女系なのかなー?
- 2016/05/17(Tue) -
昨日は、海翔が遊びに来てくれました。

てちゅと摩利の子。
日曜の埼玉展で、メロン熊っぷりを披露してた陽向の兄弟です。
ここのところ元気なくて、昨日は朝ご飯も食べずに丸まっているので、遊びに来たいと連絡がありました。
日曜にお母さんが留守だったせいなのかなあ・・・

この子は、子犬の時に甘ったれで、よく面倒を見てくれるお家が良いなあーってことで、今のお家に行っています。
実の子のように育てられているので、甘ったれボンボンに^^
でも、しっかり運動もしてくれているので、子犬時代の重たさは抜けて来て、てちゅの体形に似てきました。

性格はそのまんま^^

海翔の遊び相手に、陽向を呼ぼうかどうか迷ったのだけど、元気がないなら、脚を痛めている吹雪でちょうど良いかな。

陽向は、家に居るころから海翔をライバル視してて、自分が食べ終わるまでは海翔にご飯を食べさせなかった^^
海翔も、そのうち陽向の隣ではご飯を食べなくなって、下がって待ってました。
今でも、会うと、「海翔には水も飲ませないぞ!」ってイキオイw
我が家は、メスにキカンボウがいますね。

それでも、一緒の器から子犬にご飯を食べさせて、隣のヤツに「食うな!」と威嚇したのは、あおたんと陽向だけです。
男の子は、優しく。女の子は、強い方が良いんです!

あと、オスでは意外なことに今や優等生の茂雄。
銀ちゃん達は、個別に上げていたので、参考にならず^^


ニオイ嗅ぎ嗅ぎ。
003_2016051711030838a.jpg

ワンプロはじめ~。
004_20160517110310a2a.jpg


海翔も元気だし、吹雪もビッコ引かないので、奥のランに投入しました。
なぜか、第2ランの方に入れると、みんな走るんですよね。
009_20160517110648622.jpg

007_20160517110312eb0.jpg

一時期は20キロを超えていた体重も落ちて、筋肉ついて締まって、飛ぶのも走るのも速く身軽になりました。

母さんに大好きな沢に入れてもらって、ご機嫌。
014_201605171103152d0.jpg

陽向と海翔は顔も体形も良く似ているのに、性格はまるで違うのが面白い^^
020_20160517111133992.jpg

口が堅くて、吠えないのは同じですが。
摩利とてちゅのそれぞれの部分を貰って来て、面白い兄弟だな~。


キカンボウといえば、りくの女の子
039_20160517134650f77.jpg
外見は、りくの顔を少し伸ばした感じでよく似てる。
性格も、基本は似てる気がする^^

りくの子は、これまでは大人しい子ばかりだったので、キカンボウはいなかったな~。
昨日も、陽向と遊んでたけど、絶対、引かない^^

てちゅにガウっと脅されても、キャンっと逃げるけど、尾もさげない。
未だ、誰にもお腹も出さない^^
なかなか、イイ感じですw

026_20160517134653e43.jpg
今回の子達は、りくがすごく可愛がっていて、いつも遊んでやっています。
水色君が里親さんに連れられて行く時も、すごく悲しそうな顔をしてました。

高齢で、産んでくれた女の子。
残すつもりはあるけど、我が家の平和は保たれるのだろうか・・・と、思案中。


さて、キカンボウの女の子。仮称でも付けておこうかと思います。

朝霧

通称、キリちゃん。


誰に似て、キカンボウなんだかな~。
029_201605171346519ed.jpg

何か言った~~?


ポチお願いします

にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | 2016りくの子 | CM(2) | ▲ top
<<日本犬保存会 猟能研究会 2016.5.29 | メイン | 日本犬保存会 関東連合(埼玉支部展) 2016.5.15>>
コメント
--
自宅が甲斐ランドになっちゃうね〜(((o(*゚▽゚*)o)))
ちっこいのは可愛いいものね(⌒-⌒; ) うちにもちっこいのが養女に来ました。毎日が楽しいです。遊びに来てください(^O^)/
2016/05/17 23:14  | URL | 益子由利子 #-[ 編集] |  ▲ top

-益子さんへ-
今回は、男の子達が可愛かったですねー。
特に水色君は、甘々なので、心配してます。

キリちゃんは、逞しいです^^
りくが、おりゅうさんや吹雪に取られまいと、一生懸命遊んでやってるのが、可哀想で、まだ置いてます。

手一杯なんだけどねーーーー。

そのうち、顔を見に行きますね。
こっちにも、チビを遊ばせに来て下さーい。
2016/05/18 07:21  | URL | りゅうママ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |