何でもわかるようになりますよ。
いっぱい話をしてやってください。
2011/12/14 19:37  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-テツのかあちゃん へ-
そう。昔の家って、家の中に馬小屋もあったんですよね。
家族同様に大切なものだから。

銀ちゃん達兄弟は、牡だからなのか、3頭で生まれて丁度良かったからなのか、私と3レディース総出で面倒を見てもらったからなのか、異常なほど「家族」にこだわりを持つようです。
家族みんな一緒が好きなんですよね。

てっくんは、干し草のニオイしませんか?
2011/12/14 19:42  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-うめ母さんへ-
ああ、シャンプーの後のニオイ。わかります。
なるほど。油出すんでしょうかね。

家も犬によって臭いの強さが違いますが、一番強いのは摩利ですね。
それも、何となくわかる気がします。
一番野生児っぽいからw
2011/12/14 19:45  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
ちょっと洗っていない洋犬とか、触っただけで手が臭いますよね。
従妹が飼っているビーグルは、洗って3日で臭くなるって言っていました。
玄関に居るのだけど、実際、玄関が猛烈に犬臭いです。

甲斐犬は、ベットに乗って寝ていると、毛はついても臭くはならないですね。
日本犬は他の犬種も犬臭くないのかもしれないですが、甲斐犬以外飼ったことがないので、わからないです^^

3枚目のおりゅうは、耳を立てていますね。
人間で言ったら、眉を上げている感じでしょうか。
耳は、表情を作る大切な要素ですね。

どうせなら、おりゅうのようにちょっと勇ましく見える方が甲斐犬は良いのじゃないかと思います。
犬好きでも警戒してくれるから^^
で、中身がフレンドリーってのが良いですよね。

げんげんや銀ちゃんは、不特定多数の人に触られるのはそれほど好きじゃないので、どうせならおりゅう顔が良かったかもですねw
でも、大きな身体にトボケタ顔が可愛くて好きですが。

元ちも間合いを計っていたんですね^^

そうそう、電話の後で、色々思い当たることがあり閃きました。
あとで記事にしますね。



2011/12/14 19:59  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-yoshi さんへ-
甲斐犬だけじゃなくて、中型犬全般に獣のニオイなんですね。

そもそも、獣って何でしょうね。それぞれに違う気がするし。
狼でしょうかね。
イノシシとか猿じゃないですよね。

ウリボウは、へー!と思いましたが、猫はねぇ。。。ウギャー!ですよね。
バッタが飛んで葉っぱが揺れただけでもビックリするくせに、、、銀ちゃんは変なヤツです。

りゅう君はスズメハンターだったんですね。
低く飛んでいるのをジャンプしてパックンでしょうか。
おりゅうはそのままモグモグと食べてしまったのですが、りゅう君もだったりして?w

見抜く力ですか。
野生の感なのでしょうかね。
家は、銀ちゃんと山徒がトレーナーさんの手には負えないようです。
下心ありそうで怪しいので、オヤツを貰わないw
2011/12/14 20:09  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-アキママへ-
機能を備えたものは、美しい。
その通りだと思います。

展覧会的な見方だと、藍虎は駄目かもしれないけど、動きも止まった姿も芸術的に美しいです。
動ける甲斐犬は、美しいです。
ただ、美しさの基準も色々あり、ある型に当てはまらないことがあるのも事実です。
日保の場合は、先に理想の形がありますから。

しかも、機能と顔の作りは別物ですが、顔の評価の占める割合も高いですから。

展覧会は犬を作ってしまいます。
どうしても上位入賞犬の子孫が増えるからです。
犬を作るのは作出者ですが、方向を決めるのは審査員です。
「みなしご」に行って日本犬系のMIXを見ていると、色々と思う所がありますね。
2011/12/14 20:32  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
犬の用途はいろいろありますが、なんでもまず『良き家庭犬』であってこそですよね~
競技会出てる犬でも競技では優秀だけどハイパーすぎて普段は散歩も苦労するなんて犬もいますが、なんだかな~って思います。
競技会でも展覧会でも一時のこと、普段の生活を一緒に楽しめる犬じゃないとね。
こなりんはほんとにただの家庭犬ですが、一緒に楽しく暮らして、一緒に楽しく出かけるにはほんとにいい子です。
親バカですけどね。
こなりんも干し草の匂いで、ゆかこなは結構好きです。
確かにレトリバーとかハウンド系とか小型犬とかとは違う匂いですね。
ハスキーなんかは近い匂いがする気もしますが。

展覧会終わっても立ち込むおりゅうさん、かっこいいですね~
写真になることわかってるみたい。
さすがおりゅうさん!

銀ちゃんはウリボウ捕まえちゃいましたか~
ウリボウならまだいいけど、猫は困るな~
食べられないし。
猫、小夏も結構追いますが、とにかくこっちが先に気づいて行く前に声をかけて静止させる。我慢出来たら褒めちぎる。
で小夏には教えました。
でも、小夏が先に気づいてスイッチが入ったらコマンドはまったく入りませんよ。
りんりんは今教え中。
りんりんのが小夏より諦めが悪いです。




2011/12/14 20:35  | URL | ゆかこなりん #0kufgj3.[ 編集] |  ▲ top

--
初めまして。
うちは、♂10歳、♀5歳と暮らしてます。ニオイ、我が家では「香ばし~」と表現してます。
獣臭ですか・・・近所中の犬達に、吠え狂われるのはそのせいかぁと納得。
ケンカのくだりも納得です。以前、覇気のある秋田犬♂と出会った折、2頭とも仁王立ちで微動だにしませんでした。腕におぼえありな侍の果し合いの様な緊迫感、シビレました。
野良猫さん、ゴメンナサイです。うちのも、一瞬で締めてしまいます。いかに飼い主が先に猫を見つけるかにかかってますよね。ムッチャ、気合を入れての散歩になります。頑張りましょう!
2011/12/15 01:08  | URL | いぬがかり #-[ 編集] |  ▲ top

--
獣の匂いかぁ~やっぱり…。
コテツは小さい頃からよく吠えられるんですよ。近所の犬なんかブロック塀の向こうから近くを通りかかる…って言っても10メートル以上離れてても激吠えするの。もちろん姿は見えてないのに。
そんな犬が2~3頭いるんだけど、それがずっと不思議でねぇ。何か独特な匂いがするのかもっておとうと話してたんです。
ネコダッシュ防止、ウチもゆかこなさんちと全く同じ。犬より先にネコ見つけないとダメなところも(笑)
先に見つけられちゃってガッ!って行っちゃってからじゃもう遅い!先手必勝です(笑)
ねこたさんも前に同じような事言ってたな~。
2011/12/15 02:25  | URL | コテツおかん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ただの家庭犬、そう言いながら展覧会、山引き、はたまた実猟見学、人と犬との関係が全てかと言ったらそうでもなく、犬が本来持ってる物にも興味が有り、ママっておもしろいですね。

ところで銀、体重もさることながら、後躯も猟犬並みとまではいきませんけど発達し、大腿二頭筋、臀筋ともソコソコ付いて前へ推し出す力も強そうです。これじゃ~ブレーキ役も大変ですね。

展覧会で上位入賞するような逆三角形に見える格好いい犬、実際は前躯に比べ後躯が弱く、柔軟性にも乏しく、
引く力も大した事無いから、こちらが楽なんですけどね。

体罰、つまり強制ですけど、これはよほど犬を見極めてでないとやれませんね。リスクも大きいと思います。
2011/12/15 07:44  | URL | マルオ #-[ 編集] |  ▲ top

--
たびたびすびばせん・・・。
猫追い(ほかの犬への喧嘩売りもだけど)については、ゆかこなりんさんやコテツおかんさんたちと同じく、私も「先手必勝」を心がけています。気づくのが遅れて走り出してしまったら、自転車捨てて全力で止める…かなぁ。

私は今はロングリード(3m)の端の輪を右手にかけて右手で自転車のハンドルを持ち、左手で軽くリードの途中を持ってます。で、基本的に左手はハンドルにはかけません。片手運転(おいおい)
でも、ふと思い出したんだけど、以前リードを自転車にくくりつけていたときも、左手で軽くリードの途中を持っていました。やっぱり片手運転(^^;)
どちらにしても、犬は必ず自転車の左を走らせ、左手で軽くリードを持つんですね。で、常に左手に神経を行き渡らせ、犬の動きに注意してます。

銀ちゃんみたいに動きの素早い&チカラの強い犬で、同じ手が有効かどうかはわからないけど。
でも、少なくともうちでは、こういうやり方をしてる私はほとんどひっくり返されないし、チカラ自慢でのほほ~んと走ってるぱんだくんは、何度かひっくり返されてます。

リードをどう持つか、というのは、この際どうでもいいんですけども。要は、急に引かれたときに、ハンドルや自転車、または飼い主の胴体などに直接チカラがかからない(私の場合は、左手がクッションになります)ことが重要なのかなと思っています。
「犬が事故に遭うよりは自分が転んだ方がいい」というのは、多くの飼い主が思っていることでしょうけど、でも、飼い主が「転ぶ」だけで済むとは限らないですもんね。大きな怪我でもしたら、犬の世話もできなくなっちゃう。
お互いにいろんな工夫をしつつ、気をつけて散歩しましょうね。イノチがけで(笑)
2011/12/15 11:06  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

--
警戒心が強く、すばしっこい猫を捕まえるとは銀ちゃん凄過ぎ!

で、猫は虹の橋を渡って行ってしまったんですよね?(泣)
2011/12/15 12:13  | URL | 利家 #-[ 編集] |  ▲ top

-ゆかこなりん さんへ-
おりゅうの展覧会シーズンはまだ終わってないらしく、可笑しなくらいに写真のモデル犬として頑張っています^^

まったく枯れない婆ちゃんですw

銀ちゃんは、以前は、猫を見ると猫ダッシュだったのですが、今は、猫に臭いをたどって行っているので、見えない所に居る猫にも大騒ぎなんですよね。
自転車の場合は、臭い取りの段階で、猫が近くなると危ない感じです。

そもそも家の庭に家の猫がいるので、庭からして大変。
砂利だしね。
家の猫ってことを、銀ちゃんは知らないので、困ったもんです。

猫がいないルートは、そっちは行かないって言うしw

今日は、歩き散歩にしました。
臭い取り、猫探しだけが楽しい散歩じゃないってことを教えてやろうと思って。
2011/12/15 15:01  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-いぬがかり さんへ-
はじめまして。コメントありがとうございます。

家の牝は、追うのが楽しいようで、逃げだすの隙を与えて追いかけるんですがねぇ。
いぬがかりさんの愛犬も躊躇なく一瞬なんですね。

田舎なので、家もそうですが猫飼いが普通です。
避妊してない猫も多くて、野良ちゃんが増えちゃうんですよね。

私も臨戦態勢で、がんばります^^
2011/12/15 15:24  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-コテツおかん さんへ-
犬臭くなくて良いわーって喜んでいたら、獣臭かったとは。。。笑えますねー^^
頭と云うか、耳の後ろ、首の辺りが臭いますよね。

避妊去勢しても吠えられるってことは、ホルモンが関係して匂ってるわけじゃないんですね。
なるほど。

絶対に猫が居る危険地帯を避けて、工夫して散歩してみますね。
2011/12/15 15:42  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-マルオさんへ-
いやー、マルオさんの方が面白いですよ!
散歩もさせないってお聞きしてるのに、引きの強さまでわかるなんて^^
やっぱり、観察眼が違うのですね。

そう。銀ちゃんは、首の力も強いのか、こちらが必死に引いても首が上がらず、地を這うように引くので大変です。
もっと胴の詰まった、展覧会の系統の牡を従業員さんが飼っているのですが、その犬だと他に牝2頭の3頭引きでも、引かれても引き返せば前足が上がるので、私に余裕があります。
おりゅうの方が、体重は軽くても引く力は強いくらいです。

おりゅうも胸が深く、お腹が切りあがらなくて、ドテっとした印象だなぁーと思っていたのですが、銀ちゃんもそうで、どんなに運動しても逆三角形にはならず…です。
で、審査員に聞いたり、マルオさんの話とか、山で動きを見たりして、色々わかってきて、今は肺活量があり胴引きが長いのは、身体が大きくても動けるので、これで良いって思っています。


日保では、牡で体高体長比は100対110.牝はそれよりもやや体長が長いとあります。
愛護会では、これも審査員に確認したわけではありませんが、出陳常連さんによると牡は100対100か、せいぜい100対105だそうです。
銀ちゃんが出ているのは日保なので、構成は褒めてもらえます。
もう少し前足の上腕というか肩部分が発達すると良いっていう審査員はいますし、私もそう思います。

銀ちゃんは、去年の冬までは、山で遊ばせたり自転車で引いたりして、疲れて尾が下がるまで運動させていました。
前胸に幅を出すのには、山に連れて行った方が良いのですが、今年は震災もあり思うように行っていません。
それもですが、あれで前駆にさらに力が付いたら、エラク大変じゃないかと^^
猫を見て引くのじゃなくて、ニオイがするとグイグイ引くので、居そうな場所では引きっ放し^^

首が心配ではあるのですが、今は、展覧会で使うような引き紐を使って、私の手元だけラバー状でクッションがつくようにして歩き散歩しています。
歩き散歩じゃ、銀ちゃんの運動じゃなくて、私の運動ですがw

福島の被災犬をたくさん見て、色々と考える所が多かったです。
少ない餌の争奪戦を勝ち残って、遅くまで保護されたのは日本犬系中型雑種ばかりですが、みんな立派な骨格と脚をしていました。




2011/12/15 18:51  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
今は猫のニオイを取ると、その時点で、電動自転車がエンジンブレーキで充電されるスピードで走ります^^
1度でも猫を見つけた場所の近くに差し掛かると、これまた全速力^^

前輪の前に回られると危ないので、1,2メートルの短いリードで、前を横切れないようにしているんですよ。
私じゃ、自転車にまたがったままだと両脚を踏ん張っても、片手で銀ちゃんを止められないんで。
左手が外れて、3メートルのリードだと、自転車から降りても無理かもしれない。
というか、銀ちゃんの走るスピードだと片手運転が無理っぽいw

やっぱり、根底から考えなおして、猫を追わずとも、私と楽しい歩き散歩でしょうかねぇ。
メスの次は猫。で、次は、喧嘩する牡見つけってパターンだけは避けたいですw
2011/12/15 19:03  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-利家さんへ-
利家さんが引っ越しを手伝ってくれた家の車庫。
まだ少しだけ荷物があったのです。
その奥に猫が居たようです。
自転車に銀ちゃんを繋いでいたのですが、庭は砂利なので、自転車の足元を持って行かれ、自転車ごと引き摺ってすっ飛んで行ってしまいました。

猫も逃げようとしたらしく、銀ちゃんに後ろ脚を噛まれた傷がありましたが、他は外傷はなく、気絶しているだけかと思いました。

家の中庭には、時々、ムクドリとかキジバトとかネズミとかが獲られています。
家の中では、藍虎がゴキブリハンターで、ハエやハチは皆捕ります。
銀ちゃんにとっては、自分で獲れるものは、その延長線上なのでしょうね。

ちなみに、おりゅうの初獲物は鮎でした。りくがウナギ。
藍虎は何だか忘れましたが、摩利はネズミw
銀ちゃんは目覚めないのかと思ったら、目覚めちゃったみたいです。

家のが特別じゃなくて、日本犬はもともとは狩猟本能があって、それを利用して猟をしてたんですよね。
でも、家のは、大人のイノシシに1頭で向かって行くような勇猛さはないですよ^^
2011/12/15 19:53  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-すごく盛り上がっていますね-
銀ちゃん、うりぼう捕まえて、次は猫ですか!
やめてぇーですね。
岳ちゃんは猫を怖がります。遊びたいって寄って行く猫もいますが、シャァーってやる猫を見ると動けません。
バッタとか蜂にもびっくりして、後ろに跳びあがります。家の中に入ってきたハエにパックンとやろうとして空振りしたりしてますね。

甲斐犬って獣の臭いなんですか?
お竜と岳ちゃんとは、微妙に匂いが違います。でも家の中で飼っていて、臭いって思ったことはありません。というか慣れちゃったんでしょうね。最初は空気清浄機ブンブンかけていましたが...
家の中ではすごく優等生でいい子なんです。ホント良き家庭犬です。

散歩ではとにかく先手必勝ですね。猫はだいたい居る場所がわかるし、ワンは散歩道でしか会わないからよおく注意していれば大丈夫です。
常に、危うきに近寄らずの気持ちです。
先日、散歩で行き倒れ、ただの酔っぱらいのおじさんを発見しました。岳ちゃんはまるで興味なしでした。こんな先手必勝はゴメンこうむりたかったのですが...
2011/12/21 13:53  | URL | お竜のBOSS #HYCUDd.E[ 編集] |  ▲ top

-お竜のBOSS さんへ-
銀ちゃんも1歳くらいまでは、猫にもそれほどじゃなかったんですけどね。
バッタが跳ねて葉っぱが揺れてもビックリしてるのは、今も同じです^^

ガスファンヒーターの前は、今も遠回りして歩かないし、相変わらず変なものが怖いようです^^

そうかと思えば、他に犬が嫌がる子供や、変な格好の、、、例えば、釣り人や坊さん、ライダーなどは、全然平気だし。よくわからんやつです。

岳ちゃんは、オスにワンワンする時があるってだけですから、甲斐犬としては本当に穏やかで陽気で、良い子ですよね。
お家の人大好きだし。
この兄弟は、ちょっとストーカーチックなところがあるようですが、大きいだけに可愛いです。

先手必勝ですね。
猫ゾーンには、近寄らないように頑張ります^^
2011/12/22 17:37  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。