スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「躾」じゃなくて、「犬を知ること」からだよね
- 2016/03/23(Wed) -
もう2ヶ月も前のことなんですが、ずっと、心に引っ掛かっていることがあります。


ある犬舎さんのオス犬で、気に入っている子がいて、そのオスが去年の6月に子供を作っているんですね。
その子達が40日くらいの時に見せていただいたのだけど、その中に、父親譲りの剛毛と穏やかな性格の大きな雄が居ました。
その子がどう成長したのか気になっていて、お里の犬舎さんからも近いってことで、連絡先を教わって会いに行こうと思いました。
電話で事情を話すと、飼い主さんは快く引き受けてくれたんですが、何と、、、1月初めから警察犬訓練所に預けていると。。。
早くて3ヶ月の契約だそうで、、、。

私の悪い癖なんですが、犬のことになるとペロっと、本音言っちゃうんですよね。
「甲斐犬には、そういう躾の仕方は向かないでしょ。ダメでしょ」って。
「ダメなんですか?」

どうして訓練に出したか聞いたら、室内で悪戯するし、暴れるし、言うこと聞かないからだそうで。
ググッと押さえて、言いたいことの100分の1に我慢しつつ、簡単に説明しました。
家から出た犬だったら、その足で迎えに行ってますね^^

もう帰ってくるのかな。3ヶ月預けてどうなっちゃったんだろう。
まだ駄目ですって、延長されちゃったりしちゃうのかな。。。
毎週会いに行っているそうですが、毎週、置いて行かれる犬の気持ちを思うと、切ないです。
そのうち、家に帰れない諦めが、飼主との溝になりそうな気がします。
子犬の時に1度見ただけの子ですが、気になっています。


私は甲斐犬しか飼ったことがなくて、キカンボウのおりゅうさんで苦労しましたが、幸いにも、日本犬の扱いの上手い山ちんの父ちゃんが友達だったので、色々と教わりました。
おりゅうさんが、あまりにも凄かったので、想像していた可愛い子犬像はどこにもなくて、とんでもない生き物を飼ってしまった!って感じでした。
ネットで調べて、日本犬を得意とするトレーナーの山下先生に行き付き、何度も子犬の躾本を読みました。
おりゅうさんが、あんなんだったお蔭で、勉強になりましたよw

でも、今思うのは、必要なのは躾の仕方じゃなくて、「その犬を知ること」なんだろうと思いますね。
それがわかったら、対策も考えられるから。
天才的猟師さんには、犬の扱いが抜群に上手い方々が居ますよね。
まさに、犬を知っているんですね。


ここ2年くらいのペロミさんの功績なのか、甲斐犬も随分とメジャーになったのですが、甲斐犬は甲斐犬!
ちゃんと調べて、覚悟を持って飼ってもらいたいです。
私のように、カッコイイ~って一目惚れで飼ってしまって慌てる場合もあるでしょうが、そうしたら腹を括ってとことん頑張って欲しいです。




この写真、気に入っています。
てちゅ&てちゅの母ちゃんです。
綺麗な夕日を浴びて、他の犬達が遊ぶのを眺めている写真です。
我が家のオトコ共はちょっと甘ったれですが、甲斐犬牡と母ちゃんは、こうあって欲しいって思います。

135_20160323134207905.jpg
こんな相思相愛のてちゅ家でも、てちゅが1歳の頃に、このままじゃあマズイって時期がありました。
まだ間に合う!ってことで、修正したのです。
変わったのは、てちゅじゃなくって、飼い主さんの考え方でした。

他所の人でも好きなてちゅですが、ただただ大人しいわけじゃなくって、その後も何度か先住犬のケントくんを噛み倒しています(~_~;)

先日、てちゅの母ちゃんが、散歩中に脚を骨折しまして・・・
手の骨折に続いて、2度目です^^
普段は、引かないてちゅですが、タイミング悪いとそういうこともあり得ます。

今回は1か月ほどギブス生活でしたが、朝の散歩は父ちゃんに頼んでも、夕方は、父ちゃんに車で送り迎えしてもらって、てちゅをランに連れて来てくれていました。
今や、てちゅは、母ちゃんが外泊したらご飯も食べない犬になっています。

そういえば、岳ちゃんのお母さんが、散歩中に転ばされて、岳ちゃんに引きづられて、それでもリードを放さなかった話を思い出しました。
てちゅと岳ちゃんは、体格、性格共に似ていますが、母ちゃんも似ていますね。
我が息子に対する愛情と、犬飼としての気概が違う気がします。
60歳過ぎて、てちゅや岳ちゃんの散歩をするのは、大変なことと思いますが、愛する息子が思いの外デカくなってしまっても、ギブしたりしませんね。

そうは言っても、動物好きのてちゅ家なら、甲斐犬が初めてでもてちゅなら飼えるって思って、お譲りしたんですね。
大人しいですが、神経質でもなく物怖じもしませんでした。

4歳になるてちゅ。
子犬の時からの穏やかなまま、もう変わらず、このまま行けるのだと思っています。


どこに出しても、全然心配のない子達もいますが、我が家だってそんな子ばかりじゃないです。
てちゅの兄弟の天河は、シャイ気があってちょっと難しい子でした。
てちゅと同じように大きくなる子だったので、尚更誰でも飼える犬じゃなかったです。
犬連れでオフ会参加したいような、社交的な飼い主にはまったく向かない犬です。

犬を初めて飼うという人だけど、甲斐犬に求めているモノと、本人が甲斐犬みたいで、ピン!と来たので、天河をお願いしました。
まだ30代の独身の方ですから、昼間は両親が面倒を見ていますが、3ヶ月の時には、飼主が帰ったらお父さんにオヤツを貰っていても、ぶん投げて飛んでいったそうです。
大袈裟じゃなくて、飼主が死んじゃうようなことがあったら、天河は後追いしそうな感じです。

1月に用があって久しぶりに会いましたが、何をするにも飼い主の顔を見て確認していました。
大きな声を出すでもなく、本当に物静かな飼い主さんです。
019_201603231425092bd.jpg

小さい時は、シャイな感じでしたが、人に触られるのは、喜びはしないけど平気だと言っていました。
でも、触る人は滅多にいないとも^^
この二人は、とっても幸せそうです。
天河も、そのままの天河を受け入れてくれて、長所を伸ばしてくれる飼主に出会えて、幸運でした。
いつ会っても、生き生きしています。

オス犬は、メスとは全く違う精神構造をしているって思います。
飼ってみて、私も初めてわかりました。

銀ちゃん。
2才と1か月。工事のオジサンにナデナデされるの図。
032_20160323151415090.jpg
034_20160323151417427.jpg
銀ちゃんは、2歳までドックランにも行けたし^^
この頃は、星形の可愛い迷子札を付けてました。

今は、もちろん付けていません。
多分、誰も見られないし^^

銀ちゃんも最初から我が家で飼っていたら、今、どういう銀ちゃんだったのだろう。

そうそう、銀ちゃんが車に居る時に、他所の人が車の中を覗くと唸るんですね。
でも、全然、平気な人もいるんです。
磊虎の飼い主さんは、OK。何となくわかります。
六花荘のご主人は、いろんな犬のニオイもするだろうに、覗きこんでも銀ちゃんはシラ~っとしています。
謎です。

逆に、みなしご救援隊の中谷さんには、一番唸りますね。
田原さんには唸らないです。
これも、何となくわかりますw


ちょっと長くなりますが、紀州犬の1歳になる吹雪姫。
2か月の時、預かったのですが、2,3日で焦りましたね。
触ろうとすると、噛む。
リード付けるのも、身体拭くのも、抱き上げるのも、気に入らないと噛む。
ジャレガミじゃないですよ。
嫌なことをされると、ガウガウ噛みに来るんですね。
色んな人に相談しましたが、返事はみんな同じようでしたね。
紀州犬だから・・・とかの問題じゃなく、危ない犬でしょって^^

誰にも褒められないのですが、吹雪はフレンドリーな紀州犬になりました。
今でも嫌なことをされると苦情は言いますが、怪我するような噛みはなくなったし、変なスイッチも入らなくなりました。
010_20160323160108f8d.jpg
吹雪ファンだという、工事のオバサンにベロベロ。


子守もできるし
022_20160323160326796.jpg

ボールを咥えて持って行って、蹴って蹴って!と催促して、コミュニケーションが取れるようになりました。
105_201603231606056c7.jpg
甲斐犬と違うのは、2時間でも同じ遊びができる事!
ボール遊び大好き。

2か月のワクチンの時には、「このまま大人になったら、無理かも」と獣医さんに言われた吹雪さん。
こないだ、血液検査までできちゃいました。
念の為に、口輪を持って行ったのですが、無用でした。

私としては良いことなんですが、あの大人しさが展覧会的には微妙らしい。
栃木展で、審査員が近付いたら尻尾を振ったので、紀州犬飼いの人から「優しい犬にしすぎだ!」って言われましたが、そうかも^^
私のハンドリングじゃ、確かに駄目かも。

このままなのか、また切れることがあるのかわかりませんが、預かっている間は事故なく過ごさせたいです。

振り返れば、失敗だらけ。
後悔すること、山ほど。
でも、試行錯誤しながらも、お犬と飼い主が笑顔で過ごせるように、終生勉強です。


展覧会のお昼休み。仲良しの里ちゃん家族と。
吹雪、嬉しそう。
046-1_20160323162854c6c.jpg


追加

最初に、おりゅうさんを育てる時にお世話になったのは、「軽井沢ドッグビヘイビ」アの山下先生が書いた躾本でした。
災害救助犬の甲斐犬…すぐり君で有名で、獣医師でもあるトレーナーさんです。

甲斐犬のトレーナーさんと言ったら、有名な方です。
我が家で生まれた子達で、近場にお譲りした方には、みんなレクチャーを受けてもらっています。
オヤツを使った陽性訓練は、あくまで最初の取りかかりで、目指すのは、心の通じ合う相棒ですよね。

軽井沢ドックビヘイビアのHPに、子犬の躾本が無償提供されているので、知らない人がいるかもしれないので、お知らせしておきますね。

我が家は、最初は、近場で済まそうかと思って、失敗しました。
危うく、てちゅを壊されるところでした。
甲斐犬で、トレーナーさんを考えるなら、山下先生に家庭環境を見てもらって、自宅での個別アドバイスを受けることをお勧めします。

ポチお願いします

にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | ちょっと思うこと | CM(6) | ▲ top
<<何でわかる? | メイン | ご機嫌りくちゃん>>
コメント
--
犬を知る。
深く考えさせられます...
私は福の事を理解出来てるのでしょうか?
考えれば考えるほど
悩みますね...
2016/03/23 18:44  | URL | 福パパ #-[ 編集] |  ▲ top

-福パパへ-
大切なのは、「知ろうとすること」なのかなって思ってます。
答えは、福くんの表情。

私が会った福くんは、家族とお出かけで楽しそうでしたよ。
今の福くんは、写真を見ても、とーさんと二人三脚で誇らしげですよ^^
2016/03/23 19:03  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
いつもipadで毎日見てます(笑)
数日間、「ご機嫌りくちゃん」の記事のりくちゃんの笑顔とポンポコお腹など、カワイイを満喫させていただきました♪

オス犬は力強いだけでなく、精神構造が違うんですね。
家で生まれた一人息子の静月も、素晴らしい山下先生にご指導いただき、飼い主さんも私達もとてもハッピーな気持ちになりました(*^^*)
アドバイス、指導をすることは簡単ではありません。はい。難しいですネ。。。
りゅうママさん、紹介していただきありがとうございます!

最近、紀州の吹雪ちゃんも気になります。
愛姫のニオイがしても平気でしょうか?
里ちゃんもいつの間にかナイスレディになってますね~🎶
2016/03/23 23:37  | URL | 愛姫ママ #-[ 編集] |  ▲ top

-愛姫ママへ-
まめに更新しないのに、見てくれているんですね^^

静月は、ささやかなトラブルがあってラッキーでしたね。
良い機会に山下先生の話が聞けたのは、良かったって思います。
銀ちゃんは、飼い主さんにとっては、何の問題もない子だったので、2歳頃になって、問題が出てきた時には、銀とコミュニケーション不足だった飼い主さんにはどうにもなりませんでした。

紀州犬と甲斐犬は、全く違うみたいです。
繊細さとか感受性とか、あまり持ち合わせていない感じ^^
良くも悪くも、瞬間湯沸かし器のようなので、その場限りで、執着しないです。
まして、匂いだけで人を嫌うことはないと思います。

今度会った時に、愛姫が仲良くしよう!って態度だったら、仲良く遊べちゃうタイプの犬なんですよ。
愛姫は、もう駄目だと思いますが^^

愛姫にとっては、我が家はお里みたいなものなので、新入りに「デカイ顔して家に居るお前は誰だ!挨拶しろよ!」ってなるし、吹雪にとっては、「余所者の癖に、喧嘩売ったな!」ってなるので、我が家で顔を合わせると、喧嘩になるかもですね。

愛姫も3歳。お局根性が出てくるころですよね^^


2016/03/24 10:20  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top

--
犬を知る。りゅうママの目線は、いつもそこですよね。
私も、それ、すごく大事なことだと思います。
元ちと7年近く過ごして、ますますそう思います。
警察犬学校に預けるってのは、びっくりだねぇ。そういう発想がなかったので。
それでうまくいく子もいるんだろうけど、甲斐犬の場合、預けりゃいいってもんじゃないという子の方が多いようには思います。その子、うまくいくといいね。

天河と飼い主さんの話は、いつ聞いても、なんだかいいよねぇ。お互いにとって、なくてはならない存在になれたんだね。犬によっては、そこを間違えると本当に悲劇につながるもんね。
私は、熊くんと熊兄さんのコンビも好きだったなぁ。他者が入り込めない、独特の雰囲気を出してたw
今は熊くんの息子がいるから、3匹で(いや、一人と2匹か 爆)過ごしてる様子は拝見してないのですが。トリオになっても、やっぱり独特の幸せオーラを出してるのかな(^^)

2016/03/25 15:14  | URL | ねこた #NK6uJqnc[ 編集] |  ▲ top

-ねこたさんへ-
天河の飼い主さんと熊兄さん、雰囲気が似てますね。
うん、似てるコンビかも。

天河が2歳の時に、家に遊びに来て帰ろうとしたら、駐車場で首抜けしちゃったんです。
天河はひゃほーーーいって走り回ってました。
まあ、普通はここで、名前を大声で呼んで首輪をつけようとするよね。
追いかけっこの図^^

飼い主さん、1度だけ普通の声で呼んだんですけどね。
来ない。
ちょっと考えて、すぐに車にエンジンをかけて動かしたんですよ。
動かして、止めて、ドアを開けたら、天河が飛び乗りました。

そうだよね。置いて行かれたくないから、慌てて乗るよね。

初めて犬を飼っても、そういう気転のきく飼い主さんってスゴイよね。いつもね、自分ならどうするかって考えるんだって。当たり前の事なんだけど、咄嗟に判断しなきゃならない時って、難しいよね。

訓練所に預けるのは、甲斐犬は論外な気がするなあー。
悲劇にならなければ良いんだけどねえ。
最近、ペットショップで甲斐犬買って、誰にも相談できなくて、変なトレーナーさんで犬壊して・・・って、悲劇もあるそうですね。
2016/03/25 15:52  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。