その後
- 2012/05/03(Thu) -
3時過ぎに新潟展の会場を後にして、向かったのは、裏磐梯。
この一帯、好きなんですよ。
有名なのは五色沼かな。行ったことないけど^^

桧原湖やその周辺の感じが好きで、何度も訪れています。
今回は、初めてのお宿。

古民家で寝られないかもしれないので、次の日はコテージにしました。
117_20120503050404.jpg
ワンズは、さっそく探検。

115_20120503050520.jpg
2階もあるよ

119_20120503050824.jpg
窓からの景色は、涼しげ^^

139_20120503051153.jpg
久しぶりの雪に大喜び。

今日は暑かったし、冷たくて気持ち良いらしい。

126_20120503051133.jpg
リードを放せないので、森の中をアチコチ行きがるので大変でした。

この後、ハプニングが。
ずっと、森を歩いて行くと、黒っぽい小さな動物が動くのが、木の間にチラっと見えました。
銀ちゃん猛ダッシュ。
リールリードで、こんな足場の悪い所を本気で走られると、止められない(汗

そしたら、ワンワン。キャンキャン。と鳴くんですよ。
茶色のトイプードルでした。

銀ちゃんは、臭いで、最初から犬だとわかっていたのでしょうね。
犬じゃなければ、絶対噛んでる^^

倒木にリードが絡んで動けなくなっているトイプーを、ただ、ぐるぐると追回してました。
これがまた、リールリードの厄介な所で、銀ちゃんの脚に絡んでしまって、焦りました。
止めさせているうちに、飼い主さんが来たので、謝って別れました。

子犬の時しか使わなかったリールりード。やっぱり、使えないと反省。

128_20120503051213.jpg
3レディースもご機嫌で散歩しました。

でも、誤算だったのは、外を通る犬に番犬仕事をして吠える^^
120_20120503062909.jpg
誰かが吠えると、みんなで吠えるので、煩いんですよ。

多頭飼いしてますが、自宅では滅多に吠えないので、犬が吠えると煩い!って思う。
慣れてないんですよね^^
全部の犬や人に吠えるわけじゃないので、目があうと吠えるとか、何か法則があるのでしょうかね。


翌日は、桧原湖周辺を散歩しました。

149_20120503054056.jpg
こんな森を抜けて、湖まで歩きます。
リードを持って歩くのは大変なのですが、りゅう婆ちゃん&おりゅうコンビ。元気っす。


145_20120503054026.jpg
ここなら人も犬も居ないので、少し放してやって遊びました。

148_20120503054344.jpg
ちょっと泳いでみたりもしました。

GWの前半の旅行&展覧会は、楽しく終わりました^^

そだ、記念撮影。
054-1_20120503055407.jpg
コンデジなのが残念^^

大きいって言われる銀ちゃんだけど、こうやって見るとそうでもないね^^

考えてみたら、お犬と一緒にとった写真ってないんですよ。
自分で撮ってるのが大半だから、当たり前なんですが。
今度、家族で記念撮影しよ。



で、その後の話がもう一つなのですが。
銀ちゃんの脚の○ハゲは、悪化せず、何となく短い毛も増えたような気もします。
でも、他に変な切れ毛が…

004_20120503054745.jpg
私の指の先。

こうやって見ると、わかり難いですが。
肩の所なので、地面の臭いをかいだ時には、毛が分かれるのではっきり見えます。

016_20120503055021.jpg
ここ。

綿毛は残っているものの、剛毛が切れているのか抜けているのか、ないんです。
脚の○ハゲと同じ感じ。
何なんでしょ…
増えなきゃ良いですが。


1日には蓮ちゃんが遊びに来てくれたのですが、カメラを忘れて写真がないです。
番頭さん家の大ちゃんと一緒に、山遊びに行きました^^

また来てね♪


ポチお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
この記事のURL | 初めて行った場所 | CM(10) | ▲ top
<<子猿が来た 観光編 | メイン | 日本犬保存会 新潟支部展 その2 2012.04.29>>
コメント
--
婆ちゃん いつも元気ですね。 
2012/05/03 07:39  | URL | 熊五郎 #4B3NfbaA[ 編集] |  ▲ top

--
何だか楽しそうな旅行でしたね。
いいなぁ・・・展覧会の帰りに1泊するのって気分も変わっていいかもね。
ウン、全国展の後は1泊しようかな・・・

おりゅうさんと婆ちゃんはいい感じですね。
2012/05/03 08:09  | URL | さくらママ #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

-熊五郎さんへ-
婆ちゃんは、身体を動かすことが好きですからね。
年をとるほど、個人差が出てきますよね。
私なんか、すでに負けてる^^

こないだ、緑龍に会ってきましたが、相変わらずです。
農作業が忙しい時期で、今は毛をとかしてやる時間がないって、抜け毛がスゴイことになってました。
毎日、時間かけないと、あの毛は大変ですね^^
2012/05/03 09:26  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-さくらママへ-
去年の秋、紅葉見物がてら岩手に行った時も、後泊が楽しかったですねぇ。

秋の栃木なら、初冬の奥日光も良いですね。
群馬周りで帰って、群馬、長野あたりでも良い場所がいっぱいありますよね。
温泉&犬遊び^^



2012/05/03 09:38  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
そーそー、銀ちゃんのハゲ! 元ちのわき腹にできたのも、こんな感じでした。綿毛は残ってるの。で、オーバーコートだけがなぜか抜けた? いや、擦り切れた感じ?
なんだったんだろう。ちょっと長くかかったけど、広がりも増えもせず、フェイドアウトしました。
銀ちゃんも早くなおるといいね!

湖で泳いでみちゃったりもしてるのは、銀ちゃんでしょうか? なんか、ネッシーみたい(笑)

連休前半、お楽しみだったのですね。みんな楽しそう(^^)
残り、後半。大雨で始まりましたが、明日にはきっと、この雨もあがるでしょう。最後まで楽しみましょーね♪
2012/05/03 11:44  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

-ねこた さんへ-
あ、やっぱり?

元ちが、オーバーコートだけハゲた事があるって、聞いてたから、こんなのかな?って思った。
これから、アンダーが抜けたら目立ちそう。
治るのって、秋にならないと駄目かなあ。
それよか、もっとアチコニに増えなきゃ良いんだけど。

しかし、原因は何なんでしょうね。
皮膚病っぽくはないのだけど、気になるぅー。

そういえば、こないだ遊びに来た天ちゃんが、脇腹に100円玉くらいのハゲができてました。
もう、かれこれ半年以上だそう。
それは、毛根からつるっとした感じで、また、違ったパターンのようでした。

湖に入ってるのは、銀ちゃん。
もっと、ちゃんと泳いだので、ネッシーみたいだったのだけど、コンデジもここでバッテリー切れで、撮れなかったぁーw

2012/05/03 13:20  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
銀ちゃん成犬賞1席おめでとうございま~す^^
展覧会大好きなおりゅうちゃんも健在。
何よりですね♪
新潟の会場はいいですよね。木陰もあるしICからも近いので関東から高速1本で行けるから便利ですし^^
お馴染みの顔ぶれがやっぱり多かったんですね。
うちが以前行った時もここは新潟だよね!?って思いましたもん。 
お泊りもしてとっても楽しい滞在だったんですね♪
裏磐梯はまだ雪が残っているんだなぁ~と。
連休入りのあの暑さを考えると日本広しだなって思いました。
銀ちゃんのオーバーコートだけハゲるのも心配ですね。何でだろう?
元ちゃんも広がらずに完治したとのことですし、銀ちゃんもそうだといいですね。
2012/05/04 21:03  | URL | tetsuママ #NdMr.JIY[ 編集] |  ▲ top

--
とっても楽しい展覧会&旅行だったのですね
みんなのお顔から楽しさが伝わってきます♪~
でも…日本て…長いのね~まだ雪があるんだ~…

あっ!私も…わんこと一緒に写った写真が…ナイ!
いつも撮る係りだし…記念写真…我が家も撮っとこ~(笑)
2012/05/04 22:50  | URL | 才蔵日和 #ihn3MyrQ[ 編集] |  ▲ top

-| tetsuママ へ-
ママが行った時もそうでしたか!
拍子抜けするくらい、馴染みの顔ばかりでした^^

木が多くて良い場所ですね。
あそこなら、また行こう!って思いました。
日影がない所は、余程寒い時期じゃないと厳しいですよね。
それで結果が良くないと、まったく良い事なしで凹むから^^

裏磐梯は、お勧めです。
誰にも会わずに、散歩できる林がいっぱいありますよ。
2012/05/06 15:23  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

-才蔵日和さんへ-
のんびり旅行を兼ねた展覧会って、楽しいですね。
秋はまた、東北に行こうって思います。

一家総出で記念写真ってないんですよね。
おりゅうと撮った写真さえない。
今度、セルフタイマーで撮るかなw
2012/05/06 15:27  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |